topimage

2017-08

小さな美術館 - 2017.08.16 Wed

今日は妹と、北鎌倉にある小さな美術館に行ってきました。
その前にお茶します。
IMG_2484a.jpg
コーヒーとチーズケーキ
カップをちゃんと撮っていなかったのですが、ウェッジウッドのハミングバードらしいです(らしい)

お茶の後、美術館を目指します。
お目当ては、葉祥明美術館です。
葉祥明氏は妹が中学生の頃から好きだった画家で、部屋にポストカードなどを飾っていました。
結婚して実家を出るまで妹とは同じ部屋だったので、必然的に目にするうちに私も好きになり、自分でも小さなフレームに入れて飾っていました。以前から行ってみたいと思いつつ機会がなく、妹もそうだったと言うので一緒に行きました。

北鎌倉の明月院に向かう途中の小川に沿った道を通ります。
IMG_2488a_20170816220017ece.jpg
緑豊かな小川

IMG_2491a_20170816215737ee4.jpg
小川に架かる橋の向こうに見える美術館

IMG_2492a_20170816220018429.jpg
正面から
ずっと降っていた雨が上がりかけていて、濡れた緑がとても美しかったです。
空気も森の良い匂いがするし、ヒグラシが鳴いていたのも風情がありました。

IMG_2493a.jpg
素敵な庭

中は撮影禁止なので写真はありませんが、素敵な絵ばかりでした。
1980年代の頃描かれた作品に一番見覚えがあって懐かしかったのですが、去年、オバマさんが広島を訪れた時のスピーチを絵本仕立てにした絵の展示が印象的でした。短い文章に区切ってそれぞれに絵がついているのですが、生々しい描写は一切ありません。、ただただ美しく静かな空間の広がる絵とオバマさんの言葉に、静かに心が揺さぶられ、そして洗われる感じを味わいました。行って良かったです。中高生の頃好きだった方が、今なお現役で活躍されていることも嬉しかったです。
絵はがきを4枚買ってきました。

IMG_2503a.jpg
買ってきた絵はがき
ジェイクという名の犬のキャラクターが、センター分けのスネイプ先生を思い出させるので、ジェイクのハガキも一枚はいっています(笑)

日光浴? - 2017.08.09 Wed

今日はとても晴れて暑い日でした。
でも湿度は低くカラッとしていたので、台風前の蒸し暑さに比べたらマシでした。
オフ日だったのもあり、普通の洗濯物に加えて、パジャマやシーツなど大物を洗い、布団も干したら気持ち良かったです。
洗濯物を2時少し前に取り込んだ時、まだ十分な日光と空気の乾燥感があったので、思い立って干してみました。
パペットスネイプ先生を(笑)

IMG_2439_edited.jpg
ジャーン!
頭が重いのでどうしてもぐったりしてしまいます(^^;

IMG_2442a.jpg
お顔チラッ♪

2008年に作製したパペットスネイプ先生、丸9年洗濯できずファブリーズ系のものだけで清めてきたのでさすがに古靴の香りが本当にしてきそうで干しました日光浴していただきました。

浜松旅行(3) - 2017.07.24 Mon

旅行三日目の朝、宿をチェックアウトすると(手筒花火はこの時渡された)、龍潭寺に向かいました。
龍潭寺は井伊家の菩提寺で大河ドラマ「おんな城主直虎」に出てきます。仲間たち全員が大河ドラマを見ているわけではありませんでしたが、ドラマ関係なく行ってみる価値はありそうで行きました。

IMG_2298a.jpg
開山堂と

IMG_2303a.jpg
庭園と
日本国指定の名勝になっています。ここでは庭園の説明の音声が流れます。

墓地に向かうとまず家臣の墓が目に留まりました。
IMG_2308a.jpg
中野家の墓
帰宅後調べたら、今ドラマに出てくる「ゆきのじ」こと中野直之の葬られていました。
IMG_2308b.jpg
四代 直之

