topimage

2013-10

魔女の大鍋作り① - 2013.10.31 Thu

今日はハロウィンですね!
ハロウィンっぽい演出をするセンスは無いので、せめて大鍋作りの過程をお見せすることで、ちょっとだけハロウィンらしさを味わっていただけたら、と思います。

材料は、新聞紙と障子紙以外は全て百均で調達しました。
DSC01379a.jpg
白い提灯と黒い和紙二巻き、障子貼り用の糊と刷毛

大鍋の芯は提灯で、さらに提灯の中には針金が入っていてそれで形を保っています。
DSC01384a.jpg
“龍”と書かれた提灯

細長く割いた新聞紙を糊で貼って強度を上げていきます。
DSC01387a.jpg
新聞紙が貼られていく提灯
以前書いた「今度は何職人?」と帰宅したばかりの夫に聞かれた時はこの作業をしていました。私は「鍋職人」と答えたのですが、「傘張り浪人みたいだ」と言われてしまいました。

一通り新聞紙を貼った後、まん丸だと提灯っぽさが抜けないかと思い、少し形を変えるための補修をします。
DSC01389b.jpg
胴の一番直径の大きな所に合わせて障子紙を巻いたところ

DSC01393b.jpg
障子紙を隠すように新聞紙で覆ったところ

大鍋らしくするために、口を大きく開けます。
芯の針金を切って、抜いて、丸めます。
DSC01448a.jpg
放射状に切り込みを入れて外に丸める

丸めた部分はそのまま鍋の縁になるので、強度を上げるためにねじった新聞紙を入れていきます。
DSC01451a.jpg
ねじった新聞紙や針金を切った花ばさみや抜き取られた針金など

続きはまた明日…

一通の手紙 - 2013.10.30 Wed

昨日、私宛の郵便が届きました。
封筒にTOKYO CITY VIEWという文字が書いてあるだけで差出人の名前のないダイレクトメール的な外観でしたが、よく見るとMORI ARTS CENTER(森アーツセンター)と書いてあり、先日のハリポタ展で当選した賞品に何か関係あるのかと期待して封を切りました。
当選した時、9月29日にハリポタ展が終了した後、一ヶ月以内に賞品が届くと言われていたので、そろそろではないかと思っていたところでしたから。

開封すると、思った通りでした。
でも、残念、発送が遅れていることのお詫びの手紙でした。
001a_20131030154558102.jpg
賞品発送遅れのお詫びのふくろう便(クリックで拡大します)

イギリスのフェルプス兄弟からの返送が遅れているためらしいです。
売れっ子で忙しいのでしょうね。
発送も「年内には」とだいぶ幅が広がりましたが、気長に待とうと思います。

余談ですが、この『フェルプス兄弟のサイン入りクァッフル』に当選した時は、「友の会のパーティまでには届くだろうから持って行こう♪」と思っていたんです。
その後大鍋を作ってそれを持って行ったわけですが、もしクァッフルが届いていたら、やっぱり持って行ったかもしれません。
大鍋とクァッフルなんて、ますますハリポタらしくて良いけれど、ただでさえ大荷物で大変だったのにクアッフルまで持っていたら、電車でさらに邪魔になったことでしょう(笑)

2013年友の会ハロウィンパーティ - 2013.10.28 Mon

昨日、友の会のハロウィンパーティに行ってきました。
心配していた台風の影響はなくなり、好天に恵まれました。
それでも、仮装用の品が大き過ぎて自転車に乗せて運ぶのに大変苦労しました。電車の中でも邪魔にならないようだいぶ気を遣いました。
乗っていた電車が途中駅で運転を見合わせてひやっとしましたが、12分後には運転を再開し、開始10分前には到着しました。
着くと、入口付近に見知った顔の方が多くいらっしゃいます。
いきなりスネイプ先生姿の果穂さんが飛んで来て「10点減点!」されました(笑)

私の仮装は、ブログなどで前宣伝していたため期待を集めていて、ちょっと「しまった!」と思いました。期待に添えないと私までがっくりしてしまうので。
しかし、皆さんの反応は思っていた以上に良好で、頑張った甲斐があったと思いました。
今回の仮装は、大鍋の被りものです。
DSC01612a.jpg
大鍋を被った私
パペットスネイプ先生がかき混ぜているようなポーズを求められましたが、被りものが大き過ぎてどこに柄杓があるのかわからず、「誘導してくださ~い}と頼んでスネイプ先生を柄杓まで誘っていただきました(笑)

私がしゃがんでも鍋が大きいのでなかなか中身まで写真に写りません。
こんな風になっています。(後日製作過程を書きます)
DSC01643a.jpg
魔法薬の入った大鍋
作業台を模した帽子のつばの部分は、百均でみつけた木目のウレタンの板で、これを見つけた時は嬉しかったです。

「私の大鍋をかきまぜて頂戴~♪」と言って、スネイプ先生にかき混ぜていただきました!(実際は回りません)
DSC01614a.jpg
大鍋をかき混ぜるスネイプ先生と撮影時にはしゃがむ私(寛ぎモード)

モリー母さんにも混ぜていただきました!
DSC01611a.jpg
モリー母さんと傾いた大鍋(本のタイトルみたい!)

今回は着替える場所がないということでかぶりものにしましたが、皆さん結構着替えないで済む程度に仮装していらっしゃいました。というか、仮装のまま来たというか(笑)
DSC01606a.jpg
二人のルーナ
DSC01627a.jpg
うつむくと本当にライオンみたい!
元々売っていたライオンのお面のたてがみ部分がみすぼらしかったため、毛皮を買って切り貼りしたそうです。

DSC01603a.jpg
お尋ね物のポスター

DSC01600a.jpg
全身ピンクのアンブリッジ♪

DSC01615a.jpg
組分け帽子を持ったマクゴナガル先生
制服姿の方たちをつぎつぎスツールに座らせて組分けしていらっしゃいました。

この組分け帽子、機能的なんです。ポケットがついていてそこにスマホを入れていらっしゃいました。
DSC01621a.jpg
組分け帽子のポケットでお休みになるスネイプ先生♪
すごく気に入った一枚です。
どんどんリクライニングしていって、スネイプ先生の姿勢もつられて変わっていきます。
DSC01622a.jpg
顎を上げて寝るスネイプ先生(ピント合ってなかった><)

飲み放題だったし、食べ物も出てきたのですが、飲み食いしている場合じゃないという感じで、画像は一つだけしかありませんでした。
DSC01602a.jpg
サラダとフライドポテト
私はサラダは食べませんでした。フィッシュアンドチップスとシェパーズパイとパスタを食べました。

食事が出終わるとゲームが始まりました。
空クジなしのビンゴゲームです。
DSC01624a.jpg
パブのカウンターに並ぶ景品たち
私が持っているスネイプ村のトートバッグもあるし、松岡さんのサイン入りの最近出版された本やビードルの本もありました。

