topimage

2013-03

エノシマトレジャー - 2013.03.31 Sun

今日は職場の同僚たちとエノシマトレジャーに行ってきました。
エノシマトレジャーというのは、江ノ島とその近くに隠されたヒントから謎を解き、第壱から第四までの謎を解いて4つのキーワードを集めさらにそれをヒントに最終キーワードを探し出す、という参加無料の宝探しゲームです。
A君の担当する小学生の患者さんに教えてもらい、OTみんなで行くことにしました。
育休中のTちゃんを除いたOT5人とA君の二人の子キッズ、総勢7人で参加しました。

最初は観光案内センターに行って、ヒントなどの書かれたパンフレットをもらってきます。
DSC00118a.jpg
問題用紙兼回答用紙

DSC00119a.jpg
第壱の謎(一つ目のキーワードが隠された場所のヒント)
「恐れず龍に飲みこまれよ。(中略)分かれ道に来た時は、少ない数字の方に進むべし。木を守る物に探しものは見つかる」

DSC00120a.jpg
第弐の謎

DSC00121a.jpg
第参の謎

DSC00122a.jpg
第四の謎

DSC00123a.jpg
さらに細かいヒントが、江ノ島とその付近に散らばった15の協力店に示されています。

ヒントは大抵店先のわかりやすいところに貼られていました。
DSC00098a.jpg
最後の謎を解くヒント

けれど、お店の奥まで入っていかないと見つからないものもありました。
DSC00068a.jpg
営業中のお店の中で見つけたヒント
このヒントを見つけたのは、
DSC00069a.jpg
ボウリング場の中!

この企画は今日が最終日だったので、ネタバレしても影響はないと思いますが、一応詳しいことは隠します。
ご興味のある方は、続きからどうぞ~

突き刺さる - 2013.03.30 Sat

夕食時の家族との会話で、学校の先生のことが話題になりました。
夫が中学生の時、とても怖い女の先生がいたそうです。

「怖いっていうか、冷たい感じ」と夫。
「冷たいのはダメだよね」と相槌を打つ私。
言ってからハッと息を飲むのと、娘の視線に気がつくのとが同時でした。
夫は気づかず続けています。
「その先生の言葉がいちいちグサグサ突き刺さるんだよね」

夫の言葉と娘の視線が私の胸にもグサグサ突き刺さりました。
うん、色々美化しているけど、やっぱりダメなところもあるよね本当はわかってる。
でも、やっぱり弁護せずにはいられないし、どんなにダメダメでも大好きだよ、スネイプ先生!

引っ越し - 2013.03.30 Sat

今日は小さな引っ越しがありました。
今まで一人暮らしをしていた娘が、4月から自宅通勤するので帰ってきて、入れ替わりに大学生になる次男が、今まで娘が住んでいたマンションに移ることになっているのです。

洗濯機や冷蔵庫など大きなものはそのままというところが良いです。
でも、次男は今まで娘が使っていたちゃぶ台は嫌だと言って、自分の学習机を運び込むことになりました。
小さな部屋なので今まで娘はちゃぶ台でご飯を食べ勉強もしてきましたが、次男は学習机でご飯食べたいらしいです(笑)
それから、自転車も持って行きます。娘も学校までは自転車で通っていましたが、その自転車を使うにはあまりにもボロかったので、次男が今まで使っていたものを持って行き、娘の自転車はお給料出たら自分で新しいのを買いなさい、ということになりました。

我が家の車“セブ”は小さくて(キャッ♪)机や自転車を積めないので、軽のワゴン車をレンタルしました。
机などを積むには後部座席を倒さないといけないので、二人しか乗れず、夫と次男の二人が乗っていきました。娘は現地で合流し、向こうでは三人での作業です。
私は次男の机を階下に運ぶ時に手伝ったくらい。
今、そろそろ帰路に就く、という連絡が来たところです(←のん気)

荷物を運びこんでも、まだしばらくは次男は自宅にいます。今家族で毎晩見ているテレビアニメのDVDを全部観終わったら、向こうに行くつもりらしいです(笑)
一人帰ってきたら一人出ていく……
家族がみんな揃って過ごせる期間って、本当に短いのですね。

excuse - 2013.03.29 Fri

今日の英会話のレッスンには、生徒が4人いました。
いつもはたいてい2人、4人の時もあるけれど、それは他の曜日の都合が悪くて振り替えた人が来た時でした。
でも、今日から新しい人が加わったのと、最近他の曜日に振り替えていることが多かった本当は金曜日の人も参加していて、正規の金曜メンバーとしては初めて4人で受ける授業でした。

新しいメンバーが入ったので自己紹介します。
いつもの通りハリポタ好きをアピールして、それから最近のニュースを報告して(先週英国に旅行してきた人がいました!私は今日の仕事中、訪問先のお宅で患者さんの奥さんが「お昼に食べて」とお手製のサンドイッチを下さったことを話しました)、それから今日のトピックのexcuseについて練習しました。excuseというのは、言い訳のことです。

その言葉を聞いてまず思い出すのは、4巻のスネイプ先生のお言葉。
「逃げろ。我輩が言い訳を考えてやる」(4巻23章p.104)です。
クリスマスダンスパーティでカルカロフに言った言葉で、原書では'Flee, I will make your excuses.'(UK版ペーパーバックp.465)となっています。
闇の印が濃くなって怖気づくカルカロフに、「言い訳を考えてやる」と言いつつ、自分は「ホグワーツに残る」と言ったスネイプ先生がカッコ良くてたまりません!

話が逸れましたが、この言い訳を考えるのが今日のレッスンでの課題でした。
残念ながらスネイプ先生は私の言い訳までは考えてくれないので、自分で考えるしかありません。
プリントに示されたお誘いの例文に対してお断りし、言い訳の文章を作る宿題が出されてあり、一生懸命作文を作っていきました(昨晩慌てて取り組んだ
それをみんなで発表し合った後、今度は先生相手にロールプレイします。
とにかく、どんなお誘いであっても断り続け、言い訳し続ける、という練習です。

4人が順番にチャレンジです。
最初にチャレンジしたのは、今日初参加のNさんでした。
先生は今夜のデートを誘いました。
Nさんは仕事を理由に断りました。
すると明日ならどうかと言っています。明日も忙しいとNさんは重ねて言いました。
すると今度は、じゃあいつなら暇?と聞いてくるではありませんか!
難しい~これをどうやって断るかと思ったら、Nさんは「暇な時にこちらから連絡します」というようなことを(英語で)言い、やっと先生は引き下がりました。
すごーい!若いNさんは実際そんな風にお誘いをお断りしているのかもしれません。

次は私の番です。
(全て英語での会話ですが、再現不可能なので日本語で書きます)
先生は「ハリーポッターの映画のチケットが二枚あるんだけど、今夜行かない?」と誘ってきました!
なにー!これを断れとー?
「行きたいのはやまやまなんですが、風邪をひいてしまいました」と私は答えました。これなら「明日は?」とは言ってこないと思って(笑)
すると今度は「次の水曜日ならどう?」と聞いてきました。
ううむ。水曜か。治ってるかもしれない微妙な線…でもまあ押し通します。
「まだ風邪が治ってないかも」と答えると、「それもそうだね」と納得してくれました。
が、お誘いはまだ続きます。
「二週間後の日曜日に、ハリーポッターについてディスカッションしませんか?魔法の世界を探検しましょう」と言うんです。
こんなに美味しいお誘いってあるでしょうか!
けれど断って言い訳するのが今日の課題ですから、非常に残念な面持ちで「本当に行きたいけれど、その日は別な約束があるんです」と断りました
先生はついにあきらめ、また次の機会にお話ししましょう、ということになりました。
ええ、ぜひ!

