topimage

2012-05

喪失感 - 2012.05.31 Thu

昨日、もう一つのブログに区切りをつけました。
人物像をはっきりさせるという目的を達成したので開心術を使うのは終了する、と書いたのです。
スネイプ先生を語るのをやめたわけではないのに、なんだかとても寂しい気がしました。
卒業の日を迎えた時みたいな感覚です。

1巻から順に、スネイプ先生の一挙手一投足を拾って自分なりの解釈で人物像を明らかにしていく作業は、とても楽しいものがありました。
けれど、7巻の登場場面まで語り終えてしまうと、また最初から同じことを繰り返して新しい発見をするか、ここで一度人物像をまとめるかの二択しか道はないように思い、とにかくここで一度まとめたのです。

ずっと人物像を明らかにする目的でやってきたのに、UPした途端、達成感より喪失感に見舞われました。
そういうものでしょうか。ブログをやめるつもりはなく、何らかの形で続けて行こうと思っているのに……。
心にぽっかり空いた穴を、どうやって埋めていこうか思案中です。
とりあえず、Pottermoreで発散。他寮の見ず知らずの生徒にどしどし決闘を挑んでます


ST場面 - 2012.05.30 Wed

一昨日病棟の個室に行ったら、患者さんがテレビを見ていました。
何気なく画面に目をやると、ドラマの中で言語療法(ST)っぽいことをやっています。
ST場面がドラマの中で使われるのは珍しいと思って、昼休みに早速STのSさんに話しました。
「なんかドラマでSTが出てきてたよ!」
「ああ、『はつ恋』ね」とドラマのタイトルをさらっと言います。
タイトルまではわからないけれど、ST役の女優さんや患者さん役の俳優さんの名前を聞いて、そのドラマだと確信しました。夜のドラマの再放送でした。
さすがST、耳が早い、と思ったら、Sさんは事もなげに言いました。
「あのドラマ、監修したのが○△さんなんだって。○△さんが『見てね』って教えてくれたんだよ」
○△さんというのは、数年前まで一緒に働いていた同僚のSTでした。
ええー!そんなすごいこと、早く教えてよ~

早速昨晩のドラマを録画してざっと目を通してみました。
ST的に見て、患者さん役の大竹まことさんもかなりの好演だそうです。
ドラマの筋はそんなに興味はないけど(汗)、ST場面だけでも見る価値はありそうだと思いました。

Duel - 2012.05.27 Sun

ついに、Duel(決闘)しました。
Pottermoreでのことです。

娘が実習のために帰宅ししばらく滞在するので、実習が始まる前のこの週末にアカウントをとるよう勧め、ようやくDuelできるところまで進んだので早速申し込みました。
今まで一度もDuelをしたことがなくて、同じ時間にパソコンに向かっていなければならないのかどうかさえわかっていなかったので、とにかくどんなものなのか試してみたいと思っていたんです。
ちなみに、娘は作為的な回答をせずありのままの自分がどこに組分けされるか知りたいと言い、そうしました。
かなり不規則な感じの選択で、私の見るところレイブンクロー色が強いかな、という回答でしたが、グリフィンドールになり、二人で驚きの声を上げました。

私としてはレイブンクローかハッフルパフになってもらうと都合が良かったんですけど。
というのは、Pottermoreではグリフィンドールとスリザリンが得点を激しく競っていて、それはベータ版の時からそうだったのですが、とにかく抜きつ抜かれつという熾烈な争いが繰り広げられているんです。本の世界さながらに。
娘と決闘をして、もし負けたら相手の寮の得点になってしまうから、ここは負けてもレイブンクローかハッフルパフの得点となるよう組分けされて欲しかったのです。
娘がグリフィンドールとなった以上、何としても負けるわけにはいきません。

そして、見事打ち負かしてやりましたよ。アハハ。
まだ操作に慣れていない娘を負かして得点を稼ごうとするあたり、目的のためには手段を選ばないスリザリン生らしさが板についてきた感じがします(笑)
とにかく、二回戦い、二回とも勝って10ポイン獲得しました。

その1時間後くらいに、娘からの挑戦状が届きました。
どうやら研鑽を積んでいたようです。
そんなこともあろうかと、私もひっそり練習していましたが(2階と1階で別々のパソコンをいじっています)
そして、再び打ち負かし、さらに5ポイントいただきました!
今日は7ポイント稼げる魔法薬も作ったし、スリザリンに貢献できました。
ああ、スリザリンに貢献できるというのは、至上の喜びです。

Duel体験を知りたい方は続き以降をご覧ください。

緑のカーテン - 2012.05.26 Sat

今年も緑のカーテンを作ることにしました。
去年、ゴーヤがカーテンとしても食料としても大変役立ったので、今年はゴーヤがメインです。

去年は1階にゴーヤ3株、2階には普通の朝顔が3~4と琉球朝顔1株を植えました。
朝顔は花がきれいで楽しめましたが、カーテンとしてはイマイチで、しかも琉球朝顔にコナジラミが大量発生してしまって、何度退治しても効果なくスス病も見苦しくなって切ってしまったので、今回は1階と2階でゴーヤを2株ずつにしました。
そうそう、去年のゴーヤはいつまで収穫できたかブログに載せていませんでした。
というのは、私が9月にイギリスに行っていた間に大きな台風が来て、塩害ですっかり枯れてしまっていたからです。
帰国した私は変わり果てたゴーヤの姿に呆然としたのですが、それはゴーヤに限ったことではなく、庭や街路の柔らかい葉をつけた木や草はことごとくダメージを受けていました。
そんなわけで、ゴーヤの記事を更新することができませんでした。


去年のゴーヤは、あまり大きくならず、短いまま熟してしまいました。
それは苗についていた写真も同様だったので、きっとそういう種類なのだろうと思い、今回は違う種類のを3種類用意しました。
DSC08234a.jpg
去年と同じ小ぶりなすずかぜゴーヤ

DSC08238a.jpg
ワタミファームの沖縄中長ゴーヤ
DSC08235a.jpg
2株買った沖縄ゴーヤ

2階はベランダに置くので、置き場所の都合から一株ずつ植えました。
DSC08233a.jpg
すずかぜゴーヤ

DSC08236a.jpg
沖縄ゴーヤ

1階にはプランターに種類の違うものを2株飢えました。
DSC08237a.jpg
沖縄中長ゴーヤ(左)と沖縄ゴーヤ(右)

去年と同じプランターを使いましたが、土は新しいのに入れ替えました。
今年はどんなカーテンが出来、どんなゴーヤをどれくらい食べられるかと思うととってもワクワクします。
無事に育ちますように!

