topimage

2017-10

2017年のキンモクセイ年(2) - 2017.10.11 Wed

今年、キンモクセイは二度咲きしました。
先週の金曜日、仕事帰りにかすかに香りを感じ、職場の木を確認したのですが、その時はよくわかりませんでした。
翌日の土曜日、総会と懇親会の後の二次会の居酒屋で、今度ははっきり感じました。開けた窓からはずっと良い香りが入ってきていました。
その後自宅付近でも再び香り出し、今も開けた窓から良い香りが入ってきています。香っている期間は二度目の方が長いように感じます。
確かに一度しっかり散ったのに、この短期間に再び花芽がついて育ったのでしょうか。それとも、一部だけ先に咲いて残りが後から咲いたのでしょうか。不思議です。

29年度総会 - 2017.10.09 Mon

先日の土曜日、大学時代の部活のOB・OG会の総会が開催されました。
私は会計として会計報告しなければならず、それまでの何週間かはだいぶ頭を悩ませましたが、無事に終わってホッとしています。もっとも、この会計の仕事の他に今やらなければならないことが他にもあるので、一つの肩の荷が下りただけですが。

総会では参加者を前にして合奏することが恒例で、午前9時からリハーサルをやっていました。
いつもはもう少し仕上がっているように思うのですが、今年の仕上がりは今一つ。多分、先月のワイナリーでの演奏曲にばかり焦点を当てすぎ、大曲を合わせる時間が少なかったからじゃないかと思っています。

総会での会計報告が終わるまでは、演奏のことより会計のことで頭がいっぱいで、総会終了後自分たちで舞台をセッティングして、チューニングして席に着いた時、まだまだ心の準備ができていないことに唐突に気づかされました。
最初の曲はノリが重要なポップスでしたが、私は完全に乗り遅れました。
曲の後半でようやく波に乗れた感じ。その後二曲のラテン音楽を経て、今回一番の難曲を弾き始めた時、今まで合わなかった部分が合って嬉しくなりました。また今年は現役の学生さんも聴きにきてくれていたのですが、この曲は聴き入ってくれている空気を肌で感じ、ぐっと演奏に気持ちが入っていきました。他のメンバーも同じだったのか、今までで一番良い演奏ができたように思い、たちまち高揚感に包まれました。これがあるからやめられません(笑)

演奏後の懇親会は再び会計の仕事が多く、ゆっくり話している暇はなく、たくさんの人と交流したい私としては不本意でした。
でも、あの演奏時の高揚感を味わうにはなんとしても会を存続させなければならず、引き受けてくれる人のいない会計はやっぱり私がやるしかないか、と諦めの境地です。
今回の総会で、3期目の会計として承認されたので、これまで4年続けてきましたが、あとまた2年頑張ろうと思います。

合奏を妨害するもの - 2017.10.03 Tue

先日の日曜日は合奏日でした。
今年はあと2回演奏会があり、練習回数も格段に増えています。
1週間後に本番を控え、非常に熱のこもった合奏となったのですが、途中で背後がやけにざわついていることに気付きました。
何か言い始めたのは最年長で同じパートのAさんで、Aさんはわからないことがあるとすかさず尋ねる人なのでその時もそうかと思ったら、私の右斜め後ろの一回りほど年下の女性までそわそわし始めました。
そのこととは無縁に指揮者が演奏を止めたのを機に振り返って尋ねたら「ゴキブリが今私の下あたりにいるらしくて」と彼女は怯えた様子で答え、自分の足元の荷物をどけたら、かなり大きなやつが出てきて私まで悲鳴を上げてしまいました(笑)
幸い私とは反対方向、部屋の後ろの隅に向かって行きました。
隠れる場所が十分にない会議室で、一体どこに行ったか気になりましたが、指揮者はお構いなしに続けるのでいつまでも騒いでいられず演奏を再開しました。

