topimage

2016-06

イルヴァーモーニー魔法魔術学校 - 2016.06.30 Thu

昨日ローリングさんが発表した北米の魔法魔術学校「イルヴァーモーニー魔法魔術学校」の記事をお読みになったでしょうか。
まだの方は、ぜひこちらをお読みください。
イルヴァーモーニー魔法魔術学校
これだけの物語を無料で読ませてくれるとはありがたいです。

一つの記事として読むと長文ですが、一冊の本にするには短い文章は、実に色々な情報とドラマが詰まった壮大な物語になっています。『ハリー・ポッター』シリーズがが私にとってスネイプ先生の物語となる以前に抱いた気持に似たものを読後に感じました。
以下ネタバレです。

援農 - 2016.06.28 Tue

最近夫は農作業の手伝いに行くようになりました。
先日、夫が中高時代の同級生と二人で飲む機会がありました。
彼はお勤めしながら農業もやっていて、出勤前に農作業をしていること、人手はいつも足りていないこと、などを話し、夫は夫で家庭菜園をやりたいけどノウハウがわかならい、という話をしたら、「援農」なるものがあることを教えてくれて、彼の所に手伝いに行くことになったのです。

夫の友人は出勤前の早朝に農作業をするため、夫も4時台に起き、5時過ぎには家を出て、6時頃から作業を手伝い始めます。友人の農地は夫の実家(=現仕事場)に近いので、8時前くらいまで農作業してから、実家に行って自分の仕事をする、というリズムです。夫は朝が早いので夜は10時前には寝てしまい、逆に私は以前より夜更かしし易くなりました(汗)

手伝いに行っているというより、ノウハウを教えてもらっている、という姿勢なので、いただく作物も売り物にならないような物をお願いしているのですが、彼のお母様はそれではだめだと思うらしく、売り物になりそうな物もいただいてきます。
枝豆とナスとキュウリを今までいただきました。

IMG_7879a.jpg
義母宅で茹でてから持ち帰ってきた枝豆
これは売り物バージョンかな。売り物にならない物は一つのさやに豆が一粒だったり、中の豆が育ちきれていなかったりだったから。いずれにしてもすごく美味しいんです!

IMG_7881a.jpg
立派なキュウリ

夫が学んできたことを私にも教えてもらい、いつか我が家でも自分たちで食べるくらいの野菜を育てることができるようになりたいものです。

適性 - 2016.06.26 Sun

陸上の日本選手権の様子を、赤ん坊を抱きながら見ていた娘(中高陸上部所属、教師となってからも陸上部顧問)、スターターピストルの音に素早く反応した我が子に、「陸上に向いてるかも!中距離あたりどうかな」と言って笑いました。「モロー反射じゃん」とすかさず突っ込みつつ、その発想が可笑しかったです。

今朝はおむつ替えの後、座布団の上でごきげんにしていたのを見て、起きているなら久しぶりベース(コントラバス)を弾きたい、と娘が言い出しました。カバーを外したり緩めていた弓を張ったりと準備して置いておいたベースを、夫が先に弾き始めると、それまで真上を向いていた赤子の顔がベースの方を向き、じっと見ています。
あまりにじっと見ているので、「陸上よりベースか!」と娘も声を上げるほど。

IMG_7915a.jpg
コントラバスに目を向ける赤子(奏者は娘)
泣いていても弾きはじめると静かになり、止めると泣く、という場面も見られました。

この後ベッドに戻し、三人でマンドリンとギターとベースで合奏をしているうちに眠ってしまいました。いつかこの子も一緒に合奏できたら嬉しいです。

当落 - 2016.06.24 Fri

最近、二つのことを申し込んで、当落の結果待ちをしていました。
一つは、ハリポタのシネマ・コンサートで、もう一つはテレビドラマ「勇者ヨシヒコ」の新シリーズの魔物役のバイトです(笑)