IMG_2312a.jpg
奥山家の墓
六左衛門は奥山朝忠という名らしいのですが、残念ながら撮った写真にはそのお父さんと言われる朝宗の名までしかありませんでした。

IMG_2318a.jpg
井伊家の墓

IMG_2319a_20170724224407473.jpg
説明文
これを見ると、正面右が初代、左が直虎のお父さんのようです。
IMG_2317a.jpg
奥から二番目が直虎の墓
苔むしてますね~

その後もう一度家臣の墓地に戻って、「小野」の名前があることに気付いてときめきました(笑)今結構小野政次を推しているんです。が、あったのは弟の小野玄蕃でした。政次の墓所は違う場所のようです。

IMG_2320a.jpg
小野玄蕃の墓

この時は手あたり次第撮影したのですが、昨晩の大河ドラマで植えられた幼木の名が出てきてハッとしました。それ、この前みた!と。
IMG_2322a.jpg
梛の木

IMG_2324t.jpg
説明文
このエピソードが元になった脚本だったのでしょう。

龍潭寺の後、気賀という場所にある大河ドラマ館に行きました。(気賀はドラマ内でも重要な地だったのでときめきました)
撮影禁止なので記録はありません。
その後気賀の関所を軽く見てから、お昼に餃子を食べに行きました。初日とは違うお店に。
でもとても混んでいて1時間半待ちということで断念、浜松駅まで行きレンタカーを返し、駅ビルの餃子屋さんに入りました。

IMG_2337a.jpg
焼き餃子とスープ餃子
こちらの餃子も美味しかったです。

食後、別れを惜しみながら解散しました。
とても楽しい三日間でした。学生時代のようにわいわい言いながらも大人の分別があって諍いもなく、本当に楽しかったです。

浜松旅行(2) - 2017.07.21 Fri

二日目はチェックアウト後、私達夫婦とあと二人が、車でうなぎ屋さんを目指しました。
車で参加したのはうちだけで、あとは皆電車での移動だったので、二日目は8人乗りのレンタカーを一台借りることになっていました。借りる手続きの時間のロスを考えると、車のある私達が先にお店に行って予約するのが最善の策だろう、ということになったのです。
数あるうなぎ屋さんの中で美味しいと評判のお店をいくつか人づてに聞いてありましたが、電話予約は受け付けておらず、その中で唯一店頭での予約を受け付けているお店に向かいました。
お店の開店は11時だか11時半だかでしたが、店頭での受付開始は9時から、私達が到着したのは9時50分で、なんとか10人分の席を予約できたものの、その時間は3時15分でした。
やっぱり予約取りにくいのですね。

それまでの時間に観光します。
まずはうなぎパイファクトリーで工場見学です。ここで他のメンバーと合流しました。
IMG_2148a.jpg
大きなうなぎパイ!

IMG_2150a.jpg
フォトスポットにて三種類の大きなうなぎパイと

驚いたのは生地をこねたりめん棒で伸ばしたり、という作業を人の手で行っていること。焼く時は機械を使っていますが、紹介の動画には、何人もの職人さんが並んでめん棒で伸ばす姿がありました。無料で見学できた上、一人ミニうなぎパイを三枚ずつお土産に貰えたのも嬉しかったです。

この後、竜ヶ岩洞という鍾乳洞に行きました。
入場料1000円で少し高いと思いましたが、中は広くというか長く、なかなか見応えあり納得しました。
IMG_2180a.jpg
マリア観音次郎法師

IMG_2181a.jpg
説明文
なんと大河ドラマの影響は、石筍の名前にまで影響を及ぼしていました!

