topimage

2006-02

呪文が飛び交う家 - 2006.02.28 Tue

同僚のTちゃんの家では、家族間で呪文が飛び交っているそうです。
誰かが元気がないと「元気ないね。ホイミ!(ドラクエの回復呪文)」とか、急がせる時に「ヘイスト!(FFの行動時間が早くなる呪文)」とか、建物の中で迷った時に「テレポ(FFのダンジョン脱出呪文)」とか。
「面白いっ。それ、うちでもやっていい?」と聞くと、「いいよ~ん」と気楽に答えるTちゃん。
ううむ。呪文が飛び交う家庭では、こんな愉快な娘に育つのか。

我が家でも「ホイミ」「ヘイスト」は十分家族間で通じる言語ですが、ここはやはり、“あのシリーズ”の呪文を使いたいところですね。

…やっぱり家族に向かって呪文は言いにくい。
電気をつけながら、こっそり「ルーモス…」ガスレンジの火をつけて「インセンディオ…」とつぶやくのがやっとでした。

それにしても、ハリーが「テレポ」の呪文を使えたら、スネイプ先生の研究室から一瞬で脱出できるだろうな、と思ってしまいました。

クラス会 - 2006.02.26 Sun

昨晩、クラス会に出席しました。
と言っても、8人しか出席していませんでしたが。

今年は卒業してから一つの節目の年、結構みんな職場を変わるようです。それぞれ自分の将来を考えて行動しているのだと感心しました。
親しかった友人は誰も参加していなかったのですが、同じ作業療法士として働いている友達からの情報は色々参考になりました。

私の実習地だった病院に転職した友人がいました。
そこには実習生ノートというものが置いてあり、実習中に感じた不満などを最終日などに書き込むようになっていました。
実習終了2、3日前までに実習の思い出や指導に対する感謝の気持ちを丁寧に書いておいたのですが、終了前日、ひどくきついことを言われ、悔し泣きした私は次の2ページにわたって暴言を書きなぐったのでした。
友達にしっかり読まれてしまいました(汗)

携帯の待ち受け画面を見られました。
皆、口々に「鉢巻き似合いそう」と言います。
奇妙に思われるでしょうか。
学生時代、ひたすら鉢巻きや額の包帯が似合う男性にこだわっていたのでした。みんなしっかり覚えているなあ。
でも、スネイプ先生はその基準で選んだわけではありません。

『』バトン - 2006.02.25 Sat

きじゅさんから『』バトンをいただきました。
バトンを渡す側(きじゅさん)が決めたテーマが『』の中に入ります。
私が受け取ったのは、『スネイプ先生』です。お答えしてみます。

Q1.パソコンまたは本棚に入っている『スネイプ先生』は?
【パソコン】
壁紙をスネイプ先生にしたいのですが、共有のため、変えられてしまいます(でも携帯の待ち受けからはいつもこちらを見て下さっています)
パソコンのブックマークは自分のサイトを含めないで8つです。
自分のサイトはスネイプ先生しかいません。
ブックマークはしていませんが、検索エンジンからスネイプ先生のいらっしゃる二次創作サイトに毎日何ヶ所も伺っています。履歴は消すので、パソコンにいらっしゃるのは、私が見ている時だけですが。
好きでたまらない絵を描く方がいらっしゃって、その方にはお願いしてスネイプ先生のイラストを保存させていただきました。ハードディスクにも保存しています。
【本棚】
スネイプ先生が本棚に入っていたのは、ブログを始める以前までです。
今は、参考文献として私の行く先々に転がっています(汗)
邦訳が1~5巻の計8冊(1巻は携帯版もあるので2冊)、UK版3巻と6巻の2冊、ファンブックが1冊です。
それから本棚ではありませんが、クローゼットの奥に薄い本が31冊。色々なスネイプ先生がいらっしゃいます。読者の数だけスネイプ先生はいると感じています。
PCにイラストを保存させていただいた方に実際に描いていただいたスケッチブックも保管しています。
あと、戸棚に『雪だるスネイプちゃん』の時のヅラとマントがしまってあります。

Q2.今、想像している『スネイプ先生』は?
閉心術の課外授業が始まる前のスネイプ先生の様子です。
暗闇の中で腕を組み、目を閉じてハリーを待っていたのかな、優秀な閉心術士だから、特に心の準備はしなかったかな、などと考えています。
こめかみに杖を当て、記憶を引き出す様子も。銀色の糸状の記憶と一緒にねっとりした髪もまとわりついてきただろうと想像しています。
美しいです(そうなのか?)
それから、6巻の様子も想像力をかきたてられます。
かなり妄想しています。