ヨシヒコ一行に倒される魔物の役3名を募集していたので、先日応募していました。
その結果が、三日前メールで届いたのですが、結果は「落選」でした。
日給が5万ゴールド(5万円)と魅力でしたが、何より撮影現場にいられる、というのが最大の魅力で、応募に際して熱く語ってください、とあったので頑張って語ったのですが、やはり熱意は足りなかったようです。撮影は今月の25日、26日、27日ということで、予定は入れていなかったのですが(笑)
ちなみに次男も応募していましたが、結果は聞いていません。10月から始まる新シリーズでは、どんな魔物が出てくるか注目しようと思います。

さて、ハリポタのコンサートの方ですが、当選しました!
みんな当たるのかな~と思っていたら、Twitterの私のタイムラインで見た感じでは、東京公演を申し込んで当落についてツイートしている人の半分くらいは落ちた感じでした。結構狭き門だったのかもしれません。
5人で行くことになっていて、一人で4枚までしか申し込めないので、二人で手分けして申し込みました。もう一人の当落がまだ判明しないのでドキドキです!

6/25追記
もう一人も当選していました!これで皆揃って行けそうです♪

テレビ電話 - 2016.06.22 Wed

昨日の職場で、Iさん(60代半ば)がYちゃんに何やら謝っていました。
どうやらIさん、意図せずYちゃんにテレビ電話をかけてしまったようです。
必死の説明によれば、スマホデビューして日の浅いIさんご夫婦、ご主人が何かのアプリを入れてくれようとしていじって、わけのわからない画面が出てきたのでIさんが取り返して、「何やってるのよー」と触っているうち、突然同僚のM君の声が聞こえてきて、パニックになって切り方もわからず、伏せてしまったそうです。

YちゃんのスマホからなぜM君の声が聞こえたか?
ちょうど若手のメンバーは職員旅行に参加中で、みんなその場にいたからだそうです。Yちゃんのスマホに着信があって、Iさんからだとは通知でわかったけれど、天井の照明しか映っていなくて、パニック気味のIさんの声がして、そこでM君が「素敵な照明ですね」と言ったとか。
Yちゃんの方は自分の姿が映らないような設定にしていたので、Iさんはテレビ電話だということにも気づかなかったそうです。

口うるさいお母さんみたいだけど、なんだかんだ言ってみんなから愛され、いつもいじられ気味のIさん、またしても楽しいエピソードが増えて、本人は憮然としていましたが、聞いている方は楽しかったです。

(てっきりiPhoneのface timeっだと思ったら、LINEの『ビデオ通話』だったそう。無料で動画付きの通話ができるなんて知らなかった!これから孫の成長を見せてもらうのに使えるな💓)

色々な音 - 2016.06.20 Mon

昨日は次男が甥の顔を見に来て一泊していきました。
気が付くと抱いているのが微笑ましかったです。
IMG_7873a.jpg
次男の腕に乗る小さな足


赤ん坊の泣き声が聞こえると、たいして役に立つことはできない身でも、やっぱりそわそわしてしまいます。授乳前のおむつ替えは特に嫌そうで、かなり泣きます。ちゃんと娘が世話をしていますが、居たたまれなくなって見にいってしまいます(笑)
ところが、実際に泣いていなくても色々な音が泣き声に聞こえて、ハッとすることがしばしばあります。

猫の声は昔から赤ちゃんの声に似ているな~と思っていましたが、他にも色々似ています。
隣の犬の声、カラスの声などの生き物の声の他、階段がきしむ音、排水管の音、冷蔵庫の音、洗濯機の脱水時の音など、部分的に似た周波数でも出しているのか、「泣いてる!?」と思うことが時々あります。すぐに違うとわかるのですが、これ娘たちが帰ってしまってもしばらくハッとしそうで、今から怖いです(笑)

印象の薄い曲 - 2016.06.19 Sun

今日はマンドリンの合奏日でした。
新しい曲が候補に上がっていて楽譜は用意しましたが、練習は十分にできませんでした。赤ん坊が寝ていたりすると、なかなか楽器を弾く気になれないし、実際ほとんどの時間を眠っているので。