IMG_2184a.jpg
長寿の泉
IMG_2187a.jpg
天女の鏡
澄んだ水が鏡のようにくっきり上の物を映しています。

IMG_2206a.jpg
シャンデリアの間

竜ヶ岩洞の次は、浜松市地域遺産センターで地域のこと、井伊家のこと、直虎のこと勉強しました。
IMG_2211.jpg
顔ハメ
写っているのは男子ですが、私もやりました(笑)私も他の女子も男子もみんなびっくりするくらいの変顔してます。気分は大学生ですから。こういったパネルがあるとそのたびみんなやりました。

それからようやくうなぎの時間です。
浜名湖沿いに30分ほど車を走らせて、お店に向かいました。
IMG_2221a.jpg
うな重上
炭火で焼いたうなぎは香ばしく、実に美味しかったです!ああ、もう一度食べたい!
16時過ぎにお店を出て、ホテルに向かいました。
二日目のこの日から合流する一人も加わり、浜名湖のサンセットクルーズに参加しました。17:35発、30分のクルーズですからサンセット前に帰ってきてしまうのですが、それでもとても楽しめました。

IMG_2244a.jpg
湖上から見た夕日

19時から夕食で、うなぎを食べ終わってからまだ3時間くらいしか経っておらず心配でしたが、全部食べました(笑)
IMG_2252a.jpg
夕食の膳
左奥の緑の陶器の蓋の下には、活きたアワビがいて、蒸し焼きにして食べました。イセエビのお造りが一人一匹ずつついて、これは思っていたのの倍の請求があるのではないかと心配しましたが大丈夫でした。

この日、たまたま近くの神社でお祭りがあり、手筒花火も奉納されると聞いたので食後みんなで行ってみました。
IMG_2270a.jpg
手筒花火
火の粉をシャワーのように浴びているのに笑顔すら見えました。
中にはやんちゃな人がいて、見物客の方に火の粉を振りまくのですが、そこはちゃんと消防団の人が心得ていて霧状に放水した水の壁を作ってくれました。

観光用ではないお祭りを見せていただき、良い体験ができました。
花火後は男子部屋でお茶飲みながら談笑して、その後温泉に入って寝ましたが、朝までぐっすり眠れました。

浜松旅行(1) - 2017.07.19 Wed

7/15~17の三連休で、大学時代の部活仲間たちと浜松に行ってきました。
2月に敦賀に行った時、既にこの旅行は計画されていて、関東と関西、四国のメンバーがまあまあアクセスし易い所、今年の大河ドラマの舞台、という二つの理由で浜松が選ばれました。
参加したのは男性が6人、女性が5人の計11人です。夫婦で参加したのは私達だけです。

浜松までの二人分の交通費を考えると車の方が断然安いので車で行きました。同じ県に住むK子も誘い、三人で東名で浜松を目指します。
IMG_2100a.jpg
良く晴れた空と富士山

途中事故渋滞にはまり、たった数キロ進むのに1時間半もかかり、待ち合わせの11時に間に合いませんでした。
餃子屋さんにみんなで並ぶ予定でしたが先に入ってもらい、みんなが出てきた頃、私達は到着しました。それでも、宇都宮と肩を並べる浜松餃子は食べたくて、他のみんなには次の目的地に先に行ってもらい、私達は列の最後尾に並びました。
IMG_2102a.jpg
浜松餃子
列に並んで一時間後、ようやく餃子にありつけました(笑)

IMG_2108a.jpg
餃子大(16個)
ご飯は食べず、餃子だけを一人16個ずつ食べました。浜松餃子は茹でたもやしが添えられているのが特徴だそうです。
具も野菜が多く、16個も軽く食べられます。

食べ終わると次の目的地、楽器博物館に行きました。
みんなマンドリン部の仲間、それなりに楽器には興味があるようでじっくり鑑賞していて、私達は1時間半遅れていましたがそこで合流出来ました。

IMG_2110a.jpg
マンドリン(日本製)

