topimage

2016-12

2016年大晦日 - 2016.12.31 Sat

今日から休みになったと思ったら、明日は元日、やることがいっぱいあるのに、今朝は目覚まし時計をセットするのを忘れて、起きたのは9時5分!ただでさえ忙しいのに、余計忙しい一日になってしまいました。

午前中はルーティーンの家事をして、その後はほぼ台所で過ごし、気持ちばかりのお節料理を作りました。
主に煮物ですが、一つだけ、初めて挑戦したのが栗きんとんです。
調べてみたら、意外と簡単!
さつまいもと栗の甘露煮が既に家にあったので、これはやるしかないと思いました。
やってみたら、裏ごしするのがちょっとだけ大変だったものの、やっぱり楽でした。

IMG_0166a.jpg
鍋という鍋を使ってしまい、フランパンで作った栗きんとん

さあ、この後は夫婦と次男で乾杯をして(次男が風邪をひいてしまったため、赤子連れの娘には来ないように言いました)、年越しそばを食べて、紅白を見て、年を越そうと思います。

皆さま、今年もブログを読んでくださり、ありがとうございました。
コメント下さった方、一緒に遊んで下さった方、お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

洗車 - 2016.12.30 Fri

今日は仕事納めでした。
非常勤で出勤する曜日が固定なので、カレンダーの並びによってはもっと早く休みに入れる年もありますが、今年は同僚たちと同じ最終日でした。

ここまで暮れも押し迫ってくると、こっちは出勤でも訪問先のご家族はお休みで、すでに団欒モードに入っている可能性もあり、年末の訪問はどうしますか?と少し前にお伺いを立てていました。
人の出入りがあって忙しないのでお休みにしてください、とキャンセルがあったのは一件だけで、他は「来てもらえるなら!」とむしろ歓迎ムードです。

昨日はそのキャンセルになった時間を利用して、給油と洗車に行ってきました。
洗車は、かつては自分たちの手で洗わなければならなかったのですが、白衣を着た人がそれをやったらみっともない、という理由でガソリンスタンドにお任せすることになりました。

でも、これが結構ハードル高いんです。
料金は当然職場持ちですが、だからと言って頻繁に洗車するのも気が引けるし、あまり汚い車なのも病院の看板背負っているのでまた気が引けるし…。その匙加減が難しいです。
また、洗車してもらっている間、待合室で過ごすのも肩身が狭いです。白衣着てるし車には病院名書いてあるしで傍目にはさぼっているように見えるのではないかと思うからです。
業務時間外に行くつもりもないし、業務時間内だと行く暇ないし、という理由もあって(最低20分くらいかかる)、できれば洗車には行きたくないんです。

と、避けているうちに年末が来て、黒い筋が無数についた車のまま新年を迎えるのは体裁も悪いと思い、キャンセルで空いた時間を使ったというわけです。前回洗ったのが半年前だか一年前だか思い出せません。
昨日はサボりに見えないように、仕事用のカバンに入れて持ち歩いている福祉用具のカタログを眺めていました。
最初、待合室は私一人だったのに、どんどん人が増えてきて、隣の席で雑誌読み始めた人もいたし、福祉用具のカタログ眺めていたのは正解さったかも(笑)

終わった時、「すごくきれい!」と感嘆の声を上げたら、スタッフに「もう少し頻繁に洗車した方が良いですよ」と言われました。わかってはいるんですけどねえ。
ちなみにT先輩も昨日の午後同じ所で洗車してもらい、その時は一番安いコースを選んだのだそうです。どんなに一段階上のコースを勧められても頑なに拒んだとか。
私は勧められるままに下から二番目の撥水なんとか洗車にしてました!
コスト意識があるんだかないんだか、わかりませんね。
あ、T先輩も「すごくきれいになりました!」と言っていました。
やっぱりもう少し頻繁に、せめて一年に三回は洗車した方が良さそうです。

年末の実感 - 2016.12.28 Wed

今夜、年賀状書きがやっと終わりました。
親戚、友人、同僚(上司以外)と、OT学生時代の先生と、ハリポタ関係とで三種類のハガキを使い分け、ハリポタはさらに三種類あったので、その準備も大変でしたが、今年はその気になったのがいつもより若干早かったので、これでもいつもよりは早く投函できそうです。

今日は、夫が恒例の餅つきに行ってきました。
今年も息子たちは参加できず、夫と親戚の少し若い男性と、二人で16臼ついてきたそうで、相当な労働量だったと思います。
私はいつもと同じように、持って帰ってくれたからみ餅と餡餅を美味しくいただくだけでした。

今年はカレンダーの関係で、30日まで仕事なので、年末の実感がなかったのですが、気合を入れて年賀状を書き、つき立てのお餅を食べ、箱で持ち帰った切り餅を小分けして冷凍する作業をしたら、だいぶ実感もわいてきました。
あと三日しか残っていないことに愕然とします。

今日はお菓子教室に行ってお土産に缶詰の甘露煮の栗をたくさんいただいたので、今年は栗きんとんに初挑戦しようかな~などと考えていましたが、作り方を調べるところからやることを考えると全然時間がなかったです(笑)

年賀状書き - 2016.12.27 Tue

なかなか手をつけられなかった年賀状書き、昨日から始めています。
親戚や昔からの友人には家族写真付きのハガキで、それは印刷してもらってあったのですが、住所を手書きにしているのと、メッセージを書くことでだいぶ時間が取られ、なかなか進みません。
年賀状くらいしか交流のない人でも、その人に宛てたハガキを前にメッセージを考えることは、その人のことを数分の間でも考えているるわけで、大事にしたいことだと思います。(だからますます進まない)

