FC2ブログ
topimage

2020-08

リターン - 2020.07.31 Fri

以前何度かスネイプ先生のお誕生日会用にオーダーケーキの注文をし、何度も素敵なケーキを作ってもらったお店が、新型コロナウィルスの影響で存続が危うくなったと5月にクラウドファンディングのお願いが届き、開始された日に早速支援をしたところ、7月になってリターンの品が届きました。

IMG_3917a.jpg
上:5000円の支援のリターンの焼き菓子の詰め合わせ
下:3500円の支援のリターンのスコーン

IMG_3924.jpg
手書きのメッセージ

IMG_3922a.jpg
焼き菓子中身
フィナンシェとかガトーショコラ、ショートブレッド、など
どれも美味しかったです。

IMG_3920a.jpg
冷凍されたスコーンの生地
これは自分でオーブンで焼く必要があります。
10個入りだったので、夫婦二人だとなかなか食べる機会がなく、先週の4連休に娘が子ども達を連れて帰省してきた時、焼きました。

IMG_4008a.jpg
クロテッドクリームと自分で作ったルバーブジャムを添えて

ルバーブジャムは一瓶だけ作ったのを、満を持して開封しました。
バターの風味の良いスコーンと合って、美味しかったです。

ルバーブ - 2020.07.06 Mon

5年ぶりにルバーブを注文しました。
3月半ばから毎週イギリス菓子を作り続けて、お菓子作りのハードルが下がったせいではないかと思います。
IMG_3849a.jpg
2kgの赤いルバーブ

その日の内に、1kg分を洗って切って、冷凍しました。
2kg全部を使い切る前に鮮度が落ちてしまうので。
その日、早速ルバーブクランブルを作りました。

IMG_3852a_20200706212740677.jpg
切って耐熱容器に入れたところ
レシピだと400gが二人分とありますが、半分の量にしました。

IMG_3854a.jpg
小麦粉とバターと砂糖で作ったクランブル

これ、以前はやけにさらさらして全然そぼろ状にならなかったのですが、今回はむしろべたつき、下手するとひと塊になってしまいそうなところをなんとか堪えてもらった感じです(笑)

IMG_3855a_202007062127439cb.jpg
焼き上がり!

IMG_3859a.jpg
取り分けて、アイスクリームを添えていただきます
サクサクに焼けたクランブルが美味しかったです。
翌々日もまた同じ物を作り、そして今日、三度目のルバーブクランブルを作りました。

IMG_3886a_20200706214818035.jpg
今日はちゃんとそぼろ状にクランブルが焼けました

そして今日は、ジャムも作ってみました。
ルバーブジャムを作るのは初めてです。
IMG_3875a.jpg
生のルバーブの残り全部
このちょうど半分の重さの砂糖を加えてジャムを作ります。

IMG_3877a_20200706212825ea9.jpg
砂糖を加えたところ
かなり真っ白です💦

IMG_3878a_202007062128275cd.jpg
1時間置いてしっとりしたところ
すぐに作り始めても良いけれど、少し水分が出ていると焦げにくくなるということで1時間置きました。

IMG_3880a_20200706212828bf0.jpg
加熱始めて2~3分
すぐに水分が出てきます。
IMG_3883a.jpg
10分くらい煮たところ
アクを取って、更にあと5分ほど煮ました。

IMG_3889a.jpg
煮沸した瓶に詰めて出来上がり!

4か月ぶり - 2020.06.28 Sun

娘が子どもたちを連れて、金曜日の晩に帰省しました。
彼らに会うのは2月半ばの旅行以来、その後も来る予定でしたが、コロナの感染拡大を恐れて、しばらく会わないようにしようと持ち掛け、その後緊急事態宣言が出されてますます県を跨ぐ移動ができなくなっていました。
やっと県を跨ぐ移動の制限もなくなり、彼らを迎えることができました。

この4か月の間に誕生日を迎えた二人は、やはりだいぶ変化が見られました。
4歳児は、ますます口が達者になったのと、うちの長男に会うと視線を合わせられずずっと顔を誰かの胸に押し付けたままだったのが、そんな人見知りをしなくなりました。
2歳児は、母親のことを「おわーわん」と呼んで周りにはただあわあわ言っているようにしか聞こえなかったのが「おかーわん」になっていたのが大きな変化でした。また、この「おかーわん」がとっても可愛いんです。
上の子は「おかーしゃん」だったけど間もなく正しく言えるようになったので、この「おかーわん」もすぐ聞けなくなるでしょう。
良いタイミングで会えて幸運でした。
あと、二語文も少し出るようになっていて、私の部屋着の肩に開いた穴に指を突っ込み、「あな、あいてう」と言われたのには参りました(笑)

