topimage

2010-04

今年も - 2010.04.30 Fri

今年もまた5月2日が近付いてきました。


癒す人 - 2010.04.29 Thu

以前足裏マッサージを体験した時、またいつかと思ったのに昨日までその機会がなく、2年半も経っていました。

昨日は、母と私、それぞれ30分ずつ一人の人が揉んでくれました。
色々な事情を話したからか、なんだかんだでそれぞれ5分以上は延長してくれたと思います。とてもやさしい男性でした。

私のマッサージが終わった時、伝票の控えを渡そうとしたその人の手が疲れてこわばっていて、紙をつまむのに苦労していたので、私が代わりに捲りました。
人を癒す人はやはり自分の身を削るものなのだな、ととても親近感を覚えました。
施術中、自分自身はどうやって癒してるんですか?と聞いたら、自分で揉むけれど、ちっとも気持ちがよくないし、自分の下手さを痛感する、と答えていました。
そうだろうと思います。
自分の身体を誰かに預けて、リラックスして全くの受け身で他人の手に触れてもらうからこそ、癒されるのだと思います。
私はおかげですっかり癒されて、また明日から(と言ってもすぐまた休みに入るのだけれど)元気に癒す側に回れます。
巡り巡って、昨日のマッサージ師さんも誰かに癒されますように。
そしてまた、元気で癒す側に回ればみんな元気でハッピーですよね。

極楽 - 2010.04.28 Wed

両親と妹と姪とで温泉に来ています。
いや、正確に言えば居るのは極楽かな。
温泉入って、美味しいものを食べて、足裏マッサージのオプションがついて♪
一足早く来たゴールデンウイークを満喫しています。

口調 - 2010.04.27 Tue

先日からシャーロックホームズを読んでいますが、翻訳者が何人もいる、ということはWikipediaで調べた時に知りました。

私が読んでいるのは新潮文庫版、延原 謙氏の訳です。
訳者は戦前からドイルの作品を翻訳していたということで、一般的なのはこの訳なのでしょうか?
古めかしい文体、ホームズの口調は、かなり好みです。
気になるのは、大久保 康雄氏訳のハヤカワ文庫版です。

昔、大久保 康雄氏訳の「トムソーヤーの冒険」に夢中になった私は、訳者の違う色々な出版社のものを読み比べたことがありました。が、やはり一番しっくりきて面白く感じたのは大久保氏の翻訳本でした。
だから、シャーロック・ホームズも手に入るならハヤカワ文庫版も読んでみたいです。
訳者が違えば口調も違うでしょう。最初に読んだ本の影響が強くて他のは馴染めないものなのでしょうか、その辺も知りたいです。

ハリー・ポッターについては、著作権の関係で色々な訳者の本を読み比べる、ということが出来ないのが実に残念です。
口調の違う色々なスネイプ先生を見てみたいです。
でも、「~したまえ」「~ならぬ」「~しているのだ」という口調はとても好きなので、あまりに違うと受け入れらないかもしれない気もします。

鯉のぼり - 2010.04.25 Sun

今日は天気が良く、午前中は珍しく息子たちが家に居たので、兜を飾りました。
鯉のぼりも、団地サイズのものがあるにはあるのですが、今の家に引っ越してきてからは、ポールを設置する金具がベランダの手すりのサイズに合わず、ずっとしまいっぱなしです。

それでも、私は鯉のぼりが好きなので、折り紙かなんかで用意しようと思いました。
ところが、家には、折り紙といったら緑と銀しかありません(笑)
娘が黒い折り紙を持っていたので、あとは赤いギンガムチェックの包装紙でいいや、と思いました。
ところが!折ろうとして、折り紙での鯉のぼりの作り方をすっかり忘れていることに気付きました。
そこで折り方をネットで調べてみました。
すると、調べているうちに、もっとちゃんとした鯉のぼりのペーパークラフトの型をダウンロードできることを知りました。
面白そうだと思って割りばしサイズをダウンロードしてみました。
やってみて驚いたのが、かなり高い巧緻性が要求されることでした。
これ、一体対象年齢は何歳からなんでしょう?
そして何歳までできるのでしょ?
私、ギリギリでクリアできた感じ。明日、職場に持って行ってみようかと思ったくらいです。リハビリに使えそう。
そんなわけで完成品がこちら。

DSC02386--1.jpg
割りばしに並んだ鯉のぼりたち

実際はもう一つ黄色い鯉もいるのですが、さらに小さくて難易度が高いのと、鯉のぼりの数としては三つでいいんじゃない?という思いから、こうしました。

でも、なぜ割りばしサイズなのか。
それはもちろん、スネイプ先生に合わせたからです。

DSC02380--1.jpg
スネイプ先生(兜装備)と割りばし鯉のぼり

澄んだ青空の下で撮りたかったんです♪

部活動 - 2010.04.24 Sat

最近夫がジムに通うようになりました。
禁酒と体力作りが目的で、晩酌をやめ夕食の後に出かけていきます。

子どもたちみんなが部活から帰ってこなかった日、夫が「じゃ、おれも部活行ってくるね~」と言ってジムに行こうとしたので、「いいなあ、みんな部活で」と羨望の声を出しました。
すると、「何言ってるんだ、一番部活動に熱心なくせに」と言われてしまいました。
あはは。そうでした~
私も、読書クラブとパソコン部とスネイプ愛好会の掛け持ちで忙しかったんだっけ!

