topimage

2014-09

東北旅行(盛岡) - 2014.09.30 Tue

9/26から三泊四日で岩手県と青森県に行ってきました。
今年は介護や葬儀で大変だったのでお互いの労をねぎらう意味と、結婚25周年を記念しての旅行です。元々は北海道に行くつもりだったのですが、寝台車の切符が取れず、「では本州最北端を目指そう!」ということになったのです。

本州最北端の青森県がメインでしたが、途中どこかでワンクッション置いた方が朝ゆっくりできると考え、金曜日に半日働いた後、私の職場最寄駅で夫と待ち合わせして盛岡まで行きました。
私は北は福島までしか行ったことがなかったので、宮城を通り越して一気に岩手まで行ってしまったことになります。夕方16:30過ぎには到着、意外と近いと思いました。
2014092601.jpg
西日の射す盛岡駅
第一印象は、「涼しくて緑の香りが漂う爽やかな街」でした。
駅に近いビジネスホテルにまずチェックインして、それから『でんでんむし』というどこまで乗っても100円という循環バスに乗って盛岡城跡公園に行きました。
到着した頃には既に日も落ち、慌てて写真を撮って回りましたが、間もなくほとんど見えなくなりました。

DSC02824a.jpg
見どころの一つの立派な石垣

啄木の歌碑はフラッシュでようやくそれとわかりました。
DSC02838a.jpg
斜めからでないとフラッシュが反射して何だかわからなくなる歌碑
「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」と書かれています。

行きはバスでしたが、歩けそうな距離だったので(グーグルマップだと1.5km)商店街を散策しながら戻りました。
年代物に見える低い建物のアーケード街で、何かすごく懐かしい感じがしましたが、高校生など若い人で溢れ、とても活気がある街だと思いました。
駅の近くを流れる川にかかる橋の構造に夫が興味を持ち、写真など撮っていました(私は撮っていませんでした)他にもいくつも橋があることが観光案内図からわかり、暗くなければもっと見たそうでした。

夕食は盛岡の三大麺の一つといわれる「じゃじゃ麺」のお店に行きました。
元祖のお店ではなく、観光客が入り易いと口コミのあったお店を選びました。
食べ方など丁寧に教えてくれて有難かったです。
生姜やニンニク、ラー油、お酢など味つけは好みでするようですが、初心者にはお店が推奨する配合があったのでそれを頼みました。「ピリ辛」で「激辛ではない」とのことでしたが、しばらく刺激物を絶っていたので結構辛く感じました。でも爽やかな辛さで美味しかったです。
20140926.jpg
うっかり混ぜてしまってから撮影
麺はうどんのようでした。

『チータンタン』というスープも頼んだのですが、食べ終わった器に生卵を割り入れ、自分の箸でほぐしたところで店員さんに声をかけると、器を箸ごと持ち去って、熱々のスープとネギとショウガを加えたものが戻ってきました。
20140926 (4)
テーブルに置かれた生卵

20140926 (2)
チータンタン
これも塩やじゃじゃ味噌で味付けして食べました。自分で味付けしながら食べるところがイギリスみたい(笑)

お店を出て駅の写真を撮ろうと思ったら、「盛岡駅」の文字がライトアップされていなくて少し驚きました。新幹線のホームの長さがそのまま駅舎になったようなすごく立派な駅なのに、駅名が暗くてよく見えないとはちょっと不思議な光景でした。でも、エコで良いと思います。
DSC02842a.jpg
写真にすると文字も結構見えます
とても写真に収まりきらない長さがありました。

20140927.jpg
翌朝撮影

帰宅 - 2014.09.29 Mon

銀婚旅行から帰ってきました。
夕方、最寄駅に降り立つと、いつも長旅から帰ってきた時感じる我が町の匂いというか海の匂いを感じなかったので一瞬「?」と思いましたが、すぐ理由がわかりました。
かすかにキンモクセイの香りが混じって、空気がちょっとよそ行きの顔だったのです。
自宅の庭で確認したら、キンモクセイの小さなオレンジ色の花が満開でした。
しかも、柿の実もいつのまにか色付いて、同じような色になっています。
東北から帰ってきた身には、暑いくらいの気候なのに、我が家の庭がすっかり秋色になっていて驚きました。
DSC03129a.jpg
キンモクセイとその上に覆いかぶさるような柿の実

今年のキンモクセイ、私にとっては今日が「初」でしたが、実際はもっと早かったかも。今年の数字は参考記録ということで!

銀婚旅行 - 2014.09.26 Fri

結婚25周年年を記念して、夫と旅行しています。
午前中は仕事して、午後から出発、夕方4時半過ぎに盛岡駅に到着しました。意外と近い!

2014092601.jpg
西日が差し込む盛岡駅
暗くなる前に駆け込みで観光しました。

2014092602.jpg
盛岡城跡公園から見た岩手山

帰宅後ゆっくりレポートします。
また、前の記事にコメントいただいていますが、帰宅後落ち着いてからお返事いたしますね。

悪天候時の訪問 - 2014.09.25 Thu

今日は台風というか低気圧の影響で風の強い一日でした。
雨の粒が小さかったため、フロントガラスに当たると却って視界が悪い上、軽い車体は風に煽られるし、なかなか運転には気を使いました。
また、悪天候時は道が渋滞して時間が気になりとてもストレスが溜まります。

