topimage

2014-06

UK子ども版 - 2014.06.30 Mon

探し物をしていて、7巻の原書のハードカバー子ども版にハッとしました。
20140630 (1)a
UK子ども版7巻

2007年の7月に発売されたハリポタ7巻の原書で、大人版は21日に日付が変わった直後にエジンバラで買いました。子ども版は、帰国前、7/23にヒースロー空港の書店で買いました。
これは当時高校生だった長女が少し読みかけましたが、結局娘は数ページで挫折、私自身は大人版で読了したので、その後子ども版を開く機会はなかったのです。

で、今日、開いてみて驚きました。
表紙のカバーの袖に鹿がいるのです!
20140630 (9)a
白い鹿

こ、これは!と思ってすぐに角があることに気付きました。
ハリーのパトローナスだったのですね(^^;
と、がっかりした直後にもう片方、最終ページ側にある袖の絵に気付きました。

20140630 (3)a
星をちりばめたような球体!

ああ、この本を所持してからもうすぐ7年になるというのに、今まで気付かなかったとは!
映画でスネイプ先生の最期をどう表現するのだろう、星をちりばめたような球体とは、どんなものになるのだろう?と思っていたけれど、結局スネイプ先生は肩から上を球体に取り込まれることなく最期を迎えてしまいました。それどころか、ナギニは守られてもいなかったですね。

原書の子ども版にとっくにこのような絵が出ていたとは驚きました。
原文ではcage、日本語では檻と訳された物体は、ここではガラス球のように描かれています。私は鳥かごを粗くしたような骨組みを想像していました。
いずれにしても、ヴォルデモートがナギニを守ろうとして用意したものですから、そうとう頑強な代物ではあったことでしょう。
子ども版で読んだ英語圏の子どもたちは、このガラス球の中に肩から上が取り込まれたスネイプ先生の姿を想像したのでしょうか。凄惨な光景です(号泣)

ストレス解消 - 2014.06.29 Sun

今日は、マンドリン部のOBOG会の今年度初練習に参加してきました。
週末は実家に泊まっているので、朝、夫が楽器を持って車で迎えにきて、それから母校に行き練習して、途中で切り上げて早めに帰り、また実家で降ろしてもらい夕食の準備に間に合わせました。

去年弾いた曲をとりあえずもう一回指慣らしで合わせるとのことだったのと、他に一つ新しい曲を弾くことになっていたので、それらを1~2回だけ練習しての参加でした。
すると、途中で指揮者からまた別な譜面を渡されました。
私が大学2年生の時の定期演奏会で弾いた大好きな曲だったので大喜び!
しかし、実際はうろ覚えだし、若くないから譜面に焦点が合わないし、指は思った場所に思った速さで移動できないし、何度も自分がどこを弾いているのかわからなくなりました。経験している私ですらこの調子ですから、初見だった人たちはもっと苦労してました。

でも、この曲の良いところは、フォルテ(f)やフォルティッシモ(ff)やフォルティッシッシモ(fff)が多用されていて、実に気持ちよくジャカジャカ音を出せることなんです。
かつてアクション系の演奏をする先輩が、機関銃を撃つかのような仕草と表情で弾いていたのを思い出しながら、私もちょっぴりそんなつもりで演奏したら、本当に爽快でした。
あー楽しかった!来月の合奏が待ち遠しいです♪

夢か現(うつつ)か - 2014.06.28 Sat

今日、実家で母とお茶を飲みながら、昔の話(主に親兄弟のこと)を聞きました。
私の方からは、今度結婚式を挙げる娘にリングピローの作製を頼まれたことを報告し、場所を移動してPCで画像を見せながら、リングピローとは何か、を説明しました。

その後ベッドで横になって昼寝を始めた母を背にして、私はPCを続けました。
実家のPCは、母の寝室に据え置かれているのです。

私が夕食の準備を始めてもまだ母は眠っていて、しばらくしてから起きてきてこう言いました。
「今、お母さん来てたでしょ?」
私は一瞬娘の夫のお母さんのことかと思いましたが、私の夫のお母さん(つまり姑)かとも考えられ、「お母さんって?」と聞き返すと「私の母よ」と意外な返事が返ってきました。
「お母さんのお母さん!?」とびっくりして繰り返す私。
「そうよ、あなたのお祖母さんよ」
「もう何年も前に亡くなったじゃない」
「ええっ!」と仰天し、名前を出して念を押してきます。
「そうよ、私が中学生の時に亡くなったでしょう?」
「ええ!?」(また目を見張る母)
「お母さん自分が幾つだと思ってるの?孫が今度結婚するんだよ、おばあちゃん生きてるはずないじゃない」(母は祖母が40歳の時の子です)
「そうか。そうだった」ようやく思い出したようです。
「でも、パソコンのとこに座ってパソコンやってる後姿見てたんだけどね」
「それは私だよ!」

子供の頃から時々顔立ちが祖母に似ていると言われていたけれど、見間違えたのでしょうか?
母はさらに続けました。
「おばあちゃんと一緒に○○(私の娘の名)の結婚式の準備をしててね、縫物をしようとするんだけど、『おまえは昔っから縫物が下手だ』って言われてやらせてもらえないの」
リングピロー、もしかしたら娘にとっては母(私)と祖母と曽祖母の合作になるのでしょうか?

