topimage

2013-09

杖作り - 2013.09.30 Mon

今日、ウォーキングの時に見えた富士山に雪が見えたような気がしました。
初冠雪の発表はまだないようだし、確信は持てないけどこれ、雪じゃないかなあ。
DSC01284b.jpg
頂上付近にうっすら縦の白い線が…(クリックで拡大してみて下さい)


今日はオフ日だったし創作意欲もあったので、先日海で拾ってきた流木を加工し、杖を作ろうと思いました。
DSC01292a.jpg
3本の流木

長いのでそれぞれ半分くらいずつの長さに切ります。
慣れないのこぎりでぎこちなく切っていたら、ちょっと指先を傷つけてうっすら血が滲みましたが、杖には血塗られた過去は付き物ですよね。
DSC01293a.jpg
のこぎりと流木
玄関先のポーチでギコギコ切って、ご近所さんは何事かと思ったかもしれません。

DSC01296a.jpg
6本になった流木
大きさの比較のために置いたサンダルが生活臭を出していますね。

この中から太すぎる2本を除き、4本を家に持ち込みます。
この後は洗面所のゴミ箱の上で、枝の名残の尖った部分を花鋏で切ったり、サンドペーパーをかけたりしました。
DSC01299a.jpg
サンドペーパーをかけた後の様子

今日はここまでとしました。
このまま素朴な杖としても使えるし、グリップ部分に何かを巻いても良いし、彫りを入れても良いし、先をもう少しだけ尖らせても良いし、どうしたものかと思案中です。

画像にメジャーが写ってますが、長さは右から順に
45cm(約18インチ)
40cm(約16インチ)
37cm(14.5インチ)
29.5cm(約11.5インチ)
となっています。

物語の中では
リリーは26cm(10と1/4インチ)
ジェームズ28cm(11インチ)
ハリーは28cm(11インチ)
ヴォルデモートは34cm(13.5インチ)
ハグリッド41cm(16インチ)
でした。

また、Pottermoreでの私は10インチでしたから、今日の中でも一番短いのよりさらに短いです。
今日の杖は全体的に長過ぎたようです。短くする分には後からでも出来るので問題ないですが。

映画の杖のレプリカは、スネイプ先生もハリーもヴォルデモートも35cmくらいのようですね。みんな長さは同じなのでしょうか。ヴォルデモートは原作と大差ありませんが、ハリーの杖は明らかに長いですね!

始動 - 2013.09.29 Sun

来年のスネイプ先生のバースデーパーティに向けて動き始めています。
去年は会場を先に決めて、そこから近いケーキ屋さんを探しました。その結果、立体ケーキは作れない、ということでカップケーキを立体的に配置する形を選びましたが、今年はなんとしても立体ケーキを用意したいと思い、先にケーキ屋さんを探して、そこから配達可能な場所を探す、という方法を選びました。
今、ケーキのデザインについて何週間にも渡って協議しているところです。
デザインは決定したわけではありませんが、ケーキを発注する日は決まったので、オフ会の日も決定しました。
2014年1月11日(土)です。
正式な募集はもう少し先になりますが、参加を検討されている方は、その日は空けておいてください。場所は都内になります。

秋の一日 - 2013.09.28 Sat

今日は父の一周忌の法要をしました。
日程を決めた頃はまだ母はしっかりしていたのですが、その後急激に物忘れが酷くなり、とても親戚を招いて会食をする、という形は取れないと思い、母と私と妹とそれぞれの家族だけで簡素に行うことに決めました。お墓の前でお経だけは上げていただき、後は実家でお寿司を取って会食です。
お経を上げる声が素晴らしく、またご住職の人柄が温かく、なんだかとても癒されました。妹も同じことを言っていました。考えてみれば、元々そういう効果はあるものなのかもしれません。
簡素ではありましたが、お経を読んでいただくために予め連絡してお願いしたり、お布施やお車料などや引き出物を用意したり、何より精神的に負担が大きかったので、法要が終わってものすごく気が楽になりました。

昼食後みんなでコーヒーや紅茶を飲んで、同時に母の夕食も用意して、帰ってきたのは16時半頃でした。
だいぶ涼しくなったので、今朝出来なかったウォーキングに行くことにしました。
17時頃家を出ました。

歩き始めた時はまだ日が出ていましたが、間もなく日が暮れてきました。日の入りは17:30頃ですが、地平線に近い位置に雲があったので、15分頃にはもう姿が消えそうでした。
DSC01245a.jpg
黄金色に輝く太陽の一部と富士山の頭

DSC01252a.jpg
富士山の頭と飛行機雲

30分歩いてUターンする頃には日が沈み、だいぶ暗くなっていました。
もうさっきまでの輝きがなくなって暗くなる一方の西の空を背にしていたら、急に空が明るくなって振り返ると、さっきとは違う濃い赤に雲が染まっていました。
DSC01255a.jpg
太陽の姿は既になく雲だけ赤く染まった空

更に時間が経つと、雲の赤も黒も濃くなってちょっとムンクの叫びみたいな空になりました。
DSC01261a.jpg
赤く渦巻く雲がムンクの「叫び」みたい

頭上には蝙蝠も飛んでいました。
すごい速さで飛んでいるので、写真に納めるのが難しいです。闇雲にシャッターを押して偶然写るのを待ちました。
DSC01264a.jpg
辛うじて写った一枚
拡大した時なんとか見える画面中央よりやや左の黒い影のようなものが蝙蝠です。

杖の位置 - 2013.09.27 Fri

先日拾ってきた流木、まだ外の物置に入れたままですが、どうやって加工しようかな~と今朝の通勤電車の中で考えていて、ふと疑問に思いました。
魔法使いたちは杖をどの位置に装備しているのか?映画では、なんとなく杖腕側の腰あたりから抜き出しているように見えるけれど、実際はどうなんだろう?と。

通勤中で手元に本がなかったので描写を探すことができず、私の思考は本の中の実際を調べることより、どこなら杖が抜き易いだろうという方向に向かいました。
つまり、大雑把に分けて杖腕側なのか、反対側なのか。
ハリーが尻ポケットに杖をしまおうとしてムーディから叱られたことは覚えていましたが、多分それは杖腕側の尻ポケットだろうと思います。
この場所って、肩の動きが悪いと結構手が届きにくい場所で、突然の攻撃に瞬時に杖が抜けるか疑問があります。

そんなことを考えながら電車を降りて職場に向かって歩いていたら、背後からA君に声をかけられました。
A君にはDVDを最終作まで貸していて、今不死鳥の騎士団まで見てくれています。
そんなA君に私の疑問を投げかけると、彼は定期入れをいつも利き手側の尻ポケットに入れているけど抜きやすいと言います。
しかし、定期入れなら私はいつも利き手と反対側の肩にかけたバッグの外ポケットから抜き出していて、それがやりやすいんです。位置的には、刀を抜く感じの動作になります。
どっち側にしても前ポケットの位置に入れたら、歩きにくいよね、というのは一致した意見でした。
結論が出るわけではありませんでしたが、杖を差すのにふさわしい位置を考えながらの出勤はとても楽しかったです。
そんなに遠くない未来、同僚たちと杖振りに行く予定なので、その時またみんなで同じことを考えられたら楽しいだろうと密かに期待しています。


