topimage

2016-05

スーパーマーズ - 2016.05.31 Tue

今日は火星がここ10年では最も地球に接近する日だとか。
あいにく雲の多く湿度も高い日で、見るのは難しいかな、と思っていたら、21時半過ぎに南東の雲が晴れて、はっきり見ることができました。
空気が湿っているのか、ごく薄い雲がかかっているのか、火星の光がややにじんで見えました。月でよく見ますが、火星でも起こるとは!
撮影を試みましたが、カメラが勝手に補正したり手ぶれしたりでなかなか綺麗に撮れません。
そんな中でまあまあ気に入ったのがこちら。
DSC02282a (2)
一番明るいのが火星
土星やアンタレスや他の星も写りました。
今、これを書き始めた22時頃にはまた薄く曇って、火星しか見えませんでしたが、それだけ明るい、ということなのですね。

紹介文 - 2016.05.30 Mon

今日は雨だったし、外出したのはジムと買い物だけ、それ以外の時間はハリポタの1巻のスネイプ先生の登場場面を拾い読みしていました。
だから特に日記に書くような出来事はないと思って更新しないつもりだったのですが、22時少し前に突然幼馴染みのUから電話があって、状況が一変しました。
Uは、「お願いがある」と言います。私にしてくるお願いといったらハリポタ関係のことくらいしか思いつかなかったのですが、やはりそうでした。

中学教師のUは、教科書にハリポタの文が少し出てくるからと、英語で書かれた人物紹介と各巻のあらすじを訳させたい、と考えどこかに簡単な(中学生が辞書をひけば訳せる程度)英語がないかと聞いてきました。
日本語なら表紙の袖に簡単な人物紹介が出ているのですが、原書にはありません。
すぐには思いつかなかったし、中学の先生がいかに忙しいかわかっていたし、私も興味があったので、「探してみるね」と申し出ました。

探してみたら、ポタモアに見つかりました。
Harry Potter
「Harry Potter is The Boy Who Lived, singled out by Lord Voldemort at birth to be his greatest rival, and our hero」と書かれています。関係代名詞が使われているから中学生には難しいでしょうか。
その辺、先生(友人)にアレンジしてもらえば良いかと思うのですが、いかがでしょうか。

各巻の説明の方ですがこれはポタモアはあまり使えなさそう。
Harry Potter and the Philosopher's Stone
「Some of the key people and places from Harry's first adventure」つかみどころのない説明……。

各巻のペーパーバックの裏やハードカバーの袖に書かれているこの文章はどうでしょう?
IMG_7793a.jpg
ネタバレにならない程度の内容
中学生には難しいかな~

とりあえず、私が主要人物だと判断した数名分をポタモアから抜き出して、URLも添えてLINEで送りました。
原書に書かれた各巻の紹介は、画像を送るだけでいいかな(笑)
wikiの英語版がどうなっているか、明日調べてみようと思いますが、他にも何か良い案があったら教えてください。

5/31追記
結局、微妙だと思いながらもポタモアの各巻の紹介文のコピペとURLを送り、原書の画像も全巻分送りました。

当番 - 2016.05.29 Sun

娘のお産が近づいているので、いつでもどちらかが車を出せるよう、十日ほど前から夫婦で『禁酒当番』を設けています(笑)
夫は普段はほぼ毎日晩酌しているので、禁酒日は辛そうです。
私は基本的に仕事の前夜は飲まないので、普段から禁酒日がある上、ノンアルコールビールでも割と美味しく飲めるので、それほど苦にはなりません。
だから、生まれるまでは私がいっそ全部禁酒日にしても良いのですが、夫もそれでは申し訳ないと思うらしく、週に2回~3回は禁酒しています。

ドラクエの脱出ゲーム以降、しばらく予定は入れていなかった私ですが、先日同僚から食事会のお誘いをいただきました。一度は断ったのですが、夫も娘も「行けばいいよ」と背中を押してくれたので、出産当日でなければ、とお返事しました。
結局、兆候もなかったので、行ってきました。昨日のことです。
イタリアンのお店で、イタリアビールを飲みました。
IMG_7769a.jpg
1本(330ml)1080円!

三日連続して禁酒した後だったので、この他にもう1本飲んだだけで結構酔えました。

色々美味しいものを食べましたが、圧巻だったのがこれ。
IMG_7775a.jpg
鹿肉のロースト(敢えてパペットスネイプ先生と撮影)
クセがなくて、ジューシーで柔らかく、とても美味しかったです。正直、ここまで美味しいとは思っていませんでした。脂の少ないローストビーフのようでした。東伊豆の鹿だそうです。

私がパペットスネイプ先生を取り出したら、STのSさんが、自分の鍵を取り出しました。そこには他のキーホルダーと一緒に、何年か前に私がプレゼントしたミニスネイプ先生が!
IMG_7777a.jpg
ミニスネイプ先生と鹿肉

そんなわけで、昨日は当番じゃなかったので、食事もお酒も楽しめました。
そしてもちろん、今日は禁酒当番です。
無事生まれる時まで、頑張って当番続けます。

効果 - 2016.05.28 Sat

一昨日からベンチプレスで20kgの重さを10回を4セットできるようになりました。
今週の月曜日に行った時は、まだ17.5kg、15回×3でした。
木曜日に行った時、一番軽いシャフト(バーベルの棒)がセットされていた台が撤去され、最低でも20kgのシャフトしかなくなってしまっていました。
この日が来ることは二か月ほど前から告知されてわかっていたので、その頃15kgのシャフトを持ち上げていた私は、次の段階として一番小さいプレート1.25㎏を左右につけて、合計17.5kgを軽く持ち上げられるようになるよう、しばらく練習を重ねていました。
おかげで20kgもそんなに辛くはありませんでした。

屈強な男性たちが数十kgを持ち上げる中で、棒だけ持ち上げる姿は滑稽ですが、おばさんだし、ちっとも恥ずかしくはなく、代償動作(目的の筋肉以外を使って動作をしようとすること)が出ないことだけに気を使って、黙々と筋トレをしているうちに、効果は少しずつ出てきて、だいぶ胸板が厚くなりました。
ぱっと見わからないのですが、服の胸のボタンがきつくなり、引っ張られて横ジワが出るようになったんです。
仕事で着る白衣も、以前は太るとウエストの上のたるみ(これを浮き輪と呼んでいる)が気になったのですが、そこではなく胸が明らかにきつくなり、ふんっと力を入れたら、ボタンが弾け飛んでしまいそう(^^;;ちょっと負荷をかけ過ぎてしまったみたいです(笑)

最近、夫からよく「ぱつんぱつんの人」と呼ばれます。服の胸部分がぱつんぱつんだからだそうで、「あ、ぱつんぱつんの人が来た」というような使われ方をします。
自分で思っている以上に効果が出てしまったのでしょうか。
今ある服、特に白衣が着られなくなるのは困りますが、筋トレの効果が目に見えるはやはり嬉しいです。

メール - 2016.05.26 Thu

今日、ホームステイのエージェントから、18通目になるメールを受け取りました。(実際には昨晩届いていた)
先日ホームステイ料金を海外送金し、その後領収書が届き、今回はホストファミリーの住所や電話番号、メールアドレス、部屋の情報、タオルドライヤーは完備、シャンプーはご持参ください、などの案内でした。