休憩時間に話題になった時、「いないからドアの下から出ていったんじゃない?」と言われ、それを期待し、休憩後合奏が再開して存在をすっかり忘れていた頃、今度は私の左後ろの別パートから声が上がったかと思うと、「奴」が再び姿を現し、部屋の対角線上を走る形で大胆に進んで行きました。
通り道にいた人は悲鳴を上げましたが、指揮者は気付かず、演奏は中断されません(悲鳴を上げた人たちは中断してました)、まっすぐ向かって行った先に居たギターパートのIさんが手を止めることなく冷静に踏みつぶし、落着しました(汗)
私はその後合奏終了まで視界に入ってくる黒い影にビクビクしていましたが、二度と動くことはありませんでした。

演奏旅行 - 2017.09.27 Wed

先日、某所で開催されたワイン祭りで演奏させていただきました。
今年は都内の施設でのボランティア演奏を1月に体験しましたが、宿泊を伴う演奏旅行は初めての体験でした。
当日の集合が朝9時だったので、交通渋滞を考慮すると朝は相当早く出ないと間に合わないと思われ、私達夫婦は前泊しました。
せっかくの前泊なら温泉でも泊まれば良いのですが、今まで一度も健康ランドに宿泊したことがない私に「一度は泊まってみるべきだ」との強い勧めがあって、健康ランドに泊まりました。
最近非常に毎日が忙しく、疲れも溜まっていたところだったので、何種類もの温泉と岩盤浴のできる健康ランドは確かに今回泊まるにはうってつけでした。
夫と決めた集合時間までの3時間弱を色々な種類の浴槽とサウナと岩盤浴を楽しみましたが、一人の時間はとてもリラックスできました。
その後は何十畳も畳敷きの広間の片隅で気楽にビールやハイボールや色々な料理をつまみました。

翌日も朝風呂に入り、朝食後余裕をもってチェックアウトしました。
まず向かったのはその晩泊るホテルで、一度そこに車を泊めさせてもらいタクシーで会場に向かいました。何しろワイン祭りですから演奏後は私達もワインがいただけるんです。飲酒運転をするわけにはいかず、車は置いていきました(たまたまメンバー2人と合えたのでタクシー代も安く済んでラッキーでした)

8時半には到着、チューニングして備えます。
私達が演奏する舞台は、ワインをビン詰め工場内に用意されていました。
リハーサル時にわかったのですが、意外なほど音響効果が良く、客席で聴く何割増しも良く聞こえるようでした。
でも、弾いている本人には自分の音がよく聞こえないのです!全部音が前に行ってしまうらしく、自分が間違っているかどうかもよくわからないのがとても不安でした。

舞台衣装は特別フォーマルな指定はなかったのですが、幹事役が「襟のある服とバンダナを巻くこと」と言っていて、「今時バンダナ!?」とは思いましたが、言い出した人も70歳くらいだし、調べてみるとネット上にも結構バンダナ使いのおしゃれの方法が載っていたので今時なのかもしれません。
それはともかく、夫を含め多くの人々がバンダナの扱いに困ったようで、いかにも付け焼刃みたいな感じで巻かれたバンダナが素人楽団っぽさを引き立てていました。
後の反省会で指揮者が「今日唯一の反省点は、振っている途中でバンダナが外れてしまったこと」と言ったのが可笑しかったです。
ちなみに私達2ndパートでは早々に全員分お揃いで購入してくれるメンバーがいて、結束の強さをアピールできました(笑)私としては以前から持っている緑のバンダナ(第一回スネイプ先生の誕生日会用に買ったもの)を使用する気満々でしたが。

演奏は午前と午後の2回行われました。午前の部は用意された客席が満席で、ワイングラスを片手に結構ノリノリで聴いていただけたことが嬉しかったです。

お昼は用意してくれたお弁当を葡萄棚の下でいただきました。
IMG_2537a.jpg
見事に実った葡萄
もちろん、触ってはいけません。

午後の部もやはり満席で、聴衆の皆さんも午前に比べ”出来上がっている”感じがしました(笑)演奏は同じ曲(アンコール含め11曲)を曲順を変えて演奏しました。
司会者を兼ねていたの指揮者の曲紹介を聞いて、午前も午後も曲の並び順にそれぞれ意味を持たせていたことに気付き、大変驚きました。午前は「朝ドラ」の括りに入っていた曲が、午後は「アイドル」に入っていたり、何の繋がりもないと思っていた曲同士が「旅」で括られていたり、ちゃんと考えていたんですね。
午後の方が疲れが出たのかミスが多かったように思い、個人的にはちょっと不完全燃焼でした。