勇気のいるもの - 2013.09.26 Thu

今日、一つのメールを受け取りました。
オーストラリアのある会社がスネイプ先生の○○を発売した、ということを知らせてくださったのです。私も何日か前にtwitterで見てびっくりしたのですが、ちょうど楽しいことが重なって忘れていました。
知らない方は下のリンク先をご覧下さい。
Blackmilk

問題はこれです。
Snape Attack GFT

なんと!スネイプ先生のワンピースです!
サイズもXSからXLまで5種類あります。私でも着られるかもしれません。
しかし、これを着て家から出ることができるでしょうか?この思い切ったデザインのワンピースは、主張がはっきりしていて良いのですが、スカートが短すぎます(そこ?)
いや、主張の激しさこそが問題になりそう。
スリザリン生の私には、そこまで勇気はありません。
スネイプ先生くらいの勇気のある方は、ぜひ!

ハリーが目立つ水着もありますよ~
First-Year Swimsuit

私はこれがいいな
Slytherin House Swimsuit

PCの不調(9/28 追記) - 2013.09.25 Wed

一昨日、突然PCの電源が入らなくなりました。
私がいつも使っているデスクトップ型のPCの方です。
実家から帰ってきて、こっちの家の夕食作りまであと2時間余りあって、よーし!寛ぐぞー!と思ったのに(私にとって「寛ぐ」=「PCに向かう」です)、ウンともスンとも言わないのです。

もう一台あるノート型PCで「PC 電源入らない」で検索、色々試してみましたが変化なし。
メーカーの相談室に電話して、指示通りの操作をしたけれど変化なし。
結局修理に出しました。
そろそろ買い換えたいと思っていたので本体を買い換えても良いのですが、その前にデータを取り出さないと!最後にバックアップを取ったのは、3月に画面が緑色になった時だったので、色々な画像や抜き出している最中のスネイプ先生のセリフのデータはこのままでは失ってしまいます。
電源ユニットに不具合があったようで、交換することになりました。2万6千円だったかな。
となると、新しいのは買わずにもう少し使わないと勿体無いですね。
27日には直るらしいです。

慣れたPCがないので、一昨日も昨日もノートパソコンでブログを更新したのですが、文字の入力にミスが多すぎて、ものすごく時間がかかりました。
5年位前までメインで使っていて、その後娘が今年の3月まで下宿で使っていた古いデスクトップ型のPCをセットしてみましたが、遅いし、出来ないことがいっぱいあってとても代わりにはなりません。
面白かったのは、5年前まで私がお気に入りに入れていたサイトの名前がわかったこと。
今はもう活動されていないハリポタ関連のサイトの名前がいくつも出てきて、懐かしかったのと寂しかったのと・・・。

そんなわけで、明日まではノートパソコンでミスタッチしながらもたもたブログを更新していきます。

9/28
無事修理を終えたパソコンが帰ってきました。
やっぱり快適です!

デイサービス - 2013.09.24 Tue

昨日、母が初めてデイサービスに行きました。
母が手助けなしでは日常生活が成り立たなくなり、実家には私か妹が欠かさず行くようになってから二ヶ月近く経ったでしょうか。私も妹もそろそろ余裕がなくなってきて、時々言わなくても良いことを言っては自己嫌悪に陥るようになってきたところでした。

ケアマネさんが決まって、とりあえずヘルパーさんとデイサービスをそれぞれ週1回ずつ利用する、と仮決定したのが今月7日。その後ヘルパーさんを派遣してくれる事業所の人とデイサービスの事業所の人とケアマネさんと母と私と妹とで『担当者会議』を実家で行ったのが18日でした。(担当者会議というのは、大雑把に言えば、介護保険を利用する本人やその家族と、サービスを提供する側の担当者が一堂に会して、利用者の希望に出来るだけ添えるよう、サービスを検討していく会議です。私はサービスを提供する側として今まで何度となく参加した会議でしたが、いよいよ自分が家族として参加することになろうとは)

その結果、金曜日はヘルパーさんが来ることになり、月曜日にデイサービスを利用することになりました。
が、初回だけは勝手がわからないのでヘルパーさんの訪問時は妹が、昨日のデイサービスへ送り出しは私が立ち会いました。

母の場合、デイサービスでは入浴と昼食と他人と関わることが主な目的です。
レクリエーションなどもあるのですが、もともと人見知りな母は知らない人の中に入っていくのが不安そうなので、まずは慣らすためにお昼を食べたら帰ってくる短時間バージョンから始めます。
まるで慣らし保育みたい・・・・・・。

昨日は午前9時に実家に行き、身支度を手伝い、迎えが来るのを待ちました。
何度「今日はお風呂に入るんだよ」と話しても、そのたびのけぞって「えっ?」と顔を顰めます。相当お風呂が負担のようです。「お昼も食べて来てね」と言ってもやはり不安そう。

本人が嫌がることは無理強いしないように、と言ってもこっちが限界だし、食わず嫌いもあるだろうしで、デイサービスを利用することにしたのですが、こんなに不安そうだと私もちょっぴり後悔です。
でも、私が小さい時、嫌がる私を引きずるようにして幼稚園に連れていったのですから、これでおあいこですよね?(笑)

無事送り出してからは、布団を干したりシーツなどを洗濯したり、掃除機をかけたりトイレ掃除をしたり、母の夕食を作ったりと自分の昼食もそこそこに忙しく家事をしました。
13時過ぎに帰ってくるまでに、普段できない実家の家事をなるべくたくさんやってしまおうと思ったのですが、「今のうちに」と考えながらの家事は、子どもが幼稚園に行っている頃の気持ちとそっくりで、なんだか懐かしいくらいでした。

13時10分頃帰ってきた時、母は結構ご機嫌でした。
「良くして頂いたの」と言いながら入ってきました。送ってくださった施設の方のそばにいたため、言葉遣いも丁寧です。
お風呂に入った記憶は全く残っていませんでしたが、下着は持たせた時とは違うビニール袋に入っていたし、「浴槽は?」と聞けば具体的な返事が返ってくるので、やっぱり入ったのだと思います。
食事がとても美味しかったらしく、メニューは覚えていなかったものの「美味しかった」と繰り返していて、割と楽しんできたのだと思われました。

私も、結果を報告した妹もまずは一安心。
これから笑顔で母と付き合っていくためにも、できるだけ抜ける力は抜いていこうと思います。

熱中オフ会 - 2013.09.23 Mon

21日にハリポタカフェとハリポタ展に行ってきました。
約2年前、NHKの「熱中スタジアム ハリー・ポッターナイト」に一緒に参加したメンバー、私を含めて4人のオフ会です。日記に榴さんからコメントいただいたのがきっかけで、二人で連絡先のわかる方たちに連絡し、他に6~7人連絡が取れたのですが、皆さんご都合が合わず集まったのは榴さん、橘さん、鹿嶋さん(番組では別名)、私の4人でした。

