topimage

2017-08

工作 - 2011.08.17 Wed

小学生時代、工作の授業はあまり好きではありませんでしたが、工作自体は嫌いではありませんでした。
自分が思いついたものを勝手に作るのは好きで、与えられた課題をこなすのは苦手だったのかもしれません。
子どもが生まれて、専業主婦だった頃も、結構おかしなものを作っていました。
以前このブログで紹介した段ボールの宝箱なんかもそうでが、段ボールやボール紙は、子どものおもちゃの素材としてよく使いました。
ゲームのアイテム、剣や盾などを作ると大変喜ばれたものです。

さて、一人暮らししている娘が近々帰省することになりました。
前回来たのは2週間くらい前ですが、たった一晩泊まり、しかも夕方来て次の朝7時前に家を出ていきました。
何しに来たかというと、夏の合宿で着る仮装の衣装を縫うためにミシンを使うことが目的でした。(私たちの頃は、合宿で仮装したことなんかなかった!)
しかし、レポートの提出が迫っているからと、裁縫にはあまり時間がかけられず、さらに小物まで用意することはできなくなりました。
小物が無いとちょっと締まらない感じで勿体ないと思い、私が作ることを申し出ました。
そこで、12、3年ぶりくらいに盾を作ることになりました。

まずは段ボールを用意します。
大きさが足りないので、二枚を繋ぎ合わせます。
DSC06141a.jpg
段ボール2枚分
後で絵の具で着色するつもりなので、テーピング用のテープで貼りました。

DSC06143a.jpg
盾の形に切って、模様を下書きしているところ
模様は、ゲームの説明書を見ながら、隠れている部分や良く見えない部分は想像して描きました。

DSC06145a.jpg
絵の具で色をつけている途中
工作は好きですが、細かいところにはこだわらないので、うっかり手が滑ってはみ出してもそのままです(汗)

DSC06147a.jpg
赤や黄色も使います

盾ですから、装備しないといけません。
うらにはちゃんと持ち手をつけます。
これは、ゲームの画面でアイテムを表示させると、立体的にクルクル回るので、裏がどうなっているかわかり、それを元に作りました。
DSC06148a.jpg
盾の持ち手

金具をご覧ください!
これは壊れたお弁当箱の蓋についていた留め具ですが、そのまま台所に放置されていたものを、火であぶってからペンチで曲げて加工した自信作です♪
曲げたのは、段ボールに接している部分から立ち上がった部分です。
DSC06150a.jpg
装備したところ

DSC06152a.jpg
大雑把な仕上がり
トライフォース(黄色の三角)の線くらいはきちっと描けば良かったな。


夫は「よくやるよ」と感心半分、呆れ半分で言ってました。
うん、忙しいけど良くやった!(満足)

● COMMENT ●

カッコいい

上の子が三歳の時
ダンボールで合体ロボもどきをつくり
子供に着せて戦っていましたが
柄までこんなにきれいな盾があったら
もっとかっこよくなったに違いない
ちょっぴり後悔、次に作る時は(いつになるのかは・・・そもそも作るかも不明)やります

ありがとうございます!

全く同じ柄の盾を上の子が八歳か九歳の時に作ったのですが、その時は色鉛筆で塗っただけでした。
それでも、子どもたちは喜んで、ボロボロになるまで使ってました。
今は目が肥えてしまったから、ちょっと気合い入れてみました。

> 上の子が三歳の時
の部分に、ちょっと苦笑してしまいました。
今回のこと、後に「上の子が21歳の時」とか思い出すのだろうかと(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2601-13f40a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちょっとショック «  | BLOG TOP |  » 女子会

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)