コンロ - 2020.06.24 Wed

19年前に引っ越してきた時以来使っていた三口のコンロが、緊急事態宣言中の5月に一つ点かなくなってしまいました。
中くらいの火力の所で、電池を替えたり掃除したり色々試したけれど点かず、仕方なく二口で凌いでいました。
ネットで調べると寿命は数年のようで、19年なら新調することにし、宣言が解除されるのを待って連絡しました。
工事に来てもらったのは月曜日の午後一番。
午前中にできる限り掃除をして下の引き出しも抜いて待っていました。
IMG_3817a.jpg
前面から見た古いコンロ

IMG_3818b.jpg
上から見た古いコンロ
20年近い使用の間に蓄積した、どうしても落ちない汚れが見えます(汗)
新しいのが来たら、すぐに昔のことを忘れてしまいそうなので写真に撮り、そしてブログに記録を残そうと思いました。

IMG_3822a.jpg
前面から見た新しいコンロ
点火したり火の調節をするつまみは普段は引っ込んでいます。
また、三口とグリルに対応するつまみの並びが以前と違うので、使用3日目の今もまだ考えないと正しい場所に火が点けられません。

IMG_3823a_20200624163721599.jpg
上から見た新しいコンロ
ガラス面になって汚れが拭き易くなった一方、今まで右側にあった金属の台みたいなものが無くなり、使いかけの菜箸を置いたり、4つ以上鍋やフライパンを使った時に置いておくスペースがなくなり、戸惑いました。(これについては、ネットで代わりの物を探して発注したので、間もなくこの不便さは解消されると思います)
少し時間はかかってもまたすぐ慣れると思います。
この先何年になるかわからないけど、よろしくね!

地鎮祭 - 2020.06.21 Sun

長男夫妻が家を建てることになり、その地鎮祭に招かれました。
我が家は新築で購入した一軒家ですが、建売だったので地鎮祭の経験はなく、それ以前にも経験したことはなかったので初めての体験でした。

緊急事態宣言が解除され、県を跨ぐ移動も緩和されましたが、私たち夫婦が移動したのは町内でした。
我が家から長男夫妻の家となる場所まで徒歩で10分tくらい、長男の妻の実家は更に近くにあります。
小中学校の同級生だった二人は、学区内に住むと以前から探していて、やっと気に入った場所を見つけたのでした。

現地に着くと、更地となった場所にテントが張られ、下に神事の祭壇が用意されているところでした。
用意しているのはハウスメーカーの方だと思ったら、神職の方でした。(後に服装が変わった)
長男の妻側の家族と話したり、ハウスメーカーの担当者の方々から名刺をいただいたりご挨拶をして準備が整うを待ちました。
長男たちは結婚式を挙げていないので、妹さんに会うのは初めてでした。
その後テント下に入りました。
式次第を渡され、施主(長男)や、私たちがすることの説明を受けました。
覚えきれるだろうか、と不安に思っていると、「その都度ご説明します」とのことで安堵しました(笑)

盛り土に刺した草に施主が「えい、えい、えい」と言いながら鎌(木製)を当てる儀式もあったのですが、その時の長男の声が恥じらいのない実に真剣で大きなものだったので感心していたら、その妻も「これはマジでやらないと」と言って、続いて行われた抜いた草に鍬を当てる儀式での「えい、えい、えい」の声も立派だったので心の中で拍手していました。

私たちが実際に動いたのは、その後の玉串の奉納で、これの仕草に限って言えば何度も経験があったのと、夫と二人一緒だったので無事にこなせました。
最後にお神酒が振舞われ、飲めない方は口をつける仕草だけであとは地面に流しても良いと言われたのですが、普通に飲み干し、隣に立っていた妻方のお母さんも同様で、顔を見合わせ「飲んじゃった」「私も」と笑いました。
コロナの影響で色々滞っていたけれど、今後滞りなく彼らの家が建ちますように!

