topimage

2006-07

ローリングさん、ハリー、お誕生日おめでとう! - 2006.07.31 Mon

昨日、関東地方も梅雨明けしましたが、今日は涼しくてとてもすごしやすいです。
ついさっきまで、大きく開けた窓からは、ご近所の小さい子が弾いていると思われるピアノの音が聞こえていました。
ハッピー・バースデイの曲でした。この頃毎日のように聞こえるので誰かのお誕生日が近いのでしょうか。

今日は、ローリングさんとハリーの誕生日ですね。
スネイプ先生の時は、近所のケーキ屋さん特注のケーキでお祝いしましたが、今日はスーパーの抹茶生ロールケーキを買って帰りました。
「ローリングさんだからロールケーキ?」と家族に聞かれましたが、本当は安いからでした・・・

ローリングさん、お誕生日おめでとうございます
本当に生まれてきてくれてありがとうございます。
ローリングさんがいなければ、ハリー・ポッターシリーズも、スネイプ先生も存在しなかったのですから。
スネイプ先生を魅力的に描いて下さってありがとうございます。
できれば、最終巻で、スネイプ先生を幸せにしてあげてくださいね!

ハリー、お誕生日おめでとう
ずいぶん苦労の多い星の下に生まれてしまいましたね。
1歳までは愛情たっぷりに育てられたものの、ある日突然、両親がいなくなって、知らない家で疎まれながら育てられて。

まだオムツもはずれていなかったでしょうから、それでもペチュニア叔母さんは必要最小限の世話をしたのでしょう。
叔父さんが出勤している時、夫の目を盗んで、叔母さんはハリーをこっそりだっこしてたらいいのだけれど。
だって叔母さん、やっぱり実の姉を愛していたと思うから。
子供って、自分が親に『してもらったこと』は忘れて、『してもらわなかったこと』ばかり覚えているなあと思います。幾つになっても。
ハリーも、叔母さんに『してもらったこと』忘れているだけならいいんだけど・・・

以下6巻ネタバレです。

うっかり・ぼんやり - 2006.07.30 Sun

昨日は本当にうっかり、ぼんやりしていました。
11時に知人と会う約束をしていたのですが、すっかり忘れていて10時40分ごろに「遅れそうなので、待ち合わせ時間を20分遅くして欲しい」という電話をもらって思い出したのです。
待ち合わせ場所が自転車で10分かからないところだったので余裕で間に合いましたが。
約束をしたのは一昨日だったのに、うっかりしていました。
そして、待ち合わせ場所に向かったのはいいけど、近所のスーパーの前まで行き、「あれ?私何しに来たんだっけ?」と思い、行き先を間違えたことに気付きました。
最近、下着を忘れたり、約束を忘れたり、目的地を間違えたり、ちょっとやばいのではないかと本気で心配になりました。
そして、目的地について知人と落ち合い、一緒に別な人と面会したのですが、そこでお目にかかりたい人の名前を間違えて口にしてしまいました。私の中で、顔と名前が別な方と入れ替わってしまっていたのです。
具体的に言うとこんな感じ。
「マクゴナガル先生にお目にかかりたい」と言うところを、マクゴナガル先生の顔を思い浮かべながら「トレローニー先生にお目にかかりたい」と言ってしまうような(わかりにくですか)
同行した知人に訂正され、やっと気付く始末。
本当に自分が嫌になります。

そして、昨日は思考がまとまらない日でもありました。
昨日のこのブログの記事を書くのに、延べ2時間以上かかりました。
一昨日の記事がシリアスな仕事関連の内容だったので、昨日はスネイプ先生について語りたかったのですが、何を言いたいのか自分でもわからない文章で、ずいぶん書き直したのです。

そんな思考のまとまらない私だったのに、絵チャットが開催されていたので、思わず参加してしまいました。
ロムのつもりだったのに、皆さんのスネイプ先生への愛ある語りを伺っていると、黙っていることができません。
でも、やっぱり、大失敗をやらかしました。
参加されている方のお名前とサイト名が一致しなかったのです。
オフでさえ、名前を言い間違えるくらいですから、オンではなおさら覚えられません(泣)
大変失礼なことをしてしまいました。
スネイプ先生関連のサイト様は隈なく拝見したいと思って、ネットサーフィンしている私ですから、どこかでお目にかかったと思うのですが。
本当に申し訳ありませんでした。

何食べてるの? - 2006.07.29 Sat

昨日の朝、隣の席の同僚が食べていたパンについて話していたら、その同僚「そう言えばスネイプ先生って何食べてるの?」と聞いてきました。その際「ハリー・ポッターの世界では」と言わず、「スネイプ先生って」と言うところに思いやりを感じました。
私は「一応イギリスの食べ物だと思うのだけど」と嬉々としていくつかの食べ物を挙げました。