ポタカフェは、前回も前々回も混んでいて席を取るのが難しいイメージだったので、開店は11:00からでしたが、待ち合わせは10:20にしました。
受付のカウンターでその日のハリポタ展の前売り券を見せると、展望台の無料券を渡されて52階に上がれました。前売り券自体は受付時間になってからでないと入場チケットには換えてもらえません。

お店のドアの前で開店を待つつもりだったのですが、既にドアは開き、中に入ることができました。聞くともう席に座ってよいとのことだったので、一番奥の4人掛けのテーブルに席を取りました。私たちの他には誰も席にはついていませんでした。
前回人が多すぎて撮れなかった店内の絵の写真も撮れました。
DSC01192a.jpg
DSC01193a.jpg
色々な姿、シチュエーションの魔女や魔法使いたち
DSC01197a.jpg
箒で飛ぶことを禁じる交通標識を無視して飛んだ魔女?

DSC01198a.jpg
一番気になった目つきの悪い魔法使い

今回私はドラゴンスケールを飲みました。
DSC01214a.jpg
手前のドラゴンフルーツが添えられたコーラ(+レモン風味)がドラゴンスケール

DSC01205a.jpg
魔女の煮込んだ大鍋カレー
前回は売り切れていたし、この日見たメニューにもSOLD OUTの文字があったので諦めていたら、思いがけずあったので嬉しかったです。
DSC01208a.jpg
スネイプ先生と大鍋カレー
どくだみエキスが入っているとのことでしたが、それは私は感じられませんでした。
鍋はイカスミ入りのパンで、パン崩しつつカレーと混ぜて食べていたら、穴が開いて漏れ鍋になってしまいました。パンのボリュームがたっぷりで満腹です。

みんななんだかんだとハリポタ色に染まっています。
DSC01212a.jpg
レゴキーホルダー
歩くたびにジャラジャラ音を立てるのが可笑しいです。

DSC01217a.jpg
榴さんのスリザリンネイル
素敵ー!
DSC01218a.jpg
親指にはスリザリンの紋章
印刷したものを貼ってあるとのことでしたが、切り取るのは大変だったろうと思います。

私たちは14時の回のチケットを買ってあり、14時近くまでカフェにいましたが、話が盛り上がりしかも深い話で、すごく楽しい時間でした。番組は映画メインの語りでしたが、このメンバーはみんな原作をとても愛しているので、語りも深くて色々参考になりました。

一度下まで降りて、3階で前売り券をハリポタ展の入場チケットに交換し、再び52階に行きました。
入場を待つ列に並んでいる時、横の壁に特別プレゼントの「本日の当選番号」が示されていて、最初は確認すらしませんでした。
列の動きが止まった時、前売り券の半券を取り出して数字を確認してみたら、最初からやけに合致していて、それでも最後まできっちり合っているかどうかよく見えず、もう一度一緒に見てもらって「当たってるー!!」となりました。
ちょうど近くに居たスタッフが、「番号が当たっていたら、近くのスタッフにお知らせ下さい」と別のお客さんに話していたので、手を挙げて知らせ、確認してもらいました。
やっぱり当たっていて、「おめでとうございます!」と拍手され、天にも昇る心地でした。「今手続きしますか?」と聞かれましたが、もうすぐ私たちが扉の向こうに行ける番だったので、帰りにしました。

中の組み分けの儀式では、非常に控えめに手を挙げました。もう当ててもらわなくても良いように。でもイベントには参加している感じで。
すると、スリザリンローブとネクタイやシャツで身を固めていらした榴さんがその心意気を認められ選ばれました。
既にスリザリンに産み分けされているようなお姿でしたが、やはり帽子は「Slytherin!」と叫びました。
次は元気の良い坊やが選ばれ、具体的な寮名の希望は聞かれなかったけれどグリフィンドールに組み分けされ「さっきのお姉さんとケンカしないでね」と言われていました。巧みな話術にすっかり楽しくなりました。

この日は空いていると思ったのですが、中はやはり混んでいて、あちこち滞っていましたが、スネイプ先生の服や魔法薬関係の場所はじっくり見ました。
今まで人の流れに押されてじっくり見られなかったところを重点的に見た感じです。
出口付近で一度引き換えし、もう一度軽く見てでは行きましょうか、と出かかったところでスタッフに声をかけられました。特別プレゼントに当選した方ですか?と。顔か服装を覚えていて下さったのでしょうか。
肯定すると、秘密の通路を案内されました。
普通は出口を出ると下に向かうエスカレーターに乗ってショップに行くのですが、黒いカーテンを通され、外に出るとそこは音声ガイドを借りる場所で、そのままスタッフの後をついていくと、カウンター(クロークにもなっています)の前に来ました。そこで先日画像を載せた書類に名前や住所を書き、さらに宅配便だか郵便だかの伝票にも名前や住所を記入しました。
前売り券の半券はそこで渡してしまいましたが、手元には当選確認書のコピーが渡された、というわけです。
その時、前日までは賞品はポスターだったけれど、今日からクアッフルだと教えてもらいました。わーい!ラッキー♪
その後、「この後ショップに行きますか?」と聞かれて肯定すると、再びスタッフのお姉さんの導きで黒いカーテンを抜けてさっきのハリポタ展の出口に戻りました。神秘部のカーテンを通り抜けた気分でした(笑)

ショップでは今回は何も買いませんでした。
外で4人で記念撮影し、ここでこの後の予定のある橘さんとお別れしました。
残った3人で別なお店に行きます。
スパニッシュのようなイタリアンのようなおしゃれなお店でしたが、店員さん(見たところ全て男性)が、たびたび威勢よく一斉に声を出すところがお寿司屋さんのようでもあり・・・会話するのがちょっと大変。
DSC01219a.jpg
ロンドンプライド 1パイント(500mlくらい)

DSC01221a.jpg
野菜のピクルス、ガーリックトースト、サーモンのマリネ、小エビのアヒージョ、かつおのカルパッチョ

榴さんが熱中スタジアムから送られた当時のアンケートを持っていらしていたので、そのテーマで再び話しあったり、スネイプ先生以外の好きなキャラが多岐に渡っていたので色々な視点から語りました。

この後、また場所を変えてさらに私たちは語り合いました。
次の店ではパンケーキを食べました。
DSC01223a.jpg
ベリーのパンケーキ

DSC01224a.jpg
スネイプ先生にも甘いものを差し上げたい

熱々のパンケーキはすごく美味しかったです。

色々な議題で深く語って、そのたび頷かされることばかり。
その中でも鹿嶋さんから最後に聞いたお話がすごく印象に残りました。
ダンブルドアに信用されていない、とスネイプ先生は言うけれど、ホグワーツを任せたというこそ信用している証、というお言葉に、すごく納得できました。その通りですね!
残念ながらスネイプ先生には伝わっていないようですが。
このお話を聞いたのは、そろそろお開き、と腰を上げかかった時でした。
締めにふさわしい心動かされるお話が聞けて、清々しい気分でお別れしました。

ハリポタを深く語るのって、本当に楽しいです。
またこんな機会に恵まれますように!

