topimage

2015-07

話題 - 2015.07.31 Fri

職場で始業時間前に席に座っていると、左隣のIさんとよく世間話します。
今とても暑いので、暑さの話題から発展して、昔は耐えられたのに今は暑さが堪える、とか話の内容がどんどん年寄りじみてきて、時々私たちの会話を耳にした上司が肩を震わせているのを目にしたります。
今日もまた、蚊帳や木枠の網戸などが話題になって、「二尋さんは私より一回り年下なのにね」と話が通じることを笑われ、「おかしい、こんなはずでは」という会話をしました。

さて、今日の昼休み、S先輩とお昼を食べながら、昨日急死された患者さんのことを話すうち、自分たちはどういう死に方をするのだろう?という話題になりました。
S先輩は、「骨折などをきっかけに寝たきりになり、衰弱して死ぬのではないかと考えてる」と言いました。既にご夫婦で話し合われ、「私のおむつ替えてくれる?」と聞いたそう。「替えれるとは思うけど、そうなる前にそうならないよう努力はしてね」と言われたとか。
「廃用(症候群)じゃないですか!」と私がちょっと驚いて声を上げました。
まさに、そうならないよう働きかけるのが私たちの仕事でもあるので、私は自分が骨折の後寝たきりになる想像はしたことありませんでした。
では私は、自分がどんな死に方をすると想像しているかというと…
「私は肺炎じゃないかと常々思ってます。緑膿菌か何かに感染して」
呼吸器が弱い自覚があるのです。

そんな会話を聞いていたSTのSさんが声をかけてきました。「二尋さんが肺炎になったら、私がリハビリします!」とSTのリハビリ場面を再現してくれて実に頼もしい。しかし…
「でも私、80、90くらいまでは元気のつもりだから、肺炎になるのはそれからよ。もうSさん仕事辞めてるんじゃない?」
STのSさんはほぼ一回り年下なので、私が80代半ばなら、70代にはなっているでしょう。
せっかくみんなより年上で同僚たちに面倒見てもらえると思ったのですが、病院のお世話になるのはずっと先のつもりなので、同僚たちももう現役ではなくなっていそう。
「彼女はどう?」と新人のHちゃんを示され、計算したところ、辛うじて定年前かもね、という結論に至りました(笑)

そんなことで盛り上がって席に戻ったら、左隣のIさんに「二尋さん、やっぱり私とばかり話してないで、若い人たちと話した方が良いわね。話題も若かったでしょう?」と言われました。笑い声を聞いたのでしょう。
「いえ、そんなに若くも…自分たちはどういう死に方するだろう?って話題でした」
Iさんの呆れた顔と言ったら!
でも同じ話題を振ったら
「私はね、脳梗塞とか脳卒中とかの脳血管疾患じゃないかと思ってる」というお返事が返ってきて、みんなちゃんと考えているんだな、と思いました。


オフ会に参加される方へ - 2015.07.30 Thu

昨日、「映画と二次会」というタイトルでメールをお送りしました。
届いていない方はお知らせください。
また、そのメールに対して返信したのに二尋からのお返事が届いていない、という方も、こちらのコメント欄で教えてください。実際メールが届いていない方がいらっしゃるようです。

依存症? - 2015.07.29 Wed

先日、SNSを使う夫婦は離婚率が高くなる?という動画を見ました。耳の痛い話でした。

SNSには色々ありますが、私がやっているのはLINEとTwitterです。
LINEは家族との連絡がメインで、これで娘が「何月何日に帰ります」と書けば夫を除く全員の目に留まり、次男が「じゃあ、私も帰ります」と書いてきたりするので、家族がバラバラに暮らす我が家では大変便利です。誕生日もLINEでメッセージを送ります。
LINEは他に妹とのやりとり、同僚との連絡(主に電車の遅延を知らせる時)、料理教室の先生への欠席の連絡(先生がLINEが有難いと言うので)等に使っていますが、どれも事務的な連絡がメインで、ストレスになったり、日常生活を妨げるような要素は私にとって今のところないです。

問題はTwitterの方。
これ、始める前に危惧していたことが現実になっています。Twitterを始めて間もなくそのことをこのブログでも言っているのですが、この頃とほとんど状況は変わっていません。
自分でもいけないと思って、自分を律するよう努力はしているんです。

・仕事で外出している時は、スマホでタイムライン(フォローしている人々の呟き)を見ない、その瞬間にどうしても発信したいことがあったらするけれど、タイムラインは見ない。
・仕事が休みの日もなるべくツイッターをやってしまわないよう、できる限りPCの電源を入れない。誘惑に負けないよう、予定のない休日はジムに行ったり海に行ったり庭仕事をするなどPCの前に座らないようにする。(旅行などで長距離移動中は許している)
Twitterは、見たくもない画像や知りたくもない情報を、強制的に見せられることがあり、そういう点でも止めた方が良いかな、と思うことがあります。
でも、本当に止めた方が良いのでは?と思うのは、むしろ楽しくて他のことに身が入らない時です。

・夫と旅行中、車の中でついついスマホを取り出して、車の中から撮った画像を投稿ついでにタイムラインを見てしまって、夫との会話が上の空になる。
・ブログを書き始めているのに、別窓で常にTwitterを待機させ時々チェックし、興味深いツイートがあると反応してしまい、さらにそれから会話が発展したり議論が白熱したりして、書きかけだったブログをそのままにして消灯時間を迎えてしまうことがある(夫が部屋に入ってきた時点で強制終了となります)
・夫の入室によってブログの更新ができなかったにもかかわらず、Twitterの方での会話が終わっていなかったら、スマホかiPadを使い、こっそり廊下で続けてしまう。

こんなことをやっていて良いのだろうか?と毎日のように自問しています。
うちの子どもたちが中高生の時代にSNSがなくて良かった~と普段から思っていますが、もっと言えば、自分の学生時代や子育て中にSNSがなくて本当に良かったと思います。
今、大事な人(夫)を前にしてこんなにも上の空になる私が、幼い子供たちを前にして上の空にならなかったとはとても思えません。「おか~さん♪」と緊急性のない呼びかけをされたら、「うん?」とスマホから目も上げずに答えたでしょう。そして、子育てをしながら感じたことを次々投稿することに夢中になっていたでしょう。絶対そうです。

元々誰かと交流したくてたまらない私の欲求を満たしてくれてしまうTwitter。
でも今の使い方は明らかに不健全。そして、もうアカウント消してしまおう!と思った同じ日に、別のアカウント作ろうとか、インスタグラムもやってみたい、とか思っている自分がいて、本当に恐ろしいことです。さて、どうしたものか…

 - 2015.07.28 Tue

7年間、訪問リハビリで担当した患者さんが、今日で卒業となりました。
入院とか外来の方のリハビリにおいては“卒業”はよくあることですが、訪問では、入院したり施設に入所したり亡くなったりで終了となることが多く、特に7年もの長い間継続していた方が無事卒業を迎える、というのは勤務先では珍しいです。

週に1回、PTとOTとで交互に行っていました。
今日が最終日でしたが、あいにく今日はT先輩が行く日で、私は実際は先週が最終日でした。その時、近頃いつもやっている手の運動を「これからも続けてください」と言ったら、意外と内容を覚えていないことが判明しました。
そこで、ホームエクササイズを紙に書いて、今日の最終日に訪問するT先輩に託すことにしました。
本当は姿勢や関節の角度など細かいところが伝わるように写真を撮りたかったのですが、その機会を逃してしまったので、自分で棒人間を描くことにしました。
簡単な図なのにとても苦手な上、しばらくやっていなかったので、何度も何度も練習して、それでも思ったようには描けませんでした。細かいところは文章で補うことにして、絵の方は妥協しました。
IMG_4485a.jpg
稚拙な絵
IMG_4488a.jpg
別の姿勢

頭が丸かったり、細長かったり、同一性がないですね(笑)
もう一枚の紙には、麻痺のある右手の下に左手を添えて行って欲しい動作を文章で、手の形は図にしました。

IMG_4489a.jpg
稚拙な絵(これでも自分の手を写真に撮って見ながら描いた)

もう自分でも本当に情けなかったです。
以前、絵を習っていた時(介護のため中断してから再開してません)、手はもっと上手に掛けました。
DSC07612a_20150728225048a22.jpg
2012年1月に描いた手の絵
(わーん><後退してるー!もうこんな風に描けないー!)

