topimage

2013-12

2013年大晦日 - 2013.12.31 Tue

紅白を見ながら書いています。
今年の大晦日は私と長男と次男は私の実家で、夫と娘は夫の実家で、それぞれ夕食を食べました。おばあちゃんたちが一人で年越しの食卓につくのは忍びなかったからです。
午前から実家に行って、久し振りに掃除をし、母をお風呂にも入れて、お節も少し作って夕食も作って食べて。夕食後私の母はすぐに眠くなって「紅白は見ない」というので、片付けをして帰りました。

いつもの駅の改札口前を通りかかったら、まだ8時前だったのに深夜のように閑散としていました。みんなもう、家でのんびり寛ぎながら紅白でも見ている時間なのだと思いました。自宅までの道も人通りが全くなくて驚きました。まるで終電で帰った時みたい。
8時15分くらいに帰宅、紅白も後半に入ってようやくのんびりしているところです。(あまちゃん間に合って良かった♪)

今年はハリポタ祭りやハリポタ展やPottermoreの日本語版に加え、個人的には友の会でイギリスに行き、スネイプ村やディーンの森、スタジオツアーに参加できた、大変ハリー・ポッターでスネイプな年でした。
来年もこうありたいです。

この一年、ブログを訪れて下さった皆様、コメントを下さった皆様、オフで関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

今年一番 - 2013.12.30 Mon

毎年30日まで勤務なのですが、今年5月から私は月曜日がオフになったので、土曜日の28日から長めの休みに入っています。同僚たちは今日まで働き、明日休日出勤する人もいるけれど。

そんなわけで、今朝はウォーキングに行けました。多分明日は行けないので今年最後の。
夜明け前に海に着きたかったので、家を6時20分くらいに出ました。
海に着いた頃は空が薄紅に染まっていました。
東の丘の上が明るくなってくるのと同時に西の富士山も一層赤く色づいてきます。
201312304.jpg
赤い富士山
夜明け前なのに結構人が出てますね。

長めの休みと言っても、実家にほぼ一日置きに行って家事をしているので、時間は全然ありません。実家でも掃除機くらいかけたいのですが、買い物行って夕飯作ってマッサージしてたら、すぐ帰宅予定時間になり、いつも慌てて帰ります。
自宅の方も今年は大掃除らしいことはほとんどできず、普段の掃除を少し念入りにやった程度です。

年賀状も28日から書き始め、今日やっと一通り完成させました。
親戚や恩師を先に、友人は付き合いの長い順に書いていったので、新しく知り合った方ほど遅く届くと思います。元旦には届かないでしょう。ごめんなさい。

年賀状と言えば…。
今日、私がダイニングテーブルで年賀状を書いていたら、途中から次男も向かいの席に座って書き始めました。毎年口を酸っぱくして言っても全然年賀状を書かないものぐさな次男が珍しいな、と思っていたら、宛名に中性的な名前が書かれていたので「それ、女の子?」と聞いてみた。
「そうだよ」
「彼女?」
「そうだよ」
とあまりにもさらっと答えるので笑ってしまいました。

次男は「うんこうんこ」と小学生のようなネタで一人でウケたり、奇妙な踊りを踊ったり、何よりけいおん!のむぎちゃん以外女の子に興味がなく「(女の子と付き合うなんて)考えられない」「一生結婚しないでもいいよね?」と言っていたので、本当に驚きました。
夫は今年一番の驚きかも、と言っていました。

長男や娘は既に知っていたようです。
クリスマスプレゼントについて長男に相談したエピソードを教えてくれました。
相談を持ちかけられた長男が「自分では何を買おうと思ってんの?」と聞いたら、「ドンキホーテでシャーペンの芯を買おうと思ってる」と答えたそうです!
冗談だろうと思ったら本気で「貰ったら嬉しいから」と続けたらしいです。
「や、それはないだろう」と忠告、「マフラーなんかどうかな」と勧めたそうです。
プレゼントしてから毎日使ってもらっているとか。
いや~、さすが8年も同じ女の子と付き合ってる長男は違うわ!
しかし、二人のやり取りが可笑しくて可笑しくて爆笑してしまいました。
シャーペンの芯って!
今年一番の笑いだったかも。

三日遅れの - 2013.12.28 Sat

昨晩次男が帰省したので、欲しがっていた物をクリスマスプレゼントとして渡そうとしたら、「寝ている間にこっそり枕元に置いてもらえないかなあ」と言ってきて、夫は喜んで引き受けました。
やっぱりいくつになっても夜中にこっそりプレゼントが届くには嬉しいものですよね。
思春期の時なら絶対言わなかっただろうと思います。

まず次男が寝て、その次は私より先に夫が寝たので、プレゼント置き忘れていないかと思って保管場所を見たら既に無かったのでちゃんと置いたのだな、とわかりました。
夫もいそいそ置いたのでしょう。
今朝6時前には、しっかりプレゼントの箱を手にして起きてきました。
昔と変わっていなくて微笑ましかったです。
聞けば、ドアが開いた気配で目覚めないよう、既に少しドアを開けて寝たのだそうです。
昔はそんな配慮どころか、サンタの来る瞬間を捉えようと神経研ぎ澄まして布団に入っていたので、眠りにつくまでサンタが傍で何十分も待ったものでした。うっかり眠ってしまわないよう気を張って大変でしたが。
変わっていない部分も変わった部分もどちらも嬉しかったです。

届いたー! - 2013.12.27 Fri

昨日、待ちに待った物が届きました!
DSC01821a.jpg
両手を肩幅以上に広げた幅の箱に入ってやってきた!

