topimage

2009-09

血液型の傾向 - 2009.09.30 Wed

今月初めに設置した投票をしめきりましたので、結果をお知らせします。

訪問してくださるスネイプ先生ファンの方には、なにか共通する傾向でもあるかと思い、血液型を問う形にしました。
血液型と性格の関係は科学的な根拠はないとされますが、一応、何かの参考になるかと思って。
比較のために、スネイプ先生ファンでない方にも同じ質問をしました。
投票フォームが携帯からでは見られないので、せっかくいらしても投票できなかった方もいらしたかと思います。ごめんなさい。

【結果】
スネイプ先生ファン(66人)
A型:29人
B型:12人
AB型:5人
O型:17人
わからない:3人 

ファン以外(9人)
A型:2人
B型:0人
AB型:2人
O型:5人
わからない:0人

スネイプ先生ファンの結果を百分率に直してみます。
A型:43.9%  
B型:18.1%
AB型:7.6%
O型:25.8%
わからない:4.5%
 
日本人の血液型は、A型が約40%、O型が約30%、B型が約20%、AB型が約10%、と言われています。
今回の結果は、それに近い割合を示しているようにも見えますが、A型が平均より多いのに対し、他はすべて少なめです。
今回投票してくださった中では、A型の割合が際立って多いことになりますね。世間で言われるようなA型タイプは、スネイプ先生に共感する部分が多いのでしょうか。
ちなみに、私はB型です。周りからは典型的なBだと言われています。

スネイプ先生ファンでない方も投票して下さってありがとうございました。
しかし、今になって、「ハリー・ポッターファンでありながらスネイプ先生ファンではない人」と「ハリー・ポッターそのものを知らない人」を分けなかったため、結果から何も読みとれない、ということに気づきました(汗)
せっかく協力してくださったのに、申し訳ありません。
とにかく、スネイプ先生ファンでない人に、O型が多い、ということは言えるかもしれません。
確かに、一般的なO型のイメージはスネイプ先生に一番当てはまらない気がしますから、共感できないことも多いのかな、などと思っています。

それから、色々コメントを書いて下さってありがとうございます!
続きから、コメントも見られるようにしてあります。
お名前は消してあります。

ご協力くださった全ての皆様、ありがとうございました。

整理 - 2009.09.30 Wed

サイトの方、少し整理しました。
削除されたコンテンツについてお問い合わせなどありましたら、メールでお願いいたします。

謎の本 - 2009.09.27 Sun

歯科医院に通う時、待ち時間が長いことを想定して本を持参します。
最初は源氏物語の漫画版を読んでいました。
次にビードルの物語の原書を持って行きました。
イギリスで買ったきり、全然読んでいなかったのです。
でも、待合室では集中できなくて英語がちっとも頭に入ってきません。

そこで、別な本がないかと物色しました。
その日は予約時間が迫っていて、贅沢は言ってられませんでした。
ピアノの上の楽譜本に並んで挟まっていた文庫本が目に留まり、持って行きました。

その本、読んでみたら結構面白いんです。
で、帰宅後その時家にいた長男に持ち主を尋ねました。
長男は作者は知っているけど心あたりがないと言います。
その後帰宅した長女も、全く同じことを言いました。
私としては、内容から考えて二人の内どちらかだと思ったのですが、一応夫と次男にも聞いてみました。二人は、作者すら知りませんでした。

じゃあ、この本、一体誰の本?
書店のブックカバーがかかり、読み込まれた感じで薄汚れています。
書店名が見慣れないので調べたら、福井県中心に店舗があるという書店でした。ますます謎!と思ったら、一応私の住む県にもいくつかお店があるようでした。

もう一度長男と長女に、借りパク(借りたまま返さない)じゃないの?と聞いてみましたが、知らないと言います。
ううむ。それを言うなら私が忘れていることだって考えられます。
でも、全然思い出せません。最近は漫画しか借りてないし……。
それとも、遊びに来た誰かが忘れていったのかしら?
最近、ものすごい数の中高大学生が出入りしているので。
そうだと良いのですが。
オフでお付き合いがあって、心当たりのある方はお知らせください(汗)

その本というのはこちら↓

リズム - 2009.09.26 Sat

母が、今日退院しました。
近いうち再入院することが決まっていますが、しばらくのんびりします。

今回時々実家に泊まったことで、朝は6時半ごろ起き夜10時前に寝るという父の生活のリズムがわかりました。
実家のパソコンは父の部屋にあるので、夜9時半以降はパソコンを触れなくて読書して過ごし、いつもより早めの11時には寝ていました。
それに対し、我が家では普段11時には寝ている夫がパソコンに耽り、12時頃まで起きていたとか。
ちょっと環境が変わると、すぐ生活のリズムって変わるのですね。

