topimage

2013-05

ロールプレイ - 2013.05.31 Fri

今日の英会話教室。
まず各自、この1週間のニュースを発表します。
私は、昨日モネゲームを観に行ったことを話しました。前回家族で観に行った時のことはまだ話してなかったので、初めて行ったような振りして話しました。
ネタバレなしで簡単な説明をしたら、先生も興味を持ってくれました。観に行くといいな~

その後、お天気の話から、テルテル坊主の話になりました。以前先生がカナダに留学している時にテルテル坊主を作ったら同級生たちにひどいショックを与えたというのです。ハングマン(首吊り)を連想するらしいです。
で、ハングマンからゲームのハングマンの話になり、実際やってみました。今年のスネイプ先生のお誕生日会でやったゲームと同じです。(オフ会ではハングマンは描きませんでしたが)
先生が描いたのは、ハングマンではなくスノーマンでした。(日本だとクレームがつくらしいです)


さて、今日はレストランでの注文の仕方を学びました。
本物みたいなメニューを渡されます。
その中にCornish pastyがあったので、ちょっと嬉しくなりました。炎のゴブレット31章p.404で、ロンがお皿によそったミートパイが、原書ではCornish pastyとなっているんです。ホグワーツの食事として出されているんです!スネイプ先生だって食べたかもしれないんです!
というわけで、私はそのコーニッシュパスティを注文しました(笑)
あと、すごく喉が渇いていたので、Ale beerも。

ああ、演技じゃなくて、本当にイギリス行って、パイを食べたりビール飲んだりしたいよ~!

モネ・ゲーム2回目 - 2013.05.30 Thu

今日、友達とモネゲームを観にいってきました。
私にとっては2回目ですが、前回、筋を追うのに夢中で見落とししていたことを補うつもりで観てきました。やはりいくつも発見があって良かったです。
その中から一つ、ストーリーに関するネタばれの無い部分を以下に示します。ストーリーに触れていないので隠しませんが、本筋に関係ないセリフなどは出てきますので、ネタばれを望まない方は、十分ご注意ください。



今日、何より驚いたのが'Have a good day'が出てきたこと。
先日息子と会話したご近所のイギリス人男性がこきおろした挨拶が、そのまま映画に出てきたからです。
言ったのはイギリス人、言われた方もイギリス人でしたが、言われた方(アランさん)は「うるさい!」と答えてました。
この反応、どう捉えていいのか微妙です。
若い人にとっては違和感のなくなっているアメリカ英語を、年配者は不愉快に感じているとも取れるし、その場面でその挨拶が不快だったとも取れるし、単に言った人物(主人公)を気に食わないから、とも取れるし…私の中では結論が出ていません。
そこまでわかったら、もっと面白いのでしょうね。言葉の壁は想像以上に厚いです。
でも、字幕の出ない些細な日本語を聞き取って笑うという日本人ならではの楽しみ方ができたので、まあ良しとします。

新スネイプ先生 - 2013.05.29 Wed

先日、twitterからの情報で、今まで見たことのないローリングさんの手描きスネイプ先生を見ました。
見たことないはずで、先日オークションで日本円にして2300万円で競り落とされた初版本に、ローリングさんがオークションのために書き加えたものの一つだったのです。
以下のサイトで画像を見ることができます。
Rare auctioned 'Potter' book contains picture of Snape, drawn by J.K. Rowling:MuggleNet

追記:リンク先の画像が表示されなくなったので、貼っておきます。
JKRSnape.jpg

一瞬、翼でもついているのかと思いましたが、襟ですね。
髪が長いとも思いましたが、影なのかもしれません。
相変わらず太い眉毛が意志の強さを表していると思います。固く結んだ口も。
頬がこけていますが、以前より若い印象です。私のイメージには一番近いかも!
目つきが鋭いところを見ると、閉心術は使っていない場面ではないかと思います。

絵の下にはローリングさんが書いたコメントもあります。
Snape, brooding in the unfairness of life
broodが+前置詞+(代)名詞で「じっと考え込む」という意味があるので、人生の不公平をじっと考え込むスネイプ、といったところでしょうか。
ということはやはり、誰もいない場所で、素の顔で物思いに耽っているのでしょう。

以前は、映画不死鳥の騎士団でスネイプ先生がハリーに言った「人生とは不当なものだ」という言葉を、原作にはない勝手なセリフだと、快く思わなかった私ですが、作者がこう書いたことでやっと受け入れる気持ちになりました。ローリングさんもそう考えていたのですね。まさか映画のセリフに影響されたわけではないでしょう?

このスネイプ先生の新しい一面を伝える絵を見た日は、興奮して大変でした。PCの電源を切ろうと思った頃に見たので、眠れなくなるかと思いましたが、ちゃんと眠れました(笑)
ローリングさんのイメージするスネイプ先生を、もっともっと見てみたいです。どんどん描いて欲しいです。
とにかく作者は、このスネイプ先生を思い浮かべながら色々な言葉を言わせ苦しめたのですから。物語の中に居るのは、この先生ですから!
ああ、本当に愛しくてたまりません!(悶えつつ)

2013年のゴーヤ① - 2013.05.28 Tue

今年もゴーヤを植える季節がやってきました。
昨日と一昨日の二日かけて土の準備から植え付けまでやりました。
去年と同じホームセンターに苗を買いに行ったのですが、ゴーヤの苗はたった一種類しかなく、選択の余地がありません。去年も5/26に植えたのに。
種類が一つというだけでなく絶対量も少なかったので、とにかく5株を慌てて買いました。

