topimage

2005-08

4時 - 2005.08.31 Wed

映画でスネイプ先生を演じているアラン・リックマン氏の夢を見ました。

何やら観光バスのようなものに1人で乗り込んだ私。
指定席の隣がリックマン氏と知って驚きます。
でも、英語が話せないからと、前の席の見知らぬ女性に席を換わってくれるよう頼みます。
(なんともったいない!それに隣の人と話さなければならない訳ではないでしょうに)
結局、特急列車のように席を反転して向かい合った私達3人。
2人の会話を聞いていると断片的に彼の出演した映画の名前がいくつか出てくるのですが、「ハリーポッター」はでてきません。
やきもきしつつも、頷きながらひたすら聞いている私。
唯一言葉を発したのはリックマン氏の‘What time?’との問いかけに
‘Four o'clock’と答えたのみ!!
中学生だってもっとまともな会話が出来ただろうと、目覚めた直後に思いました。
スネイプ先生のこと、どう思って演じているのか聞きたかったなあ。
でも、聞いたところで回答は私の脳の中で作り出されたものに過ぎないのだけれど…

マーク・トウェイン - 2005.08.30 Tue

アメリカ南部を襲ったハリケーンの話題を見ていて
ミシシッピという言葉からマーク・トウェインを連想しました。
「トム・ソーヤーの冒険」の作者です。

私は何年か置きに何かに非常に熱中します。
今は、ハリーポッターのスネイプ先生に夢中ですが、大抵マンガの登場人物に夢中になります。
でも何年も前に、やはり児童書に夢中になったことが一度ありました。
「トム・ソーヤーの冒険」で、主人公トムの親友ハックルベリー・フィンに夢中でした。
今と同様毎日読んでいたのが、新潮社の「トム・ソーヤーの冒険」で、訳者は大久保康雄氏です。
学校帰りに他の出版社の本も立ち読みしてみましたが、一番のお気に入りはやはり新潮社版でした。
文庫本で313ページしかないのですが、毎日必ず読む日が1年以上続きました。

訳者の解説に作者のマーク・トウェインというペンネームについての記述があります。
ミシシッピ河の水先案内人だった作者は、蒸気船の航行に安全な水の深さを示す
「マーク・トウェイン」という言葉をペンネームとして使ったそうです。
これは日本語にすると「二尋」なのだそうです。
尋は長さを表す単位で主に水深や縄の長さに用いられます。
一尋は約1.8メートルです。二尋は約3.6メートルといったところでしょうか。

というわけで、当時私は、マーク・トウェインに敬意を表して
いつかペンネームに「二尋」を使ってみたいと考えたのでした。
ペンネームではなく、ハンドルネームになりましたが。
このブログのタイトルの由来も同様です。


叫びの屋敷でノックアウト - 2005.08.28 Sun

今日はスネイプ先生の考察にいつもより多くの時間を割きました。
叫びの屋敷で武装解除されて頭部からの出血と意識のない状態にあるスネイプ先生の考察です。

以前の三頭犬の咬傷についての考察もそうでしたが、怪我がどういう状態にあるのか文献を参考にして考察します。
文章中の僅かな手がかりを頼りにまとめていくのは楽しい作業です。
本当は三頭犬の時のように誰かの意見も聞きたかったのですが…

Dr.にちょっと聞いてみたいと思い、金曜日に目の前まで行ったのですが、さすがにどう切り出してよいかわからず、聞けませんでした。
飲み会などで聞く機会があったら報告しますね
(別に誰も知りたくないか…)

涙腺 - 2005.08.27 Sat

24時間テレビは見るつもりは全くありませんでした。
ハリーポッター6巻を読もうと、6巻と辞書を広げていたのですが、
家族が見始めたのと江ノ電にちょっと思い入れがあったのとで
「小さな運転士 最後の夢」というドラマを見始めてしまいました。

終始涙腺がゆるみっぱなしでした。
このお話、以前新聞で読んだことがありました。
実話に基づいたフィクションだそうです。

重い心臓病の少年の「江ノ電の運転士になりたい」という夢を叶えるため
江ノ電の職員が奔走する姿も、支えようとする病院の職員や学校の先生にも、
既に同じ病気で妻(少年のお母さん)を失くしているお父さんの優しく見守る姿にも泣きました。
「普通の子みたく~したい」という少年の言葉に、
普通に生きているありがたみをつくづく感じました。
気が付いたら、辞書のまわりはティッシュの山。

結局少年も亡くなってしまって、実際のお父さんは今頃どうしているんだろう…


残暑 - 2005.08.26 Fri

台風はほぼ直撃でしたが、この辺では大した被害はありませんでした。
朝起きると、まだ空はどんより曇っていましたが、雨も風も止んでいました。
海鳴りが聞こえたので、海はまだ荒れていたのでしょう。
二尋の家は海まで徒歩15分くらいの所にあり、海が荒れると海鳴りが聞こえます。

台風一過のさわやかな快晴を期待したのですが、
日中日差しは強くなっても湿度が高すぎ、蒸し暑い残暑が待っていました。
昨日が涼しかっただけに暑さが堪えました。

でも、帰宅してみると、素敵な残暑見舞いが届いていて、とてもさわやかなうれしい気持ちになりました。
残暑万歳!

