topimage

2012-09

スネイ○×2 - 2012.09.30 Sun

予想通り台風が本州に上陸し、お月見どころではなくなりました。
雨は強くなったり弱くなったり、断続的に降っていて、風は今かなり強いです。時々家が揺れるほどです。

今、外は大荒れですが、まだそれほど荒れる前の夕方撮った写真が、ちょっと癒されるので載せておきます。
タイトルの意味は、写真を見ればわかるかも。



月暈 - 2012.09.29 Sat

娘が今夜帰ってくるというので、待っていたら、電話がかかってきました。
「駅から家に向かう途中で夜空を見上げたら、月の回りに大きな輪っかができていた。綺麗だから見てみて」という内容でした。

早速デジカメを持って二階に駆け上がりました。
夜空の写真を撮るのは難しいけれど、うっすら輪っかが写ったので載せておきます。

DSC08866a.jpg
月の回りの薄い輪
(クリックして拡大しないととても見えません)
調べてみたら、月暈(つきがさ)と言うようです。

明日は十五夜だそうですね。ルーピン先生の恐れる満月…
きっと台風で見られないだろうけど。
満月の日はたとえ嵐でも、ルーピン先生は変身するのかなあ。

コレクター - 2012.09.28 Fri

さっき、Pottermoreの入口(gateway))を見たら、プレゼントが一つ届いていました。
昨日フレンドリクエストをもらってすぐに友達になった、レイブンクロー生のカナダ人から届いたものでした。

その人のステータス画面のコメントに、「ロウェナ・レイブンクローのカエルチョコレートカードを送ってください。そうしたら私も何かお返しします」というようなことが書いてあったので、送ったのです。
すごくわかりやすい要求(笑)

しかし、その文章の終わりには、LiLY EVANSと署名してあるんです。
なぜiだけ小文字?なぜレイブンクロー生?という疑問もありますが、なんかリリーの要求に、嬉々として応じてしまったセブルスを想像して可笑しくなりました。
もっとも、セブルスの場合、見返りの品を期待して贈るのではないでしょうけど。でも、リリーがカードのコレクターだったら、きっとできる限り協力したと思います。

ボールと - 2012.09.26 Wed

ゴーヤがいよいよ小さくなって、食べるところがないくらいになってしまいました。
DSC08851a.jpg
小さなゴーヤ

スネイプ先生パペットが持つと、ちょっとラグビーボールみたい♪
まだ二つ三つ小さな実が出来ているけれど、涼しくなってきたことだし、そろそろ抜いてしまうかも。

我が家のゴーヤは20cmがせいぜいだったけれど、数本収穫すれば十分おかずの一品になりました。でも、さすがにこのサイズでは家族みんなで食べるには不十分です。
いただき物の一本と合わせて料理しました。
訪問先のお宅で、患者さんのお嫁さんが庭先のゴーヤを、私の目の前でチョキンと切って持たせてくれたものです。
カレー粉を少し入れるレシピを教えて下さったので、今夜はその味付けでいただきました。美味しかったし、家族にも好評でした。
ごちそうさまでした

DSC08862a.jpg
いただき物のゴーヤ(長っ!)

優に30cmはあります。「そろそろ終わりだけど」ということでしたが、まだまだ十分大きなサイズです。というか、我が家のゴーヤはここまで大きくはならなかった…。やっぱり地植えは違います。

しかし、こうしてスネイプ先生パペットが持つと抱き枕みたい

グラフの色 - 2012.09.25 Tue

職場で行われている公開集団ダイエット、スタートから3週間が経ちました。順調に減り続ける人、また増えてしまった人さまざまです。
DSC08847a.jpg
一人突出して下がっている他はどんぐりの背比べ

今まで順調だった私は、やはり先週末の旅行でのごちそうが響き、ちょっと増えてしまいました。と言っても、まだなんとかスタート時よりは少ないのですが。
でも、今まで効果の出ていなかった人々に効果が現れたため逆転されてしまいました。
と、書くと何色が私だかわかってしまいますね。
書かなくても大体想像はついたと思いますが(笑)

素敵なものとは - 2012.09.24 Mon

Pottermoreで見つけた素敵なものとは……


以下Pottermoreのネタバレがあります。ご注意ください。



ステータス(9/24追記) - 2012.09.23 Sun

Pottermore、新しい章に進めるようになって4日経ちましたが、相変わらずたびたびエラーメッセージ(サポートメッセージと書かれています)が出て、継続して遊べません。
何かクリックするとすぐにピンクのサポートメッセージ画面になるので、クリックするのを躊躇ってしまいますが、しなければ次に進めないし、毎回一か八かという気持ちクリックしながら少しずつ先に進んでいます。

最近、自分のステータス画面にコメントを入れられる機能がついたらしいことに今日気付きました。
自分のステータスを書いておくと便利ですよ、というようなこと(うろ覚え)が書かれていて、一体何を書けばいいのかわかりません。
元々どこの寮で杖は何で何ポイント獲得し、今何章にいるとか、アイテムや魔法薬は何個持っているか、くらいはわかるので。
とりあえず各寮の高得点者たちが何か書いているのではないかと思って見てみました。きっと熱心に取り組んでいるはずですから。
すると、思い思いの内容が書かれていました。最近ピンク画面(きっとサポート画面のこと)ばっかり、とか、何かアイテムをプレゼントしてくれたらこちらからも送る、とか、○○ポーションを作ったぞ!とか意味不明の叫びとか。
それならば、と私の気持ちを表しつつ、新しい章を遊び始めたことがわかる文章を作って載せました。
間違っていると困るので公開しませんが、日本語にすると、「スネイプ教授のオフィスに入れて、すごく幸せです」というつもりです。

とは言えスネイプ先生の部屋に居続けたら話が進まないので、次の章に進みました。
すると、予期していなかった素敵なものを見つけました!
でも、これは長くなりそうなので、また別の機会に書こうと思います。(気を持たせてみました



