topimage

2015-09

秋の散歩 - 2015.09.30 Wed

今日は秋らしく爽やかな日だったので、布団干したり、たっぷり洗濯したり、水回りの掃除をし、それから散歩に出かけました。
IMG_5088a.jpg
富士山と青空

DSC01602a_20150930163648a0b.jpg
コスモス

IMG_5096a.jpg
道路上のアオスジアゲハ

IMG_5102a.jpg
比較的穏やかな海

波の形状がきれいだったので、サーファーが大勢いました。写り込まないよう撮影するのが大変なくらい。波間に魚が跳ねる様子も見られたのですが、動画に撮ろうと三度チャレンジしてもタイミングが合いませんでした。

砂浜には漂着物が少なく、ゴミもいつもよりずっと少なく、夏が去ったことを感じました。
波打ち際がきれいすぎて何も落ちていないので、砂浜にカニの穴を探しました。カニの穴は、満ち潮の時でも波をかぶらないくらい少し離れたところにあるんです。

IMG_5103a.jpg
この穴怪しい!
棒を入れると30cmくらいの深さまで入っていき、抜くと、やっぱりカニが出てきました!
IMG_5105a.jpg
穴から出てきたカニ
スナガニでしょうか。
近づくとぴゃーっと走り去ってしまいました。

今度は動画を撮ってみようと、別の穴で試してみました。
[広告] VPS
上手くいった!
以後、棒を持ち歩き、カニ穴を見つけるたびに突っついていました(いい年して!)

IMG_5119a.jpg
長い杖

波打ち際にはよく犬の足跡がついています。お散歩してるんですね。
IMG_5120a.jpg
犬の足跡と並ぶ裸足の足跡

見ているうちにハッとしました。もしかして、アニメーガスから人間に戻る途中のシリウスなんじゃないか?って。
IMG_5121a.jpg
シ、シリウス!?
まだ近くにいるんじゃないかと思い、きょろきょろしてみましたが、それらしい姿はありませんでした。

波に洗われた石の中に、ひときわ丸い碁石のような石を発見しました。
IMG_5122a.jpg
まんまる♪

杖と石を手に入れた私は、またハッとしました。「あと、透明マントさえ手に入れれば、死の秘宝が三つ揃う!」しかし、マントなど海に落ちているとは思えません。
が、私は少し前に通り過ぎた場所に、それらしき物が落ちていたことを思い出し、元来た方向に戻りました。
IMG_5125a.jpg
透明マントあった!
45Lのゴミくらいなら隠せそうなマントでした(笑)

同僚たちとの会話 - 2015.09.29 Tue

今朝、就業時間前、左隣のIさんとおしゃべりしていました。
どんどん話題が展開していくので、なぜ今の話題に至ったか、ということを二人とも思い出せない場面がありました。一つずつ確認しながら遡って、ようやく元の話題を思い出したりしました。

おしゃべりなIさんはたいていいつも話題の主導権を握っているので、私は合いの手を入れているだけ、流れに身を任せている感じで、深く考えていないんです(笑)

でもそれって、同僚たちみんなに当てはまる気がします。
スネイプ先生の話にみんながついてきてくれることも多々あるのですが、なんか同じ話をしたことあるような気がするんです。「聞いたことある」と思いつつ、私が喜ぶから同じ質問をしてくれるのかもしれませんが、深く考えていないから覚えていないんじゃないか、という気もします。

そういえば、先日こんなことがありました。
お昼に食堂に行ったIさんが、スタッフルームに戻ってから、Hちゃんに「トルコライスってどんなものを指すのか覚えてる?」と聞きました。その日のメニューの一つだったトルコライス、その定義を尋ねたのですが、実は何か月か前にも同じ会話がスタッフルーム内で繰り広げられていたのです。
その何か月か前に話題になった時、Hちゃんがスマホで調べ、声に出して定義を読みました。
みんなはそれを聞いていたのに、なんとHちゃん含め、誰もその定義を覚えておらず、再度調べて読み上げ、「ああ、そうだった!」となったのでした。

就業時間前や昼休み、和気あいあいと同僚と会話していますが、割と表面的な話なんだな~と思うと可笑しくてたまりません。患者さんとの会話とか、雑談に慣れるとこうなるんでしょうか(笑)

 - 2015.09.28 Mon

昨日は中秋の名月、今日はスーパームーンを楽しみました。
美しい月を見ると、なんとか見たままの姿を残したいと思うのですが、なかなか上手くいきません。
スマホではどうしてもおどろおどろしく写り、普通のデジカメでも、お任せモードにしていると月の輪郭がわからないぼやけた光の球になるけ、空全体もどうしても明るく補正されてしまいます。マニュアルモードにして、夫に聞いたりネットで見たりして、昨日も今日も何度も試行錯誤して撮影しました。
昨日は雲が多かったので、切れ間のわずかな隙に撮影を試みましたが、なかなか難しかったです。
DSC01549a.jpg
薄い雲越しに見える中秋の名月(9/27撮影)

DSC01551a.jpg
ちょっと厚めの雲越しの月(9/27)

雲の影響を受けない時は、思いっきりズームして撮ります。
DSC01569a.jpg
ズーム写真(9/27)
まあまあ納得できる一枚です。

スーパームーンが見られる今日は、雲がなく絶好の撮影日和でした。
まず、昨日と同じ設定で撮ってみました。
DSC01573a.jpg
スーパームン(9/28)
うちにある普通のデジカメではこれが精一杯ではないかと思います。

屋根などと一緒に撮る方がよほど難しく、結局思ったような写真は撮れませんでした。
DSC01577a.jpg
お隣の屋根から出てきたばかりの月(9/28)

DSC01601a.jpg
試行錯誤するうちにどんどん上がっていった月(9/28)

屋根のラインを見せつつ、月の輪郭もはっきりさせたかったのですが、できませでした。
ちなみにこれはスマホで撮影した今日のスーパームーン

IMG_5084a.jpg
iPhoneで撮影(9/28)
かすかに陰影がわかるかな?

二日間、月を十分堪能しました。

エール - 2015.09.27 Sun

昨晩、yumaさんと浅草にある自家製エールが飲めるというお店に行ってきました。
IMG_5058a.jpg
スカイツリー
お店の名は「Campion Ale(カンピオンエール」最寄り駅は田原町です。

IMG_5059a.jpg
「今日のビール」
全て自家製、醸造するタンクもガラス越しに見えました。
IMG_5076a.jpg
ドア越しに見えるタンク(帰り際に撮影)

システムはキャッシュオンデリバリーで、1階のカウンターで飲み物と食べ物を注文、飲み物だけ手に持って2階に上がり、窓際の席に座りました。食べ物は後でテーブルまで運んでくれます。
1階にも少し席はありましたが、断然2階の方が席数は多いし、寛げました。 

5種類のエール、全てアルコール度数が違います。お店のサイトによるとBitter (4.4%)、Porter (4.8%)、Red (4.6%)、Golden (4.9%)、Mild (3.1%)だそう。市販のビールはだいたい5%くらいなので、3.1%じゃ少ないな、と思ったのですが、お勧めを聞いたら、GoldenとMildは日本では珍しい、とのことだったので、まずMildを選びました。

IMG_5060a.jpg
Mild半パイントとパペットスネイプ先生
炒った麦の香りとわずかな酸味を感じました。

IMG_5061a.jpg
ミートパイとサラダ

IMG_5062a.jpg
ミートパイの中身
これ、とても美味しかったです。中身に何か記憶にある風味があったのですが、それがなんだか思い出せませんでした。yumaさんはお好み焼きソースでは?と言ったのですが、よくわかりません。

IMG_5063a.jpg
次に飲んだレッド(4.6%)
元々レッドエールが好きなのでメニューだけ見た時最初はこれにしようと思っていました。期待通りにコクがあって美味しかったです。ビールも日本酒もそうなのですが、フルーティな風味より、“穀物”っぽい重い風味が好きです。

IMG_5064a.jpg
ソーセージとマッシュ
ソーセージは、英国ソーセージということで、つなぎは入っているかしら?と言いながら食べたのですが、よくわかりませんでした(笑)ローズマリーのような香りはしっかりついていました。美味しかったです。
このソーセージといい、前述のミートパイといい、私がイギリスで初めて入ったパブを思い出しました。

IMG_5067a.jpg
3杯目はビター(4.4%)
クセがなく、さわやかでコクもそこそこあって美味しかったです。
全部制覇しようと思ったのですが、3杯でやめ、また次回以降のお楽しみにしようと思いました。三つの中ではレッドが一番好みでした。

IMG_5069a.jpg
わかさぎのフライ

あと、写真を撮り損ねましたが、自家製ピクルスも美味しかったです。

IMG_5071a.jpg
デザートにアイスクリーム

今日、Twitterを見たら、昨日yumaさんが飲んだゴールデン、売り切れた、と書いてありました。少し前の記録を読むと、別なエールが並んでいて、これは本当に色々試してみたいものだと思いました。ビールと英国好きな方にお勧めです!

