topimage

2017-10

魔法三昧 - 2012.06.27 Wed

相変わらず毎日のように魔法薬作りと決闘をしています。

決闘の方は、今はほとんどハッフルパフを相手に戦っています。
というのは、負けた時にあまり悔しくないからです。物語のイメージ的にも、点数の駆け引き的にも。
1回の決闘で勝者に与えられる点数は5点です。
ハッフルパフは現時点でスリザリンと960万点余りの点差があるので、私の負けが少々続いてもそんなに点差は縮まらないというわけです。

一方グリフィンドールとの点差は1万点弱。こう書くとスリザリンが余裕のように見えますが、前回話題にした時の8千点差は先週末に一度覆されて、逆転してしまったんです。
ちょっと相手の頑張りが多ければ1万点差などすぐ追い越されてしまうので、グリフィンドール生相手に戦ったりはしないんです。
と自分の中で決めていたら、スリザリンの掲示板にもそんな書き込みがありました。ふふふ。さすが、目的のためには手段を選ばないスリザリン生です。
スリザリン生、世界を挙げて打倒グリフィンドールに燃えているんですね~

そのせいかわかりませんが、最近決闘の決着がなかなかつかなくなっています。
ハッフルパフ相手に魔法をかけても、なかなか反応が返ってきません。遅い時は12時間後くらいに結果がわかり、忘れた頃にポチポチと得点されるのです。
同じことを考える人々が一斉にハッフルパフ相手に決闘を申し込むので、タイミングが悪いと順番が回ってくるまで12時間くらいかかるのではないかと想像しています。逆にハッフルパフ生はいつでもすぐに結果が出ているのではないでしょうか。
寝る前にたくさん魔法をかけておくと、翌日の晩までにはだいたい決着がついていて加点されているというわけです。種まきと収穫の喜びを毎日味わっています(笑)


魔法薬は平日でも2つは作ります。今も熟成中で、それを除いても現時点では57個の魔法薬が完成しています。1つプレゼントでいただいて、2つはプレゼントで差し上げたので、58個分の点はいただいているはず。薬の種類によって得点は違うので、計算は単純ではありませんが。

この魔法薬作り、一度作業を始めると時間制限や温度管理などがあって熟成期間に入るまで中断できません。
電話が鳴っても取らなかったことがあります(汗)
地震が発生したこともあって、その時も作業を続けていました。
イギリスは地震はほとんど無い国だけど、もし地震があったら、やっぱりスネイプ先生は動じることなく魔法薬作りを続けたと思うんです。そこはやっぱり見習わないとね

● COMMENT ●

直ぐにPCが固まってしまいます^^;

おはようございます。ハッフルパフ生の一人です。

PotterMore。二尋様の仰せのとおり、ハッフルパフは結果表示が早いですよ。というか、何をどうやっても負けの結果が出されるので、とんとご無沙汰してしまってますが。PotterMoreをするとPCが大概固まってしまうんです。

魔法薬を作っても、大概PCが固まって…。成功したのは物の数ですね。アクセス数過多の為、表示できません。―何度見た表示でしょう。魔法薬の作り方以上に、エラー表示を覚えてしまいました((笑))

決闘の順番待ち

KUMORIさんはハッフルパフ生なのですね。
やっぱり、結果表示は早いですか。スリザリンだけでなくグリフィンドールもレイブンクローもハッフルパフと対決したいと考えて、人数のバランスが崩れているのではないかと思います。

そうそう、確かにPottermoreは重いですよね。
私のPCは固まりはしませんが、それでもPottermoreをやり始めると苦しげな唸りを上げています。
アクセス数過多の為表示できません、というエラー表示は初期の頃数回見ただけで最近は全然見なくなりました。どういうタイミングで出るんでしょうね?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2908-3adfd7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青年 «  | BLOG TOP |  » 寄せる

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)