1件目のお宅を訪問したのは、既にいつもより5分くらい遅れていました。
5分遅く着けばその分終了もずれ込みますから、押せ押せになって最後の方の訪問がとても遅くなってしまうので私の気持ちも焦ります。
しかも悪いことに、1件目のお宅は、駐車してから玄関に入るまで結構な時間がかかるのです。
そこはマンションで、来客用の駐車スペースに縦列駐車で停めるのですが、今日に限って入り口に近い方から4台も駐車していたので、私は5台目に停めたのです。エベーターホールには遠いので、それだけで行きも帰りも時間のロスが出ます。
さらに、そこは管理が行き届いているので、来客は管理事務所で必要事項を記入して、駐車許可証をその都度借り、返す時も何時に返したか記入するするのでよけいに時間がかかるのです。

1件目のお宅を出て、7階からエレベーターで1階に下り、管理事務所の前を通り過ぎ、車を駐車している所まで小走りで行き、車を管理事務所の前まで移動させ、そこでハザードランプを点けて停車させ、駐車許可証を持って車を降り、返却手続きをして再び車に戻る、というのがいつもの流れです。

今日は強風と雨の上、いつもより遠くに停めて、しかも時間は遅れ気味、ときて焦る気持ちを抑えつつ、管理事務所の前まで車を移動して、フロントガラスに立てかけておいた駐車許可証を掴んでドアから飛び出したら、そこに管理人のおじさんが駆けつけてくれて、許可証を受け取ってくれました。
今までもその管理人さんがたまたま掃除などで近くにいると、返却時の記入を省いて受け取ってくれることがあったのですが、この時は管理事務所からわざわざ出てきてくれたのでした。風と雨の中。

この心遣いはとっても胸に沁みました。
悪天候や渋滞への苛立ちや遅刻への焦りなどで荒んだ気持ちが急に穏やかになりました。
おかげでその後の運転も仕事も無事に終えられました。
おじさん、ありがとう!

TABOO - 2014.09.24 Wed

実は私、5連休でした。
月曜日と水曜日が元々オフ日なので火曜日に祝日があると、5連休になるのです。
お墓参りと実家(共に市内)に行った他はまあまあ大人しく過ごしていました。

連休最後の今日は英会話に行ってきました。
いつもは金曜日クラスなのですが、今週の金曜日に予定が入ったため、今日に振り替えてもらいました。
曜日が違っても、お互いこうして振り替えし合っているので、だいたい顔見知りです。で、今日はお菓子作り教室の先生でもあるYさんと二人でレッスンを受けました。

近況を報告し、宿題を発表し合い、今日の課題を終え、最後に5分ほど時間が余ったからとゲームをしました。
ゲームの名前は『Taboo』
何をするのかと思ったら、まず私がホワイトボードの前に座らされました。
背後のホワイトボードに先生が書いた単語を、Yさんが直接その言葉を使わずに説明して私が当てる、というゲームです。何かテレビの番組にありそうなゲームですね。

最初に書かれた文字を、Yさんは「Summer」「Night」と単語レベルで説明します。
「colorful」と来て、わかりました。
「Fireworks!」
正解でした。

次も「Japanese go there」 「January first」でわかりました。
「Shrine」で正解でした。

次は私が説明する番です。
「BBQ」
説明するとなると案外難しく、やはり単語レベルで「Meat」「Vegetables」「grill」と言って当ててもらいましたが、もう少し文章にしたかったです。

次は「The Great Wall」万里の長城のことです。
タブーではないかもしてませんが、Long castleも反則な気がしました。
「In China」(これもせめて「それは中国にあります」くらいの文章にすれば良かったと後に思う)
「It is world heritage・・・may be・・・」(自信がない)
「Long」また単語。
ここで当ててもらいました。

説明する方が圧倒的に難しいと思いました。
でも、これはすごく楽しいゲームで、応用できるのではないかと思いました。
先生もハリー・ポッターの単語でやってみたら?と言いましたが、もとよりそのつもりです。

「Black hair」「Hooked nose」「Sallow face」
あれれ?簡単すぎました!

手段を選ばない - 2014.09.23 Tue

Pottermoreでは、今週の金曜日に寮杯の行方が決まります。
それに先だって新しい機能を備えたとメールが届いたり、砂時計がカーテンで隠されたりして、私の気分も盛り上がってきました。
ゆっくり魔法薬を調合している時間はないので、専ら決闘でスリザリンの得点に貢献します。
といっても、むしろ他の寮の得点に貢献しているのでは?というくらいヘボかったのですが、今日になって調子が上がり、高得点が出るようになってきました。
最高145点でるはずの呪文『ペトリフィカス・トタルス』で、私は139点が最高、今日は137点以上がたくさん出たものの、140点以上出してくる強者には敵いません。139点で負けると非常に悔しいです。

で、そういう強者はまた私のような弱者を食い物にしてくるんです。
新しい機能で呪文の平均スコアが出るようになったため、こいつ弱いなと判断されるのでしょう、そんな相手からの決闘の申し込みが後を絶たなくなりました。
でも私だってそうそうおいしい思いをさせるつもりはなく、相手の平均スコアを見て、不戦を決めるのです。
「やめる」を選ぶまでは同じ人に決闘を申し込めないので、私は「やめる」も選ばずそのまま放置、強者が放った呪文は宙に浮いたまま無視され続けるわけです(性格悪い)だって一度応じて負けると何度でも決闘を申し込んでくるんですよ。食い物にしてるとしか思えません。
逆に初心者と思われるやけにスコア平均が低い人からの申し込みは、社会勉強だと思っていただけるよう、喜んで応じます。
ふぉっふぉっふぉっ。スリザリンの得点のためには私は手段を選びませんよ!
ちなみに今回は二つのアカウント合わせて現時点で5000点弱スリザリンに貢献しています。もっともっとがんばるぞー!