ホットフラッシュ - 2015.09.25 Fri

相変わらずホットフラッシュに悩まされています。
顔が急にカーッと熱くなって、汗が噴き出すあれです。私くらいの年齢の女性に割と多いです。8月のオフ会でも年齢の近い方とその話になりました。もっとも私の場合は妊娠中もよく起こりましたが。
要はホルモンバランスが崩れて、自律神経が上手く働いていない、ということなのでしょう。

ブログをやっていて良かったと思うことの一つに、こういう状態がいつから続いているのかわかる、というのがあります。
5年前の11月に「ここ2、3か月、起きるとどっと汗が出ます」と書いていたり、その2か月前のコメントにも「今年になってホットフラッシュにたびたび見舞われるようになった」と書いています。かれこれ5年、強弱の差こそあれ、この状態が続いているんですね。

夏の間は何の汗だかわからないというのもあり、気にならない日もありましたが、涼しくなった今は、やっぱり朝は汗で目覚める感じです。
そうそう、夜中に顔に違和感を覚えて目覚めたことがありました。それがなんだかわからなかったのですが、仰向けになった状態で顔から汗が湧いているその感触だとわかりました。プツンというかポコンというか、あちこちの汗腺から、こんこんと湧いていたのです!その感触をある程度楽しんでから(笑)、そばに置いているタオルで顔を拭きました。

家で寝ている時でも、仕事中でも関係なく生じるので、仕事中、患者さんを支えるなどして手が離せない時は本当に困ります。拭けないので垂れるままにするしかないです。
いつまでこんな状態が続くのだろうと調べると、だいたい10年、と出てきます。よし!半分終わった!と希望を持っていたのですが…

患者さんの奥様(88歳)の、「顔から汗が出て仕方ありませんの」との言葉と、ベッド脇にタオルとうちわが用意してあるのが目に留まり、それが全く私と同じで愕然としました。
「更年期から続いていらっしゃるのですか?」と尋ねると一度は「そうです」とおっしゃったのですが、私の気落ちした様子を見たからか「更年期の後一時治まって、また最近始まったような気もします」と言い直されました。
私の場合はあと5年くらいで終わるのか、それとも一生続くのか…
未来のブログのネタのために、こうして記録を残しておきます。

Pottermoreリニューアル - 2015.09.24 Thu

一昨日、ついにPottermoreがリニューアルしました。
午前中はまだ決闘ができていたのに、夕方にはリニューアルのお知らせがTwitterであって、間もなく新情報が飛び交いました。
私自身が新しいPottermoreに行ったのは、その日の夜になってからでした。

以下、新しいPottermoreのネタバレが少しと、私の率直な感想が書かれているので、十分お気をつけください。

2015年のキンモクセイ - 2015.09.23 Wed

今朝起きて窓を開けたら、まだ布団の中にいた夫が「キンモクセイ…」と呟きました。
言われてベランダに出て、私もようやく感じることができました。今年初のキンモクセイの香りです。
庭に降りてキンモクセイの樹を見てみたら、まだ咲き始め、といった感じで色も薄かったのですが、香りは時間の経過とともにどんどん強く感じられるようになっていきました。
IMG_5044a.jpg
我が家のキンモクセイ

今日はマンドリンの練習日で、車で移動する道中、車内にキンモクセイの香りが入ってきたし、秋らしく空気が澄んでいて爽やかでした。
IMG_5050a.jpg
肋骨みたいな雲
マンドリンの練習中、肋骨を傷めないよう気をつけようと思いました(笑)

母校の駐車場に着くと、夫が「何か落ちてる!」と言うのでギクッとしましたが、すぐに木の実とわかりました。
IMG_5053a.jpg
点々と落ちている実

IMG_5052a.jpg
クヌギでは?

IMG_5054a.jpg
成っているところ

ここで実を拾ったり撮影したりしている間もキンモクセイの香りに包まれていました。

ルバーブクランブル - 2015.09.22 Tue

連休四日目の今日は、予定を全く入れず、掃除と洗濯と布団干しと庭の草むしりなどのきれいにする系の家事をし、それからマンドリンの練習とお菓子作りをしました。
お菓子は、連休前、近所のスーパーでたまたま見つけたルバーブを使ってのルバーブクランブルです。
ルバーブ
250グラム弱で372円の赤いルバーブ

IMG_5031a.jpg
ガラスの耐熱容器で作ります

IMG_5036a.jpg
クランブル生地を乗せたところ

今までは小麦粉と砂糖とバターでクランブル生地を作っていましたが、今日は小麦粉とアーモンドプードルを半々にして作りました。バターの量などちょっとオリジナルの要素もありましたが、今までで一番そぼろっぽいクランブルになったので、次回からはこのレシピでやろうと思います。アーモンドプードルさえあれば。

IMG_5038a.jpg
焼き上がり

IMG_5039a.jpg
アイスクリームを添えていただきます

今まではカスタードソースを手作りしていましたが、今日はもっと手軽に(手抜きに)アイスクリーム添えにしました。これも美味しかったです。
Twitterの方でどんな味?と聞かれてお答えしたのですが、今まで言わなかったことをここにも書いておこうと思います。
ルバーブはとても酸っぱいです。果物のような甘酸っぱさはなく、イタドリみたいな鋭い酸味です。砂糖と一緒に加熱すると甘酸っぱく、繊維も柔らかくなってとろ~っとします。上のクッキー生地みたいのがサクサク香ばしく、アイスクリームやカスタードソースのようなたまごとミルクの甘いソースと食べると、酸っぱさがマイルドになって一層美味しいです。
ただ、ちょっと古ぞうきんみたいな匂いがあるので、あまり憧れていると失望するかもしれません。ちょっと饐えた匂いを感じるんです💦それでも、私は大好きですし、家族も「美味しい、美味しい」と完食しました。

ドライブ - 2015.09.20 Sun

シルバーウィーク二日目の今日は、夫とドライブに行ってきました。今回の連休はマンドリンの練習日を除くと大きな予定はなく、これが一番のイベントになります。

一昨日と昨日次男が二泊して、今朝帰って行きました。次男を駅まで送り届け後、10時半頃家を出ました。調べると、どこも道は渋滞していて、最短距離の道を選択できず、遠回りして行きました。
IMG_4972a.jpg
フロントガラス越しに見る青空

東名自動車道に途中から乗り、やがて海が見えてきました。
IMG_4976a.jpg
由比のあたりの海

IMG_4977a.jpg
灯台

ここまではTwitterに画像を載せていましたが、これ以降は載せませんでした。目的地を先日のオフ会開催地のくすっくすさんに決めていて、突然訪ねていってカトルカールさんを驚かせようと思ったからです。

IMG_4979a.jpg
今日のくすっくすさん

ドアを開けると思った通り「わあ!」と驚かれましたが、「待ち合わせしてたんですか?」と聞かれて何のことだかわかりませんでした。(しかも、その時私はカトルカールさんと話しているつもりだったのですが、双子の妹さんの方だと、その後わかりました💦)
カトルカールさんに会うにしても「待ち合わせ」とは言わないだろうと思い、「奥に誰かいらっしゃるんですか?」と奥まで行ってびっくり!そこにはあっちさんがいらっしゃいました!!!正確には、あっちさんとそのお友達、そしてカトルカールさんもそこに立っていました。

これは「待ち合わせ」だと思われても当然です。
5、6分の差で入店したのだそうです。
あっちさんも久しぶりに会うお友達とご一緒だったので、最初の挨拶と興奮が過ぎると、一つ置いた席に座り、それぞれ過ごしました。

私たちが到着したのは1時半を過ぎた頃で、お昼がまだだったので、何かお腹にたまるものが欲しいと思ったら、メニューにピザトーストがあったので迷わず選びました。
IMG_4982a.jpg
ピザトースト500円とセットの紅茶200円
左奥に見えている紙コップには本日のウェルカムドリンクの水出し茶が入っています。ほうじ茶と深蒸し煎茶が用意されていました。