次の人には○ィズニー○ーのチケットで誘っていました。
その方、ディズ○ーシ○が大好きなんです。
こうやって先生は、各生徒が食いつきたくなるようなネタで執拗に誘うので、他の曜日の生徒たちは皆、お誘いを断れなかったそうですが、金曜日は全員なんとか上手く、失礼なく断れたということでお褒めのお言葉をいただきました。
あー、面白かった♪
でも、現実では、ハリー・ポッターに関するお誘いは、万難を排して行きますけどね

訪問スタッフルームにて - 2013.03.28 Thu

今日、訪問から戻って記録をつけていると、ケースワーカーのAさんが窓の外を見て「あの花かわいい。何ていう名前かなあ」と声に出していたので、席を立って見に行きました。
するとそこにあったのは、庭にありながら名前がわからず先日調べたばかりの花でした。
DSC00059a.jpg
うちの庭のツルニチニチソウ

「あ、これ知ってる!『ツルニチニチソウ』です」
「へえ~やっぱ二尋さんって何でも知ってるんだね」
「いえいえ、うちにあるんですよ」
「な~んだそっかー」
本当は知らないことだらけなのに、何でも知ってるとか思われても困ります。
それなのに…
「あの向こうにあるクリスマスツリーみたいな樹だけど」
「はい」(さすがにその名は知らないな)と思いつつ相槌を打つ私。
「赤い実が成るんだよね」
「あ、もしかして『イチイ』かも!タキソール(抗がん剤の一つ)が含まれてるっていう」
「へええ!」と感心するAさん。
パソコンに向かっていた外来の師長さんも、同意の言葉をかけてきます。
まずい、薬学の知識なんかなくて、あるのはハリポタの知識だけなのに、なぜかAさんの疑問に答えてしまう…

また席に戻ってカルテの続きを書いていると、T先輩が戻ってきました。
ここのところ寒い日が続いたため、桜がもっていて、月曜日に私が通った桜の名所がまだとてもきれいだったと言い、「スネイプ先生とお花見してきました」と付け加えるT先輩。
そして、そばに居たAさんに「二尋さんはスネイプ先生に話しかけたんだそうですよ」と暴露します。
Aさんはスネイプ先生のことは知らないけれど、とりあえずハリー・ポッターの登場人物だ、ということは認識しているそうです。
ストラップスネイプ先生を手に取り
「紙粘土でできてるの?」と聞きます。
「いえ、石粘土です。ドール用の」
「それってOTが仕事中使うものか何か?」
「いえ、私物です」
「二尋さんは自分で買って作ってるんですよ」と補足するT先輩。
「これ、家にいくつかあるの?」
「あー……いくつかあります……」(だんだん恥ずかしくなってきている)
「もっと大きなのとか?」(鋭い!)
「えーと、手にはめられるパペットが一番大きいかな。後はもう少し小さいのとストラップがいくつか…」
ひー!リハ科のスタッフルームではもっと堂々と語るんだけど、二ヶ月年上ですごく仕事のできるAさんの前だと、なんかす自分のしていることが痛々しく感じられるな。
私がヒーヒー恥ずかしがっていたら、「いいじゃない、熱くなれるものがあるって」とAさん。
訪問のスタッフルームでもおおらかな目で見てくれる人がいて、本当に有難いです。

Snapeの天気 - 2013.03.27 Wed

今日、何気なくスネイプ村のサイトを見ていたら、気温が35°Fと出ていました。
気温が華氏で表されているんですね!
私には摂氏何度なのか換算できず、調べてみたら、華氏35度は、約2℃でした。

同時にReal Feelと出てきて、何だろうと思ったら体感温度のようでした。
今日のスネイプ村の体感温度は26°F(約-3℃)で、かなり寒そうです。
天気の方は、Party sunny (「ところにより晴れ」でいいのかな?)と出ていました。

スネイプ村のサイトに出ていたお天気のサイトは、日本語版もありました。
日本語版で見ると、気温は摂氏で表されていて、天気も「雲と晴れ間」と表現されています。
「曇り時々晴れ」とか「曇り一時晴れ」じゃないところが翻訳っぽくて面白いです。

でも、一番面白かったのは、そのページの名前。
地名を入れて検索できるので「Snape England」と入れてみたら「Snape,英国」で出てきて、ブラウザのタイトルバーに「Snapeの天気」と出てくるんです。
Snapeの天気b
スネイプの天気

「東京」と入れれば「東京の天気」「ロンドン」と入れれば「ロンドンの天気」と出てくるから当たり前なんですが、「Snapeの天気」と書かれているとなんか可愛いです。
スネイプ先生直々の天気予報という意味にも見えるし、スネイプ先生のご機嫌とも解釈できそう。
まあ「晴れ」というのはあまりなさそう。良くて「曇り時々晴れ」とか。
グリフィンドールやハリーが大活躍した日は「暴風雨」とか「雷雨」とか大荒れの天気になりそうです

科内祭り - 2013.03.26 Tue

昨日、G先輩から予期していなかった物を渡されました。
1年、いやそれ以上前に貸した映画「炎のゴブレット」のDVDです。「長い間お借りしてすみませんでした」と言われても最初はピンと来ないくらいでした。
先日テレビで放送された「秘密の部屋」の影響で、ようやく続きを観る気になったらしいです。

その話を少し離れた席で聞いていた技師長が「この間映画やってましたね」と話に加わります。
「そうなんですよ!今『祭り』なんです!」と鼻息荒く説明する私。
すると、PTのHnさんも「『ハリポタ展』も開催されるみたいですね」と加わりました。
「そうなの!六本木ヒルズでね!私もうチケット買っちゃった!」とすかさず食いつく私。(本当に買いました)
同時に「ハリポタテン?」と上手く変換できない技師長に「ten(10)じゃないですよ」とHnさんは説明し、だんだんその場が混沌としてきました。
さらに、G先輩が「USJにもすごく行きたくなってきました」と言うと、「USJにハリポタ出来るの?」と技師長も興味を示します。
私とG先輩とで交互に説明すると、「僕も行ってみたいな」と言うではありませんか!
「行きましょう!リハ科でツアー組んで!」と誘うと、他の同僚たちも乗ってきました。
これはいつか、本当に実現するかも!
もう映画でも本でもいいから、みんなでハリポタ語ろうよ!と思いました。


そして今日、今度はSTのSさんに貸していたDVD「不死鳥の騎士団」が、G先輩の手に渡りました。炎のゴブレットに続き、お子さんたちと一気にハリポタを観るつもりらしいです。

Sさんが今まで観たDVDについて、「『アズカバン』が一番影が薄い。印象に残っているのは『炎のゴブレット』だと言いました。
どうやら断片的な場面の連続で内容がイマイチ理解できなかったようで、G先輩も同じようなことを言いつつ「本を読めばわかるんですか?」と聞いてきました。
「そうなんですよ!本を読んでいる人は勝手に頭の中で補完してるからわかるんです!でも、映画だけだと唐突に見える場面とか、結局意味かわかならいところって結構あるんですよ」と我が意を得たりとばかり私は熱く語りました。

するとそこへ技師長も加わってきて、「映画だけじゃ絶対わからない。本の方がずっと中身が濃いです。本を読まなければ伝わらない」と力を込めて発言しました。
おおぉー!
ついこの間までは「映画だけ一通り観た」という反応だったのに、いつの間に"こちら側”に!?
一緒に熱弁振るってくれる人が現れて、心強いです。本をお貸しして(現時点で5巻まで)育成してきた甲斐があるというものです。
そう言えば先日、「やっぱり自分でも一揃い買おうかと思って」とか言ってたっけ。
キャラクターの内面語りが始まるのも時間の問題と思われます。
よーし。科内スネイプ先生祭りまであと一歩!