そんなわけでしばらく作業に打ち込もうと思います。

2016年のクリスマス - 2016.12.25 Sun

今朝、夫へのクリスマスプレゼントが寝室のドアにかかっていました。
私へのプレゼントはなかったのですが、特に気に留めていなかったら、「枕の下、探した?」と言われてびっくり!
探ってみたら、このような紙が出てきました。
FullSizeRender (3)a
マンドリン購入券

先日中古で手に入れたマンドリン、振り込み先をなかなか教えてくれなくて、この連休中にメールで教えてもらったので明日振り込もうと思っていたところでしたが、サンタさんが払ってくれるみたいです♪
サンタさんから夫へは、無印の30%オフのシャツ一枚💦落差がひどすぎるから“私が”コントラバスの弓を買ってあげることにしました。今年は二人で楽器が充実することになります。

さて、今日は夫とクラシックコンサートに行くことになっていました。
開演が14時から、ということでお昼をどこかで外食してから行くことにしました。
コンサート会場は四谷でしたが、夫は先日私がのなさんと行った横浜のJICAのカフェが気になっているようで、ちょっと遠回りだけど行ってきました。
先日通った汽車道が気に入ったので、またそこを通るルートで行きました。
途中、古い橋があって夫が足を止めました。
IMG_0130a.jpg
1907年に造られたアメリカ製の橋

IMG_0131a.jpg
説明文

IMG_0133a.jpg
線路跡

人通りがものすごく多く、人の写っていない写真を撮るのが難しかったです。
アメリカ製の橋が二つ、イギリス製の橋が一つあったのですが、イギリス製の方の写真を撮り忘れました!

11時半の営業開始とほぼ同時に入店した私たちは一番のりでした。
IMG_0139a.jpg
今回もブルキナファソ料理
鶏肉のカンカン焼き、だったかな?今日までの料理でした。

多分前回と同じ席に座ったと思うのですが、景色が少し違いました。
IMG_0140a.jpg
今日の景色
IMG_0073a.jpg
一週間前の景色

大型客船が停泊していたんです。
IMG_0143a.jpg
ズームしてみると赤レンガ倉庫の向こうに見える客船

画像ではわかりにくいのですが、肉眼では赤い2本の線の下の黒っぽい部分に書いてある文字が読めました(遠くはよく見える目です)ASUKAⅡとありました。飛鳥Ⅱですね。

景色と料理をもっとゆっくり楽しみたかったのですが、時間がないので30分で店を出て、駅に向かいました。忙しないです(笑)

四谷は一度読書会をしたと思うのですが、初めて行ったように感じる街でした。
ちょっと道に迷って、大回りしつつも、開場前に無事到着しました。

今日のプログラムは、シューベルトの未完成交響曲とチャイコフスキーの悲愴でした。
どちらもポピュラーな曲ですが、最近忘れ気味なので事前に何度か聴いて予習(復習?)していきました。
中学生の頃、悲愴の第一楽章が好きで、何度も聴いていたのですが、予習で第三楽章を聴いた時、時々頭の中に流れる曲の一つだったと判明しました。通して聴いたこともあったということですね。
しかし、どちらの曲も、割と中途半端な終わり方をするし、「未完成」とか「悲愴」とかのタイトルもマイナスなイメージだし、なぜクリスマスのコンサートの選曲をこれにした?と思ってしまいました(笑)

会場は紀尾井ホールといい、私は初めて行ったのですが、こじんまりとしてはいるものの、木を使った美しくもゴージャスな内装で、音響も良かったです。(一体いくらするのかしら?とついつい考えてしまいました。いつかここの舞台で演奏してみたいです)

悲愴は昔好きだっただけあって、胸に迫るものがありました。途中鳥肌が立ちました。
今回は特に見たいパートがあるわけではなく身内が演奏しているというのでもなかったので、満遍なく舞台上を見ているうち、パーカッションの動きが面白いことに気付き、後半はパーカッションの人を見ていました。ティンパニの人はずっと見えているのですが、シンバルとかバスドラムとか、出番がない時は座っていて、視界に入らず、出番が近くなると視界に現れるからです。来るぞ来るぞ~と思って見ていました(笑)
最近聴かないタイプの選曲でしたが、良いホールで聴く生の演奏、とても良かったです。

帰宅後は次男が来ていて、三人で回転ずしを食べに行き、帰宅してからは自分たちも少し合奏をして、今日は家族とても充実した時間を過ごせました。

クリスマスイブの食卓 - 2016.12.24 Sat

毎年24日か25日のどちらかにハリポタっぽい食卓を目指していますが、今年は今日24日にしました。
ここ何年か作っていたトライフルはやめ、ほとんどハリポタ色も薄れていますが、クリスマスプディングを用意したことで、なんとか体裁を保った感じです(笑)
IMG_0104a.jpg
ローストチキン、ローストポテト、蒸し煮の野菜とサーモンのサラダ、かぼちゃのスープ
写真にはないけれど、手作りのシュトーレンもいただきました。絶品でした!

グラスの中はワインに見えますが、サングリアです。
これは先日いただいたサングリアの素、みたいなボトルに赤ワインを注いで作りました。
IMG_0098a.jpg
サングリアの材料の入った瓶
スパイスやドライフルーツ、氷砂糖が入っています。

IMG_0101a.jpg
ワインを注いだところ

4時間経ったら飲めるとのこと、まずはそのまま味わいました。
スパイシーで温めて飲むグリューワインを思い出す香りでした。甘さもほどほどで美味しいです。
その後瓶に書いてあったお勧めの方法に従い、炭酸で割ってみました。
IMG_0108a.jpg
半々くらいの割合で炭酸で割ったところ
すごく飲み易く、うっかり3杯も飲んでしまいました。でも酔わなかったので、アルコール量にしたらたいしたことなかったのかもしれません。

クリスマスプディングはブランデーをかけてフランベしました。
IMG_0121a.jpg
照明を消して撮影
なんだかガステーブルの火を写したみたいですね(笑)
夫が温めたのは嫌だと自分の分だけ切り分けた後で火をつけたので切れ込み入っているのがわかりますか?