この新しい曲は私が言い出した曲です。弾きたかった好きな作曲家の曲が毎年選曲で漏れるので、大曲が多いその作曲家の比較的小品に分類される曲として上げました。
この曲は以前確かに演奏したはずでした。今も家に残る学生時代の楽譜の束の中に混じっていたので。はっきり思い出せるのは組曲の4曲目だけなのですが。
今日の参加者の中では私と夫の他に二人の一学年上の先輩もこの曲を弾いたはずですが、「聞いたことがある」程度の認識で、自分が弾いた覚えがないのです!私の場合は主旋律ではないので思い出せないのもわかるのですが、主旋律の担当の人も、練習してみてもよく思い出せないそうです。多分定期演奏会ではなく、何か小さな演奏会で弾いたんでしょう。

合奏し始めると、「ああこれこれ!」と思ったのは4曲目以外では一つしかなく、こんな感じだったな~程度の感覚でした。自分で出した曲なのに(笑)でも、複雑なリズムであっても自分のパートがどこで入り、どういう動きをするかは知っていました。多分合っていたと思います。

あまり印象には残っていませんでしたが、曲調はやはりとても好みで、一学年上の先輩と「選曲で残ると良いよね♪」と休憩中話していました。そして結局残りました!しかもトリの曲!
今度こそしっかり練習して、印象に残る曲にしたいです。

への字口 - 2016.06.18 Sat

今日一日に7回洗濯機を稼働させました。新生児の洗濯物は洗剤が違うのもありますが、おっぱいをカポっと吐くことが多くなり、敷物カバー類の大物を洗濯する必要があったからです。
幸い今日はよく晴れてしかもこの時期に珍しく湿度が低かったので、6回までの洗濯物はよく乾きました。7回目のトイレマットだけは不完全でしたが。

今日はお婿さんが日帰りで来て、沐浴の仕方を夫がレクチャーし、息子をたっぷり抱っこしてから帰りました。
まだ笑うことはありませんが、眠っていても泣いていても愛おしそうに眺めていました。
全く本当に赤ん坊ってどうして何をしていても可愛いんでしょう!

何をしていても可愛いけれど、特に母親を切ない気持ちにさせる表情があることに気付きました。
泣いていて口がへの字になる時です。
泣き声だけでも切ないのですが、ちょっと泣くのを堪えているように見えるへの字口は、「まだおっぱいの時間じゃないから」と授乳する気のなかった娘をたちまち授乳する気にさせるものがあります。
私でさえ、その顔を見ると、「早く飲ませてあげなくては!」と思ってしまう、ものすごく母性本能を刺激する顔なんだと思います。まだ笑顔で愛想をふりまくこともできない新生児が生き延びるためには必要な表情なのかもしれません。

回避 - 2016.06.16 Thu

今日、仕事中運転していて、信号待ちの際、前の軽トラックがブレーキランプのカバーが割れていたり全体的にボロボロだったので、坂道でもあったし少し距離を置いて停まりました。
信号が青に変わった時、案の定その軽トラは坂道発進に失敗してずるずるとかなり後退したので、離れていて正解でした。発進した後もスピード出したりかなり荒っぽい運転でしたから、車がボロいのも頷けます。無意識に危険を回避したようです。

その出来事の後に向かったお宅でのこと。
いつものように左上肢を動かしていると、ふと患者さんの右手の人差し指に目が留まりました。
ちょっと汚れが付着しています。
しかも、便っぽい(汗)
病棟の患者さんでは結構よくあることで、爪の中に溜まっていたりもするのですが、訪問で、しかも介助なく日常生活を送れている方では珍しいです。拭く時付いてしまった感じの擦れ具合……。
とてもプライドの高い方なので、その点を指摘するのは難しそう。
仕方なく、いつもなら念入りに指の関節まで動かすところ、今日は省いてしまいました💦
その分他のことに時間をかけたので許してください。
それにしても、いつもはまじまじと見ない反対側の手を見て良かったです。(いつもは気が付いていないだけだったりして)