演奏後は私達もお金を払ってワイン祭りに参加しました。
ワイングラスを一つ持って色々なワインを試飲するのです。
一番好評だったのが「もろみワイン」でした。
IMG_2546a.jpg
もろみワイン

ワインに限らずアルコール発酵は、糖が酵母の働きでアルコールに変わることを指すのですが、もろみワインはこの発酵の途中で、ぶどうジュースの中の糖がまだ十分残っている段階です。
IMG_2543a.jpg
「もろみワインとは」の図

試飲したのは仕込んで二日目とのことで、まだぶどうジュースに近い香りと甘さで、しかし発酵は確実に始まっていてチリチリとした炭酸の感覚と微かなアルコールを感じるとても美味しい飲み物でした。販売していないのがとても残念ですが、発酵はどんどん進んでいるのですから、同じ味を保つことはできないし、炭酸ガスも産生され続けるなら瓶に詰めて持ち帰れば内圧が高まって割れてしまうでしょうし、やっぱり無理なんだろうと思いました。

IMG_2550a.jpg
発酵中の樽
炭酸ガスがどんどん出ているのが目に見えます。

もろみワインがあまりに美味しくて、グラスに4杯飲みました。アルコール度数は2%で、全然問題ありませんが、他の数種類のワイン全ても一通り試飲したので、結構飲んだと思います。

その後、同じ場所で打ち上げパーティが開催されました。
スパークリングワインで乾杯、その後も赤ワインが惜しげもなく振舞われ、チーズやソーセージと一緒にだいぶ飲みました。
お土産としてそれぞれワインのハーフボトルもいただいたし、解散後ホテルまで送って下さるし、至れり尽くせりでワイナリーの社長さんにはとてもお世話になりました。
IMG_2552a.jpg
お土産の一皿のぶどう

ホテルに宿泊したのは20名余りの演奏メンバーの内14名ほど。
ホテル1回の居酒屋で、今度はビールやハイボールで再び酒盛りしました。
この日、私は一体どのくらい飲んだかわからないのですが、自分でもさすがに飲みすぎた自覚はありました。
でも、二日酔いはしませんでした(笑)以前はよくワインを飲むと翌日頭痛がしていたのですが、この日は全くそんなことありませんでした。
お客さんの前で楽器を弾いてワインをしこたま飲んで仲間たちと談笑して、素晴らしい体験でした。

2017年のキンモクセイ - 2017.09.22 Fri

今日、今年初めてのキンモクセイの香りを感じました。
最初は仕事中、職場前の交差点で信号待ちをしている車の中で一瞬感じたように思いました。エアコンはつけず、窓を全開にしていたのです。すぐに今日の日付を思い出し、あり得るなと思いましたが、確認する方法も時間もなくそのままになりました。

仕事が終わって帰宅する時、さっきと同じ交差点に近づいて再び香りを感じました。
敷地内にあるキンモクセイの木の前は通り過ぎた後だったので戻って見てみると、薄いオレンジ色のつぼみが確認できました。きっといくつか開いていたのだと思います。
しかし驚いたことに葉っぱの多くが茶色くかさかさに枯れ、木は無残な姿をしていました。
先週の台風で植物が塩害に遭ったと思っていましたが、キンモクセイも例外ではなかったようです。
つぼみも例年に比べて色褪せているように見えるし、量も少ないです。
それでもちゃんと香るキンモクセイがなんだかとても健気に思えました。

