topimage

2016-03

桜餅(弥彦村) - 2016.03.31 Thu

弥彦村に行った時、笹団子やおこわなどと一緒に桜餅を売っているお店があったので買いました。
IMG_6930a.jpg
三個入りの桜餅(帰りの新幹線で撮影)
新潟の、日本海に近い方の弥彦村ではどんな桜餅かと思ったら、関西風の桜餅でした。中はこしあんでした。
とても風味の良い桜餅で美味しかったです。

ただ、関西の道明寺粉を使った桜餅とも見た目が微妙に違うように思いました。
原材料を見ると、道明寺粉ではなくもち米と書かれていました。
道明寺粉ももち米を加工したものですから、もち米、と書かれていてもおかしくないのですが、ここのはなんというか、もち米をおはぎのようにつぶしたような印象です。口当たりもマイルドでした。
さらに形も、私が道明寺と呼ぶ桜餅は、丸く成形されているのに対し、ちょっと平べったいというか、柏餅の中の餅部分のような凸レンズ型でした。
IMG_6931a.jpg
舌触り滑らかで凸レンズ型の餅
地方の特色か、お店の特色かはわかりません。

これからも初めて行く場所ではなるべく桜餅を買ってみたいです。

ほろ苦い思い出 - 2016.03.30 Wed

帰省している次男が、「4月の某日に入学式があるけど来ないの?」と聞いてきました。
次男は4月から大学4年生になります。
「何で4年生の親が入学式行くの?」
「写真、撮りたいかと思って。ほら、『入学式』の看板の横で」
次男は、入学式の日は「撮ろう」と声をかけてもさっさと通り過ぎてしまったんです。
「俺、あれ後悔してるんだ。撮れば良かった」
「さっさと行っちゃったじゃない」
「思春期だった」

ああ。思春期はとうに脱していたと思っていたけど、思春期の自分の行いを恥じるようになって、ここで本当に大人になったんだなあと思うとしみじみ嬉しかったです。
ほろ苦い思い出として、いつか何かに生かして欲しいものです。

のんびり女子旅(弥彦温泉)3 - 2016.03.29 Tue

神社付近のお土産屋さんを覗いてから宿に戻り、一風呂浴びました。
アルカリ性の美肌の湯だった上、酒かすパックも試したので、美肌になったような気がします(笑)
夕食時間はチェックイン時に6時か7時かの選択肢があって、お昼が11時だったことから6時を選んだのですが、正解でした。もうお腹が空いて空いて、6時だって待ちきれなかったくらいです。
IMG_6877a.jpg
夕食
この他に茶碗蒸しや奉書焼き、ご飯と味噌汁とデザートが出ました。
手前真ん中の小さなガラスの杯に入っているのは食前酒の梅酒で、さらにオンザロックの梅酒も旅行プランの特典か何かで付いていました。
IMG_6878a.jpg
梅酒のオンザロック
この梅酒が、とても香りが良くて美味しかったです。

この梅酒があったせいか、追加のアルコールについて問われなかったので、もう食事も終盤になってから、自発的に声をかけて注文しました。
IMG_6879a.jpg
冷酒とグラス4個
甘口でしたが、雑味が無くておいしいお酒でした。今回は4人ともかなり飲める方なので、遠慮なく飲めました(笑)
それから、さすが新潟だけあって、ご飯がとても美味しかったです。

部屋に戻ると布団が敷いてあり、紅茶とお茶菓子が用意されていました。プランには女子旅を応援する夜のお楽しみがあったんです。
IMG_6888a.jpg
大きなティーカップと茶葉が入ったティーポットとお米サブレ

部屋での二次会が始まる前に、それぞれ撮った写真をLINEのアルバムにして共有する作業をしました。その時、いつの間にか撮られていた写真がとても昭和っぽくて可笑しかったです。
IMG_6887a.jpg
昭和のお母さんのような私(手に持っているのはスマホだけどwww)

二次会は、まず夕食で飲みきれなかった日本酒などアルコールを飲みながら語らい、それが無くなるとティーポットにポットのお湯を注いで淹れました。煎茶のような淹れ方でしたが、この紅茶が意外と美味しくてびっくりしました。お米サブレも香ばしくて美味しかったです。
仕事の話、上司の話、元カレの話、また仕事の話、と3時間余り話してから、再び浴場に行き、露天風呂でまたかなり長いこと話し込みました。のぼせないよう半身出したり、脚以外は出したり、色々なスタイルで話し込み、1時間近く入っていたんじゃないかと思います。

布団は3対1で頭を突き合わせる形に敷いてあったのを、ジャンケンで一番勝った私が一人だけ向きの違う布団を選び、寝ました。いつも寝つきが悪いのに、頭上で三人がまだしゃべっているのを夢うつつに聞きながら、先に眠ってしまい、途中ほとんど目覚めることもなく、外のチャイム(朝6時半にオルゴールのような音がした!)で一度目覚め、次に誰かが起き上がる気配のした7時半くらいまでまた夢の中でした。
お酒が効いたか、温泉が効いたか、よく眠れました。夜中に鼻をかんでいた人や、ふすまに足をぶつけて音を立ててしまった人がいたらしいですが、全く気付きませんでした。

朝風呂を浴びて、ビュッフェスタイルの朝食を美味しくいただきました。洋食もありましたが、やはりご飯を食べたいので和食で、おかわりはお粥を食べました。

朝食後、部屋の素敵なランプと一緒にパペットスネイプ先生の撮影を行っていないことに気付き、撮影しました。
パペットスネイプ先生を取り出すと、同僚たちがキャッキャッ言って盛り上がってくれるのがとても嬉しいです。ランプの前に立たせたりランプの奥に立たせたり試行錯誤して、ランプの奥の方が素敵なことはわかったのですが、左手をランプの奥にやると右手のスマホの画面が近すぎて見えず、Sさんにシャッターを押してもらったところ、「企みあるみたいに撮れたwww」とSさんも楽しそうでした。
IMG_6895a.jpg
ランプの前で撮影(顔面蒼白にもほどがある!)

IMG_6896a.jpg
左手にスネイプ先生、右手にスマホ状態での撮影(結構良いアングルでは?)

IMG_6898a.jpg
企みある顔
しかし、帰宅後PCで見てみたら、企みというより、寂しげな顔に見えました。

チェックアウト前に近くのお土産屋さんで笹団子や職場へのお土産などを購入、帰りはマイクロバスで燕三条駅まで送ってもらいました。
駅の売店で駅弁を買おうと思っていたら、なんと駅弁のお店はなくなってしまったとか!新幹線の駅なのに!
そこで駅のラーメン屋さんで三条の名物というカレーラーメンを食べました。(カレーがレトルトっぽかった💦)

駅の売店で地ビールを買って新幹線に乗りました。
IMG_6919a.jpg
みんな一本ずつ!

