topimage

2015-06

京都旅行(2) - 2015.06.30 Tue

京都二日目は夫婦で完全に別行動でした。
夫は趣味の隧道探索(そちらにご興味のある方は、夫のブログをご覧ください。まだ京都の隧道はアップされていないとは思いますが)、私はクロノさんとデートです♪

10時過ぎにホテルまで迎えに来てくださって、まずは伊右衛門サロンに連れて行っていただき、ブランチしました。
伊右衛門に行きましょうと言われた時、それがサントリーの商品伊右衛門かな?とは思ったのですが、本当にそうだった上、日本中で京都のここにしか店舗がなくて驚きました。
IMG_4150b.jpg
伊右衛門サロン入り口

入り口で名前と人数を告げると、入り口向かって左方向にある待ちスペースに案内されました。テーブルや椅子がいくつもありますが、あくまでも待機スペースのようで、そこにいる人数を見ると、当分呼ばれないだろうと思いました。大変な人気です!
でもテーブルを前に二人で座って待っているのは全然苦になりません。むしろ堂々とそこにいておしゃべりできるのですから有難いです。
そして通された席は緑豊かな中庭に面した素敵な席でした。
IMG_4142a.jpg
水だしほうじ茶とパペットスネイプ先生
水代わりにほうじ茶が出てきて、その後も減ってくると継ぎ足してくれます。
籐製の椅子が、USJのヒッポグリフを連想させ、楽しくなります。

IMG_4145a.jpg
鯛茶漬け

IMG_4143a.jpg
オプションのトロ湯葉

水だしほうじ茶は随時足してくれますが、せっかく来たので緑茶を飲みたいと思いました。
メニューを見ても今一つピンと来ないので、名前が素敵な「煎茶製かりがね」をいただきます。
IMG_4146a.jpg
煎茶製かりがねと茶器

シートに淹れ方の説明がありますが、「初めて」と言うと店員さんが丁寧に教えてくれました。
私のかりがねは、ポットから茶碗にお湯を九文目くらい入れて、外側に熱が伝わってきたら、急須に注ぎ、砂時計(1分計)をひっくり返して1分経ったら茶碗に注ぐ、というものでした。
クロノさんのかぶせ茶は、ポットから茶碗にお湯を入れるところまでは一緒、外に熱が伝わったら、湯冷ましの器(私にはついてない)にもう一度移して、砂時計は二度ひっくり返してからやっと茶碗に注ぐ、というものでした。
砂時計を一度とか二度とか指定されるのがタイムターナーっぽくて盛り上がります(笑)
IMG_4148a.jpg
煎茶製かりがね
意外と茎茶でした。

IMG_4147a.jpg
スネイプ先生にも日本のお茶でほっこりしていただきたい

12時過ぎまでゆっくり語らい、その後三条通を通って中京郵便局に行きました。
レンガ造りの歴史のある建物だそうですが、あいにく改修中。でも中に歴史を示す展示物がいくつかあって見ることができました。
美しいレンガの概観の写真などもあったのに、それを撮影するの忘れました(汗)
DSC04113a.jpg
昭和に発掘調査した際に出てきたという平安時代の物

この後市役所近くのバス停から市営バスに乗って糺の森で下車しました。(Suicaが使えて嬉しかった!)
今回クロノさんにお会いするに際して、私はどこかきれいな水の湧くところか川を見ましょうと言いました。(私たちはスネイプ先生以外にも水が好きという共通点があり、以前も川を見に行ったことがあるのです)すると、下鴨神社の糺の森を提案してくださり、調べてみると奈良時代以前からある京都最古の部類に入る神社とのことで、最強のパワースポットでもあり、歩いているだけで癒される、と書いているサイトなどもあったので、大喜びで行くことに決めたのです。

DSC04115a.jpg
桜門

DSC04116a.jpg
今年は式年遷宮の年のようです

IMG_4153a.jpg
さざれ石

ご神木などもありましたが、何かカメラを向けるのは気が引けるような気配があり、とてもスネイプ先生とご一緒に撮影、という気にななれませんでした。

目的の糺の森は、私が思っていた以上に清らかな場所でした。
空気が全然違います。茂った木々や草の湿った香りも澄んだ水の流れも水音も何もかもに癒されます。ここにずっと居たいと思いました。しばらくは、森の画像をお楽しみください。
IMG_4161a.jpg

IMG_4164a.jpg

IMG_4165a.jpg

IMG_4169a.jpg

IMG_4166a.jpg
スネイプ先生にも森で癒されて欲しい

IMG_4171a.jpg
樹皮に生えたキノコとスネイプ先生

ゆっくり歩いて移動したり、せせらぎに面したベンチに腰かけたり、水際にしゃがんだりして、長い長い時間語りました。いくらでもスネイプ先生を語れました。
IMG_4175a.jpg
膝や肘のような樹