このピザトースト、画像ではわかりにいのですが、厚切りのしっとりしたパンにトマトソースや具とチーズがたっぷり乗っていて、とっても美味しかったです。(マヨネーズも入っているのでは?と思いましたが確認はしていません)

始めからそのつもりでしたが、食べ終わると今度はハーブティーを頼み、ケーキも食べました(笑)
IMG_4980a.jpg
可愛いハーブティーのメニュー

オリジナルのブレンドもできるということで、更年期のホットフラッシュに常々悩まされているのでそれ用がないか尋ねたところ、適したハーブはあるけれど用意がないとのことで沈静効果のあるカモミールとリンデン(だったかしら?)のブレンドにしてもらいました。カモミールは体が欲しているのか、最近特に美味しいと感じます。しみじみ美味しくいただきました。ちなみに夫はハイビスカスとローズヒップでした。
IMG_4986a.jpg
ハーブティーとリンゴのケーキ
このリンゴのケーキも温かくて、リンゴの風味とキャラメルの風味が良くて、添えたアイスクリームと一緒に食べるととても美味しかったです。

その後何の加減からかあっちさんとお友達と私たち夫婦で一緒に話し始め、夫はあっちさんのお友達からとっても貴重なトンネルの情報をもらって大喜びでした(笑)他にお客さんがいなかったので、オーナーのお二人も交じえて6人でしゃべる場面もあり、思いがけないオフ会(ハリポタ&トンネル)ができ、楽しかったです。
あっちさんたちが帰られた後、間もなく(5、6分?)私たちも帰路に就きました。

途中条件が良ければ美しい富士山が見られる場所も通ったのですが、裾野は見えても上はまるで見えませんでした。
IMG_4992a.jpg
雲に隠された富士山

事故渋滞が発生したとの情報があり、どんどん渋滞の距離が長くなっているのを知って、私たちは御殿場で東名を下りました。箱根の仙石原を抜けるつもりだったのですが、その先でも渋滞があることがナビでわかり、そこの渋滞は頑固なので、箱根スカイラインを通ることにしました。そこに至る道は非常にくねくねとした山道でしたが、それはそれで楽しかったです。
IMG_4995a.jpg
樹のトンネル

IMG_4997a.jpg
見晴らしの良い場所

IMG_5002a.jpg
芦ノ湖

遠回りしましたが、その分きれいな景色をたくさん見られたし、思いがけない人にも会ったし、美味しい物も食べたし、今日のドライブはとても楽しかったです。

南水 - 2015.09.19 Sat

昨日、従姉から梨が届きました。
箱を開けてみると、あまりの大きさに「でかっ!」と声が出ました。
IMG_4966a.jpg
中身は10個
南水という品種だそうです。

これだとなかなか大きさが実感できませんね。
IMG_4968a.jpg
私の手と梨

一番大きいサイズは計測せずに食べてしまったのですが、次に大きい個体の重量を測ったら、650グラム以上ありました。
私の手では持っているのがやっとのサイズでしたが、どうしてもパペットスネイプ先生にも持っていただきたいと思いました。
IMG_4969a.jpg
大きな梨を持ち上げるパペットスネイプ先生

IMG_4970a.jpg
横から見た図
顎が上がり、背筋を使わないと持っていられない、という感じに仕上がって嬉しくてにやにやしてしまいました♪

南水は限られた地域でしか作っていないとのこと。一口食べた時に最初に感じる香りが二十世紀梨に似ていると思いました。甘くてとってもジューシーでした。

仮装 - 2015.09.18 Fri

二、三週間前、英会話のレッスンで、ハロウィンの話題になりました。
去年、ハロウィンの仮装をしてきてと指定された日、私は牝鹿の仮装をして臨み、Hさんは河童の顔がプリントされた手ぬぐいをお面のように顔に巻き、お手製の腰蓑つけて参加、Kさんは黒い大きなポリ袋をつなげて作ったドレスに身を包み、クリスマスツリーの金モールをまとって美しい立ち姿を披露しました。先生はミッキーマウスが何かの時に着ていた魔法使いのローブのような真っ赤なローブと青い三角帽を被っていました。
金曜日のクラスの全員が仮装した様子を写真で見た他の曜日の方々が、来年はみんなでやりたいと言っていた、とは聞かされていたのですが、今年もハロウィンが近づき、本当にそれを実現させる動きが出てきたのです。
毎年キッズのクラスを対象にしたハロウィンパーティは休日に催されていたのですが、大人を対象としたパーティはありませんでした。レッスンの時間を使えば大人でもできるのでは?一つの曜日に集まるのは難しいけど、二つくらいに絞れば調整できるのでは?という提案をした方がいらしたとのことで、金曜日以外で参加できる日を聞かれました。

仮装は必須とのことだったので、「去年と同じ牝鹿の仮装をします!」と言ったら、「二尋さんはダメです」と先生にきっぱり言われてしまいました!「他の方は去年と同じでも良いんですが、二尋さんに限ってはダメです!」と。
ひぇええ~!去年の牝鹿と一昨年の大鍋を頑張って作ったために、何か仮装に命かけてるみたいに思われたのでしょうか?
私、別に毎回斬新な仮装で人を驚かせたり喜ばせたりするのが目的でやってたわけじゃないんです!ハリポタの世界観の中で自分のやりたい姿を追求していただけなんです。去年の牝鹿は一つの完成形なので、今後はそれ一本で行こうと思っていたのです。友の会の集まりでは。
まさか、英会話教室で仮装の更新を求められるとは!
「ハリー・ポッターを題材にしなくても良いですよ」と言われたのですが、まさか!それでは本末転倒です。繰り返すようですが、「仮装」が目的ではなく、ハリポタの世界観に浸りたいだけですから。
折り良く友の会のハロウィンパーティにも申し込んだので、ここは一つまた考えてみようと思いました。牝鹿を超えるアイディアはないでしょうけど、お金を使わず何かやってみようと思いました。

今日、英会話のレッスンに行ったら、申込用紙が配られました。大人の部、初のハロウィンパーティの実施がいよいよ決定になったのです。本腰入れて作ってみようと思います。

Pottermore - 2015.09.16 Wed

Pottermoreの修了証の印刷が日本時間の今日夜9時までだということでした。
ポタモア日本語お知らせ
日本語でのお知らせ

印刷できる期限と「ありがとうございました」という挨拶から、印刷以外のこと、ゲームや読み物も同じ期限があるのかと思い、9時まで一生懸命やり残しがないかチェックしていました。結局9時過ぎた後(22:40現在)もまだ遊べるし印刷もできる状態なんですが。

二つアカウントを持っていて、片方でばかり遊んだので、今日は専ら使っていなかった方のやり残しをやっていました。なんとかコンプリートできました。
一度は体験してきたことなのですが、改めてやってみると気付くことがいくつかありました。

・1巻の組み分けの場面で、教職員テーブルの上に百味ビーンズの「ハム味」が落ちていたこと。一体誰が!?と可笑しくなります。スネイプ先生の席だったら尚面白いです。

・同じ場面で、先生方が皆三角帽を被っていることも目を引きます。スネイプ先生にも被っていたに違いありません!

・スピナーズエンドのスネイプ先生の部屋で手に入れた物の「闇の魔術の裏をかく」という本は納得できますが、ワラジムシは!(大事にします)

・スラグホーンのマ魔法薬の授業でハリーがプリンスの指示に従った動作、つまり銀の小刀の平たい面で何か(多分催眠豆)を砕いているところがちゃんと描かれていて嬉しくなります。

・孤児院にりドルを訪ねて行った時のダンブルドアが、お姉さんみたいな姿だったこと(ずっとマグルの職員だと思ってた)

・ヘプジバ・スミスと一緒にいる青年りドルの後姿がとてもかっこいいこと

・7人のポッターの場面で夜空に浮かぶ月がとても細いこと(満月だったらルーピン参加できなかった!)