驚きの連続 - 2017.09.17 Sun

今、娘家族が来ています。
昨日から二泊三日の滞在です。

孫は1歳3か月になりました。
小走りするようになり、知恵もついて、ますます面白くなってきました。
意味のある語はまだ話しませんが、今回は語尾が上がる疑問形の発声をするようになったのが大きな変化でした。
「ほぇ?」とも「はぇ?」とも「ひゅぇ?」ともつかない日本語にはない発音で、だいたいが「なんだろう?」とか「あれえ?」とか思っていそうな場面なので本当にそんなニュアンスで言っているのかもしれません。
歩けるようになる前は大人のことを行きたい場所に連れていってくれる移動手段、のような感じで使っていましたが、今は手を引っ張っていくこともあります。
ただ、高い所のスイッチなどに触りたい時は、万歳をしながら「あーい」とだっこをせがみます。その様子が可愛くて、夫も息子(孫にとっては叔父)も私も誰も拒むことができず、言いなりになってしまいます(笑)

昨日、午前中に彼らは到着、つきっきりで要求に応えていたら、お昼過ぎには激しく疲れ、彼のお昼寝の時間、私も1時間くらい眠ってしまいました。お昼寝は滅多にしない私ですが、横にならずにはいられなかったのです(笑)夫も2時間寝てました。
その後はいちいち後をくっついて歩くのをやめ、夫も次男も私もソファーや床など離れて座り、自分の守備範囲に入ってきたら相手をする、というやり方にいつの間にか変わっていました。人はすぐに省エネモードに切り替わるものなのですね。ちなみに今日は昼寝をしないで済みました。

この滞在中、昨日できなかったことが今日できるようになっていて成長の早さに舌を巻いています。
形の違う積み木を丸や正方形、長四角、三角の穴に入れる知育おもちゃを、昨日は円筒形のものを入れられるようになったと思ったら、今日には立方体を入れられるようになっていました。そしてちゃんとできると自分で拍手します(笑)

この三日間、主に食事作りと孫のお相手で、自分の時間はほとんどないし体は疲れますが、驚きの連続の毎日は楽しいです。

2人のお茶会 - 2017.09.11 Mon

今日、トモチさんとお茶会をしました。
先月それぞれの夫と共にお会いしましたが、今回は女性二人だけのアフタヌーンティーです。
IMG_2557a.jpg
選んだお茶はイングリッシュ・ブレックファースト

IMG_2559a.jpg
三段スタンド
一番上の大き目スコーンが目を引きます。
英国のブランドCath Kidston」の世界初となるカフェということで話題になったことのあるキャスカフェのスコーン、イギリスらしく外はザクザク、中はほろっとした食感と小麦の風味が好みです。

トモチさんとお会いする時は互いの夫と一緒なのでそれほど込み入ったハリポタの話はしてこなかったのですが、今日はじっくりお話しできて楽しかったです。
驚いたのは、3巻を読んだ時点でトモチさんはスネイプ先生はリリーが好きだったのではないかと感じたということ。私は3巻どころか7巻で真実が明かされるまで気付きませんでした。
あと、スネイプ先生が板書する時としない時のことについて私が何年も前に別ブログに書いた内容を覚えていてくださったことがとても嬉しかったです。言われるまで自分では忘れていたのですが、話題になった途端自分がその時どんな気持ちで書いたか思い出せたことも嬉しかったのですが、何より自分が書いたことを心に留めてくれる誰かがいる、ということが大きな喜びでした。

ゆっくりお茶とティーフーズを楽しみながら3時間ほどお店で過ごし、その後さらに2時間外のベンチでハリポタの他にも色々な話をしました。オフラインだからこそ話せることもたくさん話せて本当に楽しかったです。

19年目 - 2017.09.01 Fri

今日はハリー・ポッターの最終章、「19年目」に当たる日です。




私もこの日をイギリスで迎えたかったのですが、さすがにそうたびたび行けないので今回は我慢しました。
ツイッターでフォロしている何人かの方が現地でその瞬間を迎えた様子を画像で見て、羨ましかったです。