ハリー・ポッターの世界では、色々な食べ物が登場します。
特に1巻の新入生歓迎会の場面は、見ていると本当に美味しそうなものばかり。クリスマスのご馳走も、結構具体的に書かれています。
で、そんな食事場面には多くの場合スネイプ先生も同席しているのですが、先生が何を食べているのかがわかる描写はありません。
歓迎会やハロウィンやクリスマスなど、特別な日に用意された色々な種類の料理の中から、スネイプ先生が『茹でたポテトをよそった』とか『ステーキを切っていると』などの表現があれば、先生の好みもわかるというものですが。どんな肉のどんな料理法が好きかとか、野菜好きとか。
結局、先生が何食べているのかわかりません。朝食は定番のようですから、卵料理とかベーコンとか食べているのでしょう。デザートは口にしているのでしょうか。2巻では、デザートしか残っていないような時間に、研究室からダンブルドアに連れ出されているので、その時は仕方なく食べたかもしれません。ダンブルドアの勧めるカスタード・タルトを。
その体型から、どうしても小食を想像します。
ですが、上述の同僚などは大変な大食いであるにも拘らず、とても痩せているので、先生も燃費の悪いほうなのかなと思ってもみたり。
でも、描写がないということは、ハリーがホールで目にしている時に食べ物を口に運んでいないかったり、取り分けたりしていないからだと思うので、やっぱり小食の気がします。

何食べているかはわかりませんが、かろうじて、ワインをコップ一杯、一気に飲み干したということが6巻でわかりました。また、その後もすすって飲んだということ。コップ1杯以上のワインを飲んでも普段と変わらない様子から、まあまあお酒はいけるくちなのでしょうか。だいたい学生ですら、3年生でバタービール飲んでいるくらいですから、アルコールには強くなるのかもしれません。
やっぱりワインがお好みでしょうか。蜂蜜酒なんかはどうでしょう。
イメージは甘そうですが、糖が全てアルコールに分解されているとしたら、ワイン同様甘くないはず。
でも黄金のような蜂蜜色より、血のように赤いワインの方が似合います。
先生ホグズミードで一杯やったりするのでしょか。他の先生達のように。連れ立ってパブに行くことはなさそうです。
一人ひっそり杯を重ねるスネイプ先生もいいな。
胃が焼けるような強いお酒をあおっていたら、やけ酒みたいですね。
ああ、でも、お酒でしか先生の苦しみを紛らすことはできないかも。
それならそれでいいけど、根本的な部分が解決して、美味しいお酒が飲めるようになりますように。

教師の・・・ - 2006.07.27 Thu

今朝、また胸につけるべき下着を忘れたまま家を出てしまいました。
こんなこと、しょっちゅうあると思われるかもしれませんが、今までの人生で2回目です。前回の事件から学ばなかったのでしょうか。
でも、今日は3分ほど自転車に乗ってから、気付いて取りに戻ったので、何とか無事でした。

再度駅に向かいながら、なぜ家を出てしばらくするまで気が付かなかったのだろうと訝りました。
これは、胸の皮膚の感覚が鈍くなったせいかと考察したりして。
そこで、突然、元同級生の言葉が蘇りました。
「キョウシのビーチク」
これは、OTの国家試験前に同級生が編み出した語呂合わせです。
ヒトの体表の感覚を支配する神経というのは、この場所は何神経というのが決まっているのですが、乳首のあたりを支配する神経は第4胸神経(Th4)といいます。
「キョウ(胸)シ(四)のビーチク(乳首)」というわけです。
一部、お見苦しい表現があってすみません。あくまで友人のセリフということで!
学生時代は、巨乳の美人教師を連想していたのですが、今の私にとって教師といえば・・・
わー!すみません。朝から何考えてるんだ私。
こんなふうに、自分の世界に入ってしまうから、大事な下着を忘れてしまうのです。

指定バトン - 2006.07.26 Wed

マリー☆さんから指定バトンというバトンを受け取りました。
と言っても、いただいたのは、5月でしたから、もう2ヶ月も放置してしまったのですね。マリー☆さん、ごめんなさいっ
廻してくれた人の指定したお題に答えるようです。
指定していただいたのは、『スネイプ先生』
ん?これやったような・・・
一度はお断りしたのですが、よく見たら、設問が全く違ったので、喜んでいただきました(だったら早く答えれば...)
 
回答に6巻ネタばれを多く含みます。最終章まで読んだ方は、続きをご覧下さい。

続・自転車 - 2006.07.25 Tue

捜査のために警察に預けていた私の自転車は、昨日届けてくれることになっていました。
ところが夜になって、手違いがあったのでやっぱり今日は返せないと連絡があったのです。しかも、いつ届けられるかわからないと言います。
でも、私は通勤に必要で早く返して欲しかったので、自分で取りに行くと申し出ました。駅前交番なら近いので。
ところが、預かってくれていたのは駅前交番ではなく、市の警察署でした。ちょっと遠く、家族に連れて行ってもらって、帰りはなんとか自力で戻れる距離でした。自転車盗まれて、なんでこんな労力を使わなければならないのかちょっと恨めしい思いでした。

取りに行くと、まずどの窓口に行ったらいいのかわかりません。
聞いてみたら、『地域課』でした。
地域課で声をかけると、今まで何度も電話をくれた駅前交番の方が出てきてくれました。私の行く時間に合わせて、市の警察署のほうで待機していてくれたのです。
しかも、ちょっと濃い顔ではありましたが、大変爽やかな20代後半くらいの好青年だったので、一気に好感度上昇。
爽やか且つ腰も低く、書類に記入する手間や、わざわざ出向いた労力をねぎらってくれるので、こっちが申し訳なくなるくらいでした。
考えてみれば、彼に落ち度はありません。盗んだ犯人が悪いんです!
駅前交番で、市民の安全を守る彼もまた、命懸けの任務に就いている一人だと思いました(私、命懸けの任務に弱い?)