9/24追記

すみません、素敵なものを見つけたのは6章ではありませんでした!
正しくは、7章です。

旅の思い出 - 2012.09.23 Sun

昨日は温泉に一泊しましたが、雨も降っていたことだし家でものんびりしたかったので、今朝はチェックアウトするとすぐに帰路に就きました。

旅行中、温泉に入ったり食事をしたりする以外は、私はほとんど読書していました。帰りの車の中でも続きを読みたい衝動に駆られましたが、酔うといけないので読むことはせず、頭の中でぼんやり反芻していました。なかなか面白い本だったので。

私がそんな風に頭の中で本の一節を思い出していた時、サイレンが聞こえました。
何事かと思って顔を上げると、銀色のセダンが横に並び、その頭には赤色灯がクルクル回っていて、覆面パトカーだなと思ったのとほぼ同時に、窓越しに警察官が「止まりなさい」の指示をこちらに向かって出しているのが見えました!
夫と二人でほぼ同時に「うちか!」と叫びました。
いつの間にかスピードを出し過ぎていたようです。
路肩が広くなっているところまで誘導されて停めました。

前の車から若い警察官が降りてきて「どうして止めたか、理由はわかりますね?」と言って夫に前の覆面パトカーに来るよう、実に丁寧な口調で告げ、私たちには「車内でお待ち下さい」と言いました。

今まで、取り締まりに遭った車を目にすると愉快そうに眺めていた夫でしたが、当事者は全然愉快じゃないということがよくわかりました。まあ、おかげで読書できたけど。
23キロオーバー(70kmの道を93kmで走ったらしい)で罰金15,000円だそうです。
今回の家族旅行は、最後に強烈な思い出を残してくれました

旅行中 - 2012.09.22 Sat


家族で海辺の温泉に来ています。
のんびり潮騒を聞きながら携帯からの投稿です。

写真は、100%源泉掛け流しの貸し切り露天風呂にて夕方撮影。
良いお湯だったし、見晴らしが良くて開放的だったけど、遠くの釣り人からもこっちが見えたんじゃないか、という感じがしました。顔をこっちに向けた時、ギョッとしてる風だったから(汗)

名刺 - 2012.09.21 Fri

今朝出勤すると、机の上に名刺が置いてありました。
誰かが置いて行った名刺ではなく私の名刺です。
出来上がったばかりの私の名刺が、100枚箱に入れられて置いてありました。
私が今の職場で、初めて手にする自分の名刺です。

えー?初めて!?と思う方もいらっしゃるでしょう。入職して何年も経っていますから。
そう、初めてなんです!
私より一年早く入職したT先輩も、さらに二年経験の長いS先輩も今日初めて手に入れたので、私はまだマシかもしれません。
今までだって何度も「作って下さい」とお願いしてきたのですが、全然作ってくれず、「自分で費用は出しますから」と言っても立ち消えになっていました。

院内で仕事をしている時は、講習会とか学会で不便に思うだけでしたが、訪問に出るようになると、ケアマネさんとかヘルパーさんとか、よその事業所の色々な職種の方との接触が増えて、名刺を渡されても「すみません、持っていなくて」と言うしかなく、いつも心苦しかったです。
S先輩などは自分でデザインした名刺を10枚ほど作ってみたようでしたが、私には自費であってもロゴなどのデザインが統一された公式の名刺を持ちたいというこだわりがあって、無いものは「無い」と言い続けていました。

最近どうしたことか急に「訪問担当だけでも」という話が出て、これは立ち消えにならずに順調に事が進み、突然3人分だけ出来上がってきたのでした。
病院の名前と事業者番号、連絡先の他、私の名前の前には“作業療法士”書かれています。T先輩やS先輩は“理学療法士”です。
おおー!シンプル過ぎて素っ気ないけど、やっぱり自分の名刺は良い感じ♪
名刺入れなど持っていないので、今日は免許証入れ(免許を取得した日に試験場で貰った昔風の)に入れて持ち歩きました。今日伺った患者さん宅は、今さら過ぎて出せなかったけれど。

訪問担当になって丸4年。ようやく名刺を手に入れた!(遅いよ!)
しかし、これ何枚くらい使えるでしょう?
私が若い頃入社した会社ではすぐに名刺を作ってくれたけど、研究室に籠って研究する毎日だったからあまり使い道がなく、主に友人たちと交換していました。みんな社会人になり立てでやっぱり嬉しくて交換したのだと思います。
そしてそのうち結婚して姓が変わり、使えなくなりました。姓が変わった時も作ってくれたような気がしますが、よく覚えていません。
結局育児のために退職してしまって、あの名刺どうしたっけ?
今日の名刺が同じ運命を辿らないと良いんだけど…。

“ん” - 2012.09.20 Thu

昨日書こうと思っていたけれど、Pottermoreから思いがけないお便りが届いていた上にスネイプ先生の部屋に入れて出られないという素敵なことがあったために、後回しになってしまったことを書いておきます。

一昨日のダイエット記録用紙は、折れ線グラフが色別になっているということは既に書いたかと思いますが、職場に於いては、どの色が誰であるかわかるよう、色に各自の頭文字の平仮名又は片仮名が示されています。
ところが、その中に心当たりの無い、“ん”という文字が!
DSC08837c.jpg
記録用紙の拡大

「“ん”って誰?」と聞いたら、PT新人のHnさんでした。
え?“ん”は苗字の二番目に来る文字だけど?
本人に聞いたら、「苗字の一番上の文字はHさんと同じだし、名前の一番上の文字は、私にとって○○さん(産休中の同僚)のイメージなんですよ」というお返事。
○○さんのイメージでも、今不在なのだから間違えないと思うんですけどね。私だって名前の方の一番上の文字を使っているし。
この“ん”さん、何か只者じゃない感じがしていたのですが、『やっぱり』と思いました。

Hnさんは去年、実習生としてやってきてこの職場に一目惚れし、試験と面接を経て無事採用された人です。
実習生時代、同僚のTちゃんが「Hnさんてハリポタに出てきそうじゃない?」と私に同意を求めたことがありました。
誰なのかちょっとイメージできなくて「うーん」と曖昧に返事をしたら、「ほらドビーみたいじゃない?」と言ってきて、ますます返答に困りました。
私としては、「ロード・オブ・ザ・リング」のレゴラスとかのエルフに似ているとか、ゼルダの伝説のリンクに似ているとか感じていたのですが、それも微妙なので黙っていました。つまりは、耳に特徴がある、ということですね。念のため言っておきますが、色白で目が大きくて可愛い子なんです。一番似合いそうなのはロードオブザリングのエルフであって、ハリポタのハウスエルフ(屋敷しもべ妖精)ではありません。