ミシン - 2014.09.22 Mon

友の会のハロウィン旅行で着る衣装を作ろうと思い、実家に行きました。
先日書いたように、我が家のミシンは壊れているので実家のを使わせてもらおうと思い、今は無人となった実家を訪ねました。昨日のうちに型紙を作って、布を裁断して、その布とミシン用の糸を持って出かけます。
お彼岸なのでバスを途中下車してお墓参りしてから行きました。駅と実家のちょうど中間あたりにある霊園に両親のお墓があるのです。普段のバッグの他にもっと大きな荷物を持ってお参りしました。

実家についてまず窓を開けて風を通し、それからミシンを探し始めました。
実家のミシンは、長女が幼稚園に入園する前に借りて、劣化のため使っている間に壊れてしまって、結局我が家でも購入することになったのですが、先日母の介護で通っていた頃か、母の死後何かを探していた時だったかに、今まで見たことのないミシンを見かけて「あ、いつの間にか買ったんだ。うちのが壊れてるから今度借りよう」と思ったのです。

が、その時私が目にした場所にミシンはありません。
というか、どこで目にしたかはっきり覚えていないのです。
確か、納戸の入り口に近い床に、やや埃っぽい白いハードカバーのかかったミシンらしき物があったように思ったのですが、その場所には見間違えるような物は何もありませんでした。
他の部屋の押し入れや物入れを探したのですが見当たりません。
妹が借りていったかな?と思い、電話すると、そもそも実家にミシンなんてあったのか?という疑問を投げかけられました。
大昔のミシンは私が壊したも同然、と話すと、その後母が買うとは思えないと言われ、そうかもなあ、と思いました。

では、私が見た白いカバーのかかった物は何だったのか?夢だったのかなあ、と言うと妹は本気で心配しました。
夢と現実の区別ができなくなっていることが怖いそうです(他人事みたい^^;)
結局あの白い物体を見た記憶が現実か夢かわからないまま、探すことは諦め、荒れに荒れた庭の草むしりと室内の掃除機かけをして帰りました。
20140922.jpg
ついでに青いみかんを1個収穫

うーん。せっかく布を裁断したのに縫えないとは!
出費が痛いけれど買うしかなさそうで、今色々物色しているところです。

読書の秋 - 2014.09.21 Sun

今朝は、朝食の食卓で、長男と本について少し話しました。夫が泊まりで不在だったので朝食は長男と二人だけだったのです。
私がある本を勧めたら、長男は興味を持ちつつも「それより先にハリー・ポッターを読まなければな」と言いました。
そう、長男はハリー・ポッターを自分では読んでいないのです。

私がスネイプ先生に夢中になって間もなく、寝る前の何分か、三人の子どもにハリポタを読み聞かせるようになりました。娘は自分で読んでいたし中学生になっていたけれど、やっぱり一緒に聴きました。
このことは以前書いたかと思いますが、5巻28章『スネイプの最悪の記憶』の途中まで読んだ時、次男が先を知りたくて自分で読んでしまったためにその続きの読み聞かせはなくなり、以降長女と次男は発売直後に読むものの、長男だけは自分でハリポタ読んだことは無かったんです。映画は観たようですが。

5巻の28章まで読んであげたよ、と言ったら「5巻から読んでみようかな」と言います。
「折角だから最初から読んでみたら?」と勧めたら、「一気に読む時間はないな」と読む気そのものが失せそうな気配だったので、慌てて「じゃあ、4巻までのあらすじを教えてあげるよ!」と引きとめました。
その後本当に長男は5巻を読み始めました。10年のブランクを経て。

いきなり「スクイブってなんだっけ?」という質問が出て、こりゃやっぱり1巻から読むべきだったのでは?と思いましたが、続きを読んで欲しいばかりに口をつぐみ、語句の説明と、フィッグばあさんがずっとダーズリー家の近所のマグルだと思っていたのに実は魔法界に通じていたことの驚きは相当大きかった、という説明もしました。
思えばローリングさんにはずいぶん驚かされました。
長男にもこの楽しさがわかってもらえますように!

スコットランドが独立したら…(921追記) - 2014.09.18 Thu

今日はPCは立ち上げないつもりだったのですが、スコットランドで住民投票が始まったとなると、やはり黙っていられませんでした。
もし、スコットランドがイギリスから独立したら、スコットランドのハイランド地方にあると言われるホグワーツと、そこへ向かうホグワーツ特急の出発地ロンドンのキングズクロス駅との間を、国境が隔てることになるのですから。

キャメロン首相がこの住民投票を許可したのは2012年の10月とのことですから、ハリー・ポッターを執筆していた頃のローリングさんにはまさか『19年後』を迎える前にこのようなことが起こるとは思わなかったことでしょう。学校のある場所が、イギリスではなくなってしまう可能性が出てくるなんて…

物語の中では、19年後つまり2017年の9月には、アルバス・セブルス君やジェームズ・シリウス君はお父さんの世代と同じようにロンドンのキングズクロス駅から出発していました。
マルフォイ家はウィルトシャーにあると作品中にも書かれていますが、スコーピウスも同じ日に9と3/4番線にいたところを見ると、やはり学校がスコットランドという別の国にあろうとイギリス在住の魔法使いの生徒はホグワーツに入学するということになりますね。後付けの説明ですが。

元々スコットランドに住んでいる生徒はホグワーツ特急に乗るのだろうか?という疑問がありましたが、独立したらもっと事態は複雑になりますね。
投票の結果がどうなるか、固唾をのんで見守っています。