シネマ・コンサート - 2016.06.15 Wed

今日のお昼前頃、Twitterのタイムラインを見ていたら、何人もの人が興奮気味に「国際フォーラムに行きたい」と呟いていました。
一体何が国際フォーラムであるのかと思ったら、「ハリー・ポッターと賢者の石」のシネマ・コンサートだと判明!
ハリー・ポッターinコンサート

東京フィルハーモニー交響楽団の生演奏付きで映画が上映されるとのことです。これは興奮しますね。
会場は東京の他く、名古屋、大阪、福井とか。
もう申し込む気満々です!

一つ残念なのが、これが抽選だということ。
明日16日から21日が申込期間で、24日に発表だとか。
うーん。くじ運はあまり良くないけど、ハリポタ関係では結構強いから、特別気合を入れて申し込もうと思います。

オレンジティーソーダ - 2016.06.14 Tue

先日、娘の友人たちが訪ねてきてくれた時、何か爽やかな飲み物をウェルカムドリンクとして出したいと思いました。
ホームパーティのウェルカムドリンクで検索して、ティーソーダが良いかと思い、さらにレシピサイトを見て、適当にアレンジ、紅茶とオレンジジュースと炭酸水を使うことにしました。授乳中の娘も一緒に飲めるよう、ノンカフェインの紅茶で作りました。
我ながらとても美味しくできたので、また作りました。
以下は目分量で皆さまの役には立ちませんが、とても美味しかったので記録しておきます。

紅茶は、今ノンカフェインの中では一番のお気に入り、アーマッド デカフェ アールグレイを使用。
IMG_7846a.jpg
アーマッド デカフェ アールグレイ(ティーバッグ)

濃いめに淹れて、ティーバッグを除き、砂糖をちょっと甘めに入れました。さらに氷を使わず、ティーポットを水で冷却して冷やしました。なるべく濃い味を残したいので。
室温以下に冷えたら、氷を入れたコップに半分くらい入れます。
IMG_7849a.jpg
アイスティー
これだけでもびっくりするほど美味しかったです。アイスティーはやっぱりアールグレイが美味しいと思いました。
これだけで出しても良かったかな、と思うくらいでしたが、ここに果汁100%のオレンジジュースを適当量注ぎます。

IMG_7850a.jpg
オレンジジュースの方が比重が重く、下に沈んで上に紅茶の層が出来たところ
これだけでもびっくりするほど美味しかったです(二回目) アールグレイはベルガモットという柑橘類の香りをつけたフレーバーティーですから、オレンジジュースと合うのですね。
お友達の訪問のあった晩は、残った材料を使い、紅茶がコップの八分目まで、オレンジジュースを足して九分目まで、という配分で飲みました。

今回はお友達に出した時と同様、炭酸水を注ぎ入れました。
IMG_7853a.jpg
完成~
ミントの葉とか飾るともっとおしゃれですが、そういうセンスはないのでこのまま。
見た目はともかく、味は美味しかったです。

近況 - 2016.06.13 Mon

最近、更新の頻度は減っていますが、元気です。
時間が無いというより、落ち着いてPCの前に座っていられないため、文章をまとめることができません。洗濯や掃除など家事をする時間若干が増えた他は仕事も習い事もいつも通り、ジムも週に2回くらいは行けているし、自分の時間もあるのですが、なぜか思考はまとまらないのです。
最近ブログに書こうとしながらどれも結局文章にまとめることができなかったテーマを自分の備忘録として箇条書きしておきます。