送り主を見る前から、ほぼ見当はついていましたが…
DSC01827a.jpg
ハリポタ展で9/21に当たった賞品

DSC01825a.jpg
厳重に保護された中身

開けてみると…
DSC01863a.jpg
結構大きなクァッフル!

DSC01857a.jpg
別角度から

これは、ハリポタ展でクィディッチ体験をした時にゴールポストに向けて投げたクァッフルと同じくらいではないかと思います。クァッフルのレプリカということで、サイズは同じなのかも。
それなりに重さもあって、やはりハリポタ展の時と同じ感じの気もします。
DSC01841a.jpg
915g

DSC01860a.jpg
ホグワーツの紋章入り!

かなり年季の入った感じも表現されてます。
DSC01835a.jpg
革が剥げかかり、使い込まれた様子

何と言っても窪みが特徴で、その大きさはほとんど同じですが、微妙に違うのが手作り感を与えます。
DSC01843a.jpg
直径11.5cm強

DSC01846a.jpg
直径11cm

肝心のサインはというと…。
DSC01837a.jpg
こっちがオリバー(Oliver/ジョージ役)かな

DSC01838a.jpg
で、こっちがジェームズ(James/フレッド役)

わーい!すごい貴重な品!嬉しい~♪
あれ?でもフレッドとジョージはビーターだから、クァッフルよりブラッジャーの方が似合ってるような気も…ブラッジャーは危険だから避けたのかもしれませんね。

確実に居た場所 - 2013.12.26 Thu

今日、12月26日は、スネイプ先生がディーンの森に行った日です。

ディーンの森に姿現しして、テントを取り出そうとビーズバッグを開けたハーマイオニーが、ハリーに場所を聞かれて「グロスター州のディーンの森よ」と答えたのは、クリスマス翌日の“とっても朝早く”のことでした。
フィニアスナイジェラスから情報を得て間もなく、スネイプ先生はホグワーツを出発、ハリーの前に牝鹿を使わしてグリフィンドールの剣まで導いたのは夜も更けてのことでした。その間のスネイプ先生の足取りは掴めませんが、広い森のどこかには居たのだと思います。

登場するのは架空の場所が多いハリー・ポッターという物語の中で、日にちと場所がはっきりわかることは珍しく、ましてやスネイプ先生がその日(1997年12月26日)そこに存在した、という事実はとても貴重です。
ちなみに2011年に私が泊まったディーンの森のColefordという街の今日の気温は最低3℃、最高8℃で少し暖かく、雨が降っているようです。森の中の別な街、Cinderfordは最低3℃、最高6℃です。
そして、1997年12月26日のグロスター州の Fairford RAF(王立空軍基地)の気温は(ディーンの森自体の記録は見つけられませんでした)、最低気温1℃、最高気温6℃でした。
森の中はもう少し寒かったでしょうか。2010年には-12℃の記録も出ています。

今年、クリスマスプレゼントにいただいたスノードームはディーンの森の牝鹿のパトローナスを彷彿させました。トナカイかもしれないけれど(笑)
DSC01798a_201312262047199b6.jpg
森の中の牝鹿

DSC01801a_20131226204717ed5.jpg
雪が舞う森の中の牝鹿

ディーンの森のスネイプ先生の姿を想像すると、いつも胸が締め付けられます。
私の中では美しくも悲しい光景としてイメージされるのです。
いつか、12月26日にディーンの森に滞在し、森の冷たい空気に触れるのが夢です。

2013年のクリスマス - 2013.12.25 Wed

今朝、まだ夜が明けない頃、枕元に気配を感じました。
サンタさんだ!と思い、目を開けないようにしていたら、そーっと何かを置こうとしてそれでもガサガサ音がしてしまう、という気配がしばらく続きました。
その音を聞いているうちまた眠ってしまいました。

今日は仕事に行かない日だったので少し寝坊し明るくなってから起きたら、私の枕元には大きな紙袋が、夫の枕元には電気店の青いポリ袋が置いてありました。
開けてみると、二客のコーヒーカップが入っていました。
201312252a.jpg
可愛らしい箱に入ったカップ

最近夫と二人でコーヒーを飲む機会が増えたからサンタさんが可愛いカップを用意してくれたのでしょう。
カップも可愛らしいです。
201312257a.jpg
ピンクの花柄
こ、これはもしやアンブリッジのイメージ?

ちなみに夫にはゲームソフトが届いていました。
201312253.jpg
マリオ&ソニック AT ソチオリンピック

夕食前、早速夫と娘が遊んでました。
娘のところには楽譜と服が届きました。
さらに、娘が自分で購入したものも今晩届きました。
DSC01803a.jpg
美少女戦士セーラームーンR ミラクルロマンス シャイニングムーンパウダー

DSC01806.jpg
箱と中身

DSC01811a.jpg
箱の横にはルナ
大事に取っておくのではなく、本当に使うつもりらしいです。

先日クリスマスのご馳走を食べましたが、まだミンスパイを食べていなかったので、今日食べました。
DSC01807a.jpg
商品名はミンスミートタルト

ロンのお母さんのお手製のミンスパイがクリスマスに届いたことがありました。
映画「謎のプリンス」でクリスマスにロンが食べていたのもミンスパイじゃないでしょうか?
DSC01818a.jpg
一口サイズ

DSC01820a.jpg
中身はフルーツケーキの中のドライフルーツみたいな味

情報の扱い - 2013.12.23 Mon

昨日、もう一つのブログの方にPottermoreに書かれた新しい情報を元に文章を書きました。
Pottermoreには驚かされてばかりです。特に日本語版が出てから。英語は読み解くのが面倒で、最初の方だけ読んだだけでしたから。