IMG_0125a.jpg
アイスクリームを添えていただきました

読書会議題(1/6追記) - 2016.12.23 Fri

2017年1月9日に開催する読書会で話し合いたい内容を、参加者の皆さんに募りました。
お名前は伏せて載せてあります。こちらをご覧の皆様も、良かったら一緒に考えてみてください。

いただいた文章をコピー&ペースト、改行はこちらで手を加えましたが、文章はそのままとなっています。
大変長文なので、続き以降に畳みました。
提出した方それぞれに、取り上げてほしい順に番号をつけてもらっています。当日は、①②のついた議題から話し合っていく予定です。



行事 - 2016.12.21 Wed

今日は冬至でした。
こんなに暖かい冬至なんて記憶にないくらい暖かくよく晴れて、オフ日の今日は大物の洗濯や布団干しに精が出ました。
カボチャは夫が手伝っている農家から貰ってきた物を煮て食べました。
そこでの農作業で、先週末は柚子をたくさん収穫したと聞いていたので柚子を買わなかったのですが、頂いていないことが判明、入浴剤の柚子湯になってしまいました。
伝統行事はきちんとやりたい私としては、柚子を買わなかったことが悔やまれます。

さて、冬の行事と言えば大きいのがクリスマスですが、今年はクリスマスには特に何もしなくていいかな、と思っていました。
息子たちはそれぞれ予定があって帰ってこないだろうし、娘も大晦日に来る予定なのでそれまで来ることはないだろうし。
夫婦二人の生活では、行事を全て今までと同じようにするのも無理が出てきます。
毎年のようにハリポタに出てくるお料理を食卓に並べましたが、二人の時にそんなに品数揃えても食べきれないし、その後大晦日、お正月と暴食が続くので、ちょっと節制した方が良いように思われました。
だから、その日はギネスで煮込んだビーフシチューか何かにしようかな、と思っていたのですが…

やっぱりクリスマスが近づくとクリスマスプイディングやクリスマスケーキとなるどっしりしたフルーツケーキやミンスパイなど、イギリスの濃厚でスパイシーなお菓子が恋しくなり、気が付くと作り方や販売店などを検索していました。
今年はイギリスで買ってきたスパイスがあるし、手作りしようかとも思ったのですが、やっぱり出遅れたので、結局昨日、クリスマスプディングを注文してしまい、それは早くも今日のお昼前には届きました。

IMG_0080 (2)
ウォーカーのクリスマスプディング
わーい!楽しみ~
黒くてねっとりしてスパイシーなプディング、大好きです!



読書会に参加される方へ - 2016.12.20 Tue

宿題の提出期限は今日までですが、まだ半分くらいしか届いていません。
未提出なのか、私が受信できていないのかわかりませんし、そもそも宿題を出したメールが届いているかどうかもわかりません。
宿題を提出したのに私からの返信がないとか、宿題についてのメールを受け取っていないなどありましたら、お手数ですがこちらのコメント欄で教えてください。

みなとみらいプチオフ会 - 2016.12.18 Sun

今日はのなさんとお会いして、たくさんお話ししてきました。
まずは以前から気になっていたJICA横浜のカフェでランチです。
IMG_0070a.jpg
鶏肉のオク ラ ソ ースかけご飯(ブルキナファソ料理)とサラダ
食券を買ってカウンターで受け取って好きな席について食べ終わったら下膳して、学食や社食のようなシステムでした。(職場も同じシステムです)サラダは別でしたが、全部合わせても950円でした。

普通の定食の他に色々な国のメニューが日替わり週替わりであって、この料理は週替わりで今日までのようでした。ちょうど今、西アフリカにあるブルキナファソの展示をやっていたのですが(食後見学してきました)、その国名を今まで聞いたこともなかったので、この機会に食べてみたいと思ったので選びました。
味は、目立ったスパイスの味はなく、素材の味が生かされていてとても馴染みやすい味で美味しかったです。

窓からはベイブリッジと赤レンガ倉庫が見え、お天気も良いし快適におしゃべりしました。
IMG_0073a.jpg
窓からの景色
テラス席もあります。

やはりこの時期話題になるのはファンタビと呪いの子で、話しが弾んでとても面白かったです。
その後ブルキナファソの展示コーナーを見てから別なお店に移動し、そこでもまた話しました。

IMG_0075a.jpg
チーズケーキと紅茶

前半はスネイプ先生とダンブルドアのこと、私のスネイプ先生像などを話しました。のなさんは聞き上手で、私がとりとめなく話すことを要点をまとめて聞き返してくれるので、話していると自分の考えがまとまって有難かったです。
最後の方はこのブログに書いたファンタビの感想を元に意見交換しました。思いついたことを箇条書きにしておいて良かったです。

この時期日が暮れるのが早く、5時前にはかなり暗くなって夜景がきれいに見え始めました。
IMG_0078a.jpg
黄昏時の大観覧車
楽しい一日でした。

ボリビアの音楽 - 2016.12.17 Sat

今日は夫婦でボリビアの音楽を聴きにいってきました。 
知人の声かけがあって行ったのですが、南米の音楽には馴染みがなく、ほとんど前知識もありませんでした。しかも会場はライブハウス、一体どんな雰囲気なのか、ちょっと緊張して行きました。

