topimage

2017-08

2013年イギリス旅行7/13(スタジオ~ロンドンロケ地)  - 2013.07.29 Mon

お土産屋さんはかなり充実していました。
DSC00537 (2)a
スリザリンコーナーの一つ

私はここで絵はがきとスリザリンのBanner(旗?幟?)とスリザリンのシーリングワックスとスタンプとガイドブックと百味ビーンズを買いました(懲りない)
DSC00895a.jpg
私が買った絵はがき

最初スネイプ先生絵はがきを7枚カゴに入れていて、誰かに「スネイプ先生ばっかり」と言われると「Seven Snape」と駄洒落を言っていたのですが、次第に7の数字やSevenの発音などにこだわるよりもっとたくさん欲しくなってきて、結局10枚にしました。
他のは5枚ずつです。
絵はがきはデザインによる値段の違いはありませんでしたが、レジではデザインの種類ごとに分類する必要があったらしく、少なくとも三度は数え直していました。しかも二人がかりで。「一体何枚あるんだBravest Manは」と言われて赤面しました。
後でレシート見てわかったのですが、自分では10枚のつもりだったのに11枚ありました。だから余計にややこしかったのだと思います(でもたくさん買って良かった♪)
結局ここで72.7ポンド(約11,600円)も使ってしまいましたー!

お昼は建物内のカフェでサンドイッチとジュースで軽く済ませ、外に出ました。
DSC00540 (2)a
これはシャトルバスかな?

私たちは往きに乗った観光バスでそのままロンドンに戻り、3つのロケ地を回りました。
バスの中では早速買ったばかりのスリザリンバナーを前の席からぶら下げ、スリザリン寮気分を味わいました。
DSC00546 (2)a
スリザリン席

DSC00554 (2)a
セントパンクラス駅

DSC00555 (2)a
キングズクロス駅 西コンコース前
セントパンクラスに接している側です。(上の写真の緑のついたては同じ物)
2011年はこうなっていました。
DSC06239a.jpg
2011年のキングズクロス駅西側
工事の目隠しの上に既に庇の一部が見えていたのですね。

DSC00557 (2)a
キングズクロス駅 西コンコース内

この場所に限らず、キングズクロス駅はずいぶん変わって、今写真を見てもどこの部分かわからないくらいです。
そして9と3/4番線もまたもや場所が移動していました。この写真向かって左方向。2011年の場所とはかなり離れていて、これは2007年の時の方が近いかも。

大きな地図で見る
地図は(+)を押してもっと近寄るとプラットフォームの数字も出てきます。ちゃんと9と3/4番線も!
A:現在の場所
B:2011年訪問時の場所付近
C:2009年訪問時の場所
D:2007年訪問時はこの付近?

そして、一番の違いは、撮影するのには列に並ぶ必要があること、そこにはカメラマンが居て、ポーズを取らされること、友達や家族にカメラを渡して撮ってもらうこともできますが、とにかくカメラマンも撮るんです。買うか買わないかは別として。
DSC00558 (2)a
撮影のための列

なんとこの写真を最後に私のデジカメの電池が切れてしまいました!これから9と3/4番線で写真を撮ってもらおうと思ったのに!私の後ろに並んでいた友の会の方のカメラで一緒に撮っていたけるようお願いして事なきを得ました。
以前は空いていれば好きなポーズで獲り放題でしたが、とにかく並んでいるし、カメラマンはいるしで、ポーズの選択肢はありませんでした。
好きな寮のマフラーを巻いて、カートに自分の荷物を入れて、片足上げて(走っているところを表現?)、カメラマンとは別のスタッフのお兄さんがマフラーを持って、落とした瞬間をカメラマンが撮るのです。
私はもちろんスリザリンマフラーです。
みんな同じポーズとはいえ、どうしても譲れない線はありました。パペットスネイプ先生をお連れすることです。
満面の笑みを浮かべてスネイプ先生と一緒にカートを掴んだら、カメラマンのお兄さんが「何か持ってるね?」というようなことを言ったので、お兄さんに良く見えるように手を前に突き出してアピールしました。
'Severus Snape!'とお兄さんは言って、笑いました。さらに動画で有名になった'Severus Snape'の節で歌うように名前を言ってくれました。列に並んでいた人も笑っていました。
その時撮ってもらったのがこの写真です。
CIMG9462[1]
幸せな笑顔を見せる私と、一生懸命カートを押すスネイプ先生

撮影の後、マフラーを落とす係のお兄さんも「見せて」とやってきました。パペットスネイプ先生の髪に触れてくれて、やっぱり笑ってました。パペットスネイプ先生の力は偉大です。先生のおかげで思いがけない交流が出来るのですから。

このバスでのロケ地巡りは自由参加だったので、キングズクロス駅でバスを下りた方たちもいらっしゃいました。私はそのまま乗り続け、車窓から軽く市内観光をしつつ、他のロケ地も巡りました。
DSC00561 (2)a
車窓からのAustralia House(グリンゴッツ銀行のロケ地)

DSC00566 (2)a
初代漏れ鍋

DSC00579 (2)a
通りの奥のビッグベン
この通りを横切る一瞬にビッグベンが見えると聞いて、シャッター押したら写ってました!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3289-d730cbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年イギリス旅行7/13(ロンドン)  «  | BLOG TOP |  » 2013年イギリス旅行7/13(スタジオツアー④) (*)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)