その日も夫を送り出すといそいそと読書に励みました。
妹から電話がかかってきて「今大丈夫?」と聞かれたので、「みんな部活でいないから大丈夫。私も読書クラブで活動中」と答えたら「部活中ごめん」とちょっと呆れ声で言われました(笑)

あー、部活動は楽しいな。
スネイプ愛好会のみなさん(勝手に入会させてる)、これからもよろしくお願いします。

結婚記念日 - 2010.04.23 Fri

今日は結婚記念日でした。
家族の誕生日は最優先しなければならない行事と我が家では位置づけられていますが、結婚記念日は夫婦さえ揃えば良いという感じ。今年の宴は本当に夫婦二人だけで始まりました。
確かに最初はそうだったし、子供たちが小さい頃はどちらかのおじいちゃんおばあちゃんに預けて夫婦でディナーに出かけて行きましたが、今年は家に居ながら二人だけで祝いました。みんな部活などで帰宅が遅いためです。
だんだんこうなって、そのうち本当に二人だけになるのだろうな、と思いながらも二人で楽しく飲んでいました。

ふと目に留まったのが、ビールの缶に書かれたBREWEDの文字。
思い出すのはあの言葉。
「Brew gloryって意味わかる?」
「何それ?」
「how to brew glory、栄光を醸造する方法」
「?」
「スネイプ先生が最初の授業で、教えるって言ってるの。How to bottle fame, brew gloryとか、死に蓋をする方法とか(英語が出てこない)」
「イメージできない」
「初めての授業でこの学問について滔々と演説してるの」
「え?そういう人物なの?陶酔してる?」
「まあね」

とても意外そうなので、どんなイメージを持っているのか聞いてみると。
「何かの命を受けて、自分の意に反することをしている」というイメージだそうです。
ちなみに夫は本は1巻の8章まで、映画も1作しか見ていません。
「ふうん、なるほどね」と答えながら、ちょっと驚きを隠せませんでした。

あらあら、折角の結婚記念日、話題がまたスネイプ先生になっちゃったよ♪どうにも三角関係っぽさに巻き込まれてしまうね、スネイプ先生は。

イントロ - 2010.04.22 Thu

先日、夕飯の準備をしながら、ふと気付くと「津軽海峡冬景色」の一部を口ずさんでいました。
そばにいた夫が、「なぜその歌?」と不思議そうな顔をしました。
私が鼻歌を歌うことは決して珍しくないけれど、演歌を口ずさむなんて確かにとても珍しいことです。
最近よくその歌が頭に流れるような気はしましたが、自分でもなぜなのかよくわからず、「何でだろう?」答えました。

で、今朝、なぜなのか判明しました。
イントロのせいでした。
ある曲が頭の中で流れているのに、その曲をうろ覚えのため、途中から津軽海峡のイントロになってしまうんです。
その曲はここ数日、しばしば頭に流れる曲なんです。

その曲というのは……。

頂き物 - 2010.04.21 Wed

シラスをたくさん頂いたので、今日の夕食はシラス丼にしました。
20100421184921[1]
温泉たまごと小ねぎと共に
これに根菜類の煮物と味噌汁が付きました。

夕飯の後、今日はもうひとつ頂き物がありました。
今日中に食べるよう言われたので食べます♪

20100421195802.jpg
ぺこちゃん焼き

東京の飯田橋神楽坂店だけで売っているらしいです。
今日までペコちゃん焼きの存在すら知りませんでした。
たいやきみたいと説明書に書かれています。
開けてみたらこうなっていました。

20100421195934.jpg
なんかコワイ(汗)

説明書にも「かわいい?こわい?コワイイっ!」と書かれています。
20100421211837.jpg

コワイイ?

今日は美味しい頂き物でお腹も心も満たされました♪

火山の影響 - 2010.04.20 Tue

アイスランドの火山噴火の影響はまだ続いているようですね。
噴火直後、イギリスの空港が全部閉鎖されたと聞いた時、一日限りのことだろうと勝手に楽観していたのに、いまだにイギリスの空港再開の目処が立っていないとは。フランスやドイツなどはすでにだいぶ運航が再開されたのに。

元同僚が明日から1ヶ月の予定でイギリスに短期留学することになっていて、私を激しく羨ましがらせていたのですが、出発が危うくなった今、計画がどうなるのかとても心配です。

しかし、出かけたきり戻ってこられなくなった人の心労はさらに激しいに違いありません。日本から母国に帰れなくなった外国人もイギリスなどから帰れなくなった日本人も、一体どんな気持ちでこの数日を過ごしたことでしょう。
これは本当に他人事ではないと思いました。

