topimage

2012-08

朝顔 - 2012.08.31 Fri


半月ほど前に椿のヒコバエに突如姿を現した朝顔のことを話題にしたかと思います。
あれから毎日一つずつ花をつけ、そのうち、三つ四つと1日に咲く花の数が増えてきました。
写真を撮りたいと思いつつ、朝、玄関を出た時に気づくので、時間がなくて、通り過ぎるしかありませんでした。
今日やっと2、3分時間があったので、撮影できました!
椿を離れ、隣の木に向かっています。

今年私が蒔いた朝顔の種は発芽せず、プランターに植えっぱなしだったリュウキュウアサガオはツルが伸びるばかりでつぼみを一向につけないというのに、勝手に生えてきた朝顔が栄えるとは、皮肉なものです。

検索キーワード - 2012.08.30 Thu

ここ数日、このブログの検索キーワードで急に増えたものがあります。
そういうことは今までも、本が発売されたとか映画がテレビで放映されたとかのイベント後によくありました。
そこまで劇的に増えていないものの、ちょっと変わった組み合わせの言葉なのにここ数日確実に増えていて、特に今日多くて、一体何があったのか気になるところです。

そのキーワードというのは「スネイプ 傘」とか「スネイプ先生 傘」とか、要するに「スネイプ(先生)」と「傘」との組み合わせの言葉です。
これは一体どうしたことでしょう?
この言葉にヒットする記事と、それとは別に画像検索した時ヒットする画像があります。
画像検索では傘が写ってなくても私の画像がたくさんヒットしてきます。
そのたくさんの中で多くクリックされているのが、本当に映画のスネイプ先生がプリントされた傘の画像なので、多分それ目当てでいらしているのでしょう。

DSC00660a.jpg
この画像↑
これは今年の1月、スネイプ先生のお誕生日会の時に撮影したもので、参加者のお一人が持参されたスネイプ先生柄の傘の他スネイプ先生フィギュアやレゴ、手作りスネイプ先生達が勢揃いしているものなんです。
その方が今から半年以上前に手に入れたであろう傘が、なぜ今頃どこかで話題になっているのか、不思議です。


ついでに今月の検索キーワードで気になったもの挙げてみます。
オリンピックに関連したもので「開会式 武田アナウンサー ヴォルデモート卿」とかそれに似たキーワードがたくさんありました。

ブログタイトルのためか、「オリンピック 水深」というものも結構あって、検索していらした方は、目的を達成できなかっただろうな、と申し訳なく思っています。

「海ほおずき」が今年の夏は今までになく多く検索されました。
これもきっとどこかで話題になって、正体を知りたい人が調べていたのでしょう。

スネイプ先生関連のキーワードは、「スネイプ」とか「スネイプ先生」とか単体もたくさんありますが、断然面白いのが、別の単語との組み合わせです。数えきれないほどありますが、いくつか目に留まったものを挙げていきます。

「スネイプ 独身」
スネイプ先生に恋し始めた乙女が、先生が独身であることを確認したかったのでしょうか。

「iphone ケース スネイプ」
これ、実際どこかで手に入るもの?

「スネイプ 薬品の香り」
何か甘い文章でも期待されていたのかな。

「スネイプ 同室」
学生時代の寮の同室は誰だったか調べているところ?

「スネイプ 慎重」
これは意図がよくわかりませが、私はこの言葉から、閉心術の個人授業の前(後)にペンシーブに自分の記憶を入れる(出す)場面を想像します。

「スネイプ ハナミズキ」
これはなんとなくわかる気がします。「ハナミズキ」という歌の、愛する人の幸せを願って身を引く男性の姿にスネイプ先生を重ねることが私もあるからです。
もっとも、スネイプ先生の方には、もっとドロドロした感情があったと思うのですが。

「蘇りの石 なぜ スネイプ先生 いなかった」
私に直接聞いてくれれば、「ハリーが会いたいと思う人ではなかったから」と答えたでしょう(笑)

「イギリス スネイプ村」
検索した方は、これからそこに行かれるのでしょうか。
それとも、そんな村があるの?( ´,_ゝ`)プッ
的なノリ?

「スネイプ先生 大好き」
あー、良いキーワードですねぇ。今でもこの言葉で検索する人がいて、私のブログがヒットする、という点がとても嬉しいです。

「スネイプ 結婚式 司会 コスプレ」
これ、スネイプ先生がコスプレして誰かの結婚式の司会をした、というのではなく、誰かがスネイプ先生のコスプレで結婚式の司会をした、ということでしょうか。
そんな人いるのー!?
新郎新婦もさぞかし大喜びしたでしょう。羨ましい~
それとも、やっぱり前者か?
いや、そんなことするのは、もはやスネイプ先生ではありません!

人間○○ホイホイ - 2012.08.29 Wed

「今年は見てないね」に始まって、夫とゴキブリの話題になりました。
隠していないので、苦手な方は続きは読まない方が無難です(笑)



私にも夫にも寝ている時に顔の上を這われた体験があり、今までも何度か話題になったのに、またその話になりました。
私の体験は子ども時代で、頬を這われました(汗)
夫は結婚後で(今の家ではありませんが、私も同室に居ました)、眉を這われました。
その時の感覚を語りながら、夫は「眉の濃い人だったら、脚が眉に絡まるんじゃないか?人間ゴキブリホイホイだな」と言いました。

「やめて~」と言いながら、私は眉の濃い人を思い出していました。
お気付きの方もいらっしゃると思いますが、私が最近“眉の濃い人”で思い出す人の筆頭は、スネイプ先生です。
そして、嫌だ嫌だと思いながらも、ついつい夫の言った状況をスネイプ先生に当てはめて想像してしまいました。
いくらなんでも、そこまで濃くはないよね?と思いつつ、スネイプ先生の研究室にあった瓶入りのゴキブリは、もしや自分の眉で捕獲した?とか。
うわー!スネイプ先生、本当にごめんなさい

鍋選び - 2012.08.29 Wed

Pottermoreでの魔法薬作りは、熟成させるために実際に何分か放置する必要があります。
調合する薬によって、さらに鍋の材質によっても時間は違います。
値段の一番安い錫製の鍋が一番時間がかかり、次が真鍮、一番短いのが一番高価な銅製の鍋です。

時間に余裕のある時なら、短時間でできる銅製鍋で作り、時間に余裕のない時は錫製鍋で作ります。
逆のように見えますが、時間に余裕のある時はパソコンの前に座りっぱなしでいられるのに対し、時間のない時は放置時間の間に他のことをやって、熟成出来た頃にパソコンの前に行くので、その時間の幅を広くしておきたいのです。
熟成にかかったのと同じ時間内に次の工程に進まないと、魔法役作りは失敗になってしまうからです。
つまり、50分で熟成するものなら、100分以内に次の工程に着手しないといけません。
最初の50分が経過した時点で、カウントダウンが始まり、その数字が0になる前に次の作業をしないと失敗です。