IMG_6921a.jpg
私はもちろんイングリッシュタイプ

IMG_6925a.jpg
パペットスネイプ先生とエチゴビール

最後までとても楽しい旅でした。
こんなにも楽しくリラックスして旅行できる同僚がいること、つくづく幸せです。

のんびり女子旅(弥彦温泉)2 - 2016.03.28 Mon

チェックイン後しばらくお茶を飲んだりして寛いだ後、外出して付近を散策しました。
宿は弥彦神社の一の鳥居のすぐ近くにありました。弥彦神社は、越後国一宮だそうです。
IMG_6816a.jpg
弥彦神社一の鳥居

参道に入ると空気ががらりと変わったように感じました。同僚たちも異口同音に「空気が違う」と言いました。以前下鴨神社を訪れた時のような感覚です。どちらも強いパワースポットということで、やはり何かあるのかもしれません。

IMG_6818a.jpg
御手洗川と玉の橋
この橋は、神様の渡る橋だそうです。

この神社は作りが変わっていて、表参道を途中で左に曲がって東参道を進んだ先に本殿がありました。
明治時代に本殿が消失して、後に建て替えたと説明にあったし、旧本殿跡は表参道の突き当りにありましたから、元々は他の神社と同じような作りだったのでしょう。
左に曲がる前、鶏舎と鹿苑があったので寄りました。
同僚たちが鶏舎の希少種などを見ている間、私は一人で鹿苑に向かいました。

IMG_6821a.jpg
私を見る二頭の牝鹿
そのうち一頭が私の方に歩いてきたので、「しめた!」と思い、パペットスネイプ先生を取り出しましたが、
IMG_6825a.jpg
そっぽ向かれました(汗)
この牝鹿、そのまま前進してしまったのですが、立ち止まったのを見計らって、パペットスネイプ先生手にしたままび近づきました(笑)なかなか見てくれないので「こっち見て~」と言ったところ、見てくれました!一緒にいたYちゃんもびっくりしていました(笑)
IMG_6830a.jpg
Look at meに見てくれた牝鹿

どの後、拝殿でお参りしました。宿に置いてあった案内に、「二礼四拍手一礼します」と書かれていたので、そうしました。いつもは「二礼二拍手一礼なので、間違えないように頭の中で数えながら四つ柏手を打ちました。
IMG_6840a.jpg
拝殿

案内図に「火の玉石」とか「津軽石」とか書かれているものがあって、何だかわからないけど見てみたいと思い、その場所に行ってみました。
IMG_6842a.jpg
「津軽の火の玉石 重い軽いの石」

IMG_6843a.jpg
二つ並んだ「重い軽いの石」
願いごとを思い浮かべて、この石を持ち上げ、「軽い」と感じたら成就、「重い」と感じたら「難しい」とネットにはありました。
まずSTのSさんが軽々と持ち上げ、次にYちゃんが挑戦しましたが持ち上がりません。次にW子ちゃんが挑戦しましたが、やはり難しい。もう一つの石にもチャレンジしていましたが、完全には持ち上がりません。さっき一つ軽々と持ち上げたSさんは、もう一つの石も普通に持ち上げました。
私も挑戦してみると、「軽い」とは思えませんでしたがなんとか持ち上がりました。「持ち上げてやる~」と声に出しながら(笑)
IMG_6861a.jpg
持ち上げた!
でも、持ち上げることより、「重い」と感じるか「軽い」と感じるかが判断の基準なのでしたね。難しいかもしれませんが、願い事を成就させたいです。
その後Yちゃんがもう一つの石を軽々と持ち上げたのにはびっくりしました。
でも、願い事を思い浮かべるのを忘れたのだそうです。やっぱり願い事によって感じる重さが違うのかもしれません。

のんびり女子旅(弥彦温泉)1 - 2016.03.27 Sun

同僚と4人で一泊旅行に行ってきました。
一昨年の秋に行って以来の同僚との旅行です。
今回は、新潟の弥彦温泉に行きました。

私たちは上越新幹線に乗ったのですが、出発日の3/26は北海道新幹線の開業日で、新幹線の改札付近はとても混んでいました。それぞれお弁当を買ってホームに集合しました。私は夜の御馳走を見据え、軽めにおにぎりにしました。
IMG_6784a.jpg
軽めの(?)おにぎり3個

燕三条駅で降り、迎えに来てくれた宿のマイクロバスに乗りました。途中、とても大きな鳥居をくぐったのですが、どうやら日本一大きい鳥居だったようです。
IMG_6791a.jpg
ロビーでのおもてなし

和洋折衷のとても趣のあるホテルでした。
IMG_6804a.jpg
行燈とクラシックなブラケットライト

IMG_6805a.jpg
廊下の途中にあるステンドグラス

IMG_6806a.jpg
廊下の途中の洋風空間

IMG_6799a.jpg
部屋の照明の一つ

IMG_6800a.jpg
ドレッサー付近

IMG_6802a.jpg
オルゴールの中にお菓子が!

IMG_6892a.jpg
苔玉とスネイプ先生

メモパッド - 2016.03.25 Fri

明日から産休に入るNちゃんが、OTのみんなにそれぞれ違う動物の描かれた丸いメモパッドをくれました。半分に折ると可愛いメモです。

昼休みにみんなで並べて撮影しました。
IMG_6765a.jpg
可愛い動物たち

私はフクロウをいただきました。牝鹿を探したけどなかったと言って。
みんなが「スネイプ先生も一緒に!」と口々に言ってくれたので、眼鏡ケースのミニスネイプ先生に今日もご登場いただきました。
IMG_6768a.jpg
スネイプ先生を慕う森の動物たち♪

魔法で呼び寄せたのではなく、自ら集まってきたような可愛い写真に大満足です💕

プチオフ会 - 2016.03.24 Thu

今日は横浜でのプチオフ会に参加してきました。
プチとは言え、8人も集まりました。
会場は崎陽軒のティーサロン、アボリータムです。
IMG_6734a.jpg
3月のアフタヌーンティーセット

IMG_6736a.jpg
二人分
上段は筒に入ったのが苺のパンナコッタ、手前の四角いのが塩キャラメルケーキ苺添え、左右に見えているのが苺の生チョコタルトレット。

