topimage

2017-08

曇った訳 - 2011.04.10 Sun

晩酌中、夫がグラスにお酒を注ぐ様子を見ていて、唐突にあることを思い出し、連想から別なことを考えていました。
夫が「何考えてた?」と聞いてきました。
私の顔が曇ったらしいです。

お酒を見ていて、OTの学生時代に受けた授業を思い出していました。
すごく怖い先生がいて、ある日「アルコールはどこで吸収されるか?」という質問をしました。
その時私が指されたかどうかは覚えていないのですが、まあよく指す先生でしたから、自分の番が回ってきて答えられなかったらどうしよう?と考えていたのは間違いありません。
その先生は人体におけるアルコールの代謝などを教える先生ではなく、多分知識を問うために聞いたのだと思いますが、みんなわかりませんでした。
「胃か?小腸か?大腸か?」という具合に聞かれて、胃だと思った学生はほとんどいなかったと思いますが、胃でも吸収されるとその時、教わりました。

その先生、何が怖いって、言い方がきついのです。
皮肉と嫌みで出来ていると言っても過言ではないくらい。
既に三十路を過ぎていた私は、そんなに怖いものはなかったはずなのに、皮肉で辛辣な物言いの前にはいつも縮みあがっていました。

しかし、顔が曇ったのはその先生の怖さを思い出したからではありません。
その皮肉と嫌みに満ちた講義がスネイプ先生を連想させ(ハリーやネビルに対する話し方に似ています)、その時の私のように、ホグワーツの卒業生たちが負の感情を伴ってスネイプ先生を思い出すことがあったかも、と思ったら、なんだか悲しくなってしまったのでした。

そう答えたら、夫は「でもスネイプ先生は生徒のためを思っていた、と考えてるんだろ?」と聞いてきます。
「読者の共通の認識ではないけれど、私はそう信じてる!」ときっぱり答えたら、なんだか気持ちも晴れてきました。

そうそう、その怖い先生も成績の悪い学生からは結構支持されていて意外に思ったことがあったっけ。
休暇中、特別講義を開いてくれたそうです。
相変わらず皮肉に満ちた授業だったけれど、丁寧に教えてくれたとか。
いつも、「怖かったなあ」と思い出した後で、そのことも思い出し、「学生のことを思ってくれていたんだ」と思い直すのです。
それを夫はちゃんと覚えてくれていたのでした。

魔法薬学では普通は補習などしなかったようですが、闇の魔術に対する防衛術の授業ではクラッブとゴイルを居残らせて勉強をさせたスネイプ先生、やっぱり生徒を思っての行動だと思います。
自分たちのためを思ってやってくれている、という自覚を持つにはホグワーツ年齢では若過ぎるかもしれないけれど、マイナスの感情と共に思い出したあとで、よく考えたら自分たちのためだったかも……と、卒業生が思い直してくれていたらいいなあ。

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント下さったかたへ

お名前の変換違いの前のコメントの方は消させていただきました。

おお!若いですね!
厳しかったけれど、後になってみれば愛の感じられる先生っていますよね。
スネイプ先生も、生徒には意地悪を楽しんでいるように見えたかもしれないけれど、深いところには愛がありましたよね?
そう思いたいです(笑)

まるでつい先週の出来事のような気がしますが、もう一ヶ月も経つのですね。
そうですか、取り壊しですか。
確実に前に向かって進んでいらっしゃる様子に頭が下がります。
先日に続き、今日もまた大きな余震があり、なかなか心休まる時もないかもしれません。
私にはあっという間でしたが、一ヶ月の間色々御苦労なさって心身ともに疲れもたまっていらっしゃることと思います。
お気に入りの音楽とスネイプ先生に癒されますように。
一日も早く生活が軌道に乗り、心穏やかな日々を過ごせるよう、心から祈っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2459-db871cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水仙2 «  | BLOG TOP |  » 電気

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)