賞品 - 2013.09.22 Sun

オフ会の記録をつけたかったのですが、今日は時間がないので昨日の続きの話を書きます。

昨晩、床についてしばらくしてから夫が話しかけてきました。もう電気も消してあったし、お互いしばらく無言だったので、寝言かと思うようなタイミングで。
「でもさあ、サイン、アラン・リックマンだったらもっと良かったのにね」

唐突~(笑)
昨日ハリポタ展で当選した特別プレゼントのことです。クアッフル(賞品名はクワッフルと書かれてたけれど、本がクアッフルだったので表記を変えました)に書かれるサインがフェルプス兄弟ではなく、アラン・リックマンさんならもっと良かったね、という話です。

まあ、そうですが、クィディッチのボールであるクアッフルにスネイプ先生(を演じたアランさん)がサインするのも似合いません。原作ではスネイプ先生はクィディッチの審判やったから、全くクィディッチと無縁というわけではありませんが、映画ではそんな場面なかったからますますミスマッチです。(もっとも、双子のポジションはBターだから、ブラッジャーのレプリカだともっと良い気もします)
アランさんにサイン求めるなら、大鍋のレプリカなんかどうかと思いました。
サイズ的にもクァッフルと大差ないし。

今日になって娘と長男にも話しました。
娘は純粋に喜んでくれましたが、長男は「凄い!」と言いつつ、オークションにかけることを勧めてきます。
すると夫も熱心に「売れよ」と言い、皮算用を始めました。
絶対嫌です!アランさんじゃなくても、宝物だもん!
はるばるイギリスから届くフェルプス兄弟のサイン入りクアッフルは、とても値をつけられる代物ではありません!

当たったー! - 2013.09.21 Sat

今日、2年前に「熱中スタジアム」に参加した方たち3人と一緒にハリポタカフェとハリポタ展に行ってきました。
深く語り合うことができてとても楽しかったです。
その報告は後日しますが、一つだけ今日のうちに言いたい。
9/17~9/29までの前売り券購入者の中で一日一人だけ当たるというプレゼントに当選しました!

DSC01228a.jpg
当選確認書

DSC01232a.jpg
賞品はフェルプス兄弟のサイン入りクワッフルのレプリカ!

1ヶ月以内に郵送で届くとか。
わーい!楽しみ~♪

赤ちゃん言葉 - 2013.09.20 Fri

今朝の出勤時、電車の中に片言でしゃべる赤ちゃんというか幼児がいて、とても癒されました。
片言でしゃべる時期というのは誰でも通るわけで、つまりスネイプ先生にもそんな時期があったかと思うと癒されたんです。

本ではハリー視点のため、氷のように冷たい声とか嘲るような口調とか、赤ちゃんの頃の言葉が想像できないような描写ばかりですが、やっぱり普通の赤ちゃんと同じような過程を経て言語を取得していったのは間違いないと思います。赤ちゃん言葉のセブルスくん

英語圏の赤ちゃんがどういう赤ちゃん言葉を話すのかわからないために具体的にイメージできないのが残念ですが、何かを発見して驚きの声を上げたり(好奇心旺盛だったでしょう)、それをお母さんに伝えようとしたり、お母さんの言葉を繰り返したり、ということはあったに違いありません。「あー!」とか「あったー」とか「わんわん」とか「みてー」とかに相当する言葉。そう思うと、もう愛しくて愛しくて。

拙いながらも自分の見たことや気持ちを言葉という形にして誰かに伝えようとしていた時代が確かにあったかと思うと、後に気持ちを隠すばかりの時代がやって来ることを知っているだけに、それがとても貴重に感じられました。

中秋の名月 - 2013.09.19 Thu

今日は中秋名月ということですが、今日の雲一つない澄んだ空に浮かぶ月は、名月にふさわしい姿です。

その美しさをなんとかカメラに納めたいと思い、さっきから試行錯誤しているのですが、全然上手くいきません。
「デジカメで月を撮るには」というハウツーサイトを見ながらやっているのですが…。
フラッシュ焚いたり、フラッシュ設定しつつストロボ部分抑えたり、明るさの補正をしたり、手ぶれしないようrタイマーセットしたり…

仕上がりは空全体が明る過ぎたり、ざらざらした画像だったり、放射状に変な光の線が入ったり、ぶれていたり。
一番マシのものがこれかな。
DSC01180a.jpg
中秋の名月

これは割とシンプルな設定で、明るさの補正を一番暗い設定にして、脇を締めて写したもの。
美しい月を見る度それを画像として残せないことに歯噛みします。
目で見て脳裏に刻んでそれでおしまい、というのも潔くて良いと自分に言い聞かせていますが、また次に美しい月を見たら、挑戦したくなるのだろうということもわかっています。

台風後の海辺 - 2013.09.18 Wed

今朝、ウォーキングに行くと、いつもと少し景色が違いました。
海辺の遊歩道は人と自転車専用の道なのですが、大きなタイヤの跡が見えます。
DSC01136a.jpg
重機が通った跡

強い南風で浜の砂が飛んできて道を埋めてしまったのを、ブルドーザーか何かで砂掻きしたのだと思われます。
自治体の迅速な対応を有り難いなあと思いながら歩いていたら、途中で砂掻きは終わっていました。思った以上に砂が溜まっていましたが、それでも数分歩き続け、やっぱり無理と引き返しました。

DSC01133a.jpg
引き返した時の目の前の風景

DSC01135a.jpg
あと少しで“道”

いつもは海沿いを歩いた後は公園を抜けて帰ってくるのですが、今日は海がどうなっているか見たくなって浜に下りていきました。
思った通り、砂浜にはたくさんのゴミが打ち上げられています。
プラスチック系のゴミが目立ちましたが、一番汚い場所は写真に納めなかったようで、下の画像は海藻類の打ち上げが多く、きれいな方です。
DSC01141a.jpg
ゴミや海藻が打ち上げられた砂浜

DSC01147a.jpg
海は穏やか

DSC01150a.jpg
打ち上げられた貝殻(ツメタガイ?)