帰宅して調べると、買った苗は短い品種のようです。
うーん。一昨年買ったすずかぜゴーヤに満足できなくて去年は長いゴーヤを買ったのに、今年は同じ店にその長いゴーヤが皆無だったなんて!
少しでも多くのゴーヤを食べたい私にとっては少々不本意でしたが、とにかく植えなければ!
DSC00248a.jpg
1階のプランターに植えたあばしゴーヤ

元々は、夏の日差しを和らげる緑のカーテン目的で始めたゴーヤ栽培ですが、実の収穫への期待も大きくなってきて、そのためには地植えの方がはるかに大きな実がたくさん成る、と同僚や患者さんたちからアドバイスをもらっているので、今年は一つ地植えにしてみました。

DSC00249a.jpg
地植えのゴーヤ

ここまでは一昨日作業しました。
昨日、夫が義母の買い物に付き添うことになっていたので、もし長い種類のゴーヤをどこかで見かけたら買ってきて、と頼みました。
すると、『長ゴーヤ』という種類のゴーヤの苗を見つけて二つ買ってきてくれました。
が、一株80円という格安のその苗は、ひどく貧弱で見劣りするものでした。
色が黄色っぽくて、ひょろひょろして、まるで暗がりで育ったみたい(汗)
このような苗が売られていることに驚きつつ、暗がりで育った植物には愛着もあるので、邪険にできません。カーテンには不向きかもしれないので、一つ地植えにしました。
DSC00252a.jpg
地植えにした発育不良の長ゴーヤ

昨日植えたあばしゴーヤと比較すると違いがよくわかります。
DSC00253a.jpg
左が長ゴーヤ、右はあばしゴーヤ 
明らかに色が悪いです。土気色黄色です。

DSC00256a.jpg
2階のあばしゴーヤ

DSC00259a.jpg
2階の長ゴーヤ

地植えにした長ゴーヤが一番痩せて色が悪いので、密かにセブルスと名付けました(笑)
この子には、他の株以上にいっぱい栄養と愛情を注いで、大きく育ててみよう!と決意しました。

更新 - 2013.05.27 Mon

今日はオフ日で、午前中は家事や庭仕事やウォーキングをし、午後はPCに向かっていました。
なかなか更新できなかったセリフ集を、途中まででも載せたかったからです。
セリフ集、2巻9章までを先ほどUPしました。
それから、先日話題にした表情についても別ブログにUPしました。
今日はそれで力付き、こちらは更新のお知らせだけです。

貴重な体験 - 2013.05.26 Sun

今日、長男から聞いた話です。

何日か前の晩、近所のコンビニにいたら、酔っぱらった外国人が入って来たのだそうです。
お店を出たところで、その人に「コンイチワ」と日本語で話しかけられ、内心「うわ!酔っ払いの外人に話しかけられた!」と思ったそうですが、意を決して「Hi!」と答えてみたとか。
すると、「No,No,No,わたしはイギリス人だけどあなは日本人、ここ日本だから日本語で話しましょう」と言われ、日本語での会話が始まったそうです。

息子から聞いた彼(30~40歳くらいに見えたとのこと)の個人的なことをここで書くわけにはいきませんが、仕事で日本に来ていて、我が家の近所で暮らしているらしいです。
仕事を共にする日本人は皆英語で話しかけてくるため、ちっとも日本語が上達しないと嘆いていたということで、酔った勢いで通りすがりの若者に声をかけて日本語を使ってみたかったようです。

英語はあまり話せないし、習ったのもアメリカ英語だと説明した息子に、彼は、アメリカ英語とイギリス英語の違いを知っているか?と尋ねたそうです。
長男は「'I can ~ 'をアメリカでは『アイ キャン』と発音し、イギリスでは『アイ カン』と発音することくらいしかわからない」と答えました。
「それもそうだけど」と認めてくれた上で彼の納得いかないアメリカ英語について語り始めたそう。
「アメリカではお風呂に入ることを'Take a bath'とか'Take a shower'とか言うけど、浴槽を持ち上げて運ぶの?」と浴槽(bath)を持ち上げる仕草をしつつ、「'Have a bath'でしょ」と言ったそうです。

それを聞いて私は興奮してしまいました。イギリス人がアメリカ英語に難癖つけてる!しかも日本語で!
さらに彼はアメリカ英語の'Have a nice day!'も気に入らない様子。
「良い一日を掴み取る、という意味では'Take a naice day'っていうべきだと思う」と持論を展開したとか。
なるほど~。しかし、それは彼個人の意見なのでしょうか?検索しても出てこないので、日常的に使われていないのかも。でも、アメリカで使われる'Have a nice day!'が気に入らないという別のイギリス人の話が出てきたので、'Have a nice day!'はイギリスではあまり使われないのは確かなのかもしれません。

イギリス人の言葉の感覚を生で聞けるなんて、息子はなんてラッキーなんでしょう!
私も色々聞いてみたかったなあ。

保育園児のお散歩 - 2013.05.25 Sat

昨日はなんだか頭の回転が悪くて、ブログネタにしようと思っていた日中の出来事を全く思い出せず、結局何もしないまま寝てしまいました。
今日になってやっと思い出したので、書いておきます。

仕事で車を運転している時、しばしば保育園児のお散歩の場面に出くわします。
うちの子は保育園に預けたことがないし、私自身も保育園を体験していないので知らないのですが、お散歩コースは結構車通りの多い道だったり、逆に狭い路地だったりするのですね。
住宅地の路地なんかで出会うと、歩道が無いので大変です。
進む方向が違うなら、車を止めて、脇を通り過ぎるのを待ちますが、同じ方向に向かっている時は、どうしても抜かさなければなりません。

