topimage

2012-01

祝う心 - 2012.01.31 Tue

今日はやけにアクセス数が多いと思ったら、昨日役者さんの名前を二人も書いたことが原因と判明(特に、“海の男”の方)、その影響力の大きさに驚いています。
以前は、スネイプ先生だけでもそのくらいの検索数はあったのに…と思うと複雑です。

さて、昨日はリリーの誕生日でしたが、今日はその話ではなく…。
同僚のTちゃんのダンナさんも最近誕生日だったそうです。
結婚後初めて迎えるダンナさんの誕生日とあって、Tちゃんはメッセージを書いたカードを花瓶か何かの下に隠し、夜中の12時、日付が変わった瞬間に「ちょっと花瓶の下見て」とか言って発見させるサプライズを用意したのだそうです。
なんて素敵なサプライズ!
ダンナさんが発見した時の驚きと喜びはもちろん、それを期待してワクワクしているTちゃんを想像するだけで幸せな気分になってきます。

その話を聞いて、私は自らを省みて恥じ入りました。
そんな素敵なサプライズ、一度も用意したことないどころか、考えてみたこともありませんでした!
結婚して最初に迎えた夫の誕生日は、Tちゃんと同様結婚して8ヶ月余り経った頃のことでしたが、妊娠3~4ヶ月くらいの頃で、ひどいつわりに苦しでいて、それどころではなかった気がします。
その後もプレゼントは毎年のように用意しているし(今年だってちゃんと渡しました)、ケーキとお寿司でお祝いしているけれど、なんというか喜ぶ様子を想像してワクワクする感じは、とてもTちゃんには及ばない感じ…。
しかも、ここ数年はスネイプ先生の誕生日の準備に熱心な私に「ボク(普段の一人称はオレです)の誕生日はいいから、スネイプ先生のパーティの方を頑張って」というチクリと胸を刺す言葉を毎年続けて言われています。誕生日がスネイプ先生の四日前なのです。
多分、おざなりにされてる感があったに違いありません(汗)
そう話したら、Tちゃんに「かわいそー!」と言われてしまいました。
全くです。
次からは、もっと気持ちを込めてお祝いしようと心に誓いました。

海の男 - 2012.01.30 Mon

先週末、娘が所用で帰宅し、三日ほど滞在し、今朝戻っていきました。
昨晩は、一緒に大河ドラマを楽しみました。
娘は『平清盛』が気に入っている様子で、始まる少し前、しばらく感想を述べ合いました。
なかなか面白いよね、と意見が一致しました。
主役の清盛を演じる松山ケンイチさんは、どことなくウチの長男に似ていて親しみが持てるし、ドラマの清盛にはキャラクターとしても魅力を感じます。
今後どのような人物としてが描かれるのかとても楽しみです。

ところで、私には清盛以上に気になる人がいます。
鱸丸(すずきまる)という漁師です。
でも、鱸丸はただの漁師とは思えません。
なぜなら演じる役者さんが、結構大物(上川隆也さん)だからです。
きっと何かあると思いつつ、毎回彼の出番を楽しみにしています。
驚くのは、鱸丸が若者にしか見えないこと。
一体どうなってるの?と思うくらい。
役者さんって、すごいなあ。

「鱸丸、かっこよくない?」と娘に聞いたら、同意が得られ、調子に乗った私は続けました。
「衣装も良いよね、特に頭に布を巻いてるところが」(趣味です。スネイプ先生の頭にも布=包帯を巻かせたくて仕方ないです)
「ジャック・スパロウみたいだよね」と娘。
「おおー!そうだよ!ジャックっぽいよ!」と私は思わぬ共通点に大感動!
漁師と海賊、洋の東西という違いはあれど、若干小汚いところも含めて(笑)どこか似た雰囲気があると思いました。
海の男って何か似た雰囲気を持つのでしょうか?
鱸丸、ますます目が離せなくなりました。

ミッションの目的 - 2012.01.29 Sun

私にとって『ミッションインポッシブル』の理解が難しかったのは、ミッションの内容を観客も1回しか聞けないことが原因の一つだったと思っています。
「このメッセージは、5秒後に自動的に消滅する」というのは、毎回のことのようですが、主人公は、聞き取れない部分があったり、理解が難しい部分があったりとかしないのでしょうか?ちゃんと聞き取って理解するのがお約束なんでしょうけれど……。
いくら優秀で訓練されていると言っても、ミッションの内容は重要だから間違いの無いよう、二重三重のチェックって必要な気がするんですけどね。

以下ちょっとネタバレ。

変温動物 - 2012.01.28 Sat

英会話教室のトイレの便座を温めたものが何か考えているうち、バジリスクを思い出しました。
トイレのドア以外から出入りできる生き物って何だろう?と考えたら、秘密の部屋に通じるパイプはトイレにあったことに思い至ったのです。
バジリスクが便座に乗っている様子を想像するとシュールで笑えます。
もっとも、バジリスクの大きさ(樫の樹のように太い胴体、ゆうに6mはある長さ)を考えると、日本の狭いトイレの便座の上にとぐろを巻くのは不可能に思えますが。
物語の中では、バジリスクは秘密の部屋から大人一人が通れるくらいのパイプを通って移動し、3階の女子トイレの手洗い台付近から校内に出てきたということになると思います。
ハーマイオニーを含む何人かがその姿を鏡や水たまりやカメラのファインダー越しに見たということは、実際トイレから廊下に出て動き回っていた、ということですよね?
やはり、トイレ内でじっとしていたわけではなさそうです。

さて、バジリスクが便座を温める様子を想像して一人で笑った私ですが、すぐに考え直しました。
蛇は、変温動物なので、便座を温めることってできるの?そもそも蛇の体温って、元々どのくらいなの?と。
調べてみると、代謝によって多少の熱は出ているものの、代謝量が少なくて体温は外気温に大きく左右されるということみたいですね。
ということは、寒い室内で、室温よりはるかに高いひと肌の温度まで便座を温めることは蛇には不可能ではないかと、私の中では結論づけられました。
やはり便座を温めたのは、バジリスクでもなさそうです。