IMG_6738a.jpg
中段:スコーンとパプリカチルケ
下段:ミックスサンドイッチ
写真を撮る前にうっかりスコーンを食べ始めてしまったので、中段のスコーンは撮影のためにyumaさんのをお借りしました(笑)
サンドイッチのグリーンのパンの方は、かぼちゃのサラダ(?)が挟んであり、美味しかったです。

IMG_6744a.jpgパプリカチルケ
パプリカで煮たチキン。上のチーズも含め、とっても美味しかったです。

IMG_6741a.jpg
紅茶はディンブラ
好みの味と香りでした♪

ハリポタの話や朝ドラや大河ドラマの話、脱出ゲームの話など色々話して、それからポタコレに行きました。
ポタコレには今まで何度か行って欲しいものはだいたい買ってあったので、今回はクリアファイルとネクタイ柄のマスキングテープを買いました。

3000円買わないと抽選できないのですが、フォトスポットで撮影して#ポタコレをつけてツイートすると絵はがき一枚ランダムでもらえるということで、その場で撮影、ツイートしました。
IMG_6746a.jpg
魔法薬学教室のミニスネイプ先生
なんと!パペットスネイプ先生を忘れてしまったために、眼鏡ケースに入れて持ち歩いているミニスネイプ先生を撮影しました。

ツイートをお店のスタッフに見せ、無事、闇の陣営の方々の絵はがきをいただきました。
IMG_6749a.jpg
死喰い人の面々

それにしてもパペットスネイプ先生を忘れるとは、何たる失態!
フォトスポットが魔法薬学教室だというのに…
IMG_6751a.jpg
魔法薬学教室となぜか顔を出すドビー

買い物の後解散になりましたが、時間のあったクロノさんとこはねさんと私の三人でランドマークタワーに昇ろう、ということになりました。
横浜から一駅乗ろうとしてホームに行ってから、雨が上がって陽が射してきたことに気付き、急遽行き先を変更、鎌倉に行きました。横須賀線一本で30分弱でした。
IMG_6753a.jpg
鎌倉駅ホーム

IMG_6755a.jpg
鎌倉駅
鎌倉は横浜ほど晴れてはいませんでした💦

鶴岡八幡宮に行こうかとも思いましたが、私達は海を目指して歩きました。
IMG_6756a.jpg
由比ガ浜

由比ガ浜の海は波がとても穏やかでした。
普段私が行っている海と違って、たくさんの海藻が打ち上げられ、波打ち際が黒くなっていたのが印象的でした。
小さな貝殻がたくさん落ちていましたが、欲しかったサクラガイは見つかりませんでした。

帰りは江ノ電に乗って一駅でしたが鎌倉に戻り、横浜で解散しました。
盛りだくさんで楽しい一日でした~

英語で操作 - 2016.03.23 Wed

先週の英会話のレッスンで出された宿題は、「ATMの操作を英語ですること」でした。
海外では旅行者もクレジットカードを使ってATMからお金を引き出すことができますが、慣れておくとレートが良いしおススメ、ということでした。
私、一度やったことあるような気がするのですが、記憶が定かではありません。

そんなわけで、今日、挑戦してみることにしました。
私が口座を持っているのは、地方銀行とゆうちょ銀行で、お給料が振り込まれて普段使っているのは、地方銀行の方です。
今日はお菓子教室の日で、教室に行く途中にあるATMに寄るのは好都合でした。
聞くところによると、英語バージョンを選ぶと英語の音声で案内するので恥ずかしい、とのことでしたから、3~4台並んでいるものの普段割と閑散としているそのATMなら、朝だし誰にも聞かれないかも、と思ったのです。

私が建物に入った時、運よく他に誰もいませんでした。
ATMの前に立つと、暗かった画面が明るくなり、「いらっしゃませ」と言いました。
画面にEnglishの文字を探しましたが、見つかりません。
隣の機械にはあるかも、と左隣にずれてまたしても「いらっしゃいませ」と言ってもらいましたが、やはりEnglishの表示はなく、他の人が入ってきたので、仕方なくそのままお菓子教室に払う金額だけ引き出してお菓子教室に向かいました。

お菓子教室の先生も英会話の生徒ですから、そこで話題にして、「駅前ならあるんじゃ?」と言われたので、お菓子教室が終わったあとお土産のケーキを家に置いて、駅前の銀行に行ってみました。
そこは6~7台あり、先客が一人いました。
先客から離れる形で端の機械に行ってみましたが、やはり画面の表示はさっきと同じ、どんどんお客さんが入って他の機械が埋まってしまったので、そこで必要な金額全て引き出してしまいました。

念のために普段使っていないゆうちょ銀行の通帳も持ってきていたので、その後郵便局に寄ると、ようやくEnglishの文字が画面右下にありました。
早速触れると、案内の英語の音声が流れました。
私はそこで舞い上がってしまったので、なんと言われたのか全く思い出せません(笑) 郵便局の片隅にあるATMだから、郵便局に来ている他のお客さんや職員の耳が気になってしまったんです。
そして、画面上に並んだ次の操作を選ぶボタンを目にして、「しまった!」と思いました。
習った単語を反芻することなく機械の前に立ってしまったことを後悔したのです。
もう引き出したい分はさっき全部下ろしてしまったので、残高を見るだけで良いと思ったのに、「残高」が何か、思いの外たくさん並んだ文字列の中から見つけ出すことはできませんでした。
代わりにわかったのが、「Withdraw」
「引き出し」の意味です。
そこでWithdraw」を選択すると「Amount」を聞いてきました。
金額を入力するのです。
金額は、日本語だと例えば一万円欲しい場合は「1」と「万」と「円」を押しますが、英語だと「1」と「0」を4つ押す必要があり、そこが少し新鮮でした。
無事、お金を引き出し、残高もわかって良かったです。
とにかくドキドキして終始大汗かいていました。外に出た時、汗が一気に冷えて寒かったです。
ともあれ、ミッション、コンプリートできて良かったです(笑)
帰宅後復習、残高は「Balance」、預金は「Deposit」でした。

トンボ - 2016.03.20 Sun

娘が同窓会に参加するからと昨晩から二泊しています。
娘が来ると聞くと、大抵次男も泊まりに来ます。意外と仲良しです(笑)

今日は一緒に海に行きました。
海辺の遊歩道に「トンボ」という整地用具が数十メートル間隔で置かれています。風が吹くとすぐ砂で埋まってしまう道を、通りがかりの人にひとかきしてもらって互いが通りやすくなるようにしよう、という試みのようです。去年か一昨年くらいから目にするようになりましたが、最近数が増えたように思います。