スネイプアルファベット③ - 2012.05.25 Fri

スネイプアルファベットの続きはMから。
くどいようですが、解説はスネイプ先生との関連を示すもので、本来の意味からかけ離れたものもあります。

<M>
Marauder's Map(忍びの地図)お節介を控えろとか髪を洗えとか、スネイプ先生に注文をつけてきた地図
My Lord(我が君)スネイプ先生がヴォルデモートを呼ぶ時の言い方
Muggle(マグル)スネイプ先生にも半分流れる血すじ 
Muffliato(マフリアート)プリンスが開発した呪文

<N> 
Nightshirt(寝巻き)スネイプ先生が就寝時に着用している衣服(色は灰色)
Nagini(ナギニ)スネイプ先生の命を奪った蛇

<O>
Occlumency(閉心術)スネイプ先生がヴォルデモートなどに真意を知られぬよう使っていた開心術に抗う魔法、この魔法によりスネイプ先生の虚偽は最後まで見破られることはなかった
Order of the Phoenix(不死鳥の騎士団)スネイプ先生が所属していた集団で、本部がグリモールドプレイスにあった時はたびたびスネイプ先生も訪れて報告し、食事を共にすることなく帰った

<P>
Potions(魔法薬学)スネイプ先生が十数年教えた科目、初回の授業では大演説を行った
Pensieve(憂いの篩・ペンシーブ)スネイプ先生の記憶の一部を何度も出し入れした入れ物
Protego(盾の呪文・プロテゴ)ハリーが放ったこの呪文によりスネイプ先生は記憶を覗かれたり、よろめいたりした
Potter(ポッター)スネイプ先生が憎む男の姓

<Q>
Quirrell(クィレル)スネイプ先生が禁じられた森にわざわざ呼びつけて脅した同僚
Quill(羽根ペン)スネイプ先生の手に握られ、女子のような筆跡の細かい文字を綴った

<R>
Referee(審判)スネイプ先生が、ハリーを守るために演じた憎まれ役
Remus(リーマス)スネイプ先生が、ハリー(の外観を持つジョージ)の耳を切り落としてまで、死喰い人から守ろうと思った人、同僚だった時期、スネイプ先生は面倒な調合法の脱狼薬を毎月彼のために煎じていた

<S>
Snape(スネイプ)言わずと知れたスネイプ先生の名字
Severus(セブルス)リリーに呼びかけられて思わず口元に小さな笑みを浮かべてしまったスネイプ先生のファーストネーム
Slytherin(スリザリン)スネイプ先生の思い入れの強い寮
Spinner's End(スピナーズ・エンド)スネイプ先生が幼少時代を過ごし、6巻時にはワームテールと同居していた家がある場所
Shrieking Shack(叫びの屋敷)スネイプ先生受難の場所、危うく人狼に襲われるところだったり、生徒に攻撃されて気絶したり、蛇に噛まれて命を落としたり……
Sallow(土気色)スネイプ先生の顔色、肌の色
Sectumsempra(セクタムセンプラ)セブルス少年が開発した呪文、その効果を打ち消すための反対呪文はスネイプ先生に歌うような声を出させた
Sorting Hat(組分け帽子)11歳のセブルスの頭に載った帽子


Sが多い。これでも厳選したつもりなんですが、とにかくSはどれも甲乙つけ難くて、順番にも悩みました。
Mにmud-blood(穢れた血)を入れようかどうしようか迷いましたが、スネイプ先生を苦しめた言葉であり「その言葉は使うな!」と言ったので、やめました。
解説の偏りがますます激しくなってきたような……。

吸魂鬼と取り組む最善の方法 - 2012.05.23 Wed

スネイプアルファベットは、やり始めてみると意外と大変!
特に、該当するアルファベットの単語を思いつかなかった時、セリフにヒントを求めて登場場面を探しまわるので、時間がかかります。
スネイプ先生の登場場面に付箋でもつけておけばいいのですが、自分の記憶を頼りにページを開くのも楽しみの一つなのでそれはしていなくて、だから余計に大変です。
まず日本語版で見当をつけてから原書で確認するので二度手間だし、なかなかはかどりません。
まあ、時間に余裕のある時に少しずつ足していきます。

そんなことをやっていたら、あることに気付きました。
ハリーが6年生の時、『闇の魔術に対する防衛術』を担当していたスネイプ先生が出した宿題、『吸魂鬼と取り組む最善の方法』のことです。
ハリーとスネイプ先生は、この件に関して意見が合わない、という記述が気になりました。

7巻を読む以前、このことについて「開心術!!」の方に書きました。
7巻を読んだ後もどこかに書いた気がしながら見つけられないのですが、私が書いたと思っているのは、ハリーのやり方、つまりパトローナスで追い払う、という方法では、スネイプ先生は万一生徒の前でパトローナスを出さなくてはならない状況になったら非常に困っただろうな、という主旨でした。人前で自分のパトローナスを出すことは避けたかったから違う方法で吸魂鬼と取り組むことを教えたのではないか、とさえ勘ぐった気がします(笑)

が、今回その部分を読んでいて、パトローナスはとても高度な魔法だった!ということを思い出しました。
ルーピンの言葉によれば「O.W.Lレベル資格を超えている」「一人前の魔法使いでさえ、この魔法にはてこずる」とのことです。
つまり、吸魂鬼を追い払えるほどの守護霊を出せる学生はごくわずかしかいないということですよね?
何が言いたいかというと、スネイプ先生はその点を理解した上で、別な“最善の方法”を教えたのではないか、ということです。
それが何かは具体的にはわからないし、レポートは“途方も無く難しい”様子ですが、きっとレポートにまとめることできっちり理解して自分の血肉とすれば、パトローナスを使うよりも早く、多くの生徒が吸魂鬼を追い払うことができるような、そんな内容だったに違いないと思います。