温かい○○ - 2012.01.27 Fri

英会話のレッスンでは、毎回のようにこの1週間の出来事を報告します。
生徒が報告し終わると、先生にもこちらから同じ質問をします。
今日の生徒は私一人だったので、私が映画の感想などを話した後、先生に最近何かあったか聞きました。
すると、先生は「今日、怖いことがあった」と言います。
その「怖い」がscaryだったのか、horrorだったのか、既に思い出せないのですが、とにかく、「ちょっと怖い話がある」と言われて、私はワクワクしながら続きを待ちました。

昨晩先生は10:30頃教室を閉めて帰宅したのだそうです。
そして、今朝は10:00教室に着いたそうです。
教室というのは、マンションの1階部分のテナントで、時間外や休日はシャッターが下りています。
で、先生が朝来てトイレに入ったら、便座が温かかったというのです。
つまり、便座を温める機能がないのに、便座が温まっていたということです。
別に人が侵入した形跡もないし、部屋の鍵は先生本人しか持っていなくて家族が入ったとも思えないそうです。
暖房がつけっぱなしだったのではないかと指摘してみましたが、そんなことはなかったと言います。
便座はちょうどひと肌くらいに温まり、まるで直前まで誰かが座っていたかのようだった、と先生は表現しました。
ひぃぃぃ~
一体何が座っていたんでしょう?
先生は、ゴーストではないかと言います。
私は、ハリポタのイメージで「ゴーストは冷たいです」と言い、先生も「その通りです」と言いましたが、実際のところは冷たいかどうかよくわかりません。
外が冷えていたから、それと比較して温かく感じたのではないか、とレッスン後に日本語で言ってみました。レッスン中はとてもそれだけの文章を咄嗟に英語で作りだすことは出来なかったからです。
でもそういうのとも違うそうです。
結局、便座を温めたものは何だかわからなかったそうです。
時々借りていたトイレだけれど、入るのが怖くなってしまいました。

手に汗 - 2012.01.26 Thu

『ミッションインポッシブル』を夫と観てきました。
シリーズ4作目ということですが、私は今まで観たことあったのかなかったのか、よくわかりません。
少なくとも映画館では観たことはないのですが、テレビでは見たような気もするし、それは007シリーズだったような気もするし、でなければ、音楽を何回もテレビで聞いたから見た気になっているだけの様な気もするし。
それでも映画館で観てみたいと思ったのは、先日来日したトム・クルーズが、ドバイの超高層ビルの場面はスタントなしで演じた、この場面のために何ヶ月も前からトレーニングしてきた、と話していたのを聞いたからでした。
世界一高いと言われるビルでスタントなし!?と驚いて、それはぜひ見てみたいと思ったのです。

いやあ、本当に手に汗を握りました。
何事もなかったからこそ来日できたのだと知ってはいるけれど、ハラハラしてじっと座っていられず、思わず姿勢を正したり、両手を握り合わせたり、汗をかいた手を乾かそうと開いてみたり。
今こうしてパソコンに向かいながらもその場面を思い出すと手が湿ってくるほどです。
観客にハラハラして欲しいから、というようなことを語っていましたが、やっぱりそういう思いは伝わるんですね。
今年50歳になるとは思えないほど機敏な動きをしていたし、トム・クルーズって、顔だけじゃなくて色々カッコいいと思いました(笑)

内容の方は、ところどころよくわかりませんでした
「彼はなぜ?……」とか「それはどういうこと?」という疑問が解消されないままどんどん話が進み、また「なぜ?」とか「どういうこと?」と思い、解消されず……。
鑑賞後、夫婦で疑問を出し合って検討し、一応「そういうことか」と納得しましたが。
彼(主人公)は優秀な諜報員だから理解して動いてるんだろうけど、こっちはそれほど優秀じゃないから一回観ただけじゃ理解できません(笑)
でも、面白かった~
夫婦で映画を観たのは、去年の4月の『英国王のスピーチ』以来。
話についていけない部分もあったけど、観終わった後は気分もすっきりして、やっぱり映画館で観る映画はいいよね、と意見が一致しました。

とりあえず - 2012.01.26 Thu


電車にて - 2012.01.23 Mon

今朝の通勤電車で、隣駅から乗ってきた若い男性の声に注意が向きました。
最初は電話で話しながら乗り込んできたのかと思いましたが、じきにもう一人相手が近くにいて時々相槌を打っていることに気づきました。
私の注意がそちらに向いたのは、彼の話し方が私のイメージするセブルス少年の話し方に近い気がしたからです。

私のイメージするセブルス少年がどんな話し方をするかと言うと、オタクの男の子が、自分の得意分野の知識を、相手の反応にお構いなしに一方的に披露するような話し方です。
リリーと出会ったばかりの頃に、ホグワーツや魔法の世界について話して聞かせる様子からそんな風に感じました。ちょっと空気を読めなくて敬遠されかねない話し方なのですが、リリーはたまたまその世界を知らなくて興味津々だったため、セブルスはさらに得意になってしゃべり続けているように私には見えます。

背後の若者は、そんな感じでしゃべり続けていました。
電話で話しているのかと思っても仕方ないほど一方的に。
非常に知ったかぶりというか、世の中ナメているような発言に、「ああ、日本語で話させたらこんな感じだったのではないだろうか」と思いつつ、その話し方の調子を聞いていました。
声の若さから1年目か2年目の社会人かな、と感じましたが、降りる時その姿を見て驚きました。
高校生でした!
制服から判断して、有名な進学校の生徒のようでした。
しかも、その容姿が似ていたんです。私のイメージするセブルス少年に。
というか、私の作ったパペットスネイプ先生に!
青白い顔で、鼻は鉤鼻ではありませんがちょっと西洋人っぽくて、肩までの髪は、おしゃれでそうしたというよりなんとなくそうなったという雰囲気で、脂ぎってはいませんが、フケがついてました!
う!また何かが私を試そうとしている?と思いましたが、フケは想定の範囲です。こんなことでは揺るぎませんよ(笑)
「セ、セブルス!?」と心の中で声を上げ、同じ駅で降りた彼の後を、改札口までちらちら見ながら歩きました(挙動不審)

世の中ナメているような彼は、いつかその鼻をへし折られる時が来るかもしれません。
その時はどうぞお手柔らかに、ぺしゃんこにしないで鉤鼻程度にへし折ってやって下さい、と、“何か”に向かって祈りながら、改札口で別れました。