最近忙しくて、魔法薬を作っていることをしばしば忘れます。(なんて不真面目な!)
今日もパソコンを始めたところで長男が帰宅したので、その夕飯に付き合っているうちに別のことを始めてしまい、すっかり忘れてしまいました。
魔法薬作ってたんだ!と気づいて恐る恐る確認してみたら、正しく調合できなかった、というような表示が出てきてがっくりしました。
数日前も忘れていて「しまったー!」と言いながら開けたら、あと7秒で終わるところで、慌ててボタンを一つクリックし、カウントダウンは止まりました。
魔法薬作りもなかなかスリリングです。(スネイプ先生の授業では、もっとスリリングなのでしょうけど)
魔法薬作りに失敗しないためにも、毎回鍋選びは慎重に行おうと思います。

接続障害 - 2012.08.27 Mon

一昨日の土曜日、我が家のデスクトップパソコンがインターネットに接続できなくなりました。と言っても、私は土曜日は一切パソコンに触れなかったので、それを知ったのは昨日でしたが。
そして、昨日も朝からインターネットに接続できませんでした。
さすがにこれはおかしい、と夫が原因を究明しようとするのですが、全然わかりません。
無線LANを使っているノートパソコンは使えているので、問題はデスクトップパソコン自体にあるかと思われました。

夫はほぼ半日かけて原因を探りましたが解明できず、買い替え案が出始めた頃、「パソコンを三日前の状態に戻して良いか?」と聞かれました。問題なく接続できていた三日前の状態に戻せばあるいは?とわずかな希望に縋ったのでした。
この三日間で特に何か新しいものをインストールした覚えはなかったので、三日前の状態に戻しました。
すると、なぜだか理由はわからないまま、ネットに接続できるようになり、この三日間に何があったんだっけ??と二人で首を傾げていました。

ネットに接続できたことで、メールを受信することができました。(ノートパソコンの方はメールソフトを使っていないので、フリーメールしか使えない)
そこで初めて今回の不具合の原因がわかりました。
メールは25日付けで、マカフィ―からで、なんと、「8/18に提供した定義ファイルで一部のお客様にネットワーク接続障害、製品機能に問題を引き起こ障害が発生することを確認しました」と書いてあります!
言われてみれば、金曜日あたりに「ソフトウェアが更新されました」という文字を見た気がします。
アンチウィルスソフトが、ネットワーク接続障害の原因になるとは思ってもいませんでした!
そのメールには対策が長々と記されていましたが、ネットが接続できて初めてそのメールを受け取れたんですけど?
ネットワーク接続障害とその対策をお知らせするのに、ネットワークを使っていたらダメなんじゃないかなあ?

魔法使いのイラスト - 2012.08.26 Sun

魔法使いのイラスト、ずっと探していました。
ブログに「探している」と書いた翌日、仕事帰りに図書館に寄ってみました。
絵本の挿絵にあるのではないかと思って。
ところが、私が行った市立の図書館では、絵本は絵を書いた画家の名前順で分類されていて、どこをどう探してよいかわかりません。
図書館内のパソコンで、とりあえずグリム童話の白雪姫とかヘンゼルとグレーテルとかシンデレラとか、魔女や魔法使いの出てくる本の名前で検索し、蔵書にあることを確認後、棚の位置を調べ、メモしていきました。
同じ白雪姫でも、絵を描いた人が違えば、全然違う棚にあるのがやっかいです。
そして、それとは別に、グリム童話集は『昔話』の棚にあるし。
1時間以上探したのですが、結局ピンと来る絵は見つからず、『魔法使いの本』というタイトルの本と『ファンタジー画集トールキンの世界』という本を二冊借りてきました。

4835441206魔法使いの本 (世界の民話館)
ルース マニング=サンダーズ Ruth Manning‐Sanders
ブッキング 2004-06-01

by G-Tools


4562036087ファンタジー画集 トールキンの世界
J.R.R. トールキン John Ronald Reuel Tolkien
原書房 2003-02

by G-Tools


魔法使いの本の方は、東西の魔法使いに関するお話がいくつか収録されていて、作者はイギリス人、画家は名前だけがぽつんと載っていて、その名をネットで検索しても出て来ず、国籍はわかりません。
トールキンの世界の画集の方は、指輪物語のいくつかの場面のイメージを何人かの画家が描いているもので、ガンダルフの絵もあるだろうと踏んで借りてきました。
確かにガンダルフの絵もあったのですが、なんというか精密なファンタジー画で、出された課題の趣旨とは少し違いそう。
魔法使いの本の方は悪くはないけれど、画家の素性がよくわからない。
ということで、引き続きネット上で探してみました。

今までは、『wizard』とか『wizard drawing』で画像検索していましたが、今度は、『wizard illustration』で探してみたら、偶然良いサイトが見つかりました。
画像のコレクションというか、図書館というか、販売もしているbridgemanというサイトです。
そこの検索バーに『wizard』と入れて、Illustrationを選択すると、程良い数の画像が出てきました。
私が気に入ったイラストは、多くがイギリス人の手によるものでしたが、せっかくなので、三つとも違う国の人が描いたものを選び、それをプリントアウトして(サイトの名前が入っているけれど)、やっと模写に取り組むことができました。

今回の課題は、いつになく準備の段階が大変でした。間に合わないかとヒヤヒヤしましたが、何とか先ほど完成し、スキャンした画像をメールに添付して送って、つまりは宿題を提出できて、ホッとしています。

太鼓判 - 2012.08.26 Sun

昨日は、元同僚4人とその同僚を知る(つまり長く務めている)現同僚4人とで飲みました。

会話が弾んで楽しく飲んでいたら、自分がどれくらい飲んだかわからなくなりました。
いつもは、生ビールを中ジョッキに2杯とカシスオレンジなどのカクテルを1杯か2杯に抑えていて、寝る頃には酔いもすっかり醒めている、という感じなのですが、昨日は飲み放題メニューに生ビールは無く、瓶ビールを飲んでいたのです。
向かいの席が幹事さんで、コップ内のビールの水位が下がるとすぐに足してくれるので、注がれるままに飲んでいたら、上手くしゃべれなくなってきました。
いわゆる、“ろれつが回らない”というやつです。

「あー、舌が上手く動かない」「舌の感覚が鈍麻している」と自己申告するのですが、2人の言語聴覚士(ST)が「いつもと全然変わらない。すごく滑舌良いよ」と太鼓判を押してくれるので、「プロが言うなら、そうかな」といい気になって飲みました
1軒目を追い出された後も全員ではしごし、また飲んでしまい、すっかり帰宅が遅くなりました。
寝る時の酔い具合から考えると、だいぶ飲んだようでちょっと反省。
しかし、全く二日酔いはありませんでした。
思ったほど飲んでいないのかもしれません。
STの耳は間違ってなかったです(単にお酒が強くなっただけかも

思春期 - 2012.08.24 Fri

同僚のW子ちゃん、最近小学6年生の男の子を担当するようになったのですが、その子とコミュニケーションが取れないとこぼしていました。
少し大人びていて、子どもらしい無邪気さがない感じだと言い、要するにもう思春期に入ってしまったのだと思われます。