2時からミニコンサートがあるということで、地階のロビーでみんなで鑑賞しました。
竹でできたアンクルンというインドネシアの楽器を使い、職員二人が演奏してくれました。
てっきりインドネシアから来た奏者の演奏かと思っていたのでちょっと驚きましたが、その後観客の大半にその楽器が渡され、みんなで演奏する、という参加型のコンサートでした。
IMG_2113a.jpg
アンクルン

出せるのは単音で、それぞれに数字が書かれています。1がド、2がレ、という具合です。
3曲ほど演奏しましたが、全員分の楽器はないのでみんなで交替で使いました。みんなとても真剣に取り組み、楽しみました。
コンサートの後、遅刻組は展示物を見て、先発組はカフェでお茶を飲んでいました。
IMG_2117a.jpg
燭台付きのピアノ
美女と野獣に出てきそうではありませんか!

その後宿に向かいました。
1泊目は弁天島の中のホテルに宿泊しました。

IMG_2126a.jpg
窓からの眺め

男女二室に別れて、まるで合宿のようです。
女子(笑)は10畳と6畳、男子は10畳と8畳の二間続きの広々とした部屋でした。
布団敷きはセルフで、ますます合宿っぽいです。

IMG_2139a.jpg
グリフィンドール生の中に一人だけ混ざるスリザリン生

夕食後、男子部屋に集まってお茶やお菓子と共に語らうのも学生当時のままでとても楽しかったです。

七夕 - 2017.07.07 Fri

気付いたら1週間以上も更新していませんでした!
今日は七夕、珍しく良く晴れていたのでベランダに出てみようと思いました。
でも、織姫と彦星が何という名の星でどこにあるのかすっかり忘れていて、一度ネットで調べてからですが。
織姫はこと座のベガ、彦星はわし座のアルタイル、共に夏の大三角形を構成する星でした(こんなことも忘れている)
DSC02905a.jpg
夏の大三角形

DSC02905b.jpg
上がベガ、右下がアルタイル、ちなみに左下ははくちょう座のデネブ

屋根の位置的に大変撮影が難しく、かなり体を捻って撮っています(笑)
さらに月が近くにあったため、全体的に画面が明るいのですが、意外とデジカメはわずかな星の光を捉えて他の星も写り込んでいます。実際私の目には三角形くらいしか見えていないのですが。

DSC02902c.jpg
デネブを入れないで撮影
わかりますか?

DSC02902b.jpg
上がベガ、下がアルタイル

今年は本当に珍しく二人がデートできたようで良かったです♪

雨の散歩 - 2017.06.28 Wed

昨日からなんだか頭がぼーっとしていて、色々手につかないので、今日は雨が降っていましたが傘をさして散歩に行ってきました。
蒸し暑さはありますが普段よりは気温が低めなので歩くのは結構気持ちが良いです。

IMG_2059a.jpg
近所の学校前の紫陽花
写真だとわかり辛いですが、私の背よりかなり高い株です。

IMG_2056a.jpg
ちょうど見頃

公園に入るとまず目に留まったのがナデシコでした。
IMG_2062a.jpg
カワラナデシコ?

IMG_2071a.jpg
別の一角

公園の中はほとんど人がいません。しとしと降る雨の中を写真を撮ったりポケモンGOやったりしながら好きなペースで歩きます。
松林の下に白いものが点々とあることに遠くから気付き、キノコかな~と近づきました。
IMG_2063a.jpg
白いもの

IMG_2064a.jpg
カラスウリの花
見上げるとかなり高い位置の松の枝にカラスウリが絡みついていました。

でも、同じ林の中にキノコもありました。
IMG_2065a.jpg
倒れたキノコ

少し前から花壇で咲いていて気になっていた花に近寄ってみました。
IMG_2068a_2017062815511089f.jpg
赤いいちごのような花

IMG_2069a.jpg
センニチコウ(千日紅)
別名ストロベリーフィールドというのですね。やっぱりストロベリーに見えますもんね。

IMG_2073a_2017062815511477b.jpg
アガパンサスの花
どうもアガパンサスを見ると、6巻でダーズリー家を訪れたダンブルドアの「アガパンサスの花が実に見事ですのう」(6巻3章p.)を思い出してしまいます(笑)