返された自転車は、指紋を採るのに使ったという銀色の粉(アルミ粉?)がまだ少しついていて、帰ったら手掌がうっすら銀色に染まっていました。銀の手みたい。
家族は、泥棒に使われた自転車など処分してしまったら?と言います。
でも、私にはそんなことは出来ません。6年半使っている愛車ですから。
だいたい、悪事に利用されたのは、自転車自身の罪ではないし。
乗った人を、犯罪に導いたり事故に合わせたりする呪いのかかったアイテムになったわけでもないでしょうし。
一度は闇側にまわったとしても、こちらの側に戻ってきてくれたのなら、両手(もろて)をあげて迎え入れましょう(何の話?)
闇の印の指紋が付いていたとしても。
こうして語っているうちにますます愛着がわいてきました。
だって彼そっくりだから♪(しっかり!相手は自転車よ)


エリート - 2006.07.24 Mon

昨日の記事を書いていて、スネイプ先生は、エリートタイプなのだろうか、と疑問に思いました。
そもそも、エリートってどういう意味で使っているのでしょう?
昨日の場合は、高偏差値、高学歴、高収入の人という意味でしょうか?
スネイプ先生、偏差値は高そうです。切れ者で、ブレーンというイメージはあります。
でも、私の持つイメージのエリートタイプともちょっと違うような。
私のイメージでは、もう少し目立って華やかな感じ。
で、調べてみました。
ウィキペディアgoo辞書
ウィキペディアの説明を見ると、やっぱりエリートそのものという気がしてきました。
エリートと呼ばれ得る者として、さまざまな専門分野でのエキスパートということですから、先生十分エリートと呼ばれ得る者です!
魔法薬学、闇の魔術、閉心術に長けたスネイプ先生は、ホグワーツ校教授というだけでなく、死喰い人としてもエリートタイプという気がします。
闇の側面の『暗殺者の集団』というのもなんか似ていて。

辞書によれば、『選ばれた者』という意味もあるようです。
その意味でも私は、スネイプ先生はエリートだと思います。
先生もある意味選ばれし者です。
作品の中で重要な鍵を握るスネイプ先生は、作者に選ばれた人物だと思います。ハリー・ポッターシリーズにおいて、主人公と並んで『選ばれし者』と言っても過言ではないと思います。
ああ、やっぱり私、気付かなかったけど、エリートタイプに魅かれるんだわ~

恋愛タイプ - 2006.07.23 Sun

先日友人のブログで、見つけたfromA naviの適職診断

早速やってみると、『自分にプラスになり、お互いに高め合える華やか恋愛派』となり、適職は『イベントや芸能系、ファッション系』と診断されました。芸能とか、ファッションとはほとんど無縁の私。
あまりに今の自分と違う診断に驚き、きっとスネイプ先生に対する熱い想いから、テンションの高い回答をしたためだろうと推測していました。
ちなみに友人は、ちゃんと看護や介護職など医療福祉系が適職と診断されていました。

ところが、今日、もう一度やってみて、途中が間違っていたことに気付いたのです。
その結果、『完璧でエレガントな恋をクールに育んでいく派』となり、
『最先端のサイバーワーク、IT系やプログラマ系など専門の技術を必要とする仕事』が適職と診断されました。
あれれ?これもまたちょっと違った専門職です。
医療職には、向いていなかったのかなあ。

でもそんなことより、私が気になったのは、恋愛タイプの方。
「尊敬できないような相手は無条件にパス」「気品があり知性的なエリートタイプを品定めしながら選び」という一文があったこと。
ちょっと、ちょっと。スネイプ先生に当てはまりませんか。
というか、私は先生を大変尊敬しておりますし、先生は気品があって知性的だと思っています。やっぱりそういう人に魅かれるんだわ~。
品定めしたわけじゃないけど。



約一週間ほど前に、掲示板のほうに書いたのですが、特に反応もなかったので(汗)ここにも書きます。
3作目の映画『アズカバンの囚人』で、原作にはない場面でありながら、ローリングさんをドキっとさせたのはどの場面だと思われますか?
実際、オフで会った方などとは、結構話題に上るので気になる所です。
特に理由を書かなくてもいいので、この場面では?という所を掲示板の方に書いていただけるとうれしいです。

自転車 - 2006.07.22 Sat

今朝、9時になるかならないかのうちに、電話がありました。
対応していた家族が私に、私の自転車をどこに置いたか聞いてきます。
もちろん、仕事から帰って家の敷地内に置きました。
不安になって見に行くと、私の自転車がありません!
すぐに電話を代わると、相手は駅前交番の警察官でした。
どこかに放置したっけ??と混乱する頭で応対すると、相手は「昨日、泥棒が入って」と言います。
え?どこに泥棒?うち?ますます頭は混乱します。
なんと、別な町内で2階の窓を割って侵入される事件があったようで、その際、私の自転車が足場として使われたというのです。
なに~!?
じゃあ、その泥棒は、わざわざ一度うちの敷地に入って私の鍵のかかかった自転車を盗み、その自転車を少し離れた地区まで持っていって、どこかの家に忍び込んだのですね。
げぇっ!気持ち悪い。下手したら我が家に入られていたかも?
こ、怖い。

現場検証で必要だからしばらく自転車は預からせて欲しいとのことでした。もちろん、異論はありませんが、今日も明日も出かける予定だし、通勤に使っているので、かなりな痛手です。
でも、警察が預かってくれるなら、むしろ安心かな。
これを教訓に家族で話し合い、ちょっと防犯対策を練ることにしました。