ビンゴといってもただのビンゴではありません。ハリポタのキャラの名前を自分で書きこんでビンゴカードを作るビンゴゲームです。
4×4の16マスに、下に書かれた30人のキャラクターから選んだ16人を適当な場所に自分で書きこみます。
30人のキャラクターの画像の付いたカードをスタッフが引き、名前を読み上げます。
最初から3人続けて私が書きこんだキャラクターの名前が呼ばれ、さい先の良いスタートでした。4人目のキャラクターが発表された時、リーチの人が複数出ました。
おお!これはうかうかしていられないと思いましたが、自分の努力ではどうにもなりません。その後私もリーチになりましたが、その頃にはもうビンゴも出ていました。
そして私もダブルリーチになりました。
DSC01625a.jpg
セブルス・スネイプかシリウス・ブラックが出ればビンゴ
(いい年して汚い字でホントお恥ずかしい

この写真を撮って間もなく、カードを引いた友の会のTsさんが、固唾を呑んで見守る人々を非常に意味ありげな表情で見ていきます。その視線を捕らえた時、カードのキャラクター名を確信しました。
やはり「セブルス・スネイプ」でした!
スネイプ先生でビンゴになったのは私を含め3人で、じゃんけんして景品を選ぶ順を決めました。
私は二番目に選択権を得、その時スネイプバッグは残っていましたが私は既に二つも持っているので選ばず、図書カードを選びました。
DSC01644a.jpg
日本語版「賢者の石」の表紙のデザインされた図書カード
このレアさが気に入りました。同じものは複数ありましたが。

私にしては割と早めのビンゴだったと思います。空クジなしは盛り上がりますね。スネイプ先生の名でビンゴになったこともものすごくテンション上がりました。やっぱり私にはスネイプ先生が憑いてる?って。

パーティがおひらきになり、外に出る時ハロウィンのお菓子をいただきました。
DSC01640a.jpg
お菓子の他、日本語版4巻の挿絵のついた絵はがきも入ってました。

友の会の集いは、いつもとても楽しいです。
顔なじみの方たちと旧交を温めるのも楽しいし、新しい出会いもわくわくするし。今回は、とても可愛らしい中学生の子が「ブログやってるんですか?」と聞いてくれて、嬉しくなってサイト名をメモして渡したりしました。
ハリー・ポッターという作品やその中の登場人物を愛する人たちとの交流の場が、いつまでも存続するように願わずにいられません。

スカイツリー(追記あり) - 2013.10.27 Sun

昨日はスカイツリーに初めて上りました。
台風の影響が心配されましたが、家を出る時はかなり雨が降っていたものの、交通機関の乱れはなく無事到着できました。
スカイツリーのエレベーターも通常通り動いていることを確認後、先にランチにしました。
DSC01505a.jpg
鶏そぼろとナスのトマト味噌パスタ(だったけ?)

DSC01509a.jpg
デザートのパンケーキ
(食べ過ぎです)

チケット売り場ではハリポタのヘドウィグのテーマが流れていました。
DSC01510a.jpg
ハロウィン仕様

DSC01516a.jpg
公式キャラのソラカラちゃん発見!
10/28がお誕生日だそうです。

エレベーターの速さに驚きます。
六本木ヒルズで53階に上った時も随分早く着いたなあと思ったのですが、もっと高いのに早く着いた気がしました。極端な話、職場の旧館のエレベーターで1階から7階まで上がるより早く着いたような感覚でした。

350mの高さの第一展望台に着くと、さっきのソラカラちゃんたちがすでに踊っていました。
その中のお兄さんのキレのある踊りに惹かれ、ずっとお兄さんを見てました(汗)
DSC01526a.jpg
お兄さんのコウモリのポーズ♪

DSC01534a.jpg
東京タワーと六本木ヒルズ

DSC01542a.jpg
隅田川と地上350mのスネイプ先生

DSC01545a.jpg
隅田川(手前)と荒川(奥)

DSC01546a.jpg
カボチャとスネイプ先生

DSC01547a.jpg
同じ方向を向くおばけの樹とスネイプ先生

時間と共に少しずつ雲の切れ間から日が射すようになりました。
DSC01550a.jpg
光の道

展望台は3階構造になっていて、最初に降り立った350フロアの下に345フロアと340フロアがありました。340フロアにはガラスの床があって下が見えます。
DSC01567a.jpg
足の下はるか彼方に見える地上

もう怖くって!乗ることはできてもまともに下を見られませんでした。
この写真は足をちょっと乗せただけで重心はかかっていません。

夕食は隣駅で。
DSC01574a.jpg
曳舟駅から見たスカイツリー

スペイン料理のお店に行きました。
DSC01578a.jpg
血のように赤いワイン(サングリアだけど)とスネイプ先生

DSC01582a.jpg
パエリャ

パエリャも他のお料理もすごく美味しかったです!
一緒に行ったクロノさんとさざなみ竜さんとスネイプ先生のお話をたくさんしました。本のスネイプ先生が愛されていて、すごく幸せでした。

食事後、再びスカイツリーの足元に戻ります。
DSC01593a.jpg

ハロウィンの飾り付けが写り込んでちょっとハロウィン風味です。

DSC01594a.jpg
闇夜に浮かぶスカイツリーとスネイプ先生
ちょっと独特な雰囲気が気に入っています。

最後はソラマチを散策、面白いものをたくさん見て帰りました。
スカイツリーからの眺めも食べ物もスネイプ先生をはじめとするハリポタ語りも、とっても楽しい一日でした。

そわそわ - 2013.10.25 Fri

今日の英会話では、無事自作の被り物を持って行くことができました。
雨が降っていたため、送迎は夫の運転する車という気合の入れようです。
反応も上々で嬉しかったのですが、ここでお見せするのはハロウィンパーティに持って行ってからにしますね。

もうすぐ「謎のプリンス」の地上波での放送が始まると思うと、なんだか色々手につきません。
しばらく前からテレビの前で用意しているところです。
映画の謎のプリンスって、あまり観返していなかった気がします。
スネイプ先生が闇の魔術に対する防衛術の先生に着任したという描写があったのかどうか思い出せません。
魔法薬学の先生がスラグホーンになっているんだから、その説明がないはずないけど、スネイプ先生の授業場面はなかったなあ。
これから色々確認してみます。

砂地の穴 - 2013.10.24 Thu

この頃ウォーキング中、遊歩道脇の砂地に所々穴が開いているのを見かけます。
カニの穴にしては波打ち際から遠すぎるし、形も少し扁平な丸です。
昨日は今までにも増してよく目にしたので、写真を撮ってみました。
デジカメは持っていなかったので携帯の粗い画像ですが。
F1000582.jpg
ややつぶれた形で長径2cm弱くらいの穴
今画像を見ると、穴に続く細い溝のようなものが見えますね。