でも、Pottermoreの新情報の扱いには少々迷うところがあります。
以前お話した方が、「ローリングさんのインタビューの内容は根拠にしない」「作者であっても本に載せなかった情報は二次創作と考える」ということをおっしゃっていて、なるほどと思ったことがありました。
一方で、ハリー・ポッターの世界を創造した神である作者が、そのサイドストーリーを念頭に置いて作品を書いたのなら、それは考察の根拠にしても良いのではないか?という気もします。

新情報を元にどんどん新しい解釈を深める人がいる一方で、それは原作には示されていないから、と無視する方もいる。
無視するつもりはないいけれど、Pottermoreを見られなくて情報が入ってこないから結局新情報を無視せざるを得ない、という人もいるでしょう。
誰がどういう状況にあるかも、どういうポリシーを持っているかもわからない状態で読書会を開催するので、何かルールを決めないといけないかなあ、と思います。単に情報を共有すれば良いという問題ではなく、その情報をどう受け止めるかの違いなので難しいです。

今回は3巻の読書会なのですが、Pottermoreではルーピンの詳細な過去が明かされました。これは、3巻内のルーピンの言動について話題が出た時に無視できない情報のようにも思えます。かなり差し迫った問題です。
さて、どうしたものか…。

ハリポタ風 - 2013.12.22 Sun

クリスマスまであと少し。25日も24日も娘や長男は夕食を家で食べないと言うし、次男は特に帰ってくる気はないしで、辛うじて次男を除く4人が夕食を家で食べる今日、早めのクリスマスパーティをしました。

今年もなるべくハリポタの世界に出てきそうな食べ物を用意しようと頑張りました。
結果、ローストチキン(丸一羽ローストして売っているもの)、わざとゆで過ぎたブロッコリーと焼きマッシュルームとローストポテトとほうれん草のソテーの付け合わせ、サーモンとキャベツのマリネ(イギリスではスモークサーモンがよく出てくるから)、牡蠣のスープ(これはむしろ大草原の小さな家シリーズのイメージ)、シュトーレン(手作りの品をいただきました!)、赤ワイン(スネイプ先生が飲んでた)デザートは市販のミンスパイ(ロンのお母さんがクリスマスにハリーに送ってくれた)と手作り(スポンジは市販だけど)のトライフル(2巻のクリスマスでクラッブとゴイルが4皿ガツガツ食べた)

写真は撮りましたが、食器は見映えしないし盛り付けも下手であまりにも恥ずかしいので載せません。毎年ほとんど変わり映えしないメニューだし。
また、今日は冬至だったのでカボチャのスープにでもすれば良かったかな、とは思いましたが、柚子湯に入るので冬至の方はそれでよしとします。でも、カボチャがあればもっとハリポタっぽかったですね。

途中からではありますが4人全員食卓につくのは久し振り、盛り付けは下手だけれど、味の方はなかなか良かったです♪

12/24追記
201312223a.jpg
やっぱり画像残しておこう

換算 - 2013.12.20 Fri

今日たまたま見ていた二つのテレビ番組で、「東京ドーム○個分」という表現が出てきました。広さを表す時に東京ドームで換算することって多いですね。

先日我が家でも夫とそんな話をしたばかりでした。
夫は最近ワンカップ○関にハマっています。何年も前からある1合サイズコップ型容器に入った日本酒です。
以前は日本酒を飲む時はもう少し高いのを飲んでいたのですが、たまたまそれが売り切れていて代わりに買ってきたのがワンカップで、意外と口に合うと感じたらしいです。さらにそのガラスの口当たりが気に入ったらしく、今では積極的に買ってきます。

で、何かお金の話になると「ワンカップ何個分だな」といちいちワンカップに換算して提示するのが可笑しいんです。お店によって違いますが、1本180円代から200円を超えるくらいの金額で手に入りますから、元の数字を200円で割れば何個分かわかる計算です。

それではあまりにも細か過ぎやしないかと思い、もう少し高い金額の時は何に換算するのか聞いてみたところ、「車」という返事でした。
うん、それはよく分かる。夫は以前からよく車で換算してました。
例えば子どもたちの学費。家の中に二人大学生がいる状態を「毎年新車一台買える」とかもっと具体的に「スカイラインが毎年一台買える」とか「ベンツの一番低いグレードなら既に4,5台買えてる」などとぼやいてましたから(笑)
夫が税理士さんとお話した時も「○○さんはすぐに車で換算して考えるんですね」と指摘されたそうです。(しかし、ワンカップか車ではちょっと極端過ぎやしないでしょうか)
ちなみに私が日常的に思わず換算してしまうのがイギリス旅行です。数十万以上の金額を聞くと「イギリスに何回行ける」と考えてしまいます。もっと大きい金額になるとファーストクラスで何回行けると考え、なかなかイギリス旅行から抜け出せない脳になっています。

金額を何かに換算する時、そこにぞれぞれの価値観が現れてくるのが興味深いです。

代理 - 2013.12.19 Thu

同僚担当の病棟の患者さんのところへ行きました。
挨拶すると、非常に不機嫌な様子で「代理なんて聞いてないけど?」と言われました。
大抵の患者さんは代理であることをすぐに受け入れて下さるのですが、たまに激しく嫌がられますね。
何度も経験はあるとは言え、険しい表情で畳みかけるように質問されると心が折れそうになります。そこは相手がスネイプ先生だと思って凌ぎ、「申し訳ありません」とひたすら謝りつつお答えするうちに、代理でも仕方ないや、くらいに持ち込みました。