そして、これは願望をもって探したところ、私には見えるような気がするのですが、いかがでしょう?
冷凍プール3a
ディーンの森の中の池

この場面のどこかにスネイプ先生はまだ二人を見守っているのではないかと私は願ったんです。二又になった樹の影にいるのではないかと。そして、これ、そうではないかと思うんです↓
冷凍プール3b
おわかりいただけただろうか


ポッターモア、とってもとっても大好きでした!
特にイラストが。リニューアル後もこの素敵な世界観が引き継がれますように。

足止め - 2015.09.15 Tue

今日、昼休みに帰ろうとしたら、A君が「今、一瞬二尋さんがスネイプ先生に見えた!」と声を上げました。
仕事中私はきっちり髪を縛って前髪もピンで留めて、顔は輪郭丸出しの状態ですが、帰る時は髪を解き、ピンも外します。その姿を見たんです。
「そうでしょう!狙ってるもの」
「狙ってるんですか}と他の同僚からも声が上がります。
そこで、以前書いた「美容院のカルテ」の話をしました。
すると、思った以上に同僚たちから反響がありました(あっちこっちで話しているので、てっきり既に職場でも話したかと思っていました)
ひとしきりその話で盛り上がった後、左隣の席のIさんが「でもスネイプ先生ってこういう髪型なの?」と言ってきました。
「そうですよ!そっくりじゃないですか!知らないんですか?」とA君
「黒っぽい人でしょ?」とIさん。

すると、スタッフルームと診察室との間に立って聞いているのかいないのかわからなかったドクターが、Iさんの方にスマホを差し出しながら近づいてきました。そこには画像検索して出てきたいくつもの映画のスネイプ先生に姿がありました。キャー(ノ∀\*)
「これがスネイプ先生」
するとIさん、「男だったの?」と驚いた声を上げました。私が散々好きだと騒いだ相手を女性だと思っていたことの方に私は驚きましたし、みんなもそう思ったようです。

ドクターは最初の画像を大きくして見せました(炎のゴブレットの時の画像)
「ほら、そっくりじゃない」と。
次にスクロールして出てきた画像に「これは安倍さんじゃないか!」と驚きの声をあげていましたが、どんな画像かすぐわかりましたよ(笑)首相の写真をいじってスネイプ先生っぽくした画像が一時期出回りましたもんね。

私は帰ろうと思ってすっかり身支度が整っていたのですが、話題が私の好きな方好きな方へと進んで行くので、楽しくて帰るまでだいぶ時間がかかってしまいました。安倍さんの画像を機に帰りました(笑)

ハリー・ポッター魔法生物大図鑑 - 2015.09.14 Mon

先月、ポスターコレクションの本を買ったと書きましたが、一日遅れで『ハリー・ポッター魔法生物大図鑑』も手に入れていました。忙しくて中身をちゃんと見ていなくて、今日、やっとゆっくり見ることができました。

4863892985ハリー・ポッター魔法生物大図鑑 (ハリー・ポッター大図鑑)
ジョディ・レベンソン 宮川 未葉
静山社 2015-06-12

by G-Tools


この本、本当に素晴らしいです!
私はむしろ映画は重きを置いていなくて、キャラクターや架空の生物などの映画のビジュアルを“公式”と呼ぶことに抵抗があるのですが、この本を見ると、同じ作品を愛するファンとして、同列に立った製作者の視点が見えてくるように感じました。つまり、ファンアートの一つとして心から楽しむことができたのです。

魔法生物の外見の特徴を原作の描写から抜き出し、神話などの情報や各自のイメージを組み合わせて、独自の世界ができています。ハリポタオリジナルのものだkでなく、ケンタウロスやドラゴンや人狼など既に人々にはある程度のイメージのあるものも、オリジナリティーを出そうと色々工夫されていることを知りました。

以下、畳んでいませんが、少々ネタバレがあるのでお気を付けください。


外見だけでなく動きも、工夫されていて、ケンタウロスのある反応については、馬と人間の動きの両方を取り入れているのだとか、ナギニはニシキヘビとアナコンダの特徴を備えているとか、知らなかったことも色々あって興味深いです。
また、コンセプトアートには魔法生物単独の姿もあれば、キャラクターと一緒にいる物語の一場面が描かれていたりします。そんな中にスネイプ先生の姿がないか探したのですが、見つけられていません。三頭犬やナギニのページにも見ることはできませんでした。もっとも、ナギニと一緒にいるスネイプ先生の絵は、目をそむけたくなる類のものでしょうから、無くて正解ですが。
亡者の絵は本当に怖いです。ゾンビに見えないよう苦労したそうです。亡者に囲まれたハリーとダンブルドアのコンセプトアートが秀逸だと思いました。
あと、夕暮れ(?)の空を背景に、吸魂鬼が正面を向いて静かに浮いている絵がものすごく怖かったです。寒々とした気持ちというか、静かな恐怖にじわじわ侵されていく気分がしました。

映画の演出としてハッとさせられたのは、ルーピンとグレイバックの二人の人狼の違いです。
ルーピンの方は、変身後もどこか人間らしさを残している一方、グレイバックは変身していない時も獣っぽいのです。
映画のアズカバンの囚人を見た時、ルーピンの変身した人狼があまりにもぬめっとした感じだったのに違和感を覚え、狼と人狼を見分ける方法などが出題されるくらいなのに、と不満に思ったものですが、「ルーピンだから」こそあの姿だったとするなら、それはすごく考えられていると思いました。厳粛さと悲しみを感じさせるようなデザインなのだそうです。当日に飲み忘れたとはいえ、少なくともそれまでの六日間は、飲み続けていたのだし、人間っぽさがあるのも頷けました。

そんな製作者の考察も見られるので、ものすごくお勧めです!

草むしり - 2015.09.13 Sun

今日は実家に行ってきました。
無人となった実家の処分について考えるのが嫌で、なるべく行かないようにして現実逃避しているのですが、それでも郵便受けに溜まったチラシ類を除いたり、庭の雑草を抜いたりしなければご近所に迷惑がかかるので、やっぱり時々は行かなければなりません。
暑い時期の草むしりは辛いのでしばらく行かないでいたら、3か月近く間が開いてしまいました。案の定郵便受けは口まで一杯になっていて、ほとんどがいらないチラシに混じって納付期限の過ぎた固定資産税を請求する書類があったりして冷や汗が出ました。

IMG_4032a.jpg
6月20日の、掃除直後の庭

IMG_4921a.jpg
今日の庭
やっぱり、という感じでした。

IMG_4922a.jpg
元は何があったかわからないほど雑草(主にカニクサ)に覆われている部分

みかんもひっそり結実していましたが、ヘクソカズラが絡まっていました。
IMG_4925a.jpg
ヘクソカズラの絡まったみかん

ドクダミやトキワツユクサの他、今回はつる性の植物、ヘクソカズラ、カニクサ、ヤマイモ、ヤブカラシが目立ちました。
そんな中、気になる草がありました。
IMG_4926a.jpg
気になった草
これ、抜いた覚えがないのにこんな状態で発見されることが続き、一体どうなってるんだ?と興味を持ちました。
探してみると、根が空中に浮くような形で存在している姿が確認できました。
IMG_4927a.jpg
空中に浮いた根(わかりにくい画像ですが)
さらによく見ると、これはツルの先に葉と根が出ていることがわかりました。
IMG_4928b.jpg
ツルの先の根と葉
珍しいので名前を調べているところです。

カマキリがバッタを狙っている場面にも遭遇しました。
IMG_4931a.jpg
ゆっくりバッタの方に向きを変えつつあるカマキリ
夫としばらく見守っていたのですが、バッタのそばをアリが通りかかった時にバッタは飛び去ってしまい、カマキリだけが取り残されました。

IMG_4938a.jpg
獲物が去った後も同じ場所に佇むカマキリ

IMG_4933a.jpg
なんとか再び地表が現れた庭

IMG_4939a.jpg
45Lゴミ袋6杯分の雑草や剪定枝
ローズマリーの枝もたくさん入っていたので、帰りの車の中は良い香りでした。

続・2015年のゴーヤ - 2015.09.11 Fri

今年のゴーヤは全然育っていないと以前書きました。8月5日の記事です。
その後、連続の暑い日を越え、急に涼しくなって、もうゴーヤも終わりか~と思ったころ、二階のゴーヤのツルが伸びてきました。今年はネットも張っていなかったので、伸びたツルハベランダの柵に引っ掛けておきました。
IMG_4913a.jpg
引っかかっているツル

このツルの先端近くに、実が生ってるんです!
IMG_4914a.jpg
ぶら下がった実

IMG_4915a.jpg
引き上げてみる

IMG_4912a.jpg
ちっちゃい!
もう何日かこの状態でこれ以上大きくならないので今日収穫しました。手のひらより小さいサイズです。

一方、地植えのゴーヤも元気です。
下の方はスカスカなのに、上の方が茂っていて、最初のうちは屋根の上に行かないよう引きずり下ろしたり、ツルの先を切ったりしてたんだけど、もう夏も終わりだしいいや、と放っておいたら、結構屋根の上に侵出していました。しかも、割と大きな実が、雨どいの上で育っているではありませんか!
IMG_4916a.jpg
屋根に侵出するゴーヤの葉と雨どい上の実

