topimage

2017-10

風立ちぬ - 2013.10.02 Wed

遅まきながら、ようやく「風立ちぬ」夫と一緒に観てきました。
テーマが二つあってちょっと散漫な印象、恋愛部分はなくても良かったのでは?というのが二人の共通した感想でしたが、なくても良いという割には、その点で随分泣きました。

本筋に関係ない部分で気がついたことをいくつか。
時期的にも内容的にも隠すほどではなさそうなのでこのまま書きます。

オープニングでも作中でもしばしば流れる音楽はマンドリンの演奏でした。まるで一本の弦みたいにチューニング合ってること、美しい演奏に感嘆しました。いつか弾いてみたいです。

話題のシベリアも見ました。
シベリアは私も夫も昔食べたことがありますが、別段好きでもなかったし、そんなに思い入れのあるものでもなかったのですが、ジブリの作品らしく凄く美味しそうに見えるので食べたくなりました。(夫は鯖の方が食べたくなったと言っています)
ちなみに、近所に昔からあるお菓子屋さん(私が物ごころついた頃には既にあった)では、今も変わらず売っているので買ってみようかな、という気にさせられます。きっと今年は売上も伸びたことでしょう。

もう一つ目についたのが計算尺。
私も中学か高校の時の数学で一度ちょっとだけ習って、その時父が自分の計算尺をくれたのです。すっかり忘れていました!電卓ほど正確ではないけれど、ルートの計算もかなり近い数字が出たように記憶しています。
昔の物が入っている引き出しを探してみたけれど見つかりません。
う~ん。子どもたちに見せて自慢したかったのになあ。

● COMMENT ●

私も、結構前ですが、母と姉と(父は留守番(笑))一緒に風立ちぬを見に行きました。
これまでファンタジー要素の強かったジブリ作品でしたが、今回は割と史実に基づいた話になるということで、正直、あまり期待はしていませんでした。
私が間違っていました!
1回じゃ見たりません。
本当はあと1回くらい見に行って、話をもっと深く理解したかったのですが(こういうところがオタク気質?)、私には同じ映画を何度も見に行けるような財力はありませんし、母と姉は1回で十分だと言うので泣く泣く諦めました。
DVDが出るのを待つしかないようです。
しかし、気になるシーンがいくつかあったので、ネットで色々と調べてみました。
例えばドイツで飛行機工場にいた人たちが追われていたシーンなど。
ジブリ作品は隅々に、この時代の背景や、人物の気持ちなどが散りばめられていて、考察しがいがあります。
見ているときは、恋愛と夢をテーマにしたもの?とよく分からない気持ちで見ていたのですが、最終的に、これは技術者として生きる者の覚悟を描いたものだと解釈しました。
もしかしたら、ここから先に書くことは少しネタバレになってしまうかもしれませんが。
夢をかなえる為に、正義も愛も何もかもを捨ててしまった主人公。最後のシーンで憧れの人に「地獄だと思いました」と言った意味がようやく理解できた気がします。
けれども、やっぱり、まだ漠然としていることが多いです。早くDVDが出てほしいです。
音楽は相変わらず素敵でした。
そして食べ物も相変わらずおいしそうでしたね(笑)
私は肉豆腐が食べたくなりました~(^-^)

>半熟の玉子さん

そうですね、1回ではとてもわかりません。
うちの長男も試写会で観て帰ってきた時「若輩者にはちょっとわからなかった」と感想を述べましたが、その後バイトで何度も見て(映画館の映写室でバイトしています)、考えが変わってきたと言っています。

監督はきっと色々な想いを込めて、色々なメッセージを送っているのだろうな、と思いつつ、それが何であるかまだ私には十分消化できていないので敢えてここで本筋の感想は書きませんでした。きっと何度も観返しているうちに、気付くことは多いだろうと思っています。

私も帰宅後すぐに謎のドイツ人のこと、夢に出てくるイタリア人のこと調べました。
イタリア人の出てくる場面、そこでの会話が通して好きです。特に最後の場面は奥が深いと思い間ます。ここもきっと色々解釈できそうですね。

半熟の玉子さんは、肉豆腐に惹かれましたか!
私は「どうやったらシベリアをこんなに美味しそうに食べることができるんだろう?」と不思議でなりませんでした(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3348-fe550477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年のキンモクセイ «  | BLOG TOP |  » 杖作り

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)