1/2羽 - 2013.03.25 Mon

今日はあまり天気が良くなかったけれど、職場付近の桜は満開でした。
月曜日の午後は、車でも片道30分近くかかる訪問先まで行かなければならないのですが、道中桜の名所をかすめるので車の中に居ながらお花見できるんです。
桜並木は本当に見事で、私は一人なのをいいことに「すごい!最高!」「桜が満開だよスネイプ先生!」と胸ポケットに入れたPHSについているストラップスネイプ先生にずっと話しかけていました

さて、今日は職場で送別会がありました。
と言っても、リハ科内の送別会ではなく(今年リハ科からは離職者は出ませんでした)、訪問部門の送別会でした。
すごく有能で事務処理能力に長けたTsさんが辞めるので残念ですが、初めて職種の違う9人で食事するので、それはそれで楽しい会でした。
イタリアンのコースで、メインはいくつかある中から選べます。
私はローストチキンを選びました。
すると半身が出てきました。
つまり縦半分に切った1/2羽が出てきたんです。
F1000468.jpg
チキン1/2羽(これで一人前)

味見程度にT先輩に食べていただきましたが、残りは完食しました!
だから今でもすごくお腹いっぱい!
左隣の席がS先輩で、向かいがT先輩だったからか、食べ進むに従って露出してくる骨が話題になりました。
私が関節にナイフを入れて切り離したせいもあるけれど、きれいに骨が分離された様子を見て、「これはどう見ても大腿骨ですね」「ここが膝で~」「これは何だ?」「肩甲骨!」としげしげ眺めながら言うのが可笑しくてたまりませんでした。

 - 2013.03.24 Sun

先日、娘が大学を卒業しました。
卒業式には袴を着用しました。
袴と着物はレンタルで、娘が選んだのは、ワンポイント程度の刺繍が入った無地に近いシンプルなものでしたが、とても似合っていました。
式の後に催されるパーティに参加するため髪は和洋どちらにも合う形に結ってもらって、自分できれいにお化粧して、頬を紅潮させた姿は、我が娘ながら美しと思いました(←親ばかです
顔の造作はともかく、4年間よく勉強し部活にも励んだ満足感というか達成感のようなものが内から溢れる感じで、キリリとした袴姿になると一層聡明そうで美しく見えたんです。

成人式の振り袖も良いけれど袴姿の女性ってすごくかっこいいと思います。
小学校の卒業式の日、担任の先生は袴姿でした。
今担当している80代の患者さんの話によれば、その方が小学生だった昭和初期の担任の女教師は、常に袴を穿いていたそうです。
女性の袴の歴史を調べると色々出てきますが、現代では卒業式においての女教師、女学生の正装という形になっているようです。

私自身、成人式に着物は着なかったけれど、卒業式の袴だけは着たいと親に頼んだ覚えがあります。
着物は母の鮫小紋(遠目には無地に見える)を借りて、袴だけレンタルし、母の上司の奥さんが着つけてくれました。その方は弓道をやっていらして、ご自分でも普段から袴を着用する機会が多かったようです。
私も袴を着用したいばかりに、弓道とか薙刀とか習ってみたいと思ったこともありますが、実際やったことはありません。

年を取っても袴への憧れは衰えることなく、二度目の学生生活を終えた10年前にも、私は再び袴で卒業式に出席しました。
当時、3人の子どもたちはみな小学生だったけれど、二十代前半の同級生に混じって私は袴を穿きました。
夫に「まさかコスプレ的な気持ちじゃないよね?」と聞かれて、ちょっとヒヤッとしたけれど、「まさか~。女学生の正装だよ」と答えて事なきを得ました

と、ここまで書いて、懐かしくなってその時の写真(ちゃんと写真屋さんに撮ってもらった)を見てみました。
たった10年前だけど、肌に張りがあって目がキラキラしててとても三人の子持ちとは思えない!
袴には三割増しくらい女を美しく見せる何かがあるんじゃないかと思ってしまいました(笑)

フォローバック - 2013.03.23 Sat

ツイッターを始めて2ヶ月半が経ちましたが、まだまだ暗中模索の毎日です。

ツイッター上での独特な言葉の使い方がよくわからなかったり(そろそろわかってきたけれど、自分で使うかどうかは別問題。使い慣れない言葉を使うのは抵抗あるし、私らしくない気がして、文字数がかかってもいつも通りの言葉を使いがち)、リプライ(返信)も正直よくわからなかったりしますが、今一番悩んでいるのがフォローバックです。

始めた日は、そもそも誰かにフォローしていただくことをまるで考えず、スネイプ先生の原作のセリフを言い続けるbotとか、ローリングさんやポッターモアの公式のツイッターとかをフォローしました。
そして、自分の言いたいこと、つまりはスネイプ先生のお誕生日を祝う言葉だけをひたすら発信してました(笑)
つまり、一方的に発信する場として使い始めた、というわけです。

しかし、その日のうちだったか次の日だったか、自分のやっていることのむなしさに気付き、唯一知っていたハリポタ関係の友達をフォローしたところ、すぐさまフォローを返してくれました(フォローバック)
すると、間もなく別なハリポタ仲間がフォローしてくれたので、私もフォローバックしました。
そんな感じに一度友人をフォローするとそこに繋がっている別な友人たちが私を見つけてくれたり、私が見つけたりで、フォローする人数も増えてきました。

そして、ある日、知らない方からフォローされました。
こういう場合の対処方法に私は慣れていません。
とりあえずハリー・ポッターが好きな方ならフォローバックするべきではないか、という思いと、ブログで言うところのROMの感覚でフォローしてくださったのかも、という気持ちとで非常に迷いました。
既にブログという形で発信しているために、余計な心配をしてしまうんです。
一方で、ツイッターとはそもそも知らない人と交流する場なのではないか、私も(使い方はともかく)交流したいと思うからこそ始めたのではないか、と自問してみたり。
 
そこで、他の人を参考にしようと色々見てみました。
とにかく繋がろうという方と、フォローバック100%ではないけれどフォローはご自由に、という方と色々あります。
次に、私は娘や息子に意見を求めてみました。
彼らは私よりずっとツイッター歴が長いんです。
すると、「あんまり気を使うことないよ」「自分がフォローしたければフォローすればいいし、よくわからなければ様子を見たっていいし」という助言が得られました(負うた子に教えられ、という感じ)
彼ら自身もフォローされたら必ず返す、というわけではないそうです。

そんなわけで、私の基準を一応決めました。
知り合いからのフォローには、フォローバックする。
会ったことはないけれどブログへのコメントやメールをいただいたことのある方はフォローバックする。
フォローして下さる時に何か挨拶のある方は、交流を望んでいると判断してフォローバックする。
最初は挨拶はなかったけれど、途中でリプライがあった場合は同様に交流を望んでいると判断してフォローバックする。