マジック☆ - 2009.09.24 Thu

スネイプ先生似のキャラクターがいる、という絵本を読みました。
手品師とその相棒のウサギのお話です。
ご紹介くださった方は、最初はそうは感じなかったようですが、初めからそんなつもりで読んだので、私にはどれもこれもスネイプ先生というか青年セブルスに見えて仕方ありませんでした。
あ、手品師が青年セブルスっぽいんです。

初めからスネイプ先生と重ねて見ているために、手品師の一生懸命な姿(絵としてはとても小さい)にすごく胸を打たれました。
落胆している様子が一番スネイプ先生に似ている、と感じたことに、ああきっと私はスネイプ先生をそんな風に見ているのだ、と思ったり。

手品の見せ場で唱える呪文が「アブラカダブラ」なのが「アバダケダブラ」に見えて一瞬ギクリとしたり、彼の幸せを壊しそうになった(←大袈裟な表現)眼鏡の人が、ジェームズにしか見えなかったり、出版社の名前の由来が気になったり…なんだか別な意味でも色々楽しめました。

4776403560マジック☆ラビット
Annette LeBlanc Cate
BL出版 2009-08

by G-Tools

お鼻が特徴的♪

×3 - 2009.09.23 Wed

昔勤めていた会社の元同僚Yとランチに行きました。
最後に会った時は長女が赤ちゃんでしたから、顔を見るのは約20年ぶりでした。
もう一人声をかけた人がいました。
それは互いに共通の友人でしたが同僚ではなく、私にとってはマンドリン部時代の親しい同期、Yにとっては同じ学科の親しい同級生にあたるKです。彼女と会うのも10年ぶりくらいでした。

そんな私たち、名字が全員同じなんです。
独身のYは生まれた時からその名字で、私とKは結婚してその名字となりました。
皆下の名で呼び合っていたため、そんなことはすっかり忘れて、私が予約を取ったお店に行き、何気なく「予約した○○です」と告げると二人が「なんか変な感じ」とつぶやきます。

ランチの後、別な店でお茶しようと行ってみるとかなり混んでいました。
入口で待つ時、名前を聞かれ「○○です」と告げるとYが「誰が答えても同じ」とつぶやき、Kが「かける3」と小声で付け足しました。
10年以上のブランクがあったとは思えないような絶妙のつっこみで、なんだか愉快な気分になりました。

学年会 - 2009.09.22 Tue

先日、高校の学年会がありました。
前回私が出席した時は、子どもがまだ小さくて、もしかしたら次男はまだ生まれていない専業主婦時代でした。
その時は、まだ独身の人も多くてノリは違うし、いつも会っている友達くらいしか知っている人がいなくて、喧騒の中で「あれ?私、高校ではこんなに友達いなかったっけ?」と思い知らされ、あまり楽しくなかった記憶がありました。
それでも、十数年振りのことだし、今も親しい友達が何人か参加するとあって、参加を決めました。
服を新調したかったのですが、なんだか忙しくてそれどころではなく、に、三年前の同僚の結婚式の二次会スタイルで行きました。
髪に混じる、白い物を数本抜くことも忘れずに。(女心です)

会場のホテル前の交差点で信号待ちしていると、いかにもそれらしい服装の人々が同じように信号待ちしていました。
が、今回も見知った顔が全然ありません。
幼なじみのSが受付にいたのですが、誰かと話していたために、今回もまた会話のないまま寂しく受け付けしました。
しかし、名札や住所カードに記入しているうちに、親しい友達2人と合流でき、一緒に会場に入っていきました。

会場の一角に、卒業アルバムのクラス写真を大きく引き伸ばした写真が貼ってありました。
そこで友達とワイワイ眺めていると、色々な人から声をかけられ、やっと雰囲気に馴染んできました。
と思ううち、卒業後も時々思い出しては気になっていた女の子(もう“女の子”じゃないけど)の姿に気づきました。


彼女はクラスの中でいつも一人でした。
当時、気になって時々話しかけると、会話はスムーズに進むものの弾むほどではなく、そして彼女の方から話しかけてくることはなかったため、結局それほど距離は縮まらなかったのでした。
でも、一人でいることは私にとっては苦痛だったので、彼女がそれをどう思っていたのか、卒業後も時々思い出しては気になっていました。
そんな彼女が、やはり一人で写真を見ていたので迷わず声をかけました。さすがに当時の気持ちを聞く気にはなれませんでしたが。