咄嗟のひとこと - 2012.01.22 Sun

一昨日の英会話のレッスンは、他院のナースRさんと一緒でした。
渡されたプリントで買い物時の会話を練習した後、応用として次の文が与えられました。

A:Excuseme,how much is this( )?
B:It's( )
A:Oh,that's( )
B:( ).Do you need ( )as well?
.
.
.
お店での買い物場面で、Aはお客さん、Bは店員です。
括弧内には好きな単語や文章を入れて会話を成り立たせるのです。
ちなみに、例文では、
「このテーブルがはいくらですか?」
「129ドルです」
「おお!それは安いですね」
「はい、今週は特価なんです。椅子も必要ですか?」
というような会話が続きます。

RさんがA(お客)、私がB(店員)となりました。
Rさんは最初の括弧にpenを入れてきました。
Rさんの言葉を聞くまでは私はなんと答えて良いか決められません。
数字も意外と面倒で、咄嗟の時は簡単な言葉しか思いつきません。
ペンの値段として妥当ではないと知りつつ、私はあえて高額の値段を答えました。$1000(本日のレートで約7万7千円)だと。
それに対して、RさんはOh,that's very very expensive!(とってもとっても高いですね!)と言ってきました。
その返答は想定の範囲でしたが、このペンが高額である理由を考えていませんでした。
「Yes,This is a special……(はい、これは特別の…)」と言った後、ちょっと言葉に詰まったら、先生が助け舟を出してくれて、オーダーメイドペンなんです。と言い足しました。
が、まだ文章は完成していません。さらに、Do you need ( )as well?の括弧内にもpenに合う物品の名前を入れなければなりません。
ここで咄嗟にparchment(羊皮紙)を入れました。
Rさんは parchment が何かはわからなかったので日本語での説明を要しましたが、私は自分の咄嗟のひとことが気に入りました(笑)
この後羊皮紙の値段を聞かれ、$100(約7,700円)と答えたら、やはり驚かれて「要りません!」と言われてしまいましたが(でも実際大きさによってはそれくらいするものもあります)
ああ、でも羊皮紙を思いついたなら、ペンの方もオーダーメイドだから高いのではなく、magical quill(魔法の羽根ペン)だからと言えば良かったです。
咄嗟のひとことって難しい。

丸ごと - 2012.01.19 Thu

同僚の手伝いで、病棟の患者さんを手伝った時、気になる方(男性)がいらっしゃいました。
その方、黒髪がかなりgreasyでいらっしゃいました。
病状によっては洗髪できないし、病院に於いてはそんなに珍しいことではないのですが、本当にねっとりした髪を見たら、やっぱりスネイプ先生もこうだったのかなあ、という気にさせられます。
なんというか、口では「ねっとりした黒髪」とか言っても、かなり美化してイメージしていたんじゃないかな、という気分に。
もっとも、私だけではなく、世間のスネイプ先生ファンの多くが、そうではないかと思いますが。

病人でもないのにいつも髪がこうだったら?
と考え、スネイプ先生への愛を試されているように感じました(笑)
が、そんなことでは揺るがない!と私は私を試そうとした何かに向かって挑むようにニッと笑いました。
sneerにもgreasyもに目を背けずに、内面と同様、丸ごと愛していきたいです。

Sneer - 2012.01.18 Wed

動画サイトで、今まで見たことの無い動画を見ました。
1年以上前にUPされた動画なので、知っている方もいらっしゃるでしょうけれど、私は初めて見ました。
スネイプ先生に関する動画はたくさんありますが、今日、それを見ようと思ったのは、タイトルに興味を持ったからです。
「Top 10 Severus Snape Sneers 」というタイトルに。
Sneerとは、冷笑(する)、嘲笑(する)という意味です。
一体、どんな場面が選ばれているのだろう?と思いました。
動画はこちらです。
6作目までの映画から選ばれています。

下位から順に書き出すと。
10「賢者の石」「企みがあるように見える」と廊下で声をかけた場面。
9「賢者の石」反対呪文を唱える場面。
8「アズカバンの囚人」夜の廊下を徘徊するハリーに父親にそっくりと言う場面。
7「不死鳥の騎士団」アンブリッジの部屋でとぼける場面。
6「謎のプリンス」呪われたネックレスを杖で持ち上げる場面
5「秘密の部屋」決闘クラブ
4「謎のプリンス」破れぬ誓い
3「アズカバンの囚人」人狼の授業でハーマイオニーの発言に対して
2「炎のゴブレット」私語をするハリーとロンの頭をぐいっと押す場面
1「賢者の石」初授業でのハリーとのやり取り

実際見てみると、「?」という感じ。
意外と冷笑っぽくありません。
8位と7位はイメージに近いけれど(8位の夜の廊下の場面は、その後ルーピン先生が現れた時に、「この月夜にそぞろ歩きですかな?」と言ったあたりは、かなりsneerだと思います)、他は私のイメージする表情とちょっと違います。
これが英語圏の人のイメージするSneer?と思って、今度はSneerで画像検索してみました。
すると、作った表情ではありますが、口元を歪めて軽蔑の表情をしている画像 が、yahooでもgoogleでもたくさん出てきました。
少ないけれど、スネイプ先生の絵も混じっています。(モナリザ姿のスネイプ先生も!)
そうそう!これが私のイメージするスネイプ先生のSneerです!
物語中ではいくつも出てきたSneerですが、映画では意外とそうあからさまに嫌味な表情をしていなかったのかもしれません。
確かに、映画のスネイプ先生は、嫌味な先生というより、怖い先生という感じが私は強かったです。
だから、人気があるのでしょうか。

ハリーフィルターはかかっているものの、客観的に見てもやっぱりもっと感じ悪く笑っていたと私は思っています。
だから、絵のレッスンで描いた私のスネイプ先生もかなり冷笑して、意地悪な感じなんです↓

返信 - 2012.01.15 Sun

先日、身内が入院しました。
先に病院に行った妹に以下のメールを送りました。

件名:お疲れ様
内容:○○の部屋どこ~?