フィルターのかかっていない人々 - 2006.07.18 Tue

連休明けの今日、職場に行くと、ハリポタ6巻を貸した同僚が、だいぶ読み進んだ様子を話してくれました。
ハグリッドの小屋に最初に訪ねて行くところまで読んだそうです。
やっほ~。ようやく6巻の話を職場でできるようになりました。

邦訳6巻発売から2ヶ月を過ぎ、こちらのブログにいらっしゃる方のほとんどが、6巻は読了されていると思います。
今まで、未読の同僚に配慮して(というか私のため?)6巻ネタばれは隠してきましたが、同僚の進度に合わせて、オープンにしていきます。

ハグリッドの小屋に行ったということは、もうスネイプ先生の授業もあったってことです。
感想を聞けば、淡々と答えてくれました。たいした感慨もなく通り過ぎてしまったようです。
ここ、すごく感動するところだと思うんですけど!!
そう言えば、スネイプ先生の6巻初登場シーンも淡々と語ってたっけ。
そうなの?一般の人の感想ってそうなの?

同じく、ハリー・ポッターは全く未読だった家族も6巻発売後に1巻を読み始め、ものすごくゆっくりながらも、ようやくスネイプ先生の初授業までやってきました。
ねえねえ、先生どうだった?と急き込んで聞く私に、「何だかは、どこを探せばいいか尋ねてた」
ああ、ベゾアールのこと。状況はわかりました。そこのとこ、忘れないで、しっかり覚えておいてね。
でも、私としては、すごく意地悪だったとか、魔法薬を語る様子に愛を感じられたとか、先生の人柄に対する感想が聞きたかったのです。
初めて読んだ人がスネイプ先生をどう感じるのか、とても興味あるのですが、なんとも思わなかったみたいです。
こんなものだったのでしょうか、私も。
そんなフィルターのかかっていない人々を見ると、私は間違った読み方をしているのではないかと、時々ハッと我に返る瞬間がります。
結局、すぐまたいつもの世界に戻ってしまうのですが。

ところでこの家族、もれ鍋のこと、『モツ鍋』とか言うんですけど!
しかも半ば本気で。間違った読み方だと思います。


昨日の記事に、本サイトの方からメッセージを下さった方、ありがとうございます~
デスイーターっぽく見えて嬉しいです♪わーい。ぜひ次回は!

続・マント作り - 2006.07.17 Mon

マント作りの続きです。
フード部分をマント布の直線の真ん中につけます。
襟のつけ方など覚えていないので、とにかくフードの形に合わせて布を切り、くっつけてしまいました。
DSC01346.jpg

まあ、なんとか付きました。

裾の部分は、本当は纏り縫いがいいのでしょうが、ちょっと気が遠くなりそうな長さがあります。
直径260cmの円の円周の半分ですから、260×3.14÷2=408.2
約4mの纏り縫いは無理と判断、ミシンで縫いました。

胸元はベルトのような布を作ってマジックテープで留めるようにしたのですが、テープの強度が弱いのと、ベルトが長すぎて、たるんだ感じの仕上がりになってしまったので、後日検討し直そうと思っています。
DSC01348.jpg
大きめのブローチなどで留めてみたいけれど、強度は十分でないかも。イメージとしては、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のポップが、メガンテ前に外したマントを留めてたものみたいな…(わかりにくい…)

胸元のベルトをつける前に写真撮影をしました。安全ピンで留めてあり、安全ピンにはペンダントトップを飾りでつけてみました。
先日、『ヒーローお面』を捨ててしまったのが悔やまれますが、ここはちょっとデスイーターっぽく厚紙で仮面も作製しました。
鼻の辺りにこだわりがあったりして。
DSC01335.jpg
フードを被ったところ↑
やっぱりディメンターみたいですか?デスイータースネイプ先生のつもりなんですが。

DSC01341.jpg
フードを外したところ↑

このマントに使った布は、学生服に用いる生地にそっくりです。
厚みがあって、しっかりしていて、結構ずっしりとした質感のあるマントになりました。
実は、お店の人が『ポリエステルと何か』と言った布はこのマントの布ではありません。二枚作れるだけの分量の二種類の布を買ったのです。
もう一枚の方が、しなやかでしっとりした布なのです。
またフードにしようかな。それともローリングさんの描いた絵のように襟の立ったものにしようか、それとも映画のスネイプ先生のように法服みたいな感じにしようか、色々考えると楽しいです。(また作る気?)

マント作り - 2006.07.16 Sun

今日は頭痛も治まったので、マント作りに挑戦してみました。
フード付きにしようと決めました。体の部分は当初の予定通り、半円形にします。
フードをどう作ったらいいかわからないので、冬のダッフルコートから型紙をとりました。

フードの型紙を作ってから、130×150の2枚の布の150cmの側面を縫い合わせました。これで縫い代分は減りましたが、ほぼ260×150の1枚の布の完成です。
DSC01314.jpg

そして、130cm弱の紐を用意して、端にチャコペンシルならぬ色鉛筆をつけ、もう片方の端はマチ針で布の上端の真ん中に留め、半円を描きました。そして、切り取ったのが↓
DSC01316.jpg


あまり布からフードをとります。
少し大きなフードにしたかったので、さっきの型紙から少し大きめに裁断してみました。かなりいい加減ですね。
DSC01317.jpg


襟とフードのサイズを、始めから合わせて型をとるのが難しいと判断、先にフードを作ってから、それに合わせてマントの襟を切る事にしました。さらにいい加減です。
で、先に作ったフードが↓
DSC01320.jpg