9/21追記
住民投票の結果、独立にはなりませんでしたね。
この記事を書いてから気付いたのですが、約300年前までは独立した王国だったわけで、つまりホグワーツが創設された頃はそもそもスコットランドもウェールズも別の国だったことを考えれば、今回もしスコットランドが独立してもやはりイングランドの生徒はホグワーツに行くことは間違いなかったろうと思いました。
ただ、ホグワーツ特急がキングズ・クロス駅から出発するようになったのは連合王国になった後だったので、ホグワーツ特急が国境を跨いだことはなかったのでしょうけれど。

安静とは - 2014.09.17 Wed

4年前に入院した時と同じ病気が再発してしまいました。
腸の病気であるにも拘わらず消化器症状が出ないため、4年前は謎の腹筋痛と思い放置し、痛みで眠れなくなり歩くのも辛くなってからようやく受診した時には腹膜炎を起こしていました。

今回はそうなる前に受診したのでごく軽度で、CTでの肉眼所見はあるものの、血液検査では異常が無く、「入院の必要はない」と言われて安堵しました。4年前、入院か通院かの選択を迫られた時、堂々と休めるからと入院を選択して、後がひどく面倒だったので、今回は何が何でも入院は避けたかったのです。
代わりに食事療法と安静を言い渡されたのが、約2週間前のことでした。
先週二度目の診察の時、まだ痛みはあったものの、「良くなっている」と言われ、診察も終了しました。

が、未だに痛みは続いています。
こうなると、食事の制限や安静をいつまで続けて良いのか見当がつきません。
刺激物について二度目の受診時聞いてみたら、コーヒーは1日1杯くらいならOK、激辛の物と揚げ物を食べすぎることは避けるように、とのことだったので割と制限は緩い印象。とりあえずアルコールと香辛料と揚げ物を避けています。

「食事制限より安静が大事」と注意されたので、安静を軽く見ないことにしようと思いました。
が、安静と言われて具体的に何をすれば良いのか、何をしたらいけないのか、よくわかっていないことに気付きました。
先週1週間は残業を断り、飲み会もキャンセル、ウォーキングも行ったり行かなかったり、他はだいたい普通と同じ生活を行っていましたが、完治しませんでした。
今週は同僚たちがあまりにも忙しいのを見過ごせないので残業することにしましたから、もっと積極的に安静に努めなければならないと思いました。週末に予定していた同僚とのバーベキューも泣く泣くキャンセルしました。

「安静とは」で検索すると、ほとんど妊婦さん向けの説明しか出てこないのでよくわかりません。
好きなことに熱中しているなら、身体のためには良いようにも思えますが、とりあえず睡眠時間を増やしてみようと思っています。ブログも更新したりしなかったり、試行錯誤してみます。

 - 2014.09.15 Mon

朝、家族がまだ寝ている間にウォーキングに行きました。
身支度を整えて、ちょうど6時くらいに家を出ようと玄関のドアに手をかけたら、階段を二三段かけ下りる音がしたので見上げましたが誰も下りてきませんでした。
何かが落ちたかな?と、折角履いた靴を脱いで階段を上がってみたけれど特に何もなく、狐につままれたような気分で出かけました。

こんな話を家族にすれば、「おばあちゃんだ」とか「おじいちゃんだ」とか騒ぎそうなので黙っています(笑)まあ、夫は「うちにはおばあちゃんはいない」と断言していますが。
私は何も感じないけれど、夫が断言するといないような気がしてしまうのは確かです。何かの気配を察知したら、すぐに知らせてくるタイプなので。

母が亡くなった翌朝、夫は私にこんなことを聞いてきました。
「昨日は眠れなくてテレビ見てたの?」

母が亡くなった晩、看護師さんが夜中の1時過ぎに帰られ、その後葬儀社の方がみえて、保冷作業の後帰られたのは2時を過ぎていました。それからシャワーを浴び(覚えてないけどた多分そう)、母の横たわるベッドの下にいつもの通り布団を敷いて私は寝ました。眠りは浅く、夢を見て目覚めはしたものの、比較的眠れた方だと思います。

だから、もちろん夜中にテレビなど見ていません。
我が家のテレビは1階の居間に1台あるだけ、1階に寝ていたのは私(と母)だけだったし、ふすま一枚隔てて私のすぐ隣にあるテレビを誰かが見ていれば眠りの浅かった私が気付かないはずがありません。
「見てないよ」と答えると、ちょっと驚いたようでした。

お通夜は翌々日だったため、翌晩もまだ母は我が家に居ました。
でもさすがに私も疲れていたので、その晩は母とは一緒に寝ず、二階の寝室で夫と一緒に寝ました。
夜中に夫がトイレに起きた気配を感じたものの、久し振りにまとまって眠ることができました。
朝、夫は今度は長男に「昨日の晩、泣いてなかったか?」と聞きました。
トイレに起きた時、1階からすすり泣く声が聞こえたのだそうです。
私が熟睡しているのを夫は見ていたので、その時家に居た長男が母のベッドの所で泣いているのかと思ったらしいです。が、長男は私たちの隣の部屋でぐっすり眠っていたそうです。
「いや、俺じゃない」と長男が答えるのを聞いて、夫も「そう言えば声は一人じゃなかったし、女の人の声だったな」と思い出したようでした。

ひぃぃー一体誰が泣いていたんでしょう?
母ではなかったと夫は断言します。
その晩、私の妹や姪にあたる私の従姉が、それぞれの家でかなり泣いた、とのことだったので生き霊だったのかな、と話題になりましたが、その後夫は我が家において何かの音を聞くことはなくなりました。

そんな二人だか三人だかのすすり泣きを夫が聞きとっている時に、グーグー寝ていた私ですから、私だけが何かを聞きとれるとはとても思えません。
私が朝聞いた音は何だったのでしょうね?