近況を聞いて驚きました。
彼女も医療の道に進んでいたのです。しかも、医師として。
私と同じように理科が好きだったことも意外でしたが、一度職についてから学校に行って医療の道に進もうと考えた過程に通じるものがあり、宴会が始ってからも、部屋の片隅で夢中でお話してしまいました。
既に定年退職をなさっている恩師(女性)が、近々フランスにホームステイする、というお話を壇上でされたのを聞き、その生き方に感動して同時に「素敵!」と声をあげたのも、なんだか嬉しかったです。
高校時代、もっとゆっくり話せば良かった。
きっと当時だって通じるものがあったでしょうに。
でもメールアドレスを交換したので、今後もお話できると思うと楽しみです。
ハリー・ポッターは未読だという彼女、私が勧めたら、すごく興味を持ってくれました。いつか、そんな話もできるかも。

他にも小中高とずっと一緒の学校だった数人と片隅でプチ同窓会をしたり、同じクラスだったのに当時の記憶がほとんどないまま色々な人とお話したり、今回はとても充実した時間を過ごせました。

終了後は二次会には参加せず、いつもの親しいメンバーと、さっきの彼女と、友達の友達(今回初めて話した)と7人でお茶して帰りました。

好きな場面 - 2009.09.21 Mon

ポッターマニアさんの今月の投票は、映画「謎のプリンス」の好きな場面についてですね。
私はその選択肢を見て、とても驚きました。
私の好きな場面がほとんど無い!
強いて選ぶなら「ハリーとスネイプのラストの決闘」くらい、他は私にとってはどうでもよいシーンばかり(汗)
クィディッチ選抜と、ロンのクィディッチの試合での活躍って、私から見たら同じような印象なんですが……。
この選択肢、主役のハリーはともかく、ハーマイオニーとロンの割合も多い気がしますが、やっぱり世間ではその辺に注目が行くのでしょうか。
自分がすごくずれているような気がしてきました。

でも、この間、好きな役者さんの投票でアランさんが1000票以上集めて堂々の1位になったのですよね。
だとしたら私、そんなにずれていないと思うんですけど。
「天文台の塔でのシーっ」とか「アバダケダブラ前のスネイプの微妙な表情」はマニアック過ぎるとしても、「スピナーズエンドでの破れぬ誓い」とか「クリスマスパーティからドラコを連れ出して叱るスネイプ」とか「スネイプの歌うような呪文」のどれかは入っても良さそうな気がします。
選択肢の少なさにちょっとがっかり~

ベース担当 - 2009.09.20 Sun

ベースと言っても、今回はコントラバスではなく、エレキベースの話です。
友達とバンドを組んでいる長男は、いつもはギターとヴォーカルを担当しています。
先日行われた文化祭では、そのバンドの発表もあったのですが、それとは別のバンドも臨時に組まれ、そこではベースを担当しました。

ビートルズが大好きだという先生の声かけの下に組まれたバンドです。
かなりお好きらしく、ベースもポールが持っていたベースのレプリカとかで、息子はそれを借りて弾きました。
先生がギターとヴォーカルを担当するため、息子はベース担当です。
あくまで先生が主人公、3人の生徒は引き立て役というわけです。
が、息子を含むその3人の生徒達の先生を見る目の優しいこと!
私は大いに感動しました。
先生が楽しそうに気持ちよさそうに歌って演奏するのを、控え目に支えつつ温かい目で見ているのが、私にはとても嬉しかったです。
応援に駆け付けた他の先生方や生徒たちの声援も加わって素敵なコンサートになりました。

theusualband.jpg
いつものバンド(真ん中が長男)

thebeatles.jpg
同じ場所で明るい照明のビートルズバンド
向かって右端が先生、左端が長男

この時、長男は夫の式服を着て、黒いネクタイを締めていました。
(つまり喪服と同じ……)
普段は学ランを着ていて、付け焼き刃の指導ではネクタイの締め方を覚えられなかった息子、当日は先生に締めてもらったそうで、それもまた、ほのぼのとする光景だと思いました。

DSC03633-1.jpg
先生から借りたポール仕様のベース

おまけ↓

合同練習 - 2009.09.19 Sat

今日は、マンドリン部卒業生と現役の初合同練習日でした。
先日買ったコントラバスを、愛車の「桜色のセブ」に積むと、人間は二人しか乗れなくなります。セブは小柄(小型)なんです♪

都会に車で乗り入れるのは約20年ぶりとあって色々不安でしたが、渋滞にはまりながらもなんとか集合時間の30分前には着きました。
部室に入ると先に練習していた現役生が準備を終え、休憩中でした。
夫がベースを持っていたのですぐ誰だかわかったようで、学生たちの注目を浴びました。