セブルスロード - 2020.06.01 Mon

先日、ローリングさんがとても重要な発言をしていたことを、今日知りました。


Claphamという場所に住んでいた時(この地でハリポタが誕生した、とも他のツイートで語っています)、通勤のために毎日この標識の下を通っていた、後にこの地を再訪した時、スネイプのファーストネームを考える時にSeverusが頭に飛び込んできた理由がわかった、と言っています。
スネイプという姓については、だいぶ前から村の名から取った、と明らかにされてきましたが、ファーストネームについてもインスピレーションを与えたものがあったのですね。
これは私にとって、とてもとても衝撃的な出来事でした。
ローリングさんに、スネイプ先生の名前のインスピレーションを与えた場所がもう一か所あったとは!しかも何度も行ったロンドンにあったとは!


関係ないけれど、近くのSnappy Snapsという写真現像所?の名前も気になります(笑)
これはロケ地より私にとっては大事な場所なので、当分旅行は無理だとしても、いつか絶対行こうと思います。

小麦粉の違い - 2020.05.24 Sun

引き続き自粛中、毎週のお菓子作り続けています。
先週の土曜日はキャロットケーキに挑戦しました。
IMG_3605a_20200524160725792.jpg
材料

IMG_3612a.jpg
使ったのはこちらのレシピ
「スパイスの効いた深い味わいが好きなら自信を持っておすすめできる」とあり、イギリスらしいスパイシーな味わいが期待が持てます。表紙はちょうどキャロットケーキでした。

IMG_3617.jpg
ミックススパイス
これは日本ではなかなか手に入りにくいお菓子用に調合されたスパイスのミックス。開封した途端にイギリスを思い出しました。イギリスに行くとお店や個人宅などでよく嗅ぐ匂いです。

IMG_3616a.jpg
シナモン、コリアンダー、キャラウェイシード、ナツメグ、ジンジャー、クローブ入り

IMG_3609a_20200524160727382.jpg
焼き上がり
型から出す時少し外れにくく、無理に力を入れたら少しひびが入ってしまいました。

IMG_3624a.jpg
フロスティングを中にも上にも塗ったところ

IMG_3629a.jpg
紅茶と共に
スパイシーで本当に美味しかったのですが、生地はボロボロ崩れやすく、写真を撮るの角度など工夫が必要でした。

以前イギリスで買ってきた小麦粉と日本で買った小麦粉で同じレシピでエルダーフラワーケーキを焼いた時、味が全然違ったのですが、調べてみると私が買ったイギリスの小麦粉はタンパク質含量が100g中9.8gあり、私が使った日清のスーパーバイオレットは特にタンパク質量の少ない製品で8gでした。そこで、9gは欲しいと思い、中力粉を買ってみました。

IMG_3654a.jpg
北海道産中力粉
100g中タンパク質は9gです。
小麦粉以外は全く同じ材料を同じ分量で昨日焼いてみました。
IMG_3657a.jpg
焼き上がり
ホールだとわかりにくいのですが、ボロボロ崩れる感じはぐっと減りました。

IMG_3684a.jpg
切ったところ
夫がフロスティング無しを希望したので、真ん中にはフロスティングを挟まず、切り分けた上に後乗せしました。
厚みを半分に切る工程を省いたのもありますが、全体的にケーキに弾力がありました。

IMG_3685a.jpg
コーヒーと共に

味が全然違いました!小麦粉そのものの味がしっかりあって、イギリス菓子のお店で味わったのと同じような、小麦粉自体の美味しさを味わいました。我ながらとても美味しく作れて嬉しいです。
イギリスでは普通に売られている小麦粉に日本の薄力粉ほどのタンパク質含量の少ないものは無いと聞きます。
これからは中力粉でイギリス菓子を作ろうと思います。

フェアリーケーキ本番 - 2020.05.06 Wed

UPし忘れていたことに今日(5/24)気付きました。
下書き当時の日付でUP。

前回の記事以降も毎週ケーキを焼いています。
4/26に焼いたフェアリーケーキは試作品だったのですが、パサパサして今一つ美味しくなかったので、次の週はレモンの皮とレモン果汁を生地に混ぜ、さらにアイシングをかけて作ってみました。
それが結構美味しかったので、今日はいよいよ本番です。
何が本番かと言うと、以前エディンバラで買ってきたスリザリンのケーキ型を使って焼くこと。
買ってきたのは良いけれど、なかなかケーキを焼こうという気になれなかったのです。
今回、思いがけず家の中で過ごす時間が増え、こうしてスリザリン型を使う機会も巡ってきたわけです。

IMG_3565a_20200507215526fad.jpg
たっぷり焼いたフェアリーケーキ
型が大きかったので、初回、二回目の1.5倍量焼きました。

IMG_3561a.jpg
スリザリンの紋章入り

IMG_3578a_20200507215527d36.jpg
スリザリンの旗

スリザリンフェアリーケーキ、美味しかったです!