まあ外見はともかく、姓の一番上の文字が誰かと被ったら二番目の文字を書けばいい、という発想が実に新鮮だったので、ちょっと一目置いてしまいました。今後もこっそり彼女の言動を窺おうと思います。

Snape's Office!(追記あり) - 2012.09.19 Wed

今日、Pottermoreから、『秘密の部屋』の5章から11章までを探検できるようになった、とのメールが届きました。
早速行ってみたところ、確かにフォードアングリアに乗ってホグワーツに向かうことができました。
ところが、途中で何かアイテムを収集したり、新しい情報が読めるようになったりするたびに「Pottermore is currently unavailable. Please come back later and try again.(ポッター・モアは現在利用できません。また後で来て試みてください)」とエラーメッセージが出てきてしまって、なかなか進めません。

それでもどうにかこうにか暴れ柳にぶちのめされるところまで来て、その次にようやくスネイプ先生のOfficeに入れました!
そこでもProfessor Snape's Officeの説明文を読もうとした途端また上記の「現在利用できません」メッセージが出て、追い出されます。
室内を物色しようとしてもまた追い出され…
でも、そんなことではめげません。
何度でも入り直します(笑)

以下、Pottremoreのスネイプ先生の部屋のネタバレがあります。


記録用紙 - 2012.09.18 Tue

9月の最初の月曜の朝、職場に着くと、PT1年目のH君が自分の机の前の壁に紙を貼っているところでした。
F1000377a.jpg
壁に貼られた紙

「これ何?」と聞いたら、彼は壮大な計画を教えてくれました。
ダイエットに挑戦したい何人かが、「一緒にやろう」ということになって、それぞれの体重の増減を記録できるような用紙を作成したと言うのです。
互いに意識し合って目標に近付こうという趣旨で始めた公開集団ダイエットで、この記録用紙は実際の体重の数字ではなく、最初の日を基準にどれだけ増減したかがわかるようになっているのだと教えてくれました。
なるほど、横線が一本引かれ、そこを基準として縦軸の上に1Kg、2Kgとなっており、横線より下にも5Kgまで1kgごとに数字が表示されています。横軸は日付で、9/3、9/10、と月曜日の日付が並んでいました。

「私も交ぜてー!」と言うと、快く仲間に入れてくれました。
参加者は、PTの新人H君、Hnさん、Tさんと私とSTのSさんの計5人(男性1人女性4人)です。

この日から2週間、グラフはこんな風になりました。
DSC08837a.jpg
2週間の記録

折れ線グラフはみんな色が違って一目で誰だかわかるようにはなっています。どれが誰だかは秘密ですが、概ね減少傾向です。
体重自体は公開されないけれど、成果が上がっているかどうかは一目瞭然。これは相当頑張らねば!
人目に晒されることで、俄然モチベーションが上がりました。狙い通りの効果です。
私の目標は-2.5kg。大きな振れ幅なく少しずつ目標に近付けていき、それを維持したいです。
頑張ります!

寮憑きゴースト - 2012.09.17 Mon

ホグワーツのゴーストのことを考えていたら、また気付いたことがありました。寮憑きのゴーストって、みんな卒業生なんですね!

いや、前から各寮の出身者だとは知っていたんですが、卒業して外に出た人が、死んでゴーストとなってホグワーツに戻ってきた、ということを今回改めて認識したんです。
マートルのように在学中に死んで、その場所にそのまま残る地縛霊のようなものをなんとなく連想していたのですが、そちらの方がむしろ稀で、外の世界に一度は出た人が、ホグワーツに戻ってきたんだ!と考えたら、その人たちの想いの強さを今まで以上に感じたのです。

しかし、ホグワーツには4つの寮に憑いたゴーストの他にも複数ゴーストが存在しますが、やはり一応はどこかの寮に属していることになるのでしょうか。
血みどろ男爵がスリザリンの、ほとんど首なしニックがグリフィンドールの代表というだけで、他のゴーストもやはりそれぞれ出身の寮はそれなりに応援しているのでしょうか。
マートルはレイブンクローの出身(ローリングさんが公式サイトのF&Qで答えた)ですが、レイブンクローにはいじめられた思い出があるので別に応援していないのでしょうか。
マートルは最初自分をいじめたオリーブに取り憑いていたのを、オリーブが魔法省に行ってストーカーするのをやめさせようとしたため、ホグワーツに戻ってトイレに棲むまなければならなくなったとも言ってます(4巻25章)マートル自身は学校への想いより、いじめた相手への恨みの方が勝っていたように思われます。
やはり、ホグワーツに思い入れのある卒業生のゴーストが、自分の意思で戻ってきて棲むようになって初めて寮憑きのゴーストとなるのでしょうか。

しかし、ここでまた一つ疑問が。
ホグワーツは約1000年前に創設され、創始者のロウェナ・レイブンクローの娘のヘレナ・レイブンクローはゴーストとなってレイブンクロー寮に憑いています。創始者の娘ですから、1000年から20くらい引いた数字くらい前から憑いていることになります。
スリザリン寮のゴースト血みどろ男爵はヘレナを殺した時に自分の命も絶ったので、同時期にゴーストになったと思われます。やはり1000年近くスリザリン寮に憑いているというわけです。
けれど、ほとんど首なしニックがゴーストになってからの歳月は彼らの約半分です。(ニックは、ハリーが2年生の時に500回目の絶命日パーティを行っているので)
それまでの500年くらいの間は、グリフィンドール寮には寮憑きのゴーストはいなかったのでしょうか。
それとも寮監が替わるように、ゴーストも先代がいて、ニックと交替し、前のゴーストは適当に城の中を彷徨っているのでしょうか。
考えると疑問は尽きません。

ゴースト - 2012.09.16 Sun

ホグワーツのゴーストのことを考えていてふと思いました。
灰色のレディ(Grey Lady)の灰色って…。

ゴーストの色は、1巻で初めて登場した時に真珠のように白く(pearly-white)少し透き通っている(slightly transparent)と書かれていました。またその後の場面でも、銀色の霞のように(misty silver)と書かれています。