ライブハウスに行くのは、長男がバンドをやっていた8年くらい前以来です。その時の立ち見とごちゃごちゃしたイメージがあったのですが、階段状の観客席があり、客層もほとんどが私達より年上で、落ち着いたコンサートでした。

楽器はケーナとかチャランゴとか、名前は知っていましたが、どれがどれだかわかっていなくて、今日、やっとわかりました(笑)
チャランゴはギターを小さくしたような弦楽器で、マンドリンのように胴が丸くコロンとした形で弦は10本ありました。マンドリン同様、2本ずつセットになっているようです。今は胴は木製ですが、以前はアルマジロの甲羅が使われていたとかで、見せてもらったものには毛までついていました(アルマジロに毛があるとは知りませんでした)

元々南米には弦楽器はなく、スペインの植民地になった時に入ってきたギターを真似て作った、と説明がありました。
チューニングしている時はマンドリンに似た音だと思ったのですが、演奏が始まると奏法が全然違うためかほとんど似た感じはしませんでした。
弾いている人がとても上手くて、ついついその手元を見てしまいます。弦を押さえる左手の動きは緩やかなのに、弦を爪弾く右手の動きは激しく、そのアンバランスさに釘付けでした(笑)

曲は、日本の曲2~3曲と、『コンドルは飛んでいく』と『花祭り』以外は知らない曲でしたが、耳に馴染みやすく、知らない曲でも心動かされました。行って良かったです。

お誕生日会について - 2016.12.16 Fri

2017年のスネイプ先生のお誕生日会の参加募集は昨日で締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
しかしまだ若干の余裕があるので、今年いっぱいくらいまでは募集を続けます。
詳細と応募フォームを載せた記事も残してありますので、急に都合がついた方など、よろしかったらいらしてください。
お誕生日会・読書会のお知らせ

夫婦でファンタビ - 2016.12.15 Thu

今日は夫と二人、ファンタビをIMAXで観てきました。
昨日4DX観たのでは?とお思いでしょうが、とにかくIMAXも4DXも今日15日までだったので、なんとか終わる前に観たいと思ったらこうなったのです(笑)

実は夫と、映画館でJKRの魔法界の映画を観るのは初めてです。今まで一度も一緒にハリポタを鑑賞したことはありませんでした。子ども達が小学生だった頃でさえ。DVDなら賢者の石を観た夫ですが、その後が続きませんでした。多分、私が読書の方を強く勧めたからだと思います。

最初にファンタビを観た時、ハリポタを知らない人でも楽しめるのでは?とまず思いました。後味があまりにも良かったので、一緒に観たいと思い、その気になってもらいました。
仕事が忙しい時期だったので先のつもりでいたら、IMAXが今日までというので、夕方なら行けるかもというので夕方の予約をしました。一昨日席を取ったので、抜群に良い席だったし、チケットを買った以上、後には引けない感じになったのも良かったです。

行くと決まってから登場人物の名前をまず教えました。私は初回、主要メンバーの4人以外の名前がよくわかっていなくて、クリーデンスもグレイブスも区別がついていなかったし、モデスティって誰?という状態だったので、予習の必要性は感じていました。
あと、グリンデルバルドとは何者か、7巻までの知識をさらっと話し、ニュートが書く本は後にハリー・ポッターも使うことになる、ということも話しておきました。

私も仕事の日でしたが、一度家に帰り、夕食を作って他の用事を済ませてから郵便局を経由して映画館のあるショッピングモールに行き少し買い物をしてから待ち合わせ場所に向かいました。

鑑賞後、車の中や帰宅後の夕食の食卓で感想を言い合うのが楽しかったです。
これを、ずっと前からやりたかったんです!
予習の甲斐あって夫にとってもこの映画は楽しかったようで、二作目三作目も観たいと言っています。やったー!9年先まで楽しめそう。

以下は今日気付いたことです。

ファンタビ4DX - 2016.12.14 Wed

今日はファンタビの4DXに行ってきました。
明日までと聞いて夫を誘ったのですが、4DXは絶対嫌だと断られてしまいました(笑)
3Dの上に座面が揺れたりしたら、気持ち悪くなる人もいるでしょう。私は全く問題ないのですが。
ただ4DXだと画面の端までは焦点が合まず、中心ばかり見ていたように思います。3Dでもそうなのかもしれません。

今回新しく気付いたこと、前回書き忘れたこと、4DXならではの感覚を続き以降に書きます。

囲む会 - 2016.12.13 Tue

今日は職場の忘年会でした。
先週の金曜日にリハ科の忘年会があって参加したのですが、今日は訪問の方の忘年会です。職種が色々なので普段仕事中はゆっくり話せないような人と話せるのが楽しみでした。

会場や日時や会費を示した案内を作ってくれた人がいて、タイトルが『○子を囲む会』になっていました。
○子というのはこの部門で最年長のナースの名です。
「素敵なタイトルですね」と褒めたら、「適当だから気にしないで」と言われました(笑)

一度帰って夕方再び職場最寄り駅まで行ったのですが、会場が駅ビルにあったのでとても楽でした。
クジを引いて席に座ったら、向かいがリハ科のS先輩、左隣がT先輩であれ?いつものメンバー?という感じでした。6人のテーブルはセラピストとケースワーカーと事務だけでナースは一人もいなくて、隣のテーブルは逆にセラピストとケースワーカーがいなくてナースと事務だけに偏ってしまいました。

