topimage

2017-10

レンガ - 2011.06.16 Thu

夫の趣味はトンネルを観察することです。
好みの基準は、何度聞いても私にはよく理解できないのですが、とにかく「趣のあるもの」らしいです。
岩を掘っただけの素掘り、特に人の手によって掘られたものなどは大好物のようですが、最近ではレンガ造りで古い物とかレンガの積み方の特殊なもの、なども観察のポイントになっているようです。

レンガの構造物のマニア、というのも存在するようですが、まあそこまでではなく、参考程度にレンガの積み方による名前の違いなどを調べては、私にも教えてくれるのです。
で、その中には「イギリス積み」というのもあるとか。
イギリス積みというくらいなら、イギリスの建物はイギリス積みなのだろうか?という素朴な疑問が湧き、イギリス旅行中に撮った写真に写ったレンガ造りの建物の見てみました。
そのつもりで撮ってはいませんが、結構写っています。
しかし、意外とイギリス積みは見つかりません。
しかも、統一性のない積み方が多く見えます。
さらに、レンガの規格すら統一されてないのでは?と感じられる部分もあります。
DSC00159-1.jpg
ベルパーの建物
むしろフランス積み(正式にはフランドル積み)に見えますが、長さはばらばらに見えます。
上の煙突(?)部分だけ長手積みかな?


そして驚いたのが、これ。
DSC00099-1.jpg
キングズクロス駅の9と3/4番線(2007年時)

アーチ型の外側がイギリス積み、アーチ型の内側で『PLATFORM 93/4』のプレートの下の方が主に長手積み、プレートの上(色が違う方)がフランドル積みに見えます。
積み方によって強度が違うとか使用する量が少なくて経済的だとか、色々あるようなので、何か理由があるのかもしれません。
レンガの世界も奥が深いです。
同じ写真も視点を変えて見ると面白い~

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2529-dea66075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

more «  | BLOG TOP |  » ポスター

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)