この実を発見したのは1週間くらい前ですが、まだ大きくなりそうだったけど雨が続いたのでベランダに立てず、どうなったかな?と今日見て、結構大きくなっていて嬉しかったです。これは手のひらより大きそう。明日収穫しようと思います♪

Pottermoreからのお知らせ - 2015.09.09 Wed

先日、Pottermoreからお知らせが届きました。
というか、Twitter上でPottermoreの画像が出回っていたので、何があったんだ?と行ってみて、お知らせに気付きました。私はそのお知らせの内容より、その画像が欲しい気持ちが勝り、まず「Get your Pottermore Certificate now.」という青字の文字列をクリックしました。そして、望んだものを手に入れました。

FullSizeRender.jpg
手に入れた画像(今までゲームネームは伏せていましたが、特に公開しても問題なさそうなので)

この画像だけで満足してしまって、Twitter上では皆日本語表記なのが気になるだけで、お知らせの内容を読まないまま閉じてしまいました。
翌日、Twitterで「ポタモア、終了するのか」といった内容のツイートを目にし、慌てて前日届いたお知らせを読んだのです。
ポタモアお知らせa
Pottermoreからのお知らせ

本当に全く寝耳に水で、前日だって「Certificate」を「証明書」と解釈し、これまで遊んだ記録、程度にしか思っていなかったんです。
よく読めば、今までのが「パート1」で、「パート2」は準備中だけれど、Part one of Pottermore's story is endingと書かれています!ひぃぃ~!これは証明書ではなく修了証だったのです!しかも、プリントアウトできるのは英国の16日のpm1:00まで(日本時間では16日の夜9:00まで)となっています。その時間を境にもう遊べなくもなるのでしょうか。
終了した後はもう二度と今まで見られたスネイプ先生のお姿(ほとんど後姿ながらとても麗しい)を目にすることはできなくなるのでしょうか!それともシステムが変わるだけで、イラストや新着情報はそのままなのでしょうか。本になる、ということも考えられなくはないですかね。なにしろ、とっても美しい挿絵でしたから。

Twitter上で見られた日本語表記の修了証は、上記のお知らせではなく自分のホーム画面上から行くと日本語表記になりました。
Pottermore 66
書体も違う日本語表記

もう一つアカウント持っているけど、登録できるようになった初日に登録したこのアカウントに愛着があり、こっちでばかり遊びました。こちらだけで33,709(今日の時点で34,033)点、もう一つが6,008点。合わせて40,000点以上スリザリンに貢献できました。
16日までもう少し頑張ってスリザリンに貢献したいです(この記事をUPした30分後、最後の寮杯が某寮に授与されました)

今あるPottermoreが無くなってしまうとは思ってもみなかったです。
一層充実して新装開店しますように。新しいスネイプ先生にたくさん会えますように!

プレッシャー - 2015.09.08 Tue

先週の土曜日、OB・OGの合奏に行ってきました。
10月末に催されるOB・OG会の総会に合わせて行われる発表会のため、そろそろ練習にも熱が入ってきています。

練習の頻度が月1回から月2回となったためか、先週は参加者がいつもより少な目でした。
私の所属する2ndパートは私を含め2人だけしかいませんでした。1stは4人いたのに。
しかも、今年の選曲は2ndが目立つ曲が多い上、いつも自信満々に弾いてくれるパートTopがいないのでちょっとプレッシャーを感じていました。
合奏が始まって、最初のうちは問題ありませんでした。あまり目立たなかったので。
休憩後、2ndが1stより目立つ曲の練習を始めた時、「やばい」と思い始めました。前回は2ndも4人参加していたので気付かなかったのですが、もう一人の人(15歳上の男性)がほとんど弾いていませんでした。今年からの参加で、現役の時はコンサートマスタ―だったと聞いていたので、ちょっと安心していたのですが…
急にプレッシャーを感じたせいか、パートソロも先月より上手く弾けず、普段やらないような間違いをしてしまい、散々な目に遭いました。

その曲が終わって休憩をはさんでまた違う難曲(私にとって)の練習をしている途中で、右胸に強い痛みを感じました。
その二日前に筋トレしたので、大胸筋の筋肉痛かと思ったのですが、痛みが強く、マンドリンを押さえていられません。マンドリンは座った姿勢で膝の上というか正しくは大腿の上に置き、胸腹部と右前腕とで固定して弾くのですが、背の低い私は胸の上にマンドリンの胴の上縁が当たり、そこが痛かったんです。

帰宅後その場所にこぶし半分くらいの黒々とした皮下出血が見つかり、どんどん腫れてきました!筋トレの筋肉痛ではなかったようです。
肋骨にヒビでも入ったのか、ただの打ち身かわかりませんが、マンドリンを押さえこむ力が強すぎたことが原因だったのは間違いなく、どれだけプレッシャーを感じていたのだろうと思いました。精神への圧迫を、身体への圧迫に変えるとは!
次の合奏日のプレッシャーを少しでも減らすため、練習を積み重ねたいところですが、あいにく痛くて楽器が持てず、次回は他のメンバーの出席に賭けようと思います。

2015夏の読書会・議事録 - 2015.09.07 Mon

読書会で話し合った内容を以下に記録します。
1月の読書会で語り切れなかった議題に加え、今回新たに出てきた議題もあり、当日は章を前後する形で話し合いましたが、ここでは章の若い順にまとめます。太字が当日出された意見です。

3章
「夏休み中、ハリーは二階の床下に食料を隠していたが、魔法も使わずたくさんの食べ物を腐らせないでいられるのでしょうか? とくに、日本だと日持ちしないイメージの誕生日ケーキですが、外国のものは違うのでしょうか?」
・外国のケーキは日持ちする。ウェディングケーキを1年後に食べる、という習慣のある国も。
・魔法がかかっている可能性もあるのでは?


9章
「p.205『杖の使用規則』第三条でヒトにあらざる生物に対し、杖の携帯・使用を禁じていますが何故だと思いますか?杖が魔力を増強させるから?杖が魔法を実行するための道具だから?そもそも、杖というのは魔法界にとってどのようなものなのでしょうか。みなさんのお考えが聞ければと思います」
・杖がないと魔法を使えないのは人間だけ。ヒトにあらざる生物は杖がなくても魔法が使えるが、自分が杖を持とうとは考えない。もし使おうとした時に危険。また、彼らが杖を持ちたがるかどうかは問題ではない。王様が笏を持つように、強さのシンボル、「頂点」のシンボルなのでは?

15章
「ディーン・トーマスは国家を歌いながら、片足ケンケン跳びで教室を三周した(p360) のシーンでディーンが歌ったのは英国の国歌だとおもいますか?魔法界にも独自の国歌があったら歌詞も不思議な感じだろうなあと妄想してます」
・マグル出身だからイギリス国家では?
・女王はマグルと魔法界両方の女王なのか。昔はマルフォイ家も王家と関わりがあった(Pottermoreより)。女王と血縁関係?(実際はエリザベス一世に求婚して退けられたとの記載のみ)
・国の感覚はマグルと一緒では?生活圏もマグルと一緒だし。クィディッチワールドカップでも「アイルランド」「ブルガリア」とマグルの国名で呼んでいた。


22章
「マクゴナガル先生が「4年生以上の生徒は低学年の生徒を招いても良い」と言っていましたが、男子は女子を誘いやすいですが逆は難しそうなので、3年生以下の男子たちや女子たちはどんなふうに寮で過ごしていたのか想像するとかわいいです」
・外の茂みに隠れて窓から覗いていたのでは?
・クリスマスなので、下の学年は帰宅しているのでは?今までのクリスマスもハリーたち以外はあまり学校に残っていなかった。
・4年生以上なのに誘われなかった生徒の中には帰省した人も?
・女の子は男の子に比べ積極的だから、下の学年でもどんどん誘った?(実際二年生、三年生の女の子がハリーを誘っています)
・ドレスローブは誘われてから用意してたのか?