しとしと雨で傘をさしていれば濡れず、ほとんど人のいない公園を散歩するのは気持ち良かったです。

お祝い - 2017.06.21 Wed

昨日は半日仕事をした後、夫に車で拾ってもらって娘宅に行きました。
娘一家は先週末、引っ越ししたばかりで(我が家からは車で2時間くらい)、そのお披露目と2週間ほど遅れての孫の誕生日のお祝いを兼ね、それぞれの家族を呼んでくれたのです。
もっとも私は、日曜日に一足早く単独で引っ越しの手伝いに行っていたのですが、その時は子守りメインでほとんどを1階のリビングで過ごしたのでリビングとダイニングキッチンとトイレくらいしか見ていなかったので、昨日きちんと見せてもらいました。

今まで本当に狭い家に住んでいたので、子育てするにも息が詰まるだろうと心配していましたが、今度は申し分ない広さで安心です。
逆に新しい家具類に危険がいっぱいに思え、角の保護材とか使っていないコンセントを塞ぐものとか、色々用意して誕生日のプレゼントとは別に渡してくるという、まさに老婆心です(笑)
階段下の物置はハリーが寝られるくらいの広さがあって、そこに日曜日には家中に溢れかえっていた空き段ボール箱を畳んだものが隠せていたのに感心しました。とにかく収納がたっぷりあるのが羨ましいです。

さて、私達が到着した時には既にあちらのご両親を到着されていて、孫ともすっかり打ち解けていました。
私が入っていくと孫も「あ!」と声を上げ愛想を振りまいてきましたが、あんまり馴れ馴れしくするのも気が引け、少し距離を取ってしまいました(笑)
昔、私の母と夫の母が競うように抱いていたのが少々辛かったので、娘にそんな思いをさせたくなかったからです。夫も距離を取ったままでした。むこうのおじいちゃんがものすごく子ども好きなのにいつも一番泣かれると聞いていたので、せっかく仲良くしているのを邪魔したくなかったのかもしれません。
難しいですね、二組のおじいちゃんおばあちゃんが同席するのは。多分向こうのおじいちゃんおばあちゃんも、いつもよりずっと距離を取っていたに違いありません。

IMG_2016a.jpg
特別な飾りつけ
生後0カ月から1か月ごとの写真です。

IMG_2012a.jpg
お祝いのケーキ(本人は食べられませんが)
直前までケーキを作るつもりでいたのを、前夜お店で買うことに決めたため、娘宅に向かう車の中でその街のケーキ屋さんを調べ電話して予約しました。

バースデーソングを歌って、頭越しにお父さんにろうそくを吹き消してもらってみんなが拍手したら泣いてしまいました(笑) 来年は自分で吹き消そうとするでしょう。成長が楽しみです。

「120%」四回目 - 2017.06.12 Mon

昨日OTの学生時代の友人たちと会ってきました。
前回の会合から半年以上経ってしまいました。3月に企画されたのですが次男の卒業式と重なって欠席してしまったのです。
今回はいつもと違うお店を開拓してみました。ネットで見た口コミの「イケメンたち」の一文が決め手になりました(笑)

IMG_1941a_20170612212806438.jpg
前菜盛り合わせ(三人分)

IMG_1943a.jpg
パン盛り合わせとオリーブオイルの壺
パンだけの写真を撮ろうとしていたら「今日は連れてこなかったの?」と聞いてくれたので、パペットスネイプ先生を出させていただきました。
この他パスタ二種類をシェアしたのですが、しゃべるのと食べるのに夢中で撮るの忘れていました。
IMG_1945a.jpg
揚げピッツァ
生地を揚げてからチーズやソースをトッピングしたのでしょうか?とても美味しかったです。