イギリス菓子作り - 2020.04.27 Mon

緊急事態宣言を受けて外出を自粛しています。
家に居て、ぼんやりツイッターをやったりネットサーフィンをして過ごしていると、あっという間に時間が過ぎ、無為に過ごしてしまった感が強いので、週末はイギリス菓子作りをすることが多くなりました。
3/21に糖蜜パイを作りましたが、3/28、4/4と土曜日ごとにイギリス菓子作りをしています。
ブログに記録しなかったのは失敗したから(笑)
IMG_3390q.jpg
3/28のレモンドリズルケーキ
まだレモン果汁をかけていませんが、焼いた段階で焦がしてしまいました!

IMG_3434a.jpg
4/4リベンジのつもりが陥没…

失敗作でも食べるので、二週連続のレモンドリズルケーキの後にちょっと飽きて、もう一回チャレンジするのは先延ばししました。
IMG_3459a.jpg
4/11 エルダーフラワーケーキ
これは以前に何度か作ったものと同じで、この上にエルダーフラワーコーディアルを混ぜたアイシングをかけて仕上げました。
画像からはわかりにくいのですが、2/3の分量で作ってあります。

IMG_3494a.jpg
4/18のバースデーケーキ
この日は誕生日だったので自分でケーキは焼かず、買ってきてもらったケーキを食べました。

IMG_3505a_2020042619285531a.jpg
4/23 糖蜜タルト
この日は結婚記念日だったので、木曜日ですがお菓子作りをしました。
今回、ショートクラストペストリーは練らずに上手く伸ばせました。夫は、「前回より数段美味しい」と言っており、大成功でした。

IMG_3523a.jpg
4/26 フェアリーケーキ
イギリスのカップケーキです。ブリティッシュ・ベイクオフというイギリスの料理コンテスト番組で審査員をしていることで有名だというメアリーベリーさんのレシピを使っています。(私はこの番組を見られる環境にないのですが)
家にあったアルミカップで焼いたら、12個分の材料で8個、ちょっと大きめサイズです。
粉糖が少ししかなかったし、1個が大きいのでアイシングはしませんでした。

いつまで経ってもバターが品薄で、買い物に行く機会も減らしているため、あった時に1個(おひとりさま1個の制限あり)買っては、何とか作り続けています。
この機会にもっとイギリス菓子のレパートリー増やしたいです。

オンラインレッスン - 2020.04.11 Sat

新型コロナウィルスの感染が徐々に深刻になっていた先々週の英会話レッスン、参加しようか散々迷って、生徒が私を含めて3人までなら参加、4人以上なら不参加、と決めて向かい、私含めて6人とわかると「帰ります」と言って帰ってしまいました。
病院勤めの身、うつしても、うつされてもいけないので密な部屋にはいられないからです。

先週は元々レッスンはお休みの日で、今週は緊急事態宣言が出されたので生徒が少なかろうと不参加を決めていたところ、木曜日先生の奥さんから電話がかかってきて、オンライン英会話をするとしたら、参加できる環境にあるか聞かれました。
使うアプリはZoomだと言います。今、オンライン会議で使われていると話題のアプリで、名前だけは知っていました。

デスクトップパソコンとヘッドセットはあるものの、ウェブカメラは持っていません。
スマホでもできるということで、スマホならあるのでできそうですと答えました。
その後、ダウンロードし、登録して登録した際のメールアドレスを知らせると、「明日2時にサイインした状態で待っていてください」と言われました。

昨日は仕事が終わって帰宅すると、まずお昼を食べ、それからタブレットを用意しました。スマホで登録作業をした後、そうだタブレットならもっと大きくみえるじゃん!と気付いて、そちらにもいれておいたのです。
サイインして待っていると、電話がかかってくるのと同じような状態で呼び出しの画面になり、すぐに応じました。
先生と奥さんが画面で手を振っていますが、まだ声は聞こえません。いくつか許可を求めるメッセージが出て、その都度許可し、最後に”インターネットを使用して通話する”を選択すると、相手の声が聞こえ、私の声も届きました。