・新生児との生活では、新しい発見というより、忘れていたことを思い出すことが多い。
新生児はお腹が空いた時、いきなりおぎゃーおぎゃーと泣くのではなく、「へっへっへっ」といった感じで始まり、そのうちやっとおぎゃーおぎゃーになる、ということを思いました。泣き始めの頃のへの字口がとても可愛いこと、その顔に胸がきゅんとなることも(笑)母乳の出が良かったこと、良すぎてシャワーのように赤子の顔にかかったこと、お風呂上りにポタポタ垂れたこと、搾乳していたことなども思い出しました。

・金曜日はハリポタ祭りに最初から最後まで参加。
謎のプリンスの鑑賞と『魔法のつえ』のゲーム、思いついたことの発信を楽しみました。スネイプ先生にとっては辛い回であり、私も辛いのですが、「可哀想だよー!」と叫べて良かったです(笑)

・土曜日は娘の中学時代の部活友達が訪ねてきてくれた。
とても賑やかでしたが、赤子は良く眠っていたそうです。おかげで娘は楽しい時間を過ごすことができました。空気の読める子なのかしら?私の作ったウェルカムドリンクもお友達に好評だったそうで嬉しいです。

・日曜日は義母が曾孫の顔を見に来てくれた。
「まさか曾孫の顔を見られるとは!」と言っていましたが、まだまだ元気!二人の孫息子がベッドの前で神妙に正座している写真に大うけでした。

・一時中断していた『鋼の錬金術師』を昨晩遅く読了した。
私が想像していたのと違う結末だったけど、後味が良くて、大変満足しています。化学をかじった者としても納得できる内容だし、展開が早くて、無駄に引き延ばした感じもなくて面白かったです。

恐る恐る - 2016.06.10 Fri

水曜日に娘たちが退院し、一緒に過ごすようになりましたが、赤ちゃんとの暮らしにブランクがありすぎて、三人育てた割には、恐る恐る触れています(笑)

夫や次男は、退院した日に早速抱きましたが、私は遠慮しました。たらいまわしにされたら赤子も疲れるだろうと思ったのと、ぐにゃぐにゃの新生児の抱き方に自信がなかったからです。初めて娘の夫が抱いた時、首のグラグラが気になって手が出そうだった割には、自分にも自信がありませんでした。
昨日は仕事の後帰宅したら、ちょうど起きていたので抱きました。
自分で思っていたより体はコツを覚えていて、安定して抱けましたが、この時、撮った写真を見ると、まだまだだな、という気がします。

お風呂は水曜日は病院で入れてくれて、昨日は娘の夫がいたので任せていたのですが、娘の職場からの連絡で役所の手続きを早くする必要があって帰ってしまい、娘は私達の帰宅を待つことなく自分で沐浴させてしまいました。
でも、とても大変だったらしく、今日はお祖父ちゃん(夫のこと)の帰宅を待って、入れてもらいました。

私達の子育て中、お風呂は夫の役割で、私はほとんど入れたことがなく、その分夫はとても手際よく沐浴させていました。
が、今回はやはりブランクが長かったからか、とても緊張した様子で、赤子も怖そうで途中から泣きました。うちの子ども達はとてもリラックスしていたというのに。しかも、入浴中に顔をガーゼで拭うのを忘れて、上がってからガーゼで拭いました。
母子が滞在する一か月の間に、私達も慣れるとは思いますが、経験もそう当てにはならないということですね。

勢揃い! - 2016.06.08 Wed

今日は娘と孫の退院日です。
本当は私達夫婦で迎えに行くつもりでしたが、朝早くて十分掃除ができていなかったのと、天気が思いの外良かったので布団という布団を干しまくりたかったため、私は残りました。出産後娘の夫は二泊していきましたが、退院の今日は仕事(三交代勤務)の明けだったのでまた今晩泊まるし、うちの長男次男も顔を見に来ることになっていて、次男もそのまま泊まるし。

