topimage

2017-08

職員室 - 2011.11.24 Thu

某所で、楽しそうなホグワーツの職員室の絵を拝見し、想像が膨らみました。

映画では一度も職員室は出なかったし、本でも描写が少なくて内部のことが未だによくわかりません。
板壁の奥の深い部屋で(3巻7章)、広い壁が羽目板飾りで、黒っぽい木の椅子がたくさんあって(2巻16章)、ちぐはぐな古い椅子で(3巻7章)ちょっとかび臭い職員のマントが入っているやぼったい洋服掛け(ugly sort of wardrobe)があって(2巻16章)。多分そのやぼったい洋服掛けが3巻の、ボガートがいる先生方が着替え用のローブを入れる古い洋箪笥(an old wardrobe)で。そこからスネイプ先生の姿で現れて女装させられて……。

そのくらいでしょうか。

2巻でジニーが秘密の部屋に連れて行かれたとき、先生方に召集がかかって、スネイプ先生を含め授業中の先生方はそこに集まりました。
職員を招集する時はやはり職員室が会場となるのでしょうか。

私が以前から気になっていたのは、そこに机があるのかどうか、ということです。
日本の学校の職員室のように各自が決まった机と椅子を持っているのか、ということです。
椅子の描写ばかりあって、机の描写が見つけられません。
3巻の原文を読むと、なんとなく部屋中椅子だらけ、という印象も受けます。
The staff room, along, panelled room full of old, mismatched chairs,was empty~(3巻UK版ペーパーバックp.100)

でも、例えばハリーから没収した本があったとして、それを一体どこに置くというのでしょう?椅子の上?
各自のものはなかったとしても、共有の机というか小さなテーブルの類はどこかにあったかもしれません。

職員室は4巻以降、その描写があったかどうか覚えていません。
しかし3巻までの間で今回気付いたのは、数少ない職員室の場面の全てにおいて、スネイプ先生が登場している、ということでした。

今まで私は、スネイプ先生は見回りや授業以外では、割と自分の研究室にこもりがちな人だと思っていたのですが、そうではなかったのですね。

1巻では、夜にハリーが没収された本を返してもらおうと職員室を覗いた時、スネイプ先生とフィルチ以外の先生の姿はありませんでした。
もうそれぞれ自室に戻るような時間だったと考えられます。
でも、スネイプ先生は研究室には戻らず、そこでフィルチに手伝ってもらって包帯を巻いていました。
他の先生がいなくなるのを見計らうくらいなら、いっそ自分の部屋でこっそり巻いた方が良いと思います。スネイプ先生なら、誰にも手伝ってもらわずにフェルーラできれいに巻けると思うんです。
フィルチだけに心を許したのかもしれませんが、そもそも、誰かに手伝ってもらおうとするあたり、人恋しいのかな、という気がします。

同じく1巻で試験が終了したハリーたちに「何か企んでいるように見えますぞ」と言った後も職員室の方に向かって歩いています。
その後ハーマイオニーが見張りについたわけですが、実際に職員室からスネイプ先生は出てきています(余談ですが、ハーマイオニーが「フリットウィック先生を待っている」と言ったらわざわざ連れてきた、というのも今見ると新しい驚きを感じます)
試験が終わったらさっさと自分の部屋の戻るのではなく、まずは職員室に向かったのですね。
ちなみにマクゴナガル先生は同じころ、ホールにいたり4階にいたり。ダンブルドアが不在となって仕事が増えたせいかもしれませんが。

3巻では、誰もいない職員室に一人で椅子に腰かけている姿が見られます。
職員室はいつ誰が入って来てもおかしくない場所ですから、一人になりたかった、というわけではないと思います。
以前は、疲れた体を安めに来たのだな、それをルーピンが生徒をわさわさ連れて入ってきたものだから、出て行ってしまったじゃないの!と憤ったものですが、今はちょっと違う印象を持ちます。
スネイプ先生、職員室の空気が結構好きだったんじゃないかな、と。
一人で座っていた低い肘掛椅子も、もしかしたらハリーたちが談話室でお気に入りの椅子があるように、スネイプ先生のお気に入りだったかも。
そうであって欲しいです。
他の先生達と顔を合わすこの場所が、スネイプ先生にとって居心地の良いものであったことを祈っています。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2697-e95ddd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同級生 «  | BLOG TOP |  » 経緯

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)