IMG_1946a.jpg
デザート

このお店で2時間半ほど過ごしました。ちなみに「イケメン」のワードに一番食いついた友人の「イケメン」に対する評価は、結構辛口でした(笑)
さらに場所を変え、ケーキと紅茶でさらに2時間ほど語り合いました。
主に二人の仕事や家庭におけるもやもやな気持ちを聞かせてもらいました。
特養や老健で働く二人からは、病院には無いような事故や連絡ミスなどの話が聞かれましたが、現状を嘆く様子からはOTとしての意識の高さが感じられ、眩しかったです。
良い刺激をもらったし、面白い話をたくさんできたし、私が何を言っても二人が全力で肯定してくれるし、幸せな時間でした。

成長 - 2017.06.07 Wed

昨日から娘が子連れて一泊していきました。
先日4日に一歳になった孫は独り立ちするようになっていて、十日前に会ったばかりだというのにその成長ぶりに驚かされました。「今歩いた?」と皆で言うような、微妙な移動が既に見られたし、この分だと次に会う時には歩き始めているかもしれません。

相変わらず夜中に何度も起こされているという娘を少しでも休ませたい思いから、私も夫も積極的に抱いたりあやしたりするのですが、要求がよりはっきりしてきてなかなか他のことではごまかされなくなってきました。

抱かれるとインターフォンのモニターのスイッチを押したくなるらしく、指さすのですが私や娘は決して触らせません。なぜかというと、そこをいじって良いのはおじいちゃん(夫)が抱いている時だけ、というおじいちゃんポイントに指定されているからです。つまり、おじいちゃんにはあまり喜んで抱かれてくれないので、そういうスペシャルなイベントがあることを覚えてもらいたいからです(笑)
割と男の人(特に年配の)が苦手な子って多いように思いますが、この子もおじさんが苦手なようで、むこうのおじいちゃんは大泣きされるとのこと、まだ夫への対応はマシな方かもしれません。うちの子達もかつてはそうでしたが、いつかおじいちゃん大好きっ子になりましたから、もう少しの辛抱だろうと思います。

色々ごまかされないからと、気を逸らすのに私のiPhoneのSiriを用いたら、一回で覚えてしまい、うっかりその辺に置いているとご機嫌で触っていました。
ホームボタンを長押ししては起動させて何か言うのです。もちろん、言語になっていないので「すみません。何を言っているのかよくわかりません」とか言われてしまうのですが(笑)
それでも時々「あの」とか「上」とか変換されているのを見るのは面白かったです。

湯西川温泉 - 2017.06.05 Mon

土曜から一泊で夫婦で湯西川温泉に行ってきました。
どうも近くに夫が興味のあるトンネルがあったようで、最初に誘われた時点で行き先は湯西川温泉に決まっていました(笑)
私にとっては初めて聞く場所でしたが、行ったことのない場所に行くのは大好きなので喜んで行きました。
夫の方もそこが栃木で鬼怒川よりさらに北、程度しかわかっていなくて、当日の朝グーグルマップで調べて、福島にとても近い位置だと知りました。そんなわけで、思っていたより遠かったです。

IMG_1748a.jpg
近づくにつれて視界は緑に

IMG_1751a.jpg
休憩した道の駅には鹿肉コロッケが!
山深いし、鹿も出そうです。

宿泊予定の宿まであと4kmくらいに近づいた頃、目的のトンネルが見えました。湯西川ダムの上を通る道路から逸れたすぐのところです。
IMG_1757a.jpg
水位が下がり枯れた森が姿を現したダム

IMG_1776a.jpg
同じく枯れた木々

IMG_1760a.jpg
パペットスネイプ先生にも良い空気を吸っていただきます

IMG_1772a.jpg
暗いトンネル
トンネル入り口には通る人へのメッセージとして電灯をつけてください、ということが書かれていましたが、夫にとっては暗いことに意義があるようで、ライトを手にしてずんずん奥に入っていきました。私は恐くて外の明かりが入るところで待っていました。