行くのは秋ですが、いよいよ現実味をもってきて、とても興奮しています。
私のアドレスもホストファミリーには伝わっているそうで、「自己紹介も兼ねて、コミュニケーションをスタートして頂ければ~」と書かれていました。
元よりそのつもりでしたが、いざ書くとなったら、何から書き始めて良いのか、迷うところです。自己紹介するなら、やっぱり少しはハリポタの話をしておきたいし(なにしろ原動力はハリポタだから)、できればハリポタ絡みの情報も欲しいし、ハリポタばかりもどうかと思うし、その辺の加減が難しいです。
いや、それ以前に英語力の乏しさ、という大きな壁が!
いや、それを習いに行くんだったっけ……。

しばらく頭を悩ませそうです。

再開 - 2016.05.25 Wed

実写版の『鋼の錬金術師』のキャストが昨日だったか発表されました。
実写化される、という話が3月に出た時、我が家で話題になって、その時私が最後まで読んでいないこともチクチク突かれました。
その時、自分が一体何巻まで読んだのか、全く思い出せず、次男や夫に誰が死んだか聞かれても、登場人物の名前がまるで出てこなかったので、「読んでいないも同然」と判断されてしまいました。
次男が「読んで」としつこく、探したら簡単に全巻(全27巻だっけ?)見つかったので、最初から読み返すことにし、二、三日前から読み始めました。

オフ日だった今日、7~11巻まで読み、ようやく以前読んだのは8巻の最後か途中までだったことが判明しました。
8巻なんて、まだまだ序盤でした。
ふと、思うことがあって出版日を調べたら、2004年の8月になっていました。
じゃあ、9巻は?と調べたら、同じ年の12月で、納得しました。
私、2004年の9月の終わりか10月の初め頃に「不死鳥の騎士団」の37章を読んで、スネイプ先生に夢中になって、その頃読みかけだった漫画の続きに全然興味がなくなってしまったんです。
2005年9月に、「半年以上漫画を読んでいない」と書いています。「マンガ」多分当時も半年どころか一年近く漫画を読んでいなかった、ということだと思います。
まさか11年以上のブランクを経て、再び読む日は来るとは、正直思っていなかったです。

写真撮影 - 2016.05.24 Tue

職場で使っている名札の写真を、今日、撮り直しました。
入職から時間が経って、写真と実物が違うという理由で。

経時変化で写真と実物が違って見える人の他、名札に役職名が新しく入るか前と違う役職になった人、結婚等によって姓が変わった人、など合計7人がリハ科の中では名札を作り直しました。

今日は、私と助手のIさんと上司のKさんの三人で、業務時間中に事務所に行き、撮影してもらいました。
Kさんはてっきり私達の引率だと思っていたのですが、Kさん自身も撮影することになっていました。
よく見ると、一体いつ撮影したかわからないほど、若い写真で、少なくとも私が入植した14年前には既にこの名札を使っていたので、もっと古い時代に撮影したものと思われます。彼は私と同い年の男性です。

撮影は、背景が無地だからと事務所の外の廊下の踊り場で行われました。
最初にKさんが撮ってもらうことになり、その間私とIさんはエレベーターのガラスに映った自分たちの姿を見ながら、髪型などを少しでも整えようと努力しました。
大して効果も見られないので、すぐに撮影現場を見学しましたが、Kさん、一枚目の写真を「どうですか?」と見せてもらったら、顔のテカリが気になったらしく、ごしごし擦って、撮り直してもらっていました(笑)
私もそれを見てハンカチを取り出し、額や鼻の頭などを押さえました。

次は私の番で、撮影してくれる事務の若い女性に「歯は見せない方が良いですか?」と尋ねたら、「歯でもなんでも見せて、思いっきり微笑んでください」と言うので、歯を見せてにっこり微笑んでみたところ、見学しているKさんとIさんから驚きとも感嘆ともつかぬ声があがったので、「そこまで笑う?」だったのか、「素敵な微笑み!」だったのか、どういうつもりで声を出したのか、とても気になっています(確認するの忘れた)

ところが、私が渾身の笑みを見せたというのに、カメラが電池切れで撮影できません。
「カメラはもう一つあるんですが、これの方がきれいに写るので」と事務の女性が言い(確かにちょっと高そうなカメラ)、電池を取り出してこすってみたりと色々努力してくれましたが、結局写らず、普通のデジカメを持ってきて撮影し直しです。
くそ―!良いカメラはKさんの撮影だけにしか使われなかった!
何度も何度もやり直しての撮影に、私の表情筋もだいぶくたびれ、本番では引き攣ってしまい、どんな顔で写ったかわかりません。
彼女が見せてくれた写真は、なぜか全身がきっちり写っていて、顔はよくわかりませんでした。この写真をトリミングして顔だけ使うんだろうな、元から顔だけならもっとクリアだったのでは?いや、クリアでない方が良いな、と色々なことを短時間に考えました(笑)

どんな写真で出来上がるか楽しみです。
古い名札の方ですが、どうやら新しい名札と交換するわけではなさそうだし、上司(Kさん)も「誰も欲しがらないでしょう?」と言うし、私の30代の頃の写真はそのまま手元に残ることになりそうです。

路線図 - 2016.05.23 Mon

先週の英会話で、東京の地下鉄の路線図を渡されて、それを見ながら道案内する、という練習をしました。東京オリンピックでボランティアができるように、と(笑)そう言えば私、東京オリンピックでボランティアしたいと思っていたのでした(忘れてた)

今、どこにいるか指定されて、相手はどこに行きたいと言っているかも指定されて、「何線でどこまで行って、何線に乗り換え、何駅で降りりてください」という指示をするのです。
言い回しはとりあえず覚えましたが(その場では)、一番難しいのは、都内の地理と、路線との関係がほんとんどわかっていないことでした。
IMG_7756a.jpg
東京の地下鉄路線図
ここまで複雑だったとは!
さらに、ローマ字での表記なので知っている駅もすぐに見つけられず、かなり苦労しました。

ちなみに最初は「新橋駅にて、神楽坂へ行くには?」という課題でした。
新橋駅はよくわかります。しかし、神楽坂がどこにあるのか、この小さな地図から見つけるのは至難の業で、そこは間もなく先生が教えてくれたのですが、もし本当にボランティアするなら、当然自分で見つけないといけません。まあ、今どきはスマホで路線図の検索をして、出てきた結果を英語にすれば良いのでしょうけれど。
この後、「神楽坂からスカイツリーに行くには」「スカイツリーから東京タワーに行くには」と駅名ではなくランドマークの名前になったりして、さらに難易度が上がりました。

最近も日比谷線とか都営浅草線とか、銀座線とか、ここ1か月の間にも東京の地下鉄に乗る機会はありましたが、いつもアクセスはネットで検索して調べているので、こうして位置関係を地図で見るのはとても新鮮でした。都内の東海道を歩いた時も、いくつもの駅を通り過ぎ、この駅とこの駅はこんなに近かったのか!と驚きましたが、東京って私にとってはいくつもの場所を点で知っているけれど、それが線で繋がっていないんです。
そういう意味でこの路線図を眺めるのはとても面白く、英語での行き方説明を復習する宿題がでましたが、なんとなく眺めているうちに時間が過ぎてしまいます。

散歩 - 2016.05.22 Sun

今日の午後、家族4人で海まで散歩に行きました。
夫と娘が散歩に行くと言うので、漫画を読んでいた私は「私も!」と声を上げ、ゲームをしていた昨晩から来ている次男も、「みんなが行くなら」と一緒に行くことになったのです。
長男はいませんでしたが、夫婦と二人の子どもと一緒に散歩なんて久しぶり♪

