topimage

2017-08

秋の一日 - 2013.09.28 Sat

今日は父の一周忌の法要をしました。
日程を決めた頃はまだ母はしっかりしていたのですが、その後急激に物忘れが酷くなり、とても親戚を招いて会食をする、という形は取れないと思い、母と私と妹とそれぞれの家族だけで簡素に行うことに決めました。お墓の前でお経だけは上げていただき、後は実家でお寿司を取って会食です。
お経を上げる声が素晴らしく、またご住職の人柄が温かく、なんだかとても癒されました。妹も同じことを言っていました。考えてみれば、元々そういう効果はあるものなのかもしれません。
簡素ではありましたが、お経を読んでいただくために予め連絡してお願いしたり、お布施やお車料などや引き出物を用意したり、何より精神的に負担が大きかったので、法要が終わってものすごく気が楽になりました。

昼食後みんなでコーヒーや紅茶を飲んで、同時に母の夕食も用意して、帰ってきたのは16時半頃でした。
だいぶ涼しくなったので、今朝出来なかったウォーキングに行くことにしました。
17時頃家を出ました。

歩き始めた時はまだ日が出ていましたが、間もなく日が暮れてきました。日の入りは17:30頃ですが、地平線に近い位置に雲があったので、15分頃にはもう姿が消えそうでした。
DSC01245a.jpg
黄金色に輝く太陽の一部と富士山の頭

DSC01252a.jpg
富士山の頭と飛行機雲

30分歩いてUターンする頃には日が沈み、だいぶ暗くなっていました。
もうさっきまでの輝きがなくなって暗くなる一方の西の空を背にしていたら、急に空が明るくなって振り返ると、さっきとは違う濃い赤に雲が染まっていました。
DSC01255a.jpg
太陽の姿は既になく雲だけ赤く染まった空

更に時間が経つと、雲の赤も黒も濃くなってちょっとムンクの叫びみたいな空になりました。
DSC01261a.jpg
赤く渦巻く雲がムンクの「叫び」みたい

頭上には蝙蝠も飛んでいました。
すごい速さで飛んでいるので、写真に納めるのが難しいです。闇雲にシャッターを押して偶然写るのを待ちました。
DSC01264a.jpg
辛うじて写った一枚
拡大した時なんとか見える画面中央よりやや左の黒い影のようなものが蝙蝠です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3345-b170d9a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

始動 «  | BLOG TOP |  » 杖の位置

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)