ここまでは午前中にできました。結構きれいな仕上がりでは?と自画自賛です。あー、でも、ミシン目が汚いのがバレバレですね。
家のミシンに触るのは1年ぶりかそれ以上。家族は「大丈夫なの?」と聞いてきますが、見くびってもらったら困ります。職場でだって時々使っているのですから(それだって1~2ヶ月に1回だけど)

午後は来客があったので、今日はとりあえずここまでです。



薄暗い部屋 - 2006.07.15 Sat

今朝、頭痛で目覚めました。片頭痛です。折角の休日なのに・・・
まあ、ストレスから解放された時に起こりやすいのが片頭痛ですが。
私の場合、本格的に痛み出す前から、羞明感(眩しく感じること)があり、その時に薬を飲めば、市販薬でも効果がありますが、既に始まってしまった頭痛にはあまり効果がありません。
それでも市販薬を飲んで、午前中はなるべく薄暗い部屋で過ごしました。明るい部屋は頭痛が増すからです。
はっ!!
スネイプ先生もやっぱり片頭痛持ち??薄暗い所ばかりにいるのは。
そうか、だからファンフィクションのスネイプ先生には頭痛持ちが多いのか。眉間に皺もあるしね。

午後は、ショッピングモールに買い物に行き、夏物の衣類を数点、半額で購入しました。ヒャッホウ!
よく行くショッピングモールですが、今まで気付かなかった素敵なお店を発見しました。
イギリスのアンティーク製品を置いてあるお店です。
お店の片隅がティールームになっていて、そこでお茶を飲みました。
アンティークの食器と、香り高い紅茶、アイリッシュケーキの、素敵なティータイムでした。
しかも、そのお店の雰囲気がなんか、魔法の世界っぽい。
薄暗くて、所狭しと古いものが陳列されていて。
マントルピース(暖炉の縁飾り)なんかも売られていて、「フルーパウダーが使えそうだね」と、同行者も言っていました。
たくさんの飾り棚も置いてあり、姿をくらます飾り棚はこんな感じかな~と見て回りました。ゴブレットやアクセサリーにも心ときめきましたし、なんだかすごく古い、いわくありげな瓶もあって、ポーションでもはいっていたのかと思わせました。
古い肘掛け椅子、天井からぶら下がる蝋燭ランプ、まるでスピナーズ・エンド!テーブルもあったけど、もしかしてぐらぐらするとか!
またじっくり見に行って、今度は何か手に入れたいです(安いものを)

マントの生地 - 2006.07.14 Fri

今日、仕事帰りに、布を買いに行きました。
もちろん、マントを縫うための黒い生地です。
まだ申し込んでもいないのに・・・
まあ、作ってしまえばこっちのもの、抽選にはずれても、自己満足は残るでしょう。
昨日、一昨日とネットでマントの作り方を調べてみました。
布をたっぷり取った全円型、その半分の半円型、襟つきだったり、フードつきだったり、結構いくつかの作り方がありました。
風呂敷を首に巻く程度しか知らない私には、色々勉強になりました。

まだはっきりしたデザインを決めたわけではないけれど、この3連休で作り始めてみたいと、早速生地を買いに行ったわけです。
う~ん。布など普段あまり買わないので、どんなものを選んだらいいかわかりません。ただ黒い生地といってもいくつかあります。
できれば、安くて、しかも安っぽくない生地がいいのですが。

本当は3メートルほど切リ出してもらうつもりだったのに、値段の関係で既に切ってあるものを選びました。
130×150のものを二つ。合計1960円です。
二つつなげて半径130cmの半円のマントを作ろうという計画です。
安すぎて、生地の素材すら表記してありません。
お店の人に聞いても、『ポリエステルと何か』程度しかわからないのですが、ちょっとしなやかで厚みのある布で、気持ちいいです。

早速家に帰って開けてみると、半分の大きさでも風呂敷以上の質感があり、2枚つなげないで、このままでもいいんじゃないの?という気がしてきました。あまり裁縫も得意ではないし・・・
明日以降、ゆっくり考えることにします。
布を巻きつけているだけでも、結構その気になるものです。
何人かの家族から、すごく嬉しそうだと言われました。

マント作りはいいけど、早く申し込みをしなければ!(〆切りは9/22)
その前に早く会費を払わなければ!2年生になれないっ

変身願望 - 2006.07.13 Thu

今日、家族が『お面』を不燃ゴミに出そうとしていました。
去年、近所の大学の学園祭の景品で貰ってきたものの、誰も関心がなくてその辺に打ち捨てられたままになっていたヒーロー物かなんかのキャラクターのお面です。
その際、私に捨てていいか聞いてきました。
もちろん、全然構わないのですが、なぜ私に確認を?と聞くと、
「お面、好きかな~と思って」という返事でした。
確かに、変身願望はありますが、ちょっと路線が違います。
死喰い人がつけるような仮面だったら欲しいかも。
(しかし、誰も関心ないなら、もっと早く捨てれば・・・)

さて、変身願望と言えば、2~3日前にホグワーツ校友の会から、会費納入の振込み書と共に、ハロウィンパーティの案内が届きました。
またしても、「魔法界の服装でお越しください」との表示があります。
さんざん、色々な人に背中を押してもらったことだし、今年は申し込んでみることにしましょう!
申し込み多数は抽選だということなので、まだ行けるかどうかはわかりませんが。
うわ~。もし、抽選に当たったら何着よう?ドキドキ。

怖い猫背 - 2006.07.12 Wed

DSC01310.jpg
昨晩、ベランダが月明かりであまりにも明るかったので、電気を消して空を見たら、雲の切れ間からちょうど月が姿を現したところでした。
ルーピン先生が変身しそうな月だったので、思わず写真を撮りました。
またしても、焦点の合わない写真になってしまいました

昨日、何気なく付けたテレビで、猫背が思わぬ病気を引き起こす例が示されていました。脳梗塞でした。ええっ??