世界中から一つの駅を目指して同じ時間に人がこれほど人が集まってくるとは、本当にハリー・ポッターという作品は愛されているのだと思い、胸が熱くなりました。

私はイギリス時間11時である日本時間の19時の少し前からツイッターのタイムラインを見ていたのですが、そうしている間にも7巻で目にした会話が9と3/4番線で交わされていると思うとわくわくしました。何と言うか、物語と現実との境界がなくなったかのような気分でした。今この瞬間にハリーはスネイプ先生のこと、「父さんが知っている人の中でも、おそらくいちばん勇気のある人だった」と口にしていると考えると、本当に感無量でした。

そうそう、今回ホグワーツに行けなかった私達マグルも、ホグワーツに行けるようPottermoreに入口があるのでぜひ行ってみてください。
光の球をクリック(PCでは)すると各所の説明が読めます。音楽も良いですよ~

測定結果 - 2017.08.28 Mon

多忙な状態がなかなか終わらず、相変わらず出かけた時くらいしかブログを更新しないことにしているのですが、今日はちょっと良いことがあったので記録しておきます。

5月にジムで登録した体脂肪減少キャンペーンの最終登録が今月末に迫ったので、今日測定し、最初に測定した5月の時と比較してもらいました。
体重が1.2kg減少していて体脂肪も減り、、筋肉量は変わっていませんでした!
「筋肉量変わらず脂肪だけ減って、ダイエット上手くいってますね」とインストラクターから言われ、嬉しかったです。
まあ、ダイエットというより筋肉増やすのが一番の目的でジムに通っているのですが、余分な脂肪はないに越したことはなく、毎年このキャンペーンには登録しています。
脱水にならないよう水分は摂っているので、汗で体重が減っただけとは思わないし、実際自宅での測定でも少しずつ体脂肪が減って体重も減っているので、ダイエット効果は出ているのだと思います。

このキャンペーンに登録するのは今回で三回目、今までは全く体脂肪が変わらないか、体重少しだけ減り筋肉量が減った、という、努力が反映されない嬉しくない結果ばかりでした。
確かに今までは筋トレに励むものの、食べる量や飲酒量など変えておらず、やっぱりキャンペーンに登録するからにはもう少し節制しないといけないと思いました。

そこで、今年は飲酒を抑えてみました。
アルコール量を減らしたのではなく、飲むお酒をビールや日本酒の醸造酒ではなく糖質のない蒸留酒のウィスキーに変えたんです。ビール大好きな私が!この夏晩酌ではビールを飲まなかったんです!!(そんなに強調しなくても)
それに、ウィスキーもハイボールで飲むと爽やかだし、薄めに作ってアルコール量も減ってるし、多分経済的(笑)
最終測定は終わりましたが、今のペースでやっていこうと思います。

4人の会(4回目) - 2017.08.23 Wed

昨晩はトモチさんご夫妻と私達夫婦の4人で一緒に飲みました。
ご一緒するのは4回目です。前回の会合から2年経っていたことに驚きました。
今回は私達の家に近いお店まで足を運んでいただきました。

2年振りの再会に近況を報告し合いました。
この2年、お互い家族に大きな変化がありました。
2年というのは結構長い時間なのですね。

主に将棋をお話を伺いました。
当事者でないとわからないことを聞くのが面白くて、色々食いついてしまいました(笑)
トモチさんとは「呪いの子」について少し話しましたが、作品の捉え方が似ていたのが嬉しかったです。

お土産にたくさんのお菓子とクリアファイルをいただきました。
ファイルは、今大人気の若手棋士のファイルです。
IMG_2507a.jpg
自宅で撮影
文字のバックの色が緑のものを意図的に緑を選んで下さったとのことで、本当に有難いです。

IMG_2504a.jpg
お店で撮影
良い写真が撮れました♪
話に花が咲いて、気付いたら3時間経っていました。本当に楽しい時間でした。

小さな美術館 - 2017.08.16 Wed

今日は妹と、北鎌倉にある小さな美術館に行ってきました。
その前にお茶します。
IMG_2484a.jpg
コーヒーとチーズケーキ
カップをちゃんと撮っていなかったのですが、ウェッジウッドのハミングバードらしいです(らしい)