とにかく、この稚拙な絵に文章を添えて。T先輩に届けてもらいました。
帰ってきたT先輩は「あの絵、好評でしたよ」と意外なことを言います。
エクササイズの方法を紙に書いたことを喜んでくれるのはわかるのですが、絵を褒められるとは!
「○○さんと、奥さんと、私(T先輩)の三人で、『良い絵だねえ』って見たんですよ。特に手の絵が良かったです」と大真面目に言われて面喰いました。
まあとにかく、喜んでいただけて何よりです!

アフタヌーンティー - 2015.07.26 Sun

昨日、yumaさんとアフタヌーンティーに行ってきました。
虎ノ門ヒルズにあるアンダーズ東京というホテルの51階にあるレストランでのアフタヌーンティーです。
当初は建て替えが決まっているホテルオークラでのアフタヌーンティを考えて企画されたようですが、既に予約でいっぱいで場所の変更を余儀なくされました。

虎ノ門ヒルズは去年の5月開業したとのことですが、私が行くのは初めてでした。いくつかある最寄り駅のどれからもちょっと歩きます。
IMG_4428a.jpg
虎ノ門ヒルズ

IMG_4430a.jpg
エントランス

IMG_4432a.jpg
虎ノ門ヒルズのマスコット『トラのもん』
藤子・F・不二雄プロと共同制作したとのことで、ドラえもんそっくりです!
IMG_4433a.jpg
トラのもんと窓の外遠くに見える東京タワー

IMG_4434a.jpg
パペットスネイプ先生とトラのもん

アフタヌーンティーの予約は3時からでしたが、早めに行って軽いランチか何かでおしゃべりすることにしていました。カフェに入り、私は飲み物だけにし、ジンジャービールを選びました。イギリスではジンジャービールと言えばノンアルコールですが、ここではビールに特製のジンジャーエキスだかシロップだかを入れているとか。
IMG_4438a.jpg
ジンジャービール
ビールをジンジャーエールで割ったカクテルのようなものかと思ったら、もっとビールが濃くて、ジンジャーの香りが強くて、甘みもある飲み物でした。思ったより甘かったけれど、美味しくてごくごく飲んでしまいました。

ここで3時近くまで粘るつもりでしたが、冷房が寒くなってきたのでもう少し暖かい場所へと移動しました。虎ノ門ヒルズの中は、そこここに椅子とテーブルがあって、自由に利用できるようになっていたのです。そこでしばらくしゃべってから、いよいよホテル51階に行きました。

レストラン入り口付近は重々しい雰囲気でしたが、中に入るとお客さんたちは意外とカジュアルな服装で気楽に過ごしていました。アフタヌーンティーセットを頼みましたが、飲み物はティーポットでは運ばれて来ず、その都度カップで運ばれてきました。
IMG_4447a.jpg
二段のアフタヌーンティーセットとパペットスネイプ先生
紅茶はまずイングリッシュブレックファーストを選びました。

IMG_4443a.jpg
プレーンスコーンとクロテッドクリーム
日本ではどこに行ってもクロテッドクリームの量が少ないのですが、ここのは比較的多くて嬉しかったです。スコーンが熱々ではなかったのがちょっと残念。でももそもそした感じがイギリスっぽくて良かったです。

IMG_4444a.jpg
下段はキッシュとサンドイッチ類(きゅうりとか、サーモンとか、ローストビーフとか、チーズとか)

IMG_4445a.jpg
上段は小さいケーキ類が5つ

イングリッシュブレックファースト→アールグレイ→イングリッシュブレックファースト→玉露の順にお茶を飲みました。
IMG_4453a.jpg
玉露とスネイプ先生♪

3時間ほかけてゆっくりお茶を飲みおしゃべりしました。
IMG_4454a.jpg
虎ノ門ヒルズから見たスカイツリー(画面中央に小さく)

合計7時間くらいyumaさんと一緒に過ごしました。色々な話ができて、とても充実した時間でした。

水入らず - 2015.07.25 Sat

昨晩は珍しく家族が5人揃いました。
娘は今年担任を持ち、指導している部も活発な活動があり、なかなか休みに休めず、しばらくぶりの訪問でした。
一方大学三年生になった次男も、授業と部活に忙しく、なかなか顔を見せに来ません。でも、姉の帰省を知ったからか、同じ日に合わせて帰ってくると連絡があり、たまたま長男も一緒に夕飯が食べられるとのことで、5人で食卓を囲みました。

土用丑の日とあって、当初夫婦二人でウナギを食べる予定でしたが、一人、また一人とメンバーが増えるに従って、夫が渋い顔をしました。結構ケチなんです(笑)でもせっかくなので、スーパーの品ではありますが、3匹分買って、それを分けることにしました。
私も子供たちが全員いると思ったら、なんだか張り切ってしまって、いくつもおつまみ(きゅうりの酢の物、インゲンの胡麻和え、切り干し大根の煮つけ、鶏のから揚げ少々)を作りました。全員成人しているし、全員飲めるので、おつまみはいつも以上に大事な役割を果たすのです(笑)

いつもより1時間早くキッチンに立ち、いそいそ色々作る自分に、ウィーズリーおばさんを思い出していました。
モリーさんは、よくテーブルに乗り切らないほどのごちそうを用意しましたが、それは家族が揃い、ハリーなどのお客さんがいる時でした。やっぱりモリーさんも普段はアーサーと二人だけで食卓について、休暇で子供たちが帰ってくると、その好物をたっぷり用意したくなったのだろうと思います。
そう考えるとモリーさんの行動により親近感を覚えました。

みんな6時半には集まって、「5人揃うなんて久しぶり!」「正月みたい!」と盛り上がり、乾杯しました。
話もずいぶん弾み、おつまみで飲んだ後、締めのうな丼(ウナギは少し、ご飯たっぷり)と味噌汁、その後、コーヒーを淹れて長男が買っておいてくれたロールケーキも食べ、ものすごく食べ過ぎた感はありましたが、水入らずで楽しかったです。

イギリス家庭料理のお店 - 2015.07.24 Fri

昨日、果穂さんとhajime*mamaさんと高田馬場にある、アルズカフェというお店に行ってきました。
英国の家庭料理のお店です。元々は別のお店に行くつもりだったのですが、あいにく夏季休業中だったので、イギリス料理・東京のキーワードで検索して見つけたお店でした。
IMG_4412a.jpg
外観

18時の開店に合わせて予約して、席に着くと内装もとても素敵だったので撮影許可をいただき、他のお客さんが入ってくる前に撮りました。
IMG_4413a.jpg
カウンター付近

IMG_4417a.jpg
私たちの席(ピントが合ってない><)
BAKER STREETの文字が!