同僚に指定されたように肩甲骨周囲の筋肉をほぐしていると、最初は「傷(肩からは少し離れている)に響くから気をつけて!」と強く言われていたのに、次第に静かになり「ああー、いいー」と温泉にでも浸かっているような声が出てきて、ついに「ご経験は長いんですか?」と言われました。
何か険しくて高い山を制覇したような気分でした。

お誕生会に参加される方へ - 2013.12.18 Wed


続・杖作り - 2013.12.17 Tue

今年の9/18に海で拾ってきた流木を、9/30に切って磨いて作りかけた杖、その後時間のある時に少しずつ手を加えて、一応完成したので記録しておきます。一応というのは、複数切り出した中にはまだ作りかけでデザインの決まらないものがあったり、ただ切っただけの棒だったりがあるからです。

以前の状態は、9/18 「台風後の海辺」と9/30 「杖作り」をご参照ください。

4本切り出したうち、一番短いものを選び、削ってみることにしました。
DSC01700a.jpg
娘が小中学生時代に使っていた彫刻刀と選ばれた杖

あまり細くならないよう表面を削ります。
DSC01702a.jpg
半分ほど削ったところ

DSC01704a.jpg
虫食い痕発見!
しかし、これも味があって面白いかと作業を続けました。

DSC01705a.jpg
手元だけ皮を残して削ったところ
(大きなヤク○トと富士山と一緒♪)

この後1ヶ月以上間が開いて12/12に作業を再開。
流木の艶を出すには糠が良いと聞き、うちは自宅で精米していて糠はたっぷり出るのでそれで磨いてみました。
写真 1a
袋の中で磨き作業

写真 2a
左は磨いていない物、右が糠で磨いたもの

やっぱり艶が良くなりました。艶が出てみると、桜の枝ではないか?という感じが強まりました。実際は確認しようがないのでわかりませんが。
さて、これで完成でも良いのですが、私は芯を入れたいと思っていました。
そこで、芯を入れるために穴を開けます。
残念ながらダーズリー氏の会社の穴開けドリルを持っていないし、錐さえ無いので、ネジで開けます。
写真 3a
地道に穴を開けているところ(ピントが合ってなかった!)

この穴に入れる芯はどうしましょう?
ユニコーンの毛やドラゴンの琴線、不死鳥の尾羽などはとても手に入りにくいので、それ以外に手に入り易い魔法力の強そうな物と言ったら……。


若い! - 2013.12.16 Mon

昨日は某所で行われたオフ会に行ってきました。
先日、申し込んだものの年齢の違いに怖気づいた、と書いた会合です。
結局、浮くのでは?という心配は杞憂で、しっかり楽しんできました。

よく練られた企画で、会場が廃校となった小学校だったこともあり雰囲気がよく出ていました。
組み分けは希望が叶い、20人の参加者の半分がスリザリンに、ハッフルパフが1人、残りはグリフィンドールとレイブンクローが半々くらいだったような気がします(うろ覚え)
組分け後、指定されていた一番前の席で、ドキドキしながら開始を待っていると、スネイプ先生に扮した男性がユリの花片手に後ろのドアから入って来て思わず苦笑しましたが、おかげでだいぶリラックスできました(笑) 実際、ビジュアル的にはアランさんよりずっと私のイメージのスネイプ先生に近かったです。

試験問題を解いたり、魔法薬の入った7本のビンの問題を解いてグループの代表者が実際飲んだり(スリザリンは正解でしたが、グリフィンドールは間違って毒薬飲んでました!)、ボガートスネイプ先生を笑いで退治したりなどの共同作業の他、好きなキャラを語ったり、自分の宝物を見せたりしました。私はパペットスネイプ先生をお見せしました♪

グリフィンドール生の中にはスネイプ先生のことをなんとも思わない方もいて、「7巻は全然ショックじゃなかった、ハリー視点で見れば全て丸く収まってるし、どこがショックなんですか?」というご意見があった時は、思わず「はいはいはーい!」とハーマイオニーの如く挙手し、5巻の思春期ハリーでハリー視点から離れてしまった自分の体験を熱く語ったりして、すごく楽しかったです。違う意見があるからこそ気分も盛り上がる気がします。

参加者の年齢層はやはり20歳以下が多かったです。
参加者の年齢層が低いことは議題にも上がり、身を縮めていたら進行役の“スネイプ先生”に「そんな中で」という具合に突然「二尋さん」と振られ、ひー!と思いました。
すると、「わかい!」とものすごく力を込めて言われた上、皆さんにいくつだと思うか聞き、実際「二尋さんいくつですか?」と聞いてくるではありませんか!
「ここで言うんですか!?」と声を上げるとさすがに各所からブーイングが起き、特にグリフィンドールからは「サイテー」との声も上がったので思わず「スネイプ先生を責めないで!」と言ってしましました。自分を守ってもらったのに、私こそサイテーでしたね。

進行役の“スネイプ先生”の肖像権はフリーとのことで、画像を載せて良いと言われましたので、私も続きに載せます。ただ、やっぱりそのまま載せるのはすごく抵抗があるので、敢えて手ぶれしてしまった写真を載せます。ご自分のイメージを大切にしたい方は閲覧ご注意ください。

栄養補給 - 2013.12.15 Sun

昨日次男が一泊だけの帰宅をしました。
風邪気味なので栄養補給したかったようなのですが、それを知らせてきたのが当日で、あいにく私も夫も夜まで不在、娘も旅行中のため、折角帰ってきても結局一人で日中過ごしたとか。
幸い長男が夜にバイトがなく、パスタ料理を作ってくれたそうで助かりました。