一緒にレッスンを受ける80代のYさんの声は聞こえないようで、先生は紙に「聞こえますか?」と書いて画面で示しました。
どうやら先生の声も聞こえていないようです。
そこで奥さんがYさんに電話をして、必要な作業を説明しました。電話でのその説明で、無事音声が通じるようになったのですが、5分以内で解決したことに先生は驚いていました。他の曜日の旅行会話クラスや高校生の個人レッスンでも、開始できるまで10分くらいはかかっていたそうです。そもそも80代でタブレット使いこなしているYさんがすごいです。

ひとしきり日本語で再会を喜び合った後、いつものように一人ずつ近況を報告しました。
その後のレッスンもほぼいつも通りです。
毎回先生がプリントを用意しているのですが、PDFで送られていたのでプリントアウトしてありました。
プリンターのないお宅には、奥さんがポスティングするそうです。比較的皆さんご近所に住んでらっしゃるということで。

同時に話すとよく聞こえないので、今まで一斉に答えていたような質問も先生は名指しします。
今話している人の顔が画面に映し出されました。
リスニングの時は私たちの音をミュートすると、とてもクリアに聞こえました。
ロールプレイはやらないかと甘く見ていたら、これもいつも通りにやりました。まあ、昨日は入国審査の会話だったので楽しくできましたが。

途中、先生が「さっきから、通りかかった人が自分を見て笑っている」という話をしました。
通りに面して大きなガラス窓のある教室で、外からは丸見えなのです。パソコンに向かって身振り手振りで話す様子は、傍から見たら可笑しかったのでしょう。

そんな雑談や開始時のドタバタ、新しい体験が楽しかったし、元気な姿を見られたこと、マスクをしないで生き生きとした表情を見ながら話せたことが嬉しかったです。

新しいスネイプ先生 - 2020.04.05 Sun

Amazonオーディオブック Audibleで、『ハリー・ポッターと賢者の石』を無料配信しています。新型コロナウィルスの感染拡大対策のため自宅待機する子どもやその親などが対象のようですが、そうでない人も聴けます。


英語はもちろん、日本やその他の国の言語もあります。
私はオーディオブックは、1,2巻の日本語版と6,7巻の英語版を持っているだけです。

そこで、英語版の1巻8章のスネイプ先生の登場場面を聴いてみました。
私が持っている6,7巻と同じStephen Fryさんの朗読なので、全然違和感ありません。以前、米国版を聴いた時には、色々感じたものがありましたが、人物像という点では特に変わりありませんでした。

今日になって、日本語版は私の持っている江守徹さんの朗読ではなく、風間杜夫さんの朗読だと気付きました。
一体どんなスネイプ先生に会えるのだろう?ととてもわくわくして聴きました。
ハリーやロンの声は割と風間さんの素に近いと感じ、ハグリッドは映画のハグリッドのようにしゃがれ声です。
では、スネイプ先生は?
聴いた瞬間、バイキンマンの声みたい!と思いました。
ちょっとそういうクセがある声で、そして今まで聞いた中では一番高い声だと思いました。
非常にねちっこく、嫌みったらしい声(笑) これは生徒に嫌われるわ~という感じです。
11章の「出ていけ!失せろ!」は特に裏返ったようなヒステリックな声です。
ちょっと気持ち悪くてゾクゾクしましたが、好きです(笑)
いや~、やっぱり色々な人にスネイプ先生を演じてもらうの楽しいです。

ライブカメラ - 2020.03.24 Tue

先日、YouTubeで鷲の巣ライブカメラを見ている、というツイートを目にして興味を持ちました。
きっと海外からの発信だろうと、英語で検索、見つけたのがこちらです。


二匹の雛のいる、ハクトウワシの巣です。

ツイートした方に直接伺って教えていただいたのは、違う鷲一家の巣でした。
YouTubeへのリンク
まだ小さい雛が二匹いるハクトウワシの巣
こちらもハクトウワシの巣ですが、孵ったのは少し遅いようです。

見始めたのが4日前、以後毎日、パソコンの前に居る時はしばしばどちらかを見ています。
13時間の時差があって、jこちらの昼間は向こうの夜で、眠っている姿が見られます。
意外と何度も目覚めて羽繕いしたり少し動いたりしています。
ライブカメラですが、12時間遡れるので、食事場面だけ見ることもできます。
私はこの食事場面を見るのが大好きです。