F1000583.jpg
上のよりもう少し大き目の穴

こんな穴が所々にあるんです。そして、遊歩道の片側の砂にしかその穴が開いていないことに気付きました。遊歩道の両脇に砂があるのに。どの穴もほぼ南に向かって口が開いていました。
一体何がこの穴を開けたのか気になりながらもペースを崩さず歩いていたら、より新鮮な穴を見つけました。一度は通り過ぎましたが、戻って撮影しました(笑)

F1000586.jpg
入口付近に湿った砂が見られる穴

見ていたら、中から住人(?)が出てきました!
F1000584.jpg
住人のおしり(ピントが合っていないけど)
携帯での撮影難しい~

見ているとまさに穴を掘っている真っ最中で、姿が穴に隠れてもすぐに次の砂を外に出すためにお尻から出てきます。
F1000585.jpg
もう少しおしりが見えた状態

全身とまではいかないものの、姿形がわかるくらいには出てきたのですが、どうにも携帯の反応が悪く、シャッターチャンスを逃してしまいます。
見た目はちょっとゴミムシに似た感じ。今日改めて調べてみたら、オサムシモドキという虫ではないかと思いました。画像で見た姿と砂地に穴を掘る、という点が合致します。
ただ、レッドデータブックに載っているとのことなので、絶滅危惧種がこう何度も目につくのか疑問ではありますが…。とりあえず一応の結論が出てすっきりしました。

スーパーの歌 - 2013.10.23 Wed

先週末、次男が帰って来た時、次男が何気なく口ずさんだ歌に激しく驚きました。
それはとあるスーパーマーケットの店内で流れる曲でした。

店内で流れる曲って、お店によって違いますが、同じ系列の店では同じ曲が流れますよね。
次男が歌った歌は、昔実家近くにあったスーパーに流れていた曲で、お店の名前は違うけれど、何か同じグループに入っているようで、そのグループに入っているお店に行くと同じ曲が流れていたのは昔から認識していました。
次男の下宿先近くにも同じグループの店があったとは!そして、次男が歌を覚えるほどスーパーに行くようになっていたとは!
そして、その曲がずっと頭に流れているとのことでした。
すごくよくわかる!

実は私も数日前から別なスーパーの曲が頭から離れないのです。
うちの近所にある一番馴染みのスーパーではなく、最寄駅前にあるスーパーです。
そこは物価が少し高いため今まであまり利用していなかったのですが、仕事帰りに買い物してそのまま実家に向かうバスに乗れるため、この頃は週の半分以上をその店で買い物しています。
そして、そこではその店のテーマソングのようなものが流れているんです。歌詞がついているのがやっかいで、次男同様やっぱり私も頭から離れなくて困っていたところだったんです。

そこへ来て次男が昔馴染みの曲を歌うものだから、その曲までインプットされてしまいました。
今朝のウォーキングでは、気がつくと頭の中ではそのどちらかの曲が流れ、ついつい歩調を合わせてしまうのを、自分では止めることができませんでした。
そして、今もずっとスーパーの曲が頭の中に。もう勘弁して~

手を洗う - 2013.10.22 Tue

今日は訪問に出る前に、病棟の患者さん二人のリハビリを行いました。
一人終わるごとに手を洗います。
病棟の水場で手を洗いながら、壁に貼られた正しい手の洗い方を見ているうちに、スネイプ先生の手の洗い方はどうなのだろうか?と考えていました。病棟に限らず院内には以前からあちこちに掲示してあるけれど、スネイプ先生の手にまで思い至ったのは今日が初めてでした。

スネイプ先生、洗髪頻度が少ない疑惑があったり、歯を磨かない疑惑があったりしますが、手はこまめに洗っていると私は思うんです。
魔法薬の授業でハリーたちが片付けをする場面で手を洗っているからです。
教室の隅の方にある水盤のところでは、ガーゴイル像の口から氷のように冷たい水が吐き出され、そこで手を洗っています(ということを以前も書いた気がするのですがみつかりません)

魔法薬学教室では生徒が魔法薬を作り、後片付けをしていますが、スネイプ先生自身も個人的に魔法薬(例えば脱狼薬)を作っていますから、やっぱり手だってその都度洗うのではないでしょうか。
材料をナイフで切ったり刻んだりした時は、手にも少量付着しているでしょうから、そのまま作業を進めては正確に分量を計ったつもりのものに紛れ込んだりして誤差が出てしまうでしょう。
複雑な調合を見事にやってのける人なので、その辺は慎重にやっていると想像しています。

清める魔法はスコージファイがありますからそうやって手を清めている可能性も否定できませんが、やはりここは細く長い指のスネイプ先生が手を洗う動作を考える方が楽しいです。ホグワーツのトイレにだって蛇口は普通にあるし、トイレの後に魔法でなく水で手を洗うのはホグワーツであっても当然なのでしょう。

院内に掲示されている手の洗い方には、手首も洗うよう指示されています。この場合感染を防止するための手洗いですから、魔法薬を調合する際の手洗いとは入念さが違うと思いますが、私はスネイプ先生には手首も洗って欲しいです。細い手首を掴んだ反対側の手が、手首の周囲をクルクル動く様を想像するのは実に楽しいものがあります。何しろ細く長い指ですから。
爪のあたりなんかも神経質なくらいしっかり洗っていただけるとなお良いです。また、場合によっては肘までも石鹸で洗い、流れ出る水の下に前腕が位置するよう軽く肘を曲げた姿勢で丁寧に洗い流すともっと良いです。
冷たい水に晒され、血色の悪い肌が赤みを帯びたりするとか。
手洗い動作もこうして書くと、ちょっと艶めかしいですね(笑)
自分の手を洗いながらその動きを全てスネイプ先生に当てはめて考えただけですが。

まあ肘まで洗うことは無いかもしれないけれど、微妙で厳密な魔法薬の調合をしていたスネイプ先生は、やっぱり手は洗っていたと思います。トイレの後も洗っていたかどうかはわかりませんけどね

発表の場 - 2013.10.21 Mon

土日は二日とも実家に行っていて自分の時間がなかったので、今日は丸一日どこにも行かず、家事の他はハロウィンの仮装を作って過ごしました。
今週の金曜日25日には英会話教室で、27日には友の会でハロウィンのイベントがあるので、それまでになんとか仕上げなければと頑張っています。
今まで何度か百均に行っては買い集めてきた材料をまんべんなく使って、思うような形に仕上がっていく様子は快感ですらあります。とりあえずここで作業を止めても使える段階まで来ましたが、もう少し手を加えたいので完成してはいません。