DSC01149a.jpg
ヒトデ

私が浜に下りようと思ったのは、良い形の流木がないか見てみたかったというのも大きな理由です。「良い形」というのは、魔法の杖として良い形、という意味で、オリジナルの杖が作れそうな流木はないかと探してみました。
だいたいがサイズが合わなかったり汚らしかったりで、不向きな感じ。
そんな中、お?と思った物は木ではありませんでした。
DSC01144a.jpg
何かの骨……

DSC01142a.jpg
これはダンブルドアの杖っぽくない?
しかし、小さな虫がびっしりたかっていて近寄ると一斉に飛び立ち、とても触れる気になりませんでした。

DSC01153a.jpg
鹿の角みたいで面白いけど太すぎます

DSC01148a.jpg
これはなかなか良い感じ~

この波に洗われたような枝は形は面白いのですが、少々細い上、ちょっと脆そうなので、もっと頑丈そうな流木を見つけた時に捨てました。
DSC01151a.jpg
手ごろな太さと固さを持った流木

長すぎるので半分に折り、半分になった両方を持ち帰ろうと思いました。
するとそう歩かないうちに同じ材質で同じくらいの太さの流木をもう一本見つけ、甲乙つけ難いのでそれも持って帰ることにしました。
DSC01152a.jpg
三本の流木
ちょっと薪(たきぎ)拾いの様相を呈してきました(笑)

帰り道、この流木を切って磨いて杖にしよう!と考えると嬉しくなりました.
が、途中でもし散歩中の見知らぬ人に興味を持たれ、「それは何に使うんですか?」と聞かれたら「魔法の杖を作ろうと思って」と答えるか「玄関にでも飾ろうと思うんですけど何にするかは考えていません」とお茶を濁すか、真剣に悩みながら歩きました。
帰宅すると、夫に見つからないように(見つかったらまず間違いなく「捨てろ」と言うので)、三本の流木は外の収納庫に隠してしまいました(笑)
今日はこの後実家に行ってしまったので時間はありませんでしたが、いつかこの流木から私の杖を作ろうと思います。

セリフだけ見ると - 2013.09.17 Tue

昨日は3巻のスネイプ先生のセリフを抜き出しました。
この抜き出す作業、日本語はともかく英語はよほど簡単な単語でない限り、一つの単語すらスペルを覚えきれなくて2~3個に区切って写すので、ものすごく時間がかかります。
昨日は9章の日本語と7章の英語を写しました。。

3巻のスネイプ先生のセリフは、7章が最初です。
姿だけなら5章からの登場ですが。
7章は授業場面だけだし、9章も授業場面が多くを占めるのでとても楽しいです。

7章は『縮み薬』を作る授業です。
バックビークによる怪我を大袈裟に主張するドラコの言うままに、ロンやハリーにドラコに代わって作業をするよう命令したり、ネビルのヒキガエルにネビルの調合した『縮み薬』を飲ませ、上手く出来たらハーマイオニーから減点するという場面のある章です。

9章の授業場面は、ルーピン先生に代わって『闇の魔術に対する防衛術』の授業をする場面です。
人狼と真の狼との見分け方を生徒たちが知っているかどうか質問し、ハーマイオニーが挙手したのを無視、勝手に答えたハーマイオニーに向けて放った「鼻持ちならない知ったかぶり」の言葉……。

奇しくもハリーよりハーマイオニーに対する風当りの強さを感じる部分です。
ここ、全体を読むより、スネイプ先生の言葉だけを抜き出して書いていると、嫌な感じが際立ちますね(汗)正直「これは感じ悪い!」と思ってしまいました。

ハリーに対しては、どうにも処理できない感情があったことは理解できますが、ハーマイオニーやネビルに対してこの態度だと、やっぱり未熟さが隠しきれません。こう理不尽では生徒に嫌われても仕方ないです、先生(涙)
7巻まで読んでもスネイプ先生を好きになれない人は、こういうところが許せないのだろうなと思います。

それでも私の愛は揺るぎませんよ!実に人間らしくて愛しいです。
私を試すようなチョー感じ悪いセリフだけを抜き出していても、実際「感じ悪い~」と思っても、それを何倍も上回る愛しさを以って、丁寧に丁寧にスネイプ先生の口から出てきた物(表現が汚い)を拾っていきました。実に幸せな作業でした。

台風と敬老の日 - 2013.09.16 Mon

台風が猛威を振るっていますね。
皆さまのお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

今うちの辺りは明るくなって雨も今降っていませんが、風は強く、窓の外のゴーヤが激しく窓に打ちつけられています。
昨日、台風に備えてそれなりの大きさに育った実は収穫してしまいましたが、高過ぎて手が届かない場所の実は夫に収穫を頼もうと思いつつ忘れてしまっていました。激しく揺さぶられるうちに私の手の届く高さで下りてきていますが、とても窓を開けられず切ない思いで見ています。
ゴーヤは、なぜか今頃になって次々と結実し、どんどん実が大きくなっていた矢先の台風、塩害なのか風に煽られたためか、葉っぱが萎びてしまって悲しいです。

実家で一人で暮らす母は、誰かの手助けがないと難しい状態で、ここ何週間は私と妹のどちらかが欠かさず訪問していたのですが、さすがに台風では外出を控えたいと思い、昨日のうちに色々準備しておきました。
昨日は夫と娘と私の三人が実家で夕食を共にし、その時作ったカレーを2食分ほど小鍋に移して冷蔵庫に入れておきました。そして「9/16の朝とお昼に食べて下さい」と貼り紙しておきました。
夕食のためにはキンメダイの煮付けを作り、やはり鍋ごと冷蔵庫に入れ、「9/16の夕飯に食べて下さい」と貼り紙しておきました。
ご飯を小分けしたタッパーが冷凍庫に5食分あるし、食パンも二枚半あるのでなんとか食べることには困らないでしょう。シャワーも昨日のうちに浴びてもらいました。

さっき電話したら朝ごはんを食べた記憶はありませんでしたが、鍋の貼り紙を見た覚えと「鍋のカレーの残りが少ない」と言っていることから多分朝食は食べたのではないかと思われました。
敬老の日に限って誰も行かない、というのは皮肉な話ですが、今日は家に車が無いし(一ヶ月ぶりのデートに娘が使っています。こんな悪天候なのに!)、母も台風なのはわかっていて「来なくていい」と言っているし(多分言ったことは忘れると思うけど)、今日は妹も私もお休みです。
気は安まることはないけれど、せっかくだから今日はPC三昧で過ごそうと思います。

キノコ3 - 2013.09.15 Sun

昨日の朝、またまた見たことのないキノコ二つと出会いました。

一つは、一目でキノコとはわかりませんでした。
DSC01102a.jpg
これは何?

下から覗いてみると黄色いヒダがありました。
DSC01101a.jpg
やっぱりキノコ!

周囲をよく見ると輪状に生えてます。
DSC01104a.jpg
弧を描いて生えるキノコ

いわゆる菌輪というやつでしょうか。英語では "fairy ring"、"fairy circle"、"elf circle"、"pixie ring" と呼ばれるそうで、妖精が輪になって踊った跡とか魔女の足跡とか妖精の世界への入口とか言われることもあるようです。なんて素敵!