それを目にした次男が早速砂かきに挑戦しました。
昨晩から降り続いていた雨が上がったばかりだったので砂が重く、しかも絶えずランナーや自転車などが通行するので、本当に少ししかかきませんでしたが。

以前から私はこのトンボという道具の形態が気になっていました。
IMG_6723a.jpg
トンボで砂かきする次男

死の秘宝のマント「△」と杖「|」を組み合わせたものに見えないですか?棒が長過ぎですが…
いつも目にする度、ニワトコの杖と透明マントを思い出しています。

2回目の練習日 - 2016.03.19 Sat

今日はOBOG会の練習日でした。
なんだか毎回雨に降られているような気がします。今日も結構激しい雨の中出かけました。
お彼岸のせいか、雨のせいか、いつもに比べて渋滞が激しく、13時の開始に数分遅れてしまいましたが、車で来る人はもっと遅れていました。どこの道も予想以上の渋滞だったようです。

今年度の練習は今日が2回目。
前回の選曲で選ばれた曲と、さらに数曲推薦された曲が知らされていて、楽譜は用意してありましたが、練習はしてありませんでした💦つまり初見でいくつかの曲を弾いたわけです。
私の弾く2ndパートのメロディは、主旋律じゃないことが多いどころか主旋律と全くかけ離れた動きをすることもしばしばで、知らない曲だと自分がどんな役割をするのかよくわからないことがあります。数を数えたり、主旋律の音に耳を傾けたりしながらタイミングを見計らっています。
今日の初見の曲だったある曲は、主旋律と分かれたところから一生懸命数えているのに、背後の同じパートの人が、私と違う音を出していて、一体どこを弾いているのかわからなくなりました。同じパートの他の人も「あれ?」という声を出しています。
結局、私の真後ろの人は1stの楽譜を間違えて用意してしまったことが判明し、笑いました。
結構回りの同じパートの人の音を聞きながら、補い合うように演奏しているので、違うことやっていると混乱してしまうんです。

それから、もう1曲、今日初めて楽譜を渡された曲があって、それは「フニクリフニクラ」と題名が書かれていました。
誰でも知っている陽気なメロディのイタリア民謡を想像して弾き始めたのですが、とても暗い感じのメロディーでラテン系のリズムだったので、暗い前奏なんだな、と思っていたのですが、結局最後までイメージは変わらず、有名なメロディーはどこのパートにもありませんでした。
みんな弾きながら「違う曲?」と一様に首を傾げているのがとても可笑しかったです。
楽譜に編曲者のコメントが載っていて、「思い切った編曲」と書かれていたので、本当に私達の知っているフニクリフニクラで、私達のアンサンブルにないパートが主旋律だったのかもしれませんが(どのパートも主旋律ではないように聞こえた)、推薦した人も「思ってたのと違う」と言うので、いきなり落選しました(笑)

和気藹々とした合奏、とても楽しかったです。
発表会の日が近づいて曲が完成してきた頃の緊張感のある練習も好きですが、みんなまだ十分に練習をしていなかったり初見だったりの段階でとりあえず通してみる、という気楽な合奏も大好きです。

眠れない - 2016.03.18 Fri

最近寝つきが悪くて困っています。
夜中にカーッと暑くなって目覚めることは何年か前からあったのですが、特に翌日大きな行事があるわけでもないのに寝付けなくなったのは、ここ何週間かのことです。眠くて布団に入るのになかなか寝付けず、特に翌日仕事のある時などは焦りも出て余計眠れません。ふぅ~やれやれ、と横になって気持ちが良いはずなのに、脈がとても速いんです。

一昨日は海に行って十分リラックスしたはずなのに、やっぱりよく眠れず、翌日(つまり昨日)は、ずっと眠くてぼんやりしていました。
同じことを繰り返すわけにはいかないので、昨晩は8時50分にはPCを切り(夜の部を開始してから1時間と経っていなかった)、その一時間後には布団に入りました。まだ10時前のことです。

もうしばらく起きているつもりだった夫は、部屋の出入りで私を起こさないようにと別室で寝ることにしてくれたので、耳元で小さな音でヒーリングミュージックをかけて寝てみました。
これが思った以上に気持ち良く、40分くらい経ったところで電源切って、間もなく眠れました。
その後夫が隣の部屋に出入りする音や、相変わらず暑くなって覚醒することは何度かありましたが、それでも前日に比べればとても良い眠りで、今日は元気に仕事ができました。

これからもしばらく、たいして記録すべきことも無い日は、なるべくPCの電源を入れないか、すぐにやめて早く床に就こうと思います。(と言っても、来週後半は楽しいイベントが目白押し、毎日記録つけたくなるとは思いますが)

散歩 - 2016.03.16 Wed

今日は珍しく雨の降っていないオフ日だったので、散歩に行ってきました。
パペットスネイプ先生も一緒です♪

いつもならまっすぐ海に行くのですが、そろそろ水仙が咲いているのではないかと思い、公園も歩いてみました。思った通り、種類によっては結構見頃でした。
IMG_6673a.jpg
エクセプションという品種
exception(例外)でしょうか?時期が早いから?

IMG_6674a.jpg
一緒に頭を垂れるパペットスネイプ先生

IMG_6676a.jpg
フォーチュンと
この時背後に小学生の団体が通ったので、パペットを手にして写真撮ってる姿を見せまいとこそこそしていたからか、フォーチュン(運、幸運)にそっぽ向かれる形になってしましました。(でも、遠くで見つめてくれているフォーチュンもありますよね)

IMG_6677a.jpg
プロフェッサーアインシュタインと
どこか威厳を感じるプロフェッサー

池にカエルの卵でもないか覗き込んだら、水面に太陽の暈が写っていることに気付きました。
IMG_6681a.jpg
太陽を石で隠して撮影
よく見えないですね…

IMG_6684a.jpg
太陽を街灯で隠して直接撮影
これ、太陽自体は隠れているのですが、その周りが明るいので隠していないみたいに見えますね。

海に行くと、ほとんど人がいなくて、プライベートビーチのようでした。
IMG_6688a.jpg
人けのない海
静かな波音にとてもリラックスします。

水仙の時とは違い、人目を憚ることなくパペットスネイプ先生の撮影ができました♪
IMG_6697a.jpg
横顔が美しい一枚

DSC02032a.jpg
海に寄り添うような一枚

IMG_6702a.jpg
海を見つめる一枚
多分、遠い目をしています(笑)