IMG_4176a.jpg
筋張った根を持つ樹

だんだん樹ですらスネイプ先生を修飾する言葉で表現されていきました(笑)
IMG_4182a.jpg
森を通る表参道

4時間ほど森で過ごし、その後出町柳駅まで歩いていき、京阪電気鉄道で三条駅まで移動、近くのお店で夕食を取りつつ、また語り、結局宿泊先のホテル前で解散した時は夜の10時20分頃でした。
実に12時間しゃべり続けました。9年前だったか、学会に行く振りをして(本当に行ったけど学会はカモフラージュ)お会いした時、二日間で延べ11時間しゃべったという記録がありますが、一日で12時間とは!一気に記録更新です。
とてもとても楽しかったです。森と水のパワーとスネイプ先生語りで、とても元気になりました。

京都旅行(1) - 2015.06.29 Mon

土曜日から二泊三日で夫婦で京都に行ってきました。
長距離ドライブと、それぞれの趣味活動が目的です(笑)

京都まで車で行くのは初めてでした。
車で行った経験があるのはせいぜい名古屋くらいでしたが、今回は新東名を使ったのでもっと手前から馴染みのない道でした。新東名の下りを使うのは初めてです。さすがに新しい道だけあってどこのトイレもきれいでした。
伊勢湾岸自動車道も初めて通りました。給油のために寄った刈谷パーキングエリアに観覧車があって驚きました。そういえば、割と最近、ディズニーランド、USJの次に来場者が多いと何かで見たのはここだったのか!と合点しました。
IMG_4075a.jpg
観覧車
これ以上近づかなかったので他にどんな施設があるのかわかりません。

夫が伊勢湾岸道路で見せたい景色があると言っていたのですが、大きな橋が続々並ぶ場所のことでした。
IMG_4081a.jpg
Aの形をした青い橋

IMG_4086a.jpg
白い橋

IMG_4089a.jpg
赤い橋

遠目に見ても、下を通っても圧巻でした。

土山サービスエリアにも寄りました。私が滋賀県に立ったのはここが初めてだと思います。
IMG_4099a.jpg
甲賀忍者になってみるパペットスネイプ先生

IMG_4101a.jpg
信楽焼きの狸にチャレンジするパペットスネイプ先生

そうこうするうち京都に入りましたが、ナビがホテルの入り口ぴったりで告げるものだから通り過ぎてしまいました。少し行った先で左折しましたが、一方通行が多いのと渋滞しているのとで、見えているのに全然近づけなくて可笑しかったです。ホテルは烏丸通に面していました。
IMG_4112a.jpg
グリフィンドール寮みたいな部屋

4時台にチェックインできたので、駅の方に歩いていきました。地下鉄3駅分くらいでしたが、ちょうど良い距離です。
IMG_4119a.jpg
京都駅

京都駅まで来て、京都タワーを通り過ぎていたことに気付きました。
そして、よく見ると、京都タワーの下の建物が昭和の匂いがします(笑)
行ってみると、本当に昭和の空気で、私たちはすっかり嬉しくなりました。
タワーへのチケット売り場も素晴らしいです!
IMG_4121a.jpg
昭和的装飾の看板
上る前にたわわちゃんと一緒に記念撮影し、後に購入しました。スネイプ先生を取り出した時のカメラマンのお姉さんの笑顔も嬉しかったです。
tawawa.jpg
びっくり顔のたわわちゃんとスネイプ先生


上ってみると、京都が一望できて感動しました。
IMG_4122a.jpg
駅と新幹線も小さく見える

IMG_4125a.jpg
烏丸通と改修中の東本願寺をバックに

タワーを下りて、地下に行くと、そこも昭和でした。静かなレストラン街を抜けて外に出て地下道に出るとそこは現代でしたが、どこのお店もいっぱいなので、再びさっきの昭和のビルに戻り、そこで夕食にしました。
IMG_4138a.jpg
ビールとおつまみ(刺身の他に豚肉の竜田揚げと鰤のカマの幽庵焼きも)

IMG_4140a.jpg
天丼セット

のんびり食べて、のんびり歩いてホテルに戻りました。

「衝動的な悪意」 - 2015.06.26 Fri

先日Pottermoreが7巻の最後まで更新されました。
更新時ちょうど決闘をやっていたのですが、息抜きにツイッターやろうとして初めて更新を知りました。大変話題になっていたので。

以下、ネタバレがあるのでご注意ください。

飲み会翌日 - 2015.06.25 Thu

昨日は同僚の送別会があり、今朝出勤すると、みんな気のせいかいつもよりテンション低めでどよよんとした空気が漂っていました(笑)
そんな中、昨晩異様なハイテンションで酔っ払いの典型のようだったYちゃんは、今朝も絶好調で、おもむろに大きなカメラを取り出しました。なんだか大きくて厳つくてレトロな感じのするカメラだと思ったら、ポラロイドカメラのチェキでした。レトロなデザインもあるのですね。先日職員旅行に参加してビンゴで当たったそうです。

隣の席のH君が嫌がるのも無視して写真を撮ろうとしているので、「フィルムが勿体ないんじゃない?」と言ったら「50枚もあったので大丈夫です」とにこやかに答えました。
「じゃあ私も撮って!」と言ったら「いいですよ♪」と快く了承してくれました。
カメラを向けるYちゃんに「ちょっと待って!一緒に撮って欲しい人がいるの」と言ってスネイプ先生人形を取り出したら、周りが沸きました。「いつも持ち歩いてるのー!?」と聞かれたけれど、もちろん違います。今日は仕事の後ハリポタ友達に会う予定があったからでした。