大きいものは手のひらより大きいです。
DSC01111a.jpg
500mlペットボトルとの比較
表面はビロードのようです。

もう一つは林の奥にありました。
ウォーキング中、速足で大股に歩きながらも視線は左右に送り、面白い物がないかと探していたら林の奥に明るい色のモノがいくつかあるのに気付きました。

DSC01097a.jpg
林の奥に見えた白っぽい点々
写真で見ると、我ながらよく気付いたと思います。
近付いてみると…。

DSC01088a.jpg
大きなパンのようなものがたくさん!
キノコのように見えるけど、こんなに大きくてふっくらしたキノコ、見たことありません。
さらに近付きます。

DSC01089a.jpg
大小さまざまに重なり合うような姿
ウレタン製の何かのようにも見えますが、やはりキノコにも見えます。
柄を確認しようと思ったら、小さいのを見つけました。

DSC01095a.jpg
マッシュルームみたい!
(今になって虫がついていたことに気付き、虫は微妙にぼかしてあります)
やっぱり、キノコですね。

DSC01093a.jpg
おしりのような形も

DSC01091a.jpg
500mlペットボトルとの比較

結構大きいでしょう?そして、やっぱり表面がビロードのようで美しいです。
美味しそうなパンにも見えます。
このキノコは“ノウタケ”かなと思いましたが定かではありません。
ノウタケなら若いうちは食べられるようです。もちろん食べるつもりはありませんが。
大きさも形も質感も全然見慣れないもので、見つけた時は本当にときめきました。
デジカメ持ってたおかげで、そのときめきを記録に残すことが出来て良かったです。

メッセージお返事 - 2013.09.15 Sun

9/14 16:25にフォームからメッセージを下さった方へ

オリジナル切手 - 2013.09.14 Sat

今日、待っていたものが届きました!
DSC01118a.jpg
オリジナル切手の入った郵便

2009年の6月にフレーム切手を作りました。(当時の日記届いたー!と可笑しかったその後日談切手の画像
ハリー・ポッター関係の友人たちへの郵便は専らこの切手を使っています。

この時作った切手は、80円切手が30枚と50円切手が60枚でしたが、そろそろ在庫が少なくなってきたので新しい切手を作ろうと思いました。
どうせなら別な画像を使おうと思い、探してみました。
今年のスタジオツアーで撮った写真が良いかな?と思いましたが、スタジオでの撮影は許されていてもそれを切手に加工するのは著作権的にOKなのかどうかわからず、完全に自分に著作権のある画像にしようとディーンの森とスネイプ村で撮影した写真にすることにしました。
が、今年撮った写真は構図的に切手向きのものがなく、2011年に撮ったものを使いました。

DSC01122e.jpg
二種類の切手

拡大してみましょう。
DSC01127d.jpg
ディーンの森の80円切手(場所を示す文字も入れてみました)

DSC01126d.jpg
スネイプ村の50円切手

どっちをどっちにするか随分悩みました。80円切手の方がサイズは大きいので。
こうしてみると、どちらも川が写ってましたね~

送料を別にしても、80円切手は10枚で1200円、50円切手は20枚で1400円と少し割高ですが、オリジナル画像の切手であることとスネイプ先生の切手であることの価値を考えるとまあいいかな、と思います。
今回は80円切手を20枚、50円切手を40枚作りました。
少な目なのは、無くなればまた別の画像で作ればいいや、という気持ちがあるからです。画像は山ほどあるし、これから増えるだろうし。

しかし、昨日このニュースを見た時はびっくりしました。
<郵便料金>消費増税で値上げ検討 20年ぶり

値上げの可能性?よりによってこのタイミング!?
もし82円とか51円になったら、切手を追加しなくちゃならないじゃない!
しかも1円切手を1枚とか2枚とか!
1円切手のデザインって、昔の政治家の写真一つしかないのでしょうか?
んー。ちょっと見栄えが…。
娘に「おっさん!……おっさん!おっさん!って感じだね」と身振り付きで言われ、返す言葉がありませんでした。

幻の動物とその生息地 - 2013.09.13 Fri

「幻の動物とその生息地」が映画化されると発表されましたね!
昨晩このニュースを知った時、全然イメージが湧きませんでした。
だってただの図鑑じゃ…?

その後もう少し詳しいことが明らかにされて納得しました。
著者のニュート・スキャマンダーさんが主人公で、その冒険が描かれるようですね。
魔法の世界のことではあるけれど、おなじみの人々は出てこないでしょう。
ハリポタの世界の70年前のニューヨークが舞台とか言ってるし。
でも、ルーナはニュート・スキャマンダーさんの孫と結婚しているし、そう思って見るときっと何か通じるものはあるに違いないと期待します。
スキャマンダーさん、日本にも来るかしら?
水魔の一種の河童との出会いもあると良いなあ。

今季初 - 2013.09.13 Fri

今日の英会話は、宿題を頑張っただけあってロールプレイが上手くいきました。
本当にイギリスでレンタカーを利用する気持ちで会話しました。

英会話の帰りに夕飯の買い物をしてきたのですが、それとは別に夫が早生のミカンを買っておいてくれていました。
私が青いミカン大好きなのを知っているのです。
DSC01084a.jpg
今季初のミカン
意外と甘かった…。
もう少し酸っぱい方が好みなんですが、夫の気持ちが嬉しかったです。

レンタカー - 2013.09.12 Thu

今回の英会話の宿題が難し過ぎて、しかも取り組み始めたのが昨日からで、苦労しました。
宿題の内容は、レンタカーを借りる時のお客とカウンターのスタッフとの会話を両方英作文で書いてくるというものです。
9場面がイラストと短文で提示され、各場面について4行ずつ与えられているので、全ての行を埋めようとしたら36の英文を作らなければなりません。
ちなみに短文を挙げると
・approaching the rental desk
・checking for reservation
・type of vehicle needed
・planed mileage
・short distance driving
・driver's license
・car insurance
・full tank of gas
・car pick up

一部わかりにくいものもあるかと思いますが、設定が決まっている部分が多少あって、それに沿って作っていくのです。
一応例文は与えられているのですが、丸写しするわけにはいきません。
私は旅行会話クラスに所属しているのですが、目的はもちろん海外旅行に行った時に使える会話の習得です。宿題のプリントを埋めるのが目的ではないのです。
自分が借りることを想定して文章を作って、それを先生に直してもらわなければ身に着きません。

とはいえ、お店の人の言葉まで考えるのは難しすぎます。
日本ですらレンタカーを借りる場面に遭遇したことがないのですから。
レンタカーに乗ったことはありますが、借りる場面に立ち会わなかったのです。

夫に車の保険のことを尋ね、ネットでも調べ、例文では断っていた保険プランをつけることとして、それはものすごい苦労の上に文章を紡ぎだしました。
明日はそれを直してもらってこようと思います。
いつか、イギリスでレンタカーを借りる日のために。

