topimage

2017-10

一大決心 - 2012.03.13 Tue

内容はタイトルほど大袈裟なものではありません。
私にとっては重大な決定でしたが、傍から見たらそれほどでもない、ということを承知してお読みください。

今日は絵のレッスンの日でした。
今日の授業内容は、先週に引き続き、以前描いた映画スネイプ先生の模写の色付けです。
添削課題とは別に、家でもかなり色塗りをすることになっていました。
とてもじゃないけれど、1回のレッスン(2時間)では完成しないので、前もって自宅学習としてある程度仕上げてくることになっていたのです。
それで、先日書いたように、前髪の影を額に描き込んだというわけです。

土曜と日曜、合わせて5時間くらい費やしました。
集中力が2時間ほどしか続かないので、それが限度です。
集中して自分の絵と見本の画像を見比べていると、今まで気付かなかったことに気付くようになります。
「あれ?もしかして、スネイプ先生の顔、中心に凝縮し過ぎていないか?」と思い始めました。そんなに変ではないのですが、ちょっと鼻が短めで額が広くなっています。
そう思いながらもとりあえず細かいところに少しずつ影を入れて様子を見ていると、非常に良い感じにリアルになってきて、「まあ、こんな感じでもいいかな」という気になってきます。
でもさらに色付けが進むと、「まあいいか」と妥協する気持ちと、「違ったままでいいのか?」と妥協したくない気持ちの狭間で揺れ動くようになりました。
結局かなりいい感じに仕上がってきたので、調整するにしても先生に相談してから、と思い、今日相談してみました。

先生は、「二尋さん次第です」とおっしゃいます。
そこで私は一大決心をして「妥協したくありません」と答えました。
それなら、ということで、先生は見本画像と私の絵を見比べ、「(見本は)顎がほんの少し上がって見下した顔をしているんです。二尋さんのは、正面を見据えているんですね」というお言葉を下さり、さらに見た目の比率の違いを指摘、そして結局こうおっしゃいました。
「眉と目を消してみましょう」
ああ、やっぱり!
完全とはいえないまでも手塩にかけて作り上げた顔を、部分的であっても消すことは相当な勇気が要るものだと思いました。
何より、既に愛着の出てきたこの顔には、もう二度とお目にかかれないのです。

もちろん、より一層本物に近付くことを目標に決めたことですから、迷いなく消しました。
けれど、想像していた通り、眉と目だけでは済まず、次に鼻を消すことになり、顔の輪郭の中に、口だけ残るという、ちょっとアリスインワンダーランドの芋虫的になったアランさんですが、結局「やっぱり口も消さないとダメですね」の一言で、全消ししてしまいました(泣)
後で気付いたのですが、消す前の顔を写真に撮っておくべきでした!
デジカメも持ち歩いていたのに…。
とにかく、鼻がちょっと短め(つまり普通の人の鼻に近い)だけど、いい感じだった顔とは永遠に会えなくなってしまいました。

そして描き直したら、前より似てないんです!
今日の授業のかなりの時間を費やして、とりあえずパーツの位置はこれでいいのでは?となりましたが、やっぱりまだ違う感じ。
一度消した以上、前より実物に近くないと、消した絵に申し訳ないです。
妥協しないと決めたので、次回までに納得いく顔にしてやるぞー!

● COMMENT ●

我が身

ついつい、自分に重ね合わせながら読んでしまいました。力をそそいだものを消してしまうのは勇気がいりますね…!二尋さんの固い決意があれば必ず前よりいいものができると思います!
納得されたらこちらにも写真は出るのでしょうか?楽しみにしております~~

最初が肝心

絵描きさんは、きっとしばしばこのようなお気持ちを抱いていらっしゃるのでは?と感じましたが、やはりそうでしたか。
私の場合、さらっと絵は描けず、何時間もかけて一つの顔に仕上げるので、修正はごく初期でないと精神的なダメージが大きいことがわかりました。最初にもっと注意深く観察するべきでした。

お言葉ありがとうございます!
今度は納得できるよう頑張ります!
納得いくものが出来たら、こちらにも載せますね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2800-94b343d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

永遠に «  | BLOG TOP |  » 一年

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)