Q3.最初に出会った『スネイプ先生』は?
最初の出会いは、2000年の夏に「ハリー・ポッターと賢者の石」を読んだ時ですが、その時は特別な思いを抱かなかったので、最初の出会いと言っていいのかわかりません。
まんまとローリングさんの策にはまり、ずっと疑っていました。その上、真犯人が明かされた後も、4巻の素敵な場面でも、特になんとも思わなかったのは不覚です。
本当の意味での最初の出会いは2004年10月下旬だと思います。
度々書きましたが、37章で出会いました。その場面に先生はいませんでしたが。 1巻でクィレルが語った時もそうでしたが、スネイプ先生って自分の陰でのサポートを語らない人だと思います。37章でダンブルドアが語って初めてスネイプ先生の陰の活躍がわかりました。
みごとに恋に落ちました。ずっと傍にいたのに魅力に気が付かなかった幼馴染みのよう(全然違います)

Q4.特別な思い入れのある『スネイプ先生』は?
怪我をしているスネイプ先生です。そういうシチュエーションに弱いです。三頭犬に噛まれた時と叫びの屋敷でノックアウトされた時。この二つは気合を入れて考察した覚えがあります。
三頭犬に噛まれて、何日か経っても脚を引きずる程のひどい怪我なのに、トロールのいるトイレに駆けつけた先生の懸命さに頭が下がります。回復の遅さも気になるところでした。
叫びの屋敷では頭から血を流して1時間は意識を失っていました。だいぶ時間が経ってからルーピン先生が脈をとりましたが、止血した様子はありません。何度思い返しても辛い場面です。
それなのにシリウスったら、操り人形のように扱って!

Q5.私と『スネイプ先生』というお題で川柳をひとつどうぞ。
川柳など作ったのは中学生以来でしょうか。なんて字数が限られているのでしょう。この中に自分の思いを込めるのは至難の業だと思いました。それでも、結構面白かったです。

閉ざされた 瞳の奥に 灯(ひ)を探す

えーと、閉ざされた瞳といっても目を閉じているわけではありません。スネイプ先生の本心を求めて、できれば心の中の光を見つけようと行間を読んでいるという意味です。つまり、「スネイプ先生に開心術!!」ということです。

Q6.最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?
5人もいません。
オフでの友人のMさん、それからkmyさんにお願いしたいです。
Mさんは『育児』
kmyさんは『ハリー・ポッター』で。人の名称としてではなく、本のシリーズ全体ということです。
よかったらお願いします。

後ずさり - 2006.02.23 Thu

人と会って別れる時、去り方にいつも苦労します。
人に背中を向けて去ることができません。

今までで一番苦労したのが、精神科の実習の時。
患者さんと病棟などで精神的に結構近い距離で接した後、「では私は失礼します」と背中を向けることが失礼な気がしてならなかったのです。
こちらで見送るのはいいのです。
見送られるのが苦手なのかもしれません。
後ずさりするように別れていました。毎日。
実習の指導者には何かトラウマでもあるのではないかと、逆に私の行動を考察されてしまいました。心当たりはありませんが。

たとえ毎日会う人との一瞬の別れでも、もしかしたら最後の別れかもしれないと思ってしまって、去り際に未練を残すのでしょうか。

今も病棟で患者さんと別れる時は後ずさりかカニ歩きでベッドサイドを去り、仕事が終わって帰る時も「お先に失礼します」といいながら後ずさりして出て行っています。

おめでとうございます♪ - 2006.02.21 Tue

今日は、映画「ハリー・ポッター」シリーズで1作目からスネイプ先生を艶やかに演じてくださっているアラン・リックマンさんの誕生日です。
おめでとうございます!!とうとう、60歳、還暦ですね。
ということは、戌年生まれでしたか。「いぬ」とは皮肉な・・・

実は、先月スネイプ先生の誕生日を家族で祝った時、「まさか、アランさんの誕生日も祝おうっていうんじゃないだろうね」と、釘を刺されていました。
もちろん、スネイプ先生とアランさんを同一視はしていませんとも。
本質的に分離しております。
でも、アランさん演じるスネイプ先生はとっても魅力的なので、5作目、6作目というか最後まで演じて欲しいです。7作目の頃は原作の倍近い歳になっているのでは?