部室には合わせて60~70名くらい入っていたと思います。
かなり狭かったけれど、なんとか互いにぶつからずに演奏できる広さでした。
合奏が始まる前、OBの世話役の大先輩が、指揮者やコンサートマスターや、遠方からの出席者を紹介しました。
その流れで、「ご家族で参加されている方たちがいる」と言われ、夫と私と娘とが一人ずつ紹介されました。家族のメンバーのうち3人がそれぞれ楽器を持って、家ではない場所に立って一人ずつ挨拶しているのは、不思議な感じでした。

合奏が始まると、たちまち昔の感覚が蘇り、昔部室で合奏した時から、全然時間が経っていないかのような、二十数年の時間の流れを忘れさせるものがありました。前回、OBだけで練習したときより、ずっとしっくりきました。
テンポが速くて、ついていくのが大変でしたが、途中からものすごく楽しくなってきて、気分が高揚してきました。
やっぱり、大人数で合わせて一つの曲を作っていくのって楽しい~

帰宅は21時過ぎでしたが、今も興奮が冷めません。
次回の練習が楽しみです。

共通点 - 2009.09.18 Fri

20090918222533
実家で、久し振りに「ハイジ」を読みました。

ハイジの亡くなったお父さんの名前が、トビアスだったー!!

あ、言いたかったのはそれだけです
ちょっとびっくり。

少女 - 2009.09.18 Fri

先日7巻発売の列に並んだことが判明した後輩から、そのときの画像が送られてきました。
笑顔の娘さんの肩越しに松岡さんが写っている写真です。
そこで私も、スリザリンネクタイにマントを着て、スネイプ先生人形を手にはめた姿の画像を送りました。
すると、「何これ~少女?」的なお返事が!
テレビを見ただんなさんの方は電話で「どこの大学生かと思ったよ」って言ってくれたし、なんて良い夫婦なんだ!
とお返事しました。

初ミカン - 2009.09.17 Thu

20090917200349.jpg
今シーズン初のミカンを食べました。
青いミカン、大好き♪

病院選び - 2009.09.16 Wed

職場の勉強会に出席できない理由として、母の入院を告げたら、A君に「どうしてウチの病院にしないの?」と聞かれました。
うん、もっともなご質問です。
私としても、勤務先なら仕事が終わってすぐに見舞えるし、色々な情報を入手しやすいとは思ったんです。
でも、今回の母の入院先には、実家近所のクリニックに非常勤でやってきている母のかかりつけ医が勤務しているのです。
入院前の様子を知っているかかりつけ医が入院先にいて、退院後も近所でフォローしてくれる方が、母にとってはずっと良いかなと思って。
まあ、そんなかかりつけ医との関係を断ってでも受診させたい診療科もあるにはあるのですが、今回はそうでもなかったので(汗)、地域とのつながりを優先しました。

と思っていたら、母の同室の方が、ある治療の設備がその病院になくて、私の勤務先の病院まで通っている、というお話をなさっていました!
もし、母が同じ治療法を選択することになったら、余計な負担がかかってしまう。というか、勤務先の病院より規模が大きいから、その設備が無いとは思っていませんでした。
病院選びって難しい……。

更新頻度 - 2009.09.14 Mon

今日、母が入院したので、しばらくは入院先の病院(勤務先ではない)に行ったり、父のために時々実家に泊まったり、の日々になりそうです。
これから少し、更新頻度が減ると思います。
特に「開心術!!」の方は、ゆっくり考える時間がないので、しばらくお休みにします。
コメントのお返事などは遅くなるかもしれませんが、日記の方は、続けていきます。

床屋さん - 2009.09.13 Sun

昨日、実家に行った時、母や妹と床屋さんの話題になりました。
うちの夫と次男行きつけの、近所の床屋の小母さんの話です。

我が家の3人は美容院、2人は床屋さんに行っています。
で、その床屋さんの小母さんは母の友達であり、妹の同級生のお母さんでもあるのです。
昔は長男もお世話になっていましたが、洒落っ気が出てきて、今は専ら美容院を利用していますが、次男は「男は床屋に行くものだ」と自分の道を貫きます。

そんな話をしたら、妹が「床屋さんでは、ガムくれる?」と言いました。
言われて思い出したのですが、私が昔連れて行かれた床屋さんでは、カットが終わると、良い子で座っていたご褒美にガムをくれました。

しかし、息子の場合はちょっと違います。
ガムに近いものでは、飴やおせんべいがありますが、一番最近もらって来たのは、生姜でした。掘ったばかりの泥つき新生姜を、袋に入れて持たせてくれたのです。

床屋のおばさんにとっては、友達の孫なので、何か親戚の子どものような感覚で持たせてくれているのではないかと思います。
その時その場にあるもの、頂き物の海苔の佃煮とか、ビーフジャーキーとか、トマトジュース1本とか。
すごく、親戚のおばさんっぽい、と言って母や妹と笑いました。