部屋の母子の部屋となる1階の和室は、しばしば丁寧に掃除してありましたが、今日仕上げにさらに掃除しました。
ここは、2年前の7月、私の母が10日だけ過ごした部屋でした。
母の介護ベッドがあった部屋にベビーベッドを設置し、母のパジャマ類が入っていた引き出し式衣装ケースには娘の衣類が、母の下着類が入っていた小さい方の引き出しにはベビー服が入り、この部屋で起こった様々な出来事を思い出したり、時の流れを感じたり、命の繋がりを実感したり、様々な思いがこみ上げてきて、思わず涙しました。

11時前に車の気配に外に出て迎えます。チャイルドカーシートにちんまり納まり、眠っていました。車から家までのわずかな移動も傘で日差しを避けるVIP待遇でした。
整えてあったベッドに移されても目覚めず、よく眠っていて、私は写真を何枚も撮りました(^^;;

お腹が空いて泣いても、おむつ替えをしても、いちいち物珍しくて見に行ってしまいます。娘がおむつ替えをする様子もおっぱいの飲ませるところも、ずっと観察していました。
飲んでいる乳児の手が私に触れる感覚とか、吸われる感覚とか、忘れていた感覚が蘇りました。

次男は夕方になる前に、長男も19時前に到着、甥と対面しました。二人ともどう接して良いかわからなかったようで、ベビーベッドに横たわる甥を、正座して何分もじっと見ていました(笑)
DSC02311a (2)

お婿さんが20時前に到着、みんなで記念撮影をしてから祝杯を上げました。
途中で赤子が泣いて、何度か食事が中断される娘夫婦を見て、息子たちは「大変だなあ」と言いましたが、夫が「でも良いこともいっぱいあるぞ♪」とその度に言い、子育ての喜びを語りました。息子たちにどの程度伝わったかわかりませんが(笑)宴は10:30頃まで続きました。
家族が揃って楽しい一日でした。

長い一日 - 2016.06.06 Mon

6/3はハリポタ祭りの日でした。テレビで映画を観ながらTwitterをやりたかったので、普段の夜は夫が使っているノートパソコンを使わせて欲しいこと、テレビを占拠させて欲しいこと、夫に願い出ていました。
この週は月曜日からずっと私が禁酒当番だったので、金曜日は本当は私の飲み日だったのですが、夫が快くハリポタ祭りに参加させてくれるように、飲みの権利を夫に譲り、私はまたしても禁酒しました。
夫が一口飲んでから、ハリポタ祭り中に娘が産気づいたら私が車を出さなければいけないことに気付き、ギクリとします。 しかも今までは「変化なし」と断言していた娘が「張りが強いような気がする」とか言いだして……。

ハリポタ祭りは映画をじっくり見ると言うより、データ放送で魔法をかけて得点稼いだり、各場面で感じたことをリアルタイムでTwitterで発言することに祭りの醍醐味を感じています。音声を英語にして文字放送で見たので本編の映像と字幕と枠外の文字とパソコンのキーボードを見ながらの慌ただしい鑑賞でした。
テレビの前の座卓にノートパソコンを置き、床に座って鑑賞していた私の背後にソファーがあり、娘はそこに寝そべって見ていたのですが、「張り」はいつしか痛みに変わり、「これはやっぱり……?」と怪しい気配が漂い始めました。ハリポタ祭りの最中に。
陣痛の間隔を測るアプリで計測し始めた娘、私がキーボードを叩く背後で「12分間隔」とか言いだし、間もなく産院に電話をかける目安としていた「8分間隔」になりました。ハリポタ祭りの終盤に。
あと少しで終わるから待って💦と思いつつ、要請があればいつでも車を出すつもりでいました。
電話をすると、「今来ても良いけどそんなに遠くないから5,6分間隔が1時間くらい続くようになったら」と言われ、さらに待つことになり、無事鑑賞は終わりました(笑)

それから後はただひたすら言われた間隔になるのを待つだけ、その頃には痛みもかなり強くなっていて、さすがに遠退いてしまうことはなさそうに思われました。
痛い時に少し腰をさすったり揉んだりしてみましたが、私自身もそうだったように、むしろ触らないで欲しい感じだったので、結局見守るしかありません。寝るに寝れず、私も夫も手持無沙汰なのでお茶を飲みながら機が熟すのを待ちました(笑)その間に日付が変わりました。

