topimage

2017-08

ヤモリ - 2012.08.09 Thu

数日前から、家の中にヤモリが居ることに家族は気付いていました。
最初に気付いたのは長男で、洗面所兼脱衣所に通じるドアを開けた時、左側の視界ギリギリに何かが見え、確認して飛びのいたのだとか。
同時にヤモリも素早く洗濯機の後ろに移動し、見失ってしまったそうです。
その後はどこに行ったかわからず、翌日や翌々日、外出から戻った長男は「ヤモリ捕まえた?」と聞きますが、消息はわからないままでした。

それが昨日、帰宅した夫を出迎えようと階段を下りかかったところで、はっきりと居場所がわかり、声にならない悲鳴を上げました。

DSC08789a.jpg
階段途中の踊り場の上あたりのヤモリ

丁度壁が90°の角度を呈しているところにいます。
1階から2階へ吹き抜けになっている部分でもあり、2階から階段を下りようとする私の目線のやや下あたりに相当します。
私は一瞬立ち竦んだものの、すぐに踵を返し寝室に置いてあったデジカメを取りに行き、こうして写真を撮りました。

約7年前のブログにヤモリ騒動を書いて以来です、家にヤモリが入って来たのは。その時よりも一回りは大きそう。12cmくらいではないかと推測します。
夫も階段を二三段上ったところで私の声にならない悲鳴と同時にヤモリが視界に入ったのでしょう、そのまま固まっています。
階段の上下で「どうしようか?」と相談しながらも、私は「ちょっと待って!」と言って写真を何枚か撮りました(汗)
以前は輪ゴムを飛ばして硬直したところをつまんで外に出した、とブログの記憶から伝えると、夫は「よし!輪ゴムだ!」と向きを変えて階段を下りはじめたその時です。
今までじっとしていたイモリがダイビングしました!
しかも夫に向かって!
私は「ヒャー!」と今度は大声で悲鳴を上げ、夫ももバタバタ暴れまわっています。どうやら、肩に向かってダイブしたみたい。
その後は廊下の収納扉の隙間から収納スペースに入り込んでしまいました。
扉を開け、古新聞をストックしている紙袋類を除けると、そこに姿を認めたようでした(私はまだ2階から階段越しに見学している)
もはや輪ゴムなんて悠長なことを言っていられず、夫は今除けたばかりの古新聞ストックから一部抜きとり、メッタ打ちにしました
そして動かなくなったのを確認、火ばさみで挟んで家の外に放りました。
死んだかどうかはわかりません。挟もうとした時、確かに動きましたから。
7年振りのヤモリの訪問は、またしても大騒動を巻き起こしたのでした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2952-e760a981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マンツーマン «  | BLOG TOP |  » 結婚相手

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)