topimage

2017-10

英国風 - 2014.02.01 Sat

先日から食べたかったポリッジ、とうとう昨日買ってきました。
外国製品は量が多すぎたので、とりあえず日本製の300g入りのオートミールを買ってきました。200円台だしお試しにはちょうど良いです。ネットで見ると「日本人向け」と書かれているので、期待した味と違うかもしれないけれど。

オートミールでポリッジを作って、休日の朝ごはんにしようと思いました。
だったらイングリッシュブレックファーストが良いんじゃない?と思いついた時、とってもわくわくしました。
折しも農業を営んでいる友人からトマトが送られてきたばかり。ここのトマトは果物のように甘くて生で食べるとすごく美味しいのですが、焼きトマトにしたらもう絶品で、これを使ったらすごく贅沢なイングリッシュ・ブレックファーストが出来そうです。
また、イギリス式の朝食に欠かせないママレードも、偶然手作りの品を昨日いただきました。
ベーコンもソーセージもたまごもあるし、お誂え向きです。

が、家族はそれぞれ予定が入っていて土曜(今日)も日曜(明日)も揃ってゆっくり朝食を取るのは困難です。一度は来週に延期しようと思ったのですが、「夕食にすれば良いじゃん!」と思いつきました。
そこで、今夜の夕食は英国式朝食と決まりました(笑)

しかし、朝食メニューでは酒の肴としてはイマイチです(今夜は飲む日です)
そこで、おつまみも英国風にフィッシュ&チップスとシーザーサラダにし、飲み物はビールにしました。パブみたいでしょう?しかも、パブによってはイングリッシュブレックファーストを夜だって提供してくれるから、パブメニューとしては矛盾がありません。
ただ、フィッシュやチップス(フライドポテト)まで手作りするのは面倒なので、ポテトはお店で買ってきたもので、フィッシュは冷凍食品で済ませました。

DSC02006a.jpg
バタービールのジョッキに入れたビールとシーザーサラダとフィッシュアンドチップス
冷凍食品の白身魚のフライが意外とそれっぽかったです。お酢は米酢しかなく、レモンをかけて食べました。

朝食メニューの下ごしらえはしてありましたが、基本フライパンで焼く物ばかりなので、ビールとおつまみがなくなってから仕上げました。
まずはポリッジです。朝食でも前菜に相当するらしく、まずポリッジから食べるということを、最近色々調べているうちに知りました。

商品のパッケージに書かれたレシピでは別に時計回りにとは書かれていませんでしたが、私は時計回りにかき混ぜました。
DSC02013a.jpg
調理中のポリッジ
木ベラがないので使っていなかった木のしゃもじで代用します。初めは時計回りにかき混ぜていましたが、途中から7回時計回りで1回反時計回りというかき混ぜ方に変えました。

DSC02017a.jpg
出来上がったポリッジ
牛乳で煮てありますが、この写真の後さらに牛乳を少しかけて食べました。原材料名にはオート麦としか書かれていなかったので特に何かが加わっているわけではないのでしょうが、結構甘みを感じました。
期待していた味で嬉しかったです♪

そして次がメインのフル・イングリッシュ・ブレックファースト。
DSC02023a.jpg
焼きトマト、目玉焼き、ベーコン、ソーセージ、焼きマッシュルーム、ベイクドビーンズ
目玉焼きの大きさからわかると思いますが、かなり大きなお皿です。

ソーセージはイギリス風のものは手に入らないのでドイツ風の市販品です。
最初の旅行でイギリスのソーセージを食べた時は「!?」という感じで苦手に思ったものでしたが、何度か行くうちにすっかり違和感が無くなっていました。それどころか、自作とは言えイギリス料理風の皿の中にあるソーセージを食べてイギリスっぽい味がしないことにちょっとした失望感を覚えるくらいでした。

ベイクドビーンズは、夫が買ってきてくれたのですが、最寄りのいつも行くスーパーは品揃えが悪いからと少し離れた大き目のスーパーに行ったら置いていなくて、他の店に行ってそこでもなくて…「もういいよ」と言ったのですが、「いや、絶対手に入れる」と言って結局5軒目に行ったいつものスーパーにあったそうです。

ポリッジはおかわりして上の画像の二倍は食べたのでおなかいっぱいでしたが、せっかく薄切りのパン(10枚切り)を買ってきてくれていたし、手作りのママレードも食べたかったのでパンも食べました。
DSC02026a.jpg
いただき物の夏ミカンのママレードには偶然にも緑のリボンが!