IMG_6694a.jpg
太陽をパペットスネイプ先生で隠して撮影

小さな貝殻を選んで拾いました。
IMG_6706a.jpg
色々な貝殻🐚

気付くと家を出てから2時間も経っていました。
とても贅沢な時間を過ごしました。

山菜の思い出 - 2016.03.15 Tue

患者さん宅に、食べるにしては育ちすぎたフキノトウが、小さな花瓶に挿してありました。
フキノトウの話題から、話しは山菜採りの話に移っていき、話しているうちに自分でも忘れていたような思い出が蘇りました。

物心ついた頃には毎年のように、4月の終わり~5月の初め頃、親戚に山菜採りに連れて行ってもらっていました。
主にワラビを採るのが目的でしたが、山ウドや、タラの芽なんかも採っていました。
私は、食べられる物を自分で採るのが嬉しくて、夢中で採りました。

小学校の高学年になる頃にはもう親戚宅にもあまり足が向かなくなりましたが、山菜の類に興味がなくなったわけではなく、生えていそうな場所に行くと血が騒ぎました。なにしろ普段は海に近い無機質な団地住まいでしたから、野草は採集できても山菜はなく、憧れでした。今でも、食べ頃のワラビを電車や車の中から偶然目にするとわくわくします(笑)

私が高校生の頃、市内のもう少し山側に引っ越しました。今の実家です。
そこは山を切り崩して作った街だったので、引っ越した当初はワラビなども結構空地に生えていました。
私が気になったのは、自宅のあるマンションに一番近い交差点の歩道部分。
そこに背の低いツツジか何かが植えられていたのですが、ツツジとは違う一見雑草に見えるものが生えていて、それがどうもウドの葉に見えたので、葉をちぎって匂いを嗅いだら、紛れもなくウドの香りがしました。

多分山を造成した時、根が生き残っていたのでしょう。
でも、ご近所の人は気付いていないようでした。
当時でさえ、私達の住む街では山ウドなど目にしたことがない人が多かったようだし、ウドを知っている人だってまさか街路樹に紛れてウドが生えているなんて気が付かなかったのでしょう、どんどん大きくなっていきました。
私は朝夕の通学時に眺めて、その成長を楽しく見守っていました。

ところがある日、そのウドは根こそぎ掘られてしまっていました。
やっぱり私以外にもウドの成長を見守っていた人がいたんだな、残念だなあ、こんなことなら私が先に採ってしまえば良かった、などと思いながら帰宅しました。
そして、そのウドを掘った人が、私の父だと知ったのです!!!
父もウドの成長を密かに見守っていたのでした。
持ち帰ったウドは一部食べたのかどうか記憶が定かではありませんが、少なくとも大部分は庭に植えられ、その後毎年庭から出てくるようになったのでした。(多分、今はもうないと思うけど)

ホワイトデー - 2016.03.14 Mon

先週の金曜日、OTの男子たちから個々にホワイトイデーのプレゼントをいただきました。当日である今日、私を含め出勤ではない人がいるからだと思います。
今年のバレンタインは彼らには唇型のチョコレートを贈りました。と言っても私が選んだわけではありませんが。
唇型チョコ、美味しかったらしいです(笑)

私達はドラジェをいただきました。
IMG_6666a.jpg
ピンクで可愛い♪
日持ちするので、まだ食べていません。

夫には、生焼けを焼き直したクラシックショコラをバレンタインに贈りました。
今日は、プリンを買ってきてくれました\(^o^)/
IMG_6660a.jpg
マロンプリン ホワイトデー仕様

マロンが大好きだし、お茶も淹れてくれて嬉しい~
とっても美味しかったす(´▽`*)

才能ある魔法使い - 2016.03.13 Sun

もう一つのブログに神秘部のベールのことを書いたら、「蘇りの石がそれに近いのでは?」というコメントをいただきました。
確かに、死を研究し、不完全ながらも向こうの世界に行った魂を呼び戻すような「蘇りの石」は、ベールを研究している神秘部の職員に、何か大きなヒントを与えそうです。

ここで思ったのですが、墓石の文字が判読しにくいほど昔に死んだ三男イグノタス・ペベレル。兄たちも同じ時代に死んだと思われますが、ダンブルドアの言うように「才能のある危険な魔法使い」だったとして、三人寄れば文殊の知恵ではないけれど、とてつもなく強力な魔法のアイテムを三つも作ったのだとしたら、その後何百年も経って、同じレベルの魔法のアイテムが作られないことの方がおかしいように思いました。
ダンブルドアとグリンデルバルドとが、二人で死の秘宝に取りつかれて探したわけですが、この二人はむしろ自分たちで作る方に発想が向いていたら、もしかしたら同レベルの杖や死者を蘇らせる何かを作ることはできたのではないか、という気がします。

同様に、神秘部でもいずれ誰かがあのアーチとベールの謎を解明する日が来そうです。
そして、ハリーは最強の杖を持ち主が敗れないまま死を迎えようとしましたが、いつか同じ力を持つ杖を、誰かが作ってしまわないか、とも思ってしまいました💦

幸せな日常 - 2016.03.11 Fri

今日は長男の誕生日のお祝いをしました。
本当の誕生日は、三日前ですが、仕事が早く終えられる今日、ささやかにお祝いすることに決めていました。

我が家では家族の誕生日はお寿司の出前とケーキでお祝いするのが慣例です。
一人暮らしをしている次男はお寿司が好物だし、今は大学も春休みなので、昨日LINEで「明日兄ちゃんの誕生日のお祝いするけど来ない?」みたいなメッセージを送ったら、「もともと行くつもりだったから帰ります」という返信があって、夫婦で唖然としました。そういうことは早く伝えてくれないとお寿司の出前だって数が足りなくなります。

三人の子ども達が、家庭を持ったり社会人になったりちょっと遠い大学行ったりで家を出ていって、普段は夫婦二人での食事ですが、今日は、娘を除く家族4人で揃って乾杯して談笑しながらの賑やかな食事となりました。
前述の「下手をすると次男の分のお寿司がなかった」という話題になった時、私が「もちろん分けてあげるけどね」と付け加えたら、長男が「弁当忘れた子みたいだな」と言ったのが妙にツボにはまって可笑しかったり。
就活中の次男が長男に助言を求めたり、子ども達が小さかった頃、二日酔いの夫が布団から出られないのを「風邪だと思ってた」と長男が言ったり、あらゆる話題で盛り上がりました。
実に楽しい時間でした。