偏りはあったけど、楽しかったです。
タガの外れたS先輩が生き生き語るのですが、導入は前回同様私への質問でした。今回は「二尋さんはスネイプ先生に会いたくなったらどうしますか?」という相変わらず唐突な質問で、でも私はニヤリと笑い落ち着いて「本を開けばいつでも会えるんですよ」と答えました。そして、それはあくまで導入で先輩は今好きな彼に会いたくなった時を語りたいのだと容易にわかったので傾聴しました(笑)
とあるゆるキャラが好きな同僚にもどうして好きなのか、というかねてから疑問に思っていたことを聴けたし、10年以上前の出来事話題になって懐かしかったし、料理が殊の外美味しかったし、楽しい会合でした。

そうそう、○子さんは『囲む会』の名がついたからか、とても素敵な乾杯の前の挨拶をしてくれました。そして帰り際、なぜか会計役をやってくれて「どうしてこうなった?」とぼやいていたのが可笑しかったです。

二台目 - 2016.12.11 Sun

昨日、二台目のマンドリンを手に入れました。
新品ではありません。私が学生時代、一学年上のコンサートミストレスが使っていた、ワンランク上の憧れの楽器です。

当時、私が買った楽器だって決して安くはありませんでしたが、それよりさらに10万円も高い楽器で、音が良く響いて羨ましく思っていました。私の楽器は、同じ金額を払って買った同期の誰の楽器よりも響かず、みんなに「ハズレ楽器」と呼ばれていましたから。

長い年月が経って、フレッドを打ち直したことで私の楽器も良い音が出るようになって愛着も湧いていましたが、家族と合わせる時、どうしてももう一台欲しいと思っていました。良い中古があったらとアンテナ張っていたところに、先輩がこの楽器を手放すことになり購入希望者を募っていたので、申し出ました。他に希望は出ず、10月の総会にはその先輩も出席されたので、そこでさらに話は進んで私が購入することになったというわけです。
調整費などを含めて私が支払う額は、私の楽器より10万安く、当時のその楽器より20万安い金額ですから、私は良い買い物をしたと思っています。

昨日は駅で受け渡しを行い、ちょっと早かったけれど朝の9時に指定された駅まで行き、受け取ってきました。
IMG_0003a.jpg
受け取った直後

帰宅してから早速ケースを開けてみました。
マンドリン
ケースを開けたところ
こうして見たところは、私の楽器とあまり変わりありません。

IMG_7359a.jpg
元からの私の楽器

見た目に一番違うのが胴の色です。
IMG_0007a.jpg
黒い方が元から、白が二台目
黒い方はハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)で、白い方がメープルです。ローズウッドと言えば紫檀ですから、紫檀か楓か、となるとまるで杖の材質みたいです。

弾いてみると、音が全然違いました。
自分の元からの楽器も以前よりは響くようになったと思っていたのですが、やっぱり比較すると違います。それでも前の方はまろやかな音が出るので、曲によって使い分けても良いかな、と思っています。

昨日はたまたま娘が来ていたため、二人で簡単な曲を合わせてみたら、(娘はベース弾きですが、簡単な曲ならマンドリンも弾けます)すごく楽しかったです!今まで家族で合わせる時は1st抜きで間が抜けていたのですが、ようやくまともなアンサンブルができそうです。

お預かり - 2016.12.11 Sun

今日は孫を3時間弱ほど預かりました。
娘が実習時代の仲間と会食するためです。
先日来た時、だいぶ人見知りが出ていたので、早めに来て家に慣れておいてもらおうと思いました。
私の顔を見るなり泣きましたが、間もなく慣れました。
それでも、母親に抱かれているか、母親の姿が見えるか、という条件付きでしたから、本当に大丈夫かな、と心配でした。

娘は6時半からの会合で、6時に家を出るということで、5時にお風呂に入れて、その後授乳しました。
お風呂から上がった頃夫が帰宅したので、また新たに泣くかと思いましたが、授乳後はご機嫌だったのでほとんど泣かず、夫が抱いている間、娘はそっと出ていきました。
それから10分ほどは私が夕食作りをするのを抱かれたまま見て、機嫌よく過ごしていたのですが、やがて母親がいないことに気付いたようで、泣き始めました。眠いのもあったようで、抱いている夫の胸に目をこすりつけています。
と思ったら、眠ってしまい、マットレスの上に寝かせても起きませんでした。6時20分頃のことです。
それからすぐに夕飯にし、いつもは1時間以上食事に時間をかけるのですが、今日はのんびりせずに、でも晩酌はして、声を殺して会話しました。
寝た子を起こさないよう努力するこの感じ、すごく久しぶりでした(笑)

まだ食事が終わらない7時頃、40分ほど経って目覚めてしまい、泣き始めた子を私が抱き上げ、なんとか落ち着いたのですが、私が先に食べ終われるようにと交替したら、激しく泣き始めてしまいました。
私が再び抱くと申し出たのに、夫は「平気、平気」と動じません。
昔、娘が生後4か月くらいの頃、夫がお風呂に入れると泣くことが続き、私は「私がお風呂入れるから」と申し出たことがあっても、絶対譲らず、いつか泣かなくなり夫の方が上手になったことがありましたが、結構粘り強いんです。
でも、今日は泣き止みませんでしたが、その後も夫はチャレンジし続けました。
10分泣いて10分泣き止んで、というのを何回も繰り返し、9時少し前に娘が帰ってきた時は、機嫌よくタオルで遊んでいました。
母親の顔を見た途端、うえ~んと泣きましたが(笑)
いや~疲れました(笑)重くなっていて、抱き続けるとどこかが痛くなってきます。
でも、欲しいものに手を伸ばしたり、手にしたものを口に持っていったり、母親とそうでない人の区別がついたり、どんどん成長している様子を目の当たりにして嬉しかったです。

