topimage

2017-08

最終講義 - 2012.03.01 Thu

今日、母校で、定年退職される恩師の最後の講義を聴いてきました。
OTの学校ではなく、高校卒業後に青春時代を過ごした大学です。

12時きっかりに仕事を終わらせて、10分の間に持参したおにぎり1個を食べ着替えを済ませて、駅に向かいました。
電車の乗り継ぎは比較的良かったのですが、それでも、母校最寄駅に着いた時は、講義開始4分前で、私の足では20分はかかる道のりを、タクシーで行こうと決断しました(大袈裟)

電車の中で娘からのメールを受け取りました。
講義開始8分前くらいで、「友達が会いたがってるよー!笑」という内容でした。
「それは光栄ですな」と返信。
すぐに「マントは着てないけど、黒尽くめだよ」ともう一通送ると「セブルスじゃないですかー!だって」と返事が来ました。
むむ!そんな素敵な反応したのは誰??

10分余り遅れて会場に到着すると、入口で記帳するようになっていて、年配の紳士がちょうど書いていらっしゃるところでした。
たいした遅れじゃなくて良かったと安心しましたが、記帳の際、自分の卒業年が思い出せず、次の方に順番を譲ってそこで時間のロスがありました。(西暦で覚えていたのにみんな元号で書いているんだもの。すぐに計算できません)

私たちの頃にはなかった新しい建物のきれいで広い教室のほとんどの席が埋まっています。後ろの壁際で立ち見しようかと思っていたら、最後列の一人の方が荷物を退けて「どうぞ」と声をかけてくれました。

講義の方は、この世界から足を洗って年月が経っているのでちんぷんかんぷんかと思いましたが、そんなことはありませんでした。
懐かしい画像を交えて、学んだ学問の歴史、先生の歩んだ道、この学問、研究室の未来についてのお話で、最後まで集中して聴くことができました。
全く違う道を歩んでいるように見えて、目指すところは同じようなことで、詰まるところどの世界も目指すところは同じなのかな、と思いました。

講義が終わって、学生や卒業生から花束などのプレゼントが贈呈されると、先生との記念撮影がありました。
在校生も卒業生も一緒の記念撮影です。
前に向かって歩いているとなんとなく見覚えのある女性がいて、声をかけたら同級生でした。
さらに前方に行くと、今度は昔勤めていた会社の先輩Eさんの姿も見えます。
声をかけるとびっくりしたようで、「娘が今学生で、同じ研究室の後輩なんですよ」と話したら、「うちの息子も去年まで同じ研究室にいた」と言います。
うちの娘と入れ替わりだったとは!
Eさんとその奥さんも私と入れ替わりで卒業していて、なんだか同じことの繰り返しで可笑しくなりました。
さらに、私の卒論を指導してくれた当時の研究生Iさんもいらしていて(今は他県の大学の教授になってました!)、話すと全然変わってなくて、タイムスリップしたかのようでした。

撮影後しばらくIさんと話してから、娘の居る現役の学生たちの集団の方に行きました。
娘に声をかけつつ、そばにいた女の子たちに挨拶すると、娘は「お母さんの一番のファンがそこにいる」と2mほど離れたところに立っていた男子学生を指しました。
G君(だったかな?)は笑顔の眩しい青年で、「29日の記事読みました」と言ってくれました。
日付を言われてもピンとこなくて、「講義に来る?」と娘が聞いてきた時のことを書いた日かな?と思っていたら「ファイナルファンタジーの」と言います。
「ああ!カウンター攻撃の!」(「って昨日の記事じゃん!」と心の中でつっこみを入れる私)と大声を出したら、娘が横で「恥ずかしいんだけど」とぼそっと呟きます。
ああ、確かに。同級生と自分の母親がゲームのタイトルとか攻撃名とか口にしてたら、そりゃ居たたまれないだろうと思いました。
もっとゆっくりお話したかったけど、重鎮の方々が傍を動き回っているところではそうもいきませんでした。
G君、いつもブログを読んでくれてありがとう!
スネイプ先生のことどう思っているのか、今度会ったら教えてね~。

その後娘と連れだって教室を出たら、今度は、娘の研究室の若手のY先生にお会いしたのでご挨拶しました。
Y先生は私の2年後輩で、研修室では一緒に過ごしたことはありません。
それでも共通の知人について話していたら、さっきの昔の職場のEさんが話に入って来て、Y先生が「どうして知っているの?」とEさんに言ったら「だって○○(会社名)だもん」と答え「え?そうなの?」と驚くY先生に、ああ、なんて世界は狭いんだと思いました。
Y先生はさらに「ハリー・ポッターがお好きなんですってね」と言ってくれました。
私は「まあ、お恥ずかしい!」といかにも保護者っぽく答えましたが、本当は「先生はハリー・ポッターはお好きなんですか?」「スネイプ先生のことはどうお思いですか?」と会話を発展させたかったです。
でも、さすがの私もその場では無理でした。
娘にまた居たたまれない思いをさせることになりそうだし(笑)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2790-9be63003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年雛祭り «  | BLOG TOP |  » Counter-curse

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)