すると、20分後くらいに、こんな返信が届きました。
件名:病室
内容:お疲れさま。病室は○棟××3号室一番奥の部屋。

その後病院で妹に合流した時に、「意外と返信が遅かったけど何かしてた?」と聞きました。
普通なら20分で返信があれば遅くないのですが、状況的にもっと早く来るかな、と思っていたので聞いたのです。
すると、「メールくれたの?」と言うではありませんか!
「だって返信くれたじゃない」
「メールはしたけど?」

妹から来たメールは私のメールへの返信ではなかったのでした。
続けてメールが届いていたため、私のメールを開いていないことに気付かなかったようです。
で、「ホントだ、メール来てる」と言って私からのメールを読んだ妹は「なるほど、会話が成り立ってる!」と納得したのでした。
以心伝心の姉妹だな~

というわけで、しばらく多忙のため、更新の頻度は少なくなります。

オフ会にご参加いただいた方へ - 2012.01.15 Sun

先ほど、「お疲れ様でした」という件名のメールと、画像共有サイトへの招待状と、そのパスワードを記したメールをお送りしました。
ご確認ください。

祝!生誕52年<二次会> - 2012.01.14 Sat

今回のオフ会は二次会を企画していませんでした。
私に余裕がなく、幹事の立候補もなかったからです。
が、そのまま帰るのは忍びなく、どこかのお店に流れることにしました。
遠方の3名が帰られ、10名が残りました。
今まで何度か利用しているパブに電話すると10人でもOKということで、移動しました。

土曜日でしたが、7時までハッピーアワーで、ビールも1パイント(約570ml)800だったので、ちょっと多いかなと思いつつ、1パイントオーダーしました。
すると、やはり多かったのか疲れていたからか酔ってしまい、会話の内容などをほとんど忘れてしましました!
辛うじていくつか写真を撮ってありました。
DSC07419a.jpg
シーザーサラダ

DSC07422a.jpg
イングリッシュブレックファースト(シェパーズパイを頼んだはずだけど…)
フィッシュアンドチップスとか、ソーセージ、フライドマッシュルーム、カラマリ等も食べました。

その他覚えているのは、
・テレビの収録の時のことを一緒に参加した方と共に少し話したこと。
・スネイプ先生の先生としての生活を熱く語った方にひどく共感し、「そうですよね!スネイプ先生はリリーとは別の自分の人生を生きてましたよね!」と言ったこと。
・脱狼薬(ウルフスベーンポーション)に使われるウルフスベーン(トリカブト)は狼殺しの意味のある毒だから、毎月飲むルーピン先生の寿命は縮んでいたと思う、それを作っていたスネイプ先生も寿命を縮めていた、という説に感動したこと。
あと、スラグクラブにセブルス少年は入っていたと思うか?という話題を振った気がするのですが、二次会の記憶かどうか定かではありません
ウィキペディアに、過去のスラグクラブのメンバーに「セブルス・スネイプ」と書かれていたことがあって(現時点では書いてありません)、「え?」と思ったので話題にしたのです。
色々な意見が出て、あの学年ではリリーだけかも、という話になった気がします。

それから、プレゼントされたスタンプを押させてもらいました。
DSC07483a.jpg
原書1巻の余白に押したスタンプたち

それぞれを拡大してみます。
DSC07503a.jpg
Ten Points from Gryffindor(グリフィンドールから10点減点)
初めから減点対象がグリフィンドールと決まってる!

DSC07493a.jpg
Detention(罰則、居残り)
なんか、罰則の割に可愛く飾られてますね。これが押されていたら、ちょっと嬉しいかも。もっとも、スネイプ先生に罰則命じらると研究室などに入れるので、どっちにしても嬉しいんですが。

DSC07500a.jpg
S. Snape
鍋から立ち昇る湯気まで!

そして、プレゼントではなかったけれど、素敵な印鑑をお持ちの方いらしたので押させていただきました。
DSC07497a.jpg

「我輩」
はあぁぁ~なんて素敵な発想でしょう!
この文字だけでもときめきます♪

今回のお誕生日会はスタンプ率が高かったですね。
そうそう、闇の印はお風呂に入ったらすっかり消えてしまいました。
浴室に入って鏡に映った自分を見た時、その禍々しさに、ああ、スネイプ先生はお風呂のたびにこういう腕を見ていたのだなあ、としみじみ思いました。(だからなるべく入らなかったのかも!)
腕の印は消えたけれど、一次会の時本にも押してありました。
スネイプ先生が魔法省の大臣の前で袖を撒くって見せた原書4巻に。
DSC07508a.jpg
4巻の闇の印

良い思い出がたくさん残って幸せな一日でした!

祝!生誕52年<プレゼント3~閉会> - 2012.01.13 Fri

プレゼントのご紹介をあと2つ。

・シーリングスタンプ、ワックス
DSC07404a.jpg
「『リリーモチーフ』で検索したら、このシーリングスタンプを見つけて、外国では自分の印があるらしいと分かり、スネイプ先生にはリリーモチーフがぴったりだと思いました。
ワックスも赤だけだと思っていたら緑もあったので、うれしくなって、即購入(笑)
ちなみにワックスは金色やオレンジ、青などいろんな色があるようです」
(写真ではわかりにくいのですが、スタンプの首についているタグに書かれた印が刻まれています)

・2匹の牝鹿、チョコレート
DSC07409a.jpg
「癒しがテーマです。2匹の牝鹿を見て先生がいやされてくれれば、と思います。やさしいクリーム色の子を選びました」

当日の撮影時、何気なく二匹を並べたら、なんだかキスしているみたいな図になりました(汗)
狙ったのかと思ったと言われましたが、違います!(牝鹿同士だし)
もうお気付きかもしれませんが、このプレゼントを受け取ったのは私です。
お誕生日からプロフィール欄で使われている写真の奥に見えるのはこの牝鹿です。
少し大きさが違うんです。
DSC07410a.jpg
小さい方を抱っこするスネイプ先生♪

皆さんに、プレゼントを選んだ理由を文章にして提出していただいたのは、とても良かったと思います。
一人一人のスネイプ先生を想う気持ちを、それぞれの言葉で載せることができて。
ブログに書き写す作業をしながら、とても胸を打たれました。
スネイプ先生にも私たちの想いが伝わりますように。

プレゼント交換の後は、先日クリスマスプレゼントにいただいたおもちゃで遊びました。
20の質問に答えて、ハリポタキャラを当てるゲームです。
DSC07250a.jpg
スニッチ型のゲーム機