IMG_4418a.jpg
部屋の別な片隅には大きな剣と上部には大きなマーマイトの瓶とカップ

オーナーのアランさんが注文を取りに来てくれた時、「English? Japanese?」と聞いてくれたので、迷わず「English!」と答えました。そんなわけでみんな、それぞれ英語で注文しました。

メニューにはイギリスのビールやエールがいっぱい並んでいて、とても迷いましたが、ロンドンプライドを選びました。イギリス旅行に行くと、空港からホテルに行く際、必ずと言っていいほどその醸造所の前を通るので、なんとなく親しみがあります。
IMG_4420a.jpg
ロンドンプライドとジンジャーエールとアップルジュースだったかな

IMG_4422a.jpg
オリジナルサラダ

メインはどても美味しそう。それぞれ一つずつ選んでシェアすることにしました。
IMG_4425a.jpg
私が選んだステーキギネスパイ
ステーキキドニーパイがあればそれを選んだでしょうが、なかったので一番近そうなのを。以前ギネスで煮込んだビーフシチューも作ったし。パイ生地がとてもイギリスっぽくて嬉しかったし、美味しかったです。手前のソースをかけて食べました。

IMG_4427a.jpg
クリスプチキン(だったかな?)
味がしっかりついたチキンカツという感じ。

ちょっと遅れて届いたポークは写真を撮り損ねましたが、アップルソースがかかったポークのソテーです。豚肉とリンゴは合いますね。
取り分け皿をもらうのは英語でなんて言うんだっけ?皿はdishじゃないよね?plateじゃない?small plateじゃなかったっけ?などと三人で考えて、結局日本人の奥さんがお料理を持ってきた時に日本語で言ってしまったり、「Check, please」と言ったらCheckはアメリカ英語、イギリス英語はbillだと教えてくれたり、何かと面白かったです。
食べていないメニューも味わってみたいし、土曜日はアフタヌーンティをやっているようだし、また行きたいです。

アンケート - 2015.07.22 Wed

英会話のレッスン、先週が休みだったためか、2週間前宿題がたっぷり出ました。
なのに、ずっと怠けていて、いつの間にかレッスン日まであと二日に迫っています。
明日は出かける予定があるので、今夜仕上げてしまおうと9時近くなってから取り組み始めました(笑)
課題に従って疑問文を作るのは問題なくできました。
大変だったのは、一つの大きなトピックを決めて、それに関連した質問を10個作る、というものでした。通行人にするアンケートを想定しての質問です。
私はパソコンに関するアンケートにしてみようと思いました。
最初の6問くらいはさらさらっと出てきたのですが、その後の質問がなかなか思いつきません。それでもなんとか絞り出してみました。以下、日本語にして書き出します。
1.あなたはパーソナルコンピューター(以下PC)を持っていますか?
2.PCをいくつ持っていますか?
3.あなたが最初にPCを使ったのはいつですか?
4.どのくらいの頻度でPCを使いますか?
5.一回に何時間PCを使いますか?
6.PCで何をしますか?
7.どこのメーカーのPCを使っていますか?
8.それは快適ですか?
9.何年それを使っていますか?
10.新しいPCを買う予定はありますか?

だんだん営業目的っぽさが出てくるアンケートになりました!結構気に入っています。でも、最初の質問で「持ってない」と答えられたら、全ての質問がぱあになりますね!

夏の夜空 - 2015.07.21 Tue

梅雨が明けて、晴天が続いています。
日中カラッと晴れているので、暑くてもあまり蒸し暑くはありませんでした。
夜になっても、湿度はそれほど上がらず、夜空が澄んでいて星がクリアに見えました。

昨日今日と続けて夜空を撮影したのでご覧ください。
DSC01131a.jpg
昨日8時頃の月と金星と木星
左が月。かすんでいるので丸く見えますが月齢4.1です。富士山向かってななめ右の明るい星が金星、その隣の少し暗い星が木星です。

DSC01155b.jpg
お隣の屋根の上のサソリ座と土星
自分の目よりカメラの性能が良いらしく(コンデジですが)、肉眼では見えていない星まで写っています。そのため、かえってサソリ座とか土星が判別しにくくなっています。

DSC01155a.jpg
拡大したもの

月もきれいなのですが、星ほどきれいに写りません。
DSC01148b.jpg
ぼやけた月

そこで、デジカメのシャッタースピードやら何やら、月用に設定を変えて撮ってみました。
DSC01145a.jpg
今日の月(月齢5.1)
まあまあ、かな。

さて、さっきの写真には月と一緒にアークトゥルスも写っていました。わかりますか?
DSC01148a_201507212210551fe.jpg
アークトゥルス(Arcturus)
レギュラス・アークタルス・ブラック(Regulus Arcturus Black)のミドルネームの由来の星です。

海の日の海 - 2015.07.20 Mon

今日は海の日だったので、午後ふらりと行ってきました。
4時近い割には家族連れなど結構にぎわっていましたが、画像に写りこまない程度の人出でした。
IMG_4371a.jpg
梅雨明け後の青い空と海

IMG_4382a.jpg
ハマゴウの花

IMG_4385a.jpg
流木に付着したエボシガイ
以前書きましたが、エビやカニの仲間で本当は貝ではありません。

IMG_4386a.jpg
瓶についたエボシガイ

漂着した瓶に結構ついていました。
IMG_4390a.jpg
この瓶にも!

湿った砂の上に乾いた砂の小山がいくつもあるのに気付きました。
IMG_4391a.jpg
湿って黒く見える砂の上にある白い水玉模様

IMG_4392a.jpg
大きさはこのくらい
そっと砂をどけてみましたが、何も出てきませんでした。小さな生物でも出てくると思ったのですが、小さすぎて見つけられなかったのかも。

IMG_4393a_20150720221720a92.jpg
イカの甲
てのひらより大きいです。

IMG_4395a.jpg
小さくて薄ピンクのイカの甲
軽かったです。

クラゲの一部のような透明な物体があったので、つついてみました(笑)
[広告] VPS

片付け - 2015.07.19 Sun

今日は夫の事務所(アパートの一室)の片付けを手伝いました。
事務机とかキャビネットとかパソコンとか、大きなものの引っ越しは済んでしましたが、こまごましたものが残っていて、その方付けを夫は1か月くらいかかって仕事の合間にやっていましたが、間もなく明け渡すので、仕上げは手伝ったのです。まあ、私の手伝いの割合はごくわずかですが。
それでも、事務仕事をするだけで台所はコーヒー用のお湯を沸かすだけ、お風呂にも入っていない部屋を片付けるのにかかった時間と手間を考えると暗澹たる気持ちになりました。
実家を、そろそろ処分しなければ、と考えているからです。
去年の7月3日まで母がふつうに暮らしていた実家は、ほぼ当時のままの姿で残っています。冷蔵庫の中身の一部は捨てたものの、缶ビールや瓶詰め調味料類などはそのままになっていて、つまり一年間、無駄に冷蔵庫を冷やしていたわけで、私も妹も、無駄だと感じながらも気持ちの整理がつかず、とりあえず実家の今後を考えるのは一周忌を過ぎてからにしよう、と先延ばししたのでした。
今、その一周忌を過ぎ、命日も昨日だったし、もう先延ばしする言い訳はなくなりました。
マンションの管理費と駐車場代も毎月引き落とされていて、いつまでも払い続けることもできそうにないです。一体何から手をつけて良いかわからず途方に暮れます。まずは妹と話をして、相続の詳細を決めるところからでしょうか。ふううう~やれやれ。

映画鑑賞の思い出 - 2015.07.18 Sat

NASAの無人探査機が冥王星の様子を撮影した画像がメディアで紹介されていますが、今朝、漫画家の松本零士さんがその画像を興奮した様子で見ている姿をテレビで見ました。作品に冥王星が描かれた当時、その星は謎に包まれていました。想像で描いたというその描写が、実際の姿に近かったとのことで、私もそれを見てだいぶ興奮しました。
松本零士さんの作品、「銀河鉄道999」は、昔とても好きで、テレビシリーズも毎週楽しみに見ていたし、映画も、観に行きました。
映画を観に行った時のことを思い返すうち、忘れていた色々なことが蘇りました。