説明では、長年の姿勢の悪さのため生じた頚椎の骨棘が、椎骨動脈を圧迫して起こっていました。そして、何度か前触れとして、眩暈の自覚症状があるようでした。振り返った際に骨棘が動脈を圧迫するための脳の虚血によるようです。
まあ、詳しい発生起序はともかく、猫背は侮れないということです。
そして、猫背と眩暈があったら要注意ということです(言いすぎ)

こ、これは、スネイプ先生大丈夫でしょうか。
猫背だったのは学生時代だけならいいのですが。
それに、原作にはないけどスネイプ先生の眩暈はちょっと好き(?)
(趣味です。すみません。しかもちょっとというよりかなり
これは、やはり猫背を改善する必要がありそうですね!
実は、スネイプ先生の猫背の原因について少々考えていて、どの筋肉の筋力低下が考えられるか同僚の見解も聞いてみたりしていました。
いつか考察を深めようと思っていた矢先、あるサイトさまで、スネイプ先生の猫背に関する切なく詩的な素晴らしい文章を拝見し、自分のやろうとしていたことがとても味気無いものに思われ、中断していました。

でも、昨日の番組で気が変わりました。
やはりなんとしても、猫背改善リハビリテーションプログラムを作成しなければ!
5巻まで読んだ同僚のOT.PT達に聞いてみようっと。
今5巻を読んでいるTちゃんにも、協力を要請しました。
「これから先、スネイプ先生の姿勢についての描写があるから、そこまで読んだら、姿勢についていっしょに考察して欲しいんだけど・・・」
「オッケ~ィ☆早く読むね♪」と快諾してくれました。
よし!よし!
でも、ハリーのイライラは受容できたTちゃんですが、アンブリッジで足踏みしている様子。
やれやれ。5巻は読了までに試練がいっぱいです。

ぴったりフィット―セブルスくんの場合― - 2006.07.11 Tue

さて、お母さんに抱っこと言えば、いやでも連想されるのが、スネイプ先生です。私にとって。

スネイプ先生にとっても、お母さんの胸は安心していられる居心地の良い場所だったのでしょうか。
鍵と鍵穴のように、二人はぴったりフィットしていた時があったのでしょうか。
お母さんが手を差し伸べれば、それに反応して抱かれ易いよう自分も手を挙げたり、重心を移動したりと協力した仕草が見られたのでしょうか。

以下6巻ネタばれの妄想です。
(6巻未読の同僚の方!絶対今は読まないで下さいね)


ぴったりフィット - 2006.07.11 Tue

今日、病院内で2歳前くらいの小さな子どもが、お母さんに抱っこされる瞬間を見ました。
別に珍しい光景ではないのですが、ヨチヨチ歩きの子に両手を差し伸べつつ屈(かが)む母親と、自分も短い両手を挙げて抱かれる子ども。
その協調性のある一連の動作に感心して見とれてしまいました。
そして子どもは、そのまま腕に抱かれると、そのお母さんの胸の間のくぼみにすっぽり納まって居心地良さそうにしています。

帰りの電車の中でも、もう少し小さな1歳過ぎくらいの赤ちゃんを抱いて座っているお母さんを見ました。
抱かれた子もお母さんの胸に納まり、ぴったりフィットして見えます。

お母さんもそれぞれの体型によって胸の大小、お腹が出具合、胴の長短など、凹凸に色々バリエーションがあると思いますが、それぞれの親子のフィットポイントというのがあるのではないかと思います。各親子、まるで鍵と鍵穴のようなフィットぶりでした。

電車の中で抱かれた子は、顔の側面をお母さんの胸に当て、お母さんの胸の上の服を握って、実に気持ち良さそうに眠っていました。
その安心しきった安らかな寝顔を見ると、そこがどんなに居心地のよい場所かわかります。
ぴったりフィットして、お母さんと一体になって、お腹の中にいた時でも思い出しているのでしょうか。
いいな、いいな。

「私」 - 2006.07.10 Mon

もう一つのブログで1巻のスネイプ先生のセリフを引用していて気付きました。
1巻では、クィレル先生に対して、禁じられた森で「クィレル、私を敵に回したくなかったら」(1巻13章p.329)と言っています。
この時先生は我輩ではなく、「私」と言っていたんですね!
他の巻では、ダンブルドアに対してでさえもいつもの尊大な「我輩」を使っているというのに。

と思ったら、なんと携帯版の方では、「クィレル、我輩を敵に回したくなかったら」(同ページ)と言ってました!