先日次男が突然帰宅した折、文化祭前の教室化したリビングに作りかけの品が置かれているのを見て「なんだこりゃ!」と声を上げてました。
そういう反応が面白くてやめられないんです。
職場でも同期のTちゃんにこのことを話していて、会うと進行具合を聞かれたりするのですが、先日は「発表する場があるから張りきれるよね」と言われ、全くその通りだと思いました。
発表の場は英会話教室とパーティ会場ですが、Tちゃんには写真を見せることになっているし(さすがに職場に持って行くのはためらわれるので)、家族も見てくれるし、最後にはブログでも発表するつもりだし。
誰かが見てくれて、それなりの反応を期待できるからこそ、わくわくできるというものです。
人々の反応を想像してニヤニヤしながら、もう少し頑張ります♪
発表の日、台風の影響がありませんように…

写真撮影 - 2013.10.19 Sat

昨晩、下宿している次男が冬服を取りにひょっこり帰ってきました。
長男も珍しく夜9時過ぎには帰ってきたので、5人家族が顔を揃えました。
そこで年賀状用の写真撮影をいつするか、という議題で話し合うと、年賀状に間に合う時期に全員が揃う日はもうなさそうだと判明、昨日のその瞬間か、翌日(つまり今日)の夕方5時から8時までの間しか撮影するチャンスはないとわかりました。
昨晩はその時既にアルコールが入っていたので、撮影は今日の夕方に決まりました。

さて今日の夕方、娘以外は次々帰宅しました。娘が帰ってきたらすぐ撮影できるよう、リビングのソファーを移動して場所を作りました。
本当は屋外に撮影場所の候補は決まっていたのですが、車で行く必要があったし、日の沈んだ6時過ぎに行っても暗くてわけがわかりません。撮影場所は今年は屋内、と昨日のうちに決まったのです。
どうしてもテレビが写り込んでしまうので、ソファーのカバーをテレビにかぶせました。

続いてポーズの練習をします。
今回はまた漫画の中のポーズをします。
今までとは違う漫画の中に出てくるポーズで、見る人によっては何の漫画かわかり、知らない人が見たらわけのわからない格好をしたおかしな家族に見えるでしょう。
それでも、毎年楽しみにしてくれる人がたくさんいるので、ついついウケ狙いで頑張ってしまう家族です。

最初みんな同じポーズにしようかと思ったのですが、やってみると重心が後ろ過ぎて立位を保つのも困難な姿勢だったため断念、それぞれ違うポーズを取りました。
私のは手首を90度に反らすことが求められる姿勢でしたが、これがとてもきつい。
試し撮りの画像を見た次男からたびたびダメだしされるのですが、時間が経つほど手首を反らすことができなくなっていきました。

娘が予定通りに帰宅し、それからセンターに立つ次男だけが緑色の服を着、後はみんな赤い服を着ました。補色で次男が目立ちます。
次男を真ん中に両側に私と娘、外側には夫と長男が立ち、バランスの取れた配置となりました。
そして、指定されたポーズをそれぞれ取り、三脚にセットしたカメラのセルフタイマーで写真を撮ります。
画像の確認に行った長男が「これ、やばい」と絶句しました。後に続いた次男も大笑いです。(以前は年賀状の写真撮影を嫌がった次男も、今年は全く嫌な顔しなかったところに成長を感じます)

最初はいちいち確認に行っては「やばい」と言っていましたが時間がもったいないのでその後は立て続けにひたすらセルフタイマーで獲り続けました。
試し撮り含めて20枚撮り、パソコンの大きな画面で確認して撮影を終了としました。
確認時、みんなで笑ったこと!お腹の底から笑いました。
今でもこのブログを書きながら時々見ているのですが、その度笑えます。
顔を隠してここでいますぐにでもお見せしたいのですが、私からの年賀状を受け取るオフの友人(仕事関係は写真なし、ハリポタ関係は別画像ですが)が見ていないとも限らないので、年賀状の時期が過ぎてからお見せしますね~

文化祭前? - 2013.10.17 Thu

仕事と家事と実家の手伝いに行く傍ら、ハロウィンの仮装の準備とマンドリンの練習も続けています。
今まで仮装の準備は寝室でやっていたのですが、一人で籠ってやってるのは寂しくなったので、昨日からリビングでやるようにしました。空間も広いし、少々散らかしても寝ることは妨げられません。寝室だときっちり片付け、場合によっては掃除機をかけてからでないと布団を敷けないけれど。

リビングの床にお店を広げてハロウィンの準備をし、傍にはマンドリンのケースが置いてあって、飽きるとマンドリンを練習して、さらにノートPCも近くにあるので、時々PCも覗いて、と欲張っています。

今夜も夕食後ハロウィンの準備をしていたら、夫がそばでベース(コントラバス)を弾き始めました。夫も演奏会のための練習をしているのです。
ベースの練習の音と仮装の準備で散らかった部屋は、まるで文化祭前の教室のよう。
夫が「合わせよう」と言うので、手を洗って今度はマンドリンを持ち、PCからはyou tubeの音を流して合奏しました。
なかなか楽しい夜のひとときです。

お給料の使い道 - 2013.10.16 Wed

今日の台風で我が家の辺りは公共交通機関が大きく乱れました。
私は出勤日ではなかったので家でおとなしくしていました。
娘の勤める学校は休校でしたが、もちろん先生は休みになるわけではなく、使っている路線の運転が再開されると娘は出勤していきました。今日授業のつぶれた時間を予備実験などの授業準備や行事の準備、事務仕事に充てたようです。

私から見ると先生って全然休みがありません。しかも残業代が出るわけではなく、休日の部活もほとんどボランティア。「ブラックだなあー」と言って、ホグワーツに思いを巡らすと、やっぱりホグワーツも相当ブラック企業っぽい印象を受けます。

まず休みがほとんど無いのはマグルと同じ感じ。まあ、夏休みはしっかりありそうだけど、授業の終わった夜とか授業の無い土曜日とか、スネイプ先生はしばしば罰則の時間に充てていました。
罰則を与えている生徒と同じ空間にスネイプ先生は居たのですから、やっぱり仕事をしていることになると思います。夜中だって城の中を見回っているし、大きな物音がすれば寝巻き姿だって部屋を飛び出して行って、全然休めていません。

さらにその手当が十分出ているのかどうか疑わしい描写もあります。
「……正直言って、私の給料は高くない……」(6巻22章p.245)
スラグホーンの独り言です。独り言なので謙遜などは含まれていないはず。ただ、快適な生活を好むスラグホーンにとっては『高くない』のかもしれませんが。
でも、スネイプ先生の労働力に見合うだけのお給料は、出ていなかったんじゃないかなあという気がします。年齢も若いし。