一作目は友達数人と観に行きました。
友達と言っても親しいのは一人だけ、知らないわけではないけれど、私以外はその子を含めみんな美術部でアニメ好き、他に一緒に「999」を見てくれる友達がいなかったので、そこに混ぜてもらいました(笑)
当時市内の映画館では上映されていなくて、電車で隣の隣の市まで行きました。
夏の暑い時期、外で並んで待って、やっと入った気がします。
当時は入れ替え制ではなかったので、一度見終わってからそのまま続けて観ました。

二作目(さよなら銀河鉄道999)は、一人で行きました。
この時が私にとって初の一人映画です。(いくつの時、と書くと公開時から歳がバレるので明かしませんが)
この「さよなら銀河鉄道999」の上映は、もう一本別な映画とセットになっていました。いわゆる「二本立て」というやつです。
この時、もう一本セットになっていたのが「HEAD」というモンキーズ主演の映画です。
モンキーズは、昔、私が大好きだったロック・グループです。
大好きな「999」と「モンキーズ」が両方観られる!ということで、一緒に行ってくれる人など当然いない組み合わせでしたから、一人で行ってしまいました。これは市内の昔ながらの映画館(今はもうない)で上映されました。入り口で券を買う時、とてもドキドキしました。小学生の男の子が多くいたような覚えがあります。みんな「999」目当てだったので、モンキーズの映画の方は、つまらなそうでした(笑)

この時、買ったパンフレット、数年前に見つけた様子をこのブログに書いたことがありました。(「思い出の品々」)今も家のどこかにあるはず…

箱根旅行(3) - 2015.07.16 Thu

月曜の朝食は、ビュッフェスタイルか、着席スタイルか場所を選べました。
食べ盛りの子どもが一緒なら、ビュッフェスタイルにしたでしょうけど、のんびり着座してお給仕してもらった方が良いので、そちらを選びました。
そちらでもさらにメニューは大きく二つに分かれ、アメリカンブレックファーストかケーキブレックファーストか選べます。ケーキというのは、パンではなくパンケーキやフレンチトーストなどが主食のメニューで、玉子料理はついてきません。
私は玉子料理が食べたかったので、アメリカンブレックファーストを、夫は富士屋風パンケーキを選びました。
玉子料理には選択肢がたくさんありましたが、私はマッシュルームオムレツを選びました。
DSC01091a_20150716213630547.jpg
サラダとコーヒーとオレンジジュース

DSC01092a.jpg
トーストした食パンと大き目のクロワッサン
パンの量が多いです。

DSC01093a_201507162136324c7.jpg
マッシュルームオムレツとソーセージ

DSC01094a.jpg
夫が選んだ富士屋風パンケーキ
クレープみたいです。蜂蜜かメイプルシロップをかけて食べます。4枚もあってボリュームたっぷり!

DSC01095a_20150716213635b46.jpg
これは夫の選んだソーセージ(ベーコンやハムの選択肢から)

DSC01096a.jpg
ママレードとイチゴジャムとブルベリージャム
奥に見えるのがフィンガーボウル

朝食の後、チェックアウト(12時)までしばらく時間があったので、ホテルの資料館を見に行きました。

DSC01110a.jpg
資料館に通じる廊下

ホテルの歴史や明治や昭和の天皇陛下がお泊りなったり、著名人が泊まった記録がいくつも残っていました。さすがに天皇陛下の写真の画像などはここには載せられませんが。
着物を着たヘレンケラーとか、三代目の当主と並んで立つチャップリンとか、じょんん・レノン一家とか、「こんな人が!」と思うような人がたくさん宿泊していました。

夏目漱石も泊まったそうで、そのサインがファンによって発見された、という去年の新聞が展示されていたことにも驚きました。

DSC01116a.jpg
下から二番目がそうみたい

DSC01117a.jpg
去年の新聞記事

資料館の見学後、もう一度温泉に入って、その後早めにチェックアウトしてから荷物をクロークに預けて中のティーラウンジでお茶を飲みました。素敵なティーラウンジなので帰りに入ろうと到着時から決めていたんです。
他のお客さんがいらっしゃるからあまり店内を撮ることはできませんでした。
IMG_4328a.jpg
趣のある照明

チャップリンプリンという素敵な名前のメニューがあったので、そのセットを注文しました。
IMG_4330a_20150716224610604.jpg
チャップリンプリンと紅茶

IMG_4331a_20150716224611489.jpg
チャップリンプリン
ひげと帽子とステッキが特徴出てるな~と思ったら、かわいいくつもあって、ほっこりしました。プリンとシフォンケーキは紅茶(アールグレイ)の風味があり、美味しかったです。

ホテル滞在型の旅行で、今回は全然観光しなかったけれど、ゆっくりできました。

英検結果 - 2015.07.15 Wed

英検の結果が昨日からネットで見られるようになり、確認してきました。
準2級に合格していました。
33点満点で、合格ラインが19点以上で、私は20点(笑)
本当にギリギリだったのだなあ、と思いました。喜びより、あんな面接で合格させちゃっていいの?という戸惑いの方が大きかったです。一次試験の方がはるかに達成感がありました。

今日、一緒に受験したHさんからメールがあり(英語で)、27点で合格したと書かれていました。素晴らしい!得点の高さもそうですが、私より一回り以上年上の彼女のチャレンジ精神にも頭が下がります。
Hさんは私と英会話の先生に宛ててメールしてきたので、私も二人に宛てて一応合格はしていた旨英語でお返事しました。。
先生からは、お祝いの言葉とともに、二人とも次は2級にチャレンジですね!というお返事が返ってきました(もちろん英語で)
いやー。今はとてもそんな気になれないです。もう懲り懲り(笑)

と、ここまで今日の午後書いて、後で推敲してUPしようと思っていたら、夕方、元同僚のTちゃんからLINEで「英検どうだった?」と言ってきました。ちょうど同じころ、Tちゃんも今住んでいる国(ご主人の赴任先)の言語のテストを受けていたのですが、その試験に合格したとも伝えてきました。
私は、自分も受かったには受かったけど、力が出し切れずにギリギリのラインで合格したので微妙な気持ち、今はさらに上の級を受ける気になれない、と返事をしました。
すると、ギリギリの方がお得感があっていい、と、とてもポジティブに返されました。そう言われればそうかも!そして、挑戦しようと思ったこと自体をほめてくれて、時間が経ったらまたきっとやりたくなるからその時挑戦すればいい、と言ってくれました。
そう言われたら、なんか元気出てきました。
Tちゃんだって異国の地で子育てしながら語学学校通って、それに受かればバイトもできる、という試験に受かって、すごく頑張っているんです。与えられた環境を楽しみつつ、向上心を失わないTちゃんを見習いたいです。いつかまたやりたいと思う時が来たら、上の級に挑戦します。

箱根旅行(2) - 2015.07.14 Tue

富士屋ホテルのメインダイニングには、天井に近い壁に彫り物がありました。
奥の部屋には干支が全部揃っているから、最後に確認してみてください、と言われて確認しました。

IMG_4296a.jpg
今年の干支、未(ヒツジ)

IMG_4295a.jpg
来年の申(サル)

IMG_4299a.jpg
午(ウマ)

IMG_4292a.jpg
辰(タツ)

自分の干支を探すことより、巳(ヘビ)を探そうと思いました。
ところが、全然見つからず、他のお客さんの中にも巳年の方がいらしたようで、「へびがいない」とずっと探しています。
ごく初期にこれは蛇では?と思うものを見つけてはいましたが、それを巳年のレリーフと呼ぶには、あまりにも控えめな描かれ方だったので、他にあるはずだろうと探していました。が、結局見つからず、それに蛇の他に描かれているものが干支の動物ではないことから、やはりこれが巳年なのだろうと結論付けました。
IMG_4293a.jpg
ライオンの前足にがっちり押さえ込まれる蛇!
なんでー!ライオン干支じゃないのにー!しかもグリフィンドールのシンボルだし!蛇、押さえ込まれてるしー!これはどういう図なのか、ちゃんと質問すれば良かったです。