スネイプアルファベット② - 2012.05.22 Tue

スネイプアルファベットを続けます。
説明文は、スネイプ先生に関連のある事柄ばかり強調されています。
後から思いついたものがあった場合は、該当するアルファベットの欄に日付をつけて追加します。(早速①にボガートとディーンの森を追加しました)

<G>
Greasy(あぶらぎった)スネイプ先生の髪を形容するのにしばしば使われる言葉
Green(緑色)スネイプ先生が少年時代所属し教師となってからは寮監となった寮のシンボルカラーであり、愛した女性の瞳の色
Goblet(ゴブレット)スネイプ先生が脱狼薬を入れてその手で持ってルーピン先生の部屋まで運んだもの
Godric Gryffindor's Sword(グリフィンドールの剣)スネイプ先生がダンブルドアの肖像画裏から取り出し、池に沈めた剣

<H>
Half-Blood Prince(半純血のプリンス)若き日のセブルスが蔵書に記した自分の名
Hooked nose(鉤鼻)スネイプ先生の鼻の形
Headmaster (校長)スネイプ先生が最後に就いた役職
Hogwarts(ホグワーツ)スネイプ先生の職場であり、家であり、少年時代に強く憧れた場所
Harry(ハリー)スネイプ先生が守っていた少年の名

<I>
Invisibility Cloaks(透明マント)スネイプ先生が身につけたこともあるハリーの所有物
Inferius(亡者)スネイプ先生が授業中ゴーストとの違いをハリーに尋ね、その回答を五歳の子ども程度と評した

<J>
J.K. RowlingJames(JKローリング)スネイプ先生を始めとするハリー・ポッターの世界の創造主
James(ジェームズ)スネイプ先生の宿敵

<K>
Kappa(河童)スネイプ先生が口に出した日本の妖怪
Karkaroff(カルカロフ)スネイプ先生のかつての死喰い人仲間。闇の印が濃くなり不安に駆られ、スネイプ先生の授業中に押しかけた人

<L> 
LiLy(リリー)スネイプ先生が生涯かけて愛した女性の名
Legilimens(レジリメンス/開心)ハリーに閉心術を教えるため、スネイプ先生が課外授業で何度も使った魔法。一度ハリーに跳ね返され、逆に自分の心を覗かれた
Levicorpus(レビコーパス)セブルス少年が開発した浮遊呪文。反対呪文もLで始まるLiberacorpus

あー、なんか当初の目的の電話でアルファベットを伝える際に用いる単語にしては不向きな感じの、長い言葉が増えてきてしまいました。

金環日食の朝 - 2012.05.21 Mon

今日は待ちに待った金環日食の日でした。
お天気に恵まれた所恵まれない所、金環になった所ならない所さまざまあったでしょうが、とにかく珍しく日本中が沸いた朝だったと思います。
今日は訪問に行っても病棟に行っても、患者さんたちとはその話で持ち切りでした。


私はこんな朝でした。
職場で観測することに決めていたので、いつもより20分早く、5時ピッタリに起きました。
夜中に雨音で目覚めた時は、「こりゃダメだ」とがっかりしましたが、朝起きると、辛うじて雨は上がっていました。
しかし、家を出る時には小雨が降っていました。
この小雨によって、私は職場まで行って観測する決意をいよいよ固めました。
というのは、もし自宅最寄り駅の天気が良かったら、職場まで行って悪天候だった時に後悔するに違いないからです。
ダメ元で行ってみると、職場最寄駅でも雨が降っていました。
それでもその時間に一瞬でも雲が薄くなることを願って観測に決めた場所に歩きました。
そろそろ金環日食になるか、という頃の空はどんより曇っていました。
F1000332.jpg
太陽がある辺りの空

この画像を貼りつけて「まさかの雨」というタイトルで携帯から投稿しようと作業していたところ、急に雲が薄くなって太陽が見え隠れしました。気が付くと雨も降っていません。
すかさず日食メガネを取り出して見てみましたが、あまりに弱い光のため全く何も見えません。
裸眼で見てはいけないとあれほど注意されていましたが、結局日食メガネを外して見てしまいました(良い子は絶対マネしてはいけません!浅はかなおばさんのしたことです)
同時に写真もとりあえず撮っておこうと太陽のあるあたりに適当にカメラを向けて、視線はそちらには移さずシャッターを押しまくりました。
何しろ、金環になっている時間が短い上に、雲が薄くなっている時間はもっと短いですから。

そうやって撮りまくった写真を後で確認してみたら、ちゃんと撮れていました!
DSC08217b
雲を透かして見えた金環日食(クリックで拡大します)
この後もっと偏りの無い太陽も見られたのですが、写真の方は上手く撮れていませんでした。


何人かの人が同じ場所で観測していましたが、皆空ばかり見上げているので、誰が誰やらわかりません。
特に私は金環日食が終わっても空を見上げていたので、最後までそばにいた人達の中に知人がいたかどうかがわかりませんでした。

どんよりした曇り空でしたが、諦めないで良かったです。
一番良い瞬間、雲が薄くなって目にすることができた幸運に感謝しました。

金環日食 - 2012.05.21 Mon


写真は上手く撮れませんでしたが、肉眼ではしっかり輪っかを確認しました!