こんな感じかな。
まだ試行錯誤の段階ですが、しばらくこれでやってみようと思います。

動揺 - 2013.03.22 Fri

今日は映画「秘密の部屋」が放送されますね。
また祭りに参加しようとウキウキしているところです。

ところで、映画「秘密の部屋」のスネイプ先生と言えば、決闘シーンが有名ですが、登場場面も気になります。
新聞をどけた時にいきなりドアップで出てくるあの場面です。
非常にインパクトが強く、スネイプ先生ファンではない状態で初めて客席で観た時は、ぎょっとしました(汗)

しかし、今となっては、やはりドアップ出てくるより、ハリーたちの背後から声をかける方がずっとインパクトがあっただろうと残念です。
視覚的にもその方が面白い気がします。
ハリーとロンが、のんきにスネイプ先生不在の理由をあれこれ想像している後ろから「もしかしたら」と話に割り込んできて、くるっとハリーが振り返るとそこに噂の人物(しかも怖い先生)が立っている。こんなドキッとする場面はないでしょうに。
フィルチがハリーとロンをその寮監のマクゴナガル先生の下に連れていかなかったのも不自然だし。
背後でなくてもせめてフィルチの立ち位置に居て欲しかったです。

新学期を迎え、スネイプ先生は大広間でハリーが入ってくるのを確認しようとしていたか、あるいは列車到着の時点で上級生が二人欠員が出ていることの報告があったのかもしれません。馬車に乗るべき人数は把握されていたかもしれないので。
その時点では、まだ誰がいないかわかっていなくても、大広間にハリーが入ってこないことはスネイプ先生なら気付くはず。この場面に限らずスネイプ先生は、いつだってハリーアンテナを張っていたでしょうから。

私の勝手な想像です。
この日スネイプ先生は、生徒たちが到着する前にまず新聞に目を通した。
その時は、車が徐々にホグワーツに近付いていることに気付かなかったかもしれない。
ハリーが大広間に入って来ないことに気付く(いつもちゃんと見てるからいないとわかる)
そこに暴れ柳がダメージを受けたという知らせが入る。
知らせはなかったとしても、とにかく飛び出していく。
そこで傷ついた暴れ柳と車から投げ出される二人を遠目に見て、新聞記事と結び付く。
城に向かって歩く二人を、闇に紛れてそっと追う。
二人の会話を聞き、自分のことを話しているので、自分の意見を述べつつそこに居ることをアピールする(なんてお茶目!)
と、こんなかんじ。

この時スネイプ先生は慌てて出て行ったので、ローブの上には何も羽織っていません。
そんな姿で、冷たい風にローブをはためかせて立っているんです。体冷やしてます。

7巻でスネイプ先生がハリーをずっと守っていたことが明らかになると、スネイプ先生の動揺が感じられるこの場面がとても愛しく感じられるんです。
いつか再び映像化されることがあったら、ここはぜひとも再現して欲しいです。

日本人 - 2013.03.21 Thu

桜の花の開花がいよいよ加速してきたようです。
職場付近の桜も、二日ぶりに見たら、随分開いていました。
仕事で車を運転している時も、あと二三日したら見頃を迎えると思われる桜並木の下を通ったりして、訪問担当ならではの楽しみを味わっています。

訪問する先々で患者さんやそのご家族と桜が話題になります。
部屋に飾ってあったり、開花状況を報告しあったり、窓から桜が見えるというお部屋にわざわざ案内して下さったり。
通勤時も、立ち止まって桜を見上げる通行人を結構見ました。
大きな桜の樹の下で座って休む人、桜を見ながら同行者と二言三言言葉を交わす人、色々な人がいました。

そんな桜への反応を見ていたら、日本人って素敵だな、と思いました。
国民が、一つの花の開花にこれほど関心を持って毎年心待ちにしている国って、そんなにないんじゃないかと思います。
桜前線とか示して、国を上げて開花を追うって、なんて素敵な習慣と感性でしょう!
そして自分もまたそんな日本人の一人だと思ったら、誇らしく思えてきました。
見ず知らずの人も含め、人々の桜への反応が、こんなに心に響くとは。
今日は、日本人への愛しさでいっぱいになった日でした。

庭の植物 - 2013.03.20 Wed

すっかり暖かくなって、新芽が吹いたり花が咲いたり、庭の植物も色々変化が見られます。
そんな我が家の庭の植物をご紹介します。

DSC00038a.jpg
キンモクセイの新芽
毎年香りを楽しみにしているキンモクセイが芽吹きました。

DSC00041a.jpg
カキの新芽
去年、初めてたった一つだけど実をつけた柿です。今年はいくつ実るかな~

DSC00045a.jpg
ビワの新芽
何年か前に、いただき物のビワがあまりに立派で美味しかったので種を埋めたらここまで育ちました。花が咲くのは当分先ですね。

DSC00046a.jpg
フリージアのつぼみ
実家の庭を占拠しつつあるフリージアの球根を一昨年少し分けてもらったもの。
埋めた場所が浅かったので、長い葉はみんな倒れてしまいますが、花芽だけはすっくと伸びています。

DSC00049a.jpg
クワ?
鳥の落し物から芽が出て育ったクワと思われる植物。
木製のプランターから勝手に伸びるのを何年か放置してきましたが、プランターの木が腐って崩壊し、このまま放置したら枯れてしまうかも。どこかに植え替えないと。

DSC00050a.jpg
すっかり花開いたジンチョウゲ
濃厚な香りは健在ですが、そろそろ散ってきました。

DSC00059a.jpg
ツルニチニチソウ
名前がわからず、ついさっきネット上で確認した花。
ツル性で、駐車場(実際は駐輪場化している)の端を覆っています。

DSC00052a.jpg
アセビ
目立たない場所に植わっているけれど、よく見ると可愛い形。パフスリーブみたい♪

DSC00055a.jpg
エリカ
満開のエリカは遠目にはきれいだけど、近くに寄ると鳥肌立ちます。
黒い点々って苦手~

DSC00027a.jpg
木漏れ日に輝くヒュウガナツの実
健やかに育っていて、とても嬉しいです。
見た目の変化はないけど、きっと少しずつ甘みは増していると信じたい。
収穫時期は4月中旬~6月とか。早く食べたいな~

ミーティングにて - 2013.03.19 Tue

今日は、職場で何ヶ月かに一度不定期に開かれる、全体ミーティングがありました。
直近の連絡事項は朝のミーティングで伝えられますが、急ぎでない連絡事項(年間の予定とか新人教育のこととか患者さんに対して行うアンケートのこととか)が伝えられたり、日頃疑問に思っている案件などを相談したり、業務外の行事の案内をしたり、という会です。

その中で、4/7に予定されていた科内レクリエーションの花見が中止されたと伝えられました。
花が咲き始めてしまい、その頃にはもう散っているだろうから、という理由でした。
そう!自宅や職場付近の桜が咲き始めたんです。
今朝、一つ二つつぼみがほころび始めたなあ、と思って通り過ぎた樹が、夕方には数を数えるのも面倒なほど花が開いていました。まだ一分咲き程度ではありますが。
2月が寒かったから遅いと思っていたのに、一気に加速して驚いています。

ところでミーティング中、気になったのが、T先輩の手元。
今日はT先輩がPHSを携帯する日だったのですが、それを机の上に置き、話を聞きながら手はストラップスネイプ先生の髪をずっと撫でているんです。
いや~、気になる気になる(笑)
両手の人差し指を使って、顔に沿わせる形で撫でつけていました。
手触りが心地良かったのでしょうか。
スネイプ先生が職場で愛されているのを目撃して嬉しかったです♪