先日も3DSで遊んでいたので「わあ!それ本当に立体に見えるの?」と明るく聞いたら「はい」と素っ気なく会話を打ち切るような調子で返事があり、それ以上何も言えなかったそうです。
体調や普段の生活など患者さんの全体像を把握するためには、会話からの情報は重要なのに、なかなか会話が続かないのだそうです。

それを聞いて私は相手の肩に手を置く仕草とともに「『会話を続ける努力をしようよ』って言ってみれば?」と提案したら、そばに居た同僚の男性たちから一斉に反論の声が上がりました。
「それは逆効果だよ」
「絶対会話なんか続けてやらない、って頑なになっちゃうよ」と。

そういうもんなの!?
そうか、だから先日次男に同じこと言った時も全然効果なかったんだ!(数日前、会話の続かない次男に「ねえ、会話を続ける努力をしようよ」と言ったら、即座に「ううん」と拒否されたことがあったんです)
実際に自分の息子に言ったと話したら、同僚たちはさらに驚いて、「いやー、自分の子が思春期の時もそういうこと言おうって発想なかったな~」とか言われて、こっちが驚いてしまいました。

そこで、家で次男にW子ちゃんと小学生患者さんの3DSに関する会話を再現してみたら、「『はい』以外に何か言うことあるの?それしか言えないでしょ?」と言われてしまいました。
そんなことあるもんですか!
会話はこう続けることもできるんです。
「それ、本当に立体に見えるの?」
「はい。見たことないの?」
「ないなあ」
「じゃあ見せてあげる」
「わあ、すごーい!○○君はよくゲームやるの?」
とか言いつつ、骨折した手が今後どういう場面に使われるのか聞き取っていくことができるのです。

と説明したら、次男に「ふーん。面倒臭い」と一蹴されました。
ふんっ。思春期の方がよっぽど面倒臭いよ!

セラピストたち - 2012.08.23 Thu

今日の昼休み、少し離れた席にいる技師長が「いつの間に、ハリー・ポッター映画の最終作(のDVD)発売されてたんですか!」と大声で話しかけてきました。昨日娘さんがレンタルしてきて初めて知ったのだそうです。
「もう、だいぶ前ですよ!」とびっくりして答え、感想を聞きました。
「『やっぱりな』という感じ。スネイプが―」と言いかけたところで、そばに居たG先輩が「僕まだ観てません!」と遮り、そのままになりました。
わー!スネイプが何なんだー!すごい気になるー!

すると技師長は席を立って近付いてきて、杖の論理について質問してきます。折ったら最後もう元に戻らないのか?と。
中断された「スネイプが」は気になりますが、なかなか鋭い質問にすぐに答えたくなってしまう私。
原作ではハリーはニワトコの杖を折らなかったこと、基本的に折れた杖は元には戻せないが最強の杖なら修復の呪文で他の杖を直せたこと、実際ハリーはそうやって自分の杖を直したことなどを話しました。

技師長が原作にとても興味を持ったようだったので、「お貸ししますよ」と申し出ました。
すると、その申し出方が「声が違う、人が変わったようだ」「一歩踏み出すように前に乗り出してすごい押してる」と他の同僚たちが指摘してきます。
そりゃ、布教する時テンション上がる癖は、今だって変わりませんよ。

今もたびたび読み返す、という話になると、「どこのページに何があるかきっとわかるんでしょうね」とG先輩がタイムリーなことを言ってくるので食いつきました。
「そりゃもう!昨日もスネイプ先生の眉毛の描写がありそうなところを開いたら、ちゃんとありましたよ!」と話し、さらに調子に乗って、原書では吊り上げる眉が単数だったり複数だったりする、という話をしました。

気がつくと、私の熱い説明にその時スタッフルームに居た十人近い同僚がみんな耳を傾けてくれています。
ハッとして「す、すみませんつい一人で語ってしまいました!」と言ったら、聞いていた同僚は口々に「いや~、そんなに熱くなれる姿を見ているだけでも面白いよね」「そこまで夢中になれるものがあるというところが良いよ」と、話の内容より何かに夢中になってハッピーな人を見ることを楽しんでくれていたようです。

OTもPTもSTも、セラピストというのは、概して他人が生き生き話すのを見るのが好きなんです。患者さんにはそれぞれの環境で生き生きとその人らしく生活してもらいたいと、そんな視点でリハビリのプログラムを考えているんです。
同僚に対しても、そんな温かい目で見てくれていたとは!
考えてみれば今までも私がハリポタやスネイプ先生の話をする時、みんなちっとも嫌な顔をしないで、むしろ嬉しそうに見てくれていたけど、セラピストの性分に依るものだったんですね。と思ったら、恥ずかしいやら嬉しいやら。
まあ、とにかく温かい同僚たちの傾聴のおかげで、久し振りに職場でいっぱいスネイプ先生を語れて良かったです。

片眉 - 2012.08.22 Wed

別ブログの方で、スネイプ先生の眉毛の描写を調べていたら、意外なことに気付きました。
日本語訳では『眉を吊り上げた』となっていても、場面によって眉が単数だったり複数だったりしたのです。

5巻24章で、グリモールド・プレイスにハリーを訪ねてきたスネイプ先生が、来学期から『閉心術』を学ぶことになる、と告げた時のことです。
ハリーが「誰が教えてくださるのですか?」と聞いたら、スネイプ先生は片眉を上げてから「我輩だ(I am)」と答えているんです。
は~素敵~

元々、うるさそうな「はあ?」みたいな表情に殊更ときめきます。
片眉を上げるのって、「どうでもいいことだが」と無関心を装ったり、「軽蔑を込めてみた」というか虚勢を張っている感があって、そのスネイプ先生の心理が可愛くて仕方ありません。しぶしぶ引き受けてやったんだ、という面倒くさそうな様子を見せつけようとしているようで、非常に味わい深く感じます。
他にもそんな場面がないか、今後気をつけて見てみようと思います。

宿題の絵 - 2012.08.21 Tue

宿題の期限が迫っているのに、まだ全然手をつけていません。
夏休みも終盤にさしかかった小学生の話ではなく、私の絵の宿題のことです。

前回の絵の教室の後、2回土日がありましたが、1回目の土曜日は仕事、日曜は夫と私それぞれの実家に顔を出し、次の土日、つまりこの間の週末は研修会の参加で、宿題に取り組む時間がなかったのです。
これは平日にも取り組まないと間に合わない!と焦るのですが、今回の課題はちょっと変わっているので一筋縄ではいきません。

今回は、ヨーロッパの画家やイラストレーターが描いた魔法使いのイラストを三つ、ネット上などで探してきて、それを模写するという課題です。
三つは絵柄の違うものを選ばなければなりませんが、『ヨーロッパの』がつくことで探すのを困難にしています。
良いお手本が見つからなければ、一つは、UK版ハリー・ポッターの表紙のダンブルドアにでもしようかな、と思っていますが、あと二つ、違う雰囲気の魔王使いを一体どこから探せばよいのか困っています。