仮装用 - 2014.09.13 Sat

ブリティッシュヒルズ旅行の日程表を見ると、いつもの通り夜にはお茶のパーティがあります。
仮装OKの個室ということで、何を着ようか悩むところです。
そもそも、この時期ブリティッシュヒルズには映画のホグワーツ生のローブのような防寒マントが備えられているので、特に仮装を用意しなくても十分ホグワーツ生っぽくなります。
フードの内側がワインレッドだった年もありましたが、緑のことも多く、もうそれだけでスリザリン生気分が味わえるんです。

去年の友の会のハロウィンパーティでは大鍋をかぶりました。
あの大鍋は健在で、ちゃんとハリポタ部屋に居場所もあるのですが、さすがに福島まで持っていくのは辛いです。
今年はどうしようかな~と思っていて、ある考えが思い浮かび、自作は大変そうなのでネット上で見つけたお店に作製を依頼しようとメールで問い合わせました。
何回かメールのやり取りをして、ちょっとイメージに合わないかなと感じ、結局注文しませんでした。
でも、メールのやり取りをするうちに心に火がついてしまったので、自作してみよう、という気持ちになり、そのまま材料を探して発注し、今日、手元に届きました。

さあ、これから旅行の日までの1ヶ月余りで完成させなければなりません。
しかも、見本や型紙となるようなものはネット上でも見つけられずく、オリジナルのデザインとなります。
しかも!!うちのミシンは壊れていたことを、発注してから思い出しました!!(割と太い金属の部品が折れて針が止められない)今は無人となった実家行って縫ってくるのは大変だけど、買うのもなあ……。

完成できなかったらスリザリン風ネクタイにマントで参加するという道もあるので、気楽に作製に取り組んでみるつもりです。それなりに見られる作品ができたら、旅行後に報告しますね!

上書き - 2014.09.12 Fri

今日、まだ夏休み中の次男が帰って来て、長男も珍しく仕事から早く帰ったので、夫婦と息子とたちと4人で食卓を囲みました。
最初は次男の学生生活、授業や部活、夏休み中の実習の様子などを聞いていたのですが、そのうち話題は漫画やアニメに移っていきました。
以前はそんな話にもついて行けたのですが、最近はとんと話がわからなくなりました。
年のせいというより、ハリポタばかりに興味が偏って、ほとんどゲームをやらなくなったし、漫画もあまり読んでいないからです。
長男は、映画やマンガのセリフを覚えるのが得意で、色々なシーンをセリフで再現し、それを聞いた次男などは「映像が蘇る」と褒めるのですが、私はキョトンとしています。

そのうち長男は最近夢中で読み返し、「傑作だ」と感じた漫画の一場面を再現し始めました。
それは、20年近く前に私が大好きだった『ダイの大冒険』という漫画での一場面でした。
しかし、私にはどこの場面か思い出せず、特に感慨も持たずに再現を聞いていたら、長男と夫が顔を見合わせて「この表情ではわかってないね」と言い当てました。
なんと、その頃私が胸を焦がしたキャラクター『ポップ』のセリフを再現していたのでした。

かなり好きでしたよ、彼のこと。
熱い想いを文章にしたためてジャンプに送って、雑誌に載ったことは以前このブログにも書きました
なのに、そのセリフを聞いても気付かないとは!

終わった恋愛を、女は上書き保存、男はフォルダ別保存とか聞くけれど、私も上書きしてしまったのでしょうか!?自分ではフォルダ別保存だと思っていたのにちょっとショックでした。
スネイプ先生への想いをいつか上書きする日がくるなどとても想像できないけど。
気持ちは変わっていくものだとしても、美しい思い出としていつまでも個々に保存しておきたいです。

お祝いメッセージ - 2014.09.11 Thu

OTの同僚M君の誕生日だということで、A君がお菓子を用意してくれました。
いつもOTの誰かの誕生日には、駄菓子や袋菓子を用意するんです。
しかも、本人の名前の文字が入っているような名前のお菓子をチョイスするんです。
今年はなぜか私の誕生日にはその慣習が破られ、もっと高価なポーチをいただいたのですが、去年は私ももらいました。
F1000498a.jpg
スネイプの入った食品たち

さて、今日私は二つのお菓子を受け持ちました。
一つはコアラのマーチで、一つはなんとかという横文字(思い出せない…)のおつまみスナックです。
最近では文字を囲むだけでなく、イラストやメッセージでデコレーションするようになっていて、センスの無い私は毎回悩みます。

自分のあまりの美的センスの無さに、あのUSJのお土産の箱を解体してハリーの部分を切り抜き、貼りつける、という手法を思いつきました。
2014082901.jpg
この箱

吹き出しを作ってハリーに何か縁起の良さそうな呪文を唱えさせればいいんじゃない?と思いつき、助手のIさんに「この箱、邪魔ですよね。私が片付けない限り誰も片付けないですよね。今までごめんなさい」と引き取ろうとしました。
ところが、「いえ、いいのよ、そうじゃないの。みんなも『捨てるのもったいない』って。今度患者さんにリハビリとして額縁を作ってもらうって言ってたわよ。その作業に適した患者さんが今はいないみたいだけど、その時まで取っておくって」と言うではありませんか!そばに居たPTの同僚も「そうそう!」と頷いています。
段ボールで額縁作って、誰かの作品をリハ室に飾ることは今まであったのですが、まさかハリーも飾られ候補に挙がっていたとは!私の目論見は外れましたが、嬉しかったです。

結局、コアラのマーチは、パッケージに描かれた全てのコアラの頬に渦巻き模様を入れて、「バカボン」と注釈を入れてにぎやかにしてみました(笑)
おつまみスナックの方は、商品名に添えれらた「おつまみスナック」の文字をいじろうと思いました。あいうえお作文のように。
出来上がったのが以下の文。ちなみに、M君はおしゃれな男の子で、結婚を控えています。

おしゃれもいいけどこれからは
つつましく
まじめに
みらいを考えよう
スネイプ先生のように
なせばなる
つよい絆で
くいの残らない人生を!

