topimage

2017-08

個人授業 - 2008.04.27 Sun

金曜の英会話教室は、いつものメンバーがお休みで、なんとマンツーマンの授業でした。
グループレッスンの料金でラッキー!と思う気持ちと喋り続ける語彙があるだろうかと緊張する気持ちが半々でした。
いつも1時間の授業のうち、30分くらいは近況報告とそれに対する互いの質問、先生からの質問に対する答えと理由を語ることに使われます。その後は教材を使っての授業なので、その辺は1人も3~4人もあまり変わらないでしょうが、最初の30分は1人では間が持たないような気がしました。以下、カギカッコ内は実際は英語です。面倒なので(汗)

まずはいつも通り最近の出来事を語ります。
しかし、その程度ではすぐ会話も終わってしまいます。
先生は一般的な質問「今日は何月何日ですか」「何曜日ですか」「昨日は何をしましたか」など矢継ぎ早にしてきました。
「あなたの趣味はなんですか」と聞くので勇んで答えようとしたら、また「ハリー・ポッターを除いて」と付け加えられました。しかし私は頑固に「Harry Potter only」と答えたら、ではこうしましょうと「ハリー・ポッターに出会う前の趣味は」と聞かれました。
聞かれて、以前の趣味をちょっと忘れていたことに気付きました。
「コンピューターゲームです。例えばドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのロールプレイングゲームです」
「ハリー・ポッターといい、ゲームの種類といい、ファンタジーが好きなのですね」と言われ、その共通点に納得しました。
「あなたの夢はなんですか」には「世界中のたくさんの人とハリー・ポッターについて語り合うことです」とこれは自信をもって答えました。
他にも「運転免許を取ろうと決意した理由」とか「レッスン終了後の予定」など話しているうち30分はあっという間に過ぎました。
教材を使った授業も答えは全て私が答え、発音するのも1人なので細かく指導してもらえ、いつもより充実した内容でした。

最後に何か質問はないかと聞かれ、「授業に関係ないけど」と前置きした上で「prone figureといったらどんな姿勢を思い浮かべるか」と聞きました(日本語で)。
先生は自分で姿勢を2つ示してくれました。
一つは床に伏した姿勢。
もう一つは「椅子に座っていたなら」と言い、首うなだれた前かがみの姿勢でした!
やっぱり座った姿勢もありなんでしょうか??
医療の専門用語と一般用語では時に示すものに隔たりがあることがありますが、そうなんでしょうか?日本語の訳者はやはりproneでその姿勢をイメージしたのでしょうか。というより、原作者もそのつもりだったのでしょうか。さらに疑問は深まりました。

ともあれ、ハリポタの質問までできてたのはラッキーでした。
緊張したけれど、個人授業は面白かったです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/1105-9e1532fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

消えた肉の恐怖 «  | BLOG TOP |  » スネイプ先生的

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)