1時50分頃になってようやく5分間隔が1時間継続するようになったので、着替えてちょっと離れた駐車場まで車を取りにいきました。駐車場まで急ぎ足で向かう途中、南西の空低い位置に火星が赤々と光っているのが見え、「今夜は火星が明るい」と言ったケンタウロスを思い出して、ちょっと身震いしました。

車を家の前に止めて夫に連絡、間もなく夫と娘が出てきましたが、車に到達する間にまた陣痛が来て、しばらく立ち止まって耐えてから乗り込んできました。
うちの車は、私が家でも運転しやすいよう、わざわざ職場と同じ車種の車を去年買ったのですが、乗ったのは二回くらい。夫に「この車買う意味あったのかな?」と疑問視されていましたが、ようやく存在意義を認められる時が来ました。もしこの日ハリポタ祭りがなかったら、私が運転することもなかったでしょうから、偶然って面白いです。

深夜は一部の信号が点滅になっているほど車通りが少なく、無事、産院前まで到着しました。
面会時間外は産婦の親であっても入れないとは聞いていましたが、建物にすら入れないと娘が言うので、車の中で私は見送り、夫が玄関前まで付き添いました。
「頑張ってね」と声をかけると娘が手を差し出し握手を求めてきました。両手でしっかり握手すると娘も「頑張ってくるね!」ときりっとした表情で答え、頼もしさを感じました。
夜間用のチャイムを鳴らし、ドアを開けてもらって入っていく様子を見えなくなるまで見て、それから自宅に戻りました。
夫が先に入浴、その後私も入って床に就いたのは3時近くなっていました。

一方娘の夫ですが、立ち会う手続きをしてあったので、陣痛ではないかと思い始めた頃に連絡してありました。
ぎりぎり飛び乗った最終列車はうちの最寄り駅までは到達しない路線でしたが、終着駅からタクシーに乗れば来られない場所ではありませんでした。30分以上待ってやっとタクシーに乗って、直接産院に向かって、娘より30分くらい遅れて到着したそうです。

私達にできることはもうなかったので布団に入りましたが、眠りは浅く、6時半に目覚めて以降、眠ろうと努力しても眠ることはできず、7時40分くらいに布団を出ました。
何かあれば夫に連絡が来ることになっていましたが、来ないのでまだ生まれないだろうと、すっきりしない頭で朝食を用意し、ぼんやりと食べました。

8:40頃娘の夫からLINEで、「『早くて9時半頃、午前中には生まれる』と言われた」と連絡がありました。
生まれても面会時間までは会えないので、とにかくひたすら家事に励み、続報を待っていたら、11時半頃、10:20に生まれた、との連絡がやっと届き、安堵しました。
産後2時間すると、面会時間でない時は立ち会ったパパでさえも出されてしまい、うちの夫が迎えに行き、一緒にお昼を食べてからようやく面会に行けました。

娘の顔は少し浮腫んで見えたし、私の初産より若干所要時間が長めだったように思いましたが、「思ったほど辛くなかった。安産だった」と割と元気でした。
また、「私もこんな風に生んでもらったんだな」としみじみと感謝の気持ちを伝えてきたりして、名実ともに親になったのだな、と感じました。

新生児室を覗いて見せてもらった初孫は、思った以上に愛おしく、いつまででも見ていられると思いました。自分ではそんなに孫にメロメロになるタイプではないとは思っていましたが、ちょっとわからなくなってきています(笑)

生まれました! - 2016.06.04 Sat

今朝10:20、娘が無事男の子を出産しました。
予定日より六日早い出産でしたが3,020gというちょうど良い体重でした。
安産で、母子ともに元気です。ついに私もおばあちゃんです(゚д゚)!