スネイプアルファベット①(5/22追記) - 2012.05.20 Sun

電話などで文字の説明をする時、「田んぼの田」とか「子どもの子」とか言いますよね?
英語でも同様で、例えば「A as in Apple」とか「C as in Cat」などとアルファベットを表現することがあります。
アルファベットをハリー・ポッターの中の用語だけで説明できないだろうか、と考えているうち、いや「S as in Snape」とかスネイプ先生関連だけに絞ってみようと思い、挑戦してみました。
複数思いついた場合は私が重要だと思う順に複数載せます。一つも思いつかないものもこじつけるつもりです(笑)
もっと良いものがあったら教えて下さい。
まずはA~Fまで。どうしてスネイプ先生関連の言葉と言えるのかという主観に満ちた解説付きです。

<A>
Advaced Potion Making(上級魔法薬)プリンスの書き込みがたくさんある本
Avada Kedavra(アバダ・ケダブラ)スネイプ先生がダンブルドアに向けて使った死の呪い、スネイプ先生が苦しみの末、自分の魂を犠牲にして口にした呪文

<B>
Bezoar(ベゾアール)スネイプ先生が最初の授業で語り、プリンスの教科書にも記した解毒剤
Bat(こうもり)スネイプ先生がしばしば例えられた動物
Bandage(包帯)三頭犬に噛まれたスネイプ先生が脚に巻いたもの
Black(黒)スネイプ先生の髪や服の色、敵対するシリウスの名字
Boggart(ボガート/まね妖怪)緑のドレスやハゲタカのついた帽子などを身につけたスネイプ先生の姿に変身したことがある形態模写妖怪(5/22追加)

<C>
Cauldron(大鍋)魔法薬の調合の必需品
Counter-curse(反対呪文)クィレルがハリーにかけた呪いを打ち消すために使った
Coward(臆病者)スネイプ先生が自分をそう呼ぶなと言った言葉
Cockroach(ごきぶり)ハリーに最悪の記憶を見られて、怒りのあまり投げつけた瓶の中に入っていた

<D>
Doe(牝鹿)スネイプ先生のパトローナス
Dumbledore(ダンブルドア)スネイプ先生の真実を唯一知る人物であり、スネイプ先生によって命を絶たれた人
Dungeon(地下牢)スネイプ先生が教えた教室やスリザリン寮があるところ
Detention(居残り、罰則)スネイプ先生がハリーを始めグリフィンドール生にたびたび発した言葉
Defence Against the Dark Arts(闇の魔術に対する防衛術)スネイプ先生が教えたいと願っていてハリー6年生の年に教えることになった科目
Death Eater(死喰い人)スネイプ先生が所属していた闇の集団
Dark Lord(闇の帝王)スネイプ先生が第三者にヴォルデモートを語る時に使う言葉
Double agent(二重スパイ)スネイプ先生が見事に演じた役割

<E>
Elder wand (ニワトコの杖)スネイプ先生に所有権があると誤解された最強の杖、スネイプ先生が命を落とした章のタイトル
Eileen(アイリーン)スネイプ先生のお母さんの名
Expecto Patronum (エクスペクトパトローナム)スネイプ先生が牝鹿のパトローナスを作り出す時に唱える呪文
Expelliarmus(エクスペリアームス)2巻でスネイプ先生がロックハートに使ったことによって初登場した呪文
Evans(エバンズ)スネイプ先生が愛した女性の旧姓

<F>
Forest of Dean(ディーンの森)スネイプ先生が剣を沈めた池があり、ハリーを導くために牝鹿のパトローナスを出した場所(5/22追加)
Floo Powder(フルーパウダー)スネイプ先生が自室の暖炉に投げ入れてルーピンを呼びつけた粉(多分…Powderとしか書いていないけど)
Fly(ハエ)セブルス少年が寝室で杖を向けて撃ち落としていたもの

Dが多い……。
「アバダケダブラのA」とか「ベゾアールのB」などとお使いいただければ幸いです(笑)
2回くらいに分けて書こうと思ったのですが、次々出てきてとても2回シリーズじゃ終わらない気がします。


<5/22>
BoggartとForest of Deanを追加しました。ディーンの森は、Dの方がいいかなあ……。

通信手段の変化 - 2012.05.19 Sat

次男が近頃しきりとスマホの話題を振ってきます。
「もうガラケーは販売されないよ、どうする?」と言われて聞き返しました。
「え?ガラケーって何?」
ガラパゴス携帯―日本で独自の進化を遂げた従来のタイプの携帯のことらしいですね。
ガラパゴスの意味に納得しましたが、とにかく今までのタイプが発売されないと困る人もいるのは事実だろうな、と思います。

そう言えば、二三日前も同じことを助手のIさんに言われたっけ。
「今までのような携帯が販売されなくなるって。二尋さんどうする?次はスマホ買う?シニアは困るよね」
えー?私もシニアに括られた!?Iさんは私の一回上の同じ干支で、つまり12歳年上でなんですけど…。
それはさておき。
Iさんはスマホをいじれる自信はないようですが、Iさんのお父さん(80代後半)は買いたいと言っているそうです。
そのお父さんが欲しがるのを「誰も使い方の相談に乗ってあげられないからやめて」と阻止したとか。うーん、確かにIさんでは相談に乗れないかも(笑)

通信手段の変化の早さに驚くばかりです。
私が独身の頃には電話を携帯するという概念もなかったのに。
私はPHSからスタートしました。PHSは一時衰退したように見えましたが、病院では今も健在だし、長男も携帯と併用で使っています。
私より一回り以上年下の世代の同僚の中には、携帯電話以前にポケベルを持っていた、という人も何人かいます。
「高校の休み時間、公衆電話の前に行列ができた」と懐かしそうに語るのを不思議な気持ちで見ていました。
私も使ったことはないけど、うちの子どもたちもポケベルなんて見たこともないでしょう。ごく一部の世代だけが知っている通信手段というのも面白いです。

私の“ガラケー”、丸5年以上使っているけどまだまだ不具合は出てきません。
私も次に買うならスマホだろうな、と漠然と考えていますが、その“次”がいつになるかは未定です。

杖と蛇 - 2012.05.18 Fri

先日OT免許証を目にした時、大臣の名の他にもう一つ気付いたことがありました。
免許証の文字の回り、紙の縁に沿ってぐるっと模様が描かれていて、そのてっぺんに杖と蛇の紋章も描かれていました。
今までその図に全然気づかなかったことに驚いた以上に、それがアスクレピオスの杖でなかったことにとても驚きました。

アスクレピオスの杖については、何度か書いたことがあります(2007年2009年)が、一本の杖に蛇が絡みつく図で、医療・医術のシンボルとされています。
救急車に描かれたスターオブライフの中心にも存在します。

ウィキペディアの『アスクレピオスの杖』を読むとわかるのですが、杖に蛇が絡みつく紋章はもう一つあって、そちらと混同されることがしばしばあるようです。
まさにその混同される方の杖が描かれていたので私は驚いたのです。
アスクレピオスの杖について調べた当時、混同されがちな紋章についての記述も読んでいたので、目にした瞬間すぐにそれだとわかりました。

それは一本の杖に二匹の蛇が絡みつく図で、ケーリュケイオン(またはカドゥケウス)と呼ばれ、ギリシア神話の伝令の神ヘルメスが持つ杖のことのようです。欧米では商業の紋章として使われることが多いとありますが、同時にアスクレピオスの杖と混同され医療のシンブルとして欧米でも日本でも使われることがあるそうです。
DSC08208a.jpg
OT免許証のケーリュケイオン(カドゥケウス)
鱗まで描かれていて意外とリアル!