職場
チェキで撮った写真をスマホで撮った写真

この後、YちゃんとH君が話している声が聞こえたのですが、二人の会話が噛み合っていないことに気付きました。
Yちゃんは「接写」の話をしているのにH君は「拙者」だと思っている様子。昔私も同じ体験をしたのですぐ気が付き「一人称じゃないよ」と指摘しました。
すると今度は他の人々が「拙者モード」とあえて誤変換で楽しみ始め、そのうち他の一人称が出てきて「我輩モード」などと新人のHちゃんが言うものだから嬉しくなってキャッキャ言ってしまい、いつの間にかいつも以上にテンション高くなった状態で始業時間となりました。

筋トレ - 2015.06.23 Tue

今日は仕事帰りにジムに寄るつもりで着替えを持って行ったのに、室内用のシューズを忘れてしまいました。一度は買おうかと思いましたが、思い直して家に取りに帰り、そのまま家で寛がず、ジムに行きました。

ジムにはちゃんと通ってます。1週間に2回か3回くらい。
筋トレも真面目に取り組んでいたら、だんだん今までの負荷では物足りなくなり、徐々に錘(おもり)を重くしています。
狙った筋肉に筋肉痛が起こると、「しめしめ」と思います(笑)
始めに希望を伝えてあって、プログラムを組んでもらったのですが、それぞれのマシンには「大胸筋」とか「広背筋」とか「腹直筋」「上腕二頭筋」とか筋肉名が書かれていて、正しいフォームで行えばそこに記された筋肉がちゃんと鍛えられるような作りになっています。
でも、この正しいフォームが難しいのです。
錘が重くなると、何とか動かそうとして、狙った筋肉じゃないところも使い始めてしまうんです。腹直筋を動かすべきところを首を曲げて高さを稼ごうとか、上腕二頭筋だけを動かすべきなのに、背中を反らして(背筋を使って)足りない力を補おうとしてしまうんです。
これを自覚しつつ、目的の筋肉だけを動かすことの難しさと言ったら!
でも、それを患者さんに求めることも多いので、自分でできなければ話にならないと思い、意識しながら動かします。
広背筋の運動の錘を増やした翌朝、ちゃんと広背筋が痛くなっていると、昨日の運動のフォームは正しかったとわかるし、追々効果も出てくると期待できるわけです。
そんな些細な喜びのおかげもあって、継続しています。

まれ - 2015.06.22 Mon

朝ドラの『まれ』見ています。
視聴率がどうなっているのか知らないのですが、前作と比べて「見ていない」と言う人が多い気がします(汗)
先月USJに行った時のメンバーにも、見ていたけど見なくなった、という人がいて、その理由がオープニングでケーキのクリームを指ですくってペロッと舐める姿が「無理」だとか。
それを聞いてとても驚きました。
というのは、私はその瞬間のまれちゃんのドヤ顔がすごく好きで、最初の頃はそこだけ再生して見ていたくらいだったからです。もしかして「無理」と言った友人は、唇の端についたクリームを舌で舐める仕草が無理なのでは?と分析していますが、私はそこはどうでも良いんです。表情がとっても好き。

まれを演じる土屋 太鳳さん、最初は気が付かなかったのですが、元同僚のA子ちゃんにとても似ていると感じ始めました。
特に横浜編で見せる表情が。一度そう思うともうそうとしか見えなくなり、今は故郷の病院で働いているA子ちゃんを応援するかのように、まれちゃんを応援しています。

もう一つ気になるのが、お菓子作りのヒントがあること。
先週、カスタード作りの様子を見て、自分がこれまで作ってきたカスタードクリームの加熱が全然足りなかったことを知りました。
クックパッドなどを見て作っているのですが、多くのレシピで「加熱しすぎに注意」とあります。加熱しすぎると分離してしまうらしいです。だから火を止めるタイミングも、ふつふつ泡が出てきたくらいの頃にしていました。
ところがドラマでは、それでは全然ダメのようで、もっとグツグツするまで加熱しつつ、焦げないようによく混ぜています。とても参考になりました。
プロの技を教えてもらえる、という点でも気に入っています。

ところが、今日カスタードクリーム作ったら、ドラマのようにうまくはできず、「ダメだ。作り直せ」とシェフで夫に言われてしまいました(笑)ドラマのようには上手くいかないものですね。

次へ - 2015.06.21 Sun

英検の一次試験の合否が既に発表されていることを忘れていて、さっき見てきました。
合格していました。
英検合否a
75点満点で73点!