今まで3回イギリスに行きましたが、そのいずれかの時に火山が噴火しなかったとも限りません。
2回目の時は友の会のメンバーや添乗員さんがいたから何とかなったかもしれませんが、個人で行った時、特に最初に行った時の英語力では、とてもそんなハプニングを乗り越えられる自信がありません。3回目に行った時は訪問担当でしたから、帰国出来なかったら、患者さんにも多大な迷惑がかかったことでしょう。考えただけで恐ろしいです。

きっとそんな人が山ほどいるに違いありません。
人々が、早く、安全に、目的地に到着できますように。

あたたかい日 - 2010.04.18 Sun

今日は私の誕生日です。
家族が特注のケーキでお祝いしてくれただけでなく、何人かの友達からお祝いのメッセージが届きました。
遊びに来た息子の彼女から花束をもらった時には本当に驚きました。
DSC04109-1.jpg
シックな色合いの花束

息子が教えたのでしょうか。
二人の気遣いがとても嬉しいです。

遠方からプレゼントも届きました。
DSC04097-1.jpg
ランタンとカードゲーム

カードゲームには、私好みの妖しい雰囲気が漂っています。
DSC04124-2.jpg
大鍋に怪しげな水薬を注ぎ込むローブ姿の男性

背後の棚には、色とりどりの薬の入った瓶が並んでいます!
余談ですが、私がイメージするスネイプ先生のローブはこんな感じ。しかし、調剤のやり方はもっと繊細だと思います(笑)この高さから注ぎこんでは飛び散って正確に量る意味がなくなります。実際飛び跳ねてるし。

さて、カードは4種類の魔法薬が描かれています。
DSC04112-1.jpg
緑と紫と赤と青

う~ん、紫じゃなくて黄色だったら寮の色でしたね。
しかも、緑だけが「毒」なんです!

で、カードの数字によって薬の量も違います。
DSC04113-1.jpg
赤い薬の1(最小値)と7(最大値)

カードの裏側はこんなデザイン
DSC04118-1.jpg
ちょっと闇の匂いを感じる絵

雰囲気作りに使ってと言われたランタンに灯をともし、いつも見ている大河ドラマを録画して遊びました。
家族5人揃ってカードゲームをしたのは何年振りでしょう!

DSC04132-1.jpg
アロマキャンドルが香り、良い雰囲気♪
約1時間に渡るプレイ中、ずっとこんな感じでした。

三つの鍋(場)にカードを順番に入れて行き(最初に入れられた色と同じでなければならない)、その鍋内の合計の数字が13を越えたら最後に入れた以外のカードを引きとらなければならず、それは後に減点となって勝敗を決めることになる、というルールです。
減点の規則がちょっと複雑なので、必ずしもたくさんカードを引き取ったから負け、というわけではありません。その辺の駆け引きが面白いゲームです。実際、腹の探り合いがとても面白く、トランプとは一味違う興奮が味わえて楽しかったです。

誕生を覚えていてくれてメッセージを送ってくれる人がいて、私の好みを考えてプレゼントを用意してくれる人がいて、祝ってくれる家族がいる、というのは本当に幸せなことです。今年も温かい気持ちで誕生日を過ごすことができました。

greasy  - 2010.04.17 Sat

寒暖の差が激しいこの頃、昨日は雪が降るほど寒かったけれど、その何日か前は暑いくらいの日も確かにありました。
そんな日はてきめん、顔がテカテカとあぶらぎってきます。それを鏡で見ると、暖かくなったなあと感じると同時にスネイプ先生を思い出します。

スネイプ先生の容姿が繰り返し強調して書かれたのは、先生に嫌悪感を持たせることが狙いだったと私は考えているのですが、脂ぎっている(greasy)というのは、イギリスでは嫌悪感を持たれるものなのだろうか?という疑問は以前からありました。

どうも髪が脂ぎっている(greasy hair)ことは、気持ちの悪いものかのような言い方ですよね?
シリウスが、4巻でスネイプ先生の学生時代を振り返った時、「気味の悪い、べっとりと脂っこい髪をした子供だったよ。あいつは。」(4巻27章p.264)‘Slimy, oily, greasy-haired kid, he was’(UKペーパーバック版p.577)と言っているし。
2006年11月に、oilyとgreasyの違いについての疑問を書きました。
シリウスは両方使っていますが、基本的にスネイプ先生の髪を表現する時に使われるのはgreasyの方です。

で、長年の疑問を尋ねる時がついにやってきました!
昨日の英会話のレッスンで英国人の先生に、oilyとgreasyの違いはなんですか?と聞いたのです。
液体と固体の違いの意味もあるけど状況にもよる、そのあとどんな言葉が続きますか?と聞かれ、hair―oily hairとgreasy hairだと付け足しました。
すると、oily hairにはネガティブな印象はなく、ナチュラルコンディション、髪質の種類の一つというイメージがある、とのことでした。ドライスキンとオイリースキンと同様に皮脂の分泌の多い髪、という印象だそうです。
一方、greasy hairの方は、髪を洗わないで汚れた状態の時に使われるそうです。unclean(不潔)だと(泣)
ああ、だから以前ブリティッシュヒルズで自己紹介した時スネイプ先生が好きだと言ったら、外国人の先生に「あんな髪を洗わないような人が好きなの?」と言われたのだと納得しました。
私としては、できれば髪質の問題だと考えたかったのですが。
やっぱり洗ってなかったのかあ……。