車中から - 2005.08.21 Sun

昨日は、大阪からまっすぐ帰らず、愛知に一泊しました。愛・地球博には行きませんでしたが。
新幹線で豊橋駅まで行き、そこで家族と待ち合わせ、その後は車での移動です。
今朝は8時前にチェックアウト、土砂降りの中あちこち観光した後、帰路につきました(現在進行形)渋滞に突入したところです。2週連続の旅行はさすがにきついです。早く帰りたいよ~。

「みんなの」スネイプ先生 - 2005.08.20 Sat

大阪に行ってきました。
何しに?「みんなの」スネイプ先生に会うために。
初めてイベントなるものに行きました。
関東に住まう私がわざわざ大阪まで行ったのは、どうしても会ってみたい方が参加されていたからです。
会場の雰囲気には圧倒されました。でも、会いたい方に会えた上、スケッチブックにとても素敵なスネイプ先生を描いて頂くことができました。本当に行って良かったぁ♪
色々なスネイプ先生に会えました。みんな想像力豊かですね。そして私とは表現の仕方が違いますが、やっぱり作品を愛しているのだと切に感じました。

「私の」スネイプ先生 - 2005.08.19 Fri

「私の」スネイプ先生といっても、決してスネイプ先生を独り占めしようというわけではありません。
私のイメージについて語ろうと思います。

本の中ではその容姿がかなり具体的に表現されています。
鉤鼻、ねっとりした肩までの黒髪、土気色の顔、痩せた体、不揃いの黄色い歯、等々。
小説の良い所は、そんな描写を手がかりにして自分の中で想像をふくらませることができることだと思います。
実は私のスネイプ像はまだあまり固定されておらず、日常生活においても色々な場面で「こんなスネイプ先生もありかも…」などと考えています。

道行く人の中には、私にとってかなり「スネイプっぽい人」がいたりします。
肩までの黒髪はもちろん、ただ脂ぎった髪の人とか、痩せてギクシャクした歩き方の人とか、黒ずくめの服の人とか。
通勤電車の中や駅のホームなどでも、そんな人が目に入ると、密かに「今日のスネイプ先生NO.1」などと評価したりします。

もちろん、患者さんの中にも「スネイプっぽい人」はいます。
以前担当した患者さんは、初めてお会いした時、灰色のパジャマで、肩までの髪、大きくてやや鉤鼻、顔色が悪かったので、心の中でそのものずばりのあだ名をつけました。高齢で黒髪ではなく、非常に多弁な方でしたが。
他にも色々な意味で似ている人がいると、密かに「○○(担当者名)のスネイプ」と心の中で呼びます。

映画でスネイプ先生を演じたアラン・リックマン氏。非常に魅力的な方で7巻までのスネイプをずっと演じて欲しいと思います。
が、私のイメージはアラン氏に支配されているわけでもありません。
実は、アンガールズの山根氏なんか、結構いい線いっていると思うのですが、どうでしょう?痩せて顔色悪くて肩までの黒髪で、ギクシャクした歩き方で、不揃いの歯で。前髪は切りそろえすぎな感じで頬もこけていませんが。ちょっと応援したくなります。

買うか借りるか - 2005.08.17 Wed

またまた、英語教師の幼なじみ(Y)と会いました。
今日は、もう一人、更に古くから(幼稚園入園前から)の付き合いのSも一緒です。
S曰く「ハリーポッター5巻をやっと読んだよ。大きな図書館で借りようと思ったら半年待っても100人以上待ちだったけど、市民センターの図書室ではすぐ借りれたよ。」
ひゃー、そんなに待っても、買うことはしないのですね。
でも、「5巻を読んだら確かに面白くてはまった」そうです。

S 「6巻の邦訳待ちきれないから原書読み終わったら貸して」
二尋「いいよ」
Y 「じゃー私も読むからその次貸して」
二尋「いいよ」
でも、その前に邦訳が出版されると思います。

S 「邦訳6巻は市民センターの図書室で借りれば?」
二尋「いや、買うよ」
S・Y 「えー?」「原書持ってるのに?」
価値観の相違ですね。所有したいのです。
「幻の動物とその生息地」なんか、2冊も持っているんだぞっ。
(とは、言いませんでしたが)

2冊 - 2005.08.15 Mon

今日、納戸の本棚で探し物をしていたら、先日買ったばかりの「幻の動物とその生息地」の本が混じっていました。
こんなところに置いたっけ?と思いながら、納戸で立ち読みし、
部屋に戻ってみると、タンスの上にも「幻の動物とその生息地」が!!
えっ?2冊ある??
調べてみたら家族が「何年か前に買った」ことがわかりました。
何年か前…って発売されてすぐにでも買ったのでしょうか?
ずっと気付かずにいて、よりによって買って1週間もしないうちに発見するとは。
先週見つけていたら買わなかったのに
でも、自分で買ったのに忘れているよりはいいか。
ちなみに購入当時私は「後で読ませて」と言っていたそうですが。
その頃はまだスネイプ先生への愛に目覚めていなかったので忘れてしまったのでしょう(汗)
これ、カテゴリーはハリー・ポッターかな?