最初は、スネイプ先生を想定して、みんなで質問に答えていきます。
今回も「あなたは誰かに殺されましたか?」というショッキングな質問があって悲痛な呻き声が上がりました。
「若いですか?」にはみんなで少し意見を出し合って、「やっぱり30代は若い」ということになりました(笑)
そして、答えは正しく「you're Severus Snape?」と導き出されました。
もう1回だけ、今度は答える本人以外は誰を考えているのか分からない状態でやってみました。
今回初参加で、スネイプ先生ファンではないyamaさんに答えていただきます。誰を考えているのか読みにくいからです。
「人」「ダイアゴン横町に時々行く」「ハリーの同級生じゃない」「襲われたことのない」という具合に、少しずつ情報が増えてきます。
最初はドラコかな?と思いましたが、同級生(同学年)じゃないということで候補から落ちました。。
ウィーズリー家の誰かで、ビルでない人(ビルは襲われたから)、なんて考えていたら「髪は赤いですか?」に「yes」と答えてやっぱり!と笑います。
20問終わって、ほぼ全員がパーシーだと推測し、正解でした!
20問なくてもわかりそうですが、ウィーズリー家の誰かを判断するのはちょっと難しく、良い人選でした。

その後1回、TOP TRUMPSの「死の秘宝パート2」バージョンで遊びました。
2人または3人一組になってTemper(キレやすさ)の高さを競い、勝ち残った6人を2人一組にしてWisdom(賢さ)の低さを競い、残った3人でMagic(魔法力)の高さを競ったら、最後に残ったのはヴォルデモートでした。
途中で賢さの低さで競って残るところがすごいです。
スネイプ先生は当然、「賢さの低さ」のふるいにかけられてしまいました。
ちなみに私はトレローニー先生で、意外とキレやすさが低かったために最初に落ちました。

ゲームの後に閉会としました。
記念写真は、ゲーム前に撮っておきました。
DSC07412a.jpg
緑っぽい部屋で緑っぽい服装で並ぶ参加者
左前腕がチャームポイントです(笑)

初めての読書会でしたが、濃厚な会話ができて私は嬉しかったです。
そして、スネイプ先生への愛に満ちた空間に身を置けたことも幸せです。
参加して下さった皆さん、ありがとうございました!

祝!生誕52年<プレゼント2> - 2012.01.12 Thu

スネイプ先生へのプレゼントのご紹介の続きを。

・モレスキンノート、チョコレート
DSC07380a.jpg
「モレスキンノート…いつでもどこでも研究成果をメモって下さい!
チョコレート(シャンパン風味)…お疲れのときに食べて元気を出して欲しくて」

チョコレートに書かれたDark marcの文字がダークマーク(Dark mark)とも読めるから選んだとおっしゃっていました。
さらにこちらの品は、ラッピングにに特徴がありました。
DSC07377a.jpg
ふくろう便で届いたかのような包み

・頭の体操の本、梅ぼしシート、防水メモ帳、加圧ボールペン
DSC07384a.jpg
「仕事のあいまに頭の体操をしていただくための本、疲れがとれそうかなと梅ぼしのお菓子、防水メモ帳とペンはおフロ場でも書けます。忙しい仕事の疲れをとってリラックスしてください」

・カメリアの花、ユリの花の写真付きキャンドル
DSC07387a.jpg
「1月の誕生月のお花カメリア、花言葉は理想の愛だそうです。リリーの写真付きキャンドルでスネイプ先生に癒されてほしい!!と思いました」

・ジンジャーティーセット
DSC07390a.jpg
「スネイプ先生に心からあたたまってもらいたいため選びました。実は板チョコを削ればホットチョコも作れます」

・お部屋や玄関に置くインテリアになる芳香剤
DSC07396a.jpg
「幸福の果実をイメージした香りです。薬品の香りがするスネイプ先生のお部屋も大好きですが、たまに香りを変えていただいて部屋に置いていただければと思います。
プラス、癒し系として可愛いリスを眺めていただきたいと思います」

・ブロック型ラムネ、イニシャル入り小瓶
DSC07399a.jpg
「スネイプ先生はなんだかんだで色々貰ってそうなので(笑)、セブルス少年へ。
カラフルな瓶詰めのブロック型ラムネです。
リリーと遊びながら一緒に食べて欲しかったので、2人のイニシャル入りの小瓶もつけました。(リリーのLがなかったのでエバンズですが
『黄色のブロックはバナナ味のタワーができるわね セブ!』とかキャッキャしながら2人で仲良く分けて下さい


あと残り二つですが、ご紹介は次回に。

祝!生誕52年<プレゼント1> - 2012.01.11 Wed

ケーキの後は、これも恒例のプレゼント交換です。
今回は特にキャラクター名を名乗っていなかったので、それぞれからのプレゼントということにしました。
さっきの読書グループを決めた際のクジを使い回し、そこに名前を記入してから再度引き、そこに書かれた名前の人からもらう形です。
そのプレゼントを選んだ理由も紙に書いて提出するよう、宿題(笑)を出してありました。それもそのまま書き写します。

では、当日お渡しした順にご紹介しましょう。
(ただいま多忙のため少しずつしか作業ができず、分割してのご紹介になります)

・消しゴムはんこ、ボールペン、メモ帳
DSC07361a.jpg
「先生の事務仕事を少しでも楽にしてあげたいと思い、事務用品にしました。
はんこ…レポートのチェックをしていてあまりにも内容がひどかったら「Detention(罰則)」、または「Ten Points from Gryffindor(10点減点)」で。“S. Snape”はサイン代わりに。
ボールペン、メモ帳…羽ペンに羊皮紙では急ぎのメモをすらすら書くのが大変!マグルの文房具屋に行くのも面倒でしょうから、プレゼントしちゃいます!」

・ジンジャーすりおろしマグ、フェルトコースター
DSC07363a.jpg
「ホグワーツの冬は寒いだろうから、身体を温めてあげたいので、ジンジャーすりおろしマグと、手作りのフェルトコースターのセットにしました。わかりにくいのですが、めじかを入れてみました。紅茶は『魔法の砂漠』というフレーバーティーをセレクトしました

・湯たんぽ(毛皮のモフモフ)
DSC07369a.jpg
「あたたかい夜をスネイプ先生にすごして欲しいです。抱きしめたり足でモフモフしたりしてあたたまってください。ルー先生をイメージ」