晴天の霹靂 - 2014.06.26 Thu

今日は溜まっていたポイントを夫と二人分贅沢に使って、映画『晴天の霹靂』を観てきました。
すごく良かったです。だいぶ涙しましたが、観終わった後の温かい気持ちと爽快な気分がなんとも言えず気持ち良いです。
タイムスリップ物ですが、あの人がこの人!?みたいな楽しみ方もできました。
以下、ちょっとだけネタバレなので隠します。

電話連絡 - 2014.06.25 Wed

介護保険を使って色々助けてもらっていますが、母も徐々に色々なことができなくなってきたので、ヘルパーさんの回数を増やしたり、訪問看護に入ってもらったりと、介護保険で使うサービスの数が増えてきました。

それならかなり負担が減るはずなのに、ほぼ毎日のように何らかの電話連絡があって、全然休まりません。
先日Tちゃんとデートしている最中だって、先週の英会話の日だって、月一のお菓子作り教室があった今日だって、全て電話があって、折角の気分転換の日なのに~とがっかりしてしまいます。

私は自分が介護をする前から、介護をする家族は十分な休養と気分転換をする必要がある、と考えていたのですが、やってみると、しばしば電話によって強制的に現実に戻されるので、気分転換が難しいです。
まあ、些細な変化でも連絡したり伺いを立てたりしなければならないことは十分理解できるし、私自身にも覚えがあるのですが、家族にとっては結構面倒くさいことがわかりました(笑)
これからは、少し気をつけようと思います。

新車 - 2014.06.24 Tue

今日、訪問に出ようとして車のキーが並んでいる場所の前まで行って、見慣れない鍵が混じっているのを目にして初めて車が新しくなったことを思いだしました。
会話をしていたナースたちに割り込むように声をかけ「車、新しくなったんですね?」と確認しました。新しくなったのは、たった一台で、それがたまたま私が普段使っている車だったんです。
別に寝耳に水だったわけではなく、1ヶ月くらい前から、「古いので次の車検は通さない」と聞いていたし、先週の金曜日も「今日で最後」と聞かされていたのに、全然心の準備ができていませんでした。

先週まで乗っていた車は、私が訪問リハ担当になった6年前(もうそんなに!?)には既にあり、私は木曜日だけ乗っていたように記憶しています。当時は「アルセブ」と呼んでいました。(もっと古くて使う頻度の高かった別の車を『アル』と呼んでました)その後週に3回、つまり訪問に出る時はいつでもその車(アルセブ)だったので、愛着は我が家の『セブ』とは比較になりませんでした。

今日新しくやってきた車も車種は同じでしたが、ドアの鍵は手動ではなく、キーについたボタンを押してロックを解除します。
ドアを開けてびっくり!
全てのシートと足元のフロアマットにビニールがかかっていたからです。
もう新品も新品で、そのビニールをはがすのに罪悪感を覚えるくらいでした。
とはいえ、そんなつるつる滑るシートとマットでは運転中何が起こるかわかりません。
運転席のだけ剥がしました(笑)
走行距離を記録する決まりがあるのですが、まだたったの31kmでした。新鮮!

辛うじてスターターは以前と同じにキーを差し込んで回すタイプでしたが、スピードメーターが円でなく扇型だったり、ハザードランプの場所や窓の開け方やら、色々勝手が違って戸惑いました。
一番の違いは、ナビがついていること!
かつて、曲がるべき道を間違え、30分もロスしたことを考えると、これは有難いのですが、見る余裕はないような気がするんですけど!みんなどうしているんだろう?
とにかく早くこの車にも慣れ、前任のアルセブのように手足となって欲しいです。

カップヌードル - 2014.06.23 Mon

今日は元同僚のTちゃんとデート、前から一度行ってみたかったカップヌードルミュージアムに行きました。
平日だというのに、受け付けまでは長蛇の列。しかも小学生を連れた親子連れが多かったので、代休か何かだったのでしょうか。お目当てのアトラクションは人数制限があるらしく、整理券の有無が○×で掲示されていて、×になるのではないかとハラハラしながら順番を待ちました。
どうやら無事、整理券と入館券(500円)を手に入れ、アトラクションの時間まで中を見学しました。
まずは、インスタントラーメンの歴史を見ます。
20140623 (2)a
チキンラーメンの誕生は1958年

Tちゃんが、「1958年って言ったら二尋ちゃん幾つだった?」と無邪気に聞いてきます。
まだ生まれてません!スネイプ先生だって生まれてないよ!

チキンラーメンの当時のパッケージに書かれた文字にすばやく反応するTちゃん。
20140623 (3)a
最高の栄養と美味を誇る完全食

20140623 (4)a
1971年にはカップヌードルも登場
さすがにこれは覚えています。

20140623 (5)a
今や日清ではこんなにたくさんのインスタントラーメンが!

チキンラーメンを発明した安藤百福さんの研究小屋も再現されていて、Tちゃんはまたも「こういうの懐かしい?」とか聞いてきました。いえ、それほど懐かしい感じはなかったです。一体幾つだと思っているんでしょうね?
20140623 (6)a
百福さんの研究小屋

20140623 (10)a
冷蔵庫
この型の冷蔵庫も知らないではありませんが、懐かしいとも思いません。

20140623 (11)a
研究室というよりは台所っぽい
祖母宅の土間の台所に少し似ていて、ちょっと懐かしいかも。

こ、これは!
20140623 (8)
直径1mくらいありそうな大鍋

これはある意味懐かしいです。馴染みがあると言う方が適切かな。
こんな大鍋で麺を揚げてたんでしょうか?