パジャマパーティの時にもこんな描写があったっけ。
スネイプのねっとりしたこめかみに、青筋がピクピク走るのをハリーは見た(4巻25章p.174)Harry could see a vein flickering horribly on Snape's greasy temple.(UKペーパーバック版p.513)
これも寝起きであぶらの浮いた顔を想像していましたが、洗ってないことを表す言葉だったのでしょうか。
ひどーい!不潔に見せる意味がわかりません。
いくら嫌われキャラだってそこまでしなくても良かったのに~

ダンス - 2010.04.16 Fri

今日、1Q84のbook3が発売されましたね。
私はほとぼりが冷めた頃に買って読もうかと思っています。

私が村上春樹の作品を読んだのは、実は1Q84が初めてでした。
それまでにも話題の作品が出版されるたびに、読んでみようかなとは思っていましたが、そもそも読書の優先順位が低かったので、なんとなくそのままになっていました。読まず嫌いというわけでは決してなくて。
読んでみて結構面白かったので、他の作品にも興味を抱きました。
で、次に読んだのが「ダンス・ダンス・ダンス」です。
4062749041ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)
講談社 2004-10-15

by G-Tools


昨日のブログを更新した後、読み終わりました。

4月半ばなのに - 2010.04.16 Fri

今日は異常に寒かったです。
うちの辺りでも、午後、みぞれかあられかわかりませんが、確かに雨以外のものが降りました。
温暖な地なので、4月半ばにこんなに寒かった記憶はないです。
夕方6時になっても十分明るい季節となったのに、そうとは思えない服装で人々が行き交う様子を、不思議な気分で見ていました。

軌道修正 - 2010.04.14 Wed

今日、夫とシャーロック・ホームズを観てきました。
映画は面白かったし、二人で遊ぶのは楽しいです♪


昨年末、母校での講義を引き受けると決心した時、「勉強に集中するために、スネイプ先生のお誕生日会の報告が終わったらブログを休止しようかと思う」と夫に話したことがありました。
すると、「だったら講師の方を断れ。スネイプ先生を語るのとどっちが大事なんだ?」と言ってきました。
私の優先順位を良く知っている夫です。
なるほど、と納得して結局どちらも選択し、現在に至ります。

また、先日私があるテレビ番組を録画した時のこと。
ビデオデッキのハードディスク内のタイトルリストに、見慣れない番組名があることにいち早く気付いた夫が「何これ?」と聞いてきました。
曖昧な返事をする私から何か察するものがあったらしく、さらに問い詰めます。
私が仕方なく、「スネイプ先生っぽいキャラクターが出ていると聞いた」番組だと白状すると、馬鹿馬鹿しいと、鼻で笑われてしまいました。
いくらスネイプ先生っぽくても、スネイプ先生じゃないだろう?という理屈です。ごもっとも。
私がちょっと脇に逸れそうになるとこうしてすぐに修正が入ります
架空の人物とはいえ、よその男を一途に想い続けるよう軌道修正してくれるという夫も、珍しいです。(本当は私にとって一番優先順位が高い、ということがわかっていての余裕?)

32章の終り - 2010.04.13 Tue

昨日いただいたコメントから、アラン・リックマンさんはもうだいぶ前にスネイプ先生の最期の場面の撮影を終えていたことを知りました。
とっくに知っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、知らない方のために、教えていただいたサイトを続きからリンクしておきます。




見る角度 - 2010.04.11 Sun

昨日、プロフィールの画像を「お花見スネイプ先生」にしたけど、ちょっと時期が遅かったかな。1週間前の画像だし。
といっても、うちの辺りのソメイヨシノの盛りが過ぎただけ、まだこれから見頃の種類も地域もあるからもう少しこのままにしておきます。
結構この写真のスネイプ先生の角度気に入ってるんです。
見る角度によって色々表情が違って楽しいです。

ハリーが入学したばかりの頃って、スネイプ先生との身長差はかなりあったんじゃないかと思います。ハリーは元々小柄だったし。
廊下などで近くに立って話す時、ハリーにはどう見えたんでしょう。
こんな風に顎や鼻を下から見ることもあったんじゃないでしょうか。
例えば、1巻で『クディッチ今昔』を取り上げられた時とか、2巻の新学期に車で学校に来て、すぐ背後から声をかけられて振り向いた時とか。
また、3巻で、ホグズミードにこっそり行ったのがバレそうになった時(『余った羊皮紙の切れっぱし』を暖炉に入れようとしてハリーが慌てた時)、「細長い鼻の穴をひくつかせた」という表現があるから、ハリーは下から鼻の穴を見たのではないかと思っています。
同時に顎も下から見えたでしょうし。こう書いていて、スネイプ先生の顎を下から見る、というのがすごく素敵なことに思えてきました!
下から見たい!

