topimage

2017-10

英語辞書 - 2013.02.21 Thu

英会話の宿題で短い文章を作ろうとして、手持ちの電子辞書ではなく、オンラインの英語辞書を使いました。最近、割とこのオンラインの英語辞書weblioを使っています。
例文が結構役に立つし、色々面白いからです。

「ハリーは魔法使いです」という日本語を入れて翻訳ボタンを押すと、翻訳の他にいくつかの例文が出てきて、その中には
・12歳のハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は魔法使い。
Twelve-year-old Harry Potter (Daniel Radcliffe) is a wizard.
という、映画の宣伝の一部みたいな例文が出てくるんです。
機械翻訳の方はまだまだで、
Harry is a magician.となります(笑)

ちなみに、主語をSnapeにしても同じで、Snape is a magician.となって、怪しい手品師かなんかを想像してしまいます

Severus Snapeとフルネームを入れて翻訳すると、機会翻訳ではセウェルス・スネイプとなりますが、「ハリー・ポッターシリーズの登場人物云々」という説明が出てきて「わぁ」と思います。音声もちゃんと聞けます。

さらに、説明文の下の「Severus Snape」について英和和英辞典で詳しく調べる という文字をクリックすると、同じ説明文が単語ごとのリンク付きででてきます。
同じページの端の方に、『英和辞書の「Severus Snape」の意味に関連した用語』という欄があって、適合順と思われるキーワードがでてきます。
1セブルス・スネイプ 英和対訳100%
2Alan Rickman 百科事典76%
3John Nettleship 百科事典76%
4Snapefic Wiktionary英語版56%

当然ながら、セブルス・スネイプが100%ですが、映画でスネイプ先生を演じたAlan Rickmanさんとか(お誕生日おめでとうございます!)、モデルと言われるJohn Nettleship氏とかの名前がでてきます。
わからなかったのが、『Snapefic』という言葉。
全然関係ない言葉かと思ったのですが、語源を見たら、Snape+Ficでした。
説明文が英語なのでよくわからないのですが、スネイプ先生が主人公のファンフィクションのことみたいですハリポタファンのスラング、というような説明もあります。

そんなことまでわかっちゃう英語辞書なので、ついつい色々調べてしまって、全然宿題が進みません

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3143-e59e07c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連想 «  | BLOG TOP |  » モチベーション

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)