「学期最後の授業で解毒剤のテストをする、と言ったスネイプ先生。ハリーは代表選手の写真撮影のために授業を抜けたために解毒剤の実技は体験できませんでした。私はハリーに解毒剤を作るチャンスを与えたのではないかと思っています。そうとしか思えないのですが、いかがですか?」
・生徒(ハリー)にチャンスを与えたかった
・言い方は嫌味っぽいが職務を果たしている
・何度も解毒剤の話が出ている、解毒剤に重きを置いているのがわかる。生徒たちに解毒剤をマスターして欲しいのでは

24章
「ハーマイオニーがドア越しに、ハリーが直接ハグリッドに訴えかける場面が好きです」
・ハーマイオニーの悪い言葉珍しい
・ダンブルドアの「急に耳が聞こえなくなってのう」というのもなかなかイカしてる

25章
「ここのシーン(灰色の寝間着姿でスネイプ先生が飛んできた場面)で、どれだけ先生慌てて飛び出したのかが伺えます」
・地下から5階まで駆けつけるとは、先生俊足!どれだけ耳が良いんだ!
・ピリピリしていた時期で眠れてなかったのでは?
・ねっとりしたこめかみ、という表現は汗ばんでいたということかも


27章
「人となりを知るには、その人が自分と同等の者より目下の者をどう扱うかをよく見ることだ」というシリウスの発言は皮肉に感じます。 一度ピーターの件で痛い目を見たからこそ出た言葉だと思うのですが、 この一年後クリーチャーの件で同じ轍を踏んで命まで落としてるので」
・しもべ妖精は人ではない、目下という感覚ですらない。
・根っからの魔法使い、魔法使いの感覚(ウィーズリー家でも「しもべ妖精がいてくれたら楽なのに」という)
・便利なことに慣れてしまう。、ヴォルデモートを倒した後「サンドイッチを持ってきてくれたら」と思うハリーも感化されている
・「奴隷と同じ」と言い続ける変わらないハーマイオニーがすごい。マグルの感覚を持ち続けている


36章
「(握手の場面で)そもそも、ダンブルドアはこの二人がお互いに信頼し合うことをどこまで本気で実現可能だと思っていた?実現可能性は関係なく、結束が大事だということをこの場にいる全員に示唆したかった?」
・結束が大事ということを示唆したかった
・二人に大人になって欲しかった
・コンプレックスのないダンブルドアはスネイプ先生の心の傷を過小評価している

「下巻(p.536)のスネイプ先生がファッ ジに腕の闇のしるしを見せるシーンについての疑問です。ヴォルデモートが戻ってくるなんてありえない,と考えるファッジを納得させるために見せたんでしょうか?もしそうだとしても私は何だか釈然としません。というのも,この前のシーンでファッジがヴォルデモートの復活を信じていない(信じたくない)ことは明らかなので見せたところで,ファッジが納得するとは思えないのです。なぜスネイプ先生が闇のしるしを見せたのか気になってます」
・シリウスは闇の印の存在を知らないようだったが、ファッジは裁判などで見ているなら知っているだろう。濃くなっている闇の印を視覚的に納得させるために見せた。
・スネイプ先生「これを見てもわからないやつはもうそれでよい」という気持ちも。期待していない。納得させようとは思っていない
・濃くなっていく印にダブルスパイとしての任務が迫っているこの状況でファッジに対するイラつきから感情的になっていた?→後にハリーたちにも見られたことを後悔?


「下巻(p.542)にて,ダンブルドアがスネイプ先生に頼んだ出来事ですが,これはヴォルデモートのところに行くということだと思います。これを想像するのはつらい ものがありますが,スネイプ先生とヴォルデモートの間でどのようなことが起きたのか(許されざる呪文を受けたりしたのか),気になっています」
・ハリーに逃げられて荒れていたヴォルデモートの前に遅れて行って、済まなかっただろう
・「ご不興を買った」と6巻でも言っている、懲罰は避けられない。どれくらいのギャラリーがいる前で懲罰を受けたのだろう
・2時間も遅れて行ったが、まだ皆墓場にいた?
・ヴォルデモートのいる所に行く仕組みでは?マルフォイの館あたりに行っていたとか
・ヴォルデモートの詰問、開心術に耐えたスネイプ先生の閉心術のすごさに感心

全体
「ハリー・ポッターシリーズには、しばしば教職員の部屋でお茶が出たり間食をしている場面がでてくるが、スネイプ先生もお茶で一息入れるような事をしたか? 」
・甘党でいてほしいのは皆の願い?
・大広間で甘い物食べるのは恥ずかしいから、部屋にストック?
・頭脳労働している人にはブドウ糖必要。甘い物も食べていたのでは?自分で精製したブドウ糖を摂取していただけかも


以上です。
書記を担当して下さったかなたさん、さとうさん、夏野さん、本当に助かりました。ありがとうございました。

静岡旅行2015 - 2015.09.06 Sun

読書会三次会の後、静岡駅に近いホテルのツインの部屋にきじゅさんと泊まりました。
初めて会ってから10年近く経つことをしみじみ語ったりしました(笑)

IMG_4791a.jpg
スネイプ先生おやすみなさい~

IMG_4792a.jpg
穏やかなお顔
(このベッドに私も寝ました♪)

IMG_4793a.jpg
若い二人もご一緒に
きじゅさんに、「未成年じゃないですか!」と叱られました(笑)

「ホテルに泊まる」と参加者の皆さんにお伝えしてあったからか、入浴剤をくださった方がいらして、きじゅさんとそれぞれホテルで使わせていただきました。オフ会の後の興奮状態が、ゆっくり湯船に浸かることでリラックスでき、その晩よく眠ることができました。ありがとうございました。

朝食付きだったのですが、ちょっと量が少なめとの情報もいただいたおかげで、セルフサービスのシリアルも食べ、満腹感が得られました。
IMG_4795a.jpg
シリアルとオレンジジュース

IMG_4797a.jpg
ワンプレートの朝食
少な目ではありますが、美味しかったです。

この日はあいにくの雨でしたが、あっちさんに車で観光に連れていっていただいたし、行く先は皆屋内だったので全然問題ありませんでした。
最初に行ったのはカッパ館です。
IMG_4800a.jpg
龍ちゃんのカッパ館

カッパのコレクション数でギネス認定されているとのことで、「むしろ蒙古に多い」と発言したスネイプ先生に、日本のカッパの多さを知っていただきたいと思い、「ぜひ!」と連れていっていただきました。

IMG_4802a.jpg
外の水路

IMG_4808a.jpg
カッパサミット開催地
ん?現在は?館長さんは今年もサミット出席するって言ってたけど…

IMG_4825a.jpg
ギネス認定書!
2009年6月2日時点で7845点コレクションがあったようです。

IMG_4814a.jpg
カッパのオーケストラ

IMG_4815a.jpg
蛇とカッパの絵

IMG_4812a.jpg
かっぱらい(かっぱらわれているのが、カッパです)

IMG_4831a.jpg
イケメンカッパ////

IMG_4837a.jpg
数々のカッパとスネイプ先生

IMG_4838a.jpg
お気に入りの一枚♪

この日、私たちの他にもう一組見学グループがあったのですが(あっちさんにはそれが驚きだったらしい)、館長さんは私たちかそのグループについて回って説明を続けてくれました。
可笑しかったのが、この子↓
IMG_4842a.jpg
まりもっこりの顔をしたカッパ
まりもっこりのぬいぐるみに館長さんがお皿を貼り付けてカッパにしたのだそうです。他にもキューピーさんの頭のてっぺんをお皿にしてしまったり、帽子をかぶった人形の頭をお皿に変えたり、かなり手作り色の強いコレクションがたくさんあることがわかりました。同じ匂いがする、と思ったら、あっちさんも「似たものを感じる」と言っていました(笑)とにかく館長さんのカッパへの愛情が半端じゃなくて、説明を聞いていてほっこりした気分になりました。

カッパサミットは台湾でも行われたことがあるそうです。
そこに私も食いつきました。他国においてカッパはどの程度知名度があるのか、というか蒙古にいるのか。
台湾と韓国に少しいるらしいです。いずれも日本人絡みのようで、「中国にはいますか?モンゴルは?」と聞いてみましたが、「いない」との答えでした。(中国には沙悟浄いるじゃん、と後で思いましたが、調べてみたら、沙悟浄をカッパとするのは日本だけの解釈のようです)
IMG_4823a.jpg
台湾のカッパサミットのプレート
スネイプ先生、やはりKappaは、日本に多いようですよ~