どちらの巣にも雛は大小の差があって、それはそのまま強弱の差のようです。
親鳥が運んでくる餌を、大きい方ばかりが食べようとし、小さい方が食べようとすると攻撃するのです。
で、小さい方は背中を向けて過ごし、そのうちに振り返って掠めとるようにして食べるんです。
何らかの技を身につけ、なんとか食べようとする姿勢は、逞しくもあり、哀れでもあり、ついつい小さい方を応援しながら見入ってしまいます。
餌が豊富にあれば二羽とも育つとか。
どの子も無事に大きくなって巣立って欲しいです。

糖蜜パイ(3/22追記) - 2020.03.21 Sat

今日は、ハリーの好物の糖蜜パイ(トリークルタルト)を焼きました。
糖蜜パイを作ることもそうですが、タルト台を焼くこと自体初めての体験でした。

レシピ本は持っているのですが、詳細がわからなくて案外苦労しました。
まずはリッチ ショートクラスト ペストリーを作ります。
カードがないので、フライ返しのへらで代用したものの、やめ時がわかりません。
IMG_3318a.jpg
クランブルのようなそぼろ状生地
以前、ルバーブクランブルを作ろうとした時、全然そぼろ状にならなかったのに、皮肉な話です(笑)
ひとまとめにして、冷蔵庫で寝かしました。

IMG_3319a_202003212219451b7.jpg
冷蔵庫に入れる前の生地

1時間以上寝かせる、とのことで3時間近く経ってから取り出してめん棒で伸ばそうとしたら、カチカチで全然伸びません。
結局、手でこねてしまいました(汗)

伸ばして型(21cmタルト型)に入れ、更に冷蔵庫に30分くらい置きます。
IMG_3321a_20200321221947170.jpg
冷蔵庫から出して、フォークで穴を空けている途中

タルトストーンがないのでお皿を乗せて空焼きました。
焼いている間にフィリングを作ります。

鍋にゴールデンシロップを入れて温めている間に、レモンの果汁を絞ります。
レモンの皮もすりおろして使うのですが、完全に無農薬だとわかっている自宅庭で採れた日向夏の皮を使いました。

IMG_3323a.jpg
レモンと日向夏

IMG_3324a_20200321221950d8a.jpg
生ポン粉と糖蜜、果汁等を合わせる
思ったより粘土が低く、びしょびしょな感じなので、分量より多くパン粉を入れてしまいました。

IMG_3327a_20200321221951d0c.jpg
空焼したタルト台
途中でタルトストーン代わりのお皿を抜いて焼きましたが、高台の跡がついてますね。

レシピに書いてある、「底が乾くまで焼く」の感覚がわからず、5分ほど長めに焼きました。
ここにさっきのフィリングを入れます。
IMG_3328a_20200321222038403.jpg
やっぱり水分が…
パン粉を足したのに、やっぱりビショビショで、不安に思いながらも焼きました。

IMG_3330a_20200321222039800.jpg
平らにならして、余った生地を型で抜いたものを飾りに乗せて、焼きました。
レシピの時間通りに焼くと焼き色がつかず、更に5分、また5分、と繰り返し、合計40分くらい焼いたと思います。

IMG_3332a.jpg
完成!

今夜、夕食後のデザートに食べるつもりでしたが、次男夫婦が明日の朝、コーヒーを飲みに来ることに急遽決まり、その時までこの形を崩さないことにしました。
明日食べるのが楽しみです。

【3/22追記】
IMG_3336a.jpg
食べました!
タルトはちゃんとサクッとしていたし、フィリングはしっとりし、甘みも酸味も効いて美味しかったです。
もう一つ作れるだけの糖蜜は残っていないのが残念。
また機会があったら作りたいです。

2019年イギリス旅行(エディンバラ~ロンドン~機内)  - 2020.03.16 Mon

イギリス旅行記が完結しないまま何か月も経っていましたが、今日、ようやく続きを書く気になりました(汗)
間が開いてしまったので、前回の記事へのリンクを載せておきます。
2019年イギリス旅行(バスツアー4日目+エディンバラ