そこで思ったのですが、スネイプ先生はお給料を何に使ったのでしょうか。
スラグホーンのように甘い物や嗜好品ではなさそう。
本とか魔法薬の材料とかでしょうか。
確かに個人用の保管庫にバイコーンの角とか毒ツルヘビの皮とか生徒の材料棚に無いものがありましたから、自分で買っているのだと思われます。そしてそれらはかなり高額なのではないかと思います。
個人用の保管庫には鰓昆布もありましたが、「地中海の魔法水生植物」の本の中にしか出てこないなら、やっぱり珍しいものだったろうと思います。
バイコーンの角や毒ツルヘビの皮や鰓昆布が、高くないお給料で買った高価で希少価値のある材料だったとしたら…。ハーマイオニーやクラウチJr.やドビーに盗まれて、スネイプ先生可哀想

二つの世界の狭間 - 2013.10.15 Tue

今日、職場で同僚たちと昨日のマジクエストの話をしていたら、60代の助手のIさんが「みんなで杖ついてどうやって遊んだの?」と聞いてきました。
そう聞かれて「歩行用の杖ではなくて魔法の杖なんです。wandです」と答えたけれど、そうですよね、普通杖は『つく』ものであって、『振る』ものではないですよね!Iさんの間違いにすごく納得しました。リハビリテーションに携わる者たちが「杖」と言えば歩行用の杖を指すのがほとんどなのでなおさらです。
なのに私は杖と言えば「振る」方ばかり。この時も「杖を振り回すようなバカげたことはやらん」と言ったスネイプ先生のお言葉がすぐに蘇りました。
一体どっちの世界に生きているんだろう?と思ったら可笑しくて笑ってしまいました。

帰宅後、1階の居間で寛いでいたら、ふと視界の端、窓の外に動く物がありました。こんな雨の中を子猫が歩いているのかと思ったら、なんとヒキガエルでした!
トレバーくらいかもっと大きいヒキガエルが、のっしのっしと庭を縦断しています。
あわあわ言いながらデジカメを二階に取りに行って戻ってきたら、既に姿は見えませんでした。
今までどこにいたんでしょう?そして、どこに行くんでしょう?
あの歩き方、魔法生物にしか見えませんでした。
庭のどこかが向こうに通じているに違いありません。

脱帽 - 2013.10.14 Mon

今日は同僚たちとマジクエストに行ってきました。
OT全員の7人とA君とTちゃんはそれぞれ子連れで、総勢10人です。
水道橋駅で待ち合わせると、会うなりA君の4歳のお穣ちゃんAちゃんが「○○さ~ん」とファーストネームで呼びかけてくれて嬉しくなります。
そして、広告の切れ端のような紙を渡されました。
開いてみると絵が描いてあって横にその絵を説明する文字も書かれていましたが、文字が無くてもそれが何だかすぐにわかりました。眼鏡をかけた顔は、「ハリー・ポッター」でした!
もう一枚の紙には「ありがとう」の文字もありました。
貸していたDVDでハリー・ポッター全作を観てくれたのです。
お話しているとたびたびハリーやヴォルデモートやピーター・ペティグリューの名前が出てきました。スネイプ先生は知ってる?と聞くと「知ってる」というお返事でしたが、彼女の口からはその名を聞くことはできませんでした(^^;

NちゃんとTちゃんとは3年前に一緒に行ったことがあり、残る4人の同僚が初体験です。
杖を選んで、一緒にレクチャーを受けました。
同僚たちがみんな魔法の杖を持っていることが、なんだか奇妙な感じでした。
A君は、「同じ(デザインの)杖でも二尋さんが持ってる杖は強そう。ニワトコの杖じゃないですか?」と言ってきて、その発想に嬉しくなりました。

今日はキッズたちが一緒なので1ゲームやったらお昼を食べて、その後もう1ゲームやってお開き、と決めていました。
お昼は隣のベースボールカフェで。(ちょうどレッドソックスがサヨナラ勝ちし、上原が勝ち投手になる場面が放送されてちょっと盛り上がってました)
私は季節限定メニューを選びました。
DSC01437a.jpg
ヴァンパイアドリアとかぼちゃのスープ
わーい!真っ黒~♪ しかもボリュームたっぷりでした。

A君のお嬢さんのAちゃんは、すごくお話し好きで怖い話を色々聞かせてくれたり、クイズを出したりしてきます。
「ハリー・ポッタークイズ出すよ!」と言われて私も「いいよ!どんと来いだよ!」と受けて立ちました。
すると第一問が「ピーター・ペティグリューはなぜ裏切ったのでしょうか?」と来ました!
「えっ?(意外な質問にどぎまぎする私)ヴォルデモートが怖かったからかな?」
「ブブー。正解は、『裏切らないとヴォルデモートに殺されるから』でした!」
何これ?ちょっと4歳児とは思えないクイズ!
気を引き締めて二問目も待ちました。
「ヴォルデモートは、なぜ気に入らない人や言うことを聞かない人を殺してしまうのでしょうか?」
「ええっ!?難しい~ 『俺様だから』?」
「ブブー。正解は『いけないことを教えてくれるお母さんがいないから』でしたー!」
おおおぉっ!深い!私は本気で感動してしまいました。
A君が普段から真面目に答えてあげてるんだろうな、とは思ったけれど、4歳児にこれを言われた私は、『俺様だから』といい加減な返事をした自分を恥じました。

何度となく「ねえ○○さ~ん」とファーストネームで呼びかけてくれて、奥深いクイズを出し、ハリーの絵をプレゼントしてくれたAちゃん、にとっても癒されました。
「絵はお部屋に飾ってね」と言っていたのでお部屋に飾りますが、「私の好きなように飾っていい?」と聞いて「うん、いいよ」と言ったのを拡大解釈し、続きに載せます。興味のある方はどうぞご覧ください。

再結成 - 2013.10.13 Sun

今日は父の命日です。午前中、お花を持って実家に行きお線香を上げました。
そして、今日はお茶も飲まずにすぐに実家を後にしました。
母校で行われたマンドリンの練習に行くために。

この度、OBOGの有志で演奏活動を行っていくことになり、その初めての練習日が今日でした。
演奏の参加を表明しているのは30人ほどで、今日は約20人のメンバーが集まりました。
先日書いたように選曲されたのは9曲もあり、十分練習できないままの参加でしたが、他のメンバーも大差なく、安堵しました。

最初に会の発足に先立って大先輩の挨拶があった他は、あまりにも普通に練習が始まって驚きました。まるで、今までずっとこのメンバーで練習し続けていたみたいに。
今日のメンバーの大半は4年前の記念演奏会で一緒に弾いた仲間で、4年のギャップは感じさせない気楽さもあったのは確かですが、それにしてもあまりにも開始が淡々としていたので可笑しかったです。

4年のギャップと言えば、すごく驚いたのが一年年上の先輩の言葉でした。
「○○ちゃん!」と呼び止められ(○○には、とあるアニメの魔法使いの少女の名前が入ります。私はそのあだ名で当時呼ばれていて、今その名で呼ばれるとひどく恥ずかしくなります)、「私、看護師になったの」と言われました。
いや~驚きました。4年前は大手コンビニの企画開発部門で働いていた先輩が、その後学校に通い、今年の3月無事卒業、国家試験も受かって、看護師として病院に勤務していたんです。
私がOTの資格を取ったのが11年前で、その時だって結構大変だったのに、私より一つ年上の先輩が、今年から新人看護師やっているなんて!そのバイタリティに頭が下がります。