キーワードをWizardとかWitchとかWitchcraftとかにすると、それらしいイラストや精密な絵も出てきますが、描いたのがヨーロッパ人なのかアメリカ人なのか、日本などアジア人なのか判別するのが難しいです。
マーリンとか固有名詞を入れて検索しようか、グリム童話のたとえばシンデレラとか白雪姫の本とかを図書館で探そうか、色々思案しているところです。

リアルパジャマパーティ - 2012.08.20 Mon

今日、“友の会の旅行に参加を決めた”という趣旨のメールを受け取りました。旅行は初参加になる方からです。
その時思ったのが、4人部屋での宿泊なら、まさにパジャマパーティができるじゃない!ということでした。
成人した娘や息子がいて十代を名乗るのは図々し過ぎるけれど、とにかく女子がパジャマで男子や先生(こちらがメイン!)のうわさ話するなんて、これがパジャマパーティと言わずに何と言うのでしょう!
ひゃー!ドキドキする~♪
まだ申し込んでいないスネイプ先生好きな方、ハリポタファンの方、再度お誘いします。
一緒にリアルパジャマパーティをしましょう!

お申し込み(PDF)
友の会同窓会
BHのスタッフブログ

と、ここまで書いて、友の会同窓会のサイトに行ったら、以前になかったものを発見しました!
登場人物紹介のページにイラストが加わっていたのです。
当然ハリーが最初に描かれていますが、絶対スネイプ先生もいるはず!と確信し、スクロールしようとして、緊張の余りマウスを操る指が震えました(笑)

ちゃんといらっしゃいました
いつからでしょう?以前の記事には、登場人物の紹介は「あっさりしている」と書いているので、絵はなかったと思うんですが。

上の友の会同窓会のリンクからも行けるし、直接そのページへリンクしても良いのですが、ハリー・ポッターのトップページも見ていただきたいので、そちらのリンクを貼っておきます。
静山社ハリー・ポッター特設サイト
「登場人物」欄から行くと見られます。

以下、その絵についてちょっとネタバレ。

息抜き - 2012.08.19 Sun

研修会は、本当に内容が充実していて、講師の方々が行動力とパワーとやる気に満ちていたので、私も影響されて仕事に対する意欲が急上昇しました。「明日からがんばるぞー!」という気分になり、同時に、せっかくの講義の内容をスネイプ先生に関連付けて考えた自分が恥ずかしくなりました。

ところが、午後になってグループワークを終えた頃には、頭も飽和状態、もうこれ以上何も入って行かない、という感じになり、「あーやっぱり息抜きは必要だわー」という気分で帰ってきました。
というわけで、息抜きを(笑)

研修会 - 2012.08.18 Sat

今日は訪問リハビリの実務者研修に参加してきました。
今日と明日二日間のコースなので、休日がまるまるつぶれてしまうのが難点ですが、参加費が安いのに内容がとても充実していて今日だけでもとても満足度が高かったです。
訪問リハの目的と意義から始まって介護保険制度の話、接遇、リスクマネジメント、急変時の対応などの講義を聞きました。

座学は眠くなりがちですが、内容が興味深かったのと各講師の話術が巧みだったのとで、終始覚醒してメモを取り続けることができました。
それでも、我ながら可笑しかったのは、メモする時の覚醒度の差です。
どの講義にも今まで知らなかったことや新しい発想があって、その度興味を持って書き留めるのですが、それ以上に食いついたのが、スネイプ先生の考察に関わってきそうな内容で、自分の熱心なメモの取り方に思わず苦笑してしまいました。

しかし、久し振りに頭を使ったというか集中して疲れたのでもう寝ます。
私が食いついた内容についてはまた後日。

対戦ゲーム - 2012.08.17 Fri

娘が帰ってきています。
長い夏休みなのに、相変わらずせいぜい二三日しか滞在しないのですが。
娘は帰ってくるとまずゲームをします。昔のゲーム、主にRPGを引っ張り出して来てまた最初から始めるのです。

今回も例外ではありませんでしたが、その他にぷよぷよまで出してきて、遊び始めました。スーパーファミコンのぷよぷよ通です。
夕食後に、私や夫も加わって対戦することになりました。
二人しか対戦できないので、待っている一人は負けた方と交替するというやり方です。勝ち続ければずっと対戦できる、というわけです。

かつて私はぷよぷよが大得意でした。
夫と対戦しても勝つのは私の方が多く、十数年前、近所の観光地で開催された小さなぷよぷよ大会に出てベスト8まで残ったこともありました。
が、過去の栄光は見る影もなく、今日は娘に歯が立ちません。
夫も娘に勝てないので、交替するのは私たちばかり。

娘が居る時は、夕食後の団欒に娘に紅茶を淹れてもらうのが習慣となっていますが、今日は私がお湯を沸かしました。娘が勝ち続けて席を外せないから。
お茶の準備をしながら夫とめまぐるしく交替しているうちに、私に昔の感覚が戻ってきて負けなくなり、お茶の準備の続きは娘に任せました。
その後、淹れてもらったお茶は負けた時に飲む、という非常に忙しなく飲んだ気のしないものになってしまいました。

が、盛り上がって楽しかったー!
「弱い人が来た」とか「強い者が勝つ」とか「~の鼻っ柱をへし折ってからトイレに行こう」とか「あら?鼻っ柱を折ってくれる思ったんだけど?」とか偉そうな態度で戦う方に限って負けるのが面白かったです。

しかし、集中力の持続する時間が確実に短くなって愕然としています。
しばらく勝ち続けた私も、集中力が続かなくなり、ついには試合放棄してしまいました

パジャマパーティ - 2012.08.16 Thu

4巻で偽ムーディが言った「パジャマ・パーティかね?(pyjama party,is it?)」については、今まで何度か話題にしてきました。
が、今まで何度も語っていながら、私はパジャマパーティの本当の意味がわかっていなかったことに、つい最近気付きました。

私は今までずっと、単にそこにパジャマ姿の人が複数居あわせたから「パジャマ姿で集まってパーティでもしてるのかね?」と皮肉ったのだと思っていました。
でも、“パジャマ・パーティ”は熟語で、特定の意味があったのですね!