着ている割烹着に沁みついた孫の匂いを懐かしく思いながら、書きました。(今日はお泊り、階下で眠っているはずです)

わかるわかる - 2016.12.09 Fri

今日、訪問のS先輩とお昼を食べている時、S先輩が唐突にこんなことを聞いてきました。
「まだスネイプ先生のこと好きですか?」
思いがけない質問に戸惑いつつ、そこははっきりお答えしました。
「好きです!今度お誕生日会も企画してます」

「そうか~最近好きな人ができて、自分が変かと思ったけどそうでもないかな」
変 って......。
「誰を好きになったんですか?芸能人ですか?」S先輩は既婚者の女性です。
「最近あるドラマにはまってね。知ってるかな~」と言って見せてくれたスマホの待ち受けには、最近Twitterでよく見る顔がありました。
「あ!星○なんとか、って人ですね!逃げ○○ってドラマの!」
そこで正しい名前を教えてくれながら、今の熱い思いを語り始めたS先輩。
S先輩は割と冷静な人なので、頬を上気させて生き生き語る姿は、見ている私まで嬉しくなるものがありました。
今のドキドキ感、今出演中のドラマ以外の作品や他の活動への興味、昨日は彼が執筆した本を買い求めに久し振りに本屋に行ったという話。どの話を聞いても、身に覚えがあって、「わかりますわかります」ばかり言ってました(笑)

昨日はSNSで繋がっている友達とこの話題で長いこと話し込んで、ちょっと異常じゃないかと思ったそうです。
「いえいえ、普通の反応ですよ」
よく見る光景ですよね(笑)

「この話、他に誰かにしましたか?」
「職場では初めて」
「タガが外れましたよ、これできっと。私はまず娘に話し、次に○○さん(同期同僚)に話したら、堰を切ったように想いが溢れてきて止められなくなりました。そのうち有り余るエネルギーを持て余して何か行動するかもしれませんよ。妄想を小説に書くとか」」
「割と妄想する方だからあり得るかも!」

先輩は、この「好き」という思いのおかげで、些細なことが気にならなくなったと言います。
それもわかります。他の些細な事柄に注意が向かわなくなるのもありますが、外からのストレスを内側から跳ね飛ばすイメージ、内側のエネルギーが余計なものを弾くイメージ、というのが二人で一致した意見です。

ファンタスティック・ビースト2回目 - 2016.12.07 Wed

今日はファンタスティック・ビーストの吹き替えを一人で観てきました。
良いシートの真ん中の特等席でした。
レディースデイだからか、女性一人が多かったです。
平日の午前中なので小学生ではないと思うのですが、小さなお子さん連れもちらほら見られました。吹き替えだからでしょうが、内容的にはハリー・ポッターシリーズの初期のようなものを期待していると小さな子にはつまらないかも、とちょっと心配でした。

私は初回同様すごく入り込めて楽しめました。
最初に観た時jは、ネタバレ嫌いで何の予習もしなかったので、ニュート以外のキャストの名前が覚えられず、その場にいない人の名前が会話の中に出てくると、一体誰を指しているのかわからない、ということがしばしばありましたが、今回やっと理解できました(笑)
魔法生物も、種族の名前と個体名が混在しているので、最初はよくわかっていませんでしたが、二回目と吹き替えと両方の効果で理解できました。

一回目観た後、すぐに感想を書かなかったため自分が何を感じたか文字にすることができなくなってしましました。
今日こそしっかり覚えておくぞ!と思ったのですが、その場で書き留めるわけではないので、記憶がどんどん上書きされてやっぱり多くを忘れてしまいました。それでもできる限り記録しようと思います。

以下、重大なネタバレがあります。これからご覧になる方は、十分ご注意ください。


いとこ - 2016.12.06 Tue

昨日、伯母のお通夜に行ってきました。
伯母というのは亡くなった母の実の姉(次女)です。
母は7人兄弟の末っ子で亡くなった伯母とは10歳くらい離れていましたが、7人の中で最後に生き残ったのがこの伯母で、享年92歳でした。(長姉と次姉はともに90代での大往生だったのに、母は70代でした)

母の兄弟は割と結束が固く、従兄弟姉妹(いとこ)も年齢差があって人数が多い(20人余り)割には昔は交流がありましたが、伯父伯母が高齢化するに従って、再会は誰かの葬儀の時ばかりとなりました。

昨日は、ごく身内だけの通夜、ということで「普段着で来て」と言われて却って悩み、さんざん考えて白いシャツとグレーのスカートに黒いカーディガンで行きました。万一のことを考えて喪服も持参しましたが、その必要はありませんでした。みんな本当に喪服ではなかったからです。

伯母宅のかつて「応接間」と呼ばれた部屋に祭壇が設けられ、そこが会場となりました。
人数が少ないとは言え、祭壇が部屋の半分近くを占めるとだいぶ窮屈で、お焼香に出ていけるかな、と思っていたら、お焼香の台が手渡しで回ってきて、皆膝の上に置いてお焼香しました。

お経の後はその部屋で親族だけの会食がありました。伯母の棺も一緒です。
同じ卓についたのは、喪主の従姉を含め12人で、その内9人がいとこ同士、2人がいとこの伴侶、1人が伯母(母の兄の奥さん)です。いとこ同士と言っても、その場で一番若かった妹と一番年長の従兄とでは22歳の年の差があり、みんな互いにいくつ違いなのか正しく把握できていなかったのが可笑しかったです。