この後すぐに部屋に戻らず、敷地内を散策しました。
IMG_4307a.jpg
ホテルの守り神の井戸
常に出続けています。

IMG_4308a.jpg
説明の立札
関東大震災の時に役立ったようです。

IMG_4312a.jpg
水車小屋

ディナーは二部制。早い方の17:45を申し込んでありました。
通された席は窓際の端で、山の見えるとても良い席でした。
お料理の写真を撮って良いか尋ねたら、素敵な笑顔で「どうぞ~」と言っていただけました。
DSC01067a.jpg
お皿に乗ったメニュー

DSC01070b.jpg
食前酒はシャンパン

DSC01072a_201507132130319e2.jpg
グリーンアスパラガスとサーモンのテリーヌ

DSC01073a.jpg
パンが三つ

DSC01074b.jpg
白ワイン(私が選んだのは甘口)

DSC01076a_201507132131141d5.jpg
ジャガイモのポタージュ(夫はコンソメを選びました)
なんと、ここのホテルでは、スープは自分で好きなだけよそうことになっているとか、突然そう告げられて、びっくりしながらもお玉(レードルっていうのかな)1杯では足りないと思い、注ぎ足したので、そんなに上品ではないのが画像でも見て取れるでしょう(笑)ちなみにクルトンも器に入って出され、自分で好きなだけ入れられますが、さすがに好きなだけ入れていたら、おじやみたいになってしまうので控えました(笑)

DSC01079a.jpg
スズキと香味野菜のエチュベ コートダジュール風

DSC01081b.jpg
赤ワイン

DSC01082a.jpg
牛ロース肉のソテー マスタードソース

DSC01085a.jpg
マンゴープディングとココナッツのシャーベット タピオカ入りアングレーズソース

それと画像はないけれどコーヒーもです。
とっても美味しかったです。
だんだん日が暮れていく山を眺め、夫婦で語らいながらゆっくり美味しい物を食べるのは、とても贅沢なことだと思いました。

箱根旅行(1) - 2015.07.13 Mon

日曜日から一泊で夫婦で箱根宮ノ下にあるクラシックホテル、富士屋ホテルに一泊してきました。
箱根は何度も行ったことがありますが、富士屋ホテルは横目に見つつ通り過ぎるのが常でした。お値段が高め、ということもありますが、クラシックな佇まいは、若輩者には敷居が高い感じで、ようやく気後れせずに行ける年頃になったと思えたのと、法事のあとのご褒美が欲しかったのと、また、噴火の影響で客足の遠のいた箱根に少しでもお金を使いたい、という思いもありました。

車で行き、到着するとすぐにチェックインカウンターに通されたので、外観を撮影できたのは帰り際でした。
IMG_4334a.jpg
本館(明治24年建造)

IMG_4333a.jpg
西洋館(明治39年建造)
私たちは、この西洋館に泊まりました。

IMG_4335a.jpg
花御殿(昭和11年建造)
客室の他、温水プールや資料室、小さいけれど浴場もありました。

IMG_4262a.jpg
エントランスの天井

IMG_4319a.jpg
西洋館1階から階段を見上げたところ

IMG_4318a.jpg
西洋館2階から階段を見下ろしたところ

IMG_4317a.jpg
部屋は108(惜しい!)

IMG_4268a.jpg
ドアを入って振り返ったところ(なぜか、ドアノブの位置が低い)
左側のドアを開けるとバスルームです。(写真撮ってなかった><)
ちなみに、浴室には温泉が引いてあります。
IMG_4273a.jpg
リウマチに効くそう
このお湯で満足だったので、3~4人用という浴場には行きませんでした。

今回はデラックスツインを予約したのですが、広くて素敵で息を飲みました。
DSC01040a.jpg
窓がたくさん!
天井も高いです。

IMG_4267a.jpg
調度品

DSC01042a_20150713161031900.jpg
照明の上の天井の飾り

IMG_4271a.jpg
お茶セット

IMG_4272a.jpg
アメニティグッズ
壁に使われている大理石は本物のようです。

4時からの館内ツアーに参加しました。
最初は、食堂棟の地下にあるバーに集合し、説明を聞きました。
DSC01048a_20150713174456585.jpg
バー内部
この富士屋ホテルは、西洋のお客様を迎えるために建てられたのだそうです。
最初、この場所はビリヤード場だったとか。天井にその痕跡が見られるそう。
IMG_4277a.jpg
四角はビリヤード台、丸は玉を表すそう

創業者のことなどを主に聞いて、その後メインダイニングに行きました。
IMG_4305a.jpg
ダイニングに続く廊下

ここでは、入り婿だった三代目のお話を伺いました。このダイニングは、三代目のイメージ通りに作られているのだそうです。
DSC01051a_20150713161032ec3.jpg
ダイニングの天井
区切られた四角の中には、植物が4種類、全て違うものが描かれているのだそうです。
天井だけでなく、あちこちに西洋からのお客様の目を楽しませる工夫がされています。

IMG_4289a.jpg
能の舞台をイメージした飾り

IMG_4291a.jpg
当時日本では珍しかった西洋のスポーツの浮き彫り

ほとんどがお客さんに向けた飾りでしたが、従業員に向けたものもありました。
IMG_4303a.jpg
三代目が目を光らせているところ
いつも笑顔でお客様に接しているか、厳しく目を光らせているのだそうです。

コンサート - 2015.07.12 Sun

昨日は法事の後、娘と一緒にゲーム音楽のコンサートに行ってきました。
元々は娘夫婦二人で行くはずだったものですが、娘の夫がそのことを忘れて上司とツーリングに行く約束をしてしまったとか。ぷりぷり怒って、娘は私を誘ってくれたのでした(笑)
IMG_4246a.jpg
“伝説の戦闘組曲”
JAGMOというゲーム音楽を専門とするオーケストラのコンサートです。

コンサートは二部構成で、曲はプログラムの画像に示す通りです。
IMG_4251a.jpg
前半

IMG_4245.jpg
後半

ロマンシングサガ3で始まって、ファイナルファンタジー9で終わる、というのは私にとってとても嬉しい選曲でした。どちらもCDを買うほど好きなシリーズだったので。
しかも、ロマンシングサガのオープニングタイトルは、大好きな曲で、聞いていると気持ちが高揚するというか、幸福感に包まれるので、特にここ2,3週間の間、何度も繰り返し聴いた曲でした。
この曲でスタートした瞬間鳥肌が立ちました。

プログラムの中でプレイしたことのないゲームは、クロノクロスとチェインクロニクルとMOTHERです。MOTHERは子どもたちはプレイしたことがあるのと、スマブラでいくつか音楽が使われたので知ってはいました。チェインクロニクルは全く初めて聴く曲でしたが、とても良い曲だったので耳に馴染みやすかったです。
知らない曲であっても、ゲーム音楽の特に戦闘時の曲は、気分が高揚する感じのメロディーで、聴いていて退屈なものはなかったです。
ただ、前半最後のクロノ・トリガーがヴァイオリン協奏曲になっていたのが、ちょっと残念でした。
もっと壮大な感じに仕上げて欲しいところを主旋律がヴァイオリン1本でちょっと物足りない感じ。しかも、ピチカートが時々ポコポコと濁って、聴かせどころなのに聞き取れない、という残念な感じになっていました。
クロノ・トリガーの曲は、私以上に娘が好きで、一番期待していただけにがっかりしていました。魔王決戦という曲など、娘はかつてゲーム中ボタン操作をしないで、ひたすら聴いていたことがあったくらいなのに、迫力に欠けました。

後半のファイナルファンタジーⅣとⅨの曲は、とても良かったです。
私はファイナルファンタジーシリーズのⅨまでがとても好きなので、どの曲が来ても嬉しいのですが、特にⅨはゲームとしても好きなので嬉しかったです。
最後の曲は、ちょっとスネイプ先生を重ねて聴いていました。