今日、夫がその床屋に行ったら、玉子を貰って帰ってきました。
夫も、次男ほどではないけれど、よく貰ってきます。
玉子は初めてのことで、びっくりしましたが、本当にありがたいことだと思いました。

お知らせ - 2009.09.13 Sun

お題を使ってくださっている方に、メール(コメント)をお送りしました。
以前、お題使用の連絡をしたのに、メールやコメントが届いていない、という方がいらしたらお知らせください。





本日(9/13)19:45にフォームからメールを下さった方へ

好み - 2009.09.12 Sat

先日、昼休みにG子がマンガを読んでいました。
興味をそそられて題名を聞いたら、何度かネットでの評判や新聞の書評を見て、読んでみたいと思っていたマンガでした。
「読んでみたかったんだ~」と何気なく言ったら、「どうぞ、どうぞ」とその場で貸してくれました。
私としては今その場で読んでいるものを借りるつもりなど毛頭なかったですが、本人はだいぶ前に買って何度も読んだものだから、と気軽に1巻から3巻まで貸してくれました。

読んでみたら、うわさ通りすごく面白かったです。
笑いがツボにはまったというか、好みに合ったというか。
G子は「くすっと笑ってしまう面白さ」と言ったけど、設定がまずあり得ないと思ったところですでに可笑しくて、一話目の落ちで大爆笑し、以後活性化してしまったらしく、何を読んでも笑いがもれるばかりか、思い出し笑いまでたびたび起こりました。
ほのぼのしているんですが、何か無性に可笑しくなる感じ。

聞けば、かなり売れているみたいですね。
私がネットや新聞で評判を見てからだいぶ経ちますから読んだ方も多いことと思います。





コントラバス - 2009.09.10 Thu

娘は今年、部活でコントラバスを始めました。
今、その部の合宿に行って不在です。

コントラバスは、夫が大学時代に弾いていた楽器でもあります。
娘と同様、夫も大学生になって初めて触った楽器です。
音楽自体素人の学生が、あんな大きな楽器を買うことはありません。
自宅に置き場所がないし、とても高価だからです。
そこで、みんな、部で所有している楽器を4年間使用するのです。

今回の記念定演には、マイ楽器のあることが参加条件ですから、夫は参加したくても参加できません。
私も、親子3人で競演できる機会などもうないだろうからと誘うのですが、さすがに楽器を買うのが条件では、そう強くも言えません。

しかし、娘が合宿に行った翌日、夫は楽器屋に行く、と言いだしました。
少しずつ、無理を言わずにプッシュしてきたのが功を奏したようです。
コントラバスの専門店などどこにでもあるわけではありません。
ネットで検索して、一番近そうな都内の某所に行ったのでした。

夫が出かけている間、私は一通の封書を受取りました。
娘の大学からの、後期の学費の請求書でした。
これを見せたら楽器を買う気が失せるだろうと思い隠しておきましたが、帰宅した夫は既に契約を済ませた後で、その必要はありませんでした。
もし先に請求書を見ていたら、買う気になれなかったと言っています。

合宿中の娘に、「演奏会に出ることにした旨、先輩に伝えて」と連絡した時、娘の驚いたこと!
画像を見たいと言うので、ちょっと悪戯してやろうと、楽器はほんの一部分しか写っていない夫メインの写真を送りました。
それでも大感激の返事が返ってきたので拍子抜けです。
朝から晩までコントラバスを弾いて、毎日4時間ほどしか睡眠をとっていないという合宿から間もなく帰宅する娘は、自宅で楽器を弾くのをとても楽しみにしています。
「中毒」とメールで一言送ったら、「向上心」と返事が返ってきました。
また、夫が「楽譜が手に入らないうちは何もできない」とメールしたら、「先輩、まずは基礎練習ですよ」と返ってきました。
夫婦共々、一本取られました。

我が家の新顔↓
DSC00372--1.jpg
自立して見えるけれど、夫が後ろに隠れています。

交流の場 - 2009.09.08 Tue

友の会同窓会のツアー、参加される方いらっしゃるでしょうか。
今年は10月30日からの一泊旅行です。
去年の旅行は8月で、夏休み中のためか、学生の方の参加が結構ありましたが、今年は金曜日からの一泊なので、学生さんは少ないかな、最小催行人数に達するかな、とちょっと心配です。

同じハリー・ポッターファンの方と交流するのって、私は大好きです。
自分で企画をしてしまうほど。
人を楽しませようとあれこれ考えるのも楽しいけれど、用意されたプログラムをわくわくしながら待つのも、ものすごく楽しいです。
だから、毎年、万難を排して参加しています。
そして、必ず、行って良かった~としみじみ思うのです。
スネイプ先生ファンの方との出会いもあるし、スネイプ先生ファンでない方との交流は視野が広がるし、ファンでない方にスネイプ先生の魅力を語ることで、愛も一層深まるんです。

お時間の都合をつけられる方、一緒に参加しましょう!
会員登録は無料だし。
何より、主催がしっかりしているから、安心だと思います。(私が普通にオフ会を呼び掛けても、不安で参加出来ない方っていらっしゃるのではないでしょうか)

興味のある方、旅行については、こちらをご覧くださいね。
ぜひぜひ、一緒に行きましょう!!