元々は、この白とか銀色とか表現される色と同じ括りで「灰色」と呼ばれているのだと思い、つまりは「貴婦人だけど、ゴーストである」という意味で「灰色のレディ」と呼ばれているのだと考えていました。

けれど、もしかしたら、他のゴーストとは違って見える、他は真珠のように白いのに、このゴーストはあくまで灰色だから灰色のレディと呼ばれているのではないか、という気がしてきました。
ハリーが入学した日の描写には、ゴーストは20人くらい現れました。寮憑きではないゴースト(マートルもそうですね)などもいる中で、「灰色のレディ」は色の点では異質な存在だったのかもしれません。
血みどろ男爵は血にまみれているからそう呼ばれているわけですが、その血は銀色です。銀色ではあるけれど、血だと判別できるので「血みどろ」となるわけです。

そして、その銀色の血こそ、灰色のレディことヘレナ・レイブンクローの血で、つまり何が言いたいかというと、ヘレナは失血死だったから、それがゴーストになっても見た目に表れているんじゃないか、ということです。
もっとも、ほとんど首なしニックだって、断首しそこなったとは言えかなり血は失ったことでしょうから、そこに差があるかどうかはわからないのですが、ニックの方は色云々より首が取れそうで取れない、という点が非常に目立つために、そこが強調された呼び名を持つようになったのではないか、というのが私の考えです。

そこで思うのが、もしスネイプ先生がゴーストになったら?ということ。
もちろん私には、スネイプ先生が死ぬことを恐れて死の代わりに儚い生の擬態を選び、この世に魂の痕跡を残すようなことをするとは考えられないのですが、もしゴーストになったのなら、どんな姿をしただろうかと思ってしまいました。ヘレナの死因が多分スネイプ先生と同じだから。

色はやはり灰色になったのではないかと思います。真っ白になって死んでいきましたから(号泣)
そしてもしホグワーツに残ったりしたら、スネイプ先生を知る世代が全ていなくなっても、やはり生徒たちからは外見の特徴で呼ばれそうな気がします。「ねっとりした髪と鉤鼻の灰色の男」とか。
いや、ニック同様、色は二の次で「鉤鼻で陰険な目つきの男」とか。
永遠に同じようなこと言われ続けるスネイプ先生……

囲む会 - 2012.09.15 Sat

昨日、G子一家を囲む会を無事終えることができました。

みんなより先に、駅でG子一家と待ち合わせました。
久しぶりで会ったG子はかなり増量してました(笑)
G子のダンナさんとは、ハグして挨拶しました。私より50㎝ほど背が高いので、お互い辛い姿勢ではありましたが、挨拶の言葉は自然に出てきました。職場最寄り駅でハグして英語で挨拶するって、ちょっと不思議な感じがしました。
もうすぐ1歳になるG子の赤ちゃんは、声をかけると素晴らしい笑顔を見せたので驚くと同時にとっても嬉しくなりました。人見知りで大泣きされたら、しかも私だけ泣かれたらちょっと寂しいので。

G子の他に一緒に待ち合わせしたのは、1カ月後に出産を控えた産休中PTのKさんと、先月3人目の子を出産したばかりの育休中のM子さんで(生後1ヶ月に満たない子を連れてきました!)、妊婦さんと若いママさんたちに囲まれると、一見何の集団かわからなくなりました。

会を始める挨拶は私がしましたが、カンニングペーパーを見ながらだったことが悔やまれます。
今、その挨拶をこの場で空で言うことはできるのに、その時はあがってしまってとても言えないと判断し、書き留めた文章を読み上げる形になってしまいました。
思い出すと今でも「うわー!」と叫びたくなる残念な挨拶でした。

会話の方はまあまあでした。
G子のダンナさんの隣に座ったのですが、自然だった会話は「ジャンプショップに行ったことある?」「ジャンプショップ?」「ジャンプショップ知らない?」「知らない」「そういうお店が東京ドームシティにあるよ。池袋(昨日まで滞在していたG子のお祖母さん宅がある)に近いよ」「ええっ!本当!」みたいな会話。
それからもう一つ、「ハリー・ポッター以外の英語の本、何か読んでる?」「読んでない、ハリー・ポッターだけ。私mハリー・ポッターオタクだから」と言ったら、大爆笑されたこと。
英語で笑いをとれたことに、私は大満足でした。
もっとも、最初の会話からわかるように、G子のダンナさんは少年ジャンプが大好きというかオタクなので、それで笑ったんだと思います。

昨日はたくさん赤ちゃんを抱っこできました。
M子さんの生後30日の赤ちゃんも抱かせてもらいました。
小さくてまだ視線も合わず、誰に抱かれても同じ反応ですが、うちの子たちもこんな頃があったなあと思い出しました。(M子さんはさすがに途中で帰りました)
G子の赤ちゃんは男の子で女の人が大好きということで、そばに行くと両手を差しのべて抱っこをせがむんです。そして誰かが抱っこしてもその横の人が微笑みかけたら今度はそちらに抱っこをせがむのです。すごい八方美人!
でもその笑顔を見せられると、誰でも微笑まずにはいられません。みんな笑顔の連鎖で素敵でした。(帰りの駅のエレベーター内で渋い顔したおじさんが、自然にあやし始めたのを見た時は感動しました)
私が抱いた姿を見たA君が「お孫さん?」と言ったのは少々ひっかかりましたが。つい最近、私よりずっと年上の芸能人か誰かが出産したばかりだよ?