快晴の日曜の午後、公園はたくさんの家族連れでにぎわっていました。
小さい子ども連れがほとんどでしたが、私達の一行もプレママがいるので、そんなに奇妙には見えなかったかも。
海も人口密度が高く、普段のように独り占めはできません。
それでも、人が入らない状態でなんとか撮影できました。
DSC02238a.jpg
今日の海

暑い日だったので、海風がとても心地良く、しばらく波音を聞きながら風に吹かれていました。
DSC02243a.jpg
砕ける波

潮が少しずつ満ちていて、乾いた砂が濡れていくのが確認できました。
DSC02245a.jpg
新しく波をかぶった場所
撮影時の1時間半後くらいが満潮でした。

次男が石を拾って、波で洗い、なんだかとても嬉しそうな顔をしているので何かと思ったら、「何かに似ている」と見せてくれました。
DSC02247a.jpg
「う○こ」に似ている石(笑)
いつまでも子どもで可笑しいです。

DSC02250a.jpg
影で記念撮影

時間にしたら、1時間強、娘の万歩計によれば6,900歩の短い散歩でしたが、楽しかったです。

障子張り - 2016.05.21 Sat

娘は正産期に入り、お産もいよいよ近づいてきました。
新生児を迎える準備はある程度できていますが、まだ家の本格的な片づけはしていません。
向こうのご両親が見えるかもしれないし、娘の友達は確実に来ることになっているし、なんと娘の中学時代の恩師まで来て下さることになっている、と言うので、そろそろ『いつどなたがいらしても良い』バージョンにしておかなくては!
先週の脱出ゲームを最後に、習い事以外の予定はしばらく入れていないので、今日の休日は、片付けに充てることにしました。

娘が今使っている部屋は、1階の和室ですが、そこにベビーベッドも入ります。
障子が4枚あるのですが、その内2枚が汚くて不衛生なので、障子の張り替えを片付けより優先することにしました。
4枚を同時に張り替えたのは、8年も前のことでした!
伝授」この時、母に教えてもらいながら作業したこと、よく覚えています。
その後、大きい方の2枚は2年前に娘夫婦が泊まりに来るという前日に張り替えたのですが、障子紙が足りなくて小さい窓用の2枚は替えなかったので、8年前のままになっていました。穴は開いていませんでしたが、紙は茶色く変色してしまっています。

午前中、ホームセンターに行き、障子紙を買ってきました。
紙を剥がす前に、「ぷすぷす穴を開けたい」と夫が言うので、娘と夫に好きなだけ穴を開けさせてから、桟を濡らして障子紙を剥がしました。濡らしても剥がすのが結構大変。桟の糊っぽさを拭いて、乾かし、チューブに入った障子用の糊を塗り、夫と二人がかりで慎重に巻紙を開きながら張っていきました。障子の枠より紙が大きいので、糊がすっかり乾いてから、余分なところをカッターで切り落としました。
途中乾かす工程が入ったり、他のことの合間にやったので、なんだか午後一杯かかってしまいましたが、衛生的な障子になり、見栄えもぐっと良くなって、ほんの少しですが「いつどなたがいらしても良い』バージョンに近づいたと思います。

劣等感 - 2016.05.20 Fri

今日は英会話の日でした。
今日の参加者は、金曜日のメンバーとしてお付き合いの長いKさんとHさんと私の三人でした。(Kさんは私より16歳年上、Hさんは22歳年上です)
この三人の時は、座る場所も決まっていて、先生に向かって右が私、真ん中がHさん、左がKさんです。いつの間にかこれで固定してしまいました。
そして、それぞれが近況を話す時、ほぼ必ず私が最初に発表します。だいたい何か新しいニュースがあるため早く話したいからです(今日は先日の脱出ゲームについて話しました)
ロールプレイをする時もだいたい私が先です。これは早く終えてしまいたい、というのもありますが、他の二人の英語能力が優れているので、後でやると見劣りするからです(笑)正直に言えば、私は二人に劣等感を持っているんです。

Hさんは、勤勉で、たぶん若い頃は優秀だったのではないかと私はにらんでいるのですが、英検の時もそれは熱心に勉強したし、面接も私ほど苦労しませんでした。レッスン中、知らない単語が出てきて「?」となっている時、Hさんは大抵その単語を知っています。それをKさんはいつも感心します。

Kさんは英検を受験しなかったので、私達の方が英語ができると思い込んでいるように見えます。
でも、そんなKさんは日本語であれ英語であれ、実に良くしゃべるんです。間違っても臆せずしゃべり、直してもらえばちゃんと覚えているのです。そして次回、次々回すぐ活用します。また、相槌もとても上手です。
私は自分の言いたいことを伝えることはできますが、相手の言葉に相槌を打つのがとても難しく、聴いていることを示すのに、うんうんと頷くのが精一杯、気の利いた言葉の一つも出てきません。習ってはいるんですけど、上手く活用できないし、そもそも覚えていないんです(汗)

さて、今日の帰り際に靴を履きながら日本語で会話をした時のことです。語彙の豊富なHさん、Kさんに「単語をたくさん知っているから、イギリス行ったらたくさんお話できますね」と言われたら、「日本語も英語もしゃべらない私なんてダメ。今までも外国行った時ほとんどしゃべってない」と明かしました。
なるほど、英語の語彙が豊富で文法をわかっていて相手の言葉を理解できても、元々無口な人は、そもそもしゃべらないのですね!確かにHさん、レッスン中も口数は少ないです。
みんな大なり小なり劣等感を持っているのがわかり、ちょっと安心しました。

ケーキ - 2016.05.18 Wed

今日はお菓子教室に行きました。
5人を上限としたグループレッスンで、先生は月に何組か教えているのですが、私達のグループは4人だったのが2人やめ、前回から2人だけのレッスンのレッスンになっています。
デモンストレーション式のレッスンなので、先生が作るのを見て、試食して、おしゃべりして、の大変気軽で楽しいレッスンです。試食と言ってもランチも付くので、ものすごく満腹になります。

IMG_7730a.jpg
今日のデザート
テーブルではなくカウンターの上に並んでいます。このカウンターで先生は実演し、私達も向かい合わせに座って見ているんです。

今日作ったのは、四角く切られたお菓子、生のオレンジが入ったセビランという焼き菓子です。上のアイシングの部分だけちょっと手伝いました(笑)他のケーキは、予め作ってあった物が出てきます。毎回歓声が上がります。

この写真、よく見てください。
切り分けられたケーキの乗るお皿の奥に、ホールケーキが三台見えますよね?
ホールケーキ三台の一部をその場で”試食”し、残りはお土産になるのですが、二人で分けたので、奥のケーキの半分を持ち帰りました!
ランチのデザートにこのお皿のケーキを食べ、夕食後は苺のタルトをこの画像とほぼ同量、キャラメルのババロアのケーキはこの半分くらいを食べた私は、今日は明らかにカロリーオーバーです💦

娘の居る生活 - 2016.05.16 Mon

娘が里帰りして3週間余り経ち、娘の居る生活に慣れてきました。
娘自身、最初はとても暇を持て余していましたが、DVDをレンタルしたり、勉強したり、散歩したりと時間の使い方のバリエーションが増えてきました。
私も、娘と一緒に散歩に行ったり、映画を観たり外食したり、DVDやテレビを観たり、と娘と一緒に過ごす時間が増え、逆にPCに向かう時間が減りました。さらに家事の面では、食事の支度などの手伝いの他、ちょっと天気が怪しい時でも、娘が洗濯物を取り込んでくれると思うと外干しして外出できるようになり、ちょっと助かったリしています。