本物 - 2009.09.07 Mon

先日、かつての仲間たちに出したハガキのお返事に、一つだけ、「切手がミステリアス」と書いてくれた人がいました。
一つ下の学年の女性の後輩でした。
そこで、私は、ハリー・ポッターを知っていますか?と書いた上で、スネイプ先生が大好きであること、切手は自作のパペットスネイプ先生で、スネイプ先生の気配を探しにイギリスに行った際に撮った写真であること、を説明するメールを送りました。

その返事に驚きました。
いきなり、「最終巻発売日、八王子のくまざわ書店に並びましたか?」と聞いてきたのです。
なんと、その後輩も、ハリポタファンの小学生の娘さんと一緒に、くまざわ書店に並んだと言うのです。
後輩本人はハリポタを読んだことがなく、並んだのも発売30分前で、列の後ろの方だったそうですが。

すぐに「並びました!」というタイトルで、詳細を説明しました。
すると、「やっぱり!?」と返ってきました。
後輩も部内結婚で、だんなさんは私たちと同期です。
その彼が、テレビを見ては、何度も「△×(私の旧姓)が居たね~」と言ったのだそうです。
彼女の方はそうは思わなかったけれど、対立を避けて「そうだね、居たね~」と口を合わせておいたのだそうです。
彼女の中では、「△×さんに酷似した人がテープカットをしていた」ことになっていたそうです。

メールでしきりに、「本物だったんだ!」を繰り返す後輩に、嬉しくなって、興奮して夫に報告してしまいました。
向こうも驚いたでしょうが、こっちも驚き、そして嬉しかったです。
後輩が同じ列に並んでいたことも、仮装している上に何年も会っていないのに私だとわかってくれた同期がいたことも。

そんなやり取りをした後、結局、昨夜電話で話しました。
同期の彼は「すぐわかったよ」と言います。
私「全然、変わってなかった?」
「うん、どこの大学生かと思ったよ」
うまいな~。(←大喜び)
「マント着てたけど?」
さすがに、笑われました。

しかし、後になって、毎年写真付き年賀状を送っていたことを思い出しました。そうか、彼は、最近の私の顔も知ってたんだ。
そして、当時、最新(平成20年の年賀状)の私の写真はギニュー特戦隊のポーズでしたから、マントも違和感なかったんですね(汗)

分岐点 - 2009.09.06 Sun

雑誌でアランさんの記事を読んでいたら、初恋を思いだすような、なんだか懐かしい気持ちになりました。
実は、私、一時期とてもアランさんに惚れこんでいたんです。
もちろん、スネイプ先生を好きになってからですが。

私がスネイプ先生に突然夢中になったのは、2004年の9月末か10月初めでした。
5巻の日本語版発売日が2004年9月1日(ホグワーツ新学期!)で、我が家では娘の中間テストが終わってから、ということで、確か2週間ほど遅れて購入し、私が読み終わったのは、さらに2週間ほど後でした。
読み終わる直前の37章で恋に落ちたので、9月末頃だと思います。

最初の頃は、その気持ちを誰にも言えず、黙って色々なサイトで、主に感想を見て回りました。
次に、DVDを買いました。
すると、映画のスネイプ先生も大好きになりました。
今度は、見て回るサイトに、映画関係も加わりました。
間もなくアランさん個人にも興味を持ち、ハリー・ポッターに関係ない、アランさんのファンサイトにも行くようになりました。
そして、アランさんの他の映画のDVDを借りて見るようになりました。
2005年2月から3月までくらいの間のことです。
しかし、ある日夫の一言で変わりました。

私が「次は何を借りようかな~」と言ったら、「本のスネイプ先生が好きなの?アラン・リックマンさんが好きなの?」と聞かれたのです。
その時、初めて、どっちが好きなんだろう?と考えました。
「どっちも好き」という答えもあったと思います。
実際、両方同じように愛している方も私は複数知っています。
しかし私をよく知る夫は、「両方愛せるほど器用じゃないんじゃない?」みたいな鋭い指摘をしたのです。
言われてみればそうだと思い、初心を貫くつもりで「スネイプ先生」と答えました。アランさんの他の役にスネイプ先生っぽさを探していたり、イメージと違っても「意外なスネイプ先生の姿」という目で見ていたところがあったので。まだ、ブログを立ち上げる前の事でした。