見学の後、待ちに待ったアトラクション、マイカップヌードルファクトリーのある3階に向かいました。自分好みのカップヌードル作りが体験できるんです。
行ってみると、ここも長蛇の列でしたが、スタッフが手際良く捌いているので、思ったより早く順番が来ました。
まずは、自動販売機で空のカップ(300円)を買います。
次にアルコールで自分の手を消毒し、前に進むとスタッフがプラスチックの透明な蓋をかぶせてくれました。これから外側に自分で絵を描くのですが、ゴミやほこりが入らないようにするためです。
丸テーブルが幾つもあって、その周りをスツールが取り囲み、グループの人数に合わせて空いた席に案内してくれます。

どんな絵を描くか、きちんとイメージしておくべきでした。なんとなく描き(書き)たいことはあるのに、デザインのセンスがなく、出来上がったものを見て、Tちゃんは「おどろおどろしい」と笑いました。
Tちゃんの方は旦那さんへのメッセージといくつもピンクのハートが描かれ、ラブラブな感じが伝わってきました(笑)

その後、再び列に並び、中身を入れてもらいます。
衛生面が考慮されていて、食材のある側とお客さんのいる側はガラスで仕切られています。カップを渡すと最初にシュッと消毒してくれて、麺を入れます。
カップを渡した時、Tちゃんが笑ったので、お姉さんが改めて私のカップに目をやり、笑いました。あれは、Snapeの文字を認識してくれたということでしょうか?

カップに麺をセットしてくれて、自分で福引のハンドルのようなものを6回まわすとカップの中に麺が上手く収まりました。
その後、スープを4つの中から一つ選びます。詳しくはこちらをご覧ください。

私はカップヌードルのスープと、コロ・チャー(豚肉)、ネギ、キムチ、ひよこちゃんナルトを入れました。
もっとチャレンジャーになりたかったのですが、なりきれませんでした。
その後、蓋をしてフィルムで包装

DSC02566a.jpg


出来上がったものはエアパッケージに入れて持ち帰るのですが、これがTちゃんと別れてから一人で持ち歩くのが大変恥ずかしかったです。
DSC02538a.jpg
おどろおどろしい、鍋と鉤鼻の人物の絵

DSC02542a.jpg
"スネイプ印"のMY CUP NOODLESという文字
エアパッケージ自体目を引くし、中のデザインもできればあまりじっくり見て欲しくない雑さがあります(笑)

DSC02557b.jpg
スネイプ印と魔法薬の大鍋
スタッフのお姉さんはこの絵に笑ったみたい。

Tちゃんと一緒だったし、すごく楽しい体験でした。食べるのもったいないけど、賞味期限は一ヶ月。時間に余裕のある時に味わって食べるつもりです。そして、またいつか行って、次はもっとクオリティの高い作品を作りたいです!

キノコ - 2014.06.22 Sun

昨日、ウォーキングに行った時、松林の中にキノコが生えているのを見つけました。
往路で見つけて、復路で撮影しました。

きのこ (2)
肉厚でおいしそうなキノコ
右側はまさに今土から頭を出したばかりのようです。
よく見ると、左側にもこれから姿を見せそうなやつがいます。

傍には誰かが既に引っこ抜いたようなキノコも結構散らばっています。
きのこ (3)
キノコらしい美味しそうな匂いを漂わせるキノコ
もちろん、食べようなどとは微塵も思いませんが。

きのこ
また別のキノコ
手のひらより少し小さいくらいの大きさ(結構大きい)

ここにも引っこ抜かれたキノコが!
きのこ (5)
イボイボが絵に描いたキノコみたい
そして、辺りに漂う干しシイタケのような香り

すると、もっといかにも『キノコ』なキノコが!
きのこ (6)
イボイボのついたキノコ
下三枚は同じキノコではないかと思われます。
ちょっとベニテングタケに似てるなと思って調べてみたら、テングタケかイボテングタケではないかと思われました。(画像を見た方からイボテングタケでは?という声も聞かれました)
残念ながらどちらにしても毒はあるようです。

読書会に参加される方へ - 2014.06.21 Sat

先ほど、「宿題について」という件名でメールをお送りましたのでご確認お願いします。
宿題の提出期限は7/22です。提出がなかった場合、『当日書記をお願いする』という罰則が与えられますので、お気を付けください。

メルヘンの世界 - 2014.06.21 Sat

昨日、患者さんのお宅に伺った時、玄関に2,3歳児用のちっちゃな靴が一足置いてあったので、「あ、お孫さんいらしてるんですね」と言ったら、患者さんのお嫁さんが「これからお出かけするところなんです」と答えました

患者さんのお嫁さんにとってはお孫さん、患者さんにとってはひ孫さんにあたる小さな女の子に時々会うことがあったし、会話自体不自然なところはなかったので疑問も持たずにいたら、お嫁さんがいたずらっ子みたいな目で私の顔を覗きこんだので、ハッとしました。靴のちょうど上にあたる上がり框(かまち)に、布でできたお人形が両足を投げ出して座っていたので、「お出かけするのは、お人形さんですか!」と声を上げたら正解でした。