学年が上がるにつれ、見る角度も少しずつ変わっていったんじゃないかと思います。ハリーは5年生から6年生になる間に30cm背が伸びたということなので、きっと6年生の頃は、ほとんど同じくらいかそれ以上の身長になって、鼻の穴や顎のラインより、正面から鼻梁を見ることが多くなったかもしれません。それはそれでいいな♪
あー、色々な角度からスネイプ先生を見ることができたハリーがすごく羨ましいです。ハリーは別に嬉しくもなんともないでしょうけど(笑)

夜更かししてたら - 2010.04.11 Sun

The Leaky Cauldronでアランリックマンさんの記事見ました!

Deathly Hallowsのリックマンさんの撮影、終わったみたい。
ええええ~!
どんな風になってるんでしょう!あの場面!

いつもなら1時間以上前に寝てるんですが、今日はちょっと夜更かしていつもは行かないところに行ったばっかりに、興奮しずぎて眠れそうにありません。

古いメール - 2010.04.10 Sat

PCの自分専用のメールアドレスを3つ持っています。
fc2ブログはブログ一つにつき一つのメールアドレスが必要になるので、アカウント3つ取りました。
そのうち二つが、gooメールです。
有料版と無料版の一つずつ。
お使いの方はおわかりでしょうが、gooメールが3月31日にリニューアルしたんです。
いまだに使いにくくて困っていることはここでは置いておいて。

過去の送受信のメールのデータの移行は、有料版から優先的に行われる、ということで、まず有料版の方のデータが全て移行されました。
驚いたことに、今まで1ページ30件(だったかな?)で何ページにも分かれての表示だったのが、1ページで全て表示されるようになりました。
今現在573件の受信メールのタイトルが全部表示されます。
時間がかかります。

それでも最初にいただいたメールはいつだったっけ?とついスクロールしたくなります。
最初は2005年の5月8日のメールでした。ほぼ5年前ですね。
5月4日に最初のブログを開設して、それを見た方からのメールでした。
そうやって古い方から順番に見ていくと、実にたくさんの方、主にオンラインで知り合った方々から、メールをいただいたことがわかって感無量でした。
今はお付き合いのなくなってしまった方からのメールもたくさんありました。
もしかしたらメールを送れば届くかもしれないけれど、もうサイトを閉じてしまわれた方にそれも御迷惑でしょう。どうしていらっしゃるのか、とても懐かしく思いました。
ハリー・ポッターとかスネイプ先生というたったひとつの繋がりが切れたらそれっきり、というのもちょっと寂しい感じです。
それをきっかけに、いくつかは強い絆となって残って欲しいな、としみじみ思いました。

後回しの限界 - 2010.04.09 Fri

元々は、やらなければならないことや面倒なことははさっさと済ませ、後でのんびりするのが好きだったのに、最近、面倒なことを後回しにする傾向が出てきました。
しかし、元来の真面目な部分も多少残っていて、やらなければならないことを完全に無視して楽しむことも困難です。
母校で講義する日が迫り、そろそろ面倒なことに着手しようか、と軽く調べ始めたら、あまりの奥の深さに愕然としました。
これは本腰入れてやらないと痛い目見そうです。
スネイプ先生を見習って、しっかり準備しておかなければ。
今更ながら、スネイプ先生の偉大さが良くわかりました。
明日から勉強に集中します。(明日から?)

未読状態!? - 2010.04.08 Thu

一つ前の記事を先にお読みください。


前の記事を投稿してしばらくしてから、ヤフーニュースで「ハリポタ続編は10年後に計画?」というタイトルを見つけ、呼吸が荒くなりました。
もう、エイプリルフールは終わりましたよね?
ということは、今もリアルに未読状態!?
びっくり!すごくタイムリー!

続編がいつか書かれるなら、回想であっても良いから、まだ知らないスネイプ先生の描写が加えれらますように。どうかどうか、お願いします。ローリングさん!
やばい、すごくわくわくしてきた!
10年でも20年でも待ちますよ~

未読状態 - 2010.04.08 Thu

今年新一年生となった長男も次男も、学校からの配布物に電子辞書の購入を勧めるお知らせが入っていました。
時代が変わったねえ、と夫と話しながら、紙の辞書を最後に愛用した頃を思い出していました。

私の紙辞書時代の最後を飾ったのが、ハリー・ポッター6巻原書を読んでいた時です。
(7巻が発売される4ヶ月前にイギリス旅行のために電子辞書を買ったので、7巻は初めから電子辞書を使って読みました。)
原書を読もうとしたのは6巻が最初ですから、20年以上ぽつりぽつりと使っていた辞書が最後に一花咲かせた格好になりました。
しかも、旅行や学会など遠出をする際も移動中や夜寝る前などに読もうと、辞書も本も両方持って行ったので、ものすごく重い荷物になってしまっていました。原書と辞書合わせて1400g、という記録もこのブログ内に残っています。

