topimage

2017-08

生きた授業 - 2012.07.09 Mon

今日、患者さんから聞いた話はとても興味深いものでした。
中学の数学の先生だった方のお話です。

何十年も前のまだ若いころ、専門の数学だけではなく理科も教えるよう言われ、一時期教えたことがあったそうです。
物理は良いけど、実験は素人なので指導が大変だったとか。
その失敗談をさらっと教えてくれました。



試験管内の物質の匂いを嗅ぐ時は手で煽ぐようにすること、決して直接鼻を近づけて嗅いではいけません、という説明をする際、実際その禁じられた行為をやってみせたのだそうです。
「その時、試験管内に水でも入れておけば良かったものを」と悔やみつつ、患者さんは話を続けます。
「中には濃アンモニア水が入ってて、ぶっ倒れたんだよね」
「意識が無くなったんですか?」
「意識はあったけど、呼吸困難になって崩れるように座り込んだんだよ」
「生徒はびっくりしたでしょう?」
「生徒はね」と可笑しそうな顔で一旦区切り、笑いながら続けます。
「演技だと思って大喜びだったよ」
「なるほど~」
「でも、その内生徒の一人が変だと気付いて、保健室の先生呼びに行ったんだよね。そして保健室の先生は酸素持って飛んで来てくれた」
「で、どうなったんですか?」
「その日は一日中、酸素吸ってた」
「生徒は、その行為が危険だと身に沁みて感じたでしょうね」
「そう、これが『生きた授業』だよ」





「そして私はその場面をスネイプ先生に置き換えて楽しみました。
だって鍋から立ち昇る毒の湯気といったら、試験管の比じゃないでしょう?
スネイプ先生がその湯気を「直接吸わないように」と指導しないはずがありません。きっと必ずやったはずです。
でも、元々魔法薬学を得意としているスネイプ先生は、実験の素人ではなりませんから、同じような失敗をするとも思えません。
が、そこはほら、妄想ですから都合よく省略です(笑)
 
しかし、しゃがみこんだスネイプ先生を見た生徒が演技だと思って大喜びするとも思えませんね。
本当にダメージを受けたと思った方が十倍大喜びしそうです



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2922-cf882f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思いがけない妨げ «  | BLOG TOP |  » 力作

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)