私たちからのプレゼントとして子ども用甚平とバスタオルと小さな袋を用意しました。
Nちゃんが甚平の案を出してくれたのですが、さすがに今の時期はもう売ってなくて、ネットで探して手に入れました。
しかし、サイズに迷いました。
というのは、生まれた時G子の赤ちゃんは4kgを優に超えていたからです。クリスマスカードに添えて送られてきた写真で見てもかなりジャンボサイズでした。
これはあまり小さいものだと着られないと思い、3~4歳のサイズを選びました。
会った時、思ったより大きくなかったのでそう言ったら「みんなにそう言われる。ちょうど標準なんです」と。
あー、失敗した!と思ったけれど、まあ着られないよりはいいかな。洋服より多少融通は利くし、ね。

会はなんとか無事に終わって、やっと肩の荷が下りました。
思った以上に気を張っていたらしく、帰宅した時はヘトヘトでしたが、とても楽しい会でした。

挨拶 - 2012.09.13 Thu

明日、元同僚のG子に会うことになっています。
結婚退職して2年余り、海外に暮らすG子が、里帰りのついでにダンナさんと赤ちゃんを連れて私たちにも会いにきてくれるのです。

私たちは、G子ご一家を囲む会を企画しました。私が幹事です。
しかし、問題なのはG子のダンナさんがあまり日本語を話せないこと。やはり英語を使ったコミュニケーションが必要になってくるかと思われます。
もちろん、G子が通訳してくれるに違いありませんが、常にG子を介してしか話せないのはちょっと不便です。G子も自由に雑談できないし、かと言ってG子が自分だけ会話を楽しめばダンナさんは疎外感もあるかもしれません。
私もここは頑張って英会話を実践しようと思います。

普段の英会話の授業のように、その場の状況で会話のキャッチボールをする場合はブロークンになるのは仕方がないことだとしても、せめて会った時や別れる時の挨拶くらいは、きちんとやりたいと思い、一生懸命オリジナリティのある挨拶を考え、書き留めました。
明日、ちゃんと挨拶できるかドキドキです。

庭の植物 - 2012.09.12 Wed

ゴーヤはそろそろ終わりが近づいてきたようです。黄色い葉が増えてきました。
今日までに21本収穫し、あとまだ10本近くなっているけれど、実の大きさがだんだん小さくなってきました。
元々あまり大きくならず、今年の最大でも21cm、大抵は18cm前後でした。その原因がプランターにあるらしいと気づいたのは、最初に収穫して間もなくの頃です。
患者さん宅の地植えのゴーヤの葉が大きく茂り実も売り物のような大きさなのを見たり、同僚から「地植えの方がずっと大きくなるよ。プランターだとしょぼしょぼだよ」と言われたからでした。
そうか、プランターでは十分根が張れないから栄養の吸収も十分できないよね。よーし、来年は地植えに挑戦して、丸々太って長いゴーヤをたくさん収穫するぞー!

DSC08822a.jpg
まばらで少し黄ばんで来た葉

椿から突然生えてきた丸葉の朝顔は、ツルを伸ばして隣の樹に達しました。
DSC08811a.jpg
増殖し、コニファーの根元で咲く朝顔
私の身長を超す高さまでツルは伸びているので、間もなく目線より上で咲くようになるでしょう。

ヒュウガナツもだいぶ大きくなりました。
数年前、実が成っていて袋をかけた状態で運ばれ植えられたヒュウガナツですが、その実を食べてしまうと次の年は不健康そうな実が数個実っただけ、その後ほとんど実をつけなかったのに、今年はなぜかたくさん花が咲いて、いくつも結実し、健康に育っているのです。
パペットスネイプ先生の顔より大きくなった個体もあり、色々撮影していたら、どれも可愛くて一つに絞れなかったのでいくつか載せます。

DSC08815a.jpg
愛しげに鼻を寄せるスネイプ先生

DSC08817a.jpg
葉っぱが傘みたいな効果

DSC08818a.jpg
眩しい光の中で恭しく球を掲げ持つスネイプ先生

ヒュウガナツはニューサマーオレンジとも言われますが、私はこの実の柚子に似た香りと酸味と甘みのバランスが大好きなんです。
これは、もしかすると、初めてちゃんとした実が収穫できそう♪

シミュレーション - 2012.09.11 Tue

昨日、業務終了後に、患者急変時の対応シミュレーションをしました。

職場では、半年に1回くらい、急変シミュレーションを行っています。
クジ引きで患者役とセラピスト役に分かれるのですが、私は今までずっとセラピスト役ばかり引き当てていました。
言うまでもありませんが、これは患者さんが急変した時に私たちセラピストがより迅速に対応するための訓練ですから、セラピスト役は気を抜けません。患者さん役は、急変を起こす役以外は、割と気楽にというか冷静に見ていられるのです。

前回は成り行き上リーダー役(最初に駆け付け、後から駆け付けたスタッフに指示を与える役)という大役をこなしたし、今までもずっとセラピスト役だったのだから、今回は患者役がいいなあ、と言っていたら、本当に患者役を引き当てました。もっとも、新人は必ずセラピスト役をやらなければならないので、患者役の確率の方が高いのですが。

初めての患者役でちょっと嬉しい私。
クジに書かれたプロフィールと指示を黙読しました。
<患者C>
・90歳 廃用症候群(安静状態が続いた事によって起こる、さまざまな心身の機能低下)
・認知症あり DM(糖尿病)なし
・プラットホーム(治療用の広めのベッドというか台)でROMex(関節を動かす運動)筋トレ中。
・急変が起きたら、起き上がったり、立ち上がったり動いて下さい。

まず思ったのは、90歳の廃用症候群で“起き上がったり立ち上がったり”できるのか?ということでしたが、リハ室のプラットホームで筋トレしているくらいだから、割と元気な人なんだな、と考えました。

前々回は、ちょうどこういうプロフィールの患者さんを担当するセラピスト役で、“認知症あり”の文字に、これは急変が起こっても私はその場を動けないな、と思った記憶があります。
今回、私のリハビリをやってくれるのは、PT一年生のTさんです。
最後の一文「起き上がったり立ち上がったり~」を省いた情報を受け取っているはずですから、「どうせ起き上がれないだろう」と判断したり、「言って聞かせればその場にいてくれるだろう」と判断したら、席を外すかもしれません。
ちょっとわくわくしながら成り行きを見守ることにしました。

私たちが急変時にどう動いたかを後で検証するために、ビデオカメラがセットされます。
私たち患者CとセラピストCが指定された場所は、一番カメラ写りのよい所だったので、急変するのは私だと思われていたようです。

「スタート!」の声とともに、それぞれの役割を演じ始め、間もなくセラピスト役のG先輩の「Kさん、大丈夫ですか?」という声が聞こえてきました。
急変は、私たちのプラットホームから1mと離れていない場所で起こったのです。