お茶の後、美術館を目指します。
お目当ては、葉祥明美術館です。
葉祥明氏は妹が中学生の頃から好きだった画家で、部屋にポストカードなどを飾っていました。
結婚して実家を出るまで妹とは同じ部屋だったので、必然的に目にするうちに私も好きになり、自分でも小さなフレームに入れて飾っていました。以前から行ってみたいと思いつつ機会がなく、妹もそうだったと言うので一緒に行きました。

北鎌倉の明月院に向かう途中の小川に沿った道を通ります。
IMG_2488a_20170816220017ece.jpg
緑豊かな小川

IMG_2491a_20170816215737ee4.jpg
小川に架かる橋の向こうに見える美術館

IMG_2492a_20170816220018429.jpg
正面から
ずっと降っていた雨が上がりかけていて、濡れた緑がとても美しかったです。
空気も森の良い匂いがするし、ヒグラシが鳴いていたのも風情がありました。

IMG_2493a.jpg
素敵な庭

中は撮影禁止なので写真はありませんが、素敵な絵ばかりでした。
1980年代の頃描かれた作品に一番見覚えがあって懐かしかったのですが、去年、オバマさんが広島を訪れた時のスピーチを絵本仕立てにした絵の展示が印象的でした。短い文章に区切ってそれぞれに絵がついているのですが、生々しい描写は一切ありません。、ただただ美しく静かな空間の広がる絵とオバマさんの言葉に、静かに心が揺さぶられ、そして洗われる感じを味わいました。行って良かったです。中高生の頃好きだった方が、今なお現役で活躍されていることも嬉しかったです。
絵はがきを4枚買ってきました。

IMG_2503a.jpg
買ってきた絵はがき
ジェイクという名の犬のキャラクターが、センター分けのスネイプ先生を思い出させるので、ジェイクのハガキも一枚はいっています(笑)

大量発生チュウ - 2017.08.12 Sat

昨日、きじゅさんとみなとみらいに行ってきました。
ポケモンGOの「ピカチュウだけじゃない!ピカチュウ大量発生チュウ!」というイベントに参加するためです(笑)
イベントが期間限定で開催されていることは知っていたものの、特に行くつもりもなかったのですが、前日のシネマコンサートでお会いした時、誘われ、きじゅさんと一緒なら!と急に行く気になりました(笑)

みなとみらい駅で待ち合わせると、改札口の外でサンバイザーを配っていたので迷ったけれど貰いました。
IMG_2463a.jpg
ピカチュウサンバイザー
撮影のためだけに受け取り、きじゅさんに差し上げました(大事に持ち帰ってくれました)
子どもだけでなく、結構大人も被っていました。

私がこのイベントに心を動かされたのは、ピカチュウが欲しかったからではなく、普段なかなか現れないポケモンが二か所の公園(Pokémon GO PARK)で出現し易くなっているからでした。
そこに向かうのには橋を渡るのですが、人で渋滞しているんです。もうポケモンGOをやっている人は少なくなっていると思っていましたが、やはり大きなイベントには集まるんですねえ。とにかく目的地まで行くのに一苦労でした。
私は知らなかったのですが、たくさん人が集まると通信状態が悪くなるらしく、すぐアプリが落ちてしまいます。そしてなかなかログインできなくなりました。
最初に行った「ジョウトパーク(カップヌードルミュージアムパーク)」では、一緒にいたきじゅさんが珍しいポケモンをゲットする横で
ひたすらログインを試みるだけに終わりました。

IMG_2464a_20170812232229f30.jpg
ジョウトパークに設置されたリアルポケストップ

この後「カントーパーク(赤レンガパーク)」に移動して、スマホを4Gから3Gに切り替えたら、遅いけれど繋がり易くなりました。
そこでようやく私は珍しいポケモンを手に入れたのです。
IMG_2478a.png
バリヤード
(ヨーロッパにしか出現しないと言われています)