DSC02035a.jpg
薄切りパンとママレードと紅茶
夏ミカンのママレードが酸味と甘みと苦みのバランスが良くて香りも良くてすごく美味しかったです。パンは焼き加減はイギリスっぽいけれど、すっかり水分がなくなってラスクのようでした。

紅茶もこだわって、イギリスの庶民的な紅茶を淹れました。
DSC02029a.jpg
初めてイギリスに行った時に自宅用に買ったのと同じ銘柄の色の濃い紅茶

自分で作った英国式朝食の夕食、なかなか満足出来ました。
あまり満足しているとたちまち「じゃあこれでイギリス行かなくても良くなったなな」と言われてしまうので、そんなに口に出しては言いませんでしたが(笑)

● COMMENT ●

わ~本場と同じだ!

すごく美味しそう、イギリスのB&Bを思い出します。
こうしてじっくり見ると手間がかかりますね。
作り慣れたらぱぱっとできるんでしょうか、ブレックファーストにするには私だったらかなり早起きしないと無理かも。

幸せ♪

わーい!ありがとうございます!
スネイプ村のB&B目指しました♪
ベイクドビーンズがあることでぐっとイギリスらしくなった気がしますが、日本の缶詰なので少し甘かったです。
今朝は私だけお寝坊して、簡易版(トマトとマッシュルームとベーコン抜き)を作ってゆっくり優雅に食べました。すごく幸せ!

やってみたい

変わったお夕飯は「イギリス風ブレックファースト」でしたか!!
これは楽しそうですね。ポリッジは洋風おかゆですね。食べてみたいです。
バタービールってのもまた気分が盛り上がります。
うちは年よりが一緒に住んでいるので、イギリス一色の夕飯ができません。必ず「和」がないと。
父母が旅行にでも行って居ない日にやってみようかな~(笑)

ぜひ!

夕食にブレックファーストというところが変わってるでしょう?
作っていてすごく楽しかったです♪
そして、イギリスでは本当にこのような朝食が出てくるんですよ。
ポリッジは好き嫌いの評価が分かれる食べ物ですが、私は大好きです♪
ビールを飲む時はいつでもバタービールのジョッキで飲んでいます。

確かにご年配の方と一緒の食事ではイギリス一色、しかも朝食を夕食に、というわけにはいきませんよね。
ご両親が不在の休日のお昼にやってみる、というのも良いかもしれませんね~

とても美味しそうです~
日本にいながらにしてイギリス気分に浸れますね(*^▽^*)

焼きトマト&マッシュルームが大好きなので、ロンドンのホテルでよく食べました。
ポリッジは大学の担当教授が『イギリス料理は店を選べば美味しいけれど、あの甘いポリッジだけは日本人の舌に合わない』と言っていたのを鵜呑みにして避けてしまったのですが、食べておけば良かったと後悔しています(><)

そういえば原作のバタービールは温かいものですよね。
フロリダのバタービールはキャラメル風味の冷たい炭酸かフローズンの物だったのですが、イギリスのバタービールも冷たい飲み物でしたか?

>のなさん

美味しそうと言ってくださってありがとうございます!

焼きトマトと焼きマッシュルームが美味しいことにイギリスに行って気付きました。
ポリッジ、最初は恐る恐る食べたのですが、意外と美味しくて翌日はもっとたくさんよそい、その翌日はさらにたくさん食べ、その後もメニューにあれば必ず食べています。

バタービール、イギリスのもキャラメル風味の炭酸の上にクリーム的な泡が乗っている冷たい飲み物でした。スタバが提供しているようでしたが、フロリダと同じなのかもしれません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3444-fd9f9e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昔の写真 «  | BLOG TOP |  » ハリポタ歴史

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)