topimage

2017-08

不意打ち - 2013.08.27 Tue

映画だけは全部観ていてDVDも持っている上司がついに本を読み始めた、ということを何ヶ月か前に書いたかと思います。
順番に本を貸していき、ついに最後の1冊を先日お貸ししました。

その上司に「もうすぐ読み終わります」と声をかけられました。
「どこまで読みましたか?」
「ちょうど彼が死んだところです」
「ひぃいいい~」
「あ、『死んで』はいないのかな?」
「え? あ、そっちですか~」
「そっち?」
「いいです、いいです」
「二尋さんの大事な人ならもう死にました。」
「だ、大事な人…」
「セブルス・スネイプ先生」
「ひゃー!」

不意打ちでその名を呼ばれてうろたえました。しかも、「スネイプ先生」と言われるよりフルネームの「セブルス・スネイプ」に先生とか教授とかつけて呼ばれると余計ドキドキします!
さらにスネイプ先生の話題を広げようとする上司を「読み終わってからゆっくりお話しましょう!」と遮ってしまいました。

職場で、普段その名前を口にしない上司に突然言われるとうろたえてしまいます。すごく新鮮!
それって、小中学生くらいのころ、親との会話の中で突然クラスにいる好きな男の子の名前が出された時の不意打ち感に似ている!
ドギマギしちゃって初恋みたい。 私、まだまだ初々しいな(笑)

8/28追記
別な日T先輩に「スネイプさん」と言われた時も激しく赤面し、「どうしたんですか?」と複数の人に言われたことを思い出しました。
普段、ファン同士の会話ではあまり用いられない呼称に新鮮味を感じるのかもしれません。

● COMMENT ●

ドギマギ(^^;

二尋さん。こんばんは♪
ブログを 読みながら、私も 「ひぃいいい」や「ひゃー!」と 思いました。
でも、回りに ハリポタの世界を 感じてくれる人が 増えてくれると 嬉しいですね。
私の妹も、お盆休みに会った時には、『 死の秘宝 』の 日本語版を 図書館で借りて読んでました。
(私が UK版を 借りっぱなしだからか…or ようやく 結末を知りたくなったのか…?)
彼女と、ハリポタの世界を(結末を知った上で) 語り合うのが、楽しみです。

スネイプ先生の事を 考えると、本当に 初恋のような ドキドキを感じますね。
まるで 魔法のようです!

聞きなれない呼び方

ノーベルタさん、こんばんは~
一緒に 「ひぃいいい」や「ひゃー!」と思って下さり、ありがとうございます(笑)
本当、回りにハリポタの世界を感じる人が増えると嬉しいです。
妹さんもハリー・ポッター祭りの地上波の映画放送を楽しんでいらっしゃるのかもしれませんね。妹さんはシリウスのファンでしたっけ?妹さんに熱い気持ちが蘇ったら、色々な視点で語り合えそうで羨ましいです。

スネイプ先生の名前が出たくらいでは動揺しないと思っていましたが、不意打ちと「フルネーム+敬称」にドギマギしました。
そうそう、別な人からの不意打ちの時もドギマギしたことがあったのを思い出したので、記事の方に追記しておきます。聞き慣れない呼び方が新鮮なのかもしれません。
それにしても、まだ初恋のようなドキドキを感じるとは!まさに魔法です!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3312-15102f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宿題の取り組み方 «  | BLOG TOP |  » オフ日

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)