 - 2013.03.18 Mon

S先輩の机の上に、最近見慣れない物が載っていることに同僚たちは気づいていました。
何かのキャラクターの小さなぬいぐるみのようなものと、メモ帳のようでした。
キャラクターグッズに疎い私だけが知らない今時のキャラクターなのだろうと、私は勝手に思っていました。が、S先輩以外はみんな知らないキャラクターだということが、今日明らかになりました。

S先輩は「『ゴリンゴ』っていうの。昔のキャラクターみたい」と説明します。
それを聞いた同僚たちは「二尋さん、知ってますか?」と聞いてきます。
(『昔』と聞くとすぐ私に振るのはヤメテ)
「知らない。なんか昔っぽくない見た目だよ。そんなに『昔』じゃないんじゃない?」
と答えると、誰が調べたのか、2007年に出来たキャラクターだとわかりました。
「ほら、全然昔じゃないよ!」と私。
私にとっては、30年か40年前、少なくとも20年は経っていないと『昔のキャラクター』という気がしませんが、このキャラクターはたったの6年前に生まれています。

B000VO6Y0Aゴリンゴくたくたマグネットぬいぐるみ ゴリ
KDS 2007-10-24

by G-Tools


6年という年月に対する感覚は、人それぞれでした。
入職5年目のK太君は「6年前は、実習中でした」と言い、今とは全然違う生活だったことを主張します。学生だった人は概して6年前を昔、と感じるようでした。
一方、私より1年早く入職したT先輩は「別に全然変わらない~普通にここで働いてた」と言います。
この職場で過ごす時間が長い人は、6年前ではもはや新人ではないし、今とそんなに変わらないのだと思います。
私も、T先輩の発言を受けてすぐに「私も6年前は普通にここで働いてたし、普通に『スネイプ先生、スネイプ先生』って言ってた」と同意しました。何気なく主張を織り交ぜてみたりしながら(笑)

そう、6年どころか7年前も8年前も、今頃は「スネイプ先生、スネイプ先生」って職場で言ってました。
これ、そんなに昔だなんた思えない~~~

画像変更 - 2013.03.17 Sun

トップ画像、いつまでも冬の画像もどうかと思い、以前と同じものに変えました。


本日14:56 フォームからメッセージ下さった方へ

WiiカラオケU - 2013.03.17 Sun

先日、WiiUを購入しました。

B009K1EDTYWii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)
任天堂 2012-12-08

by G-Tools

ゲーム目的というより、カラオケ目的の方が比重は大きいかも。
WiiカラオケUというソフトが内蔵されていて、有料のチケットを買うと9万曲以上が歌い放題、といううたい文句です。
ちなみに今回は30日間で1000円というチケットを買いました。
1時間100円からあるようで、今後は使用頻度で考えます。

ちょうど風邪をひき始めた3/12に届いたので私はまだ一度も歌っていませんが、当日は次男と夫がかなり長時間歌ってました。
後から帰宅した長男が、別な場所にあったコンポのスピーカーを持ってきて接続してくれたので、音質がさらに良くなりました。
しかし、マイクが別売りのため家には無く、ゲームパッドに向かって歌う様子がとてもマヌケです。まるで両手でラーメン丼を持って汁をすすっているみたい(笑)
その時、娘からメールが届いて「朝ドラの歌マスターしたから、今度帰ってきたら家族でカラオケ行こうよ!」と書いてありました。
娘はWiiUを買ったことを知らなかったのですが、余りの偶然に驚きました。
朝ドラの歌もそのメールが届く前に夫が挑戦し、知らない部分が多くて(当然ながらドラマのオープニングで流れるのは一部分だから)投げ出したばかりだったし。

歌っている時にテレビに映る映像は、いくつか設定できます。
最初はカラオケ店で見るようなその曲の雰囲気に合ったような合わないような映像で見ていたのですが、選曲のせいか同じような映像ばかりで飽きます。
自分を模して作ったMiiを舞台で歌わせてみたりアレンジして楽しんでいましたが、せめて任天堂が版権を持っているゲームの歌くらいはオリジナルの映像が出てきてもいいかな、と思いました。

購入した翌々日に次男に呼び止められて画面を見たら、なんと流れている曲のアニメの静止画が映っているではありませんか!
このアニメだけ画像が入ってる?と一瞬思ったけれど、二日前にその曲を次男が歌っ時は、関係ないCGでした。
これは一体!?
事情を聞いてみると、ネット上で拾ってきた画像をSDカードに入れてスライドショーをやっていたのでした。そんな機能もついていたとは!
次男は家族から集めて欲しい画像のタイトルを聴取して、コツコツ作業してくれたので、今かなり集まっています。
スネイプ先生の画像とかイギリスで撮ってきた画像とかも入れてもらおうかな。曲に関係なくてもいい感じでしょう?
今日、マイクも購入したので、ますます家族カラオケが盛り上がりそうです。

ハリー・ポッター祭り - 2013.03.16 Sat

日テレのハリー・ポッター祭りが始まっていますね。
私もしっかり祭りに参加しました。

一作目の映画が放送された昨日、慌ててJoinTVに登録しました。
視聴によりもらえるバッジやポイントが必要数を満たせば、イギリスへ行ける可能性(かなり確率は低くなるでしょうけど0じゃない!)があるからです。(他のプレゼントもあるけど)
テレビからも登録しようとして、うちのテレビがインターネット接続していないことに初めて気付きました。
ビデオがインターネットに接続してたから気が付きませんでした。
というか、それじゃだめなの?と思ってビデオも同時に電源を入れておくけれど、「回線を確認できません」と表示されるばかり。
接続しようにもよくわからないし、そもそも地デジが出たての頃買ったテレビだから古いし、放送開始時間は迫ってるし、「もういいや!」ということで登録したメールアドレスでパソコンからポイント貯めようと思いました。

早速、毎日1回クジとか検定とかイギリス英語とかの短いレクチャーを聞くとかでポイントが貯まります。
こんなことなら、1週間前から登録しておけばクジでポイント貯まったのに!
まあこれから頑張ればいいか。(でも今は、メンテナンス中とかでハリポタ祭りのページに入れないんですけど

イギリスのパブリックスクールに通ったというハリー杉山さんのイギリス英語についての解説がとても楽しいです。
Wicked!が日本の「ヤバい」に近くて悪い意味だけではなく使われている、でもアメリカではそうではないから使っちゃだめ!というのはとても有用な情報でした。言われないとわからないです。
これからもそんなミニ情報を吸収して、ポイント獲得して、あわよくば抽選に当たって、またイギリス行くぞー!と気分が高まってから、昨日は映画を鑑賞しました。

ノートパソコンも前に置いて、鑑賞と同時にツイッターもやっていました。
ハリー・ポッター見ながら実況するのは初体験でしたが、ものすごく熱くなりました。
まさに祭りです。こんなに楽しいものだったとは!
スネイプ先生の登場シーンは、画面も見たいしツイートしたいし、忙しくてわけがわかりませんでしたが、そこがまた良かったです。祭りに参加してお神輿担いだ気分♪
これ、また来週できると思うとすごくワクワクします。
全作放送ってのも良い企画ですね。間隔は開くけど一年間楽しめそうです。(祭り後に訪れる喪失感については今は考えるまい)

お返し - 2013.03.15 Fri

自分ではちゃんとUPしたつもりだったのに、「下書き」状態のままでした!
保存した時間そのままに一日遅れで公開します。


二日ぶりに職場に行きました。
元気だけど咳が酷くて、マスクをしていても患者さんは不快だろうと思って、少し早目に出勤して、救急外来を受診して咳止めをもらって、ちょうどいつもと同じくらいの時間にスタッフルームに入りました。

