topimage

2017-10

通信手段の変化 - 2012.05.19 Sat

次男が近頃しきりとスマホの話題を振ってきます。
「もうガラケーは販売されないよ、どうする?」と言われて聞き返しました。
「え?ガラケーって何?」
ガラパゴス携帯―日本で独自の進化を遂げた従来のタイプの携帯のことらしいですね。
ガラパゴスの意味に納得しましたが、とにかく今までのタイプが発売されないと困る人もいるのは事実だろうな、と思います。

そう言えば、二三日前も同じことを助手のIさんに言われたっけ。
「今までのような携帯が販売されなくなるって。二尋さんどうする?次はスマホ買う?シニアは困るよね」
えー?私もシニアに括られた!?Iさんは私の一回上の同じ干支で、つまり12歳年上でなんですけど…。
それはさておき。
Iさんはスマホをいじれる自信はないようですが、Iさんのお父さん(80代後半)は買いたいと言っているそうです。
そのお父さんが欲しがるのを「誰も使い方の相談に乗ってあげられないからやめて」と阻止したとか。うーん、確かにIさんでは相談に乗れないかも(笑)

通信手段の変化の早さに驚くばかりです。
私が独身の頃には電話を携帯するという概念もなかったのに。
私はPHSからスタートしました。PHSは一時衰退したように見えましたが、病院では今も健在だし、長男も携帯と併用で使っています。
私より一回り以上年下の世代の同僚の中には、携帯電話以前にポケベルを持っていた、という人も何人かいます。
「高校の休み時間、公衆電話の前に行列ができた」と懐かしそうに語るのを不思議な気持ちで見ていました。
私も使ったことはないけど、うちの子どもたちもポケベルなんて見たこともないでしょう。ごく一部の世代だけが知っている通信手段というのも面白いです。

私の“ガラケー”、丸5年以上使っているけどまだまだ不具合は出てきません。
私も次に買うならスマホだろうな、と漠然と考えていますが、その“次”がいつになるかは未定です。

● COMMENT ●

私もガラケー

私もガラケーを使っていますが、理由はコストの問題です。
料金体系が複雑で、契約が何年かで(2年?)縛られ途中で解約すると多額の違約金等がかかることがあります。
(それでも、解約して、ガラケーに戻る方もいるようです。)
また、毎月の料金が1万円以上かかります。
今は、その半分以下なので、もったいなくて、持てません。

時代についていけない…

あっちゃんさんはパソコンとか携帯とか詳しそうですね。
それでもガラケーを選択されているのは、コストを含め色々天秤にかけた結果なのだと思います。
私の場合は、よくわからなくてついて行けてないだけなんですが(笑)
でも、インターネットはパソコンの大きな画面でゆっくりやりたいし、携帯は電話とメールと時々カメラとして使うだけなので、私には今まで通りの機能があれば十分だと思っています。
コストも大きな問題ですよね。私もできるだけ今のままにしておきたいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2867-9a23a2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スネイプアルファベット①(5/22追記) «  | BLOG TOP |  » 杖と蛇

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)