topimage

2017-08

2013年イギリス旅行7/14(ロンドン)  - 2013.08.06 Tue

バスでホテルに戻ってきたのは夕方7時前だったかと思います。
夕食は自由ですが、添乗員さんにお店を紹介して欲しい人はロビーに集合すれば連れて行ってもらえるということで、私もロビーに行きました。自力で行けなくもありませんが、皆さんと一緒に最後の晩を過ごしたかったのです。
ロビーには15人ほど集まりました。スペイン料理のお店を探して歩き始めたのですが、ある程度行ったところでこの人数では一つのお店に入れないとのことだったので、一度は通り過ぎたホテルすぐ横のパブに行くことに決め、戻りました。すると私を含め7人がパブに流れました。


パブTHE CASTLE(帰る時撮影)
ホテル横のそれほど広くない通りを挟んだ隣にあり、ホテル前の歩道から撮影しています。

この日は日曜日で、パブによってはサンデーローストをやっているとのこと。特に表示がなければフードは無いと教えてもらっていました。このお店ではサンデーローストをやってました。
DSC00835a.jpg
ローストビーフ ジャイアントヨークシャープディング £14.50
ハーフチキンのマリネ £12.95

これなら夕食にありつけそうです。
中に入るとテーブル席も空いていて、二つ並んだ4人掛けのテーブルに7人で座ることができました。
店員さんがすぐにメニューを持ってきてくれました。
とりあえず飲み物だけでもカウンターで買ってきて、それからゆっくりメニューを決めようと思い、カウンターに行き、ローカルビールはないか聞いてみました。この時なぜか全然その聞き方を思い出せず、きじゅさんに教えてもらってから言いました(笑)
すると、「あるけど口に合うかな?」とスタッフのお兄さんが少し味見させてくれたんです!なんて親切なんでしょう!口に合わないビールは今までお目にかかったことはなく、やはり全く問題なく美味しかったので、それをもらいました。
DSC00830a.jpg
パブのカウンター

DSC00830b.jpg
私が飲んだCORNISH COASTER
色は日本のビールよりは濃く、褐色よりはやや薄い感じ。爽やかな風味と同時にコクがあって美味しかったです。

今までパブで食べたものは量が多かった経験を踏まえ、今回はとりあえずローストビーフを二皿とチキンを一皿注文して足りなかったら足そう、ということになりました。
DSC00832a.jpg
ローストビーフ

DSC00833a.jpg
半身のチキン!

チキン1羽の左右どちらか片側半分の肉がこの一皿に載っている、ということはかなり大きなお皿だということがおわかりいただけるのではないでしょうか。30cmは下らないと思います。
ローストビーフの方も同じサイズの皿で、ビーフの下にニンジンやキャベツやブロッコリージャガイモが置かれ、更にその下には座布団のようにヨークシャープディングが敷かれていました。その直径は優に20cmは超していたと思います。

取り分けると一人分の量はこんな感じ。ビールの色も少しだけ写っていますね。

一人分のチキンとビーフ
取り分け皿も同じサイズですから、結構あるでしょう?私にはこれで十分だったし、味も良かったです。特にチキンの味付けがピリッと甘辛い味付けで美味しかったです。

食事をしながら向かい側の方たちと少しゆっくりお話できました。ハリー・ポッターのことだけでなく、プライベートなことも。本当に貴重な時間でした。

ここのお兄さん、さっきビールの味見をさせてくれただけでなく、自ら取り分け用のお皿を持って来ましょうか?とか席で注文を受け付けたりとか、レストランのようなサービスをしてくれました。
今回添乗員のTさんから、パブであっても席まで運んでもらったらチップは必要になる、というお話を聞いていました。
キャッシュオンデリバリーのパブであっても、料理を後から運んでくれる時は、そのサービスに対してチップを払うと聞いて、今までやってなかった!と青くなりました。
まあ、不慣れな旅行者だからと大目に見てくれるようですが、知ってしまった以上出そうと思いました。
カウンターで既にお会計を済ませてしまっているのがパブですから、こういう場合は席にそれなりの額を置いておけば良いと聞いていました。
が、私は計算するのが面倒になって本当なら多分一人60ペンスくらいで良かった筈ですが、1ポンドずつ置いてきてしましました。同席した皆さん、大雑把なでごめんなさい(ここで謝る)
まあ、不慣れな外国人に笑顔でとても親切にしてくれたお兄さんへの感謝の気持ちということで

上の写真からもわかる通り、お店を出た時はまだ明るかったのですが、夜の8時半は過ぎていました。
この後私は部屋にはすぐに戻らず、近くのスーパー(Tesco)に行きました。切手を買いたかったのです。Tescoは確か夜11時までの営業でした。

絵はがきは書いてあったのですが、切手を手に入れる時間が今までありませんでした。郵便局が開いている時間は観光に専念していたし、昼間に自由行動がある時は土日に重なっていたし。
非常に活動的なIさんが既にスーパーで切手を買っているという話を耳にしていたので、私もスーパーに行ってみようと思ったのです。
日本へ送れる金額の切手はスーパーには無いそうですが、国内用の切手(日本なら80円切手?)を二枚貼ればエアメール用の切手の代金を超すので大丈夫だと昼間の観光ガイドさんが教えてくれたとのことでした。
一つのハガキに二枚貼るなら、20枚は欲しいです。レジでそう言うと、12枚綴りの切手があると教えてくれたのでそれを二シート買いました。
DSC00904a.jpg
12枚1セット(1枚60ペンス)

DSC00906a.jpg
半分の6枚を使った状態

部屋に戻ると、最後の晩をどういう組み合わせで部屋割するか、4人であみだくじで決めました。既に全ての組合わせ(三通り)は実行済みだったので。イギリス最後の晩は、きじゅさんと同室になりました。
それから別な部屋を訪問しました。
というのは、昼間のケンブリッジの市場で苺を2パック買ったから、後で食べるの手伝ってと言われていたのです。
行ってみたら、既に残りわずかだったのですが。小粒で酸味も甘みも強い苺が美味しかったです。イギリスのフルーツは香りが強く味も濃く感じます。
と、その場でサプライズの贈り物が、某新婚さんに贈られました。彼女を知る人たちから集めたメッセージを色紙のようにまとめたものです。
私も以前からよく知っている方だったので、喜んでメッセージを書きました(フランスのトランジットエリアで)もちろん、「スネイプ先生」を文中に織り込むことも忘れませんでした

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3295-bf846683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年イギリス旅行7/15~16 «  | BLOG TOP |  » 2013年イギリス旅行7/14(ケンブリッジ)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)