パジャマ・パーティ…女の子たちが友だちの家に泊まり込み、パジャマ姿でうわさ話や遊びに興じるパーティー(大辞泉)
pajama party…パジャマパーティー:十代の少女がパジャマ姿で友人の家で1晩過ごすパーティー(eプログレッシブ英和中辞典)(pyjamaはイギリス英語、pajamaはアメリカ英語です)


そうだったのかー!!!
私同様気付いていなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、本来の意味を最初から知っていた方の方が多いのではないかと思います。
でも、とにかく私は知らなかったんです。
知らなくても十分面白かったのですが、知ってしまった今、その場面がもっと面白くなりました(今頃)

十代の少女が友達の家で夜を明かすと言ったら、お菓子を食べたり恋愛話でキャッキャッ盛り上がったりするかと思うのですが、この時のメンバー、つまりフィルチとスネイプ先生(とハリー:偽ムーディには透明マントを見通すことができるけれどこの時点ではまだ気付いていないかも)の二人(三人)から、どうしてお菓子や恋バナが想像できるでしょう!いや、もう絶対無理、あり得ません(笑)
十代の女の子の華やかな雰囲気と対極にありますよね?この人達。

偽ムーディ(クラウチJr.)やるなあ!
クラウチJr.は十代(多分)でアズカバンに収監されその後母親と入れ替わってからは自宅で監禁されていたというのに、パジャマやガウンやナイトシャツ姿の30代以上の男性二人と14歳の男子生徒が集う場に現れて「パジャマパーティかね?」とは随分気の利いたことを言うではありませんか!
クラウチ氏(父)によれば、O.W.L試験で(最大科目の)十二科目パスしたというから、よほど頭が良かったのでしょうね。

だとしても、可笑しい。可笑しすぎる!
だってスネイプ先生は、見目麗しい映画のスネイプ先生ではなくて、ローリングさんが描いたあの姿に灰色のナイトシャツを着て、古ぼけたネルのガウンを着たフィルチとしゃべってるんですよ。
パジャマパーティやるにはあまりにもむさくるしいです(笑)

接する年代 - 2012.08.15 Wed

帰省している親友のUと会って話をしました。
「何かを極めて大成するのは、その世界でもほんの一握りの人だけ。だったら普通の人は色々なことをやってみて人生楽しめばいいじゃん」というUの言葉に大いに共感しました。
が、その後「もっと、色々なことをやっておけば良かったなあ」と続きます。
「今からでも全然遅くないよ!色々やってみればいいじゃない?」と返したら、「またー。二尋はいつもそう言う」と言われてしまいました。

そこで今まで出会った患者さんたちの例を挙げます。
60歳で定年になってから何かを始めて、80代になった今「20年続けている」状態の方、定年後に行った旅行先に興味を持って大学院で学んで修士論文を書いた方のこと。
私はそういう方たちに出会うたびに、まだ色々できる、チャレンジしよう!と思うのだと話しました。
するとUは、「普段接している年代が違うから感じ方も違うんだ!」と納得顔です。
Uは中学の先生です。
若くてこれから何にでもなれる可能性を持った生徒達を見ていると、「これくらいの時にやっていればなあ」という気持ちになるのだそうです。
なるほどー!
出会った人のお話を聞いて前向きになれるのが、私の仕事の特権だったんですね。

でも、若者相手の仕事は別の特権があると思います。
つい先日、同僚のTちゃんが羨ましがっていました。
「学校の先生は、生徒に感謝されたらそれを覚えてもらってていいなあ。私たちの仕事も患者さんに感謝されることはあるけど、先に死なれちゃうから思い出に残ることはないよね」と。
確かに!とその時私は納得しました。
同じ人間相手の仕事でも、下の世代に関わる仕事だと相手の記憶に残るというのは、かなり羨ましい特権です。
どちらも得るものは大きいので甲乙つけ難いです。

半ケツ - 2012.08.14 Tue

訪問に行かない時間に同僚を手伝う時、最近かなりの頻度でA君担当の90代の女性患者さんを受け持ちます。
今日、この方のリハビリをしていた時のことです。

病室に迎えに行ったら、その方はシートベルトで固定されて車いすに乗った状態だったので、私はそのままリハ室に連れて行きました。
リハ室に来てからはいつもは少し歩くのですが、今日は拒否します。
そこで、車いすのまま上下肢を動かす運動を始めた時、ズボンとパンツがずり下がって脱げかかっていることに気付きました。いわゆる半ケツです。
指摘すると「気が付かなかったよ!」と笑いますが、「直しましょう」と立つことを促すと拒否します。
そこで、残りのリハビリのプログラムを終えてから、最後に「部屋に戻る前にズボンを上げましょう」ともう一度声をかけたら、ようやくその気になってもらえました。

お尻が丸見えになるからと、ちょっと人目につきにくい柱の陰に行って、テーブルにつかまり立ちする形で立ってもらいました。
立ち上がった瞬間、目に飛び込んできたのは、車いすの座面に敷かれた低反発クッションの上のう○ちでした!
半ケツだったから、ダイレクトに行ってしまったのでしょう。
一瞬頭が真っ白になりました。

その方を介助や見守りなく立たせたままにしておくことはできず、かといって車いすに戻すこともできず、これは誰かの力を借りなければダメだ!と思い、一番近くにいたNちゃんに遠慮がちに声をかけたら、飛んできてくれました。
Nちゃんはその時、認知面に問題のない外来の若い患者さんのリハビリをしていたので、普通に目を離せたんです。

車いす上のブツを目にして唖然とするNちゃんに手みじかに説明すると、Nちゃんはすぐに病棟に電話をしてくれました。
が、笑われて「どんな状態でも良いので連れて帰って下さい」と言われただけでした。
その頃私も冷静になって、「クッション外して座らせればいいじゃない!」とようやく気付いてそうしました(笑)
もちろん、その前にリハビリパンツとズボンをはかせました。

よく気のつくNちゃんは続けて助手のIさんを呼んで来てくれました。
IさんはNちゃんよりもっと驚いて呆然としています。
Nちゃんにしたのと同じ説明をしてから、病棟に戻るので手を貸して欲しい、と頼みました。
「車いすを操作するのと、クッション持つのとどっちがいいですか?」と聞いたら、Iさんはクッションを選びました(笑)
ちょっと操作の煩雑なタイプの車いすだったからで、普通の車いすだったら多分クッションは選ばなかったろうと思います。

Iさんは困惑顔のままクッションを両手でそっと持って、私と一緒に病棟までついてきてくれました。エレベーターに乗っていたのが私たちだけで良かったです。
エレベーター内でIさんとちょっと話していたら、Iさんの注意が逸れ、だんだんクッションが斜めに傾いてきてハラハラしました。だってその低反発クッションは表面がビニール製で、上に乗っている物がつーっと滑っていってしまいそうだったから。まあ大丈夫でしたけど。
病棟でナース(しかも師長)に引き渡して帰ってきました。
やれやれ。

朝顔が - 2012.08.13 Mon

何日か前に、朝顔が咲きました。
種を蒔いた覚えのない朝顔が。
それも、椿の木から!
しかも、虫がつくからと切ってしまった椿の切り株から生えてきたヒコバエに、ある朝突然朝顔の花が咲いたのです
出勤時に発見、すぐに携帯に記録を残しました。

F1000363.jpg
椿の葉から突然姿を見せた朝顔

丸い葉なので、西洋朝顔でしょうか。
去年、お向かいでたくさん咲いていたから、そこから来て、椿に守られひっそり育っていたのかもしれません。

今、ほぼ毎日一つずつ小さな花を咲かせて、出勤時の小さな楽しみになっています。

マラソンコース - 2012.08.12 Sun

オリンピックもついに最終日を迎えましたね。
実は私はあまりリアルタイムでは観ていなくて、翌日のニュースで結果を知る、というパターンが大変多く、金メダルの瞬間をリアルタイムで見たのは、柔道女子の1回きりでした。
マラソンも、女子の時は生中継を観るぞー!とテレビの前に行った時は終わった後でした(汗)
これじゃいかん!と最終日の今日、男子マラソンの方は釘付けで観ました。
だから、マラソンコースをちゃんと見たのは、今日が初めてでした。