アンコールは何かな?ととても期待していました。
始まった時は、何の曲かわからず、身を乗り出して聴いていましたが、やがてよく知ったメロディーが現れると、ほお!と思って椅子の背にもたれて聴き入りました。他の聴衆も同じような反応でした。
アンコールは私の大好きなファイナルファンタジーのメインテーマでした!
ゲーム一つクリアしたような満足感で締めることができ、とても良かったです。

一周忌 - 2015.07.11 Sat

今日、母の一周忌の法事をしました。
この一年、長かったようにも短かったようにもどちらにも感じますが、母との時間をゆっくり振り返る気にはまだ到底なれないという意味で、一年という年月は短いのだと思います。

ごくごく身内だけ、親戚には声をかけなかったし、息子や義弟は仕事、次男と姪は学校だったしで、集まったのは夫と娘と妹と私の4人だけでした。
それでもお寺さんと時間の調整をしたり、和尚様とお話したり、お布施を用意してお渡しするタイミングを計ったり、は結構気骨が折れました。
読経の最中にホットフラッシュが起き、顔から汗が噴き出ましたが、合掌しているのでハンカチを取り出すのは憚られ、そのうち顔から何滴も滴り落ちるのがわかりました💦
終わった時、妹が驚きの声を上げ、「滴ってるのが見えたけど、涙かなって思ってた」と言いました。いえ、涙も混じってましたよ。良いお話も伺ったので。でも、圧倒的に汗の量が勝ってました(笑)

午前の10時過ぎには終わったので、みんなで実家に行き、湿った室内に風を通し、隣の家の敷地に侵入しそうな樹の枝を切り、掃除機をかけて、出前のお寿司を取って食べました。

実家に人が集まって何かをする機会はこれからますます減るでしょう。
飲食するのもあと何回あるか…
貴重な時間でした。

梅雨の晴れ間 - 2015.07.10 Fri

うちのあたりでは7月に入ってからほとんど毎日雨が降っていました。
今朝、雨戸を開けた時に日の光が入ってきた時は、本当に嬉しかったです。

仕事中、車の乗り降りする時、傘がないのは本当に楽です。
ただ、急に暑くなったのでなかなか体の方が追いつきませんでしたが。

午前最後のお宅を訪問して出てきたら、車の下に猫がいました。
40分前に停めた車、エンジンの熱はもう冷えていたのでしょうか。
猫a
車の下で寛ぐ猫(患者さんによれば、野良だとか)

涼しいの?と聞きながらデジカメ向けたら、ナーオとドスの効いた声で鳴きながらゆったり出てきました(笑)

午後は英会話教室に行きました。
英検の報告をするのも辛かったけど、レッスンの中で、ペアを組んで、「掃除機をかけること」「キッチンの床を拭くこと」「居間を片づけること」などの頻度を聞きっこするのが辛かったです(毎日はやってない)

英会話の後はジムに行くつもりで着替えや靴を用意してあったのですが、あまりにも空が青いので海に行きたくなりました。でも、筋トレもしたい。ということで、筋トレはいつも通りのメニューやって、ウォーキングを省くという短縮メニューで早めに終わらせ、その後海まで自転車で行きました。もう夕方の5時になっていました💦

途中でキノコを見つけました。昨日まで雨が降り続いたからキノコが生えやすい状態だったのだと思います。
20150710キノコa
黄色いキノコとキーホルダーレゴスネイプ先生
パペットスネイプ先生もお連れすれば良かったです。

海は結構波が荒く、だいぶ前から海鳴りが聞こえていました。
海
次々押し寄せる波

比較的砂浜はゴミが少なかったのですが、プランクトンが多く発生しているようで、生臭かったです。
IMG_4222a.jpg
クラゲの一部?
透明のプルプルしたものが結構落ちていました。

IMG_4225a.jpg
雲のない空(だいたい5時半くらい)

帰路に就いてからもまだ目はキノコを探していました。
IMG_4227a.jpg
白いキノコ
大きさはさっきの黄色いキノコと同じくらい

IMG_4231a.jpg
マッシュルームそっくり
なぜか抜かれて転がっていました。

松林の中に赤いものが見え、まさか?と自転車を止めて入っていくと、やはりキノコでした!
IMG_4232a.jpg
赤いキノコ
紅色です。

見回すと結構たくさん生えてます。
IMG_4236a.jpg
白と赤が混在

IMG_4235a.jpg
小さいのも

IMG_4239a.jpg
大きいのも

ついつい寄り道して、帰宅したのは6時でしたが、まだまだ明るかったです。
今日は梅雨の晴れ間を堪能できました。

オフ会のお知らせ(締め切りました) - 2015.07.08 Wed

8月29日(土)にオフ会を行います。
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の読書会と交流がメインの会です。
1月に開催したお誕生日会中の読書会で語りきれなかったテーマを語り合う予定です。
前回の参加者だけでなく、今回新たに参加を募ります。
スネイプ先生好きな方もそうでない方も区別なく、『炎のゴブレット』を語りたい方はご参加下さい。
続きと言っても前回の概要はお知らせしますし、新しいご意見があれば伺って同じ場面を再度語り合いますから、初参加の方もご心配は無用です。

会場は静岡市の清水にあるカフェ『くすっくす』さんです。
オーナーはホグワーツ校友の会同窓会の方です。
ランチとランチ時の飲み物、お菓子と飲み物をお願いしてあります。
時間は、お昼前後~夕方17時の予定です。
読書会の他、簡単なゲームをします。機材が揃えばDVD等も一緒に鑑賞したいところです。
会費はランチ、飲み物、お菓子、場所代 機材費合わせて社会人3,000円、学生2,500円。
参加人数により若干下がることもありますが、増えることはありません。
定員は14名です。

前回の様子はこちらを参考にして下さい。
2015スネイプ先生お誕生日会(読書会①)
2015スネイプ先生お端女日会(読書会②)

18歳以上、自己責任で参加出来る方とさせていただきます。
お申し込みは以下のフォームからお願いします。
オフ会お申し込みフォーム

締め切りは7月31日の予定ですが、定員の14名に達したら募集を締め切りますので、参加をご希望の方は、早めにご応募下さい。
皆さまのご応募お待ちしています!

7/8
キャンセルが出ましたので募集を再開しましたが、再び定員に達したので募集を締め切りました。ありがとうございました!

雨宿り - 2015.07.08 Wed

この頃毎日雨が降り続いています。
今朝、ちょっと雨が上がっていたので、これは海に行けるかも!と期待したのですが、用意しているうちに再び降ってきてしまい、行先をジムに変更しました。しばらく海に行っていなかったので行きたいかったんですが…

夜になって雨脚はますます強くなりました。
夕食後、二階に上がろうとして窓に何かがいるのを見つけました。
DSC04126a.jpg
何かがいる!
(汚い網戸でお恥ずかしい)

ジャロジー窓の隙間から、覗いていたのは、ヤモリでした!
DSC04127a.jpg
半身乗り出すヤモリ
(汚い網戸でますますお恥ずかしいー!でも丸いシミはカメラの汚れです)

そういえば、約10年前、大雨の日に家の中にヤモリが入ってきていて大騒ぎしたことがありました。
雨の日、ヤモリは雨を避けて家の中に入ろうとするのですね!
とってもかわいい姿ではありましたが、入って来られても困るので、カメラを近づけたり、網戸拭いたりしているうちに、乗り出していた部分を引っ込め。後ろ側に回ってました。

DSC04131a.jpg
窓の外に貼りつくヤモリ
(網戸少し雑巾で拭きました)