それを思い出して、思わず「あー、あの時は良かったなあ」と口にしてしまいました。
「今だって良いだろう?」と訝る夫に、まだ結末を知らないで、どうなるだろう?と考えていられた幸せを語りました。
6巻2章のスピナーズ・エンドとか、8章の勝ち誇るスネイプ、なんかを読んでいるあたり、最高の気分でした。
6巻の最後に張り手を食らわされましたが、それまでは、スネイプ先生の授業での愛のこもった語りとか、クリスマスパーティでスラグホーンの腕が肩に回されたりとか、ドラコを叱責する様子とか、傷を治す姿とか、謎に満ちて格好良くて、本当にドキドキしました。
そして、何通りもの結末の可能性を秘めていました。
今になってみると、そこが一番良かったなあ。

そう言うと、夫は「羨ましい?」と聞きました。
まだ結末を知らない自分が羨ましいかと言うのです。
「そりゃもう!羨ましいっっ!」
「じゃあ、可能なら、脳を交換したい?」
「それは別に……。トンネル好きになるだけじゃん」
「あー、俺もスネイプ人形持って秋葉原に行くような人にはなりたくないな」
何それ!?夫の認識ってそうだったの?
スネイプ人形持ってイギリス行った、の方がずっと素敵な響きでしょう?
そして出した結論。
人格はそのまま、ハリー・ポッターの本の内容に関する記憶だけ交換すればハッピー!ということで。
何度でも恋に落ちる自信があります!

空気読み - 2010.04.07 Wed

先日、『空気読み。DS』というゲームをしました。
次男のゲームを夫がプレイし、「ぜひやってみろ」と勧めたからです。

このゲームを説明するのは大変難しいです。
何をしたら良いのか、ちょっとわからない感じ。
100問の問題に一つ一つ何かしらの操作が必要なのですが、何をするかはその場の雰囲気次第、空気を読む必要があるのです。
画面には操作するべき「お前」が描かれていて、その場面の他の人や物の動きから、するべきことを推察し、動かしてやるのです。
例えば、電車などに座っていて、両脇が一つずつ空席で、そこに二人連れが乗ってきたときどうするか。右か左に「お前」がずれれば正解のようです。
集団の中でみな一斉に拍手した時には、多分「お前」も一緒に拍手するのが正解だと思われます。
正解だったかどうかは、ちゃんとフィードバックしてくれないので、何問かに一度、評価されることによって、どれかが間違っていたのだな~と思う程度。

目の前にいきなりタンポポの綿毛が描かれているだけ、「お前」が表示されておらず、一体何をすべきか読み切れないこともありました。
操作もボタン、タッチペン、マイクなど様々です。すべきことがわかっても、どの操作でその動作をするのかわからず、色々なボタンを押したりタッチペンで触れたりしているうちに、次の問題が始まってしまうこともしばしばありました。短時間に色々判断しなければならないのが面白いです。
周囲の人々と同じ行動をとったり、あえて別な発言をする思いやりを求められたり、何度か繰り返せば高い評価は得られるでしょうが、やはり一番楽しめるのは初回だろうと思います。


そんなゲームをして間もなく、職場の朝のOTミーティング終了後、A君が突然片手を前に差し伸ばしました。
大きなテーブルをOT6人で囲んで座ってミーティングするのは毎朝の日課ですが、こんなことは初めてでした。
しかし、私を含め残りの5人は、すぐさまそれに反応して、それぞれ手を伸ばし、A君の手の上や下に重ねました。すると、A君が「おう!」という掛け声をかけ、皆も「おー」と合わせて、気合いを入れました。
ゲームの雰囲気もこんな感じです。
私は思わず「みんな空気読めて偉いね~」と言ってしまいましたが、現実の世界でこそ、唐突な事態の変化に一瞬で対応することが求められるのだ、と実感しました(笑)

一番泣いたのは - 2010.04.05 Mon

今ごろ新しい投票に気づきました。ポッターマニアさんの。
7巻で一番泣いたのは?って……。
選択肢に二つスネイプ先生関連があって、どうしよう?迷う!と思ったけど、よく考えたら、答えは簡単でした。
私、32章のダメージが大きくて、33章、感覚が鈍っていたんだっけ。
ずっと泣き続けていたけど、それは32章の悲しみを引きずってたからで、真の33章の内容で泣いたのは、もっと後になってからでした。
32章、悲しすぎる。

先生超え - 2010.04.05 Mon

先日、息子の入学式で聞いた言葉が印象的でした。
「教師というものは、自分にできないことを生徒にやらせるものだ」
「棚上げをするものである」
「自分を超える者を作りださねば縮小生産になる」
とかいう内容です。
全くその通りだと思って聞いていました。
子育ても『棚上げ』だと夫婦で以前から言ってました。