英語でこんなに良い成績取ったことないです(笑)
中3の時、英語の先生が一つの質問を誰かが答えられるまで横に順番に聞いていった時、私は抜かされたのを忘れてはいません。「あ、聞いてもわからないか」って抜かされたんです!
高1の時も、テストの返却時、一人ずつ名前を呼ばれて前に取りに行った時、私がクラスで最低点だったからと、空中に投げて返されたのを追いかけて取りに行った屈辱と言ったら!
そんな私が、英検を受けようなんて、中高時代の友達にはきっと信じられないでしょう。そして、幸運も含めこれだけ得点できたんだから、つくづくスネイプ先生の力は大きいと思います。

さて、一次試験を無事通過できたからといって浮かれていられません。
本当に怖いのはこれからです。
バーチャル面接のページに行って、ビビりまくっています。
バーチャル面接

自分の言いたいことに使える動詞が咄嗟に出てくるかどうかが大きな鍵を握っていると思います。絵を見て人物の描写をする時など、人間の動作を現す単語がちゃんと出てくるかどうかとても心配。他の言葉で言い換えるとか、絵の動作を見間違えたふりして知っている言葉で表現するとか。たとえば壁をペンキで塗ってるように見えるけど、「paint」が咄嗟に出てこなくて、壁を洗っているように見えるからと「wash」を使うとか。そんな機転が利けば良いのですが…
また、英会話教室の先生には、「日本語混じりに答えてはいけない、『えーと』とか『あ、違う』とかもダメ」と言われていますが、うっかり口をついて出てしまいそうで怖いです。
恐ろしいことに、二次試験まであと二週間しかありません。
怖がっていると「だったら受けなきゃいいのに」と家族に言われてしまうので、ぐっと堪えて頑張ります!

草むしり - 2015.06.20 Sat

今日は一人で実家に行って草むしりしてきました。
先月末実家に何かを取りに行った時、庭を見て激しく驚いたのにその時は時間がなくて帰ってきてしまったのがずっと気にかかっていたからです。
IMG_3888a.jpg
ドクダミに覆われた先月の庭

今日行ってみると、もうドクダミの花は終わっていましたがさらに丈が伸び、他の雑草もそれ以上に伸びてますます見苦しくなっていました。
IMG_4024a.jpg
見苦しくなった今日の庭

植えてあったミョウガも数が増し、葉も茂って雑草に紛れています。
IMG_4025.jpg
ミョウガの葉

IMG_4028a.jpg
林のようになっているミョウガの茎

探してみると食べられる部分も見つかりました。
IMG_4029a.jpg
ミョウガ

IMG_4030a.jpg
こっちにもミョウガ
掘って持って帰りました。

IMG_4031a.jpg
こっちはローズマリー

蚊がいるから虫除けスプレーつけて、長袖着て、首にタオル巻いて帽子被って、変な花粉吸わないようにマスクして作業しているので汗の量がひどく、30分ごとに休憩入れても1時間半が限度でした。
IMG_4032a.jpg
作業後

敷石がやっと見えました~

 - 2015.06.19 Fri

先日、A君に「二尋さんの最近の夢は何ですか?」と聞かれました。
ああ、この質問、以前同期のTちゃんがよくしてきたなあ。
この質問されるといつも嬉々として答えていたけれど、今回も即答しました。
「イギリスでホームステイすること。語学留学すること」
するとA君「大きくでましたね!」と返してきました。
いえ、私としては全然大きく出たつもりはなく、今年は無理でもいつかは実現可能な現実的な夢だと思ってるんですけどね。

ちなみに同じ質問をA君にしたら、「ピアノで子犬のワルツが弾けるようになること」という答えが返ってきました。彼はピアノを2年ほど前から習い始めたということで、平日の夜に通っているらしいです。仕事が忙しい上まだ幼い二児のパパで、実に家庭的なのですが、ちゃんと自分のための時間も作っていることに舌を巻きました。

A君が「大きく出た」などと言うものだから、英検にも挑戦している話をしたら、「東京オリンピックでボランティアしたらいいじゃないですか」と提案してきました。それは全く考えたことなかったけれど、とても良い案だと思いました。
語学留学の次の夢として、オリンピックのボランティアになることを持ってくるのは理にかなっているし、5年先というのは目標達成にはちょうど良い期間かも。これは、次の夢として待機させることにしようと思いました。
そうすれば、ほら、それまでの間に先に挙げた夢を叶えなければいけなくなるし。ね?

ちり紙 - 2015.06.18 Thu

今朝、技師長が水場で手を洗った後、ペーパータオルがいっぺんに数枚ホルダーから出てしまったのを目撃しました。後ろに並んでいた私が「使います」と申し出ようかな、と思っていたら、丁寧に畳んでポケットにしまってました。
それを見て、「ちり紙時代の名残ですか?」と聞いたら、とても怪訝な顔をされました。

私が幼稚園くらいの時、まだ世間では箱に入ったティッシュペーパーは一般的ではありませんでした。ネットで調べると既に発売されていたようですが、少なくとも我が家には入ってきていませんでした。
家で使っていたのは、畳まれていない長方形のちり紙の束でした。
そう言うと、「落とし紙?」と聞かれましたが、もっとしなやかで柔らかい紙だし、束の厚みも落とし紙よりずっと薄いです。落とし紙の方は厚いというかもはや「長い」のレベルです。念のため言えば、落とし紙とは、巻いていないトイレットペーパーのことです。

