topimage

2017-10

オーディオブックのキャラクター - 2012.11.25 Sun

今日は久しぶりに休日らしい休日を過ごしました。
午前中は家事に専念しました。
と言っても、Pottermoreで魔法薬を作って熟成時間中に家事をする感じ。忘れないようアラームをセットして、3つ魔法薬を完成させました。

4つ目を作り始めた時、PCの反応が悪くなり加熱中に画面が動かなくなりました。次に画面が動き始めた時、既に適温を超えていて、次の瞬間大鍋は壊れてしまいました。一番高価な銅の鍋がー
気を取り直して鍋を買いに行き、材料も調達して再度同じ魔法薬の調合に取り組んだら、また同じことが起こりました。一日に鍋を二つも壊すとは!しかも、1回の失敗につき5点も減点されてしまってがっくりです。さすがに魔法薬作りを続ける気にはなれませんでした。

午後は、日本語版のオーディオブックを聴きながらPottermoreの決闘をしたり、ブログのテンプレートをいじったりしていました。
オーディオブックは、途中を抜かしてスネイプ先生の登場場面を聴きたい衝動に打ち克ち、順番に聴いています。(今、第6章「9と3/4番線からの旅」の途中で中断しています)
江守徹さんの朗読は、キャラクターのイメージが、既に出来上がっていた私のものと微妙に違うところがなかなか面白いです。

ハリーはちょっとおとなしいというか、弱々しいというか、のび太君みたいな少年を想像します(別にのび太君みたいな声ではないけれど)
ドラコは、マダムマルキンの店で会った時は、まだハリーに対して敵意を見せていないからか、ちょっと間延びして眠そうな感じでキザな喋り方だと思いました。その後列車の中でもロンに対して嫌味を言う場面でも、おっとりしたおぼっちゃま、という感じでした。最近見てないけど、ちびまる子ちゃんの花輪くんの声のイメージ(笑)
ロンは無邪気な感じであまりイメージと違わないかな。
ハーマイオニーが、ひどくつんつんとしたしゃべり方をする子で、それは映画でもそうだったのだけれど、もっと気に障る感じ。まあ最初にハリーが感じた印象のままなのだろうと思いました。

こうなると、スネイプ先生がどのようなしゃべり方をしているのかますます楽しみになります。
きっとすごく嫌な感じなんだろうなあ(←)


テンプレートをもう一つのブログとおそろいにしてみました。
不具合があったら、教えてください。

● COMMENT ●

まるで一つの家事をこなすように

タイマーをかけて鍋で煮物を作りながら、他の家事をするのと同じように、まったく日常生活のように魔法薬作りにいそしむ二尋さんv-411記事を読みながら想像して面白くなってしまいました。

言われてみれば

鍋で煮物作るみたいでした!
放置時間が40分以上あるので、PC前に張り付いているわけにはいかなくて取った策でしたが、「まったく日常生活のように魔法薬作りにいそしむ」という表現が素敵で、嬉しくなってしまいました。
いつの間にか、魔法薬作りが日常生活に浸透するようになってきたんですね、私♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3050-8ca05e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

締め切りました «  | BLOG TOP |  » 一区切り

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)