ごめんね、せっかく入りかかったのに追い出して。

非対称 - 2015.07.07 Tue

昨日ジムに行った時のことです。
英検を控えていたため、先週最後に行ったのは木曜日で、私としてはちょっと間隔が開いてしまった感じでした。そして案の定、いつもと同じ筋トレメニューをこなすのはきつく感じました。
負荷をかけて15回の運動を3セット行うのですが、12を超えるあたりでかなりきつく、表情も歪んできます。
ちょうど腹筋の2セット目の14回目頃、きつくて左の口角が上がり、左目が閉じるような顔をしました。
その自分の顔、見えないのですが、すごくツボだと思いました(笑)
スネイプ先生にこんな顔させたいという意味で💦

顔をしかめて片目をつぶったり、目の開き方に左右差あったり、というのが好きです。
多分、5巻の閉心術の課外授業で、ハリーに思わぬ反撃くらって手首に赤いみみずばれできた時なんか、そんな顔したんじゃないかと思うんですよ~
「はあ?」という顔も好き。片方の口角上げて冷笑している顔も。
物語中、スネイプ先生、私好みの左右非対称な顔になってること多かったんじゃないかな~と思っています。

合羽を着た人 - 2015.07.06 Mon

今日、郵便局に行きました。
ATMでお金を下ろしたかったのですが、近所の小さな郵便局のATMは外にある上、一人しか使えないので、雨の中傘さして待つのは辛く、普段並ぶ位置より少し離れた郵便局の軒下に並んで順番を待っています。
私の前に二人いましたが、私の後ろには人は来ず、次は私の番、となった時、前方から上下の厚地の雨合羽を着た、ちょっと年配の女性がゆうちょ銀行の通帳を手にして歩いてきました。
ああ、あの人もATM使うのかな、と思って見ていたら、「あら~!」と声を上げたので、「こんな雨でも人が並んでいるわ」という意味だと思っていたら、続けけて「○○ちゃん!?」と私のファーストネームを呼ぶのでびっくりして顔を上げたら、私の幼馴染Sのお母さんでした。

Sとは一番長い付き合いで、物心ついたときは既に一緒に遊んでいました。幼稚園、小学校、中学校、高校まで一緒だったし、今も徒歩圏内で暮らすSとは、ずっと付き合いが続いています。
互いの家を何度も行き来したので、Sのお母さんにもずいぶんお世話になりました。
去年母が亡くなった時だって、SとSのお母さんは駆けつけてくれたのです。
「早いわねえ、お母さんが亡くなってもうすぐ1年くらい経つんじゃないの?」とちゃんと覚えていてくれています。
まさにそうで、命日は18日ですが、11日に法事をやるためにその資金を下ろしにATMに並んでいたのです。

それにしても、Sのお母さんのお元気なこと!看護師さんとして長いこと現役で働いていらしたからかもしれません。
「私もとうとう喜寿になったのよ」とおっしゃるので、母の二つ年下だったのかなと思いますが、かなりの雨が降る中、しっかりした雨合羽で装備を整えているものの、自転車で郵便局まで来るとは!お顔は水滴だらけだったし。
本当、転倒だけはしないで欲しいと思いました(笑)
間もなく私の順番が回ってきたので会話も中断しましたが、出てきた時にもう一度ご挨拶だけはできました。「Sによろしく。どうぞお元気で。くれぐれも(転倒しないよう)お帰りはお気をつけて」と言ったら「あなたも元気でね」と手を差し伸べられ、両手で握手しました。なんだか泣きたい気分でした。
心から、お元気で長生きして欲しいと思いながら、ATMに入っていく後姿を見ていました。

オフ会にお申込み下さった方へ - 2015.07.06 Mon

昨日までにお申込みいただいた方には、「受け付けました!」の件名でメールをお送りしています。
届いていない方は、お知らせください。
また、本日「読書会議題について」という件名でもメールしています。
ご確認ください。

読書会議題 - 2015.07.06 Mon

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

面接 - 2015.07.05 Sun

今日、英検の二次試験を受けてきました。
その場では思ったような受け答えができなかったのに、後からいくつも簡単な文章が思い浮かんできて、「なぜあの時言えなかったんだー!!」という思いで、はらわたが煮えくり返るようなのですが、そんな思いすら記録しておかないとすぐに忘れてしまうので、思い出のためにも、傷口に塩を塗るような作業をしようと思います(笑)

元々は、「なんとかなる」と思い、予想問題集など見ていなかったのですが、金曜日のレッスン時に、先生が準2級で出やすい動詞をテスト形式で出していった際、一緒に受験するHさんがすらすらと答えるのに恐れをなし、レッスン後そのままBOOKOFFに行って、面接用の問題集を買ってきたのでした。ええ、スネイプ先生の動詞を抜き出してる場合じゃなかったんです(笑)

それでも金曜日には開かず、土曜(つまり昨日=試験前日)になってようやく開き、かなり焦りました。とても受かる気がしなくなってしまったのです。それでもテクニック的にはいくつか参考になるものもあったので、それを使おうと思っていました。

今日は雨降りで、少し早目に待ち合わせた駅に行ったら、すでにHさんが来ていらして、予定していた電車より一本早く乗れ、乗り換え後も一本早かったので、会場の私立高校に到着した時は、まだ受付が始めっていないくらいでした。
8:40から受付が始まり、私とHさんは別の控室に行くことになりました。まあそうだろうと思いました。きっとそれぞれ違う教室で、違う試験官を相手に面接するのでしょうから。

携帯電話の電源を切り、それを指定された袋に入れて、首から下げて受験します。
面接カードに名前や受験番号など記入して少し待っていると、携帯を入れた袋に書かれた数字で呼ばれました。私は、6番教室の1番最初の受験者でした。

部屋の外で待っている間の緊張したこと!
扉を開ける時、参考書通りに'May I come in?'と言わなくて良い、と英会話の先生には言われていましたが、閉まった扉を何も言わずに開けて'Hello'と言うのは失礼な気がして、参考書通りにしました。

試験官は私と同世代の日本人男性でした。
入っていくと、面接カードを渡すように指示し、荷物は隣の机の上に全て置き、あなたはそこに掛けなさいと英語で言いました。
'Thank you'と答え、座りました。
以下、日本語で書いてありますが、全て英語で会話しています。

この後の記憶が定かではないのですが、まずグレードの確認をしてそれから相手が名乗ったように思います。全然覚えていませんが(笑)私も名前を聞かれて答えると、私の名を呼び、'How are you?'と聞かれました。
これは想定の範囲ですから、とても緊張していますが、大丈夫です。あなたはいかがですか?とほぼ定型のあいさつをすると、私は元気です。リラックスしてくださいね、という答えが返ってきました。

その後、紙を渡され、20秒黙読するように言われました。20秒の短かったこと!
次に大声で音読するよう指示され、読みました。発音もイントネーションにも区切る部分にも自信はないけれど、とにかく読みました(笑)
次にその文章に関する質問をされたのですが、何を言われたかわかるのですが、Howで質問されたので、By ~ingで答えたかったのに、~に相当する動詞が、提示された文章内のあるべき場所にない気がしてしばらく目で追っていたら、もう一度同じ質問をしてくれました。やっと見つけて答えましたが、合っていたかどうかはわかりません;;

次にさっきの文章の下に示された絵に描かれた人物たちの描写をできるだけ詳しく述べるように、と言われました。
これはまあまあ動作としてはわかりましたが、決定的なミスだと思ったのは、a flowersと単数だか複数だかわからないような言い方をしてしまったことでした。
次に、もう1枚のイラストに一人の人物が描かれていて、今どういう状況か説明しなさいと言われました。
描かれていたのは、ドアの前でポケットをさぐる女性の姿で、吹き出しに鍵のイラストが×で消されたものも描かれています。
女性はドアを開けたいが、鍵を失くした。だからドアを開けられない、という状況を英語にしました。

ここまではまあまあ良かったんです。
次にそれまでの紙をひっくり返すよう指示され、言葉で質問されました。
今後、学校ではコンピューターを使う授業がメジャーになると思いますか?というような内容だったと思うのですが、定かではありません。
とにかく私は自信をもってYesと答えましたが、なぜ?と聞かれたとき、その理由をコンピューターを主語にして答えかけてから上手くいかなくて生徒たちを主語にするという方法に切り替えたのですが、結局文章にまとまらないうちに、次の質問に移ってしまいましたー!