で、その話を一生懸命するのですが、私と同い年の技師長は、キョトンとするばかり。
「私たちが小さい頃って、箱ティッシュなかったですよね?」
「うーん」
「私はちり紙の束から数枚取って、畳んでポケットやカバンに入れたんです」
「小さい時ちり紙は持ち歩かなかったな。ハンカチは辛うじてもっていたかもしれないけど」
「ああ、男子はそうかもしれませんね」

結局わかってくれたのは、私より一回り年上のIさんだけでした。同僚たちの世代が様々で、時々記憶の共有が難しいと感じることもあるけれど、同じ年代でも性別が違うと話が噛み合わないことがあるものなのですね。

私の記憶にある、あのちり紙、商品名だってちゃんと覚えているんです。で、それで調べたら出てきました!
ホクシー
リンク先に画像があります。
記憶のものよりデザインがモダンな気がしますが、概ね記憶にあるものと同じです。まだ売っていたとは!入手したら、職場にもっていってみようかな(笑)

理想の友人 - 2015.06.17 Wed

友人の一周忌にお花を送ったら、お母様からお手紙が届きました。
筆圧とか筆跡が少し似ていてハッとしました。

中には、思いがけないことが書いてありました。
法要の数日前に友人の遺したノートがみつかり、その中に「理想の友人」の一人として私の名前があったとのことで、そこに書かれていた私を評する彼女の文章の写しが記されていました。
それを見たら、泣けて泣けて仕方ありませんでした。

誰に見せるつもりもなく書かれた文章には、偽りはないでしょう。
私は本当はそんなに立派な人間ではないのに、彼女はそんな風に見ていてくれたのだと思うと、襟を正さずにはいられません。
彼女の理想の友人として恥ずかしくないよう、誠実に生きていこうと思いました。
今、改めて彼女との出会いを感謝しています。

話題 - 2015.06.16 Tue

火曜日と木曜日に訪問しているIさんという方、朗らかでおしゃべり好きで、歯に衣着せぬ物言いをする一方で、とても相手に気を使っている方だと感じます。

患者さんとセラピストという関係なのですから、私は自分の話より患者さんの話を聞こうとするのですが、自分のことばかりしゃべっていては悪いと思うのか、色々プライベートなことを聞いてきます。もちろん、そこには好奇心もあるのでしょうが、それだけではないと感じるのが、一度ハリポタ好きだと話したら、毎回ハリー・ポッターの話題を一度は出してくるようになったことでした。

本屋さんに嫁いだ娘さんが、姪や甥にあたるIさんの内孫に発売早々に持ってきてくれたこととか、テレビでUSJの特集やってるのを見た感想、別のテレビでハリポタのふるさととしてスコットランドが紹介されているのを見て、とても素敵な場所だと感じたこと、など。
体調の話など聞いているうちに「ねえ、ハリー・ポッターだけどさ」と必ずハリポタに話を振ってくるんです。もちろん、私は喜んでその話に乗り、質問には丁寧に答えるのですが、それとなく軌道を修正して、また患者さん主体の話題に戻します。そして同じことの繰り返し(笑)確かに興味もあるのだろうとは思いますが、やはり気遣いの方を感じます。お客さんを相手にするご商売をされていたわけではないのに、相当気を遣う方なのだと思います。
まさか私がハリポタの話から別の話題に修正することになるとは!

五年祭 - 2015.06.15 Mon

先日、義父が亡くなってから5年の節目に行う五年祭という祭事(神式なので「法事」とは言いません)が執り行われました。
仏式とは微妙に数字が異なりますが、亡くなって五十日、一年、三年、五年、十年~の節目に慰霊祭を行います。

今回は、お墓からは少し離れていますが伊香保の温泉旅館に前泊しました。夫と義母と次男と私の4人で。
義母は80歳を過ぎましたが、車での移動も、一泊旅行にも十分耐えられるだけの体力があります。しかも、浴槽にかなりの段差があっても「よっこらしょ」と掛け声はかかるものの一人で上がるなど、筋力があることに感心させられる場面が何度もありました。
食欲もあるし、10歳は若く見えます。
義母に合わせ、その晩は9時半を過ぎたら寝てしまいましたが、おかげで疲れも取れました。

翌日、高速道路で移動して、会場の神社に向かいました。
今回すごく驚いたのは、宮司さん(神主さん)がご健在だったこと!
二年前、お会いした時、正直これが最後かな、と思ったのですが、お元気でいらっしゃいました。
そして、二年前の自分の日記(『三年祭』)を読むと、ほとんど同じことが書かれていて驚きます。
五年前お会いした時は90度近く曲がっていた腰が、二年前には90度、今回は90度以上曲がっていらして、シルバーカーを使用されていましたが、それでも以前のユーモアは健在で、肌の艶と声の張りもありました。ちなみに88歳だそうです。
そして、前回もそうでしたが、祭事の途中でおならが出て、私と夫は笑わないよう苦労しましたが、今回次男は聞き逃したようで、涼しい顔をしていました(笑)

すべて滞りなく祭事が終わった後、お墓の管理料を払う手続きをする夫を待つ間、なんとなくその神社のことを調べていてびっくりしました。広大な敷地の中に前方後円墳があるとネットには書かれていたからです。
今回はそれを見学しようというメンバーがいなかったのでそのまま帰りましたが、私はちょっと見てみたかったな。次回はその辺も計画に組み入れたいところです。そして次回もまたあの宮司さんに会えますように!