妊婦は薄味を推奨されるので、我が家の味付けもどんどん薄くなり、味噌汁の色も見た目としてはっきり違いがわかるほど薄くなっても全然気にならなくなりました。ひじきの煮物も色は真っ黒なのに、明らかに味が薄く、それでも美味しく感じるほどにはなりました。
昨日は二人で一緒に映画を観にいって、その後外食したのですが、どの料理も美味しいのにとてもしょっぱく感じ、夫も昨日は自分の友人と外食したのですが、「しょっぱくてしょっぱくて」と言っているのを見ると、やはり相当な薄味に慣れたのだろうと思います。どちらも初めて行く店ではないのに、しょっぱく感じたのは初めてでした。

今日はジムが休みだったので一緒に海辺の散歩に行きました。波が荒かったので波打ち際までは近づきませんでしたが、海辺の植物を堪能しました。
IMG_7712a.jpg
ハマヒルガオ

IMG_7714a.jpg
ハマボウフウ

IMG_7728a.jpg
ハマエンドウ

散歩の後、夕食の食材を一緒に買って帰りました。
考えてみると、家に常に娘が居る、というのは幼稚園に入る前以来ではないかと思います。
幼稚園に始まって義務教育期間はまだ一緒にいる時間は長くありましたが、高校、大学、就職すると同じ家に暮らしていても顔を見る時間はどんどん少なくなり、結婚して家を出てからは、何か月かに1回の頻度で顔を見るようになり、それを考えると今がいかに貴重な時間かと思わされます。
一緒に暮らせるのはあと2か月弱でしょうか。この時間を大事にしようと思います。

竜王迷宮からの脱出 - 2016.05.15 Sun

昨日、リアル脱出ゲームに行ってきました。
ドラクエとコラボした『竜王迷宮からの脱出』というタイトルです。

最初G先輩に声をかけられたのは、1月の末頃の昼休みでした。ドラクエのリアル脱出ゲームがあることを同僚たちに熱く語っていて、同僚たちは「リアル脱出ゲームは好きだけど、ドラクエは知らないから…」とあまり乗り気ではなかったところ、私にも声がかかって「知ってますよ、もうチケットも買いました」と答えた時のG先輩の驚きと言ったら!
Twitterで12月の上旬にこの企画を知り、「行きたい!」と呟いたところ、きじゅさんから反応をいただき、行きましょう!となり、チケットの先行販売を知らせてくれたきじゅさんがそのままチケットも買ってくださったんです。
この脱出ゲームでは4人一組となる必要があり、4人でないグループは当日スタッフの手伝いにより知らない人と組んで4人グループを作ることになっていたので、では人数を調製して一緒に行きましょう、ということになりました。
というわけで、昨日はきじゅさんと現職場の同僚4人と元同僚1人と同僚の息子さん(中1)と私という異色の取り合わせの8人で一緒に行き、4人ずつ二グループになって参加しました。

12時からの回のチケットを買ってあったので、私ときじゅさんは10時前には海浜幕張駅に行き、近くのカフェで早いお昼を食べました。
IMG_7647a.jpg
モーニングセットとパペットスネイプ先生
ゲームが始まってしまったら、きっとスネイプ先生を取り出す暇はないだろうからと、先に出番を持ってきました(笑)

開場は幕張メッセでした。
IMG_7649a.jpg
中央エントランス奥

中央エントランスで集合した時、まだ12時まで1時間以上あったので一度解散、私ときじゅさんは物販の列に並びました。
IMG_7650a.jpg
クリップボードとスライムグミを購入

IMG_7653a.jpg
スライム(グミ)とパペットスネイプ先生

IMG_7655a.jpg
小さなメダル(チョコ)を持ったパペットスネイプ先生

入場前に再集結、それぞれ職業を選びました。
私は魔法使いを希望、きじゅさんは遊び人、G先輩が僧侶、Fッキーが戦士です。
ネタバレは固く禁じられているので、詳しいことは言えませんが、私がつい先日クリアしたドラクエⅠの要素をかなり含んでいて、とても楽しめました。
もちろん、ドラクエを知らない人でも謎は解けるようになっているのですが、やはりドラクエのファンが喜ぶような仕掛けが随所にあり、とても嬉しかったです。
たとえば、町ではドラクエⅠの町の音楽が、フィールドではフィールドの音楽が流れていて、ゲームの中にいるような体験ができました。
終了時間が23時であるということ以外制限時間はなく、1時間ごとに区切ったチケットの販売だったため、時間を追うごとに人が増えていき、かなり渋滞していました。
そういう場所で4人がはぐれないようにするためには横に広がるのではなく、1列になって前の仲間の背中を見失わないようにするのですが、その様子がゲームそのものだったのがとても可笑しかったです。ゲームは現実だったのですね!
地図を渡されてはいましたが、G先輩はすぐに場所の感覚を掴み、だいたいG先輩が先頭を歩き、その後必死に私たちがついて行く、という図が多かったです。

各職業につき冒険の書が渡されていて、一つの課題をクリアすると次の課題がわかる仕組みになっていて、私の職業では、割と最近ファミコンのドラクエで入手するのが困難だったアイテムを入手するイベントがあったりで、とてもワクワクしました。
詳しいことが話せないのが本当に残念です。

努力すれば竜王(ラスボス)のところまで行ける、と作者が語ったとのことですが、確かに時間をかければ謎はそれほど難しくありませんでした。
が、最後のキーワードを見つけるヒントがどうしても理解できません。
その時点で3時間くらい歩き通していたので、一度休憩しようということになり、ルイーダの酒場(フード販売コーナー)に行きました。
色々な店が並ぶフードコートです。そこで私はスライム肉まんとエルフののみぐすりを買いました。
IMG_7682a.jpg
並んだのはルイーダの「酒場」ではなくカフェ

IMG_7686a.jpg
スライム肉まんとエルフののみぐすり(黄色)と世界樹のしずく(赤)
ちなみにエルフののみぐすりは味方一人のMPを全回復させ 、世界樹のしずくは味方全員のHPを最大まで回復させるアイテムです。私は魔法使いなのでこれでMPばっちり回復です(笑)

ここで話し合ってもどうしても解けず、もう一チームは既に謎を解き、いつでも最後の関門に進めるということが判明し、確認したらヒントをくれる人達の助けをもらったことがわかったので、私達もプライドを捨ててヒントをもらいに占いババのところに行きました。

ようやく最後のキーワードがわかった私たちは、もう一組と合流し、最後の課題に取り組みました。これだけは10分という時間制限があり、4人力を合わせ、非常にギリギリのところで最後のキーワードを導きだせました。きじゅさんの力が大きかった、ということだけここではお知らせしておきます。
今まで何度か同僚たちと一緒にリアル脱出ゲームに参加し、一度も脱出できなかったのですが、今回は初めてクリアできました。
最後の動画を見たら、感動で涙が出ました。みんなは気付かなかったかもしれないけれど。
クリアできた喜びと、ドラクエⅠの世界観の中にいるという喜びと、この企画を心から楽しむことができたという喜びと、色々入り混じっていました。
本当に素晴らしい体験ができ、一緒に行ってくれた仲間と、この企画を実現してくれた全ての人に感謝しています。

勇者せぶ - 2016.05.13 Fri

3か月前から始めたファミコン版のドラクエ、少しずつ進めて、経験値もこつこつ稼いできました。
そろそろクリアしたいと思い、昨日同僚に「レベル28なんだけど、勝てるかな?」と言ったら、「余裕ですよ。レベル30が上限なんですから」と言われました。あれれ?レベル上げ過ぎてしまったかも💦

今日の夕方、一人でりゅうおう(ラスボス)の城に行き、りゅうおうの前まで来たところでテレビだけ消し、夕食後、家族の前で続きをプレイしました。
以下、ネタバレです。古いゲームなので隠しませんよ。

IMG_7630a.jpg
「よくきた せぶよ わしが おうのなかのおう りゅうおうだ」
「よく来た セブルス 俺様が 闇の帝王 ヴォルデモートだ」という感じですかね?