IMG_2479a.png
アンノーン
文字の形ですが、これが何なのか私にはよくわかっていません💦

IMG_2472a.png
みなとみらい駅前にて
既にヨーギラスを二体、ゲットした後の画面。
公園内ほどではありませんが、普段現れにくいポケモンを含め大量発生していて、なかなか帰れませんでした(笑)

『秘密の部屋』シネマコンサート - 2017.08.11 Fri

昨日は『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のシネマコンサートの東京公演に行ってきました。
開始は19時、開場は18時でしたが、その前にアフタヌーンティーをしてきました。先日行った広尾のお店です。

IMG_2445a.jpg
外観再び

今回は5人で予約したら、奥の個室に入れてくれました。
IMG_2449a.jpg
鹿の角を使った照明
何頭分!?と思ったら、全部同じ向きなので1本ずつ違う鹿だろう、と言われました。

IMG_2453a.jpg
ティースタンドは二人分と三人分

IMG_2454a_20170811221252365.jpg
部屋の雰囲気
物や人を移動させ、撮影会は念入りに行われました(笑)

この後日比谷線で移動、国際フォーラムに行きました。
IMG_2458a.jpg
会場はAホール

今回私の席は、前から7列目の34番で、数字だけ言ってもわかりにくいと思いますが、ぴったり中央で、指揮者の背中の延長上でした。7列目というのは相当前で、奏者の表情までよく見えます。
去年は比較的前の方でしたが、それでも舞台からの音は聞こえずスピーカーを通した音だったので、正直映画館で映画を観ているのと違いはありませんでした。
けれども今年は、ちゃんと舞台から音が聞こえてきて、指使いも良く見えるし、映像も演奏も両方しっかり楽しめました。

『秘密の部屋』の映画を観るのは、テレビでハリポタ祭りをやった時以来ですが、その時だってTwitterやりながらだったので実はちゃんとストーリーは追えていなかったので、昨日はなんだかとても新鮮でした。
今まで何度観たかわからないのに、今まで感じなかったことを感じました。
リドルを演じる役者さんも昨日初めてかっこいいと思ったし。
また、ハグリッドを嵌めたリドルをダンブルドアだけは疑った、と言った場面で「ダンブルドアはお見通しだ」というようなことを言った時にハリーが見せた勝ち誇ったような笑みがすごく良くて、こりゃフォークスも助けに来るわ~と思いました。この頃のハリーはダンブルドアを心底信頼していたことがよくわかります。
杖をリドルに取られてしまって、バジリスクとの戦いに一切魔法を使わなかったことに、昔はそれほど違和感を感じなかったのに、今回は驚きが大きかったです。魔法の応酬に慣れ過ぎたのかもしれません。12歳で立派に戦ったことにも驚きました。
あと、この時ジニーはロンの妹であるという以外ハリーにとって特別な存在でもなかったのに、助けようと自分の身の危険も顧みず戦うのを見てつくづく、これがハリーなんだな、7巻でヴォルデモートが待つ森の中に歩いていくハリーはもうこの時いたんだ、と思いました。

日光浴? - 2017.08.09 Wed

今日はとても晴れて暑い日でした。
でも湿度は低くカラッとしていたので、台風前の蒸し暑さに比べたらマシでした。
オフ日だったのもあり、普通の洗濯物に加えて、パジャマやシーツなど大物を洗い、布団も干したら気持ち良かったです。
洗濯物を2時少し前に取り込んだ時、まだ十分な日光と空気の乾燥感があったので、思い立って干してみました。
パペットスネイプ先生を(笑)

IMG_2439_edited.jpg
ジャーン!
頭が重いのでどうしてもぐったりしてしまいます(^^;

IMG_2442a.jpg
お顔チラッ♪

2008年に作製したパペットスネイプ先生、丸9年洗濯できずファブリーズ系のものだけで清めてきたのでさすがに古靴の香りが本当にしてきそうで干しました日光浴していただきました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)