オフ会お申込みフォームについて - 2015.06.14 Sun

外出から戻ったので、再びオフ会お申込みフォームにリンクできるようにしました。
ただ、応募数が定員に迫ってきているので、管理できない時間帯には今後もリンクを切ることにします。
そして、定員に達した時点で募集を締め切り、キャンセルが出た時に再募集いたします。

グリモールドプレイスのある日の食卓 - 2015.06.10 Wed

今日はイギリスの家庭料理に挑戦してみました。
IMG_3966a.jpg
レシピ本と買ってきた材料の一部

誕生日に『イギリスの家庭料理』という本をいただいたので、そのレシピを使って作ってみました。誕生日から二ヶ月近く経ってこのタイミングで作るのにはわけがあります。
注文していた赤いルバーブが届いたので、ルバーブクランブルを作り、同時にイギリスの家庭料理的なシチューも作りたかったんです。
IMG_3948a.jpg
ネットで注文した赤いルバーブ

つまり、5巻でハリーが初めてグリモールドプレイスに行った日に、食卓に並んだものを作りたかったんです。「スネイプは絶対ここでは食事しないんだ」(5巻4章p.127)とロンが言ったように、グリモールドプレイスの会議に参加していたのに、食事しないで去って行った日の夕食を、ずっと私は再現したかったんです。スネイプ先生のために。

ちなみにその時食卓に上ったことが明らかになっているのは…
フレッドとジョージが、シチューの大鍋、バタービールの大きな鉄製の広口ジャー、重い木製のパン切り板、しかもナイフつきを、一緒くたにテーブルめがけて飛ばせたのだ(5巻5章p.138)
さらに
ルバーブクランブルにカスタードクリームをかけて、三回もお代わりしたあと(5巻5章p.144)
という記述があるので、シチュー、パン、バタービール、ルバーブクランブルとカスタードクリーム(英文では『カスタード』のみ)です。
シチューに使ったと思われる「肉や野菜」を切り刻む描写もありました。

肉を使ったシチューはこの本に二種類ありましたが、夫の希望で牛肉をギネスビールで煮込んだものに決めました。
いつもはシチューは圧力鍋で作るのですが、この本ではフライパンを使っていたので倣います。また、本ではモモ肉でしたが、スネ肉にしたので煮込む時間を増やして作りました。
IMG_3985a.jpg
ギネスビールで煮込み中(野菜は、玉ねぎ、にんじん、セロリ)
1時間ほど煮込みました。

その間、ルバーブクランブルを作ります。この作り方は本には出ていなかったのでネットを参考にしました。色々なレシピの簡単な部分を集めた半ばオリジナル化したレシピで。
まずは、カスタードソースを卵と砂糖と牛乳と少しの小麦粉で作っておき、それからルバーブに取りかかります。
IMG_3974a.jpg
ルバーブ300g分
美しい紅色!

IMG_3980a.jpg
3~4cmの長さに切って耐熱器に入れ、砂糖大さじ3杯をまぶしたところ

クランブル生地を作り、上からぱらぱらかけます。
IMG_3983a.jpg
クランブルをかけたところ

180℃のオーブンで40分焼いている間、シチューは完成しました。
IMG_3994a.jpg
牛すね肉のシチュー、バタービール
(本には出てきませんでしたが、栄養のバランスを考えて茹でブロッコリーもスネイプ先生には召し上がっていただきたい)
煮込み始めた時はビールの匂いがしましたが、そのうち全くわからなくなりました。スープストック等は使っていないのですが、肉の旨みとビールのコクが出ている上、セロリを始め野菜の香りも複雑に混じり合って美味しかったです。圧力鍋使っていないとは思えないほどスネ肉も柔らかかったです。

IMG_3987a.jpg
重い木製のパン切り板に乗ったパン、しかもナイフつき(本当はナイフがささったのはテーブルですが)

食べ終わる頃にデザートが焼けました。
IMG_3996a.jpg
焼き上がったルバーブクランブル
赤い色が褪せることなくきれいに出ています!

せっかくなのでいただき物のフレーバーティーもいただきます。
IMG_4002a.jpg
三角錐の先に可愛い葉っぱ

香りは二種類あって、一つはルバーブとピーチ、もう一つがいちじくとはちみつでした。ルバーブを食べるのでお茶はルバーブは避け、いちじくの方を選びました。
IMG_4005a.jpg
お茶とルバーブクランブル・カスタードクリーム添え

40分焼いただけで繊維がとろけるようでした。
知ってはいたのですが、ルバーブかなり酸っぱいです。まぶしたお砂糖だけでは甘みは少なく、でもクランブル生地とカスタードの甘さでバランスの取れる爽やかなデザートです。シュウ酸が多く含まれているとかで、ちょっとほうれん草を食べた後みたいな刺激が舌に残りますが、私は好きです。