すると、技師長が目に入りました。
そこでまっすぐ技師長の前まで行き、ご心配とご迷惑をおかけしたことをお詫びし、体調や今救急外来で咳止めをもらってきたことなど報告しました。
しかし、技師長は「元気になって良かったですね」と口では返事しつつ、作業する手を止めず視線も動かしません。
と思ったら、「はい、これ」と小さな紙袋を渡されました。
すっかり忘れていましたが、昨日はホワイトデーだったのですね。
私が話しかけている間、一生懸命手を動かしていたのは、小さなお菓子の入った包みを紙袋に入れる作業のためだったんです。
近くまで来たからちょうどいい、渡そう!とでも思ったんでしょうか(笑)
有難く頂戴しました。
三人であげたのに、一人ずつのお返しは大変だなあ。

すると今度はOTのA君とM君が二人連れだってやってきて「遅くなりまして申し訳ありません」と恐縮しながらGODIVAの紙袋を渡してくれました。
「いえいえ、こちらこそ、昨日出勤すべきものをお休みしまして」と答えて受け取りました。

と思ったら、Nちゃんにも同じ口上を述べていました!
ホントに一日遅れだったのか~(笑)
しかし、ちゃんとメッセージカードが入っていて、「頼れる男子になれるよう頑張ります」と連名で書いてありました。
うーん、なんか男子の方がキチンとしてるなあ

龍角散の思い出 - 2013.03.14 Thu

珍しく風邪をひいて熱を出してしまいました。
1週間前、同僚に代わってその日だけ担当した患者さん二人が直後にインフルエンザを発症したということで、予防的にタミフルが処方され飲み始めた直後の発熱だったので、インフルエンザを疑ったのですが、陰性でした。
熱が出てから21時間後の検査だったのでもしかしたら正しい結果ではないかもしれず、熱は下がったものの風邪の諸症状はあったため今日も仕事は休みました。
昨日までは身体を起こすのも辛く、大好きなパソコンさえ見たくもなかったのですが、ようやく気力が出てきました。
というわけで、仕事休んで遊んでいるのではなく、社会復帰に向けたリハビリとしてパソコンに向かっているんです(でも一応、私の代わりに訪問に行ってくれたT先輩の業務時間が終わってからね)

今回は熱が珍しかったのですが、痰と咳が酷いのも特徴です。
一昨日は熱で、昨晩は咳でよく眠れませんでした。
腹筋が筋肉痛なのも辛いです。今まであまり腹筋を使っていなかったから余計に堪えます。

そんな咳に意外と効いたのが市販の龍角散のど飴です。
別に何でも良かったのですが、お菓子っぽいものより効きそうな感じで初めて購入したら、その清涼感は昔よく利用した龍角散そのものでした。
今も龍角散は売ってるようですが、何十年(!)も口にしていなくて存在を忘れていました。
私が小さい頃は家に常備してあって、喉の弱かった私は、実際よく龍角散を服用していました。
そんなことを唐突に思い出し、続けてもう一つ忘れていた記憶が蘇りました。

ある日、幼稚園の担任の先生(若い女の先生)が咳が止まらないのを見て、「龍角散持ってきてあげるよ」と言い、帰宅して母にねだり、龍角散を持たせてもらったのです。母は何か理屈を言って渋ったような気もしますが、幼い私は理解できませんでした(笑)
それを翌日先生に渡したら、先生は喜んでくれて小さな匙で粉を救い、服用してくれました。
今になってみると色々問題ある行動で、先生はよく口に入れてくれたなと思いますが、私の気持ちを傷つけないように飲んで見せたのでしょう。
と、ここまで書いて、もう一つ思い出しました。
その月の連絡帳に「こころのやさしい○○ちゃんですね」と書いてくれたんです!
このことを思い出せたのは、たぶん当時先生にそう言ってもらえてとても嬉しかったからだと思います。
褒められたくてやったことではなくて本当に先生が心配で持って行ったのだけれど、先生にそう言われたことはよほど嬉しかったんだと思います。
今になって、優しいのは先生の方だった…と、しみじみ感じ入っています。

人の振り見て - 2013.03.11 Mon

次男が一人旅から帰ってきました。
あるアニメの映画を観るために、わざわざ京都まで行ったのです。
青春18きっぷを使ったので特急には乗れず、途中下車もしたために片道だけでも半日以上かかったそうです。

それでもとても楽しかったようで、普段食事時にろくに口をきかない次男が、饒舌に旅の様子を聞かせてくれました。
あまりにも熱く一方的に語るのを、面白く思いつつもちょっと引き気味で聞いていたら、「あれ?母ちゃん飽きちゃった?」と傾聴を促してきます(笑)
私たちにも同じアニメを観て、一緒に語って欲しそうで、結局近々一緒にDVDを観ることになりそうです。
「質問いつでも受け付けるよ!カモ~ン!」と言うその言葉は、普段私が職場で同僚たちに言っている言葉そのもので、「その気持ちわかるよ!」と共感しつつ苦笑してしまいました。

なるほど~ 同僚たちの微妙な表情の意味がわかりましたよ!
相手の嬉しそうな様子に一緒に嬉しくなりながらも、内容についていけなかったんですね!

緑の画面><(3/16追記あり) - 2013.03.10 Sun

パソコンつけたら、なんか変!
F1000464.jpg
今まで見たことのない緑一色の画面にエラー表示
「エクスプローラーは動作お停止しました」

何度やり直しても動作が停止してしまいます
エラー表示だけなら毎日のようにあったのですが、画面が緑は初めてです。
いくら緑好きだからってこれは困る~

昨晩急にパソコンの調子が悪くなり、動作が停止してしまって何もできなくなったのでとりあえずシャットダウンしてみたら、それも何かのプログラムが実行中とかでシャットダウンさせてくれません。
なんだかわからないままそのプログラムを閉じてシャットダウンできたので、今日は大丈夫かとおもったのですが、いきなりこの画面。
今は、別なノートパソコンを操作していますが、デスクトップパソコンでしか「黒髪・鉤鼻~」サイトは更新できず、今日はまさにその作業をしようと思っていただけに、痛手は大きいです
いや、それ以上に、今までこつこつと書き溜めた文章や写真のデータがどうなったかが非常に気になるところです。

6時間後追記
とりあえずなんとか使えるようになりましたが、まだ稼働させるたびに緑の画面が現れます(泣)
とにかく今のうちにサイトの方をUPさせてしまいました。
「黒髪・鉤鼻・土気色」にセリフ集作りました。まだ1巻だけですが、追々増やしていくつもりです

3/16追記
解決しました。
何が原因かわからないまま、とりあえずいつの間にかインストールされていた日本語入力システムをアンインストールしたら、緑画面は出てこなくなりました。
もっとも、この日本語入力システムは気付かないまましばらく使っていたので、原因かどうか定かではないのですが、その後この緑画面は出ていません。
ご助言下さった方々、本当にありがとうございました。
また、ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。

寝坊に備えて - 2013.03.09 Sat

今朝から次男が一人旅に出かけています。
夫も目的地は違うけれど、出かけていて今夜は外泊です。
長女はまだ卒論の提出ができていないので、先日少し帰ってきたもののまたすぐ下宿に戻っていきました。