昨日もそうでした。
十数人の子どもたちを4,5人の先生たちが押さえている横をゆっくり通り抜けました。
若い男の先生が一人いて、長い腕の中に数人の子どもが収まっているのですが、3~5歳くらいの子どもたちは状況をちゃんと理解していないのか、全然じっとしていません。
網にかかった複数の魚がピチピチ跳ねているみたいに活きのいい子どもたちを、ひときわ長い腕に抱えて押さえる男の先生を見て、スネイプ先生と重ねてしまいました。

スネイプ先生は、ハリーだけでなく全校生徒をその腕の中で必死に守っていて、それを生徒たちは知らずにピチピチ跳ねていたんだなあと。
ジニーとネビルとルーナが中心になってスネイプ先生に対する抵抗運動をしていましたが、それだって全てスネイプ先生の腕の中だったんです。
保育園の先生たちのように、ホグワーツの先生たちは一丸となって生徒を守っていたのに、スネイプ先生も守っているとは誰も気づかなかったと思うと、私は切なくてたまりません。

活きのいい魚の如く跳ねる保育園児も、ホグワーツの生徒たちも、いつか守られていたことに気づくといいなあ、とちょっとしんみりしながら通り過ぎました。

日焼け - 2013.05.23 Thu

今日、左隣の席のA君と右隣のTちゃんと腕の色を比較したら、断トツ私が黒くて愕然としました。
「ウチら内勤だから」とTちゃんはなぐさめてくれましたが、運転焼けというよりオフの日のウォーキングが効いているのではないかと思いました(長袖を着てキャップをかぶって歩いていたけど、これからは日焼け止めを塗るなど紫外線対策をしっかりしなければ!)

A君は自分が元々日に焼けない体質であることを嘆いています。
彼が高校生だった時代は、男女ともに色黒がもてはやされた頃で、色白がコンプレックスだったとか。
すると、Tちゃんが「二尋ちゃんの好みじゃん!」と言います。
「色白どころか土気色だしねえ」と話は思惑通りスネイプ先生の方向に向かいます。
「土気色大好き」と答えると、
「病棟でたくさん見られるよね」

むむむ。そう言われると、今更ながらひどく不健康な感じが…
スネイプ先生、地下に籠って研究ばかりでは日焼けしないと思うけど、外で遊んでいた子ども時代も顔色悪かったからなあ。

でも、イギリス人ってそもそもそんなに日焼けなんかしないんじゃないの?赤くなるだけで、と思って調べたら、黒さの度合いまではわかりませんでしたが、イギリス人は日焼けに強い憧れがあることを知りました(「イギリス、日焼け」のキーワードで調べるといくつか出てきます)
日焼けした男性はモテるようです。ああ、だからスネイプ先生の肌の色をsallow(土気色)としたのでしょうか。モテる要素は皆無にするために(号泣)

しかし、スネイプ先生だって教授時代も全く屋外に出なかったわけではないですよね。
クィディッチの試合の審判やった時とか観戦している時とか。
ローブに身を包んではいますが、鼻は特に日に当たり易そうですから赤くなって、ちょっとヒリヒリしていたかもしれません。
クィディッチの試合の後、鼻だけ日に焼けているスネイプ先生可愛いです♪

あいうえお - 2013.05.22 Wed

唐突ですが、「いっ」という顔をスネイプ先生を見たいです。
どんな顔かわかりにくいですか?
実際日本語の「い」を発音しているような顔です。
怒りに歯を食いしばっている時も「い」ではありますが(そして実際スネイプ先生はしばしば歯をくいしばっていますが)、その「い」が見たいのではありません。
たじろぐ顔と言ったらわかるでしょうか。
相手の勢いに圧倒されてひるんでいる顔です。
たじろぐスネイプ先生かわいい~
それが「いっ」という顔なんです。
「う」じゃないんです、と書こうとして、「う!」って顔も萌えると思いました(笑)じゃあ「え」は?「お」は?とバラバラにア行の表情を思い浮かべたら、全て素敵だという結論に達しました。

イギリス人の場合、日本語の発音をするわけではないので、たとえばたじろいでいる時に「いっ」という顔をするかどうかわからないのですが、私がイギリス人の表現方法を知らないので、ここは日本語に当て嵌めて「あいうえお」の表情を考えてみたいと思います。

「あ」
これは驚いた時の顔ですね。素直にびっくりした表情が思い浮かびます。
スネイプ先生が、余計な思考を挟む余地なく、瞬間的な驚きを見せたというだけですごく魅力のある表情だと思います。スネイプ先生を驚かせたいです。

「い」
これは前述した通りです。
いつも冷静で表情を変えないスネイプ先生がたじろいだ表情を見せるなんて状況にときめきます。防御するように顎を引いて両方の口角を下げる方向に引いて「いっ」という表情、すごく良くないですか?

「う」
吐き気とか痛みを覚えた瞬間の「うっ!」が大好きです(汗)
でも、痛み以外にも「う!」はありますね。言葉に窮した時なんかどうでしょう?
ヴォルデモートの前ですら言い淀むことなく嘘をつくスネイプ先生が、「うっ」と言葉に詰まる状況を考えると、それもときめきます。

「え」
これは疑問符のついた「え?」の表情が思い浮かびます。
純粋な驚きの「え?」も大変可愛らしいのですが、それは子ども時代の無邪気なセブのイメージです。先生となってからは、疑いの念のこもった「え?」で、下から上に睨めつける、非常に人相悪いイメージ。そこがまたすごく良いのです!それこそスネイプ先生です!