念願叶ってグリモールドプレイスの食卓の再現できて良かったです。

英検受験! - 2015.06.07 Sun

今日、英検準2級を受けてきました。
中学高校時代、英語の勉強を嫌悪し続け、中学2年生の時に学校で4級を受けた後(受かったけど)、級友たちが3級やそれ上に挑戦するのを横目で見つつ「自分が受けるなんてとんでもない!」と他人事だった英検を、まさかこの歳で受けることになるとは、人生何があるかわからないものです。

一緒に受験したのは英会話教室で一緒のHさん。正確な年齢はわかりませんが、英会話教室に通い始めたのは定年退職した後、ということなので、教室に入ったのが8年前だということを考えると少なくとも70歳近いのは確かだと思います。その意欲に頭が下がります。
Hさんと一緒でとても心強い、別々に申し込んだけれど受験番号は3番しか違わないので教室も同じだね!と言っていたのに、待ち合わせした駅で身分証明を忘れたことに気付き、ご主人に届けてもらうのを待つからと、私は一人で先に行くことになりました。
先に行ったものの、Hさんは歩くのは速くなく、乗り換えが上手く行かなかったらと思うと心配でなりませんでした。

電車の中では高校生が全て英検受験生に見えます。それどころか、明らかに小学生と思われる生徒とその保護者も会話の内容から英検受験者だとわかり、驚いたのですが、後に小学生は多くが4級5級のクラスに向かったので、ちょっと安心しました(笑)
9時半集合ということで、私は9時には受付を済ませ、教室を探しだして着席しました。教室内の席は自由だったので、音が聞き易いかとの期待から一番前の席に座りました。
9時半になってもHさんは入室せず、試験監督が説明を始めたので、もう駄目だ!と思った時、部屋に入ってきたので安堵しました。受付は9時半前に済ませることができたそうです。

10時からの開始でしたが、その前に試験監督が一人一人の席を回って受験票の本人確認の写真と、携帯電話の電源がオフになっていることを確認していきました。電源を切った携帯電話は、机の上に液晶画面を下に伏せる形で置くことが決められていて、このようなルールはいつ出来たのだろう?と思いました。

開始を待つ間の沈黙も、合図とともに問題用紙を開く時も、思ったほど緊張していませんでした。
IMG_3949a.jpg
問題用紙(もちろん帰宅後、持ち帰ったものを撮影)

最初の問題でいきなり「?」と思いましたが、軽く流し、先に進みました。筆記試験は45問で65分与えられています。良いスピードで進んで行きましたが、35問を過ぎた頃、長文問題に差しかかった頃から集中力が怪しくなってきました。それでもなんとか集中し、最後まで埋めたところで、15分ほど時間が残りました。見直す前に、先にリスニングの方の解答の選択肢に目を通し、軽く訳を書いていきました。半分くらい書いたところで、筆記の見直しをし、最初の問題が間違っていたことに気づいて直し、さらに二つほど修正しました。吉と出るか凶と出るかはまだわかりませんが。
再びリスニングの解答の選択肢に目を通し始めましたが時間はないので、訳しはせず、クッキング、子ども、ライター(作家)、ゴルフ、と大まかな内容だけメモしておきました。
リスニングも集中力との戦いでした。誰かの咳払いや軽い物音ですぐに途切れてしまうからです。でもまあ、先に選択肢に目を通していたおかげでなんとかなりました。

終了して席を立って、初めてHさんと話ができました。
Hさんは「私、ばかやっちゃった」とい口を開くなり言うのですが、私はてっきり身分証を忘れたために遅れたことを言っていると思い、その時の状況について質問攻めしました。
会場の建物を出る時になってようやく、Hさんの言う「バカやっちゃった」の意味を知り、唖然としました。Hさんは筆記問題の最初の「1」(20問)を終えた時に「筆記は終わった」と思ってしまったのだそうです。30分以上時間が余ったからどうしようと思って、リスニングの解答に目を通しているうちに、それも筆記試験の問題だと気づいて慌てたとか。結局最後の長文は読むことができず、適当な番号を選んで塗りつぶしたのだそうです(マークシートです)
さすがに慰めの言葉をかけるのも難しかったですが、さばさばした方なので、「終わったこと」と位置づけ、以前英会話の先生が美味しいと勧めていたお店でランチすることになりました。
IMG_3947a.jpg
レディースランチ(サラダと飲み物がついて890円!ナンもおかわりできます)
すごく美味しかったです!

お店を出たところで解散、私は夕飯の買い物そして帰宅しました。
家に着いたのが2時過ぎ、今まで感じたことの無いような疲労感で、普段はしない昼寝をしようと思い、布団を敷いて本気で寝ました(笑)夕方5時のチャイムに起こされるまでぐっすり眠り、その後30分ほど布団の中でうだうだしてからようやく起き上がって夕飯作りをし、夫が不在なので一人でビールで自らを労いました(笑)

とにかく出せる力は出し切った、という爽快感があり、とりあえず目標の一つ、「挑戦すること」は達成できました。明日解答速報がネット上で見られるというので、自己採点するのが楽しみです。

6/8追記
自己採点では、間違えたのは2問だけでした!ただ、リスニングの10問は答えの選択肢もリスニングだったので番号を記録していなくて正誤不明なのですが、全部間違っていたとしても合格ラインは越えたかなと思っています。マークシートの塗り方にさえ問題がなければ…