お孫さんが忘れていった靴を玄関にきちんと並べ、お人形さんを置いたのは、息子さん(つまりお孫さんにとってのおじいちゃん)だそうです。そしてお嫁さんのほうも「こんな夜中にどこ行くの?」と玄関の人形に語りかけたりするのだそうです。
「メルヘンの世界に住んでるんです」とお嫁さんは笑って言いますが、寝たきりの高齢のお(義)母さんを介護し始めて何年も経っても、お孫さんが何人か生まれても、メルヘンの世界に入っていけるとは、なんと素晴らしいご夫婦でしょう!「夫婦で一緒に」というところが本当に素敵♪
おかげで、ほっこりした気持ちで仕事ができました。

もうすぐ! - 2014.06.19 Thu

昨日、JTBからUSJの入場パスや切符などが届きました。
グランドオープンに合わせて予約した旅行関連のあれこれです。
DSC02507.jpg
A4サイズの封筒を開けて出てきた物たち

こういうものが届くと、旅に出る!という実感が湧いてきて、ワクワクします。
入場確約券も、ちゃんとついてました。
DSC02509.jpg
入場確約券

私はプレオープンには応募しませんでしたが、当たった方も結構いらっしゃるようで、だんだん盛り上がってきましたね。
今年の夏もハリポタが熱そうで楽しみです!

ご褒美 - 2014.06.18 Wed

先週の木曜日、母と妹と一緒に緩和ケア病棟の医師との面談に行ってきました。
母が認知症でしかも歩ける、ということがネックで、つまり徘徊や迷子を心配されていて、面談中ずっと肩身の狭い思いをしていたら、母や妹と別れた後ひどく疲れてしまい、これはいよいよ使い時だな、と思いました。
母の日に、と娘から贈られたオイルマッサージの券のことです。

今までも何度か使おうと持ち歩いていたのですが、「まだ使い時ではない」と、その度寄らずに帰ってきました。ただ、この日の二日前の火曜日もとても疲れていたので「今日こそ!」と、行く気満々だったのですが、チケット忘れてがっくりしました。実際は忘れていなかったことが帰宅後判明(かばんの中に普通にあった)、きっともっと疲れる時に使えってことだと自分に言い聞かせていたのでした。

で、まさにそれが先週の木曜日だったわけです。
最寄駅の近くのビルにそのお店は入っていて、いつもお客さんは入っていないように見えたのですが、その日に限って二人組の若い女性が受け付けしているところでした。
彼女たちが中に入ったのを見計らって受け付けに声をかけると、30分後からなら空いていると言われ、喜んで30分待つことにしました。喉が渇いていたので、フードコートでお茶でも飲んで待っているのはとても素敵だと思って。
2014061201.jpg
あんこと黒蜜のかかったミルクプリンとお茶

甘いもので少し元気になって、それからさっきのお店に行きました。
まずはフィッティングルームで下だけ短パンに穿き替えました。
その後トイレの個室よりは一回り大きめの個室に導かれ、リクライニング式のゆったりした椅子に腰かけます。
オイルマッサージに先だって下腿の温浴をしましたが、その際三種類のハーブを選べました。私はリラックス効果があるというラベンダーを選びました。
服の上から肩をマッサージしてもらうオプションもついていたので、15分ほどやってもらい、その後膝から下のオイルマッサージをしてもらいました。こちらが本命でしたが、まあ実に気持ちの良いこと!ヒーリングミュージックが流れてくるヘッドホンをつけて、夢心地の20分でした。
終了後着替えて、ハーブティをいただき、すっかりリフレッシュして帰宅しました。
素晴らしい体験でした。次は自腹を切ってでももっと長い時間やってもらいたいです。

職場の雰囲気 - 2014.06.17 Tue

今日は出勤するのが少し憂鬱でした。右隣の席が空っぽになっているのを見たくなかったからです。
隣同士の席で楽しく過ごした同期のTちゃん、ご主人が海外勤務になり、先週末で辞めました。

それを聞いたのは3月で、ちょうどうちの娘が引っ越して行った頃だったので、みんないなくなっちゃう!と思ったものでした。
なんとなく実感の湧かないまま日が経ち、最終日を迎えてもまだぴんと来ませんでした。送別会が来月のせいもあるかもしれないし、近々二人で遊ぶ予定もあるからかもしれません。

それでも、今日何もないまっさらな机を目にしたら、だいぶ堪えるだろうと予想できました。だって、Tちゃんとの別れはこれで二度目でしたから。
2006年に一度お別れして、2010年にまた同じ職場に戻ってきてくれた時、次の別れは私が職場を去る時だろうと思いました。親子とまではいかないけれどだいぶ年の差があるので、順当に行ったら私が先に辞めるだろうと。
ご主人の海外勤務は盲点でした。帰ってきた時、それこそこっちがもう勤めていないかもしれません。

Tちゃんは職場のムード作りに多大な貢献をした人だと私は思っています。
私もTちゃんと一緒だと相乗効果を生むというか、かなり盛り上げることができる気がしますが、単独ではまったくしょぼくれてしまい、本当にTちゃんが太陽で私は月だと思い知らされます。

