topimage

2017-10

新しいイメージ - 2012.06.17 Sun

大河ドラマ「平清盛」、視聴率が低いとの話ですが、私は毎回楽しんで見ています。
以前から書こうと思いつつ後回しになりタイミングを逃してしまったので、もう書くことはないなと思っていたことがあるのですが、思いがけず今日好機が訪れました。
番組の冒頭で、保元の乱に敗れた崇徳院が讃岐に流される場面で、以前彼が歌った歌が再び詠じられたのです。
私が書こうと思ったのは、まさにその歌でした。

「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の
   われても末(すゑ)に 逢はむとぞ思ふ」

この歌は小学校低学年の頃から知っていましたが、内容を理解したのは高学年か中学生になってからでした。
しかも、漫画で初めてその意味を理解したのでした。
と書けば、同じ年頃の方はわかるかと思いますが、「はいからさんが通る」でした。
岩で二つに分かれた流れが再び合流できるように、一度離れ離れになってもまた再会できる、というような意味に、ひどく納得して覚えた歌でした。

ところが、大河ドラマで見た崇徳院は、ひどい境遇で、一体いつそんな激しい恋愛をしたのだろう?と思わされます。ドラマも、恋の歌と見せかけて怨念の歌、ともとれる作りになっています。
ちょっと調べてみたところ、恋愛の歌、との解釈の方が正統派のようでしたが、作者については何も知らなかったので、この歌に対するイメージが変わったのは確かです。
ちなみに、お正月に黒髪を詠んだ歌について記事にしましたが、この歌の作者堀河もドラマに出てきました。(女優のりょうさんが演じました)
西行法師も出てくるし。

清盛の時代は、ちょうど小倉百人一首の歌人たちが活躍していた頃で、歌と歌人が結び付いて面白いです。
歴史の流れとは別に楽しみのあるドラマだと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2897-eb661ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家族カラオケ «  | BLOG TOP |  » アウトプット期

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)