今朝は10時には出発してしまう次男のために朝からしっかりとした食事を用意しました。夫が24時間営業のスーパーに食材を買いに行って。
鍋物(野菜類の他、鱈と豚肉と豆腐入り)、焼き肉と茹でたブロッコリー。
ちょっと過保護なんじゃない?という気がしないでもないけれど、しっかり栄養つけて元気になって欲しい親心です。

 - 2013.12.12 Thu

一ヶ月かそれ以上前、Tちゃん担当のある入院患者さんのリハビリをお手伝いしたことがあります。その時Tちゃんはその患者さんを「時々怒りんぼ」と教えてくれました。
機嫌を損ねないよう、最初の挨拶が肝心だと思い「二尋と申します。今日はいつもの担当に代わって一日だけ私がリハビリさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします」とゆっくり丁寧に挨拶しながら深々と頭を下げたら、「こちらこそよろしくお願いします」と相手も寝ながら頭を下げました。
その後も思った以上に丁寧な対応で「やっていただくと、気持ち良いような、そんな気がいたします」と言われました。

それを後にTちゃんに報告すると、「そうか、鏡なんだね。怒りんぼなのはこっちが怒ってるのかも」と言いました。
私もその「鏡」という言葉を胸に刻み、母の言動にいら立つ時は「鏡、鏡、」と自分に言い聞かせますが、なかなか頭で考えるのと感情とは一致しません(笑) 

今日、再び同じ患者さんを頼まれた時、名前を言われてもすぐに結びつかない私にTちゃんは「丁寧な対応すると丁寧になる人だよ。二尋ちゃんが丁寧な対応を教えてくれた人。あの時以来調あんまり怒らなくなって調子良いんだ」と言いました。
その言葉に喜びを覚えつつ、実家における自分を省みると、Tちゃんほど実践していなかったことを思い知らされます。仕事だと難なくできるのに…。

午後、実家に行った時、再び私も「鏡」を意識し、穏やかに接しました。
ベッド上でのマッサージは、どんなにイライラしていても毎回丁寧に行いますが、今日は手だけでなく表情も穏やかを心がけました。
すると母が言いました「最近、私、表情変わった?」
「んー。どんな風に?」
「穏やかに。デイサービスに慣れてきて、結構笑うようになったから、表情も変わってきたかなと思って」

デイサービスは億劫だといつも言うのですが、珍しく楽しかった話をしてきたのは、私も穏やかな顔をしていたからかもしれません。
やっぱり鏡なんだとつくづく思いました。
楽しい話題を引き出せるよう心がけようと思います。

も? お? - 2013.12.11 Wed

今朝はだいぶ冷え込みましたが、ウォーキング行ってきました。
いつになく海にはサーファーが多かったです。
波情報でも聞いて集まってくるのでしょうか?その辺よく知らないのですが、その割に良い波はあまりなく、穏やかな波間に漂っていました。
真冬のサーファーをカラスの群れのようだと歌った歌がありましたが、まさにそんな感じ。
サーファーa
穏やかな海に漂うサーファー
この写真、拡大してみると、手前にハトがいるのが見えて面白いです。
さしずめ、「真冬のサーファーはまるでハトの群れのようさ」と言ったところでしょうか(笑)

遊歩道を歩いていると、一人の男性が道の外の砂の上にうずくまるようにしゃがんでいました。
どこか具合でも悪いのかと思ったら、カメラを砂に向けています。何か撮影しているようでした。
近付いてみると、砂の上がうっすら白くなっていました。
おじさんとは少し離れた場所で私も撮影しました。
霜a
うっすら白い砂の上

私は霜だと思ったのですが、その割には他の場所で見られないし、日の出の後同じ場所を通っても溶けていません。
もしかして塩が析出したということでしょうか?
ちょっと触れてみれば良かったです。
「しも」だか「しお」だか、結局わからず終いです。

締め切りました - 2013.12.11 Wed

2014年のスネイプ先生のお誕生会の募集は締め切りました。
ご応募ありがとうございました。
これまでご応募下さった方には全て「受け付けました!」というタイトルでお返事しているつもりです。もし、申し込んだのに届いていない、という方がいらしたらお知らせください。いくつか迷惑メールフォルダに紛れていたのを救出したことがあるので心配です。

忘年会 - 2013.12.10 Tue

今日は職場の忘年会でした。
今回の会場は広くて、他科の職員の参加が多かったにもかかわらずゆったりしていました。
お料理もたっぷりのコースで、いつもなら物足りないと多少は思うところ、もう食べられないと思うくらいでした。

今年の新人4人が幹事で、余興も趣向を凝らしてありました。
解答用紙が一人に一枚配られ、そして問題用紙が2~3人に一部ずつ配られました。
1ページ目に書かれた問題を見て、私は思わず驚きの声を出しました。
それは、OTやPTやSTの国家試験の一部から抜粋したかのような問題で、つまりは学生時代なら誰でも知っているようなことが設問となって、今の私たちを試しているのです。
いきなり図があって、肺活量を示すのは何番でしょう?みたいな問題。まあ、これは正解でホッとしました。
同じ図はウィキペディアにもあります。

国家試験のような設問にブーイングも出ましたが、次のページをめくると内容は一転します。昔のドラマのカップルの組み合わせとか、2000年の流行語大賞はどれかとか、スタッフの写った写真が示され古い順に並べよとか、スタッフの手の写真が複数示され、この手誰の手?とか。
私は手の写真を撮られていたので、自分のはすぐわかりました。
実は「写真を撮させて」とある日の昼休み言われた時、年を感じさせる手は嫌だったのでハンドクリーム塗って、浮き出た静脈が消えるよう高めの位置で手を振ったりしてだいぶ努力したんです(笑)
回収後、みんなが歓談している間、幹事さんたちは採点に勤しみ、その後結果が発表されました。30数名中、12位で図書カード1000円分をいただきました!
わーい、またハリポタ関係に使っちゃおうかな~♪
楽しい忘年会でした。