カッパ館で1時間過ごし、その後お昼はとろろ汁のお店に連れていってもらいました。
昔旅籠だったという有名なお店です。
IMG_4856a.jpg
丁子屋さん
観光バスでお客さんがくるほどの有名店ということでしたが、この日は待たずに入れてとてもラッキーでした。中は迷路のように入り組んでいて、トイレに行ったあと、ちょっと間違った方向に行ってしまったくらいです。

IMG_4852a.jpg
定食「本陣」
この後、おかべ揚げ(三個)とあんこの入ったお餅(≠大福)が出ました。
おかわりできたし、最初はずるずるといくらでも食べられそうな勢いでしたが、お芋が膨れて甘味が来る前に十分お腹がいっぱいになっていました。
帰り際、お店の中の資料館で旅籠時代の名残や当時の記録、物品などを見学しました。

その後、「駿府匠宿」という体験型の施設に連れていってもらい、色々見学しました。体験はしませんでしたが、一目ぼれした器をお土産に買いました。
これ↓
IMG_4908a.jpg
手のひらにちょうどおさまるサイズ
「何に使いますか?」とお会計の時に聞かれて「お酒を入れます」と答えるのと「お酒ですか?」と聞かれるのと同時でした(笑)
一升瓶の日本酒を飲む時、これに移して飲もうと思っています。「めんつゆなんかを入れるのも良いですよ」と言われましたが、今はウイスキーや焼酎を割る時の水を入れるのに使っています。

その後、静岡駅まで送っていただいたのですが、途中で安倍川餅の老舗に寄りました。
本当に手作りでお餅を水に濡らした手でちぎっているので、お土産にして遠くまで持ち帰るのは不安だったので、その場でいただきました。あん餅ときなこ餅が4つずつを三人で分けました(あっちさんが一個少なかった)
やはり安倍川餅と言えばきなこ餅だったので、まず先に手が伸びました。食べてから撮影したのが以下の写真です。
IMG_4859a.jpg
あんこのお餅ときなこと白砂糖たっぷりのきなこ餅
昭和っぽいテーブルクロスが目を引きます。駄菓子屋さんの中に設置されたテーブルでお茶と一緒にいただきました。福山雅治さんがある番組の企画で来店した時のVTRが繰り返し流れていました。山口百恵さんの古~いポスター(セロテープでの継ぎもる)が飾ってあったり、なかなか味のあるお店でした。お餅も美味しかったです(´▽`*)

静岡駅まで送ってもらい、そこで家族へのお土産を買って、帰りました。
IMG_4905a.jpg
静岡限定ビールとバリ勝男クン
バリ勝男クンは前日静岡出身の方たちが推していたので買ってみました。(画層は、既に開封済み、お見苦しくてすみません)

二日間、とても濃い時間を過ごして楽しかったです。
オフ会にご参加くださった皆さま、翌日も遊んで下さったお二方、ありがとうございました!

野球観戦 - 2015.09.05 Sat

読書会後の旅行記はひとまず置いておいて、昨日のことを記録しておきます。

昨日は、同僚たちとプロ野球の観戦に行ってきました。
このブログをある程度の期間ご覧になった方ならお分りかと思いますが、私はテレビであれ、生であれ、スポーツ観戦をほとんどしません。というか、スポーツ自体あまり関心がなく、観戦はさらに関心がなかったのです。

そんな私ですが、同僚に「行かない?」と誘われて一回断ったら、行った人たちがとても楽しそうだったので、次に誘われた時は「行く行くー!」と答えてしまいました。どこかのチームを応援したいと言うより、同僚たちと仕事以外で一緒に過ごし、楽しいことを共有したかっただけなのです。

昨日が近づくにつれて、「まずい💧」と思い始めました。何一つそのチームのことを知らなかったからです。正式名称だって言えるかどうか…
二日前から公式サイトに行って選手名鑑を見たり、熱心なファンの持っている雑誌に目を通したり、一夜漬けの予習をしておきました。

昨日は半日仕事をしたのですが、その時患者さんに「今日は野球を見に行くけれど、実はチームのメンバーを一人も知らない」と話したら、「ビール飲んで来ればいいんですよ」とアドバイスして下さったので、そうしようと思いました(笑)
仕事の後は英会話教室に行って、先日のオフ会の報告をし、野球観戦の話もするつもりだったのですが、「二つニュースがある」と始めに言ったのに、オフ会の話を色々質問されているうちに二つ目のニュースがスルーされてしまい、結局帰り際、日本語で言ったら、一緒にレッスンを受けていたHさん(英検も一緒に受けた方)が、「タオル貸してあげるから、帰りに寄って」と言ってくれて、タオル借りてきました。Hさんも、それはそれは熱心なファンなのです。

同僚10人で行くことになっていて、みな仕事の後だと最初からは見られないのですが、昨日オフ日だった二人の同僚と私は早目に行って、スーパーでお弁当を買い込み、開始前から席に座って眺めていました。10人は前後の5人ずつ二列になりました。
IMG_4876a.jpg
青が映えるスタジアム

同僚には熱心なファンが三人いて、5枚ユニホームを持ってきたというので、借りました。
IMG_4887a.jpg
同僚から借りたユニホームと英会話の友人から借りたタオル
タオルは試合が始まると、ぶんぶん振り回されたり、アピールするのに使われました。

席は1塁側で、思った以上に選手が近いと思いました。
野球観戦は初めてではなく、夫と結婚前に行ったのと、次男が生まれる前、上二人の子を連れて神宮球場まで行ったことがあります。でも、初めて熱心に試合を見ました。なにしろ、周りがとっても熱いんです。歌ったり叫んだり、タオル振り回したり、選手の一挙手一投足を見守り、真剣に声援を送っているので、確かにビールは飲みましたが、私も熱心に見てました。
そのうち選手ごとの応援歌も耳に馴染み、リズムに合わせて手拍子するのですが、リズムが一定ではなく、突然掛け声にかわるので、飛び出していまい、合奏中の飛び出しに似た気まずさを覚えたりしました。

途中で観客席に向かってバズーカで何かを飛ばすイベントがあり、周りに合わせて手を上げていたら、青い球が飛んできて、前の列にいたYちゃんの手をかすめ、私の指に当たり、掴むことのできないまま、遠くに弾かれてしまいました。手にすることはできなかったけれど、貴重な体験ができました。

可笑しかったのは、一人ジャイアンツファンが紛れていたこと。彼は堂々とオレンジのタオルを首に巻き、私たちとは違うタイミングで振り回します。もう一人、Wちゃんも「観に行く先々でタオルを買っている」とか言ってオレンジのタオルも持ってきていて、ずっとお尻の下に敷きつつ、時々こっそり振っていました。

7回の攻撃が始まる前に風船を飛ばすということで、同僚は人数分買ってきていました(もちろんオレンジの人は拒否しましたが)
私も、「呼気のアルコール濃度が高いから」と辞退しかけたのですが、「アルコール検査じゃありませんから」と押し付けられました(笑)

膨らませようとして、それが一筋縄では行かないことに皆気付きました。とにかく風船のゴムが硬くて、全然空気が入らないんです。STが三人いたのですが、「他人(患者さん)の呼吸機能を調べてる場合じゃなかった」と言うくらい、空気が入っていかないのが笑えました。
私は他の同僚たちより早く膨らませることができ、こっそりほくそ笑みました。
IMG_4890a.jpg
ほ~ら

OTは4人来ていて、STが苦労している中、みんな立派に膨らんだので、剣のように掲げて称え合いました。
IMG_4895a.jpg
イエーイ!