最近では葬儀関連でしか顔を合わさなくなったとはいえ、血の繋がりがあり、共通の思い出もあるので話は弾みました。
「M子(今回の喪主)が幼稚園くらいの頃うちに泊まりに来た時、じんましんが出てね、ムヒを塗ってあげたらしみたのかわあわあ泣いてね」なんて70際近いのに可愛らしい従姉が可笑しそうに言うのが天然っぽくて笑いました。

従兄弟同士なのにまるで双子のようにそっくりな二人がいて、初めて会った従姉のだんなさんは「兄弟じゃないんですか!?」と驚いていました。本人たちも「俺たち似てるよな」とか言っていましたが、年長の方の従兄の孫が幼い頃間違えたこともあったそうです。
この二人、100kg近い体重があって体型もそっくり、なのに3人掛けのソファーにこの二人を含め4人で座ったために非常に窮屈そうで、右手で左腕を抱えるようにして身を縮めている姿が全く同じだったので、皆あっけにとられました。仕草まで同じとは!
いとこって意外と血が濃いんだな、と思いました。
かくいう私も、今回の喪主の従姉とは顔が似ていると自覚していて、実の妹とより似ているんじゃないかと言われました。
他にも家紋の話、ルーツをたどった話、話題は尽きず、とても盛り上がりました。
疎遠になりつつあったいとこ同士が、こうして賑やかに過ごす様子を、かつて結束の固かった兄弟姉妹たちはきっと喜んで見ていてくれていると思います。

鎌倉プチオフ会(2)  - 2016.12.05 Mon

星の井を過ぎ、私たちが向かったのは御霊神社でした。
IMG_9866a.jpg
鳥居と踏切
鳥居前を江ノ電が走るという珍しい神社です。

IMG_9878a.jpg
神社側から撮影

でも、それよりも私が気に入ったのはその雰囲気でした。
パワースポットに指定されているかどうかは知りませんが、確かな気を感じる神社で、とても心地よかったです。
創建時代は不明とされていますが、平安時代後期ではないかということです。

IMG_9893a.jpg
黄葉したイチョウとパペットスネイプ先生

IMG_9895a.jpg
社と両脇のイチョウ
初めて行った神社ですが、お気に入りになりました。

この後、さらに歩いて長谷方面に向かい、長谷寺に行きました。
ここはとても大きなお寺で、拝観料も自動券売機で買うシステムです。
ただ、私たちが持っていた一日乗車券『のりおりくん』を見せると粗品がもらえるということで窓口で払いました。

すごい混雑ぶりでしたが、確かに紅葉がきれいでした。
IMG_9900a.jpg
赤と黄色と緑と空の青
四寮カラーみたいです。

IMG_9906a.jpg
紅葉と

IMG_9910a.jpg
また別な木と

IMG_9911a.jpg
仏像と紅葉

IMG_9916a.jpg
赤さの違う紅葉

IMG_9921a.jpg
ボケ(木瓜)とパペットスネイプ先生
黒光の文字も似合います。

IMG_9932a.jpg
眺望散策路からの景色
高い位置にあり、結構登りました。

IMG_9934a.jpg
良縁地蔵とパペットスネイプ先生
癒しの笑顔で良縁に恵まれますように。

IMG_9939a.jpg
弁天窟入口
出口は別にあるのですが、私たちが入ろうとした時はどんどん入口に人が入っていくのに出口からは誰も出てこず、ちょっと怖かったです。中は素掘りのトンネルの壁に弁財天や十六童子が彫られていました。
天井が低い部分があって多くの人がかがんで通る中、私達三人はその必要がなかったのが可笑しかったです(笑)

長谷寺を出たあと、カフェでお茶しました。
IMG_9942a.jpg
プレミアムケーキプレート(だったっけ?)とアッサムティー
ここでだいぶゆっくりお話ししました。

外が暗くなってきたのでお店を出て高徳院に向かいました。
いわゆる鎌倉の大仏があるお寺です。
拝観終了時間まで30分あったので入りました。

IMG_9950a.jpg
ライトアップされた紅葉と黄葉

IMG_9954a.jpg
大仏と同じくらいに見えるパペットスネイプ先生
画像は勝手に明るさが調製されていますが、結構この頃には暗くなっていて、お寺を出て長谷駅に着くころにはほぼ暗くなり、江ノ電に乗って鎌倉に着いたころには17時過ぎでしたがすっかり夜の雰囲気でした。
紅葉と史跡とおしゃべりで充実したとても楽しい一日でした。

鎌倉プチオフ会(1) - 2016.12.04 Sun

今日は鹿嶋さんとかなたさんと鎌倉に行ってきました。
先月24日に行った時は11月というのに雪だったのですが、今日はよく晴れてとても暖かく行楽日和でした。
江ノ電の一日乗車券(のりおりくん)を買い、藤沢発10時の江ノ電に乗りました。
IMG_9824a.jpg
江ノ電藤沢駅

まずは鎌倉高校前駅を目指します。
IMG_9826a.jpg
鎌倉高校前
無人駅なので一日乗車券は運転士さんに見せました。

IMG_9827a.jpg
線路脇から見た江の島

夏に一度かなたさんと来たことがありますが、もう一度スラダン踏切に行きました。
なんと、中国からと思われるツアー客の一団が一緒でした。整地なのですね。
IMG_9837a.jpg
電車が通る
上手くシャッターチャンスを捉えられないので連写しました(笑)

撮影後、一駅分歩いて戻って、腰越駅近くにある満福寺に行きました。
IMG_9841a.jpg
奈良時代に開山されたという古いお寺
でも、ここを有名にさせているのは義経が腰越状を書いた場所だから。