IMG_7631a.jpg
有名なセリフ「もし わしの みかたになれば せかいの はんぶんを せぶに やろう」
IMG_7632a.jpg
味方になるかならないか二択を迫る竜王

ここまで来て、味方になるを選びたくないので、「いいえ」を選択、すぐに戦闘開始です。最初は人の姿をしていた竜王、魔法を封じる呪文を使ってきて一瞬ヒヤッとしましたが、効果はなく、結局たった二回攻撃しただけで簡単に倒してしまいました。
「え?もう?」と家族の皆が声を上げたと同時に第二形態の竜の姿になりました。
「だよね~」と皆で納得、攻撃を続けました。
さすがに一回に受けるダメージが大きく、178あったHPが28まで下がり、画面も赤っぽくなりました。
IMG_7633a.jpg
わかりにくいけど、ちょっとピンチ!

落ち着いて回復(べホイミ)し、戦い続けると間もなく竜王を倒してしまいました。
IMG_7635a.jpg
「りゅうおうを たおした!」

初めてプレイしたテレビゲームがドラクエで、暗中模索して進めて、勇者もそれほど育てていなかったため戦闘中何度もピンチに陥って、首の皮一枚で繋がった状態で辛くも勝った記憶があったので、今日はあまりにもあっけなくてびっくりしてしまいました。
やはりレベルを上げ過ぎていたようです。自分では気付かなかったのですが、お金(G)は、既に上限に達していたようです。レベル25の時も同じ数字でした。

さて、りゅうおうを倒し、いくつかの街に寄り道しながら城に向かいました。もうフィールドを歩いてもモンスターは出てきません。
城に入って人々に話しかけても、多くが「さあ はやく おうさまのもとへ!」と言うばかり。
王様も2階の玉座ではなく、1階の広間で迎えてくれました。
王様を無視して2階に行こうとしたのに、話しかけられてしまい、そのまま話は続きました(笑)王様に替わって国を治めてくれるか尋ねられるも、自分が治められる国があるなら自分で探しに行きたいと答えました。
すると…
IMG_7643a.jpg
お姫さまが一緒に行きたいと言っている!

また二択を迫られ、ここは断ってもいいかな、と思い断ると…
IMG_7644a.jpg
「そんな ひどい……」

IMG_7645a.jpg
そしてまた同じことを聞くローラ姫
選択は一つしかないようです(笑)
姫を抱え上げ(姫抱っこ)、ファンファーレが鳴り、「せぶの あらたなたびが はじまる」でスタッフロールが始まりました。
IMG_7646a.jpg
「The End」

あっけなくてちょっと物足りなくもありましたが、久し振りにゲームに一人で取り組んでクリアできたこと、楽しかったです。

Windows10 - 2016.05.12 Thu

今日、帰宅してPCの電源を入れて、お風呂掃除をして戻ってきたら、モニターに「Windows10へのアップグレードまであと4分」みたいな文字が出ていて慌てました。
今までアップグレードを勧める場面では全て「×」で拒否してきたのですが、知らないうちに予約されていたのか、既にアップグレードは目前に迫っていました。
慌てて解除する方法を探ったのですが、調べているうちに勝手に再起動、あれよあれよという間に始まってしまいました。
IMG_7621.jpg
ま、待って!

IMG_7624a.jpg
始まってしまった…

こうなるともうこのパソコンでは調べられず、かと言ってノートパソコンの方も同じことが起こったら困るので、タブレットで調べ始め、どうやらアップグレードの終了間際に「拒否」を選択できることを知り、放っておきました。

ところが夕食時、夫やたまたま来ていた長男に話したら、「10でも良いんじゃない?」と言います。
元々8.1をそれほど気に入ってもいなかったし、そう言われてみるとそうかも…という気がしてきました。

長い団欒が終わって、PCの前に来ると、調べた時に出てきた文章が表示されていました。
IMG_7625a.jpg
「これは法的文書です」
ここで「拒否」にするか、「承諾する」にするかかなり迷って、結局、承諾しました。

IMG_7628a.jpg
ファイルは無事らしい

というわけで、今Windows10となった状態で書いています。
確かにファイルは無事でしたが、色々変わって困惑しています。
写真、今まではペイントで開いて縮小していたのに、ペイントで開くを選ぶのも一苦労。
その上なぜかgooメールが受信してくれません。これは関係ないかもしれないけれど…(gooメールの不具合のようです)
さくさく作業が出来ず、ちょっとストレスかかりますが、しばらく様子を見ようと思います。

庭のヒュウガナツ - 2016.05.11 Wed

庭のヒュウガナツ、そろそろ食べ頃かと思い、収穫しました。
IMG_7619a.jpg
今年のヒュウガナツ

去年、ヒュウガナツが早くにヒヨドリに食べられてしまったな、と思い確認してみたら、なんと3月からヒヨドリに狙われていました。
ヒュウガナツとヒヨドリ
今年はヒヨドリにはまだ一つも食べられていません。
というか、元々今年は4つしか熟しませんでした!
上記の去年の記事を見ると、ヒヨドリに少なくとも20個は食べられ、その後12~3個残ったようですから、30個以上実ったのだと思います。
今年の分は、そもそもほとんど実がつかず、最初一つも無いかと思ったくらい。そのうち、大きくなってようやく目に付きはじめた頃、まだ青い実が一つ落ちてしまいました。
残った実で黄色く熟したのは、たった4つ。そのうち一つを先日収穫し、食べてみると少し酸っぱかったです。やはりヒヨドリが狙わないうちは糖度も低いのですね。
それでも数少ない実を甘くなるまで待っていたらヒヨドリに食べられてしまうだけなので収穫したというわけです。
ただ、一つだけどうしても届かず、貸してあった高枝切り挟みを義母宅から持ってくるまではお預けです。

IMG_7607a.jpg
高い所にある上、葉が茂っていて届かない実(どこにあるかわかりますか?)