英会話の先生に、「自分の考えを無理に言おうとしないこと。適当な話を作り上げて会話を成立させること」と教えられていたのに、自分の考えを言葉にしようとしてしまい、失敗しました。

次の質問は100円ショップによく行きますか?という質問でしたが、それも馬鹿正直にどういうことに使うものを買いに行く、と説明しだして、うまく伝わらなかった気がします。

それで全て終わりました。
あー、思い出すと悔しい!控室にいる間、なんで自らストレスを与えるようなことをしてしまったんだろう?と思いました。登山する理由を「そこに山があるから」と言ったりしますが、そこに山もないのに、わざわざ自分で山を作ってまで登ろうとするなんて、何やってるんだろう?と自問し、まあ、それが私なんだなあ、と苦笑していました。

どんな結果が出るでしょう?今回ダメでも、1年間は一次試験免除で受験できるそうですが、また同じ苦しみを味わうのは辛いので、できればぎりぎりでも良いから受かりたいです。

ズキューン! - 2015.07.04 Sat

夫が隧道の魅力を語る時、「ズキューンとする」とか「キューンとなる」とか「ツーンとする」とか意味不明な擬音を使うので困惑することが多いです。
「『ズキューン』がどういう感覚なのか、教えて」と言っても、「胸が『ズキューン』ってしたことないの?」と不思議そうに答えてきます。
「『ズキューン』と『キューン』と『ツーン』の違いを、他の言葉で説明して」と言うのですが、納得できるような言葉は出てこず、同じ擬音を繰り返すだけに留まります(笑)

今日、夕食の食卓で先日の京都の思い出話をしていて、下鴨神社について、水の清らかさ、空気の清浄さ、畏怖の念すら抱く荘厳な雰囲気など語っているうち、どうしてもまたあの場所に行きたくなりました。
強く恋い焦がれる気持ちを表現できないでいたら、「ズキューンとしたんじゃないの?」と言われてようやく納得。あれがズキューンだったのかもしれません(笑)

動詞 - 2015.07.03 Fri

英検の二次試験が近づいてきました。
先週の英会話のレッスンでは、私と一緒に受験したHさんと二人だったので、先生が面接の練習をしてくださいました。
文章の音読や、その内容についての質疑、イラストについての描写や状況説明、質問への応答など。

やってみると、イラストに描かれた人たちの行動を言葉にするのが結構難しいと感じました。その動作を表す動詞がちゃんと出てくるか、というのが大変重要になってきます。

そこで、私は人間の動作をできるだけ言葉にできるよう、思いついた時には自分の動作を口に出していましたが、それだけでは足りず、以前自分で抜き出したスネイプ先生の描写を見て、動詞を抜き出そうとしました。
こんな感じ↓(3巻より)
howl 喚く
whisper ささやく
seize つかむ
collide ぶつかる
grin 歯を見せて笑う、ニヤリとする

うーん、特殊すぎる!
まずこれは出題されそうもないですね。

生活の変化 - 2015.07.02 Thu

夫の事務所が今月になって移転しました。
一人でやっていた事務所は、自転車通勤ならドアツードアで自宅から2分もかからない距離のアパートの一室にありました。
このアパートを解約して、義母が一人で暮らす家、つまり夫の実家で仕事をすることに決めたのです。80歳を過ぎた義母は、元気ではありますが、年齢的に突然何かあっても不思議ではなく、だんだん心配になってきたので、日中の仕事場をそちらに移せば安心かと思って夫は決断したようです。

少しずつ引っ越し作業を行い、まだ大きな机などはアパートの方に残ってはいるものの、パソコンやプリンターやファックスの移動、ネットの接続も済んでしまうと、もう新職場=実家でしか仕事はできません。
夫の実家は他市にあり、車で40分ほどかかりますから、今までと違って忘れ物をしたからとすぐに取りに帰ることもできなくなりました。

夫だけでなく私にも少々不都合が出てきました。
今までは私が出勤日でも布団を干して出かけられたし、洗濯物も外干しが基本です。雨が降りそうになってきたら、夫がすぐに取り込みに行ってくれるので安心していられました。
でも今月からは、のほほんとしていられなくなったのです。
今日だってYahoo!天気予報の詳細情報を見たら曇りではあるものの雨は一切出ていなくて、午後からは晴れだというので、洗濯物を外に出し、雨傘ではなく日傘を持って出かけました。
ところが、職場に着く前に雨がポツポツ落ちてきて、始業時間を迎えるころには傘が不可欠な状態になりました。
私より遅く家を出た夫が洗濯物を干したままにしたか取り込んだか気になってはいましたが、確認したところでどうすることもできないのでそのままにしていました。
結局取り込んであり、その判断が有難かったです。

子どもが生まて家族が増えたり、子どもが独立して家族が減ったり、親の介護で実家や病院に入り浸ったり、一時同居したり、事務所移転したり、なんだかんだで生活はどんどん変っていくのだなあとしみじみ思ってしまいました。

京都旅行(3) - 2015.07.01 Wed

三日目はもうどこにも寄らず帰る予定でした。
ただ、子どもたちにLINEで私たちのツーショットの写真を送り、京都にいる旨伝えたら、「八つ橋食べたい~」という声が上がってきたので、職場も含めお土産に八つ橋を買うことにしました。
ホテル内では扱っていなかったので、チェックアウト前に京都駅まで行き、JRの改札付近の京土産のコーナーで買い求めました。狭いスペースに四つのお店が隣り合って並んでいたので、非常に買いにくく、私と夫は別々のお店で買いました(笑)

ホテルの駐車場を出る直前、ナビに京都東ICを行先として入力しました。
が、走り出して間もなく、ナビが何も言ってくれないことに気付きました。
本当は烏丸通を走っているのに、道のない場所を現在位置は示しています。自宅近くならそういう時は道路端に停めて調整するか復旧を待ちますが、慣れないうえ路上駐車が多く、とても寄せるスペースがありません。
信号待ちの際に色々いじって、やっと道路上に乗っている図になりました。ホッとしたのもつかの間、全然違う方向を指していることに気付きました。京都駅から北上し続けているのに、今私たちは京都駅付近東本願寺あたりにいることになっているんです。
完全にナビが信じられなくなって、スマホで現在位置を示し、口頭でナビをして事なきを得ました。かなり北上して御所も同支社大の前も通過してから右折、戻ってくる際には下鴨神社のすぐそばを通ることになって、ちょっと嬉しかったです。夫にも見せたい場所でしたから。また、その後、夫が前日単独で訪れた隧道前も通り、期せずしてお互い行った場所が確認できました。

高速に乗ったら、すぐに滋賀県に入り、あっという間に京都と別れてしまいました。
仙台もそうでしたが、夫婦で旅行と言いながら、一緒なのは往復と一部の観光で、あとは現地解散してそれぞれの趣味を充実させるというのは、旅行の新しい楽しみ方として気に入っています。

そうそう!往路で見たものの画像をアップするの忘れていたので今載せますね。
IMG_4088a.jpg
道路標識

とても分かりにくいのですが、家の近所というか関東あたりでは見たことのないことが書かれていると夫に教えられ、急いで撮影しました。
一番左の「50」の数字の下には線が引かれています。
教習所では習ったけれどそれきり見たことのなかった、最低速度の標識です。言われなければ下線がどういう意味かも忘れていました(汗)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)