日の出 - 2013.12.09 Mon

冬至が近付くと日の出が遅くなり、日の入りも早くなってきます。
でも、実際は日の入りの方の早まりはうちの辺りは三日前くらいがピークで、これからは徐々に日の入りが遅くなっていく傾向にあります(日本中そうなのかどうかはわからないけれど)。つまり夕方に関して言えば、冬至より早く日が長くなって見えるんです。
一方で日の出の方はまだしばらく遅くなり続け、スネイプ先生のお誕生日あたりが10日間ほどほぼ同じ時間で一番遅くその後だんだん早くなっていきます。家の辺りは。
各地の日の出時間を調べると、結構違いがありますが、概ねスネイプ先生の誕生日は一番日の出の遅い時間帯に含まれます。
そうだったのか!ローリングさんはもしかして意図的にスネイプ先生の誕生日を日の出の一番遅い時刻の頃に持ってきたのか!と思ったら、ロンドンでは年末年始付近が一番遅い日の出時間で、1/9はその頃より2分くらい早くなってました。じゃあ、違うかな。と思ったら、エジンバラでは1/7前後が遅さのピークみたい。やっぱりそうなのでしょうか。

それはともかく、最近日の出が遅いので、仕事が休みの平日にウォーキングに行く時間、6時20分前後はまだ日が出ていません。
今日は歩いている途中で空を横切るきれいな飛行機雲を見かけました。
時計を見ると6:25で、日の出までまだ10分以上あるのに、飛行機雲は既に赤く見え始めていました。
飛行機雲a
赤い飛行機雲(拡大すると私のPCでは赤さが確認できますが他ではどうかな)

真上の空にはあまり雲はなかったのですが、東の空の低い位置に雲があり、今日の太陽は日の出時刻よりさらに遅れて雲の上から顔を出しそうでした。
空1
明るく赤くなっている東の空

しばらく経つと雲の縁が金色に輝き始めました。
空2b
まるで火の熾った炭みたい

空3a
ようやく雲の上から顔を出しました

この後みるみる世界が眩しい金色に染まり、とてもじゃないけど東に向かって歩けず、すぐに折り返して太陽に背を向けて歩きました。

流星雨 - 2013.12.08 Sun

今日、家族の団欒時、星の話題になりました。
彗星とか流星群とか天体ショーが好きなのは我が家の中では私と娘だけです。
最近ではアイソン彗星に大いに期待を寄せていた私と娘でしたが、粉々になってしまったとかで、明るく尾を引く姿は見ることはできませんでした。

何年か前、流星雨が大出現したことを覚えていらっしゃる方も多いでしょう。今調べると2001年11月19日にしし座流星群が流星雨となった、と出ているのでそれだと思います。

あの時、大出現は予測されていました。
たしか今の家に引っ越した年で、当時は二階の7畳ほどの寝室に家族5人で布団を敷きつめて寝ていました。夜中に観測したい私と娘(当時小学生)は、観測するつもりのない男性陣を階下の和室か何かに追い出し、二人分布団を敷いて、水筒に熱い紅茶を入れて、防寒着を着て観測しました。(娘に風邪をひかせないよう、防寒には随分念を入れました)
最初は雲が多くて何も見えなくて、ほぼ諦めていました。もしかしたら、少し仮眠を取ったかもしれません。その辺りの記憶は定かではないのですが、とにかく気がついたら雲が切れ、そして驚くほどたくさんの流星を目にすることができたのでした。
キョロキョロする必要もなく、とにかく目を開けていれば視界にどんどん入ってきます。火球も目撃したし、それはそれは素晴らしい天体ショーでした。
ベランダで横に立つ娘の髪からはシャンプーの良い香りがして、一緒に星を見られる幸せをひしひしと感じ、これは一生忘れないだろうと思いました。
娘の方もその時の感激を今も忘れていないのが嬉しいです。

アイソン彗星は粉々になってしまったけれど、あんな流星雨は見られないのだろうか?とちょっと期待していたのですが、それもなさそうですね。
残念だなあ、と言っていたら、2032年以降に可能性があるみたい。
2001年に流星雨を降らせた彗星がまた太陽に接近するのが2032年とか。
19年後かあ。ハリポタの最終章ならページをめくれば一瞬で19年後になるけれど、先は長いです。まだ生きてるとは思うんですが…。
また娘と、できれば孫も、一緒に見たいものだと思いました。

母のために - 2013.12.07 Sat

今日は実家のマンションで排水管のお掃除やメンテナンスの事前調査があったため、10時に間に合うよう9時半少し前に家を出ました。
母の字でカレンダーに非水管(排水管のつもり)10:00と書かれているのを見ていたためです。
この10:00という書き込みは正しくないかもしれない、との思いもありましたが、排水管の掃除があるのは確かだったので、とにかく間に合うように自分の家の家事もそこそこに実家に行ったんです。

到着するとまずは布団を干し、シーツやパジャマを洗濯しました。
母は一応洗濯は自分でできますが、シーツやパジャマを洗うという発想はないようで、放っておけばいつまでもそのままなので、天気が良くて午前中に行けた日はまずこれをやります。
それから掃除機をかけ、ベッド回りや机の上などを雑巾で拭き、洗濯が終わると干しました。