上の写真からもわかるかと思いますが、今年、花がすごくたくさん付きました。
IMG_7606a.jpg
花がびっしり
これだけ咲いたら、来年はまたたくさん実がつくでしょうか。

IMG_7597a.jpg
可愛い花

すごく良い香りが窓から入ってきます。
花も実も楽しめる果樹が庭にあるのは嬉しいです。

名札の写真 - 2016.05.10 Tue

今朝のミーティングで、上司から名札の話が出ました。
苗字が変わったり、入職から時間が経って写真と顔が変わったりしていたら、一括して作り直してもらえるので、申し出てください、患者さんからのクレームもありました、と。

苗字は変わっていませんが、写真は14年前のもの、顔は「変わっている」と言えるかもしれません。
去年から担当している患者さんにも「これ、いつの写真よwww」と笑われたことがあるし、今は公開していませんが、8年前のこのブログにナースに「使用前・使用後だ!」と写真と実物の違いを指摘されたこともあるし。8年前に言われたなら、これはもう撮り直してもらった方が良さそうです。

ミーティング後、早速上司の所に行き、名札の作り直しを申し出ると、「顔、変わりましたか?」と聞かれました。
名札を見せたら「変わりましたね」と即言われました。
ああ、14年の月日は顔にしっかり刻み込まれていたようです( ;∀;)
もっとも、入職時はまだスネイプ先生に夢中になってはいなくて、前髪が短かったし、全体も結うほどの長さがなかったので、髪型の違いは大きいかもしれませんが。
いや、事実から目を背けるのはやめ、ちゃんと写真撮り直してもらいます(笑)

勇者ヨシヒコ - 2016.05.09 Mon

暇を持て余している里帰り中の娘が、先日散歩がてらDVDを借りてきました。
「勇者ヨシヒコと魔王の城」というタイトルです。
2011年にTVで放送されたドラマで、当時はドラクエのパロディと低予算ということで注目されたように思います。
もしかしたら私も録画したかもしれないし、二作目の第1話は見た覚えがあるのですが、結局ほとんど見なかったので、今年三作目の放送が決まったと話題になったこともあり、ちゃんと見ようということになったのです。

1枚のDVDに3話分収録され全部で4枚あるのを、2枚ずつ2週に分けて借りてきました。
低予算ということで、出てくるモンスターが張りぼてだったり、小道具がチープな感じだったりしますが、とにかくドラクエファンにはたまらないパロディっぷりで、物の名や魔法の名前、システムなどにいちいちクスリとさせられます。
魔王の城に行くための必需品、魔法のじゅうたんの外見がどう見てもトイレマットで、そこに無理矢理4人立ったところなどは、大笑いしました。今思い出しても笑えます。
気楽に見ていたはずなのに、最終話が近づくにつれてどんどん気分が高揚し、ワクワクしたり、何気ないセリフにホロリとさせられたり、期待した以上に楽しみました。

二作目の「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」も続けて借りてきてもらうはずだったのですが、それぞれDVDとBlu-ray一枚ずつあったのに、全てレンタル中だったとか。
わーん、残念~~
三作目を前に、復習している人は他にもいるようです(笑)

月に一度の - 2016.05.08 Sun

今日は月に一度のOBOG会の合奏日でした。
前回の合奏の後、しばらく熱心に練習したので、それで安心してしまい、さらに最近は昨日のゲーム音楽のコンサートのアンコール曲の練習に力を入れていたため、昨晩おさらいしたら、あまりの不出来に驚きました。夫からは「一夜漬け感ハンパない」とまで言われたし。
それでも合奏はとても楽しみでした。

でも今日は、いつもと一つ違うことがありました。
月に一度のワックスがけもしなければならなかったのです。
連休中は外出してばかり、気付いたらダ○キンさんのモップの回収日が明日に迫り、今日しかワックスがけの日が残っていませんでした。遊び回ったツケが回ってきたのでしょう。
そんなわけで、朝6時過ぎには起床、朝食後直ちに家の片付けをし、ソファーや座卓などの家具を移動、掃除してからワックス掛け、家具の移動をして、予定通り10時には家を出ることができました。

合奏の方は最初はぎこちなく弾いていましたが、次第に調子が上がってきて、やはりとても楽しかったです♪

BRA★BRA FINAL FANTASY - 2016.05.07 Sat

今日はファイナルファンタジーというゲーム音楽の吹奏楽のコンサートに行ってきました。「BRA★BRA FINAL FANTASY」というタイトルです。きじゅさんと一緒に行きました。

2時からの開演だったので、その前にランチに行きました。最近気になっていた英国気分の味わえるティールームです。
カウンターには手作りのイギリス菓子やスコーンが並ぶとても素敵なお店です。スコーンもケーキも食べたいけれど、ランチに来たのでオープンサンドイッチとスープのランチセットにしました。
IMG_7579a.jpg
新玉ねぎとブロッコリーのスープ

IMG_7583a.jpg
紅茶とコロネーションチキン
パンも自家製の酵母パンだそうです。

この後、スコーンも注文しました。
IMG_7584a.jpg
プレーンのスコーンとクロテッドクリームとレモンカード
スコーンは外側がサクサク、中がしっとりしていて、美味しかったです。
とても素敵なお店で、ジンジャービールなどもあったので、また必ず行こうと思います。

ゆっくりおしゃべりしてから、コンサートの会場に向かいました。
行ってみると、入場するのにすごい行列!チケットあるし、開場は開演の45分前だし、のんびり構えていたら、列はどんどん長くなる一方なので、やっぱり並びました(笑)余裕で入場できましたが。

演奏前に作曲者の植松伸夫氏が出てきて、「ブラボー係」なるものを決め、何人かが選ばれました。恒例なのだそうです。
選曲はとても私の好みでした。
ファイナルファンタジーシリーズはⅠ~Ⅹ2までやったのですが、選曲されたのはⅩまでで、それ以降の作品の曲はなかったと思います。どの曲も懐かしく、思い入れのある曲ばかりでした。
個人的には、Ⅰ~Ⅲのフィールドの音楽、Ⅳのメインテーマ、守るべきもの(Ⅸ)、片翼の天使(Ⅶ)が良かったです。

途中でメインテーマをリコーダーで吹こう、というイベントがあったのですが、私は少し練習していたにも拘わらず、リコーダーを忘れてしまいました。残念!
きじゅさんはちゃんとリコーダーを持ってきていたので、私は楽譜を持つ役になりました。奏者は自分の席で吹きます。
私達の列には他にリコーダーを持参した人はいませんでしたが、きじゅさんは立派に吹き通しました。私は息子のリコーダーで練習していたのですが、私が小学生の頃使っていたのとタイプが違ったため、ファの音が指使いも違い、ちゃんと吹けるようになっていなかったので、むしろ忘れて良かったのかもしれません。

アンコールの二曲目(最後の曲)は、聴衆も楽器を持参すれば舞台に上がって演奏することができると予めサイト上で告知されていて、楽譜もダウンロードできるようになっていました。
吹奏楽のコンサートではありましたが、電子楽器以外でサイズ的に持ち込めるものならどんな楽器でも良い、ということだった上、マンドリン用の楽譜もあったので、マンドリンで参加することにしました(このために、軽いマンドリンケースを誕生日のプレゼントに望んだ)
最近は専らこのアンコール曲の練習に力を入れていました。
楽譜が無いと弾けないので、縮小して厚地のA4サイズの紙に裏表に貼り、スマホをテーブルなどに固定する「クリップ式スマートフォンホルダー」という360°回転可能なクリップを買っておき、スマホを挟む部分に楽譜を挟み、クリップ側は楽器のネックに固定して舞台に持ち込みました。
IMG_7588a.jpg
手製の携帯譜面台(笑)

きじゅさんはおもちゃのマラカスを持参していて、一緒に舞台に上がりました。貴重品だけ身につけて。
なんと、マンドリンを持参した方は他にもいらして、きじゅさんの隣に立ったので、声をかけました。私の左斜め後ろの方はギターで、管楽器の中に弦楽器を見つけると、同志のように感じて嬉しかったです。