それにしても、5作目のスネイプ役の発表があっていい頃だと思うのですが。まさか、サインを渋っているのでしょうか。
アランさんの閉心術の個人授業、是非見せて欲しいです。

ケーキは用意しませんでしたが、乾杯はさせていただきました。

ついに - 2006.02.19 Sun

ハリー・ポッター6巻の原書を読み終わりました。
7ヶ月かかりましたが、思ったより早く読めました。
前半5ヶ月、後半は2ヶ月かかった計算になります。
英語のみ607ページもある本を読み終えることができるとは、自分でも驚いています。すごい達成感。学生だったら、英語の成績が上がったかもしれません。7巻発売までこの英語力を持続させたいです。
1巻からしっかり原書で読み返すのが良さそうですね(プレゼントしてくれるとTちゃんが言ったけど、まだもらっていません)

本当に面白かったです。まだまだ心の整理がつきませんが。
今日はしばらく余韻に浸るつもりです。

これでようやくネタばれサイトやネタばれ掲示板に行くことができるようになって嬉しいです。
既に読了している他の方々の感想を見てみたいです。

家族はこれで私が溜め込んでいた未読漫画を読めるようになったと喜んでいます。
まずはデスノートを読むように言われているので、明日から読むつもりです。今日はまだそんな気持ちの余裕はありません。
だって「デスノート」と言おうとして「デスイーター」と言ってしまったくらいですから。

№1 - 2006.02.18 Sat

結婚式の二次会から帰ってきました。
今回の余興は、また新しい興奮がありました。
500円争奪ジャンケンゲームとか言っていたかな。
まずそれぞれ500円玉を一つ用意します(招待状に書いてありました)
二人ずつでジャンケンをして負けた方は勝った方に500円玉を渡します。
そして勝った人は別の勝った人とジャンケンをして最後に勝ち残った人は全ての500円玉をもらえるというルールでした。
参加者は新郎新婦を含め58人。計29000円です。

ご存知のように貧乏くじは引きやすいが、ジャンケンは強くない私、
それでも真剣にジャンケンに臨みました。
一瞬で結着はつき、500円は巻き上げられました・・・やっぱりね。

以下はお土産にもらった卓上の花です(ブーケではありません)
DSC01139.jpg


さて、本題はここから。
二次会に向かう電車の中で見かけた男性は、何かの衣装かと思うようなかかとまで届く長くて黒いコートを着ていました。
鉤鼻ではありませんが、鼻筋の通った高い鼻で、髪は肩まであと一歩のほぼ黒い髪でした。(茶色がかって白髪も少し)
痩せていて、頬がこけ、神経質そうに眉間にしわを寄せています。
私は何とか盗み見しようとするのですが、なんだか隙がなくてよく観察できません(犯罪?)
ラッキーな事に、途中から通路を挟んだ真向かいに座った男性、まもなく目を閉じて眠り始めました。
30代前半か半ばくらいでしょうか。すごく美形な方でした。
どなたかのサイトで拝見したファンアートのスネイプ先生にそっくり。
「今日」どころか今まで見た中の「私のスネイプ先生№1」とお見受けしました。
よく見ると、長いコートのすそが白っぽく汚れています。
あれだけ長ければ、階段ですそを擦ったり、踏んづけちゃうことだってあるだろうと思うと、おかしくてたまりませんでした。
当然、それをスネイプ先生に置き換えて、電車内を楽しく過ごすことができました。
スネイプ先生のローブやマントの裾は実際どうなっているんだろう?

おあずけ - 2006.02.18 Sat

今日は午前中から出かけていて、16時過ぎ頃帰ってきました。
でも、これから更に予定が入っていて、18時過ぎには出かけます。
結婚式の二次会に招待されているからです。
職場関係の結婚式は去年の9月以降これで4回目。続くなあ…
帰宅するのは11時前後でしょうか。

昨日、ハリーポッター6巻は残りあと11ページのところまで読みました。
頑張ればもっと進んだはずですが、最後の10ページくらいは一気に読みたかったし、余韻に浸りたかったのでわざと中断しました。
明日までおあずけです。
明日は他に予定は入れないぞ~。

貧乏クジ - 2006.02.17 Fri

今、母校の同窓会の副会長をやっています。
人望があるとか、世話好きだからなどではありません。
卒業前に同窓会役員を決める事になった時のジャンケンに負けたからなのです(泣)
役員の任期は一生(!!)副会長の任期は一年。ほぼ来月いっぱいで解放されるのでもう少しの辛抱です。
だいたいみんな仕事してるのだから、貴重な休みはゆっくりしたいわけです。なのに時々片道1時間半かけて母校に行って会議をしなくてはいけません。
また、副会長には、同窓会の窓口という役割があり、学校へ連絡するのも学校からの連絡を受けるのも皆、私です。
卒業式を控え、最近学校と連絡を取り合うことが多くて大変です。