メンテナンスの事前調査はどうも室内では行わない様子だったのと、排水管の掃除の方は14時くらいという話をご近所の方がしていたので、私は近くのスーパーに買い物に行きました。
お昼と夕飯の材料を買って帰ってくると、母は私が買い物に行ったことを既に忘れていました!
二人で献立を考え、お金を受け取り、玄関で見送ってもらったのに「突然消えたから何が起こったかわからなかった」と言いました。

昼食後は水回りの掃除と夕食の準備と母の足のマッサージと筋トレをして、排水管の掃除に立ち会って、洗濯物を取り込んで、お茶を飲んでから帰りました。

母がゴミ出し出来なくなっているのでゴミは私か妹が持ち帰ります。
車で来るのが嫌なのでバスを使う私は、時々生ごみの入った紙袋を下げてバスに乗ってます。
今日は駅で自宅の夕食の買い物をしたかったので、生ゴミ持参の買い物は避けたくて(そうする日もありますが)、車で外出していた娘に帰りに私の実家に寄ってゴミを持ってきて、と伝えてありました。
私が家に帰りついた時、ちょうど日没の時間でした。

5時過ぎ、実家から電話があったので車で寄った娘かな?と思って電話を取ると、長男でした。彼は時間のある時はバイクに乗って顔を見に行ってくれるのです。
結局、娘と息子は向こうで合流し、車とバイクと別々ではありますが、一緒に帰ってきました。
帰宅後、娘が言いました。「おばあちゃん、今日誰が来たか覚えてなかったよ」

うーん。今日の日中ほとんど実家で過ごし、昼食を共にしたのに。
私が居る間は割とまともな会話をしていて、一見すごくよくわかっているように見えるので、このギャップに今でも戸惑いを隠せません。うちの子どもたちが帰宅したら、きっと彼らが来たことも忘れてしまうでしょう。
別に感謝されなくても良いけど、せめて母にはみんなが母のこと気にかけている、ということをわかってもらいたいのですが…。

年齢層の違い - 2013.12.06 Fri

先日、Twitterで何やら面白そうな企画を見つけて申し込みました。
主催している方が若いしきっと若い人が集まるだろうなとは思いましたが、スネイプ先生に扮した若者が授業の再現をしてくれるとか考察を含め色々語れそうな企画だったので、少々気遅れしながらも申し込んだのです。

申し込みは多数あり、抽選の結果参加できることになりました。
同じ企画は先月もあったようで、その時の参加者の平均年齢が19歳だったことや中高生も多かったことを知り、しくじった!と思いました(笑) 
Twitterにいるハリポタファンとブログを介して知り合うハリポタファンとは、全く年齢層が違うと以前から思っていました。同じく友の会で知り合うファン層もまた全然違います。
でもそれなりに年齢は分散していると思っていたのですが、見通しは甘かったようです。

私が企画するオフ会は、年齢制限を設けているため18歳未満の方の参加が無いのは当然としても年齢層は結構上です。母親という立場の方も多いです。類は友を呼ぶのかもしれません。
そう考えると若い学生さんの主催ですから、やっぱり学生さんが多くて当然なのに、私は好奇心からろくに考えもしないで申し込んでしまったのです。

それを昨日同僚のTちゃんに話しました。
「ホグワーツの出張授業みたいなイベントがあって、スネイプ先生のコスプレした人が授業してくれるらしいの。でも参加者のほとんどが10代みたい」と不安を漏らしました。
すると彼女は「10代の中で授業受けるの慣れてるじゃん」と涼しい顔で言うんです。
言われて、30代半ば頃、まさに10代に混じって授業を受けていたことを思い出し(Tちゃんもその時同じクラスにいた10代の一人)、少し安心しました。
共通の目的のある人なら、年齢が違っても楽しくやれることを私は何年も前から知っていたのです。

同じことを今日の英会話で話しました。
「ほとんどのメンバーがティーンエイジャーです」と言ったら、先生は「それが何の問題があるのか?」と言いました。「あなたはいつも色々な人と友達になってきた。また新しい友達を作って楽しんで下さい」と。

全くその通りです!
なんか自分の子どもより下の年齢層ってどう接していいかわからない気がしたのですが、相手はハリポタやスネイプ先生が好きな人達ですから、何を怖気づくことがあるでしょう?
自分で企画するオフ会ではタイムスケジュールを常に考えたり司会をしたりでゆっくりスネイプ先生を語れないけれど、今回は参加者の立場ですから、目いっぱい楽しもうと思います。10代のお友達、たくさんできたら嬉しいな♪

今日の空 - 2013.12.05 Thu

今日の夕方、例によってウォーキングに出かけました。
今日も雲のない澄んだ空でしたが、少し波は出ていて、夕日も前回よりは赤かったです。
201312051.jpg
今日の日の入り 山に隠れる直前の太陽

空には飛行機雲がいくつも見え、夕焼けと一緒に赤くなりました。
201312052.jpg
赤い飛行機雲(拡大すると見えます)

日が沈んでしばらく経つと三日月と金星が見えてきました。
201312053.jpg
澄んだ空に浮かぶ三日月と金星(拡大してみてください)
結構スマホでもきれいに撮れる!

今日は三日月と金星がきれいでした。
暗くなってから家からもデジカメで撮影しました。
DSC01778a.jpg
金星と三日月

DSC01781a.jpg
三日月
まあまあきれいに撮れた!