立って演奏することなどないし、、チューニングは狂っていたけれど、プロの人とたくさんのファンの人と、その場で共演するのはとてもとてもt楽しかったです。すぐ左のホルンの音で自分の音などほとんど聞こえませんでしたが、指はずっと動いていたし、楽譜がちゃんと見えたことも満足でした。
帰宅後、公式のツイートの画像に、しっかり私が写っていると教えてもらいました。

小さいけれど、自分であることが認識できた写真

今も、興奮が冷めません。本当に楽しかったです。

東海道歩き(品川~川崎)(2) - 2016.05.06 Fri

浜川橋を渡ってしばらく行くと、刑場跡がありました。
IMG_7515a.jpg
鈴ヶ森刑場遺跡

よく晴れた昼間だったので明るく写っていますが、ここで行われた処刑方法を見ると、穏やかな気持ちではいられなくなります。
IMG_7511a.jpg
火炙台の説明

IMG_7513a.jpg
火炙台

隣にも同様の台の上があり、別な説明文がありました。
IMG_7512a.jpg
磔台の説明

ここを通り過ぎると、再び国道15号線を歩き、しばらくしてまた国道を離れ、商店街を歩きました。
IMG_7517a.jpg
左が旧東海道、右が国道15号線

大森の辺りのこちらの商店には海苔屋さんが多くあり、閉まったシャッターには浮世絵風の絵が描かれていました。
IMG_7522a.jpg
シャッターに描かれた絵

IMG_7523a.jpg
こちらにも

そして再び15号線を歩き、鎌田や雑色といった京急の駅を通り過ぎ、ついに多摩川までやってきました。橋は、車道と歩道が完全に分離していて、橋の手前で歩行者は15号線から一旦離れる形になりました。
IMG_7536a.jpg
多摩川を渡る直前

橋の上で15号線を挟む形で広い歩道が両脇にありました。
IMG_7538a.jpg
橋の上から下流を見たところ
広い河川敷が見えるばかり。

IMG_7540a.jpg
さらに歩を進めて見たところ
ようやく川の流れが見えてきました。

IMG_7546a.jpg
神奈川県に入る!
橋を渡ってから、ちょっとわかりにくいと思ったら…
IMG_7548a.jpg
ちゃんと矢印で案内が!
15号線を横切る形で、向こう側に行きます。

IMG_7549a.jpg
川崎宿の案内板

通らなかった方の歩道には、渡し船のモニュメントがありました。
IMG_7553a.jpg
渡し船のモニュメント

IMG_7560a.jpg
川崎宿

川崎宿は、あちこちに案内板や説明文、矢印やそこまでの距離が示されていて、旧東海道の案内に力を入れていると感じました。
川崎駅を過ぎてもまだ川崎宿は続きますが、今回は川崎駅までで終了としました。

IMG_7566.png
約1万6千歩の万歩計の表示
歩き始めて50分くらいしてからスタートしたので、2万歩くらいは歩いたかもしれません。

東海道歩き(品川~川崎)(1) - 2016.05.05 Thu

連休最後の今日は、また東海道歩きをしてきました。
前回夫は北品川駅までしか歩かなかったのと、私が歩いた道の一部が東海道ではなかったことが後で判明したため、今日は品川駅からやり直しました。

東海道品川宿前
赤い線の道が旧東海道、緑の線が私の歩いた道

IMG_7489a.jpg
ここまでは合ってる

IMG_7490a.jpg
前回は向こう側の歩道を通った
道の反対側とは途中から分かれました。

IMG_7494a.jpg
前回通らなかった踏切

この後すぐ前回通った道に繋がりました。
IMG_7495a.jpg
本日撮影

前回歩いた時、江戸時代に創業したお蕎麦屋さんがあることを知り、今日はそこでお昼にしました。満席でしたが、5分ほど待っただけですぐに案内されました。
IMG_7500a.jpg
桜エビのかき揚げそば
100%そば粉の手打ちそばは香りも良く、かき揚げもさくさくとしてとても美味しかったです。
お店はかなり繁盛していて、私たちがお店を出た時は、外にたくさんの人が待っていて驚きました。

お店を出て間もなく、前回の終点の地、立会川を渡りました。
IMG_7502a.jpg
前回の終点の浜川橋
ここからが未知の道です。

恒例の - 2016.05.04 Wed

今日は恩師宅の片付けに行ってきました。
2014年から5月に3年連続行っていて、もはや恒例行事となりつつあります。
OTの学生時代の恩師で、教え子はかつて同じ職場に同時に6人いたこともあったのですが、今は3人で、そのうち一人が来られないということで、私とA君、あとA君の呼びかけで彼の同期の男性が一人参加、3人で行ってきました。エプロンと軍手を持参して。

元々学生時代からおっかない先生で頭が上がらなかったのですが、今の職場にも何年かの間指導に来ていただいていたので、ずっと頭が上がりません。その先生が難病を患い、片付けなど大きな動作を継続的にすることが難しくなったので、ヘルパーさんに頼めないような大掃除的なことをやっています。
2014年
2015年

今年お宅に入ってまず感じたのは「綺麗になってる」でした。
去年大がかりな片付けをした小さい寝室は、まだ辛うじて状態を保っていましたし、他にもこれまで私たちが片付けてきたところは、それなりに片付いています。
今回私に与えられた仕事は、納戸にしまってあった扇風機を取り出し、替わりに加湿器二台を拭いてビニールをかけてしまうことと、別な収納場所(押入れ半間分くらい)の中に入っている寝具や紙袋のストックなどを一旦全部出し、要らない物を棄て、取り出しやすいように整理して入れ直す作業でした。
要らない物の判断は先生にしかできないので、そこが面倒ではありましたが、去年や一昨年に比べればはるかに楽な仕事でした。男性陣は、ベランダにあった棚を分解してゴミとしてまとめることが与えられていましたが、それも去年ほど時間はかかりませんでした。

お昼前には片付いて、ランチに連れていってもらいました。
先生が予定していたお店は今日は休みだったので、去年と同じカレー屋さんに行きました。
カレーはみんなで違う種類を選んでシェアして食べました。とても美味しかったです。

食事中も食事の後も、先生のおしゃべりは休みなく続きました。
いい加減に聞いていて、変な受け答えをしたら、お店の中であろうときついお叱りを受けそうなので、ずっと集中して聴いていました。突然「○○知ってる?」と何学年か上の先輩の名が出てきたリ、大先生の名が出てきたリ、とにかく気を抜けないんです(笑)
それはA君も同じだったと思います。先生と別れた後言っていたし、電車の中ではあくびが止まらない様子でしたから。
とにかくリスニング能力が問われます(笑)脳をすごく使います。
私もA君と別れて乗り換えた後、たまたま座れたら、自宅最寄り駅までガックンガックン船漕いで寝てました。
上でリンクを示した2014年の記事にも、先生のお話の途中、一瞬気が遠くなった、と書いてあったことにさっき気付きました。
行く前は大掃除が大変だと思ったけれど、本当に大変なのはお話を聞くことでした(笑)
でも、来年も行くつもりです!