しかし、まさか自分の持っている作業療法士免許証に、間違った方の杖が描かれていたとは!
うーん。ちょっとすっきりしない気分です。

friend requests - 2012.05.17 Thu

Pottermoreが一般に公開されてからほぼ一ヶ月が経ちました。
一体どれくらいの人がPottermoreに登録されたのかわかりませんが、良かったらPottermore内での友達になってください!
私のfriendになってやってもいいという方は、非公開のコメントでゲームネームを教えて下さい。
私の方からfriend requestします。

ご褒美 - 2012.05.17 Thu

今日は仕事が忙しく、いつもよりたくさんの患者さんの診療をしたので、肉体的に少し疲れました。

頑張った自分にご褒美を、と思って、夕食時にお酒を飲むことにしました。
夫は毎日飲んでますが、私が晩酌をするのは休前日だけ、それ以外の日は飲んでいません。
健康のためというよりは、夕食後のパソコンタイムを充実させるため、趣味を優先させるために自分で決めたことです。飲んでしまうと長い文章が作れなくなるから。
それでも、今日みたいな日は、ビールの一杯でも欲しくなり、夫に「今日は頑張ったからご褒美に飲むね」と宣言
しました。

宣言してから可笑しくなりました。
帰宅途中のケーキ屋さんで、焼き菓子を買ったのを思い出したから。
頑張ったご褒美に、夕食後のデザートにたっぷりのミルクティーを飲みながら、家族と一緒にお菓子を食べようと思ったんです。
ご褒美多すぎ!
結局、両方のご褒美をいただきました(笑)

新解説 - 2012.05.16 Wed

今気付いたのですが、なんだかPottermoreにさらに新解説が追加されたように思います。
「思います」と付けたのは、自信がないからです。もしかしたら、まだやり残したことがあって読めなかった新解説に気付いていなかっただけかもしれないので。
でも、トップページに

You can now visit the library and read excerpts from selected books.

Best wishes,
The Pottermore team

と出ていて、この文章は確かに昨日まではありませんでした。
この場所には、e-bookが買えるPottermore shopへのリンクがあったんです。
それに、上の文には、『now』という文字も入っているし、今見られるようになったとしか思えません。
そこでお知らせに示された場所に行って探すと、ちゃんと見つかって、「新解説」が読めました。
まだやっていないことに気付いたり、何かを探したり、読んだことのない文章を読むのは、本当にわくわくして楽しいです。

公開された時点で新しく書き加えられることはないと思い込んでいましたが、そうではないということでしょうか。
一通り遊んでしまって特にやることもなかったけれど、ファンアートを見たり、ポーションを作ったりして細々と楽しんでいたのが幸いしました。そうでなかったらお知らせに気付かなかったでしょう。
ん?それともあったりなかったりするお知らせで、今まで見逃したものもあったとか?
どっちにしてもハリー・ポッターの世界らしくて良いです。

Favourites - 2012.05.15 Tue

Pottermoreでは、キャラクターや魔法生物、ポーション、呪文、場所や章などいくつかの項目でそれぞれ自分のお気に入りを選べるようになっています。
2巻以降はまだ遊べないので、好きな章を1巻からしか選べないのはもちろん、1巻で登場していないキャラクターもお気に入りに入れることはできません。

私のお気に入りのキャラクターは、今のところスネイプ先生唯一人で、場所も魔法薬学教室のみ。
好きな章は1巻8章(魔法薬学初授業)と11章(脚の包帯を替えている場面とクィディッチでクィレルの呪いの反対呪文を唱えている場面)と13章(クィディッチの審判場面)。
そして、それぞれの項目について自分で描いた絵をUPできるようになっています。
私はまだ何も投稿していないのですが、いつか自分のスネイプ先生を載せたいものです。
自作の人形の画像だっていけないわけではないでしょうけれど、折角絵を習っている以上、私のイメージのスネイプ先生を載せたいんです。

自分のはまだですが、他人様の絵は見ることができます。
ちゃんと「Professor Snape」のページがあって、説明文やコメントの後、一番下に「Drawings and pictures」という欄があって、UPされた画像を見ることができます。カーソルを当てるとちゃんとどこの国の人が描いた絵かもわかるようになっています。

現時点で770人のスネイプ先生にお会いできます。
まだ全部見ていませんが、映画のスネイプ先生の絵が多いです。模写も多いし(そういう意味では私も載せることはできますが)、映画にないオリジナルの構図であっても姿はアランスネイプがほとんどです。
私は、読者それぞれのイメージのスネイプ先生を見たいんだけど…。

ごくたまにオリジナリティーのある絵をみつけると嬉しいです。
すごくアクが強いけれど惹かれる絵があって、私のイメージとも違うけれど、今一番のお気に入りです。
もしかしてプロが描いたのかと思うくらい独自の世界を持っている絵です。もちろん、衣装も映画とは違うし。
こういうスネイプ先生に会えるだけでもPottermoreに登録した甲斐があると思っています。お薦めです。

もうすぐ金環食 - 2012.05.14 Mon

金環(日)食まであと一週間です。
我が家は金環食の見える地域にある、と漠然と知っていましたが、市区町村別に見え具合を教えてくれるサイトで見たら、かなり好条件でした。
我が家では日食メガネも人数分購入し、その日に備えています。