勉強中 - 2015.06.03 Wed

ブログで宣言したことで、ようやく本腰入れて勉強しています(笑)
先生の勧めで問題集は古本屋さんで買いました。ほとんど未使用のものでも200円くらいなので2冊買いましたが、ちょっと2冊はクリアできなさそう。以前1冊を繰り返し使う方が勉強になると聞いて、OTの受験時同じ本を3周くらい使って勉強したのが効いたので、今回も結局1冊に絞りました。今、2周目の半分くらいです。

試験対策として英語の勉強をしていると、脳を今までこの分野で使っていなかったことを痛感させられます。
気がつくと頭の中で意味も覚えていないままイディオムが再生されているんです(笑)
そしてイディオムをいっぺんに覚えようとする余り、色々混乱をきたしています。
最初の文字を空欄にされて(   )up with なんて出されたら、put up withを知ってるからってそれを入れたら全然ダメ。他にもcome up with 、 make up withとかあって、ちゃんと意味を知らなければ全く使えません。

使役動詞なんかも好んで出題されるみたいですが、haveとかmakeとかletは目的語の後に原形不定詞がくるのに、getは目的語の後にto 不定詞がくる、とか、なかなか覚えられません。こうやって書いているうちに覚えられればよいのですが、すぐ忘れます。これが一番の強敵かな。

それから、知らない単語がたくさんあって驚いています。
過去問をやっていても結構良い点数が取れる時と、合格点に全然達しない時があり、つまり知ってる単語や用法が出てくればわかるけど、そうでない時は全くダメ、という運任せ。何が出されても6割は切らないようにならないと…

集中力が持続しないのにも困っています。
試験勉強中もそうですが、もっと困るのがリスニングテスト。
第1部~第3部までそれぞれ10問ずつ、10秒の考える時間を置いてどんどん会話が繰り出されます。もちろん1問ずつ話が全然違うので、その都度頭を切り替えないといけないのですが、前の問題をちょっとでも引きずっていると集中力が途切れ、次の問題の最初を聞き逃したり、聞いていても内容がつかめなかったりと悪循環に陥り、パニックになります。その問題はもう諦めて次の問題に賭けるしかありません。

だんだん無謀な挑戦しているような気がしてきましたが、乗りかかった船なのでギリギリまで頑張ろうと思います。

挑戦! - 2015.06.01 Mon

新しいパソコンが戻ってくるまで控えようと思っていたら、結構早く戻ってきました。
でも実は「新しいパソコンが戻ってくるまで」というのは口実でした。
本当にしばらくはパソコンで遊んでいられる状況ではなかったんです。

次の日曜日、英検を受けるつもりです。
もうあと1週間を切ってしまいました!
英会話の先生に勧められ続け、以前は「Some day」を繰り返していたのが、いつの頃からか「I will」と、スネイプ先生が破れぬ誓いをした時みたいな意思に変わり、去年「じゃあ来年」と答え、今年1月に「次回」と答え、その次回というのが6月7日というわけです。

今更英検受けたって進学とか就職に有利になるわけでもないけれど、何かに挑戦したい気持ちが常にあるんです。英語の勉強もマンネリ化してきたし、緊張感をもって勉強するには試験を受けるのが良いかなと思いました。それならTOEICとかTOEFLとか、社会人らしい試験で試せば良いのでしょうけれど、英会話の先生は面接のある英検を断然勧めてくるので、英検に決めました。しかも、いつもの英会話教室で受験できるというし。

1月に決意したのに勉強始めたのは4月の末で、USJに行く前の週は結構頑張って毎日勉強したけど、帰って来て以降、1週間全く手をつけず。再開した日にリスニングに挑戦したら散々だったので、これはやばいと思いました。単語力の無いのもかなり気になります。
英会話の先生は、USJで行列に並んでいる間に勉強したら?と提案してきましたが、そんなのどっちも中途半端だし、「自信ないのでハリポタ友達にも同僚にも英検のことは内緒にしてる」と言ったら、ブログでアピールして勉強しないわけにはいかないようにしたら?と言われ、とんでもない!と思ったのですが、ついつい遊んでしまうのでやっぱりカミングアウトすることにしました。
IMG_3893b.jpg
届いた受験票

準2級に挑戦します。いつもの英会話教室で受験できるというから決意したのに、6月は人数が集まらずにやらないということで、結局市内の私立高校が受験地となり、電車で行かなければならなくなしました!
先生に言わせれば、受験生のほとんどが高校生だということですが、もう一人、私より一回り以上年上のHさんが一緒に受験することになっているので助かります。

イディオムを知らな過ぎる、と言ったら、先生が自作の資料をプリントしてくれました!
IMG_3892a.jpg
重要な熟語集

一夜漬け感が受験生っぽいです(笑)
しばらくは勉強に専念して、疲れて息抜きしたい時だけパソコンに電源入れることを宣言します!もちろん、今日もだいぶ頑張ったのでこうして電源入れているわけですが。
更新が無かったら、勉強してるんだな、と思って下さい(笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)