IMG_9842a.jpg
義経と腰越とのかかわりについての説明
11時から法事があるとのことで、急いで拝観しました。

拝観を済ませて網元直営のしらす屋さんに向かいます。
11時からの開店で、その少し前に到着したのですが、すでに先客がたくさん待っていました。
名前を書いて開店を待つと、私たちはその場に居た中では最後から二番目で、相席なら席があると言われたのですが、せっかくなのでゆっくりしたいと思い、外の椅子に座ってのんびりしゃべりながら順番待ちしていました。
実のところ、観光メインのオフ会ではお店に入った時や待機列の時くらいしかゆっくり話す機会がないので、この待ち時間は全然苦になりませんでした。暖かかったので屋外なのに上着を脱いでいました。
ファンタビや呪いの子の話をメインにしていました。
ネット上に出回っている情報をあまり見ていなかったので、ファンタビのことも勝手な解釈をしていることがわかって可笑しかったです。

IMG_9850a.jpg
しらすづくし定食
生シラスがとても新鮮で歯ごたえもあって美味しかったです。

お昼の後は再び江ノ電に乗ります。
IMG_9844a.jpg
腰越駅近くの、狭い場所を通る線路

降りたのは極楽寺駅でした。
ここから次の目的地に向かう途中に夫が「ぜひ見てきてほしい」と言うトンネルがあったので寄りました(笑)
IMG_9854a.jpg
極楽寺隧道
要石が二つあるのが特徴だそうです。

IMG_9858a.jpg
成就院に続く門
成就院でお参りした後、次の目的地に向かう途中で鎌倉十井の一つ、星の井を見ました。

IMG_9864a.jpg
星の井

IMG_9861a.jpg
昼間でも星の影が見えたとのこと

乗馬 - 2016.12.03 Sat

昨日の英会話教室で、スポーツジムとかスイミングプールとか音楽教室とかヨガ教室とか、何かのレッスンの申し込みの電話を入れる練習をしました。
そこで私は、乗馬クラブに電話する、という設定に決めました。
というのは、以前から乗馬を体験したいとずっと思っていたからです。

先日同僚たちと旅行に行った時、「これからやってみたいこと」が話題になって、私を含め乗馬をやってみたいと言う同僚は結構多かったし、既に体験した、という人もいました。結構みんな乗馬に興味あるんです。
なんとなくかっこいいというのもありますが、私が乗ってみたいと思っているのは、ずっと昔、小学生の頃、乗りたくても乗れなかった悔しい思い出があるからです。
旅先のどこかでポニーに乗れるイベントがあって、私と妹はその列に並んだのですが、私は年齢制限があって乗れませんでした。何歳で線引きされたのか覚えていませんが、妹は乗れて私が乗れなかったこと、なんとなく根に持っていたんです(笑)、いつか乗りたいと思いながら、その機会は訪れなかったのを、最近折に触れ思い出すようになっていました。

この歳で乗るのは落馬した時のリスクが大きすぎて怯みますが、いつか機会があったら乗りたいと今でも思っているので、そんなつもりでロールプレイしました。
電話(の演技)をして、相手に乗馬の情報が知りたいと伝えると(これは例文をhorse ridingに置き換えただけ)、何が知りたいですか?と聞かれ、一瞬で例文から離れていきました。
「馬に乗ってみたいんです」と伝えると、「どうして乗りたいのですか?」と思いがけない質問が来てたじろぎました。
まさか、妹が乗って私が乗れなかったから、とは言えないので「シェイプアップのため」と答えたら、「そういう目的の人すごく多いですよ!」とウェルカムな感じで相手(先生)は答えてきました(笑)
トライアルコースを受けることになって、日程を決め、アクセス方法を選び、シャトルバスの時間を教えてもらい、持ち物を尋ね、会話は終了しました。
「リアルだった」と先生が言いましたが、私も半ば本気で乗馬の体験教室に申し込んでいる気分でした。
明日、8時半に最寄り駅のバスロータリーにシャトルバスが来てくれるような気がしています(笑)

9年 - 2016.12.02 Fri

今日で、私がスネイプ先生の死を知ってから丸9年経ちました。
9年前のこの日から、しばらくは入浴時に泣いていたので、その時顔を覆った手の匂い、つまりは入浴剤の匂いが、スネイプ先生の死と直結するようになり、この日は毎年同じ入浴剤を使っていました。
が、今年は使っていません。もう売っていないからです。

今日はちょうどハリポタ祭りの日で、いつもは静かに偲ぶのに、今日は『秘密の部屋』を鑑賞しながら、熱い時間を過ごしました。
まだ単なる怖い先生くらいにしか見えず、その中で教師として一生懸命な部分がたくさん見られる『秘密の部屋』の鑑賞、これはこれで良かったです。

メタモンなど - 2016.12.01 Thu

相変わらずポケモンGO続けています。
昨日、欲しかったメタモンをゲットできました。
ポッポやコラッタなどの姿をしているとのことで、ポッポを漏れなくゲットしていた矢先、モンスターボールに入って「やった」と表示されたと思ったら、「あれ?」という文字が出て、これだ!と反応、スクショを撮りました。

IMG_9805.png
光を放つポッポ

IMG_9806.png
メタモンの姿に!

IMG_9808.png
かわいい~

まだまだ未知の出会いがあって、やめられません。

そうそう、今日は未知ではないけれど、やたらルージュラに出会った日でした。今までは卵が孵った一匹しかいなかったのに。
IMG_9820.png
今日だけで四匹
次々現れて興奮しました(笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)