心配なのはお天気です。ちょっと前の予想ではパッとしない天気でしたが、今日見た週間予報ではまあまあといったところ。

次に問題なのは、どこで観測するか、ということ。
金環食となっている時間は、私の出勤の時間と重なります。
家で見ていたら遅刻とはいかないまでもちょっとせわしない感じ。
落ちついて見るなら、いっそ早く出て職場付近、という手もあります。
しかし、市区町村別の見え方で比較すると、職場のある市より自宅のある市の方がより真円に近いようです。
となると、自宅最寄り駅付近が一番適している?
でも高いビルに遮られると全然見えない危険があるし……。

というわけで、今朝は、どこが一番観測に適しているか探そうと、空ばかり見上げて出勤しました。

魔法 - 2012.05.13 Sun

昨日の記事のレシピには、「かき混ぜる」の意味の「Stir」も使われていました。この単語もPottermoreで使われているのですが、それとは」別に思い出すものがありました。

昔、化学を学ぶ学生だった頃、実験に使っていた「スターラー」という装置です。
正確にはマグネチックスターラー(Magnetic stirrer)と呼ぶようで(既に忘れかけている)、磁力を利用して自動的にビーカーなどに入った液体の撹拌をする装置です。

このStirの文字を見て、昨日唐突にそのマグネチックスターラーを思い出し、そう言えばあれは自動的にかき混ぜる魔法のような装置だったな、と思いました。
勝手にかき混ぜる大鍋みたいじゃありませんか!

そう考えると、他にも魔法のような装置がいくつか思い浮かびます。
モリーおばさんが流しに向かって杖を一振りすると勝手に洗い物を始めたけれど、我が家でも食洗器が自動で洗って乾かしてくれています。
洗濯機だって衣類と洗剤を入れてセットしておけば1時間もしないうちに洗い終えて脱水までしてくれるし、洗濯機によっては乾燥まで設定できます。
うちにはないけど、勝手に掃除してくれる掃除機だって販売されてますよね。

電化製品って、魔法の力を持たないマグルの魔法のアイテムだったんだ!と改めて実感しました。アーサーが電化製品に興味を示したのもわかる気がしてきます。ルーモスやインセンディオと同じ効果をもたらすこともあるし。

以前、オフでお話した方が、人間みんなに魔法の力があったら電気は発達しなかった、みたいなことを言っていたように記憶していますが(うろ覚えです)、全くその通りだと思いました。
今まさにその供給方法に議論が巻き起こってはいますが、私たちは既に魔法を手に入れていたのだと、妙に感心してしまいました。

レシピ - 2012.05.12 Sat

昨日英会話のレッスン時、連休中にタイに行っていたという先生からお土産をいただきました。トムヤムクンの素のペーストです。
昨日参加した生徒4人にそれぞれ同じ物を配り、先生は裏側を見るよう指示しました。
裏にはタイ語の他英語でもトムヤムクンのレシピが書かれています。
その英語のレシピを読んで理解する、という勉強も兼ねたお土産でした。

読んでいくうちに、あれ?と思いました。
何かものすごく親近感のある文章です。
何だろう?と思ってすぐ思いついたのが、ポッターモアの中に出てくる魔法薬の作り方。
原料の何をどれくらい鍋に入れて、かき混ぜて何分、という英文が、魔法薬の作り方そっくりでした。さすがに、「時計回りに5回かき混ぜる」とか「杖を振る」とまでは書いてありませんでしたが。

このレシピを見ていて、今までの「スネイプ先生は料理も上手かっただろう」という漠然とした思いが、確信に変わっていきました。
絶対上手かったに違いありません!
レシピ通り再現する能力の高さはもちろんですが、スネイプ先生には独創的な発想もあるんです。
プリンスの本に書かれた『陶酔感を誘う霊薬』などが良い例です。
ハッカの葉は原料にないものの、副作用を相殺する目的でプリンスの判断で書き加えられたものでした。
つまり、レシピにはないけれど効果あるものは加えていったと思うんです。
もっとも、その“効果”が、万人受けするかどうかはわかりませんが(笑)
レビコーパスやセクタム・センプラなどの呪文を新しく開発したように、今までにない魔法薬だって開発したかも。
ということは、創作料理を作っていた可能性だって捨てきれません(と思います)
繊細な味覚と嗅覚も備わっていたのではないかと妄想しています。

スピナーズエンドでは、ワームテールが補佐という名の雑用をやっていたようですが、その雑用は「飲み物を出したりとか―あなたの家の掃除とかじゃない」と言っているので、料理は含まれていないかも。
つまり、スネイプ先生が料理はしていた可能性は残っています。
魔法薬同様、微妙な科学と厳密な芸術で以って料理するスネイプ先生、素敵

漏水 - 2012.05.11 Fri

今週の火曜日、「漏水調査のお願い」という紙がポストに入っているのを帰宅した時に見つけました。
水道の検針に来た点検員が置いていったもののようです。
「ご不在にもかかわらず水道メーターのパイロット針が回っておりました」などと書かれています。
間もなく夫も帰宅し、二人で調べることにしました。
水漏れの可能性も書かれていましたが、授業の終わった長男が、バイトに行く前に一度家に帰ってシャワーを浴びたのかも、と私達は楽観していました。

しかし、どの蛇口もしっかり閉まっているのを確認しても、メーターに付属している小さな銀色の針(円盤)はゆっくり回っていました。
ようやく私たちも漏水の可能性を疑い始め、同時に大変気が重くなりました。
水道営業所や修理工事店に電話したり、調べに来てもらう日を調整したり、場合によっては大掛かりな修理が必要だったり、手間も時間もお金もかかりそうなので。

でも、ぼやぼやしている間に水は流れ続け、莫大な料金を請求されかねません。
とにかくどこか漏れている場所が目につかないか探してみました。

途中で、ふと思い当たったことがありました。
連休中の始め頃、庭の草むしりをしていて、隣の家との間の狭い敷地の砂利が濡れ、我が家の壁に沿った部分の一部から僅かに、しかし絶え間なく水が湧いていたのを。
よく晴れた日ではありましたが、大雨が降った翌日だったので、雨水がどこかを伝ってここから出ているのだな、程度の認識しかなかったのです。
もういちどそこに行ってみると、やはりまだ水は湧き出ていました。
ああ、漏水決定です。がっくり。
台所の床下収納を外してみると、床下のコンクリートが水浸しでした