そしてお世話になった先生の送別会の幹事をやることになりました。
別に同窓会の役員が企画しなくてもよいと思うし、前例もなかったのに、なんだか各期の卒業生から問い合わせが来て、いつの間にか私が責任者になっていました。
会場確保のためにあちこち電話をかけ、やっとあるホテルに決まりまったところです。

私は電話が苦手なのに、あちこち電話をかけまくって、すっかり消耗してしいます。
なんか貧乏くじばかり引いているように思うのは気のせいでしょうか。
ジャンケンに負けたら一生縛られるっていうのも何か変。
ちなみに職場での隣の席の同僚は1学年下の後輩で、あみだクジで同窓会役員を引き当てています。
会合時には休日なのに顔を合わせて、お互いくじ運の悪さを嘆いています。

心拍数増加 - 2006.02.15 Wed

<職場で>
同僚のmちゃんが鎖骨骨折の患者さんを新しく担当しました。
手術の方法とか、リハビリの進め方などを質問されました。
が、私はそれよりその患者さんの性別と受傷機転(怪我に至った状況)が気になりました。
数日前に私の肩に鎖骨をぶつけた人かと本気で心配したからです。
まだ、聞いていないということでしたが、男性だったので、ちょっとビクビクしています。

<仕事帰りの道で>
駅に近い交差点で、私の前を横切った40~50代の男性。
肩までのねっとりした黒髪でした。しかも鉤鼻!!ドキっ。
服装は茶色のジャンパーでしたが。
そして、清潔そうでもありました。
清潔とは言えない服装でねっとりした髪の方は時々駅などでみかけますが、この方は正真正銘、髪だけねっとりしていました。
こんな感じ?と思い、立ち止まって見送ってしまいました(怪しいよ)
頭頂部が薄かったのがちょっと残念でしたが。

バレンタイン - 2006.02.14 Tue

今日はバレンタイン。
職場のみんなも「製菓業界に踊らされている」と言いつつ、
それぞれ本命チョコを用意しているようです。
(職場での義理は一切先輩が用意してくれました)
私も頑張って作りました。
もちろん、スネイプ先生にはビターチョコを用意しました。
何かメッセージを書きたくても、英作文には全く自信がありません。
英語が得意だったり、英語の論文を書いた経験がある同僚達に相談してみました。

「スネイプ先生への気持ちを伝えたいけど、手渡すわけじゃないから
I love youってわけにはいかないよね?そこのところをなんとかしたいんだけど。ちょっと曖昧な表現で愛を伝えられないかしら?あまり直接的でない感じの文章で」と言ったら、「そんなのわからないからエキサイト翻訳でやってみたら?面白いの出てくるよ」と言われました。
確かに、この問いに答えられるとは思えません。
そもそも日本語自体どう入力していいかわからない曖昧さ…
メッセージはあきらめました。

↓スネイプ先生のために作ったハート型チョコレート。
DSC01137.jpg


シリアルとピーナッツを溶かしたチョコレートで固めただけですが。
スネイプ先生に愛を込めて贈りたいです。
渡せないので自分で食べます。
一晩経ってから(お供えじゃあるまいし)



BGM - 2006.02.13 Mon

読書中に意識してBGMを流していることはないのですが、家族との共有スペースのリビングダイニングで読むことが多いので、何かしらの音は入ってきます。

TVの音も聞こえますが、一番多いのが、ゲームの音楽です。
6巻を読み始めた頃は、『塊魂(かたまりだましい)』という何年か前のゲームを家族がやっていることが多かったので、自然とBGMになっていました。なんか、のんきな感じの曲で、私ものんきに読んでいました。
最近は『テイルズ オブ ジ アビス』というゲームの曲が多く流れています。6巻も佳境に入り、中でも荘厳な感じの曲が似合ってるなと思うこともあります。
私自身は最近めっきりゲームをやらなくなっているので、どちらも操作したこともないし、内容もほとんどわからないのですが、曲を単独できいても、なんか6巻の特定の場面が浮かんできたりします。

CDの様々な曲も流れています。
家族がBUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)が好きなのでよく流れています。
5巻の神秘部の場面はビートルズのレット・イット・ビーを聞いていました。