お!と思ったのは、Leadenhall Marketを通った時です。
ここ、私行ったことある気がする、もしかして漏れ鍋のロケ地では?と自分のブログを探したら、やっぱりそうでした。
DSC00551-20070721.jpg
Leadenhall Market入口

今から5年前の2007年7月21日に撮影したものです(友の会主催の7巻を買いに行くツアーで、日付が7/21に変わった瞬間に買ったので、この時はもう7巻を手に入れた後でした)
この中に漏れ鍋の入口のロケに使われたお店があるのです。
DSC00558-20070721.jpg
漏れ鍋入口(青いドア)

なんと、マラソン選手たちは、魔法界への入口付近を何度も通っていたというわけですね!
沿道で応援している人の中には魔法使いも混じっていたかもしれません。

受けたい科目 - 2012.08.11 Sat

時々、Pottermore Insiderでは投票を行っています。
つい先日あったのは、1年目の科目ではどれを取りたいですか?というもので、選択肢は、Astronomy(天文学)、History of Magic(魔法史)、Herbology(薬草学)、Charms(呪文学/1巻では妖精の魔法と訳された)、Transfiguration(変身術)、Defence Against the Dark Arts(闇の魔術に対する防衛術)、Potions(魔法薬学)でした。
当然ながら、私は魔法薬学を選びました。

1年生の授業では最初におできを治す薬(Cure for Boils)を作りましたが、Pottermoreでも同様で、そして、ネビル同様失敗して、鍋を溶かして減点され、買い直したことがありました。
今、失敗しても鍋が溶けることも減点されることもないのは、練習ではなく本番だからか、ネビルのような失敗の仕方をしなくなったからなのか、鍋が溶けるのは1回目の失敗の時だけなのか、ベータ版の時だけのことなのか、ちょっとわからないのですが、とにかく鍋が溶けて減点されたのは1回限りでした。
その時はスリザリンを減点させたことで激しくショックを受けましたが、今となっては良い思い出です。スネイプ先生に減点されたに違いないので。

しかし、原作のスネイプ先生、スリザリン生の失敗にも減点したのでしょうか?
自分の寮ばかり贔屓する、とハリーが入学する前から言われていたわけですが、それは、他の寮生には当然減点するような場面でも減点しなかったからこそ、そんな言われ方をしたんじゃないかと思います。
だとしたら、Pottermoreでも、スリザリン生の失敗には寛大になってくれてもいいような…。
もっとも、今はPottermoreで魔法薬作りにいくら失敗しても、減点されないから関係ないですけどね。

さて、投票の結果ですが、魔法薬学は残念ながら1位ではありませんでした。
1位はなんと、闇の魔術に対する防衛術、僅差で2位が妖精の魔法、3位が変身術、4位が魔法薬学でした。
ふ~ん。ちょっと意外。
1年の闇の魔術に対する防衛術って、その授業内容にハリーたちは失望していたけど?
投票した人はクィレル先生のファンなのでしょうか?
それとも、クィレル先生の後頭部に興味があるとか(笑)
妖精の魔法は、ビューンヒョイが良かったのかな。
魔法薬学はもう少し得票数が伸びるかと思いましたが、4,040で全体の14%でした。
世界のハリー・ポッターファンの中での魔法薬学やスネイプ先生への興味の割合の実際がわかって、面白かったです。

マンツーマン - 2012.08.10 Fri

今日は英会話の日でした。
毎回そうですが、教室に入ってみるまで生徒が何人なのかわかりません。
金曜日が固定なのは私だけですが、他の曜日の人でも今週はその曜日の都合が悪いからと振り替えることが割とよくあるのと、元々不定期の人が2,3人いるのとで、マンツーマンから4人くらいまで、結構幅があるんです。
だから私は、教室に入る前に毎回ガラスのドア越しに見える机の数で「今日は○人だな」と判断するのです。

で、今日は机が少なくとも二つ見え、奥の机の前には誰かが座っているのが見え、さらにスリッパが二つ置いてあるのが見えたので、今日は3人だな、と思いました。
これから私を含め、スリッパを使う人が2人と既に来ている人とで。
ドアを開けると、誰かいると思った机には誰もいませんでした。
あれ?と思いつつ、奥の机に座り、次に来る人を待ったら、先生は「少し早いけど始めましょうか」と言います。
机はダミーで、今日はマンツーマンでした。

マンツーマンは緊張します。普段なら話さないような細かいことまで話して会話を持続させなければならないところが。
しかし、今日はマンツーマンで良かったです。
というのは、先日のSpecial Anniversary Editionのローリングさんのコメントについて、質問したいことがあったからです。

あのスネイプ先生の絵とその横に書かれた文章をまず先生に見ていただきました。
興味津々といった風に見る英会話の先生。
「My favourite character」と説明すると、好感度の低い男性だったのが意外だったのか、微妙な表情と声で反応します(笑)
ローリングさんの文章の最初の一文がどういう意味かわからなくて持って行ったのですが、明確なお返事はありませんでした。「何通りにも解釈できる。バックグラウンドを知らなければわからない。二尋さんの方がわかるでしょう」と。
まあ、そうかな、とは思ったのですが、バックグラウンドを知っていても私は英語力がないから、単語としてはとても簡単なのに、結局なんだかわからないんです。as とかsaw とか、そもそも何通りもの訳のある単語を含んでいるせいかもしれません。
とりあえず、ここに引用しておきますね。

Snape, as I always saw him.
This was scribbled back in 1992 or 3.
Although I have spent years denying that Snape is a vampire (one of the more outlandish and persistent fan theories), I must say he does look a little Count Dracula-ish in that cloak.
(Harry Potter and the Sorcerer's Stone Special Anniversary Editionより)

後半の文章は、「スネイプがヴァンパイアであること(突飛で執拗なファン解釈の一つ)を否定することに何年も費やしているけれど、こんなマントを着ていたら、ドラキュラ伯爵っぽく見えると言わなきゃならないわね」ということでしょうか。
ヴァンパイア説、根強かったですもんね。


と、マンツーマンの時は、ハリポタ方向に話を持って行き易いので嬉しいです。
先生には、US版もしっかり読んで読み比べたらどうですか、勉強になりますよ、というようなことを言われたので、‘I will’と答えておきました。ちなみにスネイプ先生の言葉を意識してます。(‘I will’は、スネイプ先生が破れぬ誓いをたてた時に言った言葉。三つの誓いの全てこの言葉で答えています。日本語では「そうしよう」となっています)
あー、今日も楽しいレッスンだったなあ。