やけに説教臭いお祝いメッセージになってしまいました。
というか、「スネイプ先生のように」が明らかに文脈から外れてましたね(汗)

母のこと - 2014.09.10 Wed

今日、母の夢を見ました。
母の亡くなった当日、ベッドで眠っている姿の夢を見て「やっぱり生きてるじゃん」と思った時以来だったし、会話をしたのは、亡くなってからでは初めてでした。

職場の小さな会議室か何かで勉強会に参加して、会が終わってスタッフルームに戻る道すがら雑踏の中(なぜか廊下は人が溢れていた)にパジャマ姿の母を見つけて、戻って手を取り、一緒に歩いて部屋に入り椅子に座らせ、私はひたすら謝っていました。
夢の中でも母が死んでいることを私はよくわかっていて、わんわん泣きながらただただ謝っているうちに覚醒してしまいました。外が明るくなりかけていることはわかっていましたが、しばらく目を閉じて夢を反芻していました。

夢はみぞの鏡だと思いました。
生きている母に謝りたいという私の望みが夢で実現したのだと思います。
この機会に、母の最期の記録をつけようと思います。

非常に長文だし、生々しい表現もあります。平気な方は続きからどうぞ。

プチオフ会 - 2014.09.08 Mon

昨日、我が家に果穂さんときじゅさんがいらっしゃいました。
以前一緒にイギリス旅行に行ったご縁で母のことをご存知で、お線香を上げに来て下さったのです。

駅で待ち合わせて、お昼にパンケーキを食べました。
私はパペットスネイプ先生をお連れしたつもりで撮影しようと取り出したら、以前ブリティッシュヒルズの旅行でゲームの勝利者に与えられた手作りハリポタカルタでした。しかも読み札だけ!袋の色が同じのため、間違ってしまったのですが、何たる不覚!

その後本屋さんに行き、児童書のコーナーを目指しました。
先日発売されたペガサス文庫の不死鳥の騎士団の1冊目の表紙を確認しに行ったのです(笑)
児童書のコーナーには、ハードカバーと携帯版とペガサス文庫の3種類のハリポタがあり、普通の文庫本のコーナーには、文庫版のハリポタがあって、場所を移動して感想を述べ合いました。こういうことって意外と普段できないので楽しかったです。

その後小雨の降る中、家まで歩いていただき、お茶を飲んでお話しました。
話しているうち雨が止んだので海に行きました。途中でまた降り出したので引き返すという選択肢も出てきましたが、先に進みました。

いつものウォーキングコースを歩くと、期待していたキノコが見つかりました。
20140907 (3)a
芝生の上のキノコ郡
画像からはわかりにくいですが、大きめのシイタケくらいのサイズの肉厚の黄色っぽいキノコでした。

20140907 (14)a
林の中のキノコ郡
頭の部分がたまご型の白いキノコがいくつか生えています。

20140907 (6)a
アイスか何かのようにも見えます

20140907 (11)a
こちらは柄が短く肉厚のキノコ

海に着くと、今日は比較的穏やかで、雨はとりあえず降っていないもののどんより曇っているので人出も少なかったです。
20140907 (15)a
厚い雲と穏やかなな海
この穏やかな海面を時々魚が跳ねるのが見えるのですが、どういうわけか私が見ている時にだけ跳ね、私の声に反応してお二人が海面を見ている時には跳ねません。かなり長時間凝視していたのに、「仕方ない」と諦めて二人が視線を逸らした隙にまた跳んで、ということを何回も繰り返しました。ちなみに魚の大きさは鯖くらいでした。

カニの穴と思しき穴もいくつかありました。
20140907 (16)a
たぶんカニの穴
手前の砂利もおそらくカニが穴を掘った時に運び出されたものでしょう。
相当掘らないとカニにはお目にかかれないので掘りませんでした。

帰りに再び公園に寄ると、池のそばできじゅさんが「カワセミの声がした!」と言いました。
いつもの公園にカワセミがいるなんて知らなかったので、しばらくその場に居たら、カワセミの飛ぶ姿をきじゅさんが認め、その方向を目で追うと青い翼の鳥が見え、その後止まったところを撮影しました。

20140907 (19)a
めいっぱいズームしてこの写真

カワセミの部分を拡大したのがこれ↓
20140907 (20)
中央にカワセミが!(翼の青さまが伝わらない)
カワセミ、前からいたのでしょうか?きじゅさんに教えていただかなければ、ずっと気付かなかったかもしれません。

家に戻った後は先日自宅で取材を受けたのローカルニュースのDVDを一緒に鑑賞しようと思ったのですが、ついに見つけることはできませんでした。うーん、どこにやってしまったんでしょう?私…
その代わり、ポタモアのスネイプ先生の挿絵を見たり、映画で使われた上級魔法薬の本のプリンスの文字を解読しようとしたり、ゆったりと有意義な時間を過ごしました。