家族がギターやピアノを演奏することもあります。
私は『11月のある日』という曲が、哀愁があって好きです。
スネイプ先生をイメージします。
こちらで試聴できます。下へスクロールしていって、『レビュー』欄の4曲目です。
もちろん家族の演奏ではありませんが。

結構劣悪な環境で読書をしていることがおわかりになるかと思います。
ホテルにこもって読書してみたくなる気持ちが。

止められない - 2006.02.12 Sun

ハリー・ポッター6巻が佳境に入り、読書を中断させるのが困難になってきました。
感想は以前は一つの章を読み終わった時点で書いていましたが、だんだんリアルタイムの感想が書きたくなり、今は何かを感じたらすぐに横に置いたノートになぐり書きしています。
ノートの文章そのままでは不適切な口語体なので、見苦しくない程度と自分で判断した文体に換えてサイトにUPしています。
だんだん基準がずれてきているので、見苦しいかもしれないのですが。

ろくに読めない英語ですらこんなに中断しにくい面白さ。邦訳が出版されたら、さぞかし寝不足の人が増えるのではないかと思っています。

「終業式」の中止 - 2006.02.11 Sat

友の会主催のイベント「東京駅 謎の卒業式」が東京駅の安全対策上の理由とかで中止になったとのメールが届きました!
フクロウが泣いているイラストが添付されて。
わーん。どんな服装で行こうかと策を練っていたのに~。
(まだ抽選に当たってもいないのに)

「友の会としましても、謎が謎のままに終わりましたことは残念で
なりませんが、第六巻の「謎のプリンス」の謎は、まもなく解き明かされます。」
結局終業式は謎のままで終わるのですね。
国内なら東京駅でなくてもいいからどこかで代わりのイベントやって欲しかったのですが。
熱心なハリー・ポッターファンの方とお話してみたかったです。

カンヅメ - 2006.02.10 Fri

予定通り、ホテルに缶詰めになっています。
自宅の最寄り駅の前にあるホテルです。
読書に専念するためだけに宿泊するなどという贅沢をするのは初めてです。
夕食と朝食はお寿司とパンを持ち込みました。カップの豚汁とスープ、コーヒー、紅茶、そしてなぜか大福も持参しました。
快適です。フロントに頼めば入浴剤のサービスもあります。もちろん頼みました。冷え性に効くという「にんじんの湯」というのを選びました。
読書に専念と言いつつ、色々なことを楽しんでいますが。
引き続き読書に励もうと思います。

ノートパソコン - 2006.02.08 Wed

最近PCの調子が悪いです。
デスクトップ型とノート型と1つずつあるのですが、ノート型の方に不具合がでてきました。
電源入れても画面が暗すぎて良く見えないことがしばしばあるのです。
先日修理に出して5日ほどで戻ってきたのですが、全然直っていませんでした。
明日から再修理です。
我が家ではPCは共有しているので、1台になってしまうと競争率が高くてなかなかいじれません。
ネットサーフィンは大好きなのに、しばらく無理かも。
ブログは携帯からでもUPできるので更新はできると思いますが。

6巻を読み終わる前に一度やってみたい事があります。
それは、ホテルに缶詰になって読書をすること。
そんな贅沢、一度やってみたかったのです。
しかも、PCも持参してネットでも遊び放題♪
今週末あたりやってみようと計画していたのに、持参するはずのPCがドック入りでは仕方ありません。
次の機会にするか、あくまでも読書に専念するかのどちらかですね。

配役 - 2006.02.06 Mon

映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の新しい登場人物の配役が次々決まっているようです。

ルーナやジェームズ、リリーなどが最近決まったようですね。
ジェームズはてっきりラドクリフ君が二役やると思っていましたが。
リリー役の少女(もはや女性と言ったほうがいいかも)は知的な美人でイメージ通りだと思いました。

十代のセブルス・スネイプ役はまだ決まっていないようです。
どんな少年が選ばれるのか楽しみで仕方ありません。
できればすごく痩せて貧弱な感じの子を希望します。
アランさんとのギャップが目立たない程度に。
美少年だったらどうしよう~~(何が)
さらに希望を言わせてもらえれば、いがみ合う両親を見て泣いている幼気なセブルス少年を演じる小さな子どもも選んで欲しいんですけど…
やはり、カットでしょうか…