それから見て回るサイトも映画系が減り、感想・考察系と二次創作系に絞られていき、より深く物語のスネイプ先生を語りたくなって、ついにブログを立ち上げたのが2005年の5月でした。

あの時、「アラン・リックマンさん」と答えていたら、「開心術!!」のブログは存在しなかったと思います。
代わりに、アランファンとして、何か発信していたかもしれません。
「どっちも」と答えていたら、閲覧するのが忙しいのと、単独の場合ほどのめり込まないのとで、自分のサイトは作らなかったと思います。
日記のブログくらいは作っても、内容は今とは違っていたでしょう。
そして、夫の一言がなければ「どっちも」コースを進んでいたと思います。

全く、何がどう影響するかわからないものです。
アランさんの記事を読みながら、つくづくそんな縁を感じていました。

SCREEN - 2009.09.05 Sat

昨日、スクリーン10月号を買いました。
先日いただいたコメントで、アランリックマンさんの特集記事があると知り、欲しくなってしまったのです。
アランさんの記事もあったし、ハリー・ポッターの写真集的ページもあったし、中々充実した内容で、買って良かったです。
スネイプ先生の写真は、特に御髪の乱れが気になっていた一枚だったので、ちょっと微妙な感じではありましたが。(私は、ネックレスを浮かべる写真が一番好きです)

でも、スネイプ先生の説明文は、まあまあ納得できました。
ろくに内容を知らない人が書いた文章だと、まるで的外れなことが書かれていて、そうだっけ?と思うことも多いのですが、大丈夫でした。
「シリーズを通して、ハリーの敵なのか見方なのか」「謎めいた存在」「彼の動向に大きな展開」「クライマックスでは~恐るべき行為を」
スネイプ先生の重要度が増した、と書かれていて、更に好感度UPです。

アランさんの方の特集記事は、ちょっと懐かしい気持ちで読みました。
その理由は後日語ろうと思います。
色々な映画の写真が載っていて、それが雰囲気がまちまちなので(年齢のせいもあるでしょうが)、すごい人だなあと、改めて感心しました。

出演作が挙げられていました。私が見たのは、「ダイ・ハード」「ロビン・フッド」「ギャラクシー・クエスト」「シャンプー台のむこうに」「「ラブアクチュアリー」「スウィーニー・トッド」そして「ハリー・ポッターシリーズ」です。
 
この特集記事、タイトルが「アラン・リックマンが若いファンにももてるワケ」と「にも」が小さく書かれていることが可笑しかったです。
結局、そのワケとは、アランさんの個性が、スネイプ先生役で生かされて、若いファンが増えている、ということらしいです。
相乗効果でしょうか。
しかし、この記事で、私が一番驚いたというか、のけぞってしまったのは、この一文でした。
「この人物(スネイプ先生のこと)、奇妙な髪型で表情も怪しげ」
奇妙な髪型!!
そうなんですか!?
私、美容院では毎回、スネイプ先生の髪型を希望してるんですけど!

過敏 - 2009.09.05 Sat

歯医者に行ってきました。
この言い方、よく考えると変ですね、よく使うけど。
歯科医院に行ってきました。
予約はしてあったけど、急患扱いで1時間以上待ちました。
初めての医院でしたが、結構繁盛してるな~と思ってしまいました。

で、結局虫歯ではありませんでした!
知覚過敏だそうです。
よく聞く名前だけど、これが!という感じでした。
でも放っておいても治らないそうで、歯ぐきが減って露出した過敏な部分を樹脂で覆うか、何度か通院して薬を塗る、という選択を迫られました。
樹脂で覆うのは構わないし、少し削るための麻酔も大丈夫。
だけど、人工物で覆ったことで虫歯になる確率が高まる、という点で、決定しかね、しばらく通院で薬を塗ってもらうことにしました。
効き目は個人差があるそうなので、結局樹脂で覆うことになるいかもしれませんが、しばらく通院してみます。

本日の話題 - 2009.09.04 Fri

毎回英会話では、最近の出来事を一人ずつ語ることになっています。
今日は、先日のマンドリンの練習について話そうと考えていました。
というのは、先週のレッスンで、次の日曜に練習に参加する、という話をしていたからです。
が、レッスンに向かう前に雑誌を買ったので、急遽その話をしようと思い立ちました。だって、マンドリンの話はこれから何度か出来るけど、今日買った雑誌については、今日以外語るチャンスはないのですから。