 - 2016.05.03 Tue

端午の節句が近づいてきました。
毎年そうなのですが、我が家ではお雛様も兜も、飾り始めるのが遅いです。
仕事で訪問したお宅で、1か月以上も前から飾り始めるのを目にして、「そろそろうちも…」と思いつつ、帰宅する頃にはすっかり忘れてしまっているのです。
そんなわけで、今年我が家で兜を飾ったのは5月1日でした……。

今日は、その兜のデザインが話題になりました。
先日ベビー用品を買いに行ったお店に兜も陳列されていたのですが、そこにあった兜はほとんどがオリジナルデザインで、鍬形がちょっと立体的で先端がとても鋭利でした。私たちが今まで見たことも無いような、ちょっと戦隊もののヒーローの武器か何かみたいなデザインなのが驚きでした。

うちの長男が初節句を迎えた時代は、オリジナルデザインより有名な武将の兜を模したデザインが圧倒的多数でした。
両家からのお祝いのお金で、私たち夫婦が好きなデザインを決める、というやり方だったため、老舗の人形店で夫婦でじっくり検討しました。(でも双方の両親は同行した)
私達夫婦は特に好きな武将、あやかりたい武将などいなかったので、単純に均整がとれていると感じたデザインで選びました。それは楠木正成の兜でした。
楠木正成がいつの時代に何をした武将なのか、全然わかっていなかったんですけどね(笑)
かぶとa
楠木正成の兜

何はともあれ、今年も飾れて良かったです。
お雛様じゃないから、しばらく飾ってても良いですよね☆(←片付けるの面倒)

記念の日に - 2016.05.02 Mon

今日、5/2はホグワーツの決戦で、スネイプ先生を始め、多くの人が命を落とした日です。
5/2は祝日ではありませんが、今年は月曜日でたまたま私は出勤しない日だったので、ハイランド地方の夜明けの3時間ほど前にはTwitterで偲びました。
Twitterと言えば、今日ローリングさんはこんなことを言いました。ざっくりした訳を添えるので間違いがあったら指摘して下さい。


ホグワーツの戦いの記念日に、あらためて一つの死を謝罪します。今年はリーマスルーピンです。



「不死鳥の騎士団」を書くまで、ルーピンを殺すとは決めていなかったことを告白したいです



アーサーは生きたのでルーピンは死ななければなりませんでした。ごめんなさい。私はそれを楽しんではいません。編集者が、私が泣くのを見た唯一の時はテディの運命(悲運?)の上にありました(ここ。よくわかりません💦)

以前にも死ぬはずだった父親が死から免れた、代わりにルーピンを死なせた、という意味の発言を作者はしていましたから、特に目新しいことではありませんでした。
けれど、今回発言したことで、ルーピンファンから数え切れないほどの反応(多くは非難の)がありました。

私はアーサーもルーピンも同じくらい好きなので、「だったらアーサーを殺せばよかったんだ!」という意見には同意はできませんが、気持ちはすごく良くわかります。
スネイプ先生は、死ぬべくして死んだ人だろうと思っているので、今更作者が「本当は別の人が死ぬはずだった」などと言うとも思いませんが、同じこと言われたら、私だって怒り狂います。なぜ!!!と噛みつきたくなります。

作者は、自分の思い通りに書いて、読者が何を言っても堂々と構えていれば良いと思います。
後で謝ったり言い訳したり、説明したりで状況が良くなることってまずないんじゃないかと思うんです。11月にスネイプ先生の内面を語って以降、ちょっと落ち着いていたかな、と思っていただけに、まだまだ油断できないと思いました(笑)

東海道(日本橋~品川)(2) - 2016.05.01 Sun

新橋の辺りから品川くらいまではオフィス街で、ゴールデンウィーク中で休みの企業が多いのでしょう、閑散としていました。無機質な高層ビルの前を淡々と歩くと退屈しそうですが、幸い夫が最近送水口に興味を持ち始めているので、バラエティーに富んだ送水口を見ながら歩くのも面白かったです。
IMG_7427a.jpg
古そうな送水口

広い国道の歩道を歩いていると、反対側に何か史跡が見えても写真だけで済ませてしまうこともありました。
IMG_7428a.jpg
遠目に見た西郷隆盛と勝海舟の会見の地
泉岳寺は街道沿いにはないものの、交差点で横を見れば見え、あー、あれだな~と思っておしまいでした💦

歩道横には起点の日本橋までの距離が示された距離標が1㎞ごとにありました。
IMG_7431a.jpg
7キロポスト
結構歩いたと思ったのに、目的地まではまだ4㎞(ちょうど1里)くらいありました。

IMG_7433a.jpg
品川駅前通過

品川宿は品川駅のさらに先にありました。
品川駅を通り過ぎて間もなく分かれ道があり、そこで国道15号線から離れました。
IMG_7436a.jpg
分かれ道
左に行きます。

IMG_7438a.jpg
電車(山手線?)の上を電車(京急線)が通ってる!

その先の商店街は、今までとは一転して旧東海道であることを前面に打ち出していました。
IMG_7441a.jpg
「品川宿」の幟

ここに来る少し前に夫とは解散しました。
都内で友人との飲み会の約束があった夫の予定に合わせ、その前に歩き終わるよう時間配分したつもりが、色々見ているうちに時間がなくなってしまったのです。夫は北品川駅から電車に乗ってしまい、私はさらに先へ歩を進めました。
と、間もなく品川宿の標識が!
IMG_7449a.jpg
日本橋より二里、川崎宿まで二里半
でも、参考にしていたサイトを見ると、まだ品川宿はかなり先まで続いている様子。

IMG_7443a.jpg
品川宿辺りは江戸時代と同じ道幅との説明が!
ここでようやく旧東海道を歩いている、という実感が出てきました。

道幅が江戸時代と同じなのは嬉しいのですが、大き目の交差点を越して歩くうち、ここが本当に東海道なのか?という疑問も出てきます。でも、電柱には住所の表示とともに「旧東海道」の文字も見え、安心するのでした。
IMG_7458a.jpg
「旧東海道」の文字のある電柱

IMG_7462a.jpg
「旧東海道」の標識も!

IMG_7465a.jpg
品川寺(ほんせんじ)
いかにも古くからありそうなお寺だなと思ったら、806-810年に創立されたそうです(帰宅後調べ)
幕末、パリ万国博に出品されたあと行方不明になり、昭和5年にジュネーブ市から返還されたという鐘があるとのこと。そこまで下調べしていなかったので見なかったのが残念~

商店街は名を変えながら連なっています。その間、姿は見えないものの右方向にある京急の駅をいくつか過ぎていました。北品川、新馬場、青物横丁、鮫洲、そして立会川。
参考にしたサイトでは、立会川を渡った辺りまでを品川宿としていたので、立会川を渡って、引き返して立会川駅で電車に乗りました。

IMG_7467a.jpg
立会川にかかる浜川橋
(もっとちゃんとした橋を撮れば良かった…)

IMG_7468a.jpg
浜川橋は別名涙橋と呼ばれるゆえんが書かれています。この先に刑場があったようです。

IMG_7471a.jpg
立会川駅前の坂本龍馬像
ここで坂本龍馬像に出会えるとは思ってもいませんでした。
でも、考えてみれば龍馬は品川で黒船を見たのですよね。

IMG_7469a.jpg
「龍馬が世界と出会ったまち品川」

IMG_7470a.jpg
平成22年に建てられたのかな

IMG_7472a.jpg
立会川駅

ここで京急に乗り、この日を旅は終了となりました。
足は少し浮腫みましたが、歩くのは楽しかったです。
この調子で宿場町を一つずつ辿って、いつか京都まで行きたいものです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)