ああ、Tちゃんがいなくなって、職場のテンションも下がるだろうなあ、と思っていたら…
今日お休みだったNちゃんの誕生日が近いのでみんなでお菓子にメッセージを書きっこしたら、だいぶ笑いのキレが良かったので一安心。
ほら、私の会心の作をご覧ください!
20140617a.jpg
「8個入」の「8」がどう見ても「S」だったので、手を加えてみました!
上に書かれた「ミックスベリー」の「ス」と「ベ」の間に「二」を入れて、「スニベリーとは」という注釈をつけるのも怠りませんでした。
Tちゃんはいなくなったけど、職場のみんなとは、これからも仲良く明るくやっていきたいです。

スイーツフェスティバル - 2014.06.16 Mon

先週の水曜日に参加した「イギリス スイーツフェスティバル」の様子を記録しておきます。
会場は、横浜市イギリス館、旧英国総領事公邸です。

会の始まる30分前から受け付けを開始、開始直後に受け付けをし、各自5,000円ずつ払いました。
入室できるまでの間、無料公開されているお部屋の調度などを見て回りました。生花がふんだんに使われているので、どのお部屋に行ってもお花の良い香りがしました。
DSC02460a.jpg
ヘレンドの器

DSC02461a.jpg
ばらのアフタヌーンティ
お菓子は「食べられません」と書いてあるけど、本物ではあります。

DSC02464a.jpg
18歳の女の子の部屋をイメージした飾り付け
しかもバースデーパーティ。バースデーに関わる文字が隠されています。

DSC02468a.jpg
20代の女の子の部屋のイメージ

DSC02466a.jpg
アイシングクッキー
羊に見えますが、牝鹿に見ようと思えば見える、と言い合いました(笑)

当初はガーデンティーパーティの予定でしたが、雨模様のため、屋内で行うことになりました。
でも、ティーパーティというので、いくつかのテーブルとイスのある部屋で、高価な茶器を使ってのパーティだと思ったら、パイプ椅子がぐるっと部屋の輪郭に沿って二重三重に置かれ、どちらかというと講習会のようなイメージでした。
さっそく振舞われたのが、フォートナム&メイソンのエルダーフラワー風味のグリーンティでした。
早速のエルダーフラワー(ニワトコの花)とグリーンに喜ぶ私たち♪
DSC02471a.jpg
エルダーフラワーの香りが爽やかなグリーンティ

今回のイベントの説明や、シェフの紹介などを経て、お茶会がスタートしました。ビュッフェスタイルで、13種類だかのスイーツやデザート、サンドウィッチやローストビーフが並んでいます。一人一つずつ取れます。
DSC02473a.jpg
ローストビーフと小ぶりのヨークシャープディング

DSC02475a.jpg
左)ローズのカップケーキ
右)ジンジャーカップケーキ

いっぺんにトレイに載りきらないので、一度席に戻ります。
DSC02476a.jpg
カップケーキやサンドイッチ、ローストビーフ、ヴィクトリアケーキ、レモンケーキなど

この後少し詰めて右側に空間を作り、ミルクティーのカップを置きました。ミルクティーを一口飲んで「あ、イギリスの紅茶の味がする」と言うと、果穂さんも同意してくれて、後に私が普段家でも飲んでいるPG TipsのStrongだとわかりました。わーい!もしかして、味がわかるようになった?

トレイが空になるとさっき取らなかった物をゲットしに行きます。
DSC02486a.jpg
スティルトンチーズとくるみのビスケット

DSC02485a.jpg
ベイクウェルタルト(たぶん)

一人一つずつあるとのことでしたが、ちらほら空のお皿があって残念に思いました。フラップジャックというお菓子ともう一つ何かを食べ損ねましたTT

DSC02487a.jpg
スコーン

並んだのが遅かったため、残り少なくなったけど、これがルバーブクランブル↓
DSC02489a.jpg
ルバーブ・クランブル
5巻で、グリモールドプレイスで不死鳥の騎士団の会議があって、スネイプ先生が帰った後に出された食事の最後に出てきたデザートです。スネイプ先生が食べなかったものを、私はいただきました。たぶん、ハリーが食べたのと同じように、上からカスタードクリームをかけて。ルバーブは日本人にも合うよう酸っぱさを抑えたとのことでしたが、それでも結構酸っぱかったです。
さらに無残な姿だったので撮りませんでしたが、となりにはサマープディングもありました。食パンに煮たベリーを詰めて冷やした赤紫色の酸っぱいプディングです。

これでおしまいかと思ったら、トライフル作りのデモンストレーションがあって、さらにそれが一人一つ(ベリーのトライフルとレモンカードのトライフルのどちらか)配られました。
DSC02479a.jpg
私はベリーのトライフル
スポンジケーキ、シェリー酒、ベリーソース、カスタードクリーム、白いクリームは生クリームだったっけ?
各種スイーツとミルクティーを数杯おかわりしてお腹いっぱいでしたが、美味しくいただきました。

DSC02484a.jpg
天気が良ければ出られたお庭
普段はお庭は出られないそうで、折角の機会が残念でした。

閉会となり、お土産にジンジャーブレッドをいただきました。

雨足が強まる中、他の西洋館を一つ見学しました。
DSC02494a.jpg
スリザリン的な色合いのテーブル
その後クラシックホテルまで移動、レトロな部分を見学しました。
DSC02502a.jpg
レトロな雰囲気