「お」
これは感嘆の表情でしょうか。称賛の混じった驚きの顔。
そんな顔を生徒に見せたことはほとんどなかったと思いますが、生徒としては先生に(ましてやスネイプ先生に!)そんな顔されたらすごく嬉しいだろうな、と思います。

実際感嘆の表情などはイギリス人でも「お」とか「ほお」とかの顔になっているような気がするのですが、どうなんでしょう?疑問の表情は、'What?'に伴うなら「あ?」に近いのかもしれませんが、その辺は無視して考えました。
そして、原作の中で実際そういう表情がないか探してみたらいくつか出てきたので、後日まとめてもう一つのブログの方に書こうと思います。

twitterにて - 2013.05.21 Tue

今日は色々忙しく、PCを始めたのが22時を過ぎてからでした。
twitterを見たら、今日早稲田大学で松岡佑子さんの講演会があったことを思い出しました。
詳しくツイートしている方がいらして、質疑応答など興味津々で読みました。
友の会関連の行事などで聞いたことのある内容もいくつかありましたが、スネイプ先生の一人称に絞った質問もあったりしてとても興奮しました。
スネイプ先生の話題も多かったということで、関心の高さが嬉しいです。
これを見ただけで、とても心が躍りました。
会場はさぞかし熱気に溢れていたことでしょう。
ああ、私も聴きに行きたかったなあ~

私が見たツイートは、こちらにまとめられています。

続・フード - 2013.05.20 Mon

Pottermoreのスネイプ先生のフードについて先日書きました

Pottermoreでは、スネイプ先生に限らずルーピン先生もマクゴナガル先生もフードのついたローブを着ています。もちろん、生徒たちの制服にもちゃんとフードがついていて、ハリーもロンもハーマイオニーもドラコもみんなフードを肩に乗っけています。

生徒たちは制服だからほぼ印象は同じですが、先生達のフードが様々なんです。
まず、色が違います。
もう一つ気になるのは、フードの開口部の広さです。
生徒やスネイプ先生やマクゴナガル先生は狭いのに、ルーピン先生のフードは広いというか全体的に大きいんです。
これは何か意味があるのでしょうか。
実際かぶったら、ルーピン先生の場合はかなり左右にゆったりと幅のあるフードになることでしょう。
一方、スネイプ先生やマクゴナガル先生のフードは顔の輪郭に沿う形になる気がします。今時の外国の少年達がパーカーのフードをかぶった時に近いのではないでしょうか。うーん。私としてはもう少しゆとりが欲しいところです。

描いた人は、人狼になった時のことをイメージしていたのでしょうか。
変身した時のローブの描写がないのでわからないのですが、さすがにローブを着たままの姿ではないと思います。
では、なんとなくみすぼらしい感じを出すには、大き目に描いた方が雰囲気が出るからでしょうか。確かに、フードの一部がボロボロになっているし肩にかかる感じがだらしなく、全体的にくたびれた感じが漂っています。
そこかな、狙いは!
とすると、スネイプ先生の服装はかなりきっちりした印象を与えています。
髪ですら不潔感のある脂ぎった様子は伝わらず、天使の輪が美しい場面もあるくらいです。
Pottermoreの挿絵画家が誰なのかわかりませんが、ここでも結構スネイプ先生が美化されているような気がします(笑)

Pottermoreのスネイプ先生たちのフードが比較できる画像を、続きに置いておきます。

モネ・ゲーム - 2013.05.19 Sun

モネ・ゲームを、夫と娘と三人で観てきました。
小さいシアターだったためか、かなり混んでいました。席は前日のうちに予約してあったので比較的良い場所ではありましたが。

上映時間少し前に入ってきたカップルの若い男性が私の左隣に座りました。
手にしたポッポコーンがガサガサ音を立てるので、これは映画が始まったらちょっとうるさいのでは?と危惧しましたが、予告の段階で音が突然消えたり静かな場面になると、ポップコーンに伸ばした手を止めたり、咀嚼をやめたりとすごく気を遣っているのが伝わってきて、とても好感が持てました。もちろん、上映中は全く気になりませんでした。彼も含め、とてもマナーの良い観客でした。

アラン・リックマンさんが出演されるということで話題の映画でしたが、アランさんファンでなくてもすごく楽しめる映画だと思います。夫も娘も私も大満足でした。
意外と上映場所が限られているので、鑑賞は困難かもしれませんが、観る価値はあると思います。

以下、大いにネタバレがあります。これから観る予定の方は、十分ご注意ください。

Why don't you~? - 2013.05.18 Sat

昨日は英会話教室の日でした。
1週間前に提出したスネイプ村のガイドマップは、壁に貼られていました。
他の曜日の生徒さんたちが作成したガイドブックも貼られていて、壁がとても賑やかです。
皆さんの作品を鑑賞して、感想を言い合っていたら、先生が「スネイプ村が好評だった」と教えてくれました。
ハリー・ポッターの作者がその村の名前から一人の登場人物の名をもらった、ということは認識していただけたようで、とても嬉しかったです。
以前同じ曜日でレッスンを受けていたKさん(今は木曜日の生徒)は「安心しました」と言っていたとか。今もハリー・ポッターというかスネイプ先生への情熱を失っていないことに安心してくれたのでしょうか。密かに気にかけていてくれたことも嬉しいです。

さて、レッスン前にそんな日本語での雑談をしてから、それぞれのニュースを英語で話します。
私はイギリス旅行を申し込んだこと、それはファンクラブの企画であること、非常にレアな場所がコースに含まれていること、スネイプ村に行くこと、などを話し、ツアーの案内をプリントアウトしたものを見せました。

先日発表したばかりのスネイプ村がコースに含まれていると知って、俄然その場が盛り上がりました。
隣の席の若いNさんがその中にスネイプ村のビレッジサインの写真を見つけ、「これはあなたの写真と同じ」と指摘してきました。
私のガイドマップ内にも同じ写真が使われているんです。わーい!良く見てくれてる~
「ファンクラブの企画なんだ!」「すごい」「面白い」と盛り上がる中で(もちろん、会話は全て英語です)、「でも少なくとも15人集まらないと行けないんです」と付け加えました。
15人集まらなければ中止になるのか?と問われ肯定すると、英会話の先生はさっきのNさんに'Why don't you join ~~?'と言いました。最後の部分が詳しく思い出せないのですが、意味としては「参加したらどうですか?」だったので'Why don't you join the tour?'だったのかもしれないし、もっと長い言い方だったような気もするし。(Why don't you ~ ?は、一見「なぜ~しないんですか?」に見えるけれど、提案や勧誘の言い回しでもあるんです。「~したらどうですか?」「~しませんか?」という感じ)