トンネル探索の後は、宿でゆったり寛ぎます。
団体さんの到着と重なってしまいましたが、滞在中は特に遭遇することもなく寛げました。アルカリ性単純温泉とのことでしたが、硫黄の匂いも感じました。

夕食は古民家を移築したという別館の囲炉裏端で。
IMG_1778a.jpg
夕食のお膳
煮物と茶碗蒸しもこの後追加されます。
囲炉裏に対して直角に据えられていたので、このお膳の物を食べる時は横向きになります(笑)夫婦で囲炉裏を挟んで向かい合っているのに、お膳に向かうとそっぽ向く形になるので、多くは囲炉裏の縁に置いて食べました。

IMG_1780a.jpg
平家のお狩場焼(奥)と陶板焼き用食材

IMG_1783a.jpg
山葡萄の食前酒で乾杯
囲炉裏の中に木製のへらのようなものが立っているのわかるでしょうか。
上の方にこの旅館自家製のお味噌が塗られていて、このまま肴としてつまんだり、ちょっと火に近づけて炙ってから食べたりするよう勧められました。
<IMG_1785a_20170605224506a04.jpg
自家製味噌
これがとても美味しかったです。

IMG_1788a.jpg
朝食
この時の味噌汁ももちろん自家製味噌が使われていました。
このお味噌、売店でも売っていましたが買わずにいたら、チェックアウトの時お土産として少し持たせてくれました。早速使いましたが、熟成された匂いが強めですが、旨味があって美味しいです。

チェックアウト後は平家の里に行こうと思ったのですが、なんとこの日は一年に一回の大きなお祭り平家大祭の日で通行止めになるとのことでやめました。団体さんや他のお客さんはこのお祭りが目的だったのかもしれません。私たちはトンネル目的だったのでお祭りのことはチェックイン後に知ったわけで、それほど関心もなかったので見ないで帰りました💦

代わりに寄った湯西川水の郷で少し散策しました。
IMG_1796a.jpg
湯西川に架かる大吊り橋

IMG_1802a.jpg
吊り橋の上から撮影

湯西川の水が澄んできれいだったので、河原まで下りて行きました。
IMG_1816a.jpg
きれいな水の流れ
カジカカエルの鳴き声と思われる音が聞こえていました。

お昼に宇都宮餃子を食べたかったので宇都宮の市街の中を通り、宇都宮餃子の看板を見つけたら入ろうと思ったのですが、なかなか見つからず、これは諦めて佐野ラーメンにすべく佐野まで行ってしまおうかと思った頃、ようやく見つけて入ることができました。
IMG_1826a.jpg
七色餃定食
七種類の餃子が二個ずつ楽しめます。お品書きを見た瞬間に決めました。
写真には、焼き餃子が五種類、茹で餃子、スープ餃子

IMG_1827a.jpg
揚げ餃子
全部美味しかったです。

IMG_1829a.jpg
お店外観
帰宅後気付いたのですが、以前宇都宮餃子を食べた時、12店盛りという12個全部お店が違う焼き餃子を食べたのですが、その中にこのお店の名前もありました。当てずっぽうでしたが良いお店に入れて幸運でした。

コーヒーを淹れる - 2017.05.27 Sat

昨日から一泊で娘一家が来ていて、慌ただしい時間を過ごしていました。
娘夫婦、特にお婿さんはコーヒーが好きなので、昨日到着した時も、今朝もコーヒーを淹れました。
娘が、コーヒーを上手に淹れられるようになりたいと言って、私の淹れ方を見学しました。
そしてこう言いました。
「簡単そうに見えるけど、何年も経験を積んでこうなったんだろうなあ」

まあそんな長い年月ではありませんが、4年前の6月にうちにコーヒー挽きが来てから、少なくとも週に3~4回は淹れていますから、最初に比べればずっとずっと上手になり、今日は外食でもコーヒーを飲んだのですが、正直自分で淹れたものの方が美味しいと思いました。