そしてまたお店に入ってコーヒーを飲みながら(紅茶はさすがに十分いただきましたから)しばらく語って解散しました。
美味しいお茶とお菓子と、久しぶりにオフでハリポタやイギリスを語れて楽しかったです。

締め切りました - 2014.06.15 Sun

読書会へのお申し込み、昨日いっぱいで締め切りました。
たくさんのご応募ありがというございました。
昨日までにお申し込みのあった方全員に「受け付けました!」の件名で返信しましたのでご確認ください。
申し込んだのに返信が来ない、という方は、コメント欄やメールでお知らせください。
お申し込みいただいた方々には、近々宿題をお出ししますので、心の準備をしておいてください。

受け入れ難い - 2014.06.15 Sun

そのメールに気付いたのは、昨日の朝、職場で同僚が丹精込めて育てたユリの花が美しく開花しているのをスマホで撮影した直後でした。
件名に友人の名前があったのでそのまま開けたら、本文を書いていたのはそのご家族でした。
胸騒ぎのする中、画面をスクロールする指ももどかしく内容を読んだら、急逝を知らせるものでした。故人の携帯の履歴から、親交があったことを知って、連絡してくださったようでした。
ご家族からのメールが届いた時点で、もしやとは思いましたが、あまりにも若く、その可能性を考えたこともない相手だったので、激しく動揺し、思考が停止してしまいました。

今日、お別れに行ってきました。
行くまでは信じられない気持もありましたが、遺影を見ると、信じないわけにはいきません。
ご家族の方に、「二尋さんですか?」と声をかけられました。
私のこと、ご家族にお話ししてくださっていたようで、それはそれは有難く、彼女が私をどう語ったのか聞かせていただきました。
そして、棺の中の彼女に対面してきました。
紛れもなく、私の知っている彼女でした。
私よりずっと若く、私が見送ることなど想像したこともなかったのに。
ご家族の悲しみと苦しみをはどれほどのものでしょう。かける言葉も見つからなかったです。

若くして逝ったあなたへ、職場の白いユリの画像を贈ります。
20140613.jpg
心よりご冥福をお祈りいたします。

山手のスネイプ先生 - 2014.06.11 Wed

今日、果穂さんとhajime*mamaさんと、横浜の山手にあるイギリス館で催されたスイーツフェスティバルに行ってきました。
その時の様子はまた後日記録しますが、受け付けが開始されるまでの間に撮ったいくつかの写真を載せておきます。

20140611 (2)
紫陽花とパペットスネイプ先生

20140611 (4)
ホワイトマジックとスネイプ先生

20140611 (3)
「コクリコ坂から」由来の旗

DSC02445a.jpg
説明文

「コクリコ坂から」は、観てないのが残念です。

写真 (1)a
アバダケダブラアブダカダブラとスネイプ先生

写真 (2)
緑光と(意味深)

そして、この写真をご覧ください!
DSC02454a.jpg
物思いに耽るスネイプ先生
顎と胸の間、遠くにピンクの花が見えます。拡大してみましょう。

DSC02457a.jpg
プリンスプロミスという名のユリ!
プリンスの約束…

ネット張り - 2014.06.10 Tue

今日は、仕事から帰ったらゴーヤのネットを張ろう!と決めていました。
何年か前に張った時、それがあまりにも大変だったので、秋になってゴーヤが終わった時も、屋根の下に吊るした部分はそのままにして、下部だけくるくる巻き上げて冬を越し、次の初夏、またするするほどいて張っていました。

ところが今年、外壁塗装の際に一切外してしまったので、また一から張り直さなければなりませんでした。
軒下をグリーンカーテンで覆いたいわけですから、屋根のすぐ下から張りますが、椅子を置いた程度ではとても届きません。2階のベランダに脚立を置いて作業しました。
まあ2階はそれでもさほど苦にはなりませんでした。
問題は1階です。
去年まではウッドデッキがあったのですが、それを取り払っているので屋根までの距離がありすぎ、脚立に跨った程度では到底届きません。脚立を伸ばして梯子にして立てかけてもやっぱり私には届きませんでした。
そこで、2階から攻めることにしました。
2階の窓の下がすぐダイニングの窓にはなっていなくて、屋根が結構な長さで続いています。ネットの端に長い紐をつけて、降ろすことを試みました。
でも、窓から投げても軽すぎて飛ばず、屋根の途中止まりです。
そこで、空のペットボトルを裾につけて錘にし、投網のように投げてみました。
DSC02436a.jpg
ペットボトルに巻き付け、投げる直前

DSC02437a.jpg
横切るべき屋根

DSC02439a.jpg
やった!
早速1階に降りていって調べます。

DSC02440a.jpg
絡まりながら屋根から垂れるネット

DSC02441a.jpg
先にはペットボトル

このネットがどうしても横に広がりません。上の紐が絡んでいるのだろうとまた2階に上がりました。そして、もう一度投げ直してみようと網を手繰り寄せたら、途中で引っかかってしまいました。

DSC02442a.jpg
引っ張っても動かない

DSC02443a.jpg
ここに引っかかっている!

にっちもさっちもいかないので、ベランダから物干し竿伸ばしてなんとか外しました。ご近所に見られたら、なんと思われたでしょう?