・ねこの形のツボ押し、バスソルト
DSC07373a.jpg
「スネイプ先生がねこにツボマッサージをしてもらっている様子をそうぞうするとほほえましくて仕方がないのです。濃いピンクと迷いましたが、スリザリンカラーの緑にしました。
バスソルトは、グレープフルーツ、ベルがモット、レモングラス使用。『ブルーナ気分を明るくして元気になりたいときに』というタイトルがつけられています。スネイプ先生に必要なものだと思います。
ゆっくりお風呂につかって元気になって 猫マッサージでリラックスなさってください

・予備の杖二点セット
DSC07375a.jpg
「お箸のように見えますが、杖です。『黒檀にユニコーンのたてがみ。22cm、曲がりにくい』私の考えるスネイプ先生の杖素材で杖職人に頼んで作ってもらいました。武装解除された時の予備としてお使い下さい(ただし、杖の忠誠心の移動により威力は落ちます)。
持ち物にお名前を書くタイプだとお見受けしたので、それぞれに『Severus』の名を入れるよう、職人に頼みました。今ではさすがに『Half Blood Plince』は使っていらっしゃらないかと思って。あと、お箸としても使えますので、日本のマグルの作った美味しいお料理も味わっていただけたら、と思います」

祝!生誕52年<ケーキ> - 2012.01.10 Tue

読書会には2時から4時までの2時間を費やしました。
そして、4時にはバースデーケーキが登場しました。

今回の会場はケーキの持ち込み料が2、3千円かかるということだったので、創作のケーキにはせず、会場系列のレストランに頼みました。
創作ケーキは元々普通のケーキより値が張りますから、それよりは少なめの金額でも普通のバースデーケーキならちょっと豪華になるのでは?と考えたのです。
いつもなら、ハリー・ポッターの世界の誰かからを想定してのケーキですが、今回はマグルの私たちから、という想いも込めてみました。
デザインは一切お任せで、メッセージプレートだけ、「Happy Birthday Professor Snape」とお願いしておきました。

テーブルを再び一つにつなげ、コーヒー、紅茶のオーダーを取ると、間もなくろうそくに火のつけられたケーキが運ばれてきました。
色とりどりのフルーツや花で飾られた、とても華やかなケーキでした。
今まで、こんなにカラフルなケーキをスネイプ先生のためにご用意したことはありませんでしたが、当日の私たちの雰囲気にはとても合っていたので、マグルのお嬢さんたち(私も含め)からの贈り物としてはぴったりだったかもしれません。

まだスネイプ先生パペットや他のスネイプ先生方を並べていなかった私たちは大慌てでセッティングします。
その間にもろうそくはどんどん短くなっていきました。

DSC00654a.jpg
華やかなバースデーケーキ
ざっと見たところ、イチゴ、キウイ、ブルーベリー、スターフルーツ、オレンジ、パパイヤ?マンゴー?(よくわからない)バラ、すみれの砂糖漬けが載っています。
スネイプ先生に、明るい気分になっていただければ幸いです。

ろうそくは、7本用意し、十の位を表す5本と、一の位の2本とに区別して置いてくださるようお願いしておいたら、一の位の2本がどちらも緑色だったので、「ナイス!」と思いました。(死語?)

そして、こちらは慌ててご用意したスネイプ先生“達”↓
DSC00660a.jpg
並ぶスネイプ先生達(レゴから傘まで!)

ううむ。スネイプ先生フィギュアとパペットスネイプ先生の身長が同じくらいだったとは!
ところで、一体この中に何人のスネイプ先生がいらっしゃるでしょう?
14人?いや、1人はボガートだ!

祝!生誕52年<スタンプ~読書会> - 2012.01.09 Mon

しりとりの後、はるかママあっちさんから、素敵なスタンプを御紹介いただきました。
お友達が作ったという、消しゴムハンコの『闇の印』です。
DSC07353a.jpg
闇の印の消しゴムハンコ

はるかママあっちさんの印が右腕にあったので指摘したら、「無いように見えますが左腕にもあるんですよ」とのお返事でした。
てっきり冗談だと思ったら、ブラックライトを当てると見えるインクで印されていたんです!
なんて手の込んだ!

希望者に捺してくれるという素敵な企画です。
さっそくお願いしたら、席を順番に回って丁寧に捺してくれました。
DSC07356a.jpg
私の左前腕に印された『闇の印』

DSC07357a.jpg
死喰い人の集会

F1000296.jpg
ブラックライトで浮かび上がる闇の印(後に外で撮影)

はるかママあっちさんに印をつけてもらいながら、実際死喰い人たちもこうしてヴォルデモートにつけてもらったのだろうか、スネイプ先生はどんな気持ちだったろうか、と非常に盛り上がりました。はるかママあっちさん、ありがとう!

さて、この後は机を二つに離し、グループも6人と7人に分けて読書会を行いました。
グループ分けはくじ引きで、特に対抗する必要もないので、緑と銀のグループに分けました。
緑S 銀S
緑のSと銀のS

ちなみに私は緑のSでした。
それぞれ、1巻の最初から、スネイプ先生が居ようと居まいと、話題にしたいところがあれば話題にして自由にディスカッションしてもらいました。
その要約をそれぞれのグループで記録しましたが、それを発表し合う時間はなかったので、ここでざっと紹介します。

自分の所属しなかったグループの方は、字が読めなかったり、何を意味するかわからないのは省くので、一部のご紹介になりますが、かなり長いので興味のある方は続きからどうぞ。


祝!生誕52年<開始~しりとり> - 2012.01.08 Sun

昨日は二日早くスネイプ先生のお誕生日を祝う会を催しました。
今回は、夏の映画鑑賞オフ会と同じ品川のレンタルスペースを利用しました。

今回の参加者は50音順に、鬼百合さん、鹿嶋よゆさん、果穂さん、きじゅさん、クロノさん、さざなみ竜さん、ハルさん、はるかママあっちさん、モッティさん、yamaさん、山咲しゅうさん、yumaさん、私の13人です。

今年は飾りつけはしなかったのですが、元々緑を基調とした内装なので、十分スリザリ寮っぽく見えます。
持ち込み料がかかるため、今年は昼食はデリバリーにせずここで頼みました。ケーキも創作にはしないでこちらで頼みました。とにかく今回は事前の準備をなるべく減らそうと思ったのです。
私たちが入っていくと、人数分のサンドイッチのお皿が運ばれてきました。
それを横目に会費の徴収と名札に名前を記入しました。

今回の名札
DSC00665.jpg
お誕生日にバタービールを飲んでほんのり頬を染めているかわいいスネイプ先生

当日皆さんには説明しなかったけれど、「自分のお誕生日ぐらいはバタービールを飲んで、 いつも土気色の顔色を紅く染めて心地よくなって欲しい」という想いを込めて描いていただいたものです。
なんて素敵な発想なんでしょう!
心地よくなっているスネイプ先生を半日胸にぶら下げて過ごすことが出来たこと、とっても幸せでした!