しかし、スネイプ先生を超えるのはすごく難しそう。
でも、やっぱりスネイプ先生もそういう気持ちでやってたんじゃないかなーと私は思っています。
ハーマイオニーの答えを「教科書丸写し」と言ったのだって単なる意地悪ではなかったと思うんです。
教科書を丸暗記しているだけなら、何の発展もない、自分で考えて自分の言葉で答えよ、という意味を持たせていたと思います。
現に、間違いのある教科書に従ったまま疑いも持たず、プリンスに劣るものしか作れなかったハーマイオニーですから。
ハーマイオニーはその後、スネイプ先生を超えられたのでしょうか。
ネビルが良い先生になったのだったら、それもスネイプ先生の計算のうちだったと、私は思いたいです。

マジクエスト - 2010.04.04 Sun

hajime*mamaさんのブログで、マジクエストなるものを知りました。
体験型RPGアトラクションらしいです。
東京ドームシティにもあるらしいです。
詳しくは、こちらをご覧ください。

なんでも、杖(ワンド)を購入して登録してゲームを進めるらしいのですが、名前も登録できるとか。
これはもう『セブルス』と登録するしかないと思いました。
ものすごく私好み~。絶対行こう!と心に決めました。
東京ドームシティにすら一度も行ったことないけれど。

子どもたちを誘ってみましたが、さすがに大学生や高校生にもなると、母親と行くのは遠慮したい様子。
サイトの画像などを見ると、ちびっこが杖を振って魔法をかけているし、そもそも大の大人が行く場所じゃないのかもしれません。
と思ったら、hajime*mamaさんがおっしゃるには、大人の一人参加も結構あるとか。へええ~。じゃあ一人でもいってみようかな。
でも、カップルで1本の杖を交互に使う、という楽しみ方も示されているし、グループで1本でもいいということだから大人の友達同士とかオフ会なんかでも使えるんじゃないかな。

というわけで、誰か二尋と遊んでやってもいい、という奇特な方がいらっしゃいましたら、ぜひメールからお知らせください。
私は本気です。一人でも行きます(笑)

桜咲く - 2010.04.03 Sat

先日長男の入学式に行ってきました。
私たち夫婦と長女は同じ大学でしたが、長男は違う大学なので、どんなところか見ておきたくて夫婦で出席したのです。

息子の大学も私たちの大学も、創設者は同じ時代を生きた人で、それぞれ大変歴史のある学校ですが、その教育理念というものが全く違い、つくづく面白いなあと思いながら学長のお話を聞いていました。
こうやって、日本各地の各学校で様々な理念に基づいて学び、自分の考えを持つようになった若者が、社会に出て交わっていくというのは、なんだかとても頼もしいような気がします。

式が終わった帰り道、桜のきれいな公園があったので立ち寄りました。
シートを敷いてお花見をしているグループがいくつかありました。
私はおもむろにスネイプ先生人形を取り出しました。
はい、こんなこともあろうかと、用意してありました(笑)
さらに、鞄から小道具も取り出すと、夫は、「入学式がメインなのか、撮影がメインなのか」と聞きました。
もちろん入学式がメインですよ。当然じゃないですか~
「この鞄、なんでこんなに重いの?」とたびたび聞かれても黙っていた理由がわかってもらえたようでした。

撮影の方は、夫は八海山の時と同様、カメラマンになりきって冷静に色々な角度を指示し、さくさく進めていきました。
八海山の時と違ったのは、周囲の人が私たちの様子を見る余裕があったことです。
スキーをする人たちは、異質な者をちらりと見ることはしても、自分の楽しみで精一杯で、あまり関心を示しません。
しかし、お花見の人は、桜を見ながら食べたり飲んだりしゃべったり、と割と余裕を持ってそこに居るので、いい大人が人形を持って真面目に撮影する姿は、奇妙に映ったに違いありません。
視線が痛かったです(汗)

でも、頑張りました!
DSC04082-1.jpg
桜を見上げるスネイプ先生

DSC04090-1.jpg
桜とスネイプ先生と八海山(吟醸酒)

日本酒が重かったんですね~
スネイプ先生と日本酒300mlの瓶を鞄に忍ばせて、入学式に参列していた母親って、日本中探しても私くらいしかいないと思います。
(それでも「メインは入学式」と言い張る)

お友達紹介バトン - 2010.04.02 Fri

鬼百合さんから、バトンをいただきました。
わーい、バトン久しぶり~
以下、できるだけ真剣にお答えしていきますね。

お友達紹介バトン☆
※このバトンは回してくれたお友達を紹介するバトンです
※アンカー禁止、送り返しか回された方は何回でも答えましょう
※ 質問部分の【】にはお友達の名前を自分で入れましょう
バトンを回してくれた人→鬼百合さん