食用茸 - 2013.09.11 Wed

最近続けてキノコの撮影をしてブログに書きましたが、キノコの名前を特定するのは難しいことだと感じました。図鑑があったとしても今一つ自信が持てず、食べることなど到底できないでしょう。

そう考えると、7巻14章でハーマイオニーが茸料理を作ったのも心配になってきます。
魔法省から姿くらましして、グリモールドプレイスに向かったのはいいけれど、ヤックスリーまでくっついてきて、慌てたハーマイオニーが行き先をクィディッチ・ワールドカップのあった森に変更した晩の食事です。
ハーマイオニーが近くの木々の間から集めてきた茸を煮たものが夕食でした。
ハリーはハーマイオニーを傷つけないようにとの思いで堪えて食べましたが、味が悪かったのは調理方法ではなく毒があるからでは?と疑わなかったのでしょうか。(次の章でロンが『毒茸』と毒づいていますが、生死にかかわるような毒はなかったと思われます)

15章には、こんな一文もあります。
ハーマイオニーは食用茸を見分けるのが上手くなっていたが(7巻15章p.426)

これって、やっぱり最初は上手く見分けられないで食べていた、ということでしょうか?
こわい~~
ハーマイオニーのことだからビーズバッグの中に選んで入れた本の中には「薬草ときのこ1000種」もあったと思うのですが、図(写真)のキノコと目の前のキノコが同一であると確信するのはとても難しいと思います。
成長の過程で形を変えるし。
まさか主人公が放浪生活の中で毒茸に中って死んでしまって物語が終わる、ということにはならなかったでしょうけれど、かなり危なかったのではないかと思ってしまいました。

続・キノコ - 2013.09.11 Wed

今日はデジカメ持ってウォーキングに行きました。
すると、一昨日とだいぶ様子が変わっていました。
一昨日の方が全体的にたくさん生えていたし、あの薄黄色で美しい形のコガネキヌカラカサタケのあった場所には縮こまった残骸しか残っていませんでした。残念~
それでも、前回上手く撮れなかったいくつかのキノコの撮影に再挑戦しました。
往きに歩きながら目星をつけておき、帰りに素早く撮影する感じでウォーキングと両立させました。

DSC01072a.jpg
細い柄のキノコ
「芝生に生えるキノコ」で調べてみたところ、キコガサタケというキノコではないかと思われました。

DSC01080a.jpg
三つ並んだキノコ(上のと同じ?)

DSC01074a.jpg
マッシュルームのように太い柄のキノコ
調べてみたところ、ハラタケかなあ?という感じ。本当にマッシュルームの仲間で食べられるらしいのですが、もちろん確信できないので食べません。

DSC01076a.jpg
頭が平らなキノコ(これも同じかなあ)

DSC01069a.jpg
傘が開いたキノコ
多分頭が平らなキノコと同じ。
市販の生シイタケと同じくらいかちょっと大きいです。

DSC01068a.jpg
芝生に生えたキノコ
これもマッシュルームっぽい。上のキノコたちよりは小さめ。

松林の中にもキノコが生えてました。
上から覗く形で撮影するのであまり近寄れないのですが、結構大きいです。
DSC01065a.jpg
松の根元のキノコ
私が指を広げたてのひらくらいの大きさはありました。

DSC01066a.jpg
手のひらサイズ

前回とはまた違った面白いキノコを見ることができて楽しかったです。

キノコ - 2013.09.09 Mon

今朝は涼しくて適度に曇って、ウォーキング日和でした。
海辺の遊歩道を、往きは西に向かって帰りは東に向かって歩きます。
東の空には天使の梯子が出ていました。
ウォーキング中はデジカメを持っていないので、携帯で撮影しました。
F1000559[1]
天使の梯子
画像が小さくて粗くて見にくいけれど、真ん中やや右寄りに雲から斜めに差す光が見えますか?

普段、一心に歩いているのに、今日は天使の梯子の美しさに立ち止まってしまったせいか、公園内で一斉に生えてきた(二日前は全然気付かなかった)キノコまで撮りたくなってしまいました。
芝生に唐傘みたいなキノコ発見!
F1000563[1]
画像では白く見えるけれど薄黄色のキノコ
F1000564[1]
横から見たところ
ね?唐傘みたいでしょう?
「唐傘みたいなキノコ」で調べたら、本当にそういう名前がついていました。 コガネキヌカラカサタケというらしいです。

F1000569[1]
ちょっと肉厚で美味しそうにも見えるキノコ
これはさすがに何だかわかりません。

F1000568[1]
これも同じキノコかな?

F1000570[1]
これは粘菌??
なんだかよくわかりませんでした。

F1000571[1]
柄の細いキノコ

F1000572[1]
線状に並ぶ柄の細いキノコ

残念なのは携帯で撮ったため画像がお粗末なことです。
次回からはウォーキングにデジカメ持って行こうかと本気で思ったり、撮影は別に出かけようと思ったり。
面白いキノコがあちこちに生えている今の時期に、もう一度くらい撮りたいです。

有料化 - 2013.09.08 Sun

タイトルに「ゆうりょうか」と打ち込んでちゃんと「有料化」と変換されたけれど、私の頭の中では勝手に「優良可」に変換されて、ちょっと学生気分を味わいました。
それはそておき。

今日、無料版のgooメールが来年の3月10日でサービス終了となり、今後は有料版に一本化される、というメールを受け取り愕然としました。

私は有料版のgooメールと無料版のgooメールとyahooメールと、自分用に三つのメールアドレスを持っています。
なぜ3つのアドレスを持っているかというと、ブログの開設にはメールアドレスが必要で、同じfc2ブログを三つ持つためには異なるアドレスが必要だったからです。

無料版のアドレスは、専らオフ会の連絡用に使っていて、普段のメールは主に有料版を使っているのでそれほど問題はありません。
問題なのは、イギリス旅行記を置いているブログにその無料版のアドレスを登録していることです。
早いうちに別のところでアカウントを取らなければ。
どこが良いか調べてみます。

要介護認定 - 2013.09.07 Sat

昨日母に電話したら「あら、しばらく~」と言われました。
「やだ、昨日行って夕飯作って来たでしょ?」と答えながら、もう腹も立たない自分に気付きました。
「あら、そうだった?」と母はまるでトンチンカンです。
また別の日「彼女はどうした?」と聞いてきたので「彼女って誰?」と答えたら、「名前が思い出せない。私が産んだ娘」と言いました。私は唖然としながら妹の名を教えました。

一昨日、母の要介護認定結果が届きました。
「要介護1」でした。
1ヶ月前、調査員が来た頃に出来ていたことがどんどんできなくなり(ゴミ出しもできなくなったし、促さなければシャワーも浴びないし、寝たり起きたりの生活)、これは「要支援」じゃ済まないと思っていたのでホッとしました。きっと医師の意見書の内容が効いたのだと思います。