つまり、家には今私と長男しか居ません。
明日は思いっきり寝坊しようと考えています。
今日は仕事だったし、ちょっと疲れもたまってきてるし。

今までやってみたいと思いつつ、夫が起きる気配や子どもたちが階下で立てる音、テレビなどの音で目を覚まし、一人で寝続けることは出来た試しがありません。
それが明日ならできそうなので、そのための準備も整えました。
朝起きてから朝食を準備しなくて済むようにソーセージパンと菓子パンを買ってあります。(普段の朝食はごはんと味噌汁が基本です)
洗濯も夜のうちに済ませておけば「早く洗濯しなくちゃ」と焦って起きなくて済むので、今洗濯機を稼働させているところです。
 
あとは、どれだけ長く寝続けられるかは自分次第。
「寝ているのはもったいない」と思って結局起きるのか、寝ている姿勢が辛くなり、腰痛などが出てきて起きるのか、尿意に起こされトイレに行ったが最後戻ってきても二度寝できないのか、何にも妨げられず質の良い眠りが続いて自然に目覚めるのか。

あー、こんなに準備して気負ってること自体が眠りを妨げそうな気がするけれど、明日が楽しみです。

3/10追記
結局、10時まで質の悪い眠りを続けました。

2013年の沈丁花 - 2013.03.08 Fri

今日は、OTの食事会があって22時15分くらいに帰宅しました。
すると家の中は真っ暗、長男はまだ帰っていなかったものの、部屋に入ると夫はもういびきをかいて眠っていたし、次男も寝た気配。
いつも愛用しているデスクトップパソコンは寝室にあるため使えず、仕方なく居間でこっそりノートパソコンを使っています。

今日、ようやく我が家の沈丁花の香りを確認できました。
記録をつけ始めた2009年からでは、今年は3/15だった去年に次いで遅い記録です。

よその家では少し前から開花していたのですが、北側の陽の当たらない場所に植えてある我が家の沈丁花はまだでした。
四日前の帰宅時、少しつぼみがほころんできたのを確認しました。
DSC09961.jpg
わずかにほころびかけた蕾

昨日すごく暖かかったからか、昨日の朝はそれほど開いていなかったつぼみが、今朝ははっきり開き、花粉対策のマスク越しに特有の香りも感じられました。
DSC09996.jpg
しっかり開いた花

玄関扉のすぐ近くに植わっているので、帰ってきた時香りが迎えてくれるのが嬉しいです。(今日は特に。誰も迎えてくれなかったから)

春の植物 - 2013.03.07 Thu

先日、家族旅行で伊豆に行ってきました。
PH9.5というアルカリ性の源泉かけ流しが魅力で行った宿でしたが、広くて立派な日本庭園があり、ちょっとした散策ができたのが儲けものでした。結局、観光はせず庭だけ見て帰ってきました。

仕事帰りに駅で拾ってもらって出かけたので、うっかりパペットスネイプ先生を連れていくのを忘れてしまいました(泣)
しかし、今回は眼鏡ケースにストラップスネイプ先生の試作品を入れていたので、撮影にご協力いただけました♪
DSC09963a.jpg
しだれ梅と(指人形風)

DSC09964a.jpg
湧水と

DSC09968a.jpg
水仙と(頭をむんずと鷲掴み

DSC09966a.jpg
あたみ桜?河津桜?種類はわからないけど桜ですよね?(逆光)

DSC09969a.jpg
クレソン?
(あー、ちょっと髪のねっとり感が目立つかな?)

DSC09970a.jpg
アザミ?
だんだんあやふやになってきました(笑)

DSC09973a.jpg
フキノトウと
フキノトウにピントが合うとスネイプ先生にピントが合わず、スネイプ先生に合わせるとフキノトウがぼやけます。

DSC09975a.jpg
開いたフキノトウと

DSC09976a.jpg
ダイダイと

DSC09984a.jpg
満開の白梅をバックに

スネイプ先生も春を満喫できたかな~

片付け - 2013.03.06 Wed

今日、娘が来たので一緒に雛人形を片付けました。
傍らで長男が手伝いもせず、ギターの弾き語りをしています。
即興で作ったお雛様をしまう曲らしいです。

始めは暗い曲調でギターをポロンポロンと爪弾き、お雛様が収納される暗い箱の中の様子を歌った後、曲は盛り上がりを見せ、ギターをじゃんじゃかかき鳴らし
「ああ、しまわないで~」
「居心地が良かったピアノの上ぇ~」
「また一年間暗闇のなか~」
とか歌われると非常にやりにくい
サビの「しまわないで~」の部分が気に入ったのか悲痛な叫び声で
「しまわ ないでぇ~」と歌い続けるんです。
「婚期が遅くなったら困る」と娘は言って、さっさと片付けましたが、暗闇の中で寂しくないよう、男雛と女雛はちゃんと向かい合わせてしまいます。
一年間背中合わせとか一方が背を向けるって寂しすぎるから。

職場デビュー - 2013.03.04 Mon

今日、やっとロープスネイプ先生を職場で披露することができました。
朝、T先輩がスタッフルームに入ってきた時に見せたら「かわいい~」と言ってくれて、それでみんなの注目を集めました。
STのSさんも飛んできて「私のピッチにもつけたい」と言いました。
いつかプレゼントしようと思います。
他の同僚たちも大変好評でした

早速PHSに取り付け、胸ポケットに入れます。
ちょうど私の心臓の辺りでスネイプ先生が揺れ、天にも昇る心地です(笑)
「これで仕事中もいつでも一緒ですね」と言った同僚もいたけど、「T先輩の方が一緒にいる時間は長いんですよ。私は月曜と金曜だけ」と答えたら「嫉妬ですか?」だって。
いえいえ、できるだけ多くの人に触れて欲しいです。

今朝は訪問に出る前に、二人の病棟の患者さんのリハビリをしました。
病棟内ではさすがにちょっと気恥ずかしいのと、状態が芳しくない患者さんの前で不吉な印象を与えかねないと思って、非常に控え目な感じに見せました。
DSC09951b_20130304223207.jpg
名札の裏に隠れる奥ゆかしいスネイプ先生(撮影は、昼休みに行いました)

鉤鼻がうっすら見える程度で黒装束はほとんど見えません。
もう一つオレンジ色の紐も見えていますが、これは10年近く前に患者さんが作って私にくれたロープ人形で、その時以来すっと名札につけています。意図してなかったけど、やっぱり人形本体は名札の裏に隠れていますね。

病棟で朝一番のリハビリしていたところ、さっそく電話がかかってきました。
スネイプ先生をつけてからの初電話です。
よその事業所のケアマネさんからでした。
「〇〇さんという患者さん担当のトキタさんいらっしゃいますか?」と聞かれ「その名前に心当たりがないのですが、Tではありませんか?」と最初の一文字の子音だけ同じのT先輩の名を言ってみました。
すると、「そうです!そうです!」ということで、私の方からは連絡の取りようがなかったので、相手から昼休みにもう一度かけていただくことにしました。
昼休みにT先輩にその旨伝えると、なんと担当はS先輩でした!
全然「トキタ」とは似ても似つかないんですけど!
とにかく、その電話が来るかもしれないということで、PHSをS先輩に渡したので、結局午後は私は連れて行けませんでした。
午後の訪問では、スネイプ先生を隠さないつもりで用意してたんですが。
DSC09952a_20130304223206.jpg
こんな感じ

その後トイレでS先輩にばったり会ったら、前ポケットからスネイプ先生がぶら~んと垂れていたので、ドキッとしてしまいました。
そうか!「いつでも一緒」ってトイレも一緒だったんだ!ハズカシーィ

