topimage

2017-10

proneの考察 - 2008.04.23 Wed

3巻原書の19章を読んで非常に衝撃を受けた場面がありました。
 Snape's prone figure.(p.276)
のproneという言葉です。

普段、普通に職場で使う「プローン」という言葉はうつぶせの姿勢を意味します。ちなみに仰向けははSupine(スーパイン)です。
 首うなだれて伸びているスネイプ(3巻19章p.491)
という日本語訳でしたから、私はてっきりスネイプ先生は壁にもたれて気を失っているのだと思っていました。
だって体を起こしていない限り、『首うなだれて』にはなりませんから。
だから、3巻にproneの文字を見たときは思わず「p.prone?」と声に出してしまいました。
で、proneには他の意味もあるかと調べてみましたが、少なくとも姿勢を表す言葉では他の意味は見当たりませんでした。

そこで、英語圏で生活した体験のあるG子に確認してみたところ、やはりproneは普通の生活においてもうつぶせを意味すると言います。
さらに、3巻でハリーたちに吹っ飛ばされたスネイプ先生を表す言葉がSnape's prone figure.となっていたと話すと、彼女も興味を示しました。本は読んでいませんが、映画はずっと見てきたG子、映画の描写もproneじゃなかったと突っ込みます。
原作では壁に打ち付けられて頭から血を流すんだけど、と説明すると、「頭のどこを切ったか解明する必要がありますね!」と力強い返事が返ってきました。
さすが我が後輩!目の付け所が良いです。
それこそ以前私が時間をかけて考察したところ。
結局姿勢が違っていたので、全然意味をなさないことにようやく気付いたわけですが。

「そこは解明せずにはいられません」と鼻息荒いG子とお昼休みの一時を、どういう風にぶつかって壁をスライドしたらうつぶせになるのか、頭はどこが切れたのか、としばらく話し合ったのがとても楽しかったです。
結論は出ませんでしたが…
そこ、海外ではあまり問題にならなかったのでしょうか…不思議。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/1101-012a2288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スネイプ先生的 «  | BLOG TOP |  » 二度目の印象

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)