激動の一日の記録をつけたいのですが、私も仮眠程度にしか眠っていないので朦朧としていて、文章がまとまりません。
詳細はまた後日に書こうと思います。

苗字 - 2016.06.02 Thu

今日の昼休み、職場で苗字の話題になりました。
結婚によって変わった同僚の新しい苗字に、なかなか慣れない、というのが発端だったように思います。
多くの人が自分の旧姓に愛着がありますから、新しい姓にに抵抗があるのはわかりますが、同僚もかなり抵抗を示したようです。

かく言う私も、結婚で夫の苗字に変わるのはかなり抵抗がありました。
夫側の姓を名乗る、という慣習のようなものに抵抗したのではなく、単に苗字として気に入らなかったからです。何かとても三流な響きがあったから(笑)
しぶしぶ折れて、今の姓に変わってから四半世紀以上、いつのまにかすっかり馴染んでしまいました。旧姓を言っても同僚たちはピンと来ないようでした。

そんな話をしていたら、二三日前にネット上で見た「響きだけでイケメンそうだなと思う苗字ランキング」を思い出しました。
同僚たちは知らなかったのですが、その場で調べてとても盛り上がりました。
ランキングにはその時会話していた同僚の苗字も入っていて、それはきっと漫画の影響だな、と異口同音に言いました。
よく見るとこのランキング、そもそも漫画のイケメンキャラの苗字であることが多く、彼らのイメージもあるのでは?という意見で一致しました。
ランキングはともかく、それぞれが思うイケメンそうな苗字を挙げていくと、佐伯、五十嵐、手塚、麻生(私が出した)、黒が付く苗字、などが出ました。
だいたいがランキングに入っていますが、手塚が入らなかったのはちょっと意外。もしアンケートを取ったのがもう何年か早かったら、きっと入っていたんじゃないかと思いました。イケメンそうな苗字のイメージも刻々と変わっていると思います。


もう一つのブログにコメント下さった方へ
fc2ブログで障害が出ているようで、コメントにお返事できません。また後日お返事いたします。

返信 - 2016.06.01 Wed

昨日、ホストファミリーからメールが届きました。
書こう書こうと思いながら、なかなか書けなかったメール、先にいただいてしまったので、これは一刻も早くお返事しなければ!

そんなわけで、今日の午後はお返事書きに取り組んでいました。
いただいたメールの内容は、私達に会うこと、一緒に過ごすことを楽しみにしている。
9月はイギリスでは良い季節で、花々の最後のショーを見せてくれているし、気温も快適、でもこの頃はおかしな気候で、冬が暖かく夏寒かったりしている。あなたたちが来るときは良い気候だと良いんだけど、という感じです。

お返事に一度は、私はハリポタの大ファンなのでイギリスとイギリスの文化に興味があります、と書いたのですが、いただいたメールのお返事としては唐突すぎるかと、この自己紹介はまた後日することにして、私も日本の夏の暑さを語り、9月が待ち遠しい、と続けました。
あと、イギリスには5回行ったことがあるけれど、ホームステイを体験したことがないのでとてもわくわくしています、という内容も書いたかな。

これだけのことを書くのに、家事による中断を含め、3時間くらいかかってしまいました!いや、本当情けないです。
そしてそれをすぐ送信するか、金曜日に英会話の先生にチェックしてもらってからにするか迷って、結局ポチッと送信ボタンを押しました。
もう後には引けないと思ったら、すぐに「配信できませんでした」と戻ってきてしまいました!いただいたメールに返信したのに!
前にエージェントに送った時も同じ状況で戻ってきてしまったことがあったので、返信ではなく新規のメールで送ったのですが、やはり届きません。
そこでエージェントに相談メールを送ったのですが、やはり1時間後くらいに戻ってきてしまっていました。
こちらのメールサーバーに問題があったのでしょうか。
とりあえずこの記事を書く1時間前にもう一度ホストファミリーに送信して、今のところ戻ってきていませんが、2時間後に戻ってきたこともあったので、油断はできません。
やれやれ、お返事送るのも一苦労です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)