やれやれ - 2012.09.10 Mon

昨晩、電気を消して布団に入ってやれやれと思っていたら、すぐに夫が電気をつけました。
「何で電気つけるの?」と聞いた時、目覚まし時計が鳴りました。
わけがわからないまま目覚ましを止めたら朝でした。

やれやれと布団に入って、これから眠ろうと思ったのは、全て夢でした!
え?全然寝た気がしないけど?と腑に落ちないまま起きました
今日はもう寝ます。

青春18きっぷ - 2012.09.09 Sun

先日、長男が青春18きっぷを使って旅行しました。
帰ってきた時、「1回分残ってる」と言いました。
青春18きっぷ、私は使ったことがないのですが、5回分使える(以前は5枚綴りだった)切符なのですね。一枚の切符に日付のついた赤いスタンプが4つ押されていました。
JRの普通列車が一日乗り放題、途中下車もOKということで、1回分であっても日帰り旅行なら十分楽しめます。
ちなみに、1回分にすると2,300円なので、宿泊なら片道2,300円を超す距離まで遠出すれば元を取れるし、日帰りなら往復で2,300円を超すルートで元が取れます。

この1回分残った切符を誰が使うか家族で考えました。
有効期限は9/10、つまり明日です。「青春18」と名付けられていますが、学生でなくても年齢制限なく使えます。
次男は夏休み中に予定通り聖地巡礼の旅に出て1泊して帰ってきましたが、またすぐ行きたくなったようです。気持ちは良くわかりますが、受験生だし、部活はまだ引退していないし、新学期の授業が始まるしで次男が使う線は消えました。

夫か私のどちらか決まらないまま、昨日までそれぞれ一人旅を考えていました。
切符一枚渡されて日帰りでどこでも好きな所に行って良い、と言われてどこに行こうか考えるのは、とてもわくわくすることです。
3月いっぱいで辞めた同僚に会いにいこうか、片道3,500円はする場所だし。途中下車してハリポタ友達に会うこともできるな。などと想像して楽しみました。
結局、昨日話し合った結果、夫が使うことになりました。私は昨日仕事だったので、今日はゆっくり休みたくなったからです。

夫は行き先で随分悩んだようでした。富士宮まで行って焼きそば食べてこようか、宇都宮まで行って餃子食べてこようか、それとも駅近くにトンネルのあるところってなかったけ?と。結局今朝になっても決まらずに、とりあえず駅まで行って電車に乗ってから決めることにしたようです。

帰ってきた時、夫はうなぎパイを手にしていました。てっきり浜松まで行ってうなぎでも食べてきたかと思ったのですが、掛川の隣の菊川という駅から掛川まで歩いたそうです。トンネルではないけれど、何か興味を引くガード下か何かがあるとかで。
お昼はうなぎではなくコンビニおにぎりだったそうです。
そして、2時間くらい歩いて疲れたので、なんと帰りは新幹線に乗って爆睡してきたというのです。
ご存知の方も多いでしょうが、青春18きっぷは新幹線などの特急は特例を除いて使えません。特急券を買うだけでなく、乗車券まで新たに購入しないといけないのです。
帰りに新幹線使うなんて全然青春じゃないなあ、と笑いましたが、まあ片道が安く済んで、それなりに楽しめたようで良かったです。

ライバル - 2012.09.08 Sat

Pottermoreでは、11月に次の寮杯の行方が決まるようです。
1年に1回のことかと思っていたけど、前回は7月だったので、マグル界では4ヶ月に1回ということなのでしょうか。
次の目標が定まったことで、各寮生たちのモチベーションも上がったらしく、砂時計の砂の量も順位が入れ替わりました。
7月に寮杯を取得したスリザリンは、その後ずっと2位で、1位のグリフィンドールと一時は10万点以上の開きができ、これはもうだめかという思いも頭を過ったくらいです。それでも諦めずにポイント稼ぎを続けていたところ、「11月に寮杯が決まる」と掲示が出てからスリザリンの頑張りが著しく、ついに再びトップに躍り出たのです。
よーし!寮生一丸となって頑張るぞー!

ところで、昨日だったか一昨日だったか、決闘を挑んだレイブンクロー生から、フレンドリクエストをいただきました。プロフィールを見ると、国籍は日本となっています。友達でもブログを見て知らせて下さった方でもない日本人からのフレンドリクエストはこれで3人目。リクエストいただいた方は、全てお受けする方針なので、今回もそうしました。

今回友達になった方は、早々に決闘を申し込んできました。
今までは、友達になるとプレゼントを贈られる場合が多かったのですが、いきなり決闘とは、かなり好戦的な方のようです。申し込まれた決闘は基本的に全て受けて立つ方針なので、今回もそうしました。
決着がつくと、すぐに次の決闘を申し込まれ、応じるとすぐまた次の決闘の申し込みが届きます。
う~ん。これはキリがない……。
とりあえず他のことをして、時々お相手をする、という具合に対応しました。無視する、という選択肢もあるのでが、それはなるべく選びたくないので、自分のペースで受けて立つことにしたのです。
今夜も、何時間も前に申し込まれた決闘に応じたら、すぐさま次の申し込みが来ました。パソコンの前にいらっしゃる率は高そうです
そして私も、今日は特にネタも無いからブログはお休みにしようかな、と考え、申し込まれる決闘に次々に応じていました。勝敗は五分五分なので、結構緊張感があって面白いのです。
そんなことをやっていたら、いつの間にか得点を稼いでいました。
point2.jpg
左の“4,594”が7月の寮杯決定時にリセットされて以降得たポイント
右の“10,003”は、私がスリザリン寮に組分けされてからトータルのポイント

いつの間にかトータルで1万点超してました。レイブンクローのライバルさん、ありがとう♪おかげで得点稼げたし、ブログネタも出来たし。
ちなみに、この記事を書く間も決闘と魔法薬作りに励んだため、今のポイントは10,051になってます。
尊敬する我が寮監と再び喜びを分かち合えるよう、これからも精進します。