先生、良いこと言うー!
私も一緒にお誘いしました。というか私は懇願しました'Plese!Plesae!'って(笑)
Nさんは一通りハリポタを知っていて(確か本も読んでたはず)、イギリスのキングズクロス駅にも行ったことがあるそうで、それを聞いたらますます誘いたくなりました。
'Why don't you join the tour?'
'Why don't you join us?'

だいぶなりふり構わなくなってきたな~と自分でも可笑しかったです。

痛っ! - 2013.05.16 Thu

昨日の午後のことです。自転車に乗って駅に向かっていました。
駐輪場に自転車を置いて、数歩歩いたところで、左膝の内側に激痛を覚えました。
ビリッというかビキッというか、「チクッ」よりは鈍く、「ズキン」よりは鋭い痛みでした。
膝に何が起こったのかわからず、とりあえず押さえてみましたが、改善しません。それどころか、痛む場所が増えている気がします。左の太腿の内側まで鋭く痛み、どうにも歩けなくなりました。

もしかして虫かも、と思い、立ち止まってジーンズの上から探っていたら、何か固い粒のようなものがつまめました。大きさだけならテントウムシくらいの手ごたえです。
なんだかわからないけど、夢中で潰そうとしましたが、潰れたという実感はありません。
とりあえずジーンズを肌から離し、すき間から落ちてくることを狙ってみましたが、確認できません。
本当は銀行に寄るつもりだったのですがそれどころではなく、内腿を押さえ痛みをこらえながら駅までまっしぐら(非常に見苦しい姿ですね)、改札を通るとすぐにトイレに飛び込みました。

そこでジーンズを脱いで確認してみると、左膝から太腿にかけて、赤い虫さされの跡があり、見る見るそれぞれが腫れてきました。蚊に刺された跡にそっくりですが、ピリピリ痛いんです。
ズボンの方には虫を確認することができず、結局再び穿くしかありませんでした。

その3時間くらい後に帰宅して確認しても、もう腫れは引いていてどこだったかわかりません。時々ピリピリした痛みはあったけど。
今日はほとんど痛みはなくて、やはり虫さされの跡も見当たりませんでした。
あれは何だったんでしょう?蜂かなあ?

朝のウォーキング - 2013.05.15 Wed

勤務時間が短くなったらやりたかったことの一つが体力作りでした。
今まではなんだかんだと理由をつけては運動しないで来たので、オフの今日、まだあまり暑くなる前にウォーキングに出かけようと決めていました。
朝食と朝ドラと家事が終わった9時過ぎに、家を出ました。
既にだいぶ暑くなっていたので半袖を着ようかと一度は思ったのですが、日焼けを恐れて長袖を着て、キャップをかぶって歩きました。

ウォーキングをするのは何十ヶ月ぶりでしょう。一年以上はやってなかったと思います。
以前は、電車を一駅前で降りて歩いたり、休日に海辺を歩いたり、週に2~3回は歩いていたのに、すっかりご無沙汰してしまっていました。
速足の大股で歩くととても気分が良いです(スネイプ先生になった気分)
途中通った公園では色々な花の香りがするしどこからかフルートを練習する音が聞こえてくるし、海も穏やかで波の音が心地良いし。

以前は30分歩いたところで引き返したのですが、久し振りなのであまり無理しないようにと思って25分で引き返してきました。
海を背にした時、前方から見覚えのある人が歩いてきました。お隣の奥さんでした。
ご挨拶してすれ違ってからすぐに意外な質問をされました。
「シラス、まだありました?」

どうやら、海から上がったばかりの生シラスを販売していることがあるようです。
私が歩いた方向とは逆方向に地曳網をしているところがあるので、そこで売っているのかもしれません(何十年も住んでいるのによく知らない…)
そうか、シラスを買うために歩くのもいいな~

今日は結局50分歩きました。
気持ちが良いし、体脂肪率を減らしたいので(←本来の目的と違う!)続けようと思います。
でも、9時では暑すぎました。
オフの日は、お弁当を作り終わって娘を送り出すのが6時で、夫が起きてくる7時までダラダラすごしているので、この時間に行って帰って来られそう。
ようし、次からはこのパターンでやってみよう!

イギリス旅行のお勧め - 2013.05.14 Tue

先日お知らせした「友の会同窓会ツアー」のイギリス旅行、既に申し込んであります。
旅行社のサイトを見ると、催行が決定すると赤い文字と枠で催行と表示されるらしく、私は毎日催行マークが出ないかと見にいっています。
が、今のところ、まだ表示されていません。
最少催行人員の15人に達していないのだと思います。
中止にだけはなって欲しくないです。
今年中止なら、二度と企画されないかもしれないし。

7/10から7/16なので、夏休み前の学生さんは試験期間中だったりして参加は難しいと思うし、諸事情で行きたくても行けない方がいらっしゃることも知っています。
それでも、まだ参加を迷っていらっしゃる方がいるかもしれないと思い、再度お勧めしようと思います。

一人参加でも共通の話題があるので、すぐに馴染めます。
自由行動などで一人ご飯が心配な方は、私で良ければご一緒しますよ!
物語の中に出てくる場所やロケ地スタジオなど、原作ファンも映画ファンも楽しめるコースだと思います。先日も書きましたが、とにかくスネイプ村に行ける機会というのは、そうそうありません。それだけでもすごい価値があると思います。
ディーンの森もスネイプ村ほどではないけれど行きにくい場所で、バスで連れて行ってもらうのが一番です。
添乗員さんが同行するので、英語に自信のない方でも大丈夫です
一緒に行きましょう!