この後、なんとかネットがぶら下がりましたが、最初よりはマシになったものの、鉄棒にぶら下がるヒトとか、よれよれのランニングみたいな感じでした。
2階と1階を上記以外にも何往復もして疲れたので、今日はここまで。

母との時間 - 2014.06.09 Mon

実家で土曜の午後から今朝まで過ごしてきました。
しばらくは毎週こういう生活になります。
母と過ごす時間は私にとってとても貴重なものだった、と思える日が来るだろうと思うのですが、実際向き合って話していると話が同じ所をぐるぐるぐるぐる回って、疲れます(汗)

5,6周したところで話題を変えようと、私も色々試みました。
母が子どもの頃の話を振るのです。
すると、今まで聞いたことのなかった、母の父の実家の話(婿養子でした)、その近くにあった異人館の話など出てきて、今度は一緒に写真を見ながら話を聞きました。
母が赤ちゃんの時から高校生までの写真を収めたアルバムで、一枚一枚の説明を聞きながら最後のページまで行ったら、また戻り始めたので、さすがにもう一度聞くのは辛いと思い、「休憩しない?」と持ちかけ、昼寝に誘導しました。
母が寝ている間、やれやれ、と一息つく様子に子育て中を思い出し、苦笑しました。

週末の過ごし方 - 2014.06.07 Sat

今月から土日は実家に泊まることに決めました。
土曜日の夕食と日曜日の三食と月曜日の朝食を共にして、9時半頃デイサービスの迎えが来て、母を見送って、その後夕食を作って冷蔵庫に入れてから帰るのです。
週末はまるまる別居なので、夫の協力は欠かせませんが、快く送り出してくれました。

母の世話や家事だけで週末を終えるのは寂しいので、日課のブログは継続させたいところです。
実家のPC、XPだと思っていたらVISTAでした。
アンチウィルスソフトはとっくにサポートが切れていたのでアンインストールして、新しいのを入れました。
これでネット環境が整い、実家でもブログ更新や閲覧が可能となりました。

とはいえ、実家唯一のPCはデスクトップ型で、母の寝室にあるのでそう遅くまではできません。
人の気配があった方が安心するからと「何時までやってもいいよ」と言ってくれましたが、8時には就寝した母を背に、日付が変わるまでやるのは申し訳なく、10時くらいが限度かと思います。
あとはスマホでTwitterを少しやって、持参したハリポタ(今日は謎プリ上巻)を読んで楽しむつもりです。

お気に入り - 2014.06.06 Fri

何週間か前からInternet Explorerが開かなくなりました。
Google Chromeを使ってインターネットをやっているので一応問題はないのですが、困るのがお気に入りに入れていたサイトに行けなくなってしまったこと。
行きつけの所ならまだなんとか検索できますが(実際はその時間はないけど)、オフ会の会場探しをしていた時にピックアップした場所がわからなくなり、結局調べ直すという二度手間がありました。
海外のファンサイトなんかももう名前を思いだせないです。
他にも、ちょっと気になった程度だけどもう一度探すのは手間がかかるから、という理由でお気に入りに入れていたサイトなども、自分で何を入れて置いたか覚えていないため、見つけ出すのは難しいでしょう。もっとも、必要に迫られればその時の必要に応じたキーワードで検索するし、そうでなければその程度の興味だったということでしょうけど。
結構な数をお気に入りにいれていたので、損失は大きいです。

鑑賞の履歴 - 2014.06.05 Thu

最近映画を観に行く機会が増えています。
昨日もレイトショーで夫とMONSTERZを観てきました。

子育てがほぼ終わり、夫婦二人で過ごす時間が増えたので、新しい時間の使い方の一つとしてレイトショーを観る、というのが最近の私たち夫婦のトレンドとなっています。

今持っているポイントカード、作ってから1年半ほどですが、ポイントの履歴を見ると面白いのでここにも記録しておきます。
残念ながら、ハリポタの映画は全て公開が終わってから作ったカードなので、ハリポタの名は出てきませんが。
下に行くほど古くなっています。

2014年6月4日
MONSTERZ モンスターズ(夫とレイトショー)
2014年5月30日
WOOD JOB!(ウッジョブ)(夫とレイトショー)
2014年5月23日
WOOD JOB!(ウッジョブ)(夫とレイトショー)
2014年5月17日
テルマエ・ロマエⅡ(夫と)
2014年5月11日
WOOD JOB!(ウッジョブ)(次男と)
2014年5月6日
【吹・B】アナと雪の女王 (長女と)
2014年3月1日
小さいおうち (夫と)
2013年11月15日
清須会議 (夫と)
2013年10月1日
風立ちぬ (夫と)
2013年5月30日
モネ・ゲーム (友人と)
2013年5月19日
モネ・ゲーム (夫と娘と)
2013年4月25日
舟を編む (夫と)
2013年1月29日
テッド (夫と)
2013年1月19日
レ・ミゼラブル 【字幕】 (夫と娘と)
2013年1月16日
レ・ミゼラブル (妹と)
2013年1月9日
007/スカイフォール 【字幕】(夫と)
2012年11月21日
のぼうの城 (夫と)