教科書の思い出 - 2012.09.07 Fri

毎日暑さが厳しいと思っていたけれど、朝晩がいくぶん涼しくなり、凌ぎやすくなってきました。同時に、虫の声も随分聞こえてくるようになりました。

今日の夕食時、会話の途切れた時に、すぐ近くからこおろぎの鳴き声が聞こえてきました。まるで床下にいるかのような聞こえ方だったので、思わず「太郎こおろぎ!」と声に出してしまい、それから夫に「『太郎こおろぎ』って知ってる?」と聞きました。
「知ってる」と答えた後、夫は自分の思い出を語り始めました。

『太郎こおろぎ』は、私が小学生時代に使っていた国語の教科書に載っていたお話です。同じ出版社の教科書でなければ知らないだろうし、世代が違えば知らないでしょう。私たち夫婦は同い年だし、育った市は違うけど教科書は同じものだったようです。

夫の思い出は、この物語の結末の解釈を巡って、クラスが真っ二つに分かれて討論した、というものでした。
私にはそのような思い出はないけれど、私がこの物語を覚えているのは、やはり結末の解釈が自分の中で決まっていなかったせいもあります。

記憶を頼りに大雑把に説明します。
ある学校(木造校舎)に太郎というガキ大将的ではあるけれど心根は優しい男の子がいて、おとなしい女の子(名前は覚えてないけど、ネットで調べたらしのちゃんでした)が彼の隣の席でした。
二人の席の下の木の床には、節穴が空いていて、太郎はそこに消しゴムの削りかすや、授業中こっそり食べた豆の皮など(うろ覚え)を捨てていました。
ある日、隣の席のしのちゃんが、真新しい消しゴムを持ってくると「良い消しゴムだな。俺が使ってやろう」的なことを言って(これもうろ覚え)、せっせと使っていたらうっかり落として、その節穴に入ってしまいました。
しのちゃんは泣きそうになりましたが、太郎はそれを取りに床下に入っていきました。(確か休み時間の出来事だったような…)授業が始まっても太郎が戻ってこないので、しのちゃんは気になりました。気になって節穴ばかりを見ていたら、先生に何している?と聞かれてしまい、とっさに「こおろぎが鳴いているんです」と答えました。
先生からはさらに「どんな風に鳴いてる?」と突っ込みがあったような気がします。言われて彼女が「リ、リリ…」のようにぎこちなく声にしたら、本当に節穴からこおろぎの鳴き声がして、クラスの誰かが「太郎こおろぎだ!」と言ったのでした。

手元に原文がないのでよくわかりませんが、こんな感じだった気がします。
夫のクラスでは、鳴いたのは「本物のこおろぎ」か「太郎の鳴き真似か」で議論になったそうです。
普段おとなしくて決して人前で意見を言わないような子も含めて、クラス全員が自分の意見を言ったのは、後にも先にもその時だけだったので良く覚えているそうです。
初めのうち先生は、答えを誘導したがっているようで、夫は子ども時代(今も)天邪鬼だったので、先生とは反対の方向で考えをまとめたとか。結局、先生は結論を出さなかったと言います。

今、その話を聞くと、物語の解釈を一つに決めること自体おかしい気がしてきます。作者の真意はともかく、「ここは私はこう思った」というのが、読んだ人の数だけあって良いと思うのですが、今学校ではどのようにその辺を指導しているのでしょう?
それはともかく、もう一度あのお話をきちんと読んで、今は自分がどう考えるか知りたいね、ということで意見が一致しました。

早朝散歩 - 2012.09.06 Thu

今日、入院中の80代後半の患者さんが、リハビリ時の会話の途中で「実は」と声をひそめて打ち明けました。

ローリングさんのスネイプ先生 - 2012.09.05 Wed

昨日、絵のレッスンの日でした。
昨日は、ローリングさんが描いたスネイプ先生を模写しました。
単独で描かれた、US版10周年記念本に載った絵です。

絵の先生は、そのスネイプ先生の姿に衝撃を受けたようでした。
私が手を動かしている間、細かい指導をしてくださるのですが、時々感じ入ったように「とても30代とは思えませんね」「すごい三白眼!目つき悪いですね~」「この眉、ありえない!」「髭も濃いー!」と感嘆の声を上げていました(笑)
そして、「この額のシワは眉間にしわを寄せて相手に嫌な顔を見せようとする“意思のあるシワ”です」「口はへの字ではなく一文字で最後に口角が下がってます。への字では『だって~なんだもん』って顔になりますよ」と実に興味深い説明をしてくださいます。
先生のお話を聞いていると、スネイプ先生の外見はよほど嫌な印象を与えるように描かれたものなのだな、と感じます。

絵のレッスン後帰宅して「しばらくすると、帰省している娘がピアノを弾きました。
それは、私が原書の7巻32章を読んでいた時に、娘が別室で弾いていた曲でした。
娘が弾くその曲を聞くと、今でもスネイプ先生の最期がありありと浮かびます。昨日は、ローリングさんのスネイプ先生の姿で出てきました。
30代にはとても見えず、眉毛と髭が濃くて三白眼の悪党面で、ハリーにいつも目一杯憎しみの表情を見せつけるスネイプ先生が、最期の場面では憎しみを見せるどころではなく、ハリーのローブの胸元をつかんで引き寄せるという必死さを見せ、大事な記憶を目や耳や口からいっぺん出すほど焦り、最後にリリーの目を向けてくれるよう頼んだかと思うと、より一層切なく思えました。
映画の端正な顔立ちのスネイプ先生より、ローリングさんの見栄えのしないスネイプ先生の方が、最期の場面を想像した時、より一層哀しみが迫ってくる気がします。

前から - 2012.09.04 Tue

昨日の朝、最寄駅に向かって自転車を走らせていた時のことです。
駐輪場が見えて来た頃、数十メートル前方から自転車でこちらに向かってきた人がいました。
普通は特に気にも留めないのですが、服装に見覚えがあったので目を凝らしてみます。そして、すぐにそれが夫だと気付いて、私は混乱しました。
だって、つい10分ほど前、私は玄関で「行ってきます!」と夫に手を振り、夫も「行ってらっしゃい」と見送ってくれたばかりだったのですから。