台所の目隠しに、オフ会で使っている緑の布を養生テープで留める、というワザを使わなければなりませんでしたが、家庭訪問オフ会、楽しかったです。

初めてのお店 - 2014.09.06 Sat

一昨日、仕事の後にマンドリンのOB会の用事で会長と待ち合わせをしていました。(ここのところ毎日誰かと待ち合わせしています。昨日はうっかり忘れていましたが、5日連続です)
昨日同様、待ち合わせは私の職場の最寄り駅で(会長はわざわざお越しくださいました)、待ち合わせの時間まで1時間半くらい余裕があったので、お昼がまだだった私は一人でランチをしようと駅前の商店街を目指しました。

以前ハリポタのお友達とお茶を飲んだティールームでもランチをやっていたのですが、既に1時半を過ぎていたし、ちょっと体調も良くなかったので、メニューに書かれたポークソテーは重すぎると感じて入りませんでした。
入ろうと思っていたお店に入らないとなると、どこに行けば良いのかすぐには思いつきません。
できれば、今まで入ったことのないお店に挑戦してみたい、と考えていて、気になっていたけれど入ったことのないカフェがあったのを思い出しました。
職場付近のカフェを検索するとだいたい出てくるし、場所も分かっているのですが、地下にあるので雰囲気が外からわからず、躊躇していたお店です。が、時間もあるし、どこかでゆっくり座りたかったので、勇気を出して入りました。

階段を下りた突き当りに、そのお店がドアを開いた状態で営業していました。
4人掛けのテーブルが4つか5つ、6人くらい座れる席が1つ、カウンター席が7~8個の、狭すぎず広すぎず、と言ったお店で、テーブル席は全て埋まっていました。カウンターでも良いですか?と問われ、一人なので却ってその方がよくてOKし、奥に通されました。
お客さんの年齢層は私よりやや高めで、おしゃべりは弾んでいるようでしたが、落ち着けるお店でした。
見るからに美味しいコーヒーを淹れてくれそうな雰囲気だったのですが、今、刺激物は控えた方が良いと言われているので紅茶にし(どっちもどっち?)、食事としてサンドイッチを頼みました。

カウンターだとマスターの動作がよく観察出来ました。
コーヒー豆を計って挽いてドリップで淹れて。その淹れ方はとても大胆なのに美しく泡が立って見事に豆が膨らんでいます。これはますます飲んでみたくなりました。
紅茶の方も、まず煮えたぎったヤカンのお湯をカップに注いで温めます。ティーポットに茶葉を入れ、さっきのヤカンとは別のヤカンからお湯を注ぐと、その場で茶葉がジャンピングを始めました。お湯の対流によってポット内で上下方向に回るのです。すぐにカバーが掛けれられてしまうためその後の様子は見えませんが、砂時計を置いて時間を計って、時間がくるとそのお茶を別のティーポットに移し茶葉を取り除いた状態で提供されました。

アッサムを頼んだのですが、色も美しく香りも良く、とても美味しかったです。
カウンターのマスターの背側には棚があって、何種類ものカップがコレクションのように並んでいました。各一つずつといった感じで、お客さんたちにはみんな違うカップで届けられます。何か基準があってカップが選ばれるのか、適当なのかわかりませんが、次はどんなカップで淹れてもらえるだろうと考えてしまいます。
サンドイッチも美味しかったですが、素朴な感じの自家製ケーキもすごく美味しそうだったので、次はケーキとコーヒーに挑戦したいと、自然にリピートした時のことを考えていました。
思いがけず、良いお店を見つけて嬉しいです。

冷や汗 - 2014.09.05 Fri

今日、午前で仕事が終わって帰路についた時のこと。
職場の最寄り駅の改札口の中に私の妹の姿が見えました。
おや?と思うのと、今日は私の職場近くにある建物の集会室で会議があるとか言ってたな、と思い出すのと同時でした。
改札を通りながら名を呼ぶと、妹は操作していた携帯をしまい、「あ、お疲れ~」と答えました。
と、同時に今日妹と待ち合わせていたことを思い出しました!

一昨日の水曜日、母の四十九日の法要と納骨を無事済ませた私たちは、その後実家に行き、『お返し』について話し合ったり挨拶状の文面を考えたりしました。でもとても疲れていたので続きの作業は土曜日(明日)することにしたのですが、それに先だって妹から受け取るものがあったので、たまたま私の職場近くに妹が来るという今日に、駅の改札口で会おうと決めたのでした。
割と最近、妹との約束をすっかり忘れる、というミスを犯したばかりだったので、妹は警戒して「忘れないようにどこかに書いておいてね」と言ったので、その場でパソコンのアドレスに向けて「金曜日」というタイトルでメールを送ろうとしたのですが、何かで中断し、下書きになったままだったこともさっき思い出しました。

元々の約束時間が、私が英会話に行くのにちょうど良い電車の時間に合わせてあったのですが、今日はたまたま買いたいものがあったので「英会話の前に買っておこう」と思い、いつもより20分くらい早く駅に着きました。
妹もたまたま約束の時間より早めに改札内に入ったので私の目に留まりましたが、約束通りの時間に妹が来ていたら、私は待ち合わせを忘れたまま一人で帰ってしまうところでした!

妹は私が「忘れていた」とはつゆ知らず、ちょうど良い時間にやってきたと思っているようなのでそのまま私も何食わぬ顔でしゃべりましたが、汗が後から後から顔を流れ落ちました。
待ち合わせをしたことは思い出したものの、何のために?という部分が思い出せなくて、会話から探ろうとしたので、よけい汗が止まりませんでした

ペガサス文庫(9/5追記) - 2014.09.04 Thu

今日、Twitterでペガサス文庫版の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が搬入発売されたことを知りました。(搬入発売という言葉も初めて知りました!)
そして、表紙の画像も一緒に流れてきたのですが、目にしてギクッとしました。
こ、これはもしやスネイプ先生では!!!