001:まず始めに【鬼百合さん】との関係は?
親子(嘘です)
スネイプ先生を愛する同志です。

002:初の出会いは?
(暴露しちゃっていいのかな?)
かなり前でいつだったか思い出せなかったのですが、そこはちゃんと記録が残ってました。2006年5月6日でした。約4年のお付き合いだったのですね♪
ちなみに学生セブルスのローブが捲れたらいきなりパンツが見えた、そのパンツが灰色だった、という件に関する記事にコメントいただいたのが最初です(汗)

003:【鬼百合さん】は女性?男性?
女性です。

004:見た感じどんな人?
可憐な少女。

005:【鬼百合さん】の長所を3つ
物事を深く考えるところ。
人を見る目が優しいところ。
向上心の強いところ。

006:逆に短所を3つ
人さまの短所を語れるほど偉くないです。

007: 【鬼百合さん】を色で表すなら?
ペパーミントグリーン

008:では動物なら?
う~ん。フェレットかなあ(ドラコ?)

009: 【鬼百合さん】はモテそう?
性別に関係なく年上から可愛がられそう。

010:1番の思い出は?
去年のスネイプ先生のお誕生日会で、私の練りに練ったマニアックなクイズに次々と正解し、見事優勝してスネイプ先生姿でろうそくの火を吹き消したこと。
さすが!よく読み込んでいます!

011:喧嘩したことは?
ありません。

012:ラブコールをどうぞ
年が離れているのに、友達と言ってくださって本当に嬉しいです。
スネイプ先生を見る目の鋭さ、優しさにはいつも脱帽しています。
4年もの間、意見交換しつつ一緒に愛を深めていった貴重な同志だと思っていますが、スネイプ先生を抜きにしてもお友達でいたいな、と思っています。

013:それでは、あなたのイメージに合うお友達10人にバトンを渡してください
さーて、これはどうしようかな。
スルーしたり、ハリポタキャラにしようかとも思ったけど、ここはオフで2回以上会ってしっかりお話したことのある方で考えてみようかと思います。このブログを見ていないとわかっている方やブログやサイトを持っていない方も含みます。
わかりにくいものには注釈をつけます。
最後の「気になる人」だけは、会ったこともネット上でお話したこともありません。

優しい人→クロノさん(特にスネイプ先生を見る目が)
面白い人→natchさん(会話中、笑う所でもないのに笑いたくなる)
頼りになる人→kmyさん、果穂さん(私の弱点を補ってくれる)
繊細な人→Nちゃん、ふっきー(細やかな心配り)
明るい人→はるかママあっちさん(回りを照らしています)
気の合う人→きじゅさん(会話が進まなくても気を使わない)
不思議な人→岐阜のリーマスさん(スネイプ先生が好きじゃないなんて不思議。というのは冗談で、不思議な強いオーラがある)
センスの良い人→橘さん、一砂さん(仮装のセンスはピカ一)
アクティブ→カトルカールさん(追っかけも、夢に向かう姿も)
気になる人→ブログの更新によって生存確認している『あなた』。次の更新がありますように……。

あ、10人超えちゃった。
もちろん、スルーして下さって構いません。
バトンって意外と頭使いますね。でも、面白かったです。
回して下さった鬼百合さん、ありがとうございましたー!

4月1日 - 2010.04.01 Thu

今日から新年度が始まりましたね。
リハビリテーション科では、助手のH君が辞めた以外、今年もPT・OT・STの出入りがなかったので、色々制度が変わった割には、いつもと変わりないスタートとなりました。
それでも他部署では、ナースなど新人も入ったので、院内巡りの集団に時々出くわし、「お!」とちょっと新鮮な気持ちになったりしました。

新年度が始まった、とは意識していましたが、今日がエイプリルフールであることはすっかり忘れていました。
だから、帰宅後、いつものようにポッターマニアさんを見に行った時も、何も考えず目にとまった記事のタイトルをクリックして、そこでようやく嘘だったと気付かされました。
今年も、してやられましたよ!

最初に気付かなかったのは、目に留まった記事がそれほど奇抜でなかったせいかもしれません。
テーマパークに日本から2組4名招待、なんてありそうじゃないですか!
エマちゃんがヌードとか言ったって、きっとロンがスリザリンのロケットに幻を見せられている場面だろうと疑いもしなかったし。だってそこダニエル君は本当にヌードなんでしょう?
でも下の方にスクロールしていって、ようやくいかにも嘘くさいタイトルが出てきました。
ファイアボルトがリコールとか、ふくろう郵便民営化見直しとか、フォークスがトキの産卵を手助けとか、今年らしい風刺も効いていて面白いです。毎年毎年よく考えるものだと感心しています。


私が最も興味をもったのが、ハリポタグッズ。
なりきり「セブルス・スネイプ3点セット」です。
黒マント+ねっとりした黒髪エクステ+闇の印タトゥーって!
闇の印と来ましたか。
つけ鉤鼻という手もあると思いますが、なりきりたいです。

あと、原書のタイトルのパロディー、7巻の『師の悲報』にはちょっとドキッとしました。
あながち嘘とも思えません。
「余りにも突然の死」、「泣く教え子たち」
というのが本当だったら、と思ってしまいました



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)