こんな普通で何気ない日常の幸せが、ある日突然奪われてしまった人がたくさんいたことを、談笑中にも時々思い出して、声を出して泣きたい気分に襲われていました。
震災から5年。今の自分がどれほど幸せであるのか自覚し感謝しつつ、震災を境に大きく人生が変わってしまった人達が、少しでも心の平安を取り戻せるよう、祈らずにはいられません。

ランチ会 - 2016.03.09 Wed

今日は英会話のメンバーたちとの食事会に参加してきました。
同じ旅行英会話を習っている曜日の違う生徒たちが一堂に会するのは2014年の6月以来です。今日は先生もレッスンがお休みとのことで参加され、全部で9人集いました。

教室が移転する前から同じ先生に習っているのは、私と、去年一緒に英検を受けたHさんだけになっていました。知らないうちに最も古参の生徒になっていたのです。

レッスンは、都合が悪くていつもの曜日に参加できない時は振り替えもできるので、曜日が違う日に習っていても何度かお会いしたことある方が多いのですが、お二人知らない方がいらっしゃいました。
そこで、自己紹介することになったのですが、企画してくださったMさんが、「いつも先生に質問されて私達はドキドキしながら答えている、今日は先生にもドキドキして欲しい」と、生徒たちのことをどれくらい覚えているか確認する意味で、先生から紹介していただくことになりました。名前と曜日と住んでいる所だけは各自自己紹介してから、いよいよ先生からそれぞれの趣味を紹介してもらったのですが、まあ私の場合は全然難しくなさそうでした。それに、初対面だったお二人を除き、全ての人に知られていましたし。
お菓子教室の先生をしていたり(私も習ってます)、フラワーアレンジメントをやっていたり、結構皆さん幅広いご趣味をお持ちで驚かされました。

9人もいれば、なかなか同じ話題では盛り上がれず、二つに分かれた形で話していましたが、今回取りまとめてくれたMさんが、みんなが話せるよう気を遣ってくださって、最後は全体でお話しできました。
4年ほど前からレッスンに通うようになったというMさんは、私と初めてレッスンが一緒だった日のことを話して下さって、私はすっかり忘れていたのですが、「全巻読んだ」とおっしゃったMさんに教室出てから「誰が好きですか」と私が食いついてきて答えに困った、と明かしてくれました。
あら、あら💦そんなご迷惑を?
皆さんの前では言いそびれましたが、私も習い始めて2回目のレッスンの時、「趣味は何ですか?」と質問されてすかさず「ハリー・ポッター以外で」と先生に釘をさされて困ったことを思い出していました。
ハリー・ポッターに夢中にならなければ皆さんとの出会いもなかったのだろうな、と思うと同時に、当時の「ハリー・ポッターのために英語を学びたい」という熱い気持ちも蘇って、なんだかほんわかした温かい気持になって帰りました。

新規 - 2016.03.08 Tue

今日は新規の訪問に行ってきました。
先日書いた、右折しにくい交差点を使うかどうか、という場所です。
早めに行って余裕をもって病院を出発すれば遠回りもできるだろうと、15分早く家を出て準備していたのですが、ミーティングが長引き、余裕のない出発となってしまいました。
仕方なく、右折する道を選びました。

初めて行く場所は、地図で散々確認していますが、やはりカーナビも使いたいところ。
住所を入力してルートを決め(選択肢に右折する道以外はでてきませんでした)、走り出して間もなくナビが何も言ってくれないことに気付きました。現在地が変な場所を示していて、道ではない所を走っているように見えるのです。以前からナビの調子が悪くて、先週管理課の人に見てもらったのに、全然直っていませんでした。
結局、記憶だけを頼りに行くことにし、なんとか右折もできて、最後の直進で通り過ぎてしまわないよう慎重に走って、看板が見えた時はホッとしました。今日の訪問先は、施設だったのです。

新規の利用者さん(患者さん)にお会いする時はいつだって緊張しますが、今日は施設のスタッフの方々、ケアマネさん、福祉用具の会社の方など複数の方が私のやることを見守っているので、普段の何十倍も緊張しました(笑)
その後普通にいつものコースを回り、院内の患者さんも手伝ってから記録をつけたら、昼休みも半分終わっていました。
たった半日の業務ですが、いつもよりずっと疲れました。

余談ですが、精神的な疲れを発散させようと帰りはジムで筋トレとウォーキングをいつもよりきつめにやって肉体まで疲れて帰宅したら、風呂掃除がしてあって感激しました。
朝、私が「今日は新規があってドキドキする」と言ったから、私が出勤した後、風呂掃除をしてから仕事に行ったらしいです。とても有難かったです。

地味だけど - 2016.03.07 Mon

二三日前から、スネイプ先生の地味だけど可笑しいセリフとか、可愛いセリフを本の中から探すことを楽しんでいます。
ツイッターではタグを作って載せたので、こちらにも。

#地味に可愛い本のスネイプ先生のセリフ
★「やあ、こんにちは」1巻
英語では'Good afternoon,'で別に可愛くもないのですが、日本語「やあ」が意外すぎて今となっては「誰?」と思うくらいj可愛いです。

★'We'll have another little chat soon, 1巻
クィレル先生に対して、「それでは、近々、またお話をすることになりますな」と日本語では言っていますが、英語だとより気軽な「chat」が使われているのが可愛いです。

★「薬を浴びた者は『ぺしゃんこ薬』をやるからここへ来い」2巻
英語ではDeflating Draftですが、日本語の『ぺしゃんこ』の語感が可愛すぎる。もう何度も言ってます。

★「これこれ、マルフォイ」2巻
'Now, now, Malfoy'(p.288)
「これこれ」も'Now, now'も発音としては可愛いです~


★'- your little bit of hocus pocus. I'm waiting.'1巻
「……あなたの怪しげなまやかしについて聞かせていただきましょうか」の部分、ホーカスポーカスという発音が間抜けに感じます。

★「凡庸、父親と同じく傲慢、有名であることを鼻にかけ、目立ちたがり屋で、生意気で」7巻
セリフというより、ダンブルドアの前で往ったり来たりしながらハリーの悪口言っちゃうスネイプ先生が可愛い。目も上げてくれないダンブルドアから「そう思って見るからそう見える」と言われてしまうのがとても哀れです。

#地味に可笑しい本のスネイプ先生のセリフ
★「さてと」3巻
ハリーが透明マント使ってホグズミードに行って戻ってきた所に出くわした時に言った言葉。嬉しさが隠せない感じで私まで嬉しい。

★「ポッター、君の首はホグズミードでいったい何をしていたのだろうねえ?」3巻
★「君の首はホグズミードに行くことを許されてはいない」3巻
主語が「君の首」なのが可笑しくてたまりません。