練習は13時から17時まででした。
演奏前に合奏できるのは今日を含めて二日しかなく、「とにかく通して演奏できること」が今日の目標のようでした。実際かなり危うい演奏で、途中で分解するかとヒヤヒヤした場面もありましたが、ものすごく楽しい4時間でした。
飽きっぽい夫は苦痛だったらしいですが、私はあっという間の4時間で、今日の終了を告げられた時は残念でたまりませんでした。
が、これから何年も時々こうして集まって合奏する楽しみができたと思うと、私の心は満たされ、高揚した気分で帰路に就きました。
参加者の最高齢は70代、私も見習って70になっても80になっても続けていきたいと思います。

日の入り - 2013.10.12 Sat

今日の夕方、海辺でウォーキングしていたら、長男から電話がありました。「バイト終わったから夕飯までの間、ちょっとおばあちゃん(私の母)のところに行ってくるね」という連絡でした。

夕飯前に帰宅した長男が「おばあちゃん、『今日は誰も来なかった』って言ってたよ。『お昼はどうした?』って聞いたら『あるもの適当につまんだんじゃないかな?』って」と言ったので悲しくなりました。
今日は私が実家に行って布団を干し、シーツを洗い、お昼を作って一緒に食べ、夕食も作って、布団や洗濯物を取り込んで、長男が実家に行った2時間半ほど前に帰ってきたところだったからです。
な~んにも覚えていないとは……。

仕方ないとは思っても、時々声を上げて泣きたくなります。
問題は、これが祖母でも祖父でも父でもなく、母だということです。
母は何だかんだ言っても私にとって特別な存在で、私の知っている母とは違う状態になっていくことがなかなか受け入れられません。(これが自分の夫だったらもっと受け入れられないでしょう)
このブログを母に読まれることが嫌でたまらなかったのですが、とうにその心配はなくなりました。パソコンを操作することが出来なくなったからです。私の旅行記を読もうとして電源入れたけれどどう操作して良いかわからず、消し方も忘れてそのままにしたのは7月の終わり頃でしたが、その数週間後には私がイギリスに行ったことさえ覚えていなくて…。
まあおかげで、前は書けなかった愚痴をここで書くこともできるのですが。

精神的にキツイなと思う時、私はどうもいつもよりずっとアクティブになるようです。逃避なのかもしれないし、気分転換かもしれないし。
今日も、長男が私の実家にいた頃、私はとても美しいものを見ていました。
ウォーキングの時間を日の入りに合わせてあったのですが、ちょうど見ることができました。
いつもは西に歩いてから引き返す時東に歩くのですが、今日は東に歩いてから引き返したので、ちょうど帰る頃に日が沈むのが見えました。

DSC01398b.jpg
傾いた太陽と海に出来た光の道
ズームすると、見た目より赤く写ります。一番下の写真が肉眼で見た色に一番近いです。

DSC01402a.jpg
山に沈みかける太陽

DSC01405a.jpg
沈みゆく太陽と海鳥

DSC01410a.jpg
名残惜しげ

DSC01413b.jpg
完全に沈んだところ

DSC01416a.jpg
日没後の西の雲
雲の上にうっすら光と影のすじが出来ているのが見えます。

美しいものを見ると心が洗われます。
美しい物を見て、楽しいことをして、美味しい物を食べて、いつも元気でいたいです。

英会話教室までの道のり - 2013.10.11 Fri

私の今年の初キンモクセイから遅れること1週間余り、ようやく昨日あたりから我が家のキンモクセイも開花し始め、窓を開けているとすごく良い香りが入ってきます。大好きです。この香り。


さて、今日、仕事が終わってタイムカードを押し、外に出てすぐ、英会話教室のプリントの入ったかばんをスタッフルームに置きっ放しにしてきたことに気付き、取りに戻りました。
一度引き返したものの、なんとか目標にしていた電車に乗れました。それはいつも乗っている電車の一本前で、十分早く最寄駅に着きます。十分あれば、到着した駅のホームのベンチで今日話す内容を考える時間が出来るのでちょっと嬉しいんです。

電車は空いていて、座れました。
座るとすぐに電子辞書を取り出して、自分が話そうと考えている話題の中でわからない単語を調べました。
英会話では毎回、最初にそれぞれこの一週間のトピックを話すのですが、今日はハロウィンに向けて何か作っている、ということを話そうと思いました。自分の作業の名前は何か、動詞はないのか、ないならmakeか?とか夢中で調べていたら、降りるはずの駅を通りすぎてしまいました!
扉が閉まって「次の停車駅は○○」という隣駅の名前のアナウンスに驚いて顔を上げたら、いつも降りる駅のホームが遠ざかるのが見えました。せっかく10分早い電車に乗れたのに!
でも上手くいけば隣駅で反対方向の電車がすぐ来て、いつもと大差ない時間に戻ってこられるかも~と楽観していたら、次の電車まで10分以上間がありました。

英会話教室は私の自宅最寄り駅と隣駅(職場とは反対方向)とのちょうど中間にあります。
私が隣駅に降り立った時、レッスンまでは30分ありました。
引き返す電車に乗るとレッスン開始15分前にいつもの駅に着くので、急いでもギリギリアウトかもしれない感じ。多少遅れても先生は「気にしないで」と言ってくれますが、なるべく遅刻は避けたいところです。
30分あればバスに乗っても間に合いそうだけど、その路線のバスの時間もバス停の位置も知らないので間に合う保証はないし…。
結局、引き返す方を選び、自転車をがんばって漕いで、なんとかピッタリに着きました。

荒い息で教室に入っていくと驚いた顔をされましたが、理由を話すと納得してもらえました。
「でもなぜ乗り過ごしたのですか?」と聞かれて、「今日の話題を考えてました」と答えたら、「今日の話題ができてラッキーでしたね」と言われました。全くその通りです。
しかしそれにしても、振り返ってみると今日は職場から英会話教室までの道のりがやけに長かったです。

特訓 - 2013.10.09 Wed

大学時代所属していたマンドリン部のOBOGで演奏しようということになりました。
10年に一度の記念演奏会というのは前からあり、私も4年前に夫と当時大学一年生だった娘と一緒に舞台で演奏しましたが、OBOGだけで定期的に演奏する会がこのたび発足したのです。

その記念の演奏会が約1か月後にあります。
初回の演奏会に参加したい人の募集があり、夫婦で参加することにしました。娘も今年OGになったばかりですが、練習に参加できないからと今回は参加を見送りました。

選曲は指揮者とコンサートマスターに委ねていたのですが、曲が決まったので楽譜をダウンロードするようにとの連絡が昨日来て、ファイルを開いてびっくり!
2~3曲だろうと想像していたのに9曲もあります。
中には10分くらいかかる曲も混じっているのです。
9曲中演奏したことの無い曲は4曲、その中でさらに聞いたことも無い曲が3曲あります。(一番長い曲は弾いたことありました)

そして、最初の練習日は今度の日曜日です。
昨日楽譜を見て、日曜日に合わせる……
昨日は夜遅かったので練習できず、今日初めて音を取りました。
指が動かない、リズムがとれない、音がイメージできない!