あ、でもあの時ドア越しには、確かに椅子に座る人の足が見えたんだけど…。あれは何だったのかしら……

ヤモリ - 2012.08.09 Thu

数日前から、家の中にヤモリが居ることに家族は気付いていました。
最初に気付いたのは長男で、洗面所兼脱衣所に通じるドアを開けた時、左側の視界ギリギリに何かが見え、確認して飛びのいたのだとか。
同時にヤモリも素早く洗濯機の後ろに移動し、見失ってしまったそうです。
その後はどこに行ったかわからず、翌日や翌々日、外出から戻った長男は「ヤモリ捕まえた?」と聞きますが、消息はわからないままでした。

それが昨日、帰宅した夫を出迎えようと階段を下りかかったところで、はっきりと居場所がわかり、声にならない悲鳴を上げました。

DSC08789a.jpg
階段途中の踊り場の上あたりのヤモリ

丁度壁が90°の角度を呈しているところにいます。
1階から2階へ吹き抜けになっている部分でもあり、2階から階段を下りようとする私の目線のやや下あたりに相当します。
私は一瞬立ち竦んだものの、すぐに踵を返し寝室に置いてあったデジカメを取りに行き、こうして写真を撮りました。

約7年前のブログにヤモリ騒動を書いて以来です、家にヤモリが入って来たのは。その時よりも一回りは大きそう。12cmくらいではないかと推測します。
夫も階段を二三段上ったところで私の声にならない悲鳴と同時にヤモリが視界に入ったのでしょう、そのまま固まっています。
階段の上下で「どうしようか?」と相談しながらも、私は「ちょっと待って!」と言って写真を何枚か撮りました(汗)
以前は輪ゴムを飛ばして硬直したところをつまんで外に出した、とブログの記憶から伝えると、夫は「よし!輪ゴムだ!」と向きを変えて階段を下りはじめたその時です。
今までじっとしていたイモリがダイビングしました!
しかも夫に向かって!
私は「ヒャー!」と今度は大声で悲鳴を上げ、夫ももバタバタ暴れまわっています。どうやら、肩に向かってダイブしたみたい。
その後は廊下の収納扉の隙間から収納スペースに入り込んでしまいました。
扉を開け、古新聞をストックしている紙袋類を除けると、そこに姿を認めたようでした(私はまだ2階から階段越しに見学している)
もはや輪ゴムなんて悠長なことを言っていられず、夫は今除けたばかりの古新聞ストックから一部抜きとり、メッタ打ちにしました
そして動かなくなったのを確認、火ばさみで挟んで家の外に放りました。
死んだかどうかはわかりません。挟もうとした時、確かに動きましたから。
7年振りのヤモリの訪問は、またしても大騒動を巻き起こしたのでした。

結婚相手 - 2012.08.08 Wed

朝ドラの『梅ちゃん先生』が好評のようですね。
私も毎日録画して観ています。
以下、隠しませんがネタバレがあります。



主人公の梅ちゃんが今週幼なじみの信郎(のぶお)くんと結婚し、新しい生活がスタートしました。
信郎くんと結婚式を挙げた時は、祝福の気持ち半分、残念な気持ち半分でした。
というのは、前の恋人松岡さんを諦めきれなかったからです。私が(笑)

信くんも本当に良い人だし、私も好きだけれど、松岡さんのぎこちない愛情表現がすごく好きで、彼の人間性にとても惚れこんでいたので、梅ちゃんと別れた時は私も悲しかったです。
別れた理由も地域医療に携わる医者と研究医、という別の道を進むため、嫌われたくないから自分の意見を曲げることを恐れて、という理由で、梅ちゃん先生と同じ地域医療の分野で働く私から見たら別れる必要など感じられないものだったし。
家で死にたいがん患者さんを支える主人公も、がんそのものに立ち向かうための研究をする松岡さんも、どちらも共感できるし、どちらも必要だし、一緒に高め合っていくことだってできただろうに、と思ってしまいます。

以前、同僚に「ずっと臨床でやっていくつもり?」と聞かれたことがあり、「身体の続く限り」と答えたことがあります。
その質問をした彼女は、母校の大学に戻り、教員且つ研究者となりました。
進む道は違うけれど、目指すところは同じだと私は思っています。
彼女たちが研究したことを現場で実践していく私たち。後進の指導だってそれぞれ分担してやっているわけだし、私としては力を合わせている、と思っているんだけど…。

もう松岡さんには会えないのかあ。
口下手で、研究熱心で、本をたくさん読んで、女心というか人の心の機微がよくわからないけど、一生懸命な彼を応援していたんだけどなあ。
まあ、信郎くんも、幼馴染への想いが叶って、それはそれで良かったです(何の話だ?)

着色 - 2012.08.07 Tue

今日は絵のレッスンに行ってきました。
以前模写した映画スネイプ先生をコピーしたものに着色する作業を、6,7,8月のレッスン日とその間の自宅学習でやっていました。

絵を描くのはすごく集中力が要る、ということを絵を習い始めて知ったのですが、色塗りにしても集中して取り組むので、あまり長くは持ちません。多分連続では1時間も続かないと思います。
それでも、色々な色を重ねて想像したような色が出てきた時の達成感というものを、今回初めて知りました。

自分ではほぼ出来あがったかな?と思える状態で持って行き、今日は最終の仕上げをしました。
床やテーブルなどの遠近感を色で表すことの指導の他、顔や指の塗りが浅いというか、他の部分に比べて顔料が乗っていないという点をご指摘いただきました。

あー、やっぱり。
そこは自分でも気付いていました。以前、唇が乙女チックになったと書いたように、手を入れるほど思いがけない効果が出てきそうで、怖くて色を重ねられなかったんです。
でも、絵の中の主役だし、手前に存在しているし、やっぱりもっと存在感を出さなければ。

先生は、人種的に肌は結構赤みを帯びて見える、血管が透けるような部分は日本人より青く見える、と、ピンクや青を使うよう指導下さる。
本物のスネイプ先生はもっと黄色っぽいかもな~と思いつつ、映画スネイプ先生の模写なので、頬や鼻にピンクを入れ、小声で「おてもやん」と言ってみたり(笑)

それでも、2時間かけてなんとか仕上がりました。


Special Anniversary Edition - 2012.08.05 Sun

先日アマゾンに注文した本が届きました。
『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』です。
タイトルの『Sorcerer's Stone』を見てお気付きかもしれませんが、US(アメリカ)版です。
なぜ、US版を買ったのか。
それは、『Special Anniversary Edition』だからです。

054506967XHarry Potter and the Sorcerer's Stone
J. K. Rowling Mary GrandPre
Scholastic Trade 2008-09-23

by G-Tools

『Special Anniversary Edition』というのは、10周年記念に出版された特別バージョンです。
この本が出版されたのは2008年9月のようですから、日本語版7巻も発売されていて、日本でも結末が知れ渡っていた頃でしょう。
きっと当時、どこかでこの本の“特別さ”が話題になっていたに違いありません。しかし、私がそれに気付いたのは、つい2週間余り前でした。