2番目に発表したのですが、最初の発表を聞いていて火曜日に映画を観に行ったことも思い出し、映画繋がりでそれも言うことに決めました。
だいたい言いたいことは単語レベルであらかじめ調べておくのですが、今日は二つの話題とも急に決めたので、語彙に不安が残りました。
が、観に行った映画については、誰と何を見た、面白かった、という報告に留め、「ストーリーはお話しません」と言ったら、先生が「彼女たちが観るかもしれないから秘密なんですか?」と聞き、「そうです」で済んでしまいました。(簡単~)
次に、「今日、雑誌を買いました。私のお気に入りのキャラクターが載っているからです。まだ読んでいませんが、彼のページは確認しました。このクラスが終わったら、読むつもりです。とても楽しみです」

えーと、もちろん英語で言ったのですが、とても公衆の面前に晒す気になれないので、日本語で。
そして、皆の前にアランさんのページを広げて見せました。
皆さん覗きこんでくれましたが、「ああ、知ってる!」程度の反応でした。
そして、先生が、彼女に何か質問ありますか?と聞いたら、一人からこう聞かれました。
「マンドリンの練習はどうだったんですか?」
映画の話はスルーですか!?

結局、初めに用意していたマンドリンの練習の話をしました。

歯みがき - 2009.09.03 Thu

最近、歯みがき中、右上の奥歯に歯ブラシが当たると、「ヒッ」と声が出るような痛みがあります。
しばらく気がつかないフリをしてきましたが、だんだん無視できない感じになってきたし、虫歯なら放っておいて治るものではないので、今日、電話して予約を取りました。(電話した時、子どもの泣き声が電話口から聞こえ、ちょっとビビりました)

歯みがきと言えば、映画「謎のプリンス」でハーマイオニーが歯みがき粉ついてる、とロンに指摘される場面がありました。(そしてその後、アモルテンシアの匂いの一つにスペアミントの歯磨き粉の香りを挙げたりしていました)
それでいて、映画ではマグル生まれではない魔法使いに歯医者の概念がなかったけど、魔法使いって虫歯になったらどうするんでしょう?虫歯にならないのか、魔法で何とでもなるのか。

原作7巻では、グリモールドプレイスに移動した最初の晩、ヴォルデモートと思考を共有して激しい頭痛に見舞われたハリーのいるバスルームの外から、ハーマイオニーが「歯ブラシは要る?」と声をかけています。
魔法使いも、歯ブラシを使って歯みがきするんですねぇ。
また3巻に『歯みがき糸楊枝型ミント菓子(Toothflossing Stringmints)』というものが登場しますが、そんなものがあるということは、 歯みがき糸楊枝(デンタルフロス)の概念も魔法界にはあるということですね。

スネイプ先生……。
ちゃんと歯みがきしてたかしら?
歯みがき粉は、やっぱりミント系かな?

スネイプは黄色い不揃いの歯を剥き出した。(3巻14章p.369)
Snape's uneven, yellowish teeth were bared.(UK版p.210)

歯並び悪くてちゃんと歯みがきしていなかったら、虫歯になっちゃうよ。

ファンの性質 - 2009.09.02 Wed

ご存知の方が多いと思いますが、ポッターマニアさんの8月の投票は、映画「謎のプリンス」で好きな役者さんは誰か、というものです。
まだ投票を締め切っていないので、私もその得票数が気になって毎日のように覗いています。
最初はハーマイオニー役のエマちゃんが優勢で、次がアランさんでしたが、日を追うごとにアランさんの得票数が伸びてきて、今、1000票を越して一位の座にいるようです。
すごーい!
さては、熱心なファンが何度も投票していますね。
一人一日一回投票できる仕組みのようですから。
かく言う私もその一人ですが(笑)

アランさんのファンとか、スネイプ先生のファンとか、熱中の仕方が他とはちょっと違うように思うのは気のせいでしょうか。
妄想の度合いも強い気がするし(汗)共通する性質がある気がします。

そこで、私もアンケートを取ってみたいと思います。
スネイプ先生好きなあなたの血液型を教えてください。
記事右上のスペースに今月いっぱいくらい置いておきます。
スネイプ先生好きな方は、緑のフォームから投票してください。
「スネイプ先生好きじゃないけど」という方は、赤のフォームから投票お願いします。
携帯からの投票はできません。やり方わからなくて、ごめんなさい。
これはお一人1回の投票です。
投票結果は、いつでもご覧になれます。

最終章 - 2009.09.01 Tue

今日は誰でも1000円で映画の観られる日だったので、夫と「20世紀少年」観てきました。
原作を読んでいないので、どういう展開になるのか全くわからず、本当にわくわくして行きました。

以下、ネタバレがありますから、知りたくない方は、見ないでください。
ネタバレとは言え、検索などでやたらに出て来ないよう、役者さんの名前も役名も書かないので、知っている方にとっては物足りないかもしれません。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)