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-1 (静山社ペガサス文庫)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-1 (静山社ペガサス文庫)J.K.ローリング 松岡佑子

静山社 2014-09-05
売り上げランキング : 19496


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


表紙の絵はハードカバー同様ダン・シュレシンジャーさんです。
で、他の巻を見てもそうですが、見覚えがないので描き下ろしなのではないかと思います。
この鼻の形、髪質、目つきの悪さから言って、他のキャラクターとは考えにくいように思うのですが、いかがでしょう?
5巻24章の扉絵もスネイプ先生だと私は思っているのですが、その人物と鼻がそっくりです。24章は閉心術の個人授業を初めて行う章で、スネイプ先生が唇を指でなぞるシーンがあり、扉絵の人物も唇に指を当てているんです。そちらの髪型はオールバックに近く、ペガサス版表紙とは少し違いますが。

いやー、実に良いです!ダンさんの描くスネイプ先生も素敵♪(な~んて思いこんでいて実はシリウスだった、とかだったらどうしよう
ハードカバー全巻と文庫版5巻までと先日電子書籍を買ったばかりだから、さすがにペガサス版は買わないと思っていたけれど、これには心動かされました。(買うかどうかはわかりませんけどね)

9/5追記
やっぱり、この表紙はスネイプ先生だったことが、Twitterにて判明しました!
ダンさんの新しいスネイプ先生を見られるとは期待していなかったので、本当にうれしいです。
もう、この雰囲気すごく好みこれこそスネイプ先生って感じ!

ヴァージン・アトランティック航空 - 2014.09.03 Wed

入会しているヴァージンアトランティック航空のフライングクラブからメールが届きました。
件名が「重要なお知らせ」だったので個人情報でも漏れたのだろうかと思って開けたら、思いがけない内容で驚きました。
なんと、「東京-ロンドン路線の運航を終了する意向を発表しました」と書いてるではありませんか!
ヴァージンアトランティック航空のロンドン直行便が廃止されるなんて、夢にも思ったことありませんでした。最後の運航便は2015年2月1日予定とのことです。

初めてイギリス行った時に利用したのヴァージン・アトランティック航空だったし、今まで5回のイギリス旅行中4回利用しています。
途中で「マイルをためよう!」と思いついたので、まだ2往復分しか溜まっていなかったけど、いつかはプレミアムエコノミーにグレードアップしてロンドンまでひとっ飛びしようと夢見ていました。
正直、復路の機内食には閉口するんですが、それでもイギリス旅行と言えば、私にとってはヴァージン・アトランティック航空だったのでこの決定はショックでした。お知らせを読むと採算が合わない路線だったようで、残念で仕方ありません。

>当社の東京-ロンドン路線の廃止後も、当社の提携パートナーである全日空(ANA)の東京-ロンドン便で引き続き当社のフライングクラブのプログラム特典をご利用いただけます。

とありますが、中途半端にたまったマイルをどうしたらいいのか、よくわかりません><

ホグワーツ特急に乗って - 2014.09.01 Mon

今日は9月1日、ホグワーツ特急がキングズクロスから出発する日でした。
イギリス時間でももう11時は過ぎたので、今頃列車はたくさんの生徒を乗せてホグワーツに向かっていることでしょう。
この中には、16歳のテディー・ルーピンもいたに違いありません(1998年の4月に生まれたので)ビクトワールもいたことでしょう。もしかしたら、ジェームズ・シリウス・ポッターもいたかも知れませんが、生年が明らかではないので、来年かもしれないし、再来年かもしれません。
USJに行った方も多かったようで、Twitterはその話題で溢れていたし、実際にイギリスキングズクロス駅で11時を迎えた方もいらして、本当に羨ましかったです。

今日のホグワーツ特急は逃してしまいましたが、まだ私には乗る機会があるんです。
ほら、ブリティッシュヒルズへ行く旅、ホグワーツ校友の会の10/25からの一泊旅行は、まさにホグワーツ特急の旅みたいじゃありませんか。
東京駅は日本の魔法使いや魔女が魔法学校に出発するのにふさわしい駅だし、列車内では同じ場所を目指す同志の方々と席が近くてコンパートメント風だし、超特急で北に向かって駅で降りたら、セストラルの引く馬車に乗るようにバスに乗って人里離れた場所に行って。ホグワーツがあると言われるスコットランドのハイランド地方に近い風土ということだし、中世の英国の街の雰囲気も、食堂も寮の部屋も防寒用のマントも、そのままハリー・ポッターのイメージ。
そう考えると胸が弾みます。

設備にハリー・ポッターの世界に通じるものが多いということは大きな魅力ですが、ハリー・ポッターの世界観が好きな方が集まることが何よりうれしいです。
スネイプ先生が好きな方もいればそうでない方もいらっしゃるし、作品の愛し方も多岐に渡っているし、年齢層の幅は広いし温度差も様々、お話するととても面白いんです。自分で企画するオフ会とは違う種類のハリポタ愛が感じられます。
熱狂的なファンもライトなファンも一緒に楽しめるし、私もそうですが一人参加の方の割合の方がむしろ多く、初参加の方も毎年すぐに馴染むので、もし迷っている方がいらしたら、私が強くお勧めします!
一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

お申し込みは以下から行けます。
友の会
・旅行社(東京発着
・旅行社(新白河または現地集合

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)