13人だとテーブルをつなげて一つにし、全員で回りをなんとか囲むことが出来ます。誰が最初に席を立つか、という話になりましたが、多分ちょくちょく動き回っていた私ではないかと…。

サンドイッチを食べながら、恒例の他己紹介をしました。
①ハンドルネーム
②どこから来たか(都道府県)
③ハリー・ポッターの中の好きな登場人物
④ハリポタ以外の趣味など
⑤スネイプ先生の男としての魅力

今回も遠方からの参加がとても多かったです。
京都、宮城2、新潟、愛知2、静岡、埼玉、神奈川2、東京3という構成。新幹線や長距離バスを使っての参加の方の人数が、首都圏からの参加を上回りました!
遠い所から高い交通費を使ってきて下さったこと、本当に有難く思います。

③はスネイプ先生のみでもOKだし、スネイプ先生が入っていなくてもOKとしました。というのは、今回も特にスネイプ先生の大ファンというわけでない方が何人か参加されていたからです。
スネイプ先生の他は、今年もルーピン先生が人気でした。
⑤は例の番組の質問と同じです。色々な方の意見が聞きたかったのです。
色々語りたいだろうとは思いましたが、それをやっていると長くなってしまうことは今までの経験からわかっていたので、敢えて他人に語らせるのみにして本人の補足はなしにしました。時間的にはそれで正解だったと思いますが、語り足りなかったようで、後でメモ書きを募ったら、補足付きでいくつか届きました。
一部をご紹介します。
・頼れる男(彼女や妻になったら、絶対大切にしてくれる。病気になっても大丈夫)
・なんだかんだで女、子どもに優しいところ(ドラコやナルシッサには優しいですよね)
・仕事に対して真剣で丁寧なところ、プライド高いところ
・いつも報われないところと退廃的な色気(廃墟のようなものにある趣というか…)
・悪役を受け入れるところ
・一途なところ、信念を貫き通すところ、強いところ、秘密の多いところ、たまに子どもっぽいところ、等々

スネイプ先生ファンでない方に尋ねるのはちょっと申し訳なかったけれど、男としての魅力を感じる部分が多岐に渡っていて面白かったです。

DSC07337a.jpg
歓談する様子

他己紹介に続いて、ゲームとしての希望のあったハリポタしりとりを行いました。
ルールは、「セブルス」と「スネイプ」は何度でも使って良し、でも「プリンス」は一回、ファーストネームとファミリーネームは分けて使って良し、濁点はあってもなくても良し。二巡してからはなるべく早く「ん」で終わる言葉を言って終わらせる、ということにしました。
これは事前に準備しておくことができないので、他人の番だといくらでも言葉が浮かぶのに自分の番だと頭真っ白!という状態に多くの人が陥りました。
以下、その時出た言葉を並べます。
ダンブルドア→アルバス→スネイプ→プリンス→ステューピファイ→インぺディメンタ→ダドリー→リリー→リータ→タランチュラ→ラブグッド→トーマス→スラグクラブ→フローリッシュアンドブロッツ→つえ→エバンズ→スリザリン寮→ウェンビー→ビル→ルーナ→ナギニ→ニック→クィディッチ→血みどろ男爵→組分け帽子→シックル

ここまでで二巡しました。で、次がルーピンで、しっかり終わらせていただきました。

お誕生日会 - 2012.01.07 Sat

お誕生日会、無事終了しました。
ボチボチ報告していきます。

DSC07335a.jpg
会場の入り口(表通りに面してはいないけれど見える位置)に貼られた手作り感溢れる紙
「ハリー・ポッター スネイプ先 バースディパーティ 様」 貸切

飲み放題 - 2012.01.06 Fri

今日は幼なじみ二人と、元担任の先生と恒例の新年会をしました。
明日オフ会ですが、他に皆の都合が合う日がなかったのです。

みんなそんなに飲まないと思って去年の新年会は飲み放題をつけなかったら、結構杯を重ねて高くついた経験があったので、今回は飲み放題で3,980円のプランにしました(お店の手配は私がしました)
ここはお気に入りのお店で、グラスが空になると、「何かお作りしましょうか?」とすぐ声をかけてくれるし、何より時間無制限なのです。

最初の乾杯時、先生はカシスオレンジのアルコール少な目(カシス少な目)を、友人も甘いカクテル(何だったか忘れました)を選び、私は生ビールの中ジョッキを即答で選びました。
次の飲み物をオーダーする時、明日があることだし、今度はカシスバック(カシスのジンジャーエール割り)を頼みました。
すると、店員さんが「先ほどのオーダーでお強いとお見受けしました。ジョッキでお作りすることも出来ますよ」と声をかけてくれてビックリ。
あちゃー!そう見られたか!
でも、なんて気が利くんでしょう。
明日があるのでそれは断りましたが、結局そのカシスバックが美味しくて次も頼んだら、「やはりジョッキでお作りしましょうか?」と再度言われてしまいました(汗)
そんなに飲むように見えたかしら?
その後お酒はさらにもう1種類飲んだだけだったけれど。

宿題 - 2012.01.05 Thu

先週、絵と英会話のレッスンで宿題が出ました。
絵の方は毎回出るのですが、英会話の方は出たり出なかったり、出てもそんなに難しいものではありませんでした。
が、今回は、ちょっと大変。
「MY NEW YEAR'S RESOLUTIONS(私の新年の抱負)」を書いてくるように言われました。
しかも、「Personal」「Family&Friends」「School」の各項目でそれぞれ二つ以上、計六つは抱負を書かねばなりません。次回(明日)までの1週間で。
Personalは仕事や趣味、Family&Friendsは家族や友人に関すること、Schoolは英語の勉強に関することです。
日本語だってそんなに抱負は思いつかないんですけど…。
年末年始が忙しかったので、気づいたら、前日…。
あれ?昨日も似たようなこと書いた気が…。
とりあえず、忘れ物をしない、夜更かししない、家族との時間を大切にする、英語の手紙を書く、などいくつか考え付きました。
が、それを英文にするのも一苦労。
忘れ物をしない、に相当する英語が思いつかず、「忘れっぽいキャラクターを変える」で練り直し、とにかく6つの文章を作り上げました。
「ホントかよ」と自分につっこみたいような抱負となりました(笑)