以下のサイトで詳しいコースや、お申し込みが出来ます。
ロンドン「ハリー・ポッタースタジオツアー」とスネイプ村、コッツウォルズ珠玉の街めぐり 7日間

ツアー名にスネイプ村が入っていること自体、奇跡のようですね!
催行マークがつくまで、あるいは募集締め切りの6/7まで、この記事を一番上に置いておきます。

5/16追記
スタジオ見学ツアーは予約制で、個人で予約するのはちょっとハードル高いですが、今回は旅行社がやってくれるので、そこも魅力です!

6/3
催行決定となりました!

花と実 - 2013.05.13 Mon

庭のヒュウガナツの花が満開です。
DSC00245a.jpg
満開のヒュウガナツの花

すごくいい香り!
一つ一つの花は大き目ですが、可愛らしいです。
DSC00244a.jpg
五弁の花びらが星みたい

まだ収穫しきらない実も残っています。
DSC00247a.jpg
花と実

来年はいくつ実るかな~

母の日 - 2013.05.12 Sun

母の日なので、今日は一人で実家に行ってきました。
母は一昨日退院したばかりです。

昨日は夫と娘と三人で夫の母を訪ね、一緒にランチに行ったのですが、私の母はまだ外食したくないと言うので、お惣菜やおこわや果物を購入してバスに乗りました。
うちの庭のヒュウガナツも二個収穫して持って行きました。

二人でお昼を食べた後、私は庭の草取りをしました。
父が亡くなって以降、母一人ではとても手が回らないので、狭い庭は雑草(特にドクダミ)が生い茂っていました。さらに樹の枝が敷地を越えそうな勢いで伸びていたので、それも高枝切りばさみで切りました。自宅なら男手がたくさんあるので、決して私に回ってこない役割も、実家に帰るとやらなければなりません。
滅多にやらないことやったら、なんか体中痛いです(笑)

その後母の淹れてくれたコーヒーを飲み、伯父が送ってきたというもなかと私の買ってきた苺を食べました。
コーヒーは、母が淹れるのと私が淹れるのとでは味が違うので、私は手を出しません。せいぜいガラガラと手回しのコーヒー挽きでコーヒーを挽く程度の手伝いをするだけです。

コーヒーの後は、マッサージをプレゼントしました。
母の日の肩たたき券プレゼント的な。
さらに入院で筋力の落ちた母には、筋トレ指導のおまけも付けました(笑)なんて親孝行な娘!(自分で言う)

帰りは夫が迎えに来てくれたので楽でした。
家に帰れば私が子どもたちの「母」ですが、長女は仕事で不在、長男もバイトなので、誰も夕食を用意してはくれません。なるべく楽できる献立を提案、希望が通り、お持ち帰り寿司となりました。
なすの煮物とほうれん草のおひたしと具だくさんのみそ汁だけ作りました。

「母の日だから」と一人暮らし一週間目の次男も夕食に間に合うよう帰ってきました。
相変わらず無愛想ですが、母の日に少しでも顔を出そうという気持ちだけでも嬉しかったです。
遅くなると思っていた長男も夕食に間に合うよう帰宅した上にロールケーキを買ってきてくれて、嬉しい母の日でした。

フード - 2013.05.11 Sat

一ヶ月ほど前からPottermoreではアズカバンの囚人の15章までプレイできるようになっていましたが、多忙なのと勿体無いのとで、なかなか先に進めませんでした。
今日、ちょっとやってみたら、14章のスネイプ先生があまりにも素敵だったので、惚れ直してしまいました!
ここ、以前Pottermore Insiderに下書きが出ていて知ってはいたのですが、カラーとなってより美しくなりました。

章のタイトルはSnape's Grudge(スネイプの恨み)です。
忍びの地図上でプロングズやムーニーなどの地図製作者たちに馬鹿にされて怒るスネイプ先生が、暖炉に向かってルーピン先生を呼びつけている場面です。
スネイプ先生の後ろ姿の美しいこと!髪はストレートでツヤツヤです(笑)
動作が大きいからか、ローブがはためいています。

このローブですが、フードがついているところが実に良いです。
元々映画を見る前の私のスネイプ先生の服のイメージは、昨日示したスネイプ村のビレッジサインの右上にある修道士の服そのままでした。
フードがある記述が1巻にあったからか、私のイメージするスネイプ先生のローブにはフードはついているんです。
考えてもみてください。大人のスネイプ先生の肩の後ろにちょこんと垂れ下がっているフード!
なんとも愛らしいではありませんか!!
これ、かぶっているところを想像すると、もっと可愛いですけど。
実際1巻ではクィレルに会う時かぶってますけど。
海外の男性って、結構服のフードを普通にかぶっていますよね。
スネイプ先生も日常的にかぶって温度調節していたのかなあと考えると、一層可愛くて悶えます。

スネイプ村のVillage sign - 2013.05.10 Fri

英会話の宿題のスネイプ村ガイドブック(ガイドマップと呼ぶ方がふさわしい)、昨晩完成し、今日、無事にプレゼンテーションを行いました。
ガイドマップの作製に心血を注ぎ過ぎ、発表のことまで考えていなかったので、しどろもどろの発表になってしまいましたが、質疑応答もあってなかなか面白い体験でした。

今回、スネイプ村について調べていたら、面白いことに気付きました。
Village signに関することです。
DSC06273a.jpg
スネイプ村のVillage sign