ローリングさん手描きのスネイプ先生の画像をネット上で探すと、私が知っている画像のもっと鮮明なものが出てきます。
私が知っているのは、テレビ番組でローリングさんがスネイプ先生のスケッチを手にしているのをキャプチャーした画像で、表情も不鮮明だし、髪なのか顎髭なのかよくわからない図でもありました。
ところが、ネット上には、同じ絵と思われるもっと鮮明な画像が出回っていたのです。
その出所を探しているうちに、この本に収められていることがわかったのでした。
しかも、ローリングさんの説明文付き!
これは何としても手に入れなければなりません。US版も持っていなかったし。
それですぐさま注文したというわけです。

2008年に出版された当時、日本でもある程度騒がれたのではないかと思うのですが、なぜか私にはまるでその情報は届いていませんでした。
誰かが何か教えてくれた可能性もありますが、その意味するところを理解していなかったということだと思います。
とにかく、遅れ馳せながら気付いて発注し、2週間以上かかってようやく届いたのでした。
早くローリングさんのスネイプ先生に会いたくて、とてももどかしい思いで梱包を解き、そのページを探しました。

OWLテスト通信模擬試験vol.4 - 2012.08.04 Sat

友の会同窓会の会員限定ページで「OWLテスト通信模擬試験vol.4」を公開していることに一昨日の晩気付きました。
ハリーの誕生日の7/31にUPされていたようですから、既にご覧になった方も多いことと思います。
私は、今日挑戦してみました。

問題用紙は画像になっているので、プリントアウトしてみました。
羊皮紙風のデザインで趣のある問題用紙です。

呪文学が3問、魔法薬学が6問、魔法史が3問、魔法生物飼育学が2問、薬草学1問、クィディッチ問題が3問、ダンブルドア特別問題が7問の計25問です。
魔法薬学の割合が多いところが大変気に入っています。

本を見ないで自分の力を試してみました。
「楽勝楽勝~♪」と鼻歌混じりで回答していた私ですが、魔法史の問題ではたと手が止まりました。
またしても魔法史!
ハリーではないけれど、魔法史は苦手で、三択でさえ年号はさっぱり覚えていないのです。クィディッチの問題も自信がありません。ダンブルドア特別問題も、ニコラスフラメルに関する問題が自信がありません。

まだまだ読み込みが足りないですね。
魔法薬学は自信があるので、それだけで十分ですけど。
でも、この模擬試験、自己採点するのでしょうか?
特に提出や採点に関する説明がないんですけど

会員限定ページなので、ここでネタバレすることは避けます。
どんな問題か知りたい方は、入会して下さいね
そして、一緒に旅行に行きましょう!

2012年鎌倉日帰り旅② - 2012.08.03 Fri

人力車のお兄さんが、教えてくれたのですが、八幡宮の「八」の文字は鳥のハトの形をしているとか。
今まで何度か来たことがあったけど、気付きませんでした。
DSC08724a.jpg
「八」の文字が鳩!
鳩は神の使いなのだそうです。

DSC08726a.jpg
強風で倒れた大銀杏の、移植された根元部分とスネイプ先生
ヒコバエが育っているとのことですが、暑さで弱っているみたいで気になりました。

八幡宮を出ると、鎌倉駅に向かって小町通りを歩きました。
お土産屋さんを覗いたり、ハチミツソフトクリームを食べたりしました。

鎌倉駅の西口から、銭洗い弁天に向かいます。
当初、ここで人力車に乗る予定だったのですが、午前中に乗ってしまったので、歩くことにしました。
が、炎天下の徒歩18分、しかも上り坂はきついので、やっぱりまた人力車に乗ることにしました。
午前中に貰った割引券が使えたので、今度は2,700円でした。
いや~、まさかその日のうちに割引券を使うことになるとは。

銭洗い弁天前の急坂は、人力車では登れないということで、少し手前で降りて阪を登って行きました。
人力車のお兄さんが、この神社には蛇が祭られていると教えてくれて、私はテンションが上がりました(笑)
源頼朝が巳年の巳の月の巳の日に見た夢のお告げで社を建てた、という伝説があるそうです。すごい蛇づくし!


木が鬱蒼と茂って森の香りがし、ヒグラシも鳴いて、ちょっと不思議な雰囲気でした。
DSC08730a.jpg
異質な空気

DSC08731a.jpg
正式名称は宇賀福神社
宇賀福というのは、蛇の体に人の頭を持つ水の神様らしいです。
鳥居の向こうの隧道を通って行きます。


この後も写真がたくさんあって長いので、畳みます。
ご興味のある方は続きからどうぞ。

2012年鎌倉日帰り旅① - 2012.08.01 Wed

今日ははるかママあっちさんと鎌倉に行ってきました。
藤沢から江ノ電に乗りました。
DSC08673a.jpg
車内から見た海

長谷駅で降りて、大仏のある高徳院まで歩きました。
DSC08678a.jpg
スネイプ先生と鎌倉の大仏
電車の中で見た空とは比べ物にならないほど空が青いです。

大仏様の胎内にも入りました。
拝観料は別でしたが、20円でした。
そして、20円が納得できるシンプルさでしたが、私たちはかなり念入りに見学し、他の誰より長く胎内にいたと思います。
↓こういう写真を撮るから
DSC08688a.jpg
大仏様の胎内のスネイプ先生♪

大仏前から鎌倉駅行きのバスに乗りましたが、さっきの青空はいつの間にか消え、結構な大雨が降ってきました。
終点でバスを降りると、しばらく駅の軒下で雨宿りをし、それからお昼の場所に考えていた店に向かって歩いていると、人力車のお兄さんに呼び止められ、話を聞きました。
乗るのは良いけれど、まずお昼を食べたかったので断って店に行くと、なんとスタッフ研修のための臨時休業となっていました!定休日じゃないから大丈夫だと思っていたので、急に当てがなくなり慌てます。
そこで、さっきの人力車のお兄さんのところに戻り、ガイドをしてもらいながら、お薦めのお店を教えてもらうことにしました。
DSC08693a.jpg
私たちが乗った人力車と呼び込みのお兄さん

DSC08703a.jpg
人力車からの眺めと車夫のお兄さん(別な人)
雨上がりのせいもありますが、人力車は風通しが良くて涼しく、とても快適でした。

DSC08705a.jpg
琴弾橋から見た滑川

海も近い川の下流がこんな清流だとは!
ここで記念撮影です。
DSC08708a.jpg
人力車初体験の私たちと同じく初体験のスネイプ先生

八幡宮まで約10分のコースでした。
下車後、お昼に創作そばを食べ、ハリポタ話に興じました。
その中で、食べ物は何もないところから作り出すことはできないけれど(『ガンプの元素変容の法則』の5つの例外で)、6巻でハリーがワインを増やしたように、少しあれば増やせるのではないか、ウィーズリー家はそれをやっているから貧乏でもなんとか食べていけるのではないか、というはるかママあっちさんのご意見が新鮮でした。私は、増やすことはできないんじゃないか、それが出来れば、7巻で放浪生活を送るハリーたちはもっと楽だったのではないかと思いますが。


店を出ると八幡宮に入り、まず目に留まったのは池一面の蓮でした。
DSC08718a.jpg
一面の蓮

DSC08715a.jpg
大きな蓮の葉とスネイプ先生

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)