試合の方は、1回表でいきなり2点先制されたかと思ったら、その裏で3点取り、ホームランも出たりして大変盛り上がりました。その後また逆転され、もうこのまま終りかと思ったら8回裏で4点得点し、しかもホームランだったので、狂喜乱舞しました。あの気持ちをなんと表現して良いのかわかりませんが、脳内で何かがどっと放出されたかのような、素晴らしい陶酔感を味わいました。ビールを飲みに行ったつもりが、飛んだり跳ねたりハイタッチをしたり(知らない人とも)、素敵な体験でした。

結局負けてしまいましたが、8-7で、九回裏で三塁にまでランナーが進んでいたので、最後の最後まで期待の持てる良い試合でした。真のファンは本当に悔しかったでしょうyけれど。(ジャイアンツファンの一人だけ笑いが止まりませんでした)
スポーツ観戦に全く興味のなかった私ですが、何かをみんなで応援するって、とても興奮するものなのですね。8回裏のホームランの時に知った陶酔感、あれは病みつきになるのも頷けます。何でも体験してみるものだと思いました。
本当に楽しかったです。

2015夏の読書会in清水(3) - 2015.09.03 Thu

読書会は17時少し前に終わりました。
準備を含めないとだいたい11時半くらいから始まって、全部で5時間半くらいでしょうか。とても短く感じました。
今回の参加者は、五十音順にあっちさん、orcaさん、かなたさん、果穂さん、きじゅさん、ことみさん、こはねさん、さとうさん、charさん、夏野さん、ノーベルタさん、hajime*mamaさん、りかさん、そして二尋です。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

終わって片付け始めてから、パペットスネイプ先生を出すのを忘れていたことに気付きました!慌てていたら、カトルカールさんご姉妹が砂糖菓子でできたユリと一緒に撮ったら?と勧めてくださったのでお言葉に甘えてそうしました。
IMG_4765a.jpg
リリーと
カエルチョコレートやカボチャジュースも写ってましたね。

お店の中に貼ってあった絵はがきは、一枚ずついただけるというのことで、帰り際希望を言い合い、被らなかったキャラクターはそのまま貰われていきました。(途中で帰られた方、ごめんなさい)
ntn150829_5[1]a
このカードたち
IMG_4769a.jpg
これも
ベラトリックスが意外と人気でした。ハーマイオニーも。スネイプ先生の絵はがきは3枚あり、希望者が4人いたのでじゃんけんしたところ、私は希望の絵はがきを手に入れることができました\(^o^)/(ロンは誰も希望しませんでした💦)

IMG_4874a.jpg
私がいただいた絵はがき
持っていないものだったので嬉しかったです。(しかし、この場面はっ!)


ntn150829_22[1]a
お店の看板
お近くまで行く機会があったら、ぜひお寄りくださいね!優しいお二方と美味しいお菓子とお茶が迎えてくれます。


二次会会場は静岡駅近くだったので、まず清水駅までバスで行き、そこからJRで静岡まで行きました(タイトルに清水と書いてありますが)二次会参加者は12人です。手配はあっちさんがしてくださったので、とても助かりました。ありがとうございます。

会場は世界のビールが飲めるお店だったので、私はまずはイギリスのエール、バスペールエールを飲みました。
IMG_4773a.jpg
バスペールエールと奥に見えるのがシーザーサラダ
あら?なんかパペット先生、俯き加減ですね(笑)一次会でスネイプ先生を取り出すことを忘れていたからでしょうか。ごめんなさい💦
でも、初対面の方にたくさん遊んでいただきました♪
IMG_4778a.jpg
がっちり握手

ntn150829_24a.jpg
フィッシュアンドチップス
タルタルソースが添えてありました。

画像はありませんが、静岡の地ビールもあって、飲んでみました。ドライ飲み口で、知らないハーブ的な香りで始まって、後味が甘酒の風味といった感じの珍しいビールでした。

ハリー・ポッターの話、酒(特に日本酒)の話などしました。もっとも、私は早々に酔っぱらっていたので詳細は思い出せません(笑)

二次会後、ちょうど半分の方たちが帰られました。
私はきじゅさんとお泊りすることになっていたので、三次会まで行きました。他のメンバーは皆さん地元にお住まいかご実家がある方たちばかりです。

三次会はワインのお店でした。立ち飲みもできるしカウンターを含め座るところも少しある、という小さなお店でした。
パブのようにキャッシュオンデリバリーで、私はスパークリングワインを頼みました。
カウンター奥にある黒板に書かれた文字を、何食べようかな~と見ていたら、「鹿」の文字を発見!迷わずそれを選びました。

IMG_4780a.jpg
ボイルした鹿ソーセージ
うわー!鹿がソーセージに!!
大変、美味しかったです(笑)

20150829_213745a.jpg
キッシュ
これも美味しかったです。

ここでもなんかハリポタの話よりお酒(主に日本酒)の話をしていたような…あと、同じ大学出身者とか、同じ高校の出身者、しかも1学年しか違わない、という偶然が相次いで見られ、面白かったです。

三次会はお店の閉店時間を20分あまり過ぎた、10時22分にお店を出、その後解散、私ときじゅさんは予約してあった駅近のホテルに向かいました。

2015夏の読書会in清水(2) - 2015.09.02 Wed

ランチの後、炎のゴブレットの上映会をしました。
20150829movie1.jpg
80インチ型スクリーン

どの作品を観たいか事前にアンケートを取ったところ、読書会で取り上げることになっていた4作目の映画が一番票を集めたのです。初めての試みでしたが、途中空調の温度を尋ねる紙を回しても滞るくらい皆さん集中して観ていらっしゃいました。
私も拾い読みではあるものの4巻を読み返したばかりだったので、本との違いなど気付くことがいくつもあって楽しかったです。

上映後、本当はスネイプ先生の未公開シーンなども見たかったのですが(馬車から生徒引きずり出すような場面)、時間も押していたのですぐにレンタル品を再梱包するなどの片付けをしました。
それから席替えしました(読書会でよく発言する方は端っこに配すると、寡黙な方や初参加の方置き去りにされにくくなるかな、と思って)
それから、読書会を始めるかその前にゲームをするか多数決を取ったら、圧倒的にゲームの希望があったので、今年のお誕生日会でやった「禁句」のゲームをしました。キャラクターをわかりにくい言葉で表現する遊びです。

今回は、三つのチームに分かれて、他のチームに対して出す形式にしました。
キャラクターが被らないようにあらかじめキャラクターを六つに分類してクジを作っておきました。六つのクジから三つ選ばれたわけです。
私はグループ1に所属したのですが、頭を寄せ合って他グループに気付かれないよう人選し、ヒントを考えるのは楽しかったです。
参加者の皆さんは相当マニアックだし「通」なので、かなり難しいヒントを出さなければ、と苦労しました(笑)初参加の方は「難しすぎる」とおっしゃっていましたが。

考えている間にお茶とお菓子がやってきました。
IMG_4761a_20150902214922c26.jpg
左のお皿:スコーン、チョコファッジ(手前左)、差し入れのブラウニー(手前右)
右のカップ:トライフル
手前:スコーンにつけるクロテッドクリーム、ローズ入りいちごジャム、ヨーグルト、蜂蜜
見た目に美しいし、とても美味しかったです。

この他飲み物がつき、私はエルダーフラワーにしました。
IMG_4762a.jpg
エルダーフラワーコーディアルの炭酸割り


では、三つのグループのヒントをご覧ください。
グループ1.「忘却呪文」「鋭い」「地図」
グループ2.「純血」「結婚」「次女」
グループ3.「男」「先祖崇拝者」「ロンドン勤務」
です。

ちなみに、どのチームもミスリード狙ってます。さらにヒントを貰わないとできませんでした。誰だかわかっても名前が出てこない、とか。(答えは『続き』をご覧ください)

この後、記念撮影をしてから読書会をしました。
読書会の議事録は、後日別の記事として書きます。

1月生まれ - 2015.09.01 Tue

今日はオフ会の記録をつける時間がないので(オフ会の記録は通常より時間がかかるので)、職場の出来事を。

今朝出勤して、今後の予定などを調べようとして、今日が9月1日であることに改めて気づき、「どうしよう!ホグワーツ特急が出ちゃう!」と独り言ちた後、両隣の同僚に「オフ会やったんだ♪」と報告しました(笑)
二人とも熱心に聞いてくれて、その流れで、お誕生日会のことも話していたら、近くでお茶を淹れていた上司が、「スネイプさんって、誕生日わかってるんですか?」と声をかけてきました。
「わかってるんです」
「本の中に出てきましたっけ?」
「いえ、作者の公式サイトで10年前に『今日はスネイプの誕生日』って出たんです」
「10年も前!?」
「そうです。Kさん(上司の名)の誕生日にも近いと思いますよ」
「いつですか?」
「1月9日です」
「はあ、まあ近いのかな」
「あれ?10日じゃなかったでしたっけ?」
「25日です」
「あっ…まあ、1月生まれという意味では近いですよね!……その辺雑でいいや」
(「雑すぎる~」と同時にいくつか声が上がりました)
「H君の方が近いんじゃないかな。おーいH君何日生まれだっけ」
「22日です」
「じゃあT君の方が近いかな」
「17日ですけど」
「あー」(私)

こうしてみると、人数の割に1月生まれが多いですね、私の職場って。
久しぶりにスタッフルームのみんなを巻き込んでスネイプ先生の話題ができて、私は大満足でした♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)