topimage

2017-03

卒業 - 2017.03.20 Mon

今日は次男の卒業式に夫婦二人で行ってきました。
上二人は既に社会人、次男が卒業することで、とうとう家族全員が社会人となる節目の日です。

入学式の日は、門を通る前に写真を撮ろうとしても拒否されて記念写真は撮らなかったのですが、今回は最初からそのつもりのようでした。去年の今頃、その時を反省する言葉が聞かれ、「卒業式で撮ろう」と提案したのを覚えていたようです。

11時からの開式に十分間に合うようにと1時間前に正門前で待ち合わせしたのですが、待ち合わせよりさらに20分早く私たちが到着した時は、既に撮影のための列が長く伸びていました。でも、躊躇わず最後尾につき、次男に電話したところ部室にいたのですぐにやってきました。
列の進みは遅々としていて、1時間20分前に並んだのに開始に間に合うかハラハラしました。
結局1時間ほど経った頃、順番が回ってきました。
撮影のための待機列がこんなに長かったのは初めてです。
今までは多分長い列を見て「まあいいか」と素通りしてしまったこともあったと思いますが、息子の心の成長と、最後の卒業式と、二つの理由で並びました。
無事撮影出来てよかったです。

学生だけで会場はいっぱいになるため、保護者は入れないとわかっていました。
モニターで見るためのホールが用意されていましたが、撮影に時間を取られたためそのホールにも入れず、別に用意されていた講堂で見ました。こんな素晴らしい講堂があったとは!と驚くほどきれいな壁も床も椅子も木でできた講堂でした。

式次第を見てびっくり!次男の彼女がその学科の総代でした。
さっき正門で彼女とご両親にお会いしてご挨拶した時には知らなかったのでその件でお祝い言いそびれてしまいました。
部活もバイトも就活もしっかりやってさらに学業の成績も良いとは、頑張り屋さんです。
まあ、次男も私の学生時代よりははるかに良い成績だったし、卒論の内容も充実していたので私は満足です。

次男が卒業したことで、いよいよ私たちの子育ても終わりです。
既に一緒には暮らしていなかったし、逆にこれから配属先によっては実家から通うようになるかもしれないし、お給料もらうまでは自活はできないだろうけど、それでも子育てを卒業した感があり、大きな安堵感と一抹の寂しさを感じずにはいられません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)