★「おう、おう、ポッター、今度は何の病気かね?」4巻
★「感動的ではないか」4巻
リータの記事を読み上げるスネイプ先生。「おう、おう」が可笑しいし、最後の感想も気が利いています。

★「泣かせるねえ」5巻
シリウスに言った言葉。すごく余裕を感じて可笑しいです。

こうして拾い上げてみると、相手より優位に立ってる時に出てくる言葉に可笑しいと感じるような気がします。スネイプ先生に余裕があって、気の利いた言葉で相手を痛めつけようとしている感じが、可笑しさを増すし、そういう場面のスネイプ先生を見る私の気持ちも余裕があるんだろうと思います。


差し込み印刷 - 2016.03.06 Sun

部活のOB・OG会の会計の仕事の一環として先日振替用紙に印刷する作業を苦労して行いました。
会報と一緒に送った振替用紙は、無事に現時点で1/10ほど使われ、続々と送金されています。
その記録をつけるという会計の仕事は続いていて、まだ一息つける段階ではないのに、新たな仕事が舞い込んできました。今年は春にも懇親会をやるということで、その通知を出すことになったのですが、その印刷の依頼が来たのです。

うーん。宛先が違う印刷は、振替用紙の苦労を思い出させます。
それでも、ワードとエクセルで印刷できる「差し込み印刷」についてコメントで教えていただいていたので、前回よりは苦労しないかも、と取り組みました。

原稿はワードで、住所録はエクセルで送られてきたので、「よし!」と思ったのも束の間、ワードを開くとレイアウトが崩れていて、結局ほとんど自分で作り直しました。
住所録の方も、色々な情報(いつの懇親会に出席したとか、誰と誰が夫婦だとか、役員だとか、ハガキを送る必要なしとか)が詰め込まれていて、名前と郵便番号と住所だけをコピーして別シートに貼りつけました。色々見た目をきれいにしてくれたつもりなのでしょうが、設定をいじってあって、いちいち変に表示されるのがイライラしました(笑)

慣れた人ならなんでもないことでしょうが、細かい操作が色々わからず、とりあえず往復はがきの宛先に住所が表示されるようになるまで、おそろしく時間がかかってしまいました。
午前、家事が一通り終わった10時半頃から取り組み始めて、なんとかワードで示した往復はがきの宛名部分に、エクセルで作った住所録が反映された宛先が載ったのは、もう17時くらいになっていました。パソコンに向かっているのに、インターネットもやらず(作業が中断するとすぐに手順を忘れるから)、昼食とトイレくらいしか他のことをやらず、まあよく集中力が続いたと我ながら感心します(笑)
最初は恐る恐る一枚ずつ印刷していましたが、チェックを二か所入れて、二枚連続印刷に成功し、それから気を良くして10枚連続印刷して、上手くいって…夕食と大河ドラマで中断し、なんとか無事65枚ほど印刷し終わった時、22時を過ぎていました。(一度中断すると、感覚取り戻すまで時間がかかる…)

普段使わない頭を使って、今夜は眠れないんじゃないかと思います(笑)やれやれ…
でもまだ作業が終わったわけではなく、返信の方の宛名と案内文の面の印刷もしないといけません。これはまあ皆同じだから、大丈夫だとは思いますが、明日、また一から作業する予定です( ;∀;)

タイミング見計らって - 2016.03.04 Fri

免許を取ったのが遅かったせいか適正の問題かはわかりませんが、車庫入れはとても上手になったのに、タイミングを見計らってハンドルを切る『合流』『車線変更』の類が苦手で仕方ありません。
幸い仕事中はあまりそういう道を通りませんが、プライベートで乗る時は近所の道でその必要があり、結果、家ではあまり乗らないという現状に繋がります。

仕事中、車線変更がなくても、タイミングを見てハンドルを切る必要があるのは右折です。
訪問に出て帰ってくる時、アプローチの仕方は何通りかありますが、一番多いのが職場の目の前の交差点を右折するパターン。
近頃では時差式の信号も多いのですが、この信号は時差式ではなく対向車が来ないタイミングを見て右折します。
が、ここは時間が短いためか、なかなか途切れない上に、黄色どころか赤になっても直進してくる車があるので、なかなか右折できずにストレスかかります。
私は時差式では無い信号は黄色で止まって右折車を通したり、パッシングで先に行かせるけれど、世の中割と直進の車が我先にと走り抜けていくことが多い気がします。右折車は1,2台しか進めず、次の信号を待つ羽目になります。

でもまだ信号のある交差点なら、右折するタイミングは必ずやってきます。
難しいのが点滅式の信号か信号のない交差点。
職場近くに点滅信号のあるすごく難易度の高い交差点があって、そこを右折しなければならないお宅を訪問していた時は、毎週その曜日が苦痛でたまりませんでした。T字路のTの縦棒を下から来て右に曲がる形なのですが、Tの横棒の道の往来が全然途切れず、そちらは黄信号の点滅、こちらは赤信号の点滅なので、よほどタイミングが合わないと曲がれず、時にはもう一生曲がれないんじゃないか、と思うことすらありました。
だからそのお宅の訪問が終了した時は、心底ホッとしました。

あれから何年経ったでしょう。
そちら方面の新規の依頼はなくて忘れかけていましたが、ついに再び行く日がやってきました。
来週の火曜日から、毎週その交差点を通らなければなりません。
夫も以前その道を通ったことがあり、難易度が高いことを知っていて、「できればあそこは避けた方が良い」とアドバイスするほどです。
心底避けたいですよ、本当に!でも朝一で行くから、遠回りする時間的な余裕はなさそう。
いえ、一生曲がれないくらいのタイミングの悪さなら、遠回りした方が早いかもしれません。急がば回れ、って言うし……
あー、本当に困る~

年を取ると - 2016.03.02 Wed

昨日の朝、いつものように職場に着くとまずスタッフルームに入りました。
机の上にあったクリーニング済みの白衣の上下を手にしてから、着替えをしている和室(本来は訓練室の一つ)に入り、着替えようとして白衣と一緒に血圧計まで手にしていることに気付きました。
「あれ!?血圧計まで持ってきちゃった!」と叫んだら、私と入れ違いに和室を出たばかりのIさんが「年を取るとおかしな行動しちゃうのよね」とふすまの外で言うのが聞こえ、「うわー!Iさんに言われたー!」と私は嘆きました。一緒に部屋に居たPTのSさんは、「失礼なっ!」と私の代わりにプンプンしてくれました(笑)