その後水道営業所や工事店(同じ町内)に連絡を取りました。
今とても漏水が多く予定が詰まっているからと、土曜日(明日)まで待つことになりましたが、一件思ったより早く終わったとかで、急遽昨日、私が仕事に行っている間に来てくれて、夫が全て対応してくれました。

床下に入って調べてもらったら、どうやら原因の場所は、壁に穴を開けたり土を掘ったりする必要のない場所だと判明しました。大事にならないで良かった~
床下の水は雑巾に吸わせて絞る、という原始的な方法でバケツ4杯分ほど汲みだしたのだそうです。

銅製の管まわりを樹脂で被覆した給湯管の、胴の一部が腐食して小さな穴が開き、回りの樹脂のおかげでそんなに大量には噴き出していなかったようです。
修理してもらってようやくパイロット針も止まりました。

我が家はほぼ築10年。まだまだ新しいと思っていたのに、やっぱり劣化は徐々に進んでいたのですね。
これからあちこち手入れが必要になってくると思うと面倒です。

漏水工事が終わった旨を水道営業所に報告したら、水道料金減額の対象になり得ることが判明したのが、せめてもの救いでした。

新パーク - 2012.05.10 Thu

USJに新パーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」が出来るそうですね!
Yahoo!ニュースで知りましたが、2014年後半だとか。
遅いよ!と思わないでもありませんが、やっぱり関心はあります。
テーマパークのためだけにフロリダに行くエネルギーはなかったけれど、大阪だったらもっと気軽に行けそう。
今まで一度も行ったことないし、行ってみたいです。
大阪でオフ会、という新しい試みも出来るかもしれません。

早速夫に話しましたが、非常に慎重に言葉を選びました。うっかりすると、「イギリス行かなくてもよくなったね」と言われてしまうので。
しかし、「大阪でいいんだ」と言われて「いや、大阪では満足できない」と答えると「じゃあ大阪行く必要ないよね?」となり、なかなか『両方行く』という方向に話が進みませんでした。

フロリダと全く同じアトラクションになるのでしょうか。
yahoo!ニュースだけではよくわからないけれど、ポッターマニアさんの記事には米国と同じ乗り物が複数建設される、とあるので、重なる部分も大きそう。
確かフロリダには、スネイプ先生のオフィスとか魔法薬学教室とかを体験できるアトラクションはないのですよね?(よく知らないけど)
スネイプ先生の人気を考えたら、ぜひ日本にしかないスネイプ先生関連のアトラクションを建設して欲しいです。
でも今日のニュースを見る限り、グリフィンドール寮のファンばかりが集まったかのような印象で(事前にどこかで告知があったのでしょうか?)、スネイプ先生の人気を主張できていない感じ。
このままでは、スネイプ先生関連のアトラクションの新設の見込みも薄そうです

強いカード - 2012.05.08 Tue

今日、何年振りかで自分のOTの免許証を手に取りました。
そこに書かれた大臣の名を見て、以前の同僚たちとの会話が蘇りました。

PTの同僚が結婚によって姓が変わったためにPT免許証の書き換えを申請し、新しい免許証が届いたのを二ヶ月くらい前に見せてもらったことがありました。
ずーっと前に書いたことがありますが、PTやOTの免許証は、表彰状や卒業証書のような形と大きさの紙製の免状になっています。
その新しい免許証を見せてもらったら、免許を与えた側の名が、現在の厚生労働大臣になっていました。
そうか、今申請したら、今の大臣の名前で発行されるんだ!とみんなで少々驚きました。
そして、自分の免許に書かれた大臣の名を報告し合いました。

私の免許証に書かれていたのは坂口力さんです。
私の一年先輩も後輩ももちろん同期のTちゃんも同じです。
でも、後はほとんどみんな違う大臣ばかり。
というのも、任期が短いからなんですね。
任期が短い上に、それっきり表舞台に出てこなかったりするので、覚えていない名も多々ありました。
だから、免許に書かれた大臣名がちょっと有名だったりすると羨ましがったりしました。「いいな~私は無名の○○さんだよ」という具合に(笑)

ちょっとカードゲームのキャラクターみたい。
スネイプ先生は別格として、ダンブルドアとかヴォルデモートのカードが来たら勝てそうだけどクラッブとかゴイルが来たらダメだ~と思うのに似ています。
坂口さんは最後の厚生大臣であり最初の厚生労働大臣でもあり、一番在位期間が長かったみたいですから、それなりに知名度もあるし、私も顔が認識できるし、まあまあ強いカードといったところ。ルーピンカードくらいでしょうか(笑)
今の同僚の中にはいないのですが、以前の同僚で免許の大臣が小泉純一郎さんだった人がいて、私たちの感覚では、それは位が一番高かったかも。
さしずめダンブルドアカードといったところです。

ワインボトル - 2012.05.06 Sun

お正月休みより長い連休が終わろうとしています。
今回は少し外出の予定はあったものの、ほとんどを家事に費やしました。年末に出来なかった大掃除ができたので達成感があります。

最終日の今日は、絵の課題に取り組んでいました。
手首が治ってきたのでやっと取り組めました。
今回はワインボトルとワイングラスのデッサンです。
前回の授業の最後に課題が与えられた時、絵の先生の「スネイプ先生が飲むワインだと思うと楽しいですね」という言葉にものすごくときめきました。
だって、ワインは物語中唯一スネイプ先生が口にしたものですから!

そんなわけで、今日は少し飲んだ状態のボトルを用意し、すっかりそのつもりになって描きました
スネイプ先生の“飲みかけ”のつもりです。
グラスは未使用の状態ですけど(笑)
一度抜いたコルクで栓をしたけど、飲んでる途中なら開けておくかなあ。
それとも、几帳面そうだから、やっぱりそのたび栓をしているかな?