な~んだ、誤訳だったのか(間違ってはいないので『誤訳』ではなかったですね。統一されていないだけ)
どっちにしても「I」なんでしょうけど、何か意図があるのかと思ってしまいました。

同様にハードカバー版の1巻では、ヴォルデモートの一人称は「わし」です。携帯版では「俺様」になっていますが。(7/11追記)

綽名(あだな) - 2006.07.10 Mon

昨日、講習会に行く途中、遠くで昔の私のあだ名を呼ぶ声が聞こえたような気がして、バッと振り向きました。
原チャリに乗った幼なじみが笑いながら通り過ぎていきました。
そのあだ名で呼ばれたのは小学校1年から高校3年まででした。
呼んだ幼なじみは幼稚園に入る前の2歳からの付き合いです。
家は引っ越したけど、学区内なので、時々一緒に食事をしたり、今日のように偶然出会ったり。
ずいぶん遠くで聞こえたと思ったけど、その名で呼ばれるとすぐに反応してしまいます。

また先日、駅でやはり背後から、私の下の名に「ちゃん」を付けて呼ぶ人がいます。
どこかの子供が呼ばれたのかもしれないけれど、やはりつい振り返ると、上記の幼なじみのお父様が声を掛けてくれていたのでした。

今はそう呼ばれていなくても、やっぱり昔の呼び方にはすぐに体が反応してしまうのだと、おかしくなります。

あだ名と言えば、スネイプ先生(やはりそう来たか)
以下6巻ネタばれ。

秤にかける - 2006.07.09 Sun

今日は、講習会に行ってきました。
本当は新人が受ける研修の講習会の一つなのですが、当時、法事と重なってしまい、取り損ねた講義が4つ(二日分)残っているのです。
その後、面倒臭くなって次の年は行かなかったのですが、このプログラムが終了しないと次のステップに進めないので、重い腰を上げました。
同期のTちゃん他同僚2人と。

二日休んだだけなのに、受け損なった4つの講義が分散していて、今年は1コマずつ何日かに分けて行かなければならないのが、とても面倒。
それに次回は8月19日なのです。

う~ん、この日は・・・
今年もみんなのスネイプ先生に会いに行こうと思っているのですが…
どうしよう、この日を逃したら、また来年、新人さんに混じって講習を受けなければなりません。
でも、今日は先輩も一緒だったし、10年以上の経験者も混じっていたし、来年でもいいかなぁ。
また家族が背中を押してくれないかな。
OTとしてのステップアップとスネイプ先生、秤にかけて迷います。
どっちも私にとっては大事なんだよう~~(泣)


その帰り道、家の近くの街路樹のヤマモモの実を携帯で撮影しました。
20060709_1527_000.jpg

スーパーの駐車場待ちの車が並んでいる横での撮影だったので、不審者に思われないようにと、あわてて撮ったら、なんだかスピード感のあるおかしな写真になりました(こんなのばっかり)
大きさがわかりにくいのですが、直径1~1.5cmくらいです。

私の住む地方では、ヤマモモの実を食べる習慣はないので、街路樹の実も鳥か虫が食べるか、地面に落ちて土に還るか、人に踏まれるか。
でも、地方によっては、買ってでも食べると聞いたことがあります。
一度拾って、もちろん洗って、食べたのですが、思ったほどみずみずしさがなく、甘みも酸味も薄かったような。熟し方が足りなかったのか、生食しないものなのか?
以来、道端に落ちた実をもったいないと思いながら、素通りです。
ジャムにでもすればいいのかな?

入手方法 - 2006.07.08 Sat

先日家事呪文にいただいたコメントの中に、スネイプ先生はどうやって下着を手に入れているのだろうというものがありました。

パンツの洗濯方法などは考えても、入手方法までは思い至りませんでした。
その中で通販について触れられていたのですが、スネイプ先生がカタログでパンツを選んでいる図を想像すると大変おかしいです。
衣類に対してはそれほどこだわりも強くなさそうな印象なので、本当に通販で済ましているかもしれません。
色やデザインだけでなく、素材にもこだわりがあるのでしょうか。
色はあまり明るい色ではなさそう。
やっぱり、黒とか灰色(!)とか、白とか。せいぜい濃緑とか。
素材は絹なんかいいな。灰色パジャマもシルク希望です。
しっとりと先生を包み込んで欲しいから。
あれ?通販関係ない・・・

魔法薬の材料にはひどくこだわりがありそうなので、実際お店や製造元に出かけて、手にとって選んでいるような気がします。
ホグワーツ内で手に入れるものも、もちろんあるでしょう。
以下6巻ネタバレ。


パンツ - 2006.07.05 Wed

昨日、家事呪文について触れたところ、洗濯からの連想で、スネイプ先生のパンツについてのコメントを複数いただきました(ありがとうございます)やはり、スネイプ先生ファンにとっては、パンツの話は欠かせないですよね(笑)

先日の学会で、排泄用具に関する講演があり、その時講演者の女性が、会場の男性に質問しました。
「この中で、トランクスを使っているのは、どのくらいいらっしゃいますか?」
そして、同様に、ブリーフとボクサーパンツについても質問し、挙手させていました。
その会場にいた男性の中で一番多かったのが、トランクスでした。
次いで、ボクサーパンツ、ブリーフの順。

ブリーフ愛用者が一番少なかったのがちょっと意外でした。
もちろん、そんな質問と回答を見ているうちに、思考はスネイプ先生のパンツ方向へ向かっていきます。

ところが、さらに講演者は質問を続けます。
「では、窓を使って排尿していらっしゃる方は?」
「パンツを下げてパンツの上からしている方は?」
「パンツの脇からしている方は?」
ああ、そんなに男性の排尿の方法にバリエーションがあるとは知りませんでした。
ちゃんと、それぞれのタイプがいらっしゃって窓≧上>横でした。
つまり、排泄用具を選ぶ際には、そんな愛用下着や習慣についても考慮しなければいけない、という意味だったのですが。