絵の方は、お正月休みを使って八割方仕上げました。
今までずっとスネイプ先生を描くことが課題でしたが、今回は自画像でした。
マントを着て、鏡を見ながら、最低4時間かけて描くように、とのことで、今までに3時間余り費やしました。
3時間過ぎたあたりで集中力が途切れ、中断しました。
その絵を置きっぱなしにしたら、家族は皆、「スネイプ先生かと思った」と言ってきます。
確かに、ちょっと男性的な顔になったなとは思っていましたが。
私のイメージのスネイプ先生というより、映画のスネイプ先生に近い感じ。
リアルさを追求して皺や頬のたるみを忠実に描いたからでしょうか?
次男には、「年齢以上に老けて見える」と指摘されました。
ついつい皺を強調しすぎたのかもしれません(汗)

オフ会準備 - 2012.01.04 Wed

今年のお誕生日会は7日に開催するので、気付いたら当日まで残りわずかになっていて焦りました。
今までちょっとのんびりしていて、オフ会用のフォルダさえ作成していなかったことに今日気付きました。
あれ?名簿も作ってなかったっけ?
いや、作ったと思ったんだけど、見つからない
名札も印刷しなければ!
そんなわけで、今てんやわんやです

お誕生日会に参加される方は続きをお読みください。

年賀状 - 2012.01.03 Tue

今年の年賀状関連の出来事をいくつか。

まず年賀状を書くのを保留にした人が何人かいました。
結婚したばかりの新居を把握していなくて、いただいてから出そうと思った人が3人ほどと、喪中ハガキを見た気がするのに喪中ハガキが見つからなかった人。記憶違いかもしれまいけれど、念のため書かなかったら、向こうからの年賀状が来て、やっぱり記憶違いだったことが判明しました。
どうも一昨年かそれ以前の記憶だったようです(汗)

届いた年賀状で不思議だったのは、私たち夫婦の大学時代の同級生からのもので、住所の最後尾に喪中と書かれていました。
これは何だろう?と不思議がりましたが、きっと私たちが喪中だった去年、喪中欠礼のハガキが届いた時に記された彼の目印が、今年そのまま印刷されて出てきたのではないかと推察されました。

いつも年賀状をくれる高校時代の友人からハガキが届かず、代わりに写真を添付してメールが届きました。
ハガキを送る勇気がなかった、とあります。
画像を見て納得。
新しい彼氏、ヒゲの剃り跡が青々とし、がっしりした体格の男性が単独で写っていました。セーラー服を着てスカートの下から膝小僧とスネ毛の目立つ下腿が見え、長い金髪のかつらをかぶってウィンクする姿で。
一体なぜこの写真を!?と驚きが隠せませんでした。

驚いたと言えば、昔住んでいた団地でお隣だったMさんから届いた年賀状の文面にも驚きました。
「先日BSで奥様と○○ちゃん(娘の名)をお見かけしました」とありました。
お隣のMさん、「熱中スタジアム」見たんだ! 毎回習慣で見ているのか、ハリー・ポッターナイトだから見たのか、ハリポタファンだったのか!と興奮しました。
ちなみにそのM家のご夫婦も十数年前テレビに出演されて、取材の人たちがお隣の家に上がっていく様子を私は子どもたちと眺めていました。まだ小学校低学年だった長女の、誕生日に買ったばかりの一輪車がその時の番組に映って家族で興奮したものです。うちの一輪車だー!って(笑)
Mさんはその後何回か引っ越し、うちも引っ越し、年賀状だけのやり取りになりましたが、そんな昔の出来事を懐かしく思い出しました。

さて、今年私が、ハリポタ関係で年賀状を交換する友人に送った年賀状、30日に投函したので、もう届いた頃かと思います。
今年使ったのは、以下の画像です。
DSC07288a.jpg
大鍋にドラゴンボールを入れようとするスネイプ先生♪

辰年なので、ここは一つドラゴンボールで神龍を出現させ、願い事を一つ叶えていただこうと考えたのです。
スネイプ先生の力を以ってすれば、7つ揃えなくても神龍出てくるかな~と思って。
実は、元旦の「謹賀新年」の記事の写真のみかんは、このドラゴンボールのパロディのつもりでした。私の年賀状を受け取った方で気付いた方はいらっしゃるかな~

ちなみに、家族写真もこの小道具を使い、辰年なので1個でも神龍が出てきてくれたことにしました。
DSC00155a.jpg
皆さまの願いが叶いますように!

新年会 - 2012.01.02 Mon

今日は私の実家に行ってきました。
毎年恒例の、両親と妹家族と総勢10人での新年会です。
ご馳走を山ほど食べました。
ほとんどの時間を食べている感じ。
もちろん談笑もしているけれど。
後は洗い物をしているか。

最後に恒例の百人一首大会をしてお開きとなります。
母が読み手となり、大人の男性陣以外で競い合います。
小学生の姪にだって容赦しません。
で、今年は私が優勝しました!
二番が妹、三番が次男、その後は長女、姪、長男の順。
DSC07334a.jpg
結果の比較

あー愉快愉快!まだまだ負けないからね!(大人気ない)
そして、「黒髪」が歌われているものはちゃんと取りました!
ちなみに、この歌は、男の愛が「永遠に」続くかどうか、この乱れた黒髪のように心乱れている、という女性の歌らしいです。
黒髪が乱れているのは女性の方ですが、彼の愛は永遠です。

謹賀新年 - 2012.01.01 Sun


旧年中は大変お世話になりました。

今年もスネイプ先生への愛や、日常生活で気付いたことを日々記録していこうと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2012年が、皆様にとって、笑顔溢れる年になりますように。

(画像は、義母宅で撮影。撮影中、地震があって、結構音が大きくてびっくりしました)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)