スーパームーン - 2012.05.05 Sat

今夜の月はスーパームーンというのだそうですね。
今日は一日すっきり晴れて、夜も雲が少なく月がきれいに見えるなあと思っていたら、ヤフーニュースで今夜の月は今年の他の日の満月より14%大きく30%明るい「スーパームーン」だと知りました。
月の軌道が楕円のためだからという理由に大いに納得しつつ、今まであまりそのことを知らなかったことに驚いています。

澄んだ夜空輝く満月を何とか写真に収めたかったのですが、やはりデジカメの性能上、どんなに設定を変えても限界がありました。
DSC08159a.jpg
30枚撮った中で一番マシな写真
まるで朧月みたいですが、実際はもっとくっきり見えています。

ところで、スーパームーンの時、人狼っていつもと何か違うのでしょうか?
だって月はいつもより地球に近いのだし、実際大きく明るく見えているのだし、言わば満月中の満月で、人狼のパワーもいつもより強いのではないかと思います。
となると、脱狼薬も、いつもと同じ配合では十分抑えられないかも!
そうだとしたら、もちろんスネイプ先生はその辺十分心得ていて、いつもより濃い目の脱狼薬を煎じてくれるんです。
微妙な匙加減は芸術的と言っても過言ではありません(妄想です)
ルーピン先生も、いつもより多く立ち昇る煙にむせ、「いつもより苦い」と思いつつ、涙目で飲み干しているんじゃないかな~(妄想です)

7周年 - 2012.05.04 Fri

今日でもう一つのブログ「スネイプ先生に開心術!!」が7周年を迎えました。
たくさんの方に記事を読んでいただいたことやコメントや拍手の反応に励まされ、ここまで続けるこができました。本当にありがとうございます。

まさか7年も続くとは自分でも思っていませんでした。
気持ちが冷めるというより、考察という形式上そう長く続けられるものではないと思っていたのです。少なくとも1,2巻を語っていた頃は。
それが続いた理由の一つは、考察を意識するのをやめてスネイプ先生の登場部分を順番に細かく深く読む形に変えていったからだと思います。
1,2巻の頃はスネイプ先生の登場場面全てを語るのではなく、「~したのはなぜ?」とか「~はいつ?」というテーマで語っていたので、そのままだったらすぐにネタも尽きたことでしょう。

5年前に初めてオフでお話しした方に、今日久し振りにお会いしたら、「まだ(活動は)続いてる?」と聞かれたので、「現在進行形」と答えました。
「今日でブログが7周年を迎えた」と話したら、「お疲れさまです」と労いつつ、各記事で結論を出さなかったことが長く続いた理由ではないか、と言われました。そうかもしれません。

その方の中では、7巻後ある程度形が定まり、冷めたわけではないけれどもう自分の頭の中に留めておいてもいいかな?もう発信しなくてもいいかな、という気持ちになったと話してくれました。
それは、すごくよくわかると思いました。

ブログを始めた頃は、スネイプ先生の言動が謎に満ちていて、読んでも読んでもわからなくて、自分の考えをまとめるつもりで、ちょうどペンシーブのような使い方をするつもりで文章にしていきました。
その過程で色々コメントをいただき、私の思いつかないような斬新な考えには柔軟に対応し、どの可能性もあり得ると考えていました。
7巻後、私は少しずつ変わり、斬新な考えを伺っても自分の考えが揺らがなくなりました。

それはつまり、私のスネイプ先生像が固まったということだと思います。
各記事で結論を出さなかった私ですが、いよいよ自分のスネイプ先生像をまとめる時が来たのだと思っています。
今日お会いしたその方にも言いましたが、多分次回が最後だと思います。
7年目にその時が来たのも、7という数字に意味のあるハリー・ポッターの世界にぴったりです。
私の場合はまだ「もう発信しなくていいかな?」の境地に達していないので、ブログがおしまいということになるわけではありませんが、一つの節目になるのは間違いありません。

デート - 2012.05.03 Thu

昨日はなんとか日付が変わる前に帰宅出来て、もう一つのブログをUPすることができました。
と言っても、書こうと思ったこと全てをまとめることはできず、既にある程度まで書いてあった文章に手を加えただけでした。5/2を、スネイプ先生を語らないで通り過ぎることだけは避けたかったんです。

さて、今日は連休中唯一の夫婦二人で遊ぶ予定の日でした。
映画を観て少々買い物をしてから一度家に戻り、息子たちの夕食を作ってから、再び外出して飲みに行きました。
息子たちには悪いけど、たまにはデートしないとね♪

一緒に行く映画は1ヶ月以上前から決めていました。
以前長男が買ってきた漫画が本当に面白くて、映画も観るぞ!と決めていた「テルマエ ロマエ」です。(主演の阿部さんが、いい味出してて面白かった!)

観終わって出てきたところで、M家のご夫妻に会いました。
長女が赤ちゃんだった時初めてできたママ友とそのご主人とで、以前はもう一組のK家と3家族でちょくちょく遊んでました。一年に1回は旅行やキャンプなど泊りがけで出かけたり、カラオケ行ったり、お母さんだけでランチしたり、お父さんだけで飲みに行ったり、3夫婦で飲みに行ったり。
子どもたちがすっかり成長した今は、お互い子ども抜きで夫婦で楽しむ機会が増えようです。
また一緒に飲もうねと約束して別れました。

夜はドリンク半額のクーポンを持って、居酒屋に行きました。
BGMに16、7年前に流行った曲ばかり流れました。
ちょうど子どもたちを連れてカラオケに行っていた時期のもので、レパートリーの少ない私たちが必死で覚えた歌が続けて流れました。昼間M夫妻に会った事も手伝って、子どもが生まれてからの20年ほどを振り返ってみましたが、つい最近だと思っていたことの細部を思い出せなくて、やっぱり月日は流れたんだと実感しました。
たらふく食べて飲みました。(今もかなり酔っぱらっています)
20年以上経っても、変わらずに夫婦で楽しめることは幸せです。

時間がない>< - 2012.05.02 Wed

今日はスネイプ先生の命日です。
ゆっくり偲びたかったけれど、これから新入職員の歓迎会なので、日付が変わる前に帰れるかどうか…。

でも、今日はわずかな隙を見ては、スネイプ先生の痛みや苦しみを考えていました。
いつだって、どんなに忙しい日だって、スネイプ先生のこと、考えない日は一日だってありません!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)