Village signで調べると、主に南イングランドで村の名前を装飾的にデザインした看板のようなものを街の入口とか共有スペースなどに建てているようです。
そのデザインは、村の特徴や歴史や文化などが示されているようです。
スネイプ村のVillage signについてもオフィシャルサイトに意味が記されています。

興味深かったのが、向かって右下に描かれた鳥、Curlew(カーリュー:日本名ダイシャクシギ)です。
このCurlewは、アルデ川(スネイプ村を通ってオールドバラまで流れている)付近の田園風景から引き出されたベンジャミン・ブリテンのインスピレーションを象徴しているのだそうです。
ベンジャミン・ブリテンは、イギリスの作曲家で、スネイプ村にほど近い海辺の街Aldeburgh(オールドバラ)で後半生を過ごしました。Aldeburgh Festivalというクラシック音楽祭(毎年スネイプ村内のスネイプモルティングスのコンサートホールで行われる)を創設し、スネイプ村には縁の深い作曲家です。
作品の中に 'Curlew River'という名の教会上演用オペラがあり、それも関係しているようです(英語がよくわからない

オペラやブリテンに詳しい方なら、この'Curlew River'に聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないかと思いますが、私は今回初めてその名を目にしました。
同時にその名前で調べると、日本の「隅田川」という能楽作品が出てきます。
なんとベンジャミン・ブリテンは、来日した際に鑑賞した能楽「隅田川」に感動してそれを基にして'Curlew River'を作ったのだそうです。
調べるとその比較など詳しく出てきますが、それはさておき、スネイプ村に縁のある作曲家がかつて来日していたこと、スネイプ村のVillage signの中に日本との繋がりを感じるものが混じっていたことに、とても驚いています。

ホームワークが終わらない(5/9追記) - 2013.05.08 Wed

英会話の宿題が終わりません><

地図と写真と文章を同居させるには「Word」は難しいから「ペイント」を使おうかななどと考えていましたが、PCで色々操作するよりも、原始的な手作業の方が時間がかからないのでは?と思い、そうしました。
使いたい画像をプリントアウトして切って貼ります。
地図はグーグルマップを見ながら手書きです(笑)
画像につけるコメントも手書きで、川は色鉛筆を使います。

そう決めたものの、画像のレイアウトが非常に難しく、何度も画像の大きさを変えてプリントアウトしたので、見た目以上に時間がかかってしまいました。
でも、一番時間がかかったのは、英作文。
ウィキペディアやスネイプ村の公式サイトからコピーしては宿題の意味が無く、自分でオリジナルの短文を作りますが、それが大変!
しかも、村の歴史に触れようとすると色々派生して調べたくなり、どんどん広がっていって、当初の目的を見失ってハッとして戻ってくる、ということがしばしば。
おかげで、まだ終わりません

DSC00232a.jpg
途中経過

A4四枚使用し、一番上だけWordを使い、二枚目以降は全部手書きです。
左の写真の山は試行錯誤と取捨選択の末、没になったもの。
あとは、各画像に名前や短いコメントを入れて、道に色を塗って各紙をテープで繋げれば完成ですが、今日はここまで。

5/9
宿題23時過ぎて終わりました!
ブログを新しく書く時間は残されていませんでした…
どうも見えないところで凝り過ぎる傾向があります。ガイドマップに示した場所の一つ一つをグーグルマップのストリートビューで、いちいち確認していたから、恐ろしく時間がかかってしまいました。

連休最終日 - 2013.05.06 Mon

四連休があっという間に終わろうとしています。
楽しい外出をしたり、来客があったり、母の見舞いに行ったり、家の中を片付けたり、それなりに充実した三日間を過ごし、最終日の今日は家から出ずに寛ごうと思いました。
私にとっての「寛ぐ」とは、PCの前に座りっぱなしのことを指すのですが。
 
今日こそ英会話教室で出された宿題のスネイプ村のガイドブック(ブックじゃないけど)に取りかかろうと思いました。
やってみると、これがなかなか大変!そもそも地図の画像が手に入らないんです。
グーグルマップを印刷してみましたが、イマイチ見にくく、いっそこれを見ながら手書きした方が良いのでは?と思われました。
イギリスの中での位置を示したいのでイギリスとサフォーク州の形がわかる地図も欲しいところ。一応ウィキの地図を参考にしました。
村の歴史が思ったより奥が深いようで、簡単には理解できません。
ガイドブックには簡単に示せば良いとは言っても、理解していないことは短くまとめることもできず、ここは保留です。
という具合に保留とか後回しとかやっていたら、全然形にならないんですけど!
取りかかるのが遅すぎたみたい……金曜日までに完成するのか、心配です。

次男の巣立ち - 2013.05.05 Sun

次男がいよいよ今日から本格的に一人暮らしを始めました。
大学に入学してから1ヶ月の間は、色々慣れなくて何かと疲れるだろうからと自宅からから通わせようと思いました。また、本人も、家族みんなに見せたいビデオがあったために、それを全部鑑賞し終わるまでは家から通うと言っていました。

みんなでほぼ毎日鑑賞していたのは「けいおん!」のテレビアニメ――第1期12話、第2期24話+番外編4話(1話見逃した)――と映画です。
映画を一昨日の晩に観たことで全て鑑賞したことになり、次男の休日は今日までだったので(明日の振り替え休日は普通に授業がある)、今日旅立ちました。

末っ子である次男に対してはいくつになっても赤ちゃん扱いが抜けず、長女を一人暮らしさせた時よりはるかに家事が出来ない状態で送りだしました。
食事作りも、洗濯も、かなり未熟だと思います。自分の部屋は結構きれいにしていたので、掃除はちゃんとやると思いますが。