IMG_1188a.jpg
エディンバラのホテルの朝食
黒っぽく丸いのがハギスです。今回はスコットランドの旅だったので、ハギスを何度も食べることができました。

IMG_1189a.jpg
全粒粉のパンとバターとジャム

早めにチェックアウトしてウェイバリー駅に向かいました。
多分駅の上に架かる橋を渡らなくても行けたと思うのですが、入口が見つからず、駅の反対側の口から入りました。
エスカレーターでスーツケースを誤って落としてしまい、少し前に居た同僚をなぎ倒す危険があったので大声で叫んで知らせる、というアクシデントがありましたが、幸い同僚も避けてくれたし他に誰もいなかったのでけが人が出なくて良かったです。ゴロンゴロンとゆっくりスーツケースが落ちていく様は恐怖でした。

IMG_1190a.jpg
9時発のキングズクロス行きの列車
特に予約はせず、予約の紙のついていない席に座りました。ブリットレイルパスの2日目をこの日にしてありました。

IMG_1200a.jpg
車窓からの景色

IMG_1204a.jpg
どこかの大きな町
大聖堂だかお城だかが見える、と思って調べると、写真撮影した10:43に通っているのはダラムでした。ハリポタのロケ地でもあるダラム大聖堂のようです。
IMG_1205a.jpg
ダラム大聖堂(多分)

この後、ヨーク駅で乗ってきた年配の女性に、「その席は私の予約した席だと思う」と言われてびっくり!予約カードのついていない席だと思ったのですが、なんとデジタル表記になっていました。イギリスの鉄道のシステムも変化しているのですね。
以後、荷物に近いデッキで過ごしましたが、ちゃんと予約しなかったことを詫びる私に、同僚は「何もかもやってくれているんだから自分を責めないで」と優しかったです。

キングズクロスには13時半頃到着、駅に荷物を預けて(ものすごい列でした)、9と3/4番線に寄ったら、荷物預けの列よりはるかに長い列ができていて、並ぶのを断念しました)

IMG_1207a.jpg
通りすがりにすき間から撮った写真

その後外に出て、遅いお昼を食べられる場所を探しました。

IMG_1209a.jpg
キングズクロス駅外観

IMG_1211a.jpg
セントパンクラス駅外観

セントパンクラス駅前を通り、ユーストン駅方向に向かって歩く途中で見つけたパブの二階のレストランに入りました。

IMG_1213a.jpg
まずはビールを
この旅ではよく飲みました(笑)

IMG_1216a.jpg
ミックスグリルとサラダをシェア
ミックスグリルは、チキンとポークとビーフとソーセージ、目玉焼き、ポテト、焼きマッシュルーム、トマト、グリーンピース。
サラダの赤い粒々が何かわからず、スタッフの可愛らしいお姉さん(昔のアメリカのテレビドラマ「大草原の小さな家」シリーズのメアリーみたい)に尋ねたら、何かの種と答えた後、厨房で聞いてくれたらしく、クスクスだと改めて教えてくれました。

IMG_1220a.jpg
同僚の2杯目、ギネスビール
ちゃんと泡にクローバーマークがついています。

キングズクロス駅に戻って荷物を受け取り、地下鉄でヒースロー空港に向かいました。ブリットレイルパスでパディントン駅からヒースローエクスプレスという高速鉄道に乗れたのですが、未経験で不安だったのとパディントンで重いスーツケースを持って乗り換えするのは面倒なのとで、行きと同じ方法にしました。

空港では、今回もセキュリティーチェックで手荷物が引っかかってしまいました。
荷物をチェックされる時、小麦粉(1kg)やアイシング、お菓子用のミックススパイスが出てきて、「お菓子焼く人?」みたいな質問されたのが可笑しかったです。すました顔で「Yes!」と言いました。
結局、チョコレート持ってる?と聞かれ、アイラ島で買ったウィスキーチョコレートが見えたので肯定したら、それで許されました。チョコレートも液体として警報音は鳴るのか、ウィスキーが液体でチョコレートに入っていたのかはわかりません。

IMG_1223a.jpg
帰りの機内食、ポーク塩焼きおろしポン酢丼
いつも思うのですが、帰りの機内食の和食は斬新な今まで体験したことのない味を感じます。

IMG_1224a.jpg
焼き鮭とご飯
これは知っている味でした。

記録を終えるのに恐ろしく時間がかかってしまいましたが、旅を終えたくない気持ちもあったのだと思います。
それくらい楽しい旅でした。魂をスコットランドに置いてきたかと思うほど、大好きな場所になりました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)