もちろん、スネイプ先生もどれかに相当するはずです。
そんな質問されたら、考えたくなってしまうじゃないですか。

私はもともと、少年時代のセブルスくんは、ブリーフだったのではないかと思っています(日本のOT男性では少数派)
他の下着だと「灰色」であっても元の色との区別がつかないからです。
ブリーフなら、ほとんどが白なので「灰色」であることが目立ちます。
ブリーフから細い大腿が出ていて、スカスカした状態にあるのをイメージしています(日記でこんなにおおっぴらに語っていいのだろうか)

ブリーフだったら、窓かなあ?
それともスカスカだから、脇かなあ。
皆様も色々考えて、お楽しみください。
ス、スミマセン(汗)

アーサー(偽)の見解 - 2006.07.04 Tue

今日になっても同僚のTちゃんはウィーズリー夫妻ごっこを忘れていませんでした。

治療に使った道具を、一手間省いた片付け方をした私が、かえって中身をぶちまけてしまいました。
散らばった道具を拾い集めている後ろを通りかかりながら、Tちゃんは言いました。「モリーは横着だなあ」
「もう、アーサーったら」と返す私。(←夫婦っぽい会話)

また、患者さんのための装具をせっせとミシンで縫っているTちゃん。
ミシンの調子が悪いようで苦労しています。
そこで私は言ってやりました。
「アーサー、ミシン改造しちゃったんじゃないの?音が変よ」
「えへへ」と笑うTちゃん。(←ウィーズリー夫妻っぽい会話)

そんなアーサー(偽)は、家事呪文ができたらいいのに、と言います。
私も大いに共感しました。
さらにアーサー曰く「でも、家事呪文って自分の能力以上のことは出来ないんだよね」
「えっそうなの??」
「だってトンクスは片付けが下手だから、家事呪文でもきれいにならなかったんだと思うけど」
「魔法力の問題かと思った・・・」

そう言われてみれば、トンクスは闇祓い、おっちょこちょいではあってもかなり優秀な魔女に違いありません。魔力だって闇に対抗できる程度の強力なものであるはず。
となると、トンクスの家事呪文がイマイチだったのは、やはりトンクスの家事能力が低いからでしょうか。
Tちゃん、鋭い。侮れません。
やっぱり、全く違う視点での見解は参考になります。

でも、そうだとすると、スネイプ先生の家事呪文の効き目も大変気になるところです。すごく几帳面か、すごくずぼらかの両極端のような気がして。

旅の小さなエピソード - 2006.07.02 Sun

無事、旅から戻ってきました。
色々な出来事があって、なんだか夢のような3日間でした。

学会最終日の今日、私が一番聞きたかった演題があり、その発表を聞いた後、発表者とお話することができました。
やはり同じことに関心を持つもうひと方と一緒にお話を伺いながら、それぞれの病院の現状を語り合い、有意義な時間を過ごす事ができました。
私の関心事を研究されている方がメールを下さるということで、連絡先を伝えたりして、ちょっとだけ人脈も広がりました。
診療報酬制度の改定に伴うリハビリの期間の上限についても、他院で使っている抜け道などを聞いたりできて、ラッキーでした。
もうこれだけで、今回の学会の目的は果たされました。
というわけで、全ての講演が終わらないうちに、さっさと帰って来ました。Tちゃんを残して。

このブログを読んでいる同級生、会うなり、髪型を指摘してきました。
嬉しくなって、他にも親しかった友人が二人いる前で、思いっきり髪をバサリと振って見せ、「スネイプ先生」と説明。
一人はかろうじてついてきてくれましたが、一人は完全に置き去りにしてしまいました。またしても調子に乗りすぎました。

また、先の同級生が、『スネイプ先生を語る会(勝手な命名)』についても聞いてきたので、『海苔をはがしておにぎりを食べるスネイプ先生の図』についても説明しました。
すると、もう怖いくらいの真顔で接近してきて、「マニアック大好き」と囁いていきました。お褒めに与り、光栄です♪
私も「マニアック」大好きです。

結局二日間(合計約11時間)スネイプ先生について語り、学会の会場にいたトータルの時間(約8時間)より、先生を語っていた時間の方が3時間ほど長かったことになります。やはり、メインはこちら。
いや~、ほんと有意義な時間でした。

最初の日にお店を出た後、最後にたどり着いた場所がとても幻想的で印象に残っています。
非常に高いところで、街が一望できる屋上なのですが、芝生や竹が植えてあって、ベンチも置かれ、カップル達でいっぱいの小さな公園風の場所でした。灯りはあるものの、薄暗く、竹の音や匂いが漂う不思議な空間でした。そこのベンチで語り合ったのですが、気がつくと、カップル達は6巻の「誰か達」のように密着しています。
そんな中で傍から見たら、熱く語り合う女性二人がどのように映ったかわかりません(みんなそれどころではないでしょうが)
でも、実は目には見えないけれど、もう一人、大変魅力的な男性が確かにそこに存在したのだ、と今になって思います。
二人の妄想により、トンクスのように七変化するスネイプ先生が。

海苔をはがす - 2006.07.01 Sat

20060701002154
描いて下さった方の許可を頂き、ちょっとだけ素敵なスネイプ先生を公開します。携帯での撮影の為、一部しかお見せできませんが。
手巻きおにぎりの海苔を剥がして食べる先生です。かわいい~(おにぎり見えない..)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)