Iさんと言えば、先週末ピアスを開けたはず、私は着替え終わってからすぐに見せてもらいました。
寒いところから暖かい部屋に入ったからか、見せたくてうずうずしていたからかわかりませんが、Iさんは頬を上気させ、耳たぶもほんのりピンクに染まって、キラキラ輝く透明な石が真ん中にちょこんと納まって、とても60代とは思えないかわいらしさでした。
これは、うかうかしていると、私の方が先に老けちゃうかも!とちょっと焦りました。
私が、「どうもおしゃれする方向に気持ちが向かない。早く老けそう」と言ったら、Sさんは「二尋さんはそっちの方向に行くことないんですよ。ハリー・ポッターに向ける情熱が二尋さんを若くしています」と力強くフォローしてくれました。

ミーティングの後、掃除が始まって間もなく、そのSさんの大きな笑い声が訓練室いっぱいに響きました。「魔女の宅急便」のおソノさんみたいな豪快な笑い方です。
目が合って、どうしたのか尋ねるより前に理由を教えてくれました。
Iさんが、靴の中にお手玉が入っていることにたった今気付いた、と言うのです。
そう言われてもどういうことだかすぐにはわからず、Iさんに説明を求めました。
Iさんの説明によれば、「さっきから左足の親指が痛かった。前右足で外反母趾やって同じような痛みがあったから、また外反母趾かな、嫌だな~と思っていた。それにしても歩きにくいから靴を脱いだら、奥にお手玉が入っていた」とのことでした。
お手玉の中の小豆が一粒紛れていたのなら、しばらく気付かなくてもわかりますが、お手玉が一個まるまるつま先にあったら、まずかなり窮屈に感じると思うんですが。
足先の感覚異常があるのではないか、と皆に言われ、Sさんにも「年を取るとおかしな行動しちゃう、って自分のことじゃん」と笑われていました。
「患者さんが訓練中に投げたお手玉が入ったのかしら~」とのんきに呟くIさんを見ていると、年を取るのも悪くないな、と思いました(笑)

横浜贅沢旅行(2)  - 2016.03.01 Tue

ランドマークタワーの展望台に上りました。
足元のランドマークプラザには行ったことはあっても、高い所まで行くのは初めてです。料金は大人1000円ですが、JAFの会員証を見せたら700円になりました♪
展望台は69階にあり、エレベーターでたった40秒で到着してしまいました。
壁面がガラス窓になっていて、四方八方を見渡せます。
最初に見えた景色がこれでした。
DSC04366a.jpg
眼下に見えるインターコンチネンタルホテル(帆船の帆型の建物)や観覧車

DSC04371a.jpg
別な窓から
遠くにさっき見た氷川丸や山下公園、横浜球場などあるのがわかるでしょうか。歩けない距離ではないけれど、やはりちょっと遠いですね。

レストランの予約時間が迫っていたので、あまりゆっくりはせず、地上に戻り、今度はランドマークタワー内のホテルのエレベーターで68階まで行きました。
今回はホテル内の中華料理のレストランを予約してあいました。日本一高い所にある中華料理店だそうです(笑)
窓際ではないけれど、その分ちょっとリーズナブルになっているというコースを予約してあったので、席は期待していなかったけれど、窓の無い壁際ではなく、窓と窓の間の柱の横だったので、結構景色も楽しめました。
お料理の数々、シャッター音の大きなスマホでは撮影できず、無音のデジカメで夫に素早く撮ってもらいました。
DSC04375a_20160229215829679.jpg
乾杯のスパークリングワインとピーカンナッツの飴炊き
このピーカンナッツが驚くほど美味しかったです。

DSC04376a_20160229215831168.jpg
前菜盛り合わせ
最初二人分一緒に盛られたものを見せてくれて、背後で取り分けてくれました。

DSC04378a.jpg
二杯目は生ビール

DSC04379a.jpg
フォアグラ入り茶碗蒸し 蟹卵あん仕立て

DSC04381a.jpg
北京ダックと魚介のパイ包み揚げ

DSC04384a.jpg
大海老と豆腐の香り焼き
バジルの香りの翡翠ソースがかかっていました。大海老がぷりぷりというかこりこりしていて美味しかったです。

DSC04387a.jpg
牛肉とブラウンマッシュルームの陶板焼き
八角の香りが爽やかで、お肉も柔らかくて美味しかったです。

DSC04389a.jpg
二種帆立のリゾットチャーハン
リゾットチャーハンがどんな作り方をしているのか見当がつきませんが、貝の風味と旨味が効いていました。量もたっぷりあって嬉しい限り。純粋な中華というより中洋折衷という感じですが、どれも美味しかったです。

DSC04393a.jpg
デザート(バックに夜景も入ってます)

私が食べた順にご紹介。
DSC04401a.jpg
ウーロン茶のゼリー
え?と思ったら、中に金木犀の花が入っていて、かすかに金木犀の香りもあって、さわやかなゼリーでした。

DSC04397a.jpg
ハスの実の餡が入った揚げパイだったかな

DSC04395a.jpg
マンゴープリン

どれも美味しかったし、とてもお腹いっぱいになりました。
このコースには、お土産としてピーカンナッツの飴炊きも含まれていて、一人一袋ずついただきました。家で食べても本当に美味しいです。

ホテルに戻って窓から外を見ると、ライトアップした氷川丸が部屋から見えました。
IMG_6613a.jpg
イチョウの木越しに見える夜の氷川丸
山下公園の噴水もこの時間には勢いよく噴き上がっていましたが、12時近くなると水は止まり、氷川丸の明かりも消えていました。その頃には雨も降りだして、しっとり濡れた夜の公園の美しさが印象的でした。

朝食のついているプランで、和食と洋食ビュッフェとルームサービスの選択肢がありました。最初はせっかくの良い部屋だからルームサービスが良いと思っていた私達ですが、アメリカンブレックファーストで品数がとても少ないので、それはやめ、朝の気分で決めることにしていました。
朝になると、食べたいのは洋食だけど、席まで運んで欲しい、立ちたくない、という理由で和食の店に行くことにしました。
が、入口で待っている人が結構いたので、やめてビュッフェにしました。

DSC04405a_201602292200141df.jpg
朝食(夫側から撮影。広い会場の窓から遠い席だったので、夜のような光の当たり方)
意外と選択肢は少なかったものの、お料理は美味しかったです。

従業員が皆ある程度の年齢で、落ち着いたサービスが受けられ、とても気持よく過ごしました。贅沢な一泊二日でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)