早速ケアマネを探します。
勤務地のある市なら、知っているケアマネさんはたくさんいて、その中で母とも私とも相性の良さそうな、朗らかで親身に対応してくれるケアマネさんを知っているのですが、地元には知っているケアマネさんは皆無です。
そこで口コミで評判の良かったケアマネさんに直接電話をかけてみたのですが、担当できる上限いっぱい担当しているそうで、別な事業所の方を紹介してくださいました。
今日、実家で母や妹と共に、そのケアマネとお話ししました。
私より10くらい年上に見える方で、ベテランらしく説明もわかり易いし、無理強いはしないし、フットワークは軽そうだしで、頼りになりそうで一安心です。
正直、訪問リハの仕事をしているとケアマネさんの当たり外れの大きさを痛感します。いつでも契約解除することができると言っても、それを言いだすエネルギーを考えると少々のことには目をつぶってしまいがち。
仕事ができて親身になってくれそうなケアマネで、ずっとお世話になっていきたいと思えて良かったです。

各デイサービスの特色やヘルパーさんの利用の仕方など、知らないことをいっぱい聞けましたが、まだ事態がよく飲み込めない母にはいきなり色々なサービスを受ける心の準備が出来ていない様子。
なるべく母の希望に沿うようにしたいけれど、万事消極的でサービスそのものに尻込みするのには、私も困ってしまいます。
私だって疲れがたまるとそうそう優しくもしていられないし、そういう自分に嫌気がさしてますますストレスがたまって疲れるので、他人の手を借りずに家族だけでなんとかしようとするのはお互いにとって良くないと思うのです。
まずは週1でヘルパーさんに入ってもらって慣らしていく感じです。
始まったばかりの介護、息切れしないようにしなければ!

アマゾンで買える!? - 2013.09.06 Fri

今日、kmyさんからメールが届き、面白い画像を見せていただきました。
ネットで話題の、とあったのですが、私は今日メールをいただくまで知りませんでした。

B000QH0EXK【並行輸入品】ホグワーツ急行 9と3/4番線の標識
ハリーポッター

by G-Tools


9と3/4番線のプレートがアマゾンで売られているんですね!
「並行輸入品」という文字が気になりますが、お値段が10,000,000円(一千万)というところを見ると、映画で使われたものではあるのかな~と思います。
ん?まさか、本当の9と3/4番線にかかっているものが闇のルートで流れてきたとか!?
スタバが魔法界と繋がっているみたいですから、アマゾンだって何かつてがあるのかも。
関東地方への配送料が340円というのが可笑しいです。一千万円の買い物したら、配送料くらいタダにしてくれても良さそうなのに。
請求額が10,000,340円って面白~い!

しかし、一千万出して買うのはどんな人なんでしょう?
魔法界に通じるなら確かに一千万円以上の価値はありますが…
でもやっぱり手が出ない…
まあ、私は職場の机の引き出しが魔法界に通じているので、今回は無駄遣いしないようにします。

スコットランド - 2013.09.05 Thu

キングズクロス駅発の列車のことは、本当は9/1に書こうと思ったのですが、色々調べているうちに長くなってしまって書き上がりませんでした。
しかも、内容的に考察に近く、もう一つのブログの方が良いかな~と思えてきたので昨日「百味スネイプ」の方に置きました。

時刻表をいっぱい調べて、スコットランドの地図や写真を見て、本も読んだら、スコットランドを列車で旅したくなりました。
読んだのはこの本
4478051313イギリス鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)
「地球の歩き方」編集室
ダイヤモンド社 2006-03-10

by G-Tools


今までは私にとってはエジンバラがスコットランドの代名詞のようでしたが、地図で改めて見ると、スコットランドのごく入り口、という感じで、北には広大な土地が広がっています。

大きな地図で見る
A:ロンドン
B:エジンバラ
C:インバネス
D:ウィック
E:サーゾー(サーソー)→イギリス本土最北端の町、サーゾー駅もイギリス鉄道の最北の駅だそうです。

大きな都市は結構あるし、思っていたよりずっと北まで鉄道は通っているし、聞いたこともないような小さな街にもちゃんとホテルがあるし、荒涼とした景色も澄んだ湖も、みんな見てみたいです。
いつか、自由にスコットランドを列車で旅したいです。


キングズクロス駅発 - 2013.09.03 Tue

9月1日にキングズクロス駅を出発するスコットランド行きの列車を探していたら、11:00ぴったりにありました!
嬉しくなって画面を保存しました。
時刻表
11:00発エジンバラ行き

前からあった便なのでしょうか?
それともハリポタの人気で登場したのでしょうか?
9/1にキングズクロス駅を出発するだけでもワクワクするのに、11:00発のスコットランド行きなんて!
きっとファンも乗ったと思います。
カートが埋まった9と3/4番線でどこかの寮のマフラー巻いて、写真を撮ってもらって、それから列車に乗り込むというスペシャルコースを歩んだファンが。
いつかやってみたいです。

桃退治 - 2013.09.02 Mon

タイトルは桃太郎の鬼退治の略ではありません。
本当の桃退治です。

お隣には桃の木があって、多分ハナモモだと思うのですが、桃の時期には見事な花を咲かせます。
その桃の木はお隣の庭の我が家に隣接した端に植わっているので、よく見えて目を楽しませてくれるのは良いのですが、花の時期終盤には花びらが一斉に我が家の階段に降ってきます。
掃除してもすぐに階段がピンクに染まる時期がしばらく続き、それが終わってホッとしたのも束の間、今度は実が落ちてくるようになります。それがちょうど今頃です。
収穫されるわけではない桃は、そのままやはり我が家の階段に落ちてくるのです。
DSC01042a.jpg
大き目のプラムくらいの桃

DSC00731a.jpg
階段に散らばる桃

このことをお隣はよく知っていて、恐縮して「どうぞうちの庭にポイポイ放りこんで下さい」とおっしゃり、何か届け物がある時などは、実際拾ってポイポイとご自宅庭に放り込んで行かれます。

そうは言われていても、なかなか勇気のいる作業で私にはできません。
週に3回くらい、ウォーキング帰りの汗だくついでに箒で掃除しています。
が、やっぱりそれだけではとても間に合いません。
1日経てば10個前後は落ちるのです。
うっかり踏んで転がると危ないし、潰すと梅干しそっくりの匂いが広がるのでその都度片付けないとなりません。

そこで登場するのが我が夫です。
私がためらう隣家の庭への放り込み作業を躊躇なくやってくれるのです。「お隣が良いって言ってるんだから」と。しかし、さすがに昼間の明るいうちにやるのは気が引けるようで、夕方、お隣が雨戸を閉めた時に行動を開始します。
これを夫は『桃退治』と呼んでいるんです。
火ばさみでつまんで、隣家の庭にポイポイ放る…。
黄昏時、濃くなった影に紛れて火ばさみで桃を隣家に放る姿はやっぱり怪しくて、事情を知らない通行人から通報されないか心配ですが、私の心配をよそに夫は「ちょっと桃退治に行ってくる」と出て行くのです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)