幸い動画で検索すると知らない曲もどこかのアンサンブルが演奏している音が出てきます。今こうしてブログを書きつつ、どこかの団体(すごく上手い!)の演奏を流しっぱなしにして曲を覚えようとしています。

日曜日まで間に合うのでしょうか?
そして練習日は、今度の13日(今度の日曜日)と27日の二日だけ。27日は友の会のハロウィンパーティなので練習には参加できない可能性があります(被ったらパーティを優先させます)
ということは、合わせられるのは13日だけ!
あと三日でなんとか一通り音を取れるようにしなくては!
そんなわけでせっかく昨日から取り組み始めた工作も杖同様後回しにして、しばらくはマンドリンの猛特訓です。
やばい、あっちこっち手を出して、どれも未完成だったら…。

職人 - 2013.10.08 Tue

ハロウィンが近付いてきました。
今年友の会ではイギリス旅行という大きなイベントが企画されたので、ハロウィンパーティはないかなと思っていたら、ちゃんと企画されて先日申し込みました。申し込み期限は明日いっぱいだったかな?人数制限もあるようなのでまだなんともわかりませんが、行く気満々でいます。

英会話でも最後の週はハロウィン仕様なのだそうです。
キッズたちはハロウィンパーティをやって、大人たちのクラスでは普通のレッスンだけれど、仮装ウェルカムというかむしろ「ぜひ仮装してきて!」くらいの勢いです。

去年は生徒が私一人で、教室の外(公道・しかも交通量の多めなバス通り)でマントを羽織って颯爽と入っていった記憶があります。迎える先生がバットマンか何かの仮装で、暑いといって途中で仮面をとってしまったのが可笑しかったです(このことブログに書いたと思っていたけど見当たらず、よく探してみたら当時の書きかけの記録が下書きのまま10/26付けで残ってました!去年はちょうどゴタゴタしていて仕上げられなかったのだと思います)

去年着たいつものマントを着ても良いのですが、なんとなく今年は別な仮装をしたい気がします。というのも先生が結構熱心で、去年とは違う仮装をしたいからとだいぶ前からネット上で衣装を探している様子だったので、影響を受けてしまったのです。
私もネット上で色々探してみたのですが、結構いいお値段だし、イメージ通りのものは見つからないし、なかなか決められません。
何か自作しようにもあまり時間はないし…
そこでかぶりものだけ作ってみようかと今日思いつきました。

思い立ったが吉日、帰宅途中で百均に寄り、材料をいくつか買いこんできました。
そして、早速夕方から作り始めました。
帰宅した夫が、散らかった部屋で作業している私を見てびっくりし、「今度は何職人?」と聞いてきました。
先日は「杖職人」だったものですから。(杖はあれきり手をつけていないのですが、杖には期限はないので後回しです)

ここでは、私が何職人と答えたかは明かさないでおきます。
上手くいったら友の会のハロウィンパーティでも使えるかな?と目論んでいるからです。(もう行くつもりになってます)
杖同様仕上がりまでの道のりは長そうですが、イメージ通りの物ができたらまず英会話教室で使ってみて、反応に関わらずパーティに持って行くつもりです♪
イメージ通りのものが出来なかったら、英会話もパーティもどちらもまたマントを着ようと思います。
いずれにしてもハロウィンパーティの後、どんなものを作った(作ろうとした)か、ブログには書きますね~

旅を満喫 - 2013.10.07 Mon

今回の旅行は美味しい物を食べて、温泉に何度も入って(タイミング良くいつも他に誰もいないので温泉を一人占め)すっかりのんびりできました。

DSC01340a.jpg
夕食のデザートとコーヒー(全てのお料理の写真を撮ったけどそれは省略)

ワイン1本がついているプランでしたが、夫がそれだけじゃ足りないと言うのでワインの前にグラスビールで乾杯しました。意外と大きなグラスだったのとワインも注がれるままに半分近く飲んだので(多分私45:夫55くらい)、食事が終わる頃にはかなり酔っていました。
部屋に戻ってベッドに仰向けになって、大河ドラマのテーマ曲を聞き、「お、始まった」と思って画面を見たら、終わりの場面でした。寝た記憶はないのに!
新島襄さんの「杖」なるものが出ていて、それが魔法の杖そっくりで激しく混乱しました。どうやらドラマ本編でも出てきた様子。折れて魔法の杖みたいな長さになっていたのですね。

その後また温泉に入って水分をしっかり補給したら、全然二日酔いしていませんでした。
爽やかな気分で朝食の席に着くと、素敵な飲み物が出されました。
早生ミカンを絞ったというジュースです。
DSC01343a.jpg
早生ミカンのジュース

私の好きな青いミカンの爽やかな香りと酸味と甘みのバランスがちょうど良くてすごく美味しかったです。ものすごく好みの味!
好みと言えば温泉のお湯がとても好みでした。
硫黄泉の露天風呂は源泉かけ流し。
今もそこはかとなく硫黄の匂いが皮膚から立ち昇ってます(笑)

外はあいにく霧雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、少しだけ観光しようとススキの名所を訪ねました。何年か前にも行った場所です。
私たちがいた時には雨は止んでいたのですが、濡れていたためかまだ時期的に早かったのか、ちょっとまばらな感じでした。
それでもパペットスネイプ先生を手にすると、夫が色々な角度から撮ってくれました。
DSC01356b
ススキ野原とスネイプ先生
ちょっとお月見でもしているような風情のある一枚です。

DSC01362a.jpg
アザミとスネイプ先生
アザミと対話しているような姿が気に入った一枚。

リーズナブルなお値段で満足できる大変コストパフォーマンスの良い旅で大満足で帰ってきました♪

休日 - 2013.10.06 Sun


今日の午前中は、オフ会の会場下見とバースデーケーキの打ち合わせに行ってきました。

オフ会の会場は二ヶ所候補に上がっていて、どちらも一長一短で決定が難しいです。人数ももしかしたらハリポタ祭りの影響で増えるかもしれません。なにしろ、最終作の放送が11月8日ですから。そう考えると広い所が良さそうだし、広ければ高いし、ケーキ屋さんから遠くなるし…。悩むところです。

