topimage

2017-08

息抜き - 2012.08.19 Sun

研修会は、本当に内容が充実していて、講師の方々が行動力とパワーとやる気に満ちていたので、私も影響されて仕事に対する意欲が急上昇しました。「明日からがんばるぞー!」という気分になり、同時に、せっかくの講義の内容をスネイプ先生に関連付けて考えた自分が恥ずかしくなりました。

ところが、午後になってグループワークを終えた頃には、頭も飽和状態、もうこれ以上何も入って行かない、という感じになり、「あーやっぱり息抜きは必要だわー」という気分で帰ってきました。
というわけで、息抜きを(笑)




私が一番食いついたのは、脈の取り方についての説明でした。
よくやるのが手首の親指の付け根付近に触れる方法です。
他にも肘の上の小指側の内側(血圧を測る時に聴診器を当てるところ)とか、足の付け根とか、頸とかで脈を取れますが、実は場所によって脈を取れる最低の血圧の高さが違います。
そのことは漠然と知っていたのですが、具体的な数値を教わって、なるほど~と感心したのです。
スネイプ先生とどう関係があるかというと…。

3巻で、スネイプ先生が気絶したまま放置されたことがありましたよね?
かなり時間が経ってからルーピン先生が脈を取りました。
その時のことを私はかつて話題にしたことがあるように思うのですが、ちょっと見つけられません。自分では、ルーピンは頸で脈を取ったのではないか?と書いた気がしたんですけど、記録がみつかりませんでした。
とにかく、私はそんな図を想像していました。

でも、手首での脈は血圧60mmHg以下で触知できなくなるのに対し、頸だと20mmHg以下だということでした。
ルーピンが「異常なし」と言ったのが、私の想像通り頸で取った脈だったら、そうとも言い切れないんじゃないかなーと思って。20mmHgから60mmHgの間の血圧だって十分低いですから。
まあ、結局この時は、異常なかったみたいなので良いんですけどね。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/2962-9719b1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リアルパジャマパーティ «  | BLOG TOP |  » 研修会

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)