この時期空が澄んでいて雲も星もきれいで嬉しいです。

和食 - 2013.12.05 Thu

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されることになりましたね。
それを意識したわけではないというか、元々我が家は和食の日の方が多いけれど、今夜はサラダとか無国籍料理を含まない完全な和食だったので記録しておきます。
盛り付けも写真も下手なのでトリミングして一部だけ…

DSC01784a.jpg
ぶりの鍋照り焼き(実はまだフライパンの中に入ってる状態)

DSC01788a.jpg
おから(これも鍋の中)
鍋いっぱい作ったけど、人気なのですぐに無くなってしまいます。

DSC01783a.jpg
春菊のおひたし

義母の近所の農家の春菊。胡麻和えにしたかったのに、胡麻切らしてた。すごくいい香りでおひたしも美味しかったです。

それにワカメ・麩・玉ねぎの味噌汁と白いご飯。
和食美味しい~♪ ごちそうさまでした!

玉子 - 2013.12.04 Wed

昨日、お弁当の玉子焼きを作ろうと玉子を割ったらふたごでした。
玉子2
驚きのあまり手が滑って片方傷つけてしまったふたごの玉子
(しまも手の影が…)


今朝、同様に玉子を割ったらまたふたごでした!
今度はその可能性を視野に入れて慎重に割ったので、どちらも無傷でした。
玉子3a
今日のふたご

昨日の玉子も今日のも、お隣からいただいたもので、スーパーで売っているMサイズの玉子より大きかったんです。五ついただいて、最初に使った二つは黄身が一つずつだったので昨日は油断していました。
玉子5d
左がいただいた玉子、右がMサイズの玉子

重さも90グラムと60グラムで、ちょうど1.5倍です。
いつもは玉子二個使って玉子焼きを作っているのですが、昨日と今日は一個で作りました。ちょっと得した気分です。

続・ハイテク - 2013.12.03 Tue

今日、患者さん宅でFace Timeを使いました。

9時半頃到着の予定だったので、最初に少しお話を聞きつつ血圧を測定して、まずは車いすでの移動の様子を見せていただき、その後歩行器を使った歩行の様子をFace Timeで見てもらおうと考えていましたから、G先輩には「9時40分か50分くらいに連絡します」と告げておきました。

予定していたことが滞りなく済んで、いよいよ歩いてもらう段になると、私は奥さんに説明をして、それから発信しました。
スタンバイしてくれていたようで、すぐに画面にG先輩の姿が現れました。バックにはスタッフルームの天井が見えます。カメラの向きを確認して奥さんに手渡すと、戸惑いながらも正面で待ち構えてくれています。70代後半か80代前半くらいの奥さんが。
思った以上に奥さん上手に撮影してくれました。画面を見ているG先輩が「もう少し下、脚の方を映していただけると有り難いんですが」と言っている声が聞こえ、続けて「そう!よく映ってます!」と言っていたので、その辺上手にカメラに納めることができたのでしょう。
その場でG先輩から、歩行器での歩行が許可されました。(私には判断が難しい症例でした)

一通り見てもらった後の挨拶なんかも顔を見て出来るところが良いです。
とにかく上手くいって安堵しました。G先輩側はタブレットなのでより大きな画面で確認でき、こちらはコンパクトなiPhonだったのも年配の方にはやり易かったかも。
こんなことができるんだねえと、患者さんや奥さんが感心するのと一緒に私もしみじみ感心してしまいました(笑)

6年 - 2013.12.02 Mon

今日12/2は、私がスネイプ先生の死を知った記念日です。
今日で丸6年経ちました。

自分では3時過ぎだと思っていましたが、今記録を見たら3時少し前に当時の私は知ったようです。
今日は娘が代休で家にいたので、3時を過ぎた頃、ピアノを弾いて欲しいと頼みました。

あの日娘がずっと弾いていた同じ曲を聴きながら、私はスネイプ先生へのラブレターを書きました。
あまりにも恥ずかしいのでここでは公開しませんが、スネイプ先生の存在を全力で肯定する手紙です。
今もあの日の身を裂かれるような悲しみを思い出すと息苦しくなるけれど、出会えたことへの感謝の気持ちの方が大きいです。
先生のおかげでどれほど豊かな日々を送れていることか!

今日、あの晩使った入浴剤を買ってきたので、後でスネイプ先生のことを考えながらゆっくりお湯に浸かろうと思います。

生きた時期 - 2013.12.01 Sun

大河ドラマの主人公新島八重さんが結構長生きし、昭和まで生きたと知ったうちの娘が「じゃあひいおばあちゃん(私の父方の祖母)と少し同じ時代を生きたんじゃないの!」とひどく驚いた様子でした。

私の祖母が亡くなった時娘は小学校6年生だったので記憶にはしっかり残っていて、その記憶に残る曽祖母と大河ドラマの主人公が生きた時代に重なる部分があることですごく身近に感じられたようです。

それを聞いて私も昔すごく驚いたことがありました。
私の母方の祖母が、作曲家のヨハンシュトラウス二世と3年くらい同じ時代を生きたとわかった時に。
私は中学生の時ヨハンシュトラウス二世の曲がとても好きで、誕生日にレコードを買ってもらったり、買ってもらったレコードを毎日聴いていたりしました。
だから、その尊敬する作曲家が、実は自分の祖母の生まれた頃にはまだ生きていた、ということで祖母が羨ましくて仕方なかったのです。

私もいつか孫やひ孫に言われるのでしょうか。JKローリングと同じ時代に生きてたの?って。
いや、ローリングさんとは年が近過ぎるな。私と同じくらい生きているかも。
となると、私が赤ちゃんの頃に死んだ著名人が当てはまるでしょうか。
それを探してここで書くと私の年がばれるので止めておきますが、孫やひ孫に羨ましがられるような人って誰だろう?とちょっと楽しみでもあります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)