帰宅 - 2005.08.14 Sun

昨日の答え:山梨県の西湖でした。
ちゃんと画像が表示されていて良かった。

西湖近くのキャンプ場に2泊してきました。
天気は今ひとつで、昨晩11時ごろから大雨に降られました。
朝には上がっていたので、なんとかテントも乾かすことが出来ましたが、いろいろ濡れてしまって大変でした。
キャンプは楽しいけど、後片付けが大変。

キャンプ - 2005.08.13 Sat

20050813173003
キャンプに来ています。初めて携帯から投稿します。画像も添付してみましたが、うまくできたかどうか。この場所はどこでしょう?答えは明日。

ホグワーツ校指定教科書 - 2005.08.10 Wed

今日は、初めて行く美容院で縮毛矯正をかけました。

時間がかかるだろうと、この機会にホグワーツ校指定教科書を買って持って行きました。
今まで、持っていなかったし、読んだこともなかったのですが、スネイプ先生の考察をする上で、参考文献としても重要だと感じてきたので買いました。
本当は6巻を読みたかったのですが、辞書なしではとても無理、辞書持参で美容院へ行くのもためらわれたので(そんなことする人いません)止めたのです。

「幻の動物とその生息地」を読み始めましたが、いきなり「ヒトたる存在」の定義、という物語の核心に触れるかのような記述に驚きました。
なんでもっと早く買わなかったのだろう?新しい発見がありそうで楽しみです。
でも、6巻読んだり、3巻考察したりで、続きを読む暇あるのでしょうか?

美容院は、思ったほど時間がかからず、あまり先まで読めませんでした。
髪は、肩までのストレートヘアになりました。染めていないので、ちょっとスネイプ先生っぽい?と鏡を覗き込んでいます。

萌えバトン - 2005.08.08 Mon

海の地図のどんぐりさんから萌えバトンを受け取りました。
バトン受け取ったのは初めてな上、属性の意味がよく分からなくて調べたりして、ちょっと苦労しました。が、結局は「萌え」を語りたいんです、私。


■属性を正直に告白せよ(妹属性とかメガネ属性とか)
ストレートで少し長めの黒髪。額にかかっているサラサラの前髪。オールバックの長髪も可。
スネイプ先生に限りねっとりした黒髪。
いつも冷静な人の冷や汗、わずかにうろたえる様子。
冷徹で毒舌、取り付く島もない感じの人が、義務はきっちり果たす、人知れずやるべきことはやっている様子。
へらへらしている人がいざという時頼もしい様子。
三枚目の壮絶な死
一人で問題を抱え込む人。
孤独な人。
過去が十分明かされていない人。

■萌え衣装を答えよ(メイド服とか背広とか)
はためく黒ローブ。翻る黒マント。
白いワイシャツに濃い色のズボン。

■萌え小道具を答えよ(包帯とか首輪とか眼帯とか銃とか)
額に巻いている包帯・バンダナ・はちまき。ねじりはちまき不可
(前髪が簾状になって額の包帯等にかかっているとそれだけで萌えます)

■萌え仕草を答えよ(受でも攻めでもどっちでもいい。ときめく仕草)
眩暈をおこして額に手をやる仕草。
吐き気、咳などで口元に手をやる仕草。喀血可、嘔吐不可。
(現実では、このような場面では焦りまくります。実際何度か体験)
痛む場所を押さえる仕草。

■萌え場所を答えよ(海とか山とかその二人がここにいると最高にいいっての)
病棟(汗)

■バトンを回す5人
お願いしにくいので、回しません。どなたでも、お持ちください。

えー、なんだか萌えのために病院に勤めているみたいな結果に・・・
決してそうではありません。と、思います・・・

ブログを開設しました - 2005.08.06 Sat

今日から日記のブログを開設しました。
日々の些細な記録をつけていくつもりです。

今日は、親友が訪ねてきてくれました。小学校2年の時からの長い付き合いです。
私の読みかけのハリーポッター6巻(4章途中)を見て、「まだこれしか読んでないの?」と笑います。無理だよ、私は一日4~5ページが精一杯。が、私の英語嫌いはよく知っている彼女、継続して読んでいる私の情熱に呆れていました。

そんな彼女は中学の英語の先生。
少しは協力してくれると思ったのですが、「英語は読めない」の一点張り。そんな先生って??


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)