両親が健在だった頃は、実家に行けば美味しいコーヒーを飲めたので、自分でわざわざ淹れる発想はなかったのですが、いつまでも実家で美味しいコーヒーが飲めるわけもなく、自分では絶対無理だと思っていた美味しいコーヒーを淹れること、いつの間にか
できるようになっていたことに今更ながら驚きます。
これも日々精進してきた成果だと思います。
いつだってもっと上手に、もっと美味しくと考えながら淹れてきたのですから。
これからもより美味しいコーヒーを淹れられるよう、試行錯誤していこうと思います。

無常 - 2017.05.22 Mon

昨日同僚たちとバーベキューして肉をたっぷり食べてきたばかりですが、今日は息子たち二人と私達夫婦とで焼肉に行ってきました。
以前から次男が行きたがっていて、どうせ行くなら長男も呼んでやろう、肉はそれほど食べていないだろうから、ということで二人の都合を調製したら今日が選ばれたのです。
IMG_1604a.jpg
まずはタン塩とサラダから
ビールはピッチャー2つがすぐに空になりました。

息子たちにたっぷり肉を食べさせつつ、近況を聞きます。
長男と次男が顔を合わせるのはとても久しぶり。確か娘が子どもを連れて来た日に二人とも来たのですが、翌日が早い次男が早々に帰ってしまい、逆に仕事で遅く到着した長男とはすれ違っていたのです。
次男も社会人になって、ようやく同等に話せることもあり、今までにないような人生について考えるような話をしていました。
この子たちがもう一緒に暮らしていない、娘も家庭を持って子どもさえいる、と思うと無常を感じずにはいられませんでした。

締めにはやはりご飯ものが食べたいけれど、一人前では多すぎるし、と思ったらミニサイズがあったのでミニ石焼ビビンバを頼みました。
IMG_1605a.jpg
ミニ石焼ビビンバ

食べ終わると息子たちはそれぞれ一人暮らししている家に戻っていきました。
次男は電車に乗って、長男は自転車で。二人共職場へは実家からでも通えるので、「家に戻ってご飯はお母さん(私)に作ってもらって、お金貯めれば?」と言ってみました(笑) 息子たちは笑って帰っていきました。

ぼんやり - 2017.05.20 Sat

今日は良い天気で予定もなく、午前中は布団干しや大物洗濯や掃除など家事に励みました。
お昼近くになって散歩に行きました。ポケGOのために歩くことも目的でしたが、ぼんやりすることももう一つの目的でした。
つい先日、認知症予防にはぼんやりすることが効果がある、という動画を見て、「そう言えば私、いつも何か行動していてぼんやりすることあんまりなかった!意識してぼんやりしないと!」と思ったのです(笑)

そんなわけで、散歩の合間に木陰に腰かけてぼんやりしてみました。
IMG_1562a.jpg
眺めていた景色
今日はかなり気温が高くなっていましたが、木陰は涼しく、ムクドリやスズメがうろうろするのをぼんやり眺め、鳴き声や風音を聞いているのはとても心地よかったです。
ずっとここに居ても良いくらいでしたが、やはり海を見たくなって歩き始めました。

IMG_1566a.jpg
生き生きとしたクローバーの群生

IMG_1567a.jpg
ブラシの木

IMG_1569a.jpg
穏やかな海
しばらく波音を聞きながら、ここでもぼんやり海を眺めました。
そして少し歩きました。何か面白いものが流れ着いていないか探してくなってしまう性はどうしようもありません(笑)

IMG_1573a.jpg
エボシガイ
見るとぞっとするのですが、撮らずにいられないです。

IMG_1578a.jpg
アカクラゲ?
クラゲだろうけどこのような赤いスジは今まで見たことなかったです。よく見ると動いていました。


ちょっと刺激はありましたが、かなりのんびりできました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)