ケーキの方は決まりましたか、もっと大変でした。希望のデザインがなかなか予算と合わなくて。
これまで11回メールのやり取りし、今日は1時間話し合いました。
妥協したくない部分は曲げず、妥協出来る所はして、なんとか予算内に収める案がまとまって、笑顔でケーキ屋さんを後にすることができました。
出来上がりが楽しみなデザインになってます。参加される方はもちろん、参加されない方もブログに画像アップするので、お楽しみに~

その後、一度家に帰って、簡単なお昼を食べ、それから今度は夫と二人で旅行に出かけました。
チェックインして、今は温泉入って、夕食までの時間をのんびり過ごしているところです。
これからフレンチのフルコース、しかもフルボトルワイン付きヾ(^▽^)ノ
リフレッシュして帰ろうと思います♪
コメントのお返事は明日いたしますね。

スネイプ先生が手にした物 - 2013.10.05 Sat

スネイプ先生が手にしたものを百味スネイプの方に挙げました
これ、実は6月くらいからボチボチ書いていたのですが、思った以上に大変な作業でなかなか終わりませんでした。スネイプ先生の出てくる場面に付箋でも貼ってあればわかり易いのですが、私はそれをしていないし。
また、表現が微妙で「手で」なのか「魔法で」なのかわからないことが多々ありました。相手は魔法使いですから、マグルなら当然手で持つ物を空中に浮かせている可能性だって無きにしも非ず。それでも原文の単語を確認したり前後の記述から「持っているのではないか」と思われるものを挙げました。絶対そうとは言い切れない部分も未だありますが。

当たり前ですが、スネイプ先生が触れたものをいちいち描写しているはずがありません。例えば着ている衣服とか食器とかカトラリーとか魔法薬を調合する時に使う器具類とか薬瓶とかは絶対触っているはずですが、主人公でもない人の日常生活が細かく描かれるわけもありません。
そんな中で数少ない描写から手にしたものを探すのは楽しかったです。

挙げたものを見ると色々面白いです。私が期待した「ふぬぬ」と持ち上げるような重いものは出てこなくて残念ですが。
向こうにも書きましたが、3巻でルーピンを縛った紐は、複数でした。調べるとスネイプ先生の杖から出てきた時から複数で、私は1本の長い紐がルーピン先生を縛ったと想像していましたが、これからはいくつもの紐が同時に胴や脚に分散してをそれぞれ縛った様子を想像することにしました。
そして、調べる前からわかっていましたが、スネイプ先生が最期に持った(掴んだ)ものは、ハリーのローブの胸元でした。その手が緩み、床に落ちたことまで想像すると、今でも激しく心が揺さぶられますが、息絶えるまで持っていたのだと思うと、ハリーのローブがすごく貴重なものに思えてきます。

少年と… - 2013.10.04 Fri

今日、夫とハロウィンの話になりました。
夫は「ハロウィンって日本でやりだしたの最近だろ?俺たちが子どもの頃にはなったな」と言いました。
「ハロウィン」という言葉自体は小学生の頃には知っていましたが、今のような仮装して「トリックオアトリート」と言って家を回るような行事としては定着していなかったし、知りませんでした。

「小学生の時知っていたら、ものすごく熱心に仮装しただろうに」と悔しがる私に、夫は言いました。
「俺なんか知っていても、絶対やらなかったな。その頃は『どうやったら飛んでいる蝿を捕まえられるか』ということを画策してた」
実際同級生に、飛んでいる蝿を捕まえて、レゴブロックで作った小さなスペースに閉じ込めることの出来る子がいたそうです。それが羨ましくてなんとか素手で捕まえようと頑張っていたらしいです。

「ハロウィンとか魔法とか全然関係ない小学生時代だろ?」と言われて「そうだね」と口では答えつつ、私は、ベッドに腰掛けて天井に杖を向けて蝿を打ち落としていた少年のことを思い出しました。
蝿を打ち落とす少年と蝿を捕まえようとする少年、意外な蝿繋がりに驚いて、しばらく上の空で会話してしまいました。
うーん。杖で蝿を打ち落とす少年に、以前はだいぶ暗い想像をしましたが、案外無邪気で真剣なものだったのかもしれません。

2013年のキンモクセイ - 2013.10.03 Thu

今日、仕事が終わって職場を出た時、今年初のキンモクセイの香りを感じました。朝通った時は感じなかったのに!!
昨日、自宅のキンモクセイの花芽の育ち具合を確認した時は、「まだ全然」といった感じだったので油断してました。職場の日当たりの良いところの花は咲き始めたようです。

その後、実家の最寄りのバス停に降り立った時も香りを感じました。
一昨日実家に行った時は全く感じなかったので、今日か昨日開花したのだと思います。

実家から帰ってきたら、自宅付近でも香りを感じました。
我が家ではまだでも、ご近所さんでは咲いているようです。

初めてのキンモクセイの香りを感じた日を記録し始めて今年で8回目、振り返るとだいたい10月の初めの週辺りで感じています。
去年はちょっと遅くて10/10、一昨年は10/1、三年前は10/2。
今年は平均的な感じですね。

夏の暑さが過ぎて空気が澄んできた頃に香るので、甘いけれどすごく爽やかなイメージがあります。
今日は30度近くまで上がる暑さだったけれど、明日からは涼しくなるとか。
しばらくは肌と鼻で秋を楽しめそうです。

風立ちぬ - 2013.10.02 Wed

遅まきながら、ようやく「風立ちぬ」夫と一緒に観てきました。
テーマが二つあってちょっと散漫な印象、恋愛部分はなくても良かったのでは?というのが二人の共通した感想でしたが、なくても良いという割には、その点で随分泣きました。

本筋に関係ない部分で気がついたことをいくつか。
時期的にも内容的にも隠すほどではなさそうなのでこのまま書きます。

オープニングでも作中でもしばしば流れる音楽はマンドリンの演奏でした。まるで一本の弦みたいにチューニング合ってること、美しい演奏に感嘆しました。いつか弾いてみたいです。

話題のシベリアも見ました。
シベリアは私も夫も昔食べたことがありますが、別段好きでもなかったし、そんなに思い入れのあるものでもなかったのですが、ジブリの作品らしく凄く美味しそうに見えるので食べたくなりました。(夫は鯖の方が食べたくなったと言っています)
ちなみに、近所に昔からあるお菓子屋さん(私が物ごころついた頃には既にあった)では、今も変わらず売っているので買ってみようかな、という気にさせられます。きっと今年は売上も伸びたことでしょう。

もう一つ目についたのが計算尺。
私も中学か高校の時の数学で一度ちょっとだけ習って、その時父が自分の計算尺をくれたのです。すっかり忘れていました!電卓ほど正確ではないけれど、ルートの計算もかなり近い数字が出たように記憶しています。
昔の物が入っている引き出しを探してみたけれど見つかりません。
う~ん。子どもたちに見せて自慢したかったのになあ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)