炎のゴブレットの二の舞にならないよう、あまり期待しないでおきます。



ミステリーツアー - 2006.02.05 Sun

ホグワーツ校友の会の主催のミステリーツアー、申し込みました。
60組120名の定員で、申し込み多数の場合抽選ということですから、きっと抽選になるでしょう。結果がわかるのは3月です。
私は抽選というものに当たったためしがありません。
でも、今回は特に当たって欲しいなあ。

ミステリーツアーといえば、行き先を明らかにしない旅行として、時々旅行会社などで企画していますね。
我が家でも以前よく行っていました。我が家だけのツアーですが。
企画した家族の一人しか行き先を知らず、残りの面々はどこに行くかわからないまま出発するという旅行なのです。
これはわくわくします。
車で行くか、電車で行くかさえわかりません。
時には、水着を持っていくようにとの指示がありますが、その他は何も知らされないので寒いところに行くのか暖かいところに行くのかわからず、服装に苦労します。
公共の宿が多かったので、ラフな服装で行ったら、ちょっとこぎれいなリゾートホテルだったこともありました。
場違いな格好で恥ずかしかったのですが、そんなことを感じさせない接客態度で救われました。

昨日の温泉旅行は行き先はわかっていましたが、行き先のわからない旅行の楽しさを思い出したら、また行きたくなってしまいました。
でも、人任せ、自分では企画しないのですが・・・

旅行中 - 2006.02.04 Sat

温泉に来ています。
来る途中、海沿いの道をぐるっと湾に沿って走ったのですが、今日は蜃気楼が見えました。白っぽく霞んでいたので、携帯では撮れませでしたが。
遠くの島や半島が宙に浮かんだように、ちぎれて見えました。

ホテルの温泉の脱衣カゴには、番号がふってありました。
すかさず46番を使いました。・・・スネイプ先生の歳だから・・・
二回目に入った時は46番は使用中でした。
仕方ないので146番を選びました。もはや何の意味も持っていません。100年後も元気でいてね♪という願望です。明日の朝は何番にしようかな?

謎の終業式 - 2006.02.04 Sat

ホグワーツ校友の会の主催で「ミステリーツアー」なるものが行われるようです。正式名称は「東京駅 謎の終業式」
前回のハロウィンパーティは、「魔法界の服装でお越しください」との注意書きにビビって申し込めませんでした。
今度こそ!と思ったら、また「魔法学校の生徒として、ホグワーツの住人として、ふさわしい衣装でご参加ください!」との記述が…
定員は60組120名なのでそもそも抽選に当たるかどうかわかりません。
ここは思い切って申し込んでみて、当選してからホグワーツの住人らしい服装について考えればいいのかも。
ええいっ。申し込んでしまえっ!

節分 - 2006.02.03 Fri

今日は節分。
我が家でも豆まきをしました。
物心ついたころから欠かさずやっています。
思春期のころは恥ずかしいので小声でやっていました。
二十歳過ぎてからは堂々とやっています。
福が来るように。

最近は関西を真似て太巻き寿司のまるかぶりをする家もあるようですが、うちではやったことありません。
今年は違いましたが、大抵いわしを食べます。頭を飾りはしませんが。
近所ではちゃんと柊を飾る家もあるようです。
おおっ。柊といえばハリーの杖の材質ではないですか!
でも日本の柊はモクセイ科、クリスマスの時に飾るセイヨウヒイラギはモチノキ科。ハリーの杖はどっちなんでしょう?

長い一日 - 2006.02.02 Thu

今日は些細なことだけれど色々な事があってなんだか長い一日でした。

仕事はちょっと暇で、「新患どんと来い!」などと豪語していたら本当に新患さんを担当することになりました。
それはいいのですが、久し振りのスプリント作製でちょっとうろたえ気味でした。
スプリントとは、着脱できるギプスみたいな装具のことで、熱で自在に変形するプラスチックで型をとって作ります。
実はあまり得意ではないのです。でも、患者さんも待っているし、冷静を装って作ったのですが、手が震えるのを自覚しました。
はあ、ふがいない。廃材で当番票など作っている場合ではありませんでした。もっと精進しなければ。

家族の祝い事があり、お寿司をとって祝いました。
家族は皆寿司好きなので、誕生日や祝い事は毎回お寿司です。
あ、さすがにスネイプ先生の誕生日は違いましたが…

ハリーポッター6巻の解読はようやく500ページを超えました。
あと、約100ページ!
年が明けてからペースが上がってきました。
面白すぎる。続きは気になるけど、読み終わりたくないです。
読書中があまりに楽しい時間なので。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)