こうして見ると映画鑑賞にもムラがあって、観ない時は何ヶ月も観ないし、観る時は1ヶ月に何度も続くし、面白いです。
昨日観たMONSTERZ(モンスターズ)は正直、微妙でした(笑) WOOD JOB!(ウッジョブ)は3回も行ってしまいましたが、私にとってはその価値はありました。アナと雪の女王は、夫は何度誘っても行ってくれなくて、娘夫婦も同様で、娘と一緒に行きましたが、もう一度くらい行きたいです。
夫は最近邦画の方が(シャレです)好みとかで、二人で行く時は邦画が選ばれがち。次の候補もほぼ決まっています。
思い出のマーニーも早く公開されないかな~

 - 2014.06.02 Mon

今年の二月頃、家の外壁塗装をした際、足場を組むのに柿の樹が邪魔になりました。
根こそぎ抜いてしまう必要はありませんでしたが、大きく太い枝を切る必要はありました。
作業をする人も「この枝を切ってしまったら、この樹は死んでしまうかも」と言いましたが、契約してしまったし、塗装しないわけにはいかないので、「枝を切って下さい」と頼みました。

切ってもらった太い枝は、去年と一昨年、唯一育った実の着いた枝でした。
ばっさり切られてやけにすっきりしてしまった樹でしたが、季節が変わるとちゃんと新芽が出てきて、花も咲きました。もっとも、花は毎年どの枝にもたくさんつくのですが、受粉しないのか花が終わるとガクごとごと落ちてしまっていました。
今年もそうだろうと思っていたら、小さな実が育ちつつあることに気が付きました。
DSC02433a.jpg
小さいながらも丸みを帯びた実(下から撮るからどうしても影になってしまう)

DSC02432a.jpg
花の名残のある実

今まで実が育ったことのない枝でしたから、喜びも大きかったです。
しかも現時点で4つも確認できました。
無事育って、秋には収穫できますように!

懇親会 - 2014.06.01 Sun

今日は英会話教室の面々の懇親会に参加しました。
私の行っている教室にはキッズや受験生、TOEIC点数UP目的だったりスキルアップ目的の社会人のためのコースがグループだったり個人だったりでいくつかあります。
私が参加しているのは、旅行会話コースで、月曜日から金曜日の1時とか2時とかに行われています。
今日は、その旅行会話コースの各曜日の生徒が先生を囲んで親睦を深める初めての会合でした。

元々は水曜日クラスのお二人が、「週末のお誘い」のレッスンの中のロールプレイで、日曜日は空いていますか?とか、一緒に夕食に行きませんか、とか言い、先生が答えるうちに「これはリアルなお誘いです」ということになり、実現したものでした。だから連絡をいただいたのも水曜日で、私は実家に泊まる予定があったものの、なんとしてでも参加したかったので調整しました。

私より少し若い子育て終盤の方から、私の親の世代に近い方まで8人の生徒と、先生との9人の会でした。
お孫さんがいらっしゃる方が多いのに、学ぼうとする意欲が素晴らしいです!
私はとにかく「ハリー・ポッター」で認識されていて、初対面の方も早速それで覚えていただけました。

英語が上達するには、どんな勉強の仕方、どんな教材が良いか、という話になった時、先生が「一番いいのは、ハリー・ポッターのように好きでたまらない、内容を知りたくてたまらない本を読むことです」とおっしゃり、嬉しくなりました。もっとも、それで上達したのか、というと疑問ではありますが、まあモチベーションは上がりますよね。

インド料理のお店での会合でした。
最初にスープとパパドという薄いおせんべいのようなものが出てきましたが、写真は撮りませんでした。
二皿目以降は全て記録に残しました。
20140601 (1)a
ナンとチキンとサラダ

20140601 (3)a
ラムとほうれんそうのカレー

20140601 (4)a
プラオ(スパイスを加えて炊いたごはん)

20140601 (5)a
デザートとホットチャイ

お腹がいっぱいになりましたが、すごく美味しかったので完食しました。
外に出ると霧と霧雨の中間のようなものが立ち込め、とても幻想的な光景が広がっていました。
20140601 (2)a
夜霧

英会話教室に初めて行った時から早7年。
最近目立った上達は感じられないけれど、やめたらすぐに低下するのは体験済みですから、これからも継続して他の皆さんのような素敵なシニアを目指します!

『強化薬』 - 2014.06.01 Sun

夢中で調べものしてたら、日付が変わってました!

熟成する必要のある魔法薬について調べていたら、気が付きました。
『強化薬』は5巻15章と17章で登場していると思ったら、29章にも出ていることに。
17章ではアンブリッジの査察があって、ハリーはアンブリッジとスネイプ先生との会話に気を取られて調合に失敗し、スネイプ先生の杖の一振りで鍋は空になってしまいました。
なのに、29章でハリーは『強化薬』を一度は提出しているんです。(一度は、というのは、フラスコが割れてしまい、鍋に残った薬を再提出しようとしたら、ハーマイオニーに消されていたので結局提出できていません)

まだ『強化薬』の授業続いていたの?一度魔法薬を消されたハリーは全行程をやり直したの?と疑問に思って調べてみたら、単語が違ってました!

15章と17章ではStrengthening Solutionで、29章はInvigoration Draught
Invigoration=何かに活力と気力を与える活動、活動的で元気がよく、はつらつとした性質( Weblio辞書 英和和英)

これ、『強化薬』ではないですねえ(^^;


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)