topimage

2017-08

プリンス効果 - 2011.07.24 Sun

先日「謎のプリンス」が地上波で初めて放映されましたね。
録画しつつ、スピナーズエンドの場面と毒入りハチミツ酒の場面より少し前から最後までを観ました。
「謎のプリンス」は元々7巻後に見た映画ですが、それでも映画「死の秘宝PART2」後に見ると、その表情の一つ一つが心に沁みました。

それまでも「死の秘宝PART2」の影響と思われるアクセス数の増加があったのですが、「謎のプリンス」効果はそれをはるかに上回る勢いのアクセス数を示しました。特にもう一つのブログの方で。
「死の秘宝」公開直後は、通常の7倍ほどアクセス数で、こりゃすごいと思っていたら、「謎のプリンス」後は通常の20倍近くに跳ね上がりました。
テレビの影響って、映画上映の影響より大きいんですね。
冷めるのも早そうですが。
放映翌日はその余韻はあったものの、今日あたりは「死の秘宝」公開日程度に落ち着きそうです。
この様子だとまだ映画最終作の結末を知らない人口も多そうです。
何も知らずに「謎のプリンス」のラスト近くの出来事にショックを受けた人々が「スネイプ」「プリンスの正体」で検索してくるのだと思われるので。
2年後くらいにテレビで最終作を初放映したら、さらに人々を驚かし、もう一度ピークがやってくるかもしれません。

● COMMENT ●

う~ん

こうやって“時間差”でピークがやって来るのも、ハリポタの魅力の一つかもしれませんね。
(かく言うわたしも、原作発表当初は食わず嫌いをし、地上波で初めてその面白さに魅了された一人です)

『謎のプリンス』は以上の経緯から初めて劇場鑑賞したハリポタ映画。
再びブラウン管越しに観られてシアワセです

(余談ですが、スピナーズエンドでナルシッサのノックに応えるワームテールに、フェイントで奇声を発してしまいました)つい早とちりして、スネイプ先生かと

原作6巻のスピナーズエンドでは、大人なスネイプ先生にイマジネーションを掻き立てられるシーンですね。

ところで、普段は仏頂面なスネイプ先生ですが、生徒への言動やリリーの手紙を見つけ涙するシーンなど、案外感情豊かな人なのかな?と思う今日この頃です

豊かな感情

anさんは地上波から入られたのですか。
先日たくさんいらした方の中にも、原作のスネイプ先生に興味を持った方がいらっしゃるかもしれませんね。

スピナーズエンドのフェイントには私もひっかかりました。
ドアの隙間から顔を覗かせるのは黒い長髪の顔色の悪い男のはずだったのに(泣)
原作でのこのシーンは、ハリー視点でないスネイプ先生を見られるのも大きな魅力の一つでした。
このような特別扱いにとても興奮したものです。

>普段は仏頂面
かなり閉心術が効いていたと思います。
子ども時代にリリーの前で見せていた、嘘のつけない、恋心も隠せないのが本来の姿だったのではないかと思いますi-241

テレビで初めて「謎のプリンス」見ました(大汗)
プリンスって誰?といきなり子どもに聞かれ、観れば分かるけど…と言葉を濁しました。
映画は少し時間が経ってから観ると、それほど違和感無く見れました。スネイプ先生がドラコに「歌うように」呪文を唱えていた場面が結構印象に残りました。あんな感じなのだな、としっくり来た気がします。
コンビニで1000円のDVDが売っていたので、結構カットされた場面がテレビだとあるのかな、と気になりました。

謎のプリンス

プリンスが誰だかわかったところで、「?」という感じではなかったですか?お子さんは。
映画ではプリンスの名の由来を明かさなかったので、一体スネイプ先生は何を考えて「プリンス」と名乗ったかわかりにくい気がします。原作のハリーが言うように「卿(Lord)」と大差ないですよねi-241

「歌うように」の部分は初めて見た時も、今でもとてもドキドキする場面です。
そこを映像化してくれて本当に嬉しいです。

この間の放映がどれだけカットされているのか、私もDVDはそれほど繰り返し観ていないのでわからないんです。放映時間が長かったけど、「ノーカット」って書いてあったかどうか…。
カットされていたのなら、やはり余さず観てみたいですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2573-5d4d699f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

観察記録(10)(7/26追記) «  | BLOG TOP |  » アナログ

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)