topimage

2017-08

蛇と鹿 - 2012.04.10 Tue

ヤフーニュースからのリンクで、面白い記事を見つけました。
私は今日初めて知ったのですが、去年の11月の記事なので、当時世間は騒いだのかもしれません。
だから、中には「今頃?」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、『今頃』話題にします。

鹿を丸のみにした蛇の話題です。
体長4.7mの蛇が、重さ34kgの鹿を丸ごと飲み込んだそうで、その画像まであります。蛇の胴回りは112cmにもなっていたとか。

ちょっと考えられない事態ではありませんか!
重さ34kgというのは仔鹿かもしれませんが、それだって写真で見る112cmに達した胴回りと頭部との比較は、明らかに不自然です。蛇の口の径と鹿のサイズが合ってません。いくら顎を外したって、そんなに柔軟性があるものなんでしょうか、蛇の口って!
鹿は頭から飲みこまれたのでしょうか。まず鼻先にかぶりつくくらいはできそうです。そこから徐々に飲み込んでいったにしろ、全て飲み込むまでに要した時間は相当なものだったと思います。
記事には、鹿は「無傷」だったとありますが、傷がないだけで生きてはいませんよね?いくらなんでも。生きていたら、黙って飲みこまれるはずないですもんね。

この記事に目を留めたのは、その出来事が奇抜だったせいもありますが、“当事者”が「鹿」と「蛇」だったことも大きいです。
飲みこまれたのは、メスの鹿のようです。
蛇のサイズは、ちょうどナギニくらいではありませんか!
「大の男の太腿ほどもある鎌首」(7巻1章p.16)
「優に四メートルはある巨大な蛇」(4巻1章p.22)

飲みこまれたのが牝鹿だったばかりに、ついつい悲壮な妄想に繋がってしまいます。
これが牡鹿だったら、もっと痛快な妄想ができたんでしょうけど。
まあ、牡鹿だったら、角が引っ掛かって、丸飲みは出来ませんね。
蛇の口元で引っ掛かる角を想像するのも面白いです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2832-dd155eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

完成! «  | BLOG TOP |  » 予定

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)