休日の過ごし方 - 2013.03.03 Sun

一昨日、英会話の先生から、週末はスノボに行くと聞きました。
先生は今年になって1ヶ月に2、3回はスノボに行っているようで、思わず「いつ休むんですか?」と聞いてしまいました(もちろん英語で)
先生にとっては、スノボ(季節が変わったら野球)をすることが休んでいることだというお返事でした。だらだら寝てると気分が悪くなるのだそうです。

よくわかります。
布団の中で一日過ごしたいという願望は常にあるのですが、それをやってしまうと「何もしない一日だった」と気持ちが沈むのは目に見えているし、本当に気分が悪くなると予想しています。ちょっと余計に寝ると頭痛がしてしまうので。

では、私が休んだ気になる休日の過ごし方とは何か。
二日続きの休みの一日目に外出するなどアクティブに過ごし、次の日は最低限の家事をしてからPCに向かってゆっくりスネイプ先生のことなどを考える、というのが、一番好きな休日の過ごし方です。
今週末はまさにそれでした。
昨日は外出した上にスネイプ先生を語り合い、今日は掃除洗濯とひな祭りのための五目ちらし寿司作りなどの家事の他は、PCに向かってスネイプ先生関連の作業をしたり閲覧したり、素晴らしい一日を過ごしました。
作業が完成しなかったのでUPできるものは何一つないのが残念ですが、常にスネイプ先生の気配を身近に感じて心は満たされた休日でした。
また一週間頑張れそうです。

アフタヌーンティ - 2013.03.02 Sat

今日はハリポタ友達に誘っていただき、アフタヌーンティを楽しみました。
DSC09943a.jpg
三段のアフタヌーンティセット(二人分)

スコーンが思いのほか美味しかったです。
この味わいをどう表現するか?と二人で考え、『ざっくりした』とか『素朴な』とか『パサパサしてない』とか色々言ってみたけれど、なかなか難しい。

DSC09944a.jpg
可愛いポットカバーとロープスネイプ先生(髪が爆発してた!)
月曜日には職場に婿入りする予定のロープスネイプ先生をお披露目しました。

久しぶりにオフでスネイプ先生をたくさん語れて嬉しくなってしまいました。
これだけ語ったのはオフ会の時以来かな?せめて1ヶ月に1回は深く語りたいものです。
もうなんというか、ツーと言えばカーといった感じで、つい先日ブログに書いた4巻ネタとか左腕が痛むかのように押さえた場面とか、2巻での初登場場面とか「クリスマスがおあずけになったような顔」とか退校処分をしばしば口にしたのはなぜ?とか、3巻でハゲタカがてっぺんについた三角帽を入れたクラッカーを無理やりスネイプ先生に渡して紐を引っ張らせるダンブルドアって?とか、途切れることなく問題が提起されて、あちこちに話が飛びながらもどこの場面かお互いすぐわかる感じがすごく楽しかったです。

夫とハリポタの話で議論してみたいけど読んでくれない、という共通の悩み(?)もあったり、子育や仕事のことなど話が尽きません。
時間が限られていましたが、お店をはしごしてさらにおしゃべりしました。
そこでもイギリスっぽいものを注文します。
DSC09949a.jpg
B.L.Tパンケーキセット
この写真からはわかりませんが、奥のパンケーキの下には豆のソテーが、手前のベーコンの下にはトマトが(焼きトマトじゃなかったけど)あって、まるでイングリッシュブレックファーストみたいでした。

ちなみに、最初のお店に入ったのは約11時で、次のお店は13時半でした。
まあ、1月に食べ放題のお店に行った時は4時間近く食べ続けていたのだから、それに比べればマシかな。

ここでは、学生セブルスはどんな選択授業を取っただろうかとか、もしリリーと結婚していたらどんな夫にどんな父になっていただろうか、と話しました。
妻が自分を構ってくれなくなって子どもに嫉妬するのではないかとか、意外とすごく子煩悩なのではないかとか、そもそもリリーが自分に好意をもってくれたらそれだけで満足してしまって結婚など考えなくてせっつかれるのでは?とか、色々意見を出し合いました。

色々な話ができて充実した時間でした。
でも、もっともっと話していたかったです。
スネイプ先生を語りたい気持ちにまた火がつきました

出欠席 - 2013.03.01 Fri

今日は次男の卒業式に出席してきました。
末っ子の高校卒業とあって私にとっては感慨深い卒業式でした。
一つ驚いたのが三年皆勤賞を取った生徒の人数でした。
卒業生550名余りの中で150数名が三年皆勤賞でした。
三年間の精勤賞を含めると実に1/3以上がほとんど休まず出席したことになります。
我が家の息子も3年生だけの一年間なら皆勤なのですが、父の葬儀の際の欠席が忌引きの届けを出したのになぜか病欠になっていて一年皆勤賞もいただけませんでした。本人も親も別に学校側に訂正を求めるつもりもないので、家庭内で「よく頑張った」と言っています。


そこでふと思ったのですが、ホグワーツのような全寮制の学校って出欠席はどのように扱われるのでしょう?とりあえず学校内にはいるけど、授業にでなければ出席とはならないですよね、さすがに。
また、皆勤賞とか精勤賞などは日本的なのでホグワーツにはなさそうですが、進級や卒業に必要な出席日数ってあるのでしょうか?

出席は取ってますよね?
少なくとも初めての魔法薬学の授業ではスネイプ先生は出席をとり、ハリーに「ハリー・ポッター。われらが新しい――スターだね(Harry Potter, Our new - celebrity)」と言っていました。
フリットウィック先生も初授業で出席をとりました。ムーディーも取ってます。
でもこれらはむしろ顔と名前を一致させるためのような気もします。

ハリーは毎年のように入院してマダムポンフリーのお世話になっていましたが、その間もちろん授業には出ていなかったはず。
そういう時に宿題の提出期限が来たら待ってもらえるのでしょうか。
また、病気や怪我で授業に出られない他に、「授業に出たくない」という理由で出席しない、ということはあったのでしょうか。
2巻で、ハリーとロンがマートルのところに行こうとしていてマクゴナガル先生と出くわし、「石になったハーマイオニーのお見舞いに行きたくて医務室に忍び込もうとした」といようなう嘘をついたら、マクゴナガル先生が心を動かされ、「ビンズ先生には、私からあなたたちの欠席のことをお知らせしておきましょう」とお見舞いを許可してくれました。
欠席という概念はあるのだと思います。

3巻では、ハーマイオニーは混乱してタイムターナーを使いそびれ呪文学を受け損ないましたが、後でフリットウィック先生に謝りに行きました。
ハーマイオニーほど真面目な生徒でない場合は、寝坊して遅れたり、自主休講なんかもありそうな気がします。
でも実技系の授業が圧倒的に多いホグワーツでは、欠席は即試験結果に響きそう。というか、自分の魔法スキルに影響しそう。
ハーマイオニーも欠席した授業で扱った『元気の出る呪文』が試験に出るんじゃないかと心配していたし、実際そうでした。
その場にいるかいないか(出欠席)より、どれだけスキルを身につけるか、ということがホグワーツではより大切になってくるように思います。
そういう意味では、授業に出席していながらスネイプ先生の授業を全然聞いていなかったり、1~5年生の魔法薬をちゃんと作ってこなかったハリーの魔法薬スキルが少々心配です。
が、まあO.W.L試験をE(期待以上)でパスしたのだから、なんだかんだ言ってちゃんとできていたということですね。
そうか、スネイプ先生がレポートを山ほど書かせていたのは、授業を聞いてない生徒をなんとか理解させる救済策だったんですねっ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)