それでも一人でせいせいと暮らしたいらしく、勇んで出て行きました。
そして、夕飯を手作りしたと写メが送られてきました。
お米くらいは炊いて、あとはお惣菜を買って済ませるだろうと踏んでいた私たちは驚きました。
1367751736144[1]a
ご飯とみそ汁と豚肉と野菜の炒め物
(画像を載せることは次男の了承済み)
一汁一菜ですが、それでも彼なりにやっていることがわかってホッとしています。

家事においては大した役割を持っていなくて、次男がいなくなったから手が足りない、ということはありませんが、いつもの生意気な態度や奇妙な踊りが見られないというのは、妙に寂しいものです。
私を取り巻く環境はここに来てどんどん変わっていて、嬉しかったり寂しかったり、なかなか気持ちが追いつかないです。

昔の下敷き(5/5追記) - 2013.05.04 Sat

4年ほど前に「思い出の品々」というタイトルで記事を書きましたが、別の場所を整理していて、また発掘してしまいました。
今回出てきたのは、数枚の下敷きです。昔夢中になった漫画やアニメなどのキャラクターの下敷きですが、一つ透明な下敷きがありました。クリアファイルのように中に好きな写真や絵を挟めるようになっていて、そこにはやはり好きなキャラクターの写真や絵葉書などが入っていました。

一つ異質だったのが、声優さんのサインです。
高校からの帰り道、すれ違った人を見て、私と一緒にいた友達が「○○さんじゃないですか?」と声をかけたら正解でした。
その人は当時かなり有名でしたが顔は知らなかったので、その友達が知らなければそのまますれ違っていたでしょう。当然色紙などないので、ノートにサインをもらいました。
DSC00231a.jpg
サインの書かれたノートの切れはし(クリックで拡大します)

誰のサインか、その人は何のアニメで有名だったかわかる方はいらっしゃるでしょうか。
正解はまた後日発表します(笑)
残りの下敷きや絵葉書類の画像に興味のある方は、続きからどうぞ。

5/5追記
正解は続き以降の一番最後に載せました。

イギリス旅行! - 2013.05.02 Thu

今日は、ホグワーツの戦いでスネイプ先生を含め多くの人が命を落とした日です。
そんな思い入れのある日に、素敵なお知らせがやってきました。
ホグワーツ友の会同窓会で、数年ぶりにイギリス旅行が企画されたのです!
7月10日~7月16日までの5泊7日です。

コースを知ったら驚きますよ!
ワーナー・ブラザース・スタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(リーブスデンスタジオ)、ロケ地のグロースター大聖堂、レイコック修道院、キングスクロス駅の他、ディーンの森とスネイプ村も行くんです!

ディーンの森やスネイプ村は、普通のパックツアーには絶対含まれることはありません。
だからこそ、かつての私たちは個人的に計画を綿密に立てる必要があったのです。
それが、このツアーには含まれているんです。大型バスでみんな一緒に難なく連れていってもらえることでしょう。
この機会を逃すと、個人ではなかなか行きにくい場所です。私ももう一回同じ労力を使うエネルギーがあるかどうか…というくらい難易度の高い場所なんです。
5泊7日で299,000円(2名1室の場合)ですが、これもすごくお得です!ちなみに、2011年に5泊7日でディーンの森やスネイプ村に行った時は、合計で40万円は下りませんでした。重ねて言いますが、よほど旅慣れた人でない限り、30万円を切る金額でこれだけの旅行はできない、と言っても過言ではありません。
私は万難を排して行くつもりです。

原作の中でスネイプ先生が確実に行ったことがわかっているキングズクロス駅やディーンの森に、また作者に名前のインスピレーションを与えたスネイプ村に、私と一緒に行きませんか?絶対お薦めです!

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://tabi.7netshopping.jp/7tabi/ab_tour/E0305X/

時間短縮 - 2013.05.01 Wed

今日から5月がスタートしました。
新年度が始まってから1ヶ月過ぎましたが、今月から私は勤務時間が変わります。
元々非常勤ではあったのですが、さらに勤務時間を短縮することにしたのです。

理由はいくつかあります。
一つは体力的に厳しくなってきたこと。
肉体労働なので、年と共に介助量の多い患者さんのリハビリがきつくなってきました。
去年は手首を痛めて注射を打ってもらってなんとか凌ぎましたが、半年くらいは大変でした。

二つ目は、自分を取り巻く環境が変わったこと。
母が一人暮らしとなって、私と妹が代わりにやらなければならないことが増えました。
高齢だし病気もあるし、今まで以上に手助けは必要な状況にあります。少なくとも週に1回は実家に行けるようにしておきたいところです。

もう一つ、自分の内面にも問題が出てきました。
勉強する気が出なくなってしまったのです。
新しいことを勉強しないまま患者さんと向き合っていてはいけないと思いました。

勉強不足で患者さんに申し訳ないし、体力的にもきついし、家庭の事情もあるし、「辞める」と申し出ました。ちょうど半年前のことです。
けれど、二人の上司とそれぞれ話し合うと、二人とも非常に残念がって下さり、自分では気づかなかった私の長所を教えてくれました。
同時に私の「居場所」であるこの職場を離れたくない気持ちも強くあったので、「時間を短くして残る」という選択をしました。
週に3日、しかも半日だけの出勤です。
主婦である時間が職場に居る時間をはるかに上回る形になります。

勤務時間短縮によって生じた時間は、実家との行き来、今まで後回しにしていた家事、それから体力作りと勉強に充て、これからも細く長く仕事を続けて行こうと思います。
決して「休み」が増えたわけではないと自分に言い聞かせているところです(笑)

そして今日、母の通院に付き合ったら、明日からまた母の入院が決まり、早速新しい時間の有効利用ができそうだと思いました

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)