自転車に乗ったまま近付きつつ、夫は自転車の前かごに手を伸ばしました。その様子を見て、忘れ物をしたんだな、とようやく気が付きました。しかも、忘れた物がお弁当であることすら、手渡されるまでわかりませんでした

新学期が始まって昨日の朝は次男のお弁当を作り、ついでに自分の分も久し振りに作ったのに、すっかり忘れて持たずに家を出てしまったのです。それを届けに、夫は自転車を飛ばしてくれたのでした。

しかし、なぜ夫は前から来たのでしょう?帰宅してから確認してみました。
私が家を出て少ししてから夫はテーブルの上に置きっぱなしのお弁当箱に気付いたそうです。
間に合わせようと一生懸命自転車を走らせたものの、私の姿は見えず、駐輪場に着いてしまったので私の駐輪スペースを確認したら、自転車はなく、途中で抜かしたかと戻ったのだそうです。
と言っても、さすがに互いの自転車に気付かないまま抜いたり抜かされたりしたわけではありません。私が途中でごみ集積場に寄ったので、その間に抜かされたのだと思います。
夫だってそのことを知ってはいたのですが、もうとっくに行ってしまっただろうと思って急いで追いかけて(実際は私の前を走って)くれたようです。
傍から見たら滑稽だけど、私は感謝の気持ちでいっぱいになりました。

動画編集 - 2012.09.02 Sun

10月に行く友の会の旅行で、去年のイギリス旅行の報告をする予定で、その際動画をいくつか使おうと考えています。

去年のイギリス旅行では、テレビ番組用にと結構たくさんビデオ撮影してきて、そのいくつかは実際テレビでも流れたのですが、使っていない部分もたくさんあるのです。1分に満たないものから連続30分以上のものまで合計すると数十あります。

そのこま切れの動画を編集して数分ずつのいくつかの動画にしようと考えているのですが、動画の編集はほとんど経験がありません。
パソコンに始めから入っているソフトもあるけれど、長男が持っている動画編集ソフトを借りることにし、今日から取り組み始めています。
長男に尋ねれば、知っている範囲で快く教えてはくれますが、ほとんど不在というか私と生活の時間が噛み合わないので、ここは息子をあてにしないで自分の力でなんとかしようと思いました。

チュートリアルを見て、言葉の意味から操作方法まで、本当に一から勉強し始めたところですが、早々にボーっとなって頭に入ってこなくなり、取り組んでいるより長い時間の休憩を取りながら進めています。
いらない部分はカットし、使う部分だけをつなぎ合わせたり、つなぎ目の部分を唐突に見せないための効果を使ったり。機能がたくさんありすぎて、字幕を入れる方法が未だにわかりません
また明日にでも挑戦してみます。

1ヶ月半後の次の打ち合わせまでに形にできるか心配ですが、「何もありませ~ん」と言ってしまったスネイプ村の名誉を挽回できるように、頑張って編集しようと思います。

ひと息 - 2012.09.02 Sun

ここ何日も我が家付近では雨が降っていませんでした。
毎日青空が続いて見た目には爽やかでしたが、暑くて仕事中大汗かくし、通勤時の自転車や徒歩、車の運転時には日に焼けるし、夜は熱帯夜で良質の睡眠が得られず、いい加減うんざりしていました。

昨日は、関東地方でもあちこちで局地的に大雨が降ったようですね。
私は屋内型レジャー施設に居たので全然知らなかったのですが、帰る時には降った跡があって涼しくなっていました。
自宅最寄り駅に降り立った時も、家に向かって自転車を走らせている時も、まるで高原にいるかのような雨上がりの爽やかな香りがしていました。

夜中は雨音で何度か目が覚めましたが、涼しくていつになくぐっすり眠れました。
今日も降ったりやんだりで最高気温は30度に届かなかったようで、夏の暑さに疲れた身には、有難い休息日となりました。

11回目 - 2012.09.01 Sat

今日は、“発表”の打ち合わせに行ってきました。
友の会の旅行中に行う、去年のイギリス旅行の発表についての打ち合わせです。
折角会うのだからと、打ち合わせ後はマジクエストで遊びました。
私にとって、11回目のマジクエストです。

ホグワーツの新学期である9/1にマジクエストで遊ぶのはこれで二回目ですが、今日は土曜日だったので、まだ夏休みの延長みたいなもの。一体どれくらいの人出があるのかわかりません。きっと世間の小学生は夏休みの宿題に追われて遊園地どころではないだろう、と高を括っていましたが、大間違い。ものすごく混雑していました。
みんな、ちゃんと宿題終わって最後の夏休みを満喫しているんですね。えらいえらい!

前回ドラゴンの倒し方がやっとわかったのというのに、今回すっかり忘れていました。3回挑戦したのですが、全部失敗に終わり、ドラゴンの挑戦者の列も長くなってきて時間がもったいないので、今日の挑戦はそれまでとし、あとはひたすらルーン集めに徹しました。

今日は、気になる人が二人いました。
一人は、この人。
DSC08808a.jpg
ハリーポッターがいました!
“今月の”とありますが、今日は1日なので、“今日の”と同じで、つまり今日、セブルスは口惜しいことにハリーポッターにポイントで負けてるんです。(3位、4位、5位でセブセブセブと続いています♪)
でも、ポイントでは負けたけど、ルーンはこの通り。
DSC08805a.jpg
ハリーポッターに勝った!
まあ、当然ですけどね(笑)

そしてもう一人。髪型とか体型とか歩き方とか杖の振り方とか、私のイメージする学生セブルスっぽい青年がいて、しかも、ポーションを作っていたので、ついついちらちら観察してしまいました(汗)
ちなみに、私の考える学生セブルスの杖の振り方は、全然優雅ではなく、ちょっと乱暴というかグイグイ突くようなイメージです。

一緒に居たきじゅさんからは、その彼について、「さっきポーション作りを失敗しているかのような動きがあった」というような発言が聞かれました(きじゅさんも観察してた!)
その辺はちょっとイメージと違う気もしたのですが、学生セブルスは試行錯誤を繰り返すタイプだったことを考えると、ポーション作りの失敗も十分考えられると今になって思います。
そう、失敗から学ぶ人